「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

物流のスピード化


第15回やる気と感動の祭典 
お申込受け付けております



「名簿」に掲載することはできませんが、
申込はまだ受け付けております。

4月5日(土)まで、お申込みを受け付けます。
お申込みは以下より…
やる気と感動の祭典お申込みページへ

お申込み、しぶとくお受けいたします。
By 商人伝道師



新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/





第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは定員に達しましたため、締め切らせて頂きました。

次回は秋(10月~11月頃)ニューヨーク州~テキサス州
の視察を検討しております。


Wegmansはもちろん、H-E-Bを視察する予定です。

今回定員オーバーのためご参加頂けなかった企業様、
秋もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝4時起床。

アメリカにメールして…
Blogを書いて…
少し仕事をして…

ジョギング。

その後、身支度をしてオフィスへ…。
夕方、横浜で「只今絶好調」な企業の社長と
会食に出るまでオフィス。


小生は、1日の学ぶ時間。
仕事をする時間。

を決めています。

ですから、夜早くに会食などがある場合は、
その分早くに起きて、自分の時間を作ります。

能力のない人間にできること。
それは「時間」を作ること。


だから、能力がないので誰よりも早く起きて
仕事や勉強をしています。

だから、今日は朝4時起床。


まずは「第15回やる気と感動の祭典」。
前日まで、申込を受け付けております。
(宿泊・お弁当の受付は終了いたしました。)

残念ながら「テキスト」の名簿に名前は乗りませんが…。
参加のお申込みをお受けいたします。

「あっ!忘れてた!」
「迷ってたけど、やはり参加したい!」

という方や企業様。

ぜひ、参加してみて下さい。


今回は、実はエントランスでメーカーブースを設置します。

参加されるメーカー様にブースを作って頂き、
セミナーの合間に参加者の方々に商品をPRする
場所を提供しようという試みです。

第15回にして初の挑戦。

メーカー様の参加がここに来て増えています。

そのメーカー様へのご恩返しに、
何かできないかと思い「ブース」を設置することを
決断しました。


「小倉屋柳本」さん
「リスパック」さん
「伊藤軒」さん
「ピーアンドピー」さん
「わびすけ」さん
「紀文食品」さん


など常連でご参加して頂いている企業様。
やる感は「志の高い方」ばかり参加されています。

ものすごい「ビジネスチャンス」だと思います。


また、今回参加される、その他の「メーカー」様、「問屋」様。
ブースへの参加、ご検討下さい。


そして、今日は「物流」の進化に思うこと。

皆さんにまずは質問…。
日本国内の「ネット通販」の売上って、どれくらいだと
思いますか?

さて、どれぐらいか…。



2013年度で、日本国内の「ネット通販」の売上高は
10兆円を突破したそうです。



そして、4年後の2018年には…。
なんと、20兆円規模になるんだとか。

2014年で、たぶん日本のスーパーマーケットの売上高(約11兆円)を超え…、
2018年には、百貨店とスーパーマーケットの合わせた売上高(約19兆円)
の売上高を超えると予測されています。

とんでもない急成長ですよね。

そんな急成長だからこそ、“物流”も「スピード」が
ポイントになってきているんだとか…。


佐川急便は、東京・大阪の中心部を対象に…。
「24時間集荷」
をスタートさせました。

遅くて「午前3時」までに頼めば、その日の内に届けられるようになった。
ものすごいスピードの時代ですよね。

また、全国の「郵パック」取り引きに個数の約2割にあたる
約24万個が「アマゾン」の商品だそうです。



年間で、24万個×365日=8760万個
ものすごい数量ですよね。


アマゾンは書籍だけでなく、日用雑貨や食品・家電まで扱っています。
スーパーマーケットにとっては“脅威”です。

そして、遅いというイメージのある「ゆうパック」。
なんと都市部であれば、運び込まれてから最短で1時間30分で
注文主に届くのだとか。

各社、ものすごいスピード競争をしている。


もしかするとリアルな店舗で「買い物するより早い」かもしれません。



アメリカの「稔子・ウィルソン」女史とメールのやりとりをしても…
「E-コマース」がアメリカの小売業では当たり前の
戦略になってきているとのこと。



では、リアル店舗はどうしなければならないのか…。
やはり「宅配便」の活用を本格的に考える。


コストはかかるが、「スピード」がすごい。
この「スピード」を“鮮度”に活かすことも考える。

「24時間以内に届く」
このメリットは、「独自化仕入れ」に活かせるはず。
これからはリアルな店舗では「個人のお取り寄せマーケット」を
どんどん確率するべきだと思う。

「個人でお取り寄せ」するデメリットの見える化をし、
店舗がそのデメリットやリスクをとる。



そして、あらゆるお客様へ「カスタマーニーズ」を実現させてあげる。
宅配便の「スピード化」は十分に、それを実現してくれる。



さらに「宅配便」の活用。

地元の旬の食材を「宅配便」を最大限に活かして、配送する。

「第15回やる気と感動の祭典」の店長発表をする
「ファミリーストアさとう」さんが、これをうまく活用し、
「年間何千万円の売上高」を獲得した。


詳しくは、当日話してくれます。


地元の人達だけでなく、全国の方々にみなさんの「旬の食材」を
提供する時代が来たのではないでしょうか。



例えば…
1.ただ注文の商品を送るのではなく、「お手紙」や「連絡先」を入れる。
2.「地元の食材」のパンフレットを同封する。
3.リピートの注文が贈り主より来る仕掛けをする。



など、もっともっと工夫が必要だと思う。


「第15回やる気と感動の祭典」で発表する、
「ファミリーストアさとう」さんはこんな工夫をしている。

f0070004_1332235.jpg



地元の新聞でわざわざ梱包しているのです。
こういう工夫が「リピート」に繋がるんです。


おわかり?




物流のスピード化が、店舗の販売方法や仕入れ方法を変えてくる
と思うんです。


いや、変えていかねばならない・・。

そうしないと、既存の「マーケット」はドンドン縮小して
いるのですから…。


「物流のスピード化」が商圏を拡大させ、
仕入れ方法を変革させる。


そういう時代になってきていると思う。


現在の「物流のスピード化」において…。
ちょっと考えていかねばならないかもしれない。

今日は「物流のスピード化」についてでした。



そして、今日の一言…。

変化が激しい事業環境のもとでは、
集中するより、分散させよう。

神田昌典氏の言葉

by akindonet | 2014-03-31 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


第15回やる気と感動の祭典 
お申込受け付けております



「名簿」に掲載することはできませんが、
申込はまだ受け付けております。

4月5日(土)まで、お申込みを受け付けます。
お申込みは以下より…
やる気と感動の祭典お申込みページへ

お申込み、しぶとくお受けいたします。
By 商人伝道師



新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/





第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは定員に達しましたため、締め切らせて頂きました。

次回は秋(10月~11月頃)ニューヨーク州~テキサス州
の視察を検討しております。


Wegmansはもちろん、H-E-Bを視察する予定です。

今回定員オーバーのためご参加頂けなかった企業様、
秋もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 





今日は、朝5時30分起床。
Blogを書いて…
少しジョギングする。

横浜も桜が咲き始めました。
小生が住んでいる場所は…
「横浜国大」のキャンパスのすぐ横であり…
「三ツ沢公園」の近くですので…
「桜」ばかりです。

ですから、この時期はウキウキします。
日本の「桜」
なんてきれいなんでしょうね…。
日本に生まれてきてよかったと思う瞬間です。



さて、今日は「日曜日」。
日曜日恒例の「心のオアシス」の日です。

今日は「成功する人と 成功しない人」


佐藤 山形に戻って四、五年経った頃でしょうか、
   私はある糸に魅せられました。
   これはどこで作ったのだろうと問い合わせてみたら、
   取り引きのあったイタリアの工場の糸だと。

   自分のところにしかないオリジナルの糸を作る上で
   ヒントを得られるのではないかと思った私は、
   イタリアに飛びました。
 
   ちょうど世界の糸の最高峰と呼ばれる
   ピッティ・フィラーティー展が開かれていたので、
   それに合わせて糸を作っていたメーカーを訪問したのですが、
   この時、私は大変な衝撃を受けたんですね。
   人生の一番の転機になったのはこの時だったかもしれません。

   驚いたことに、工場に並んでいたのは
   我が社で使われているのと変わらない機械でした。
   その代わり、どの機械にも
   職人たちが加えた独自の工夫の跡があったんです。
   ギアなどの部品を替えたりしながら、
   独自の糸を作っているわけです。
 
   工場長が親切な人で
   「この糸を手に取ってご覧なさい」と
   実際に糸を触らせながら、
   この糸がなぜここまで美しくなるのか、
   どうやって製造するのかといったことまで、
   実に細かく丁寧に説明してくれました。
 
   私の目を見て熱く語る工場長の姿を見ながら、思いましたね。
  「ああ、俺たちはアパレルに言われるがままに
   物作りをやっているけれども、
   それとは全く別の発想で生きている人だ」と。
 
   そう考えていたら、工場長は
  「私たちが世界のファッションのもとを作っているんだ」と
   力強く言うわけです。
   この言葉も衝撃的でした。

   だって日本でいう工場のイメージは
   「これを作ってくれ」「はい分かりました」と黙って頭を下げる、
   というものでしょう。
   
   だけど、この工場長には
   そういう雰囲気は微塵もない。
   自信と誇りに満ち溢れていました。

  「物作りの現場から世界を変えていくことは
   不可能ではない、自分もこの道を歩いて行こう」と
   強く思ったのはこの時が最初でした。

   日本に帰って、早速社員を集めて
  「俺たちも人から言われたものではなく、
   自分たちだけの糸を作ろうじゃないか」と訴えました。

   でも反応は冷ややかでしたね。
  「社長の息子がイタリアにまで行って
   変な風邪に感染されて帰ってきた」と(笑)。

   いま思うと、新しいオリジナルの製品を作るのも大変でしたが、
   それ以上にスタッフの心を変えていくのが大変でした。

   第一、私が言っていることが正しいとは
   誰も思っていないわけですよ。
   いままでの仕事で食べていけるから、
   このままで十分という感覚なんです。
   
   だけどバブルが崩壊し、
   このまま行ったら絶対にこのビジネスは
   なくなるという危機感が私にはありましたから、
   ここは意地でも皆の意識を変えないといけないと思いました。

   そこで、ある一人のベテラン職人を粘り強く説得しました。
   ところが彼の口からは
  「これだからできない、あれだからできない」と
   できない理由が次々に出てくる。

   イタリアの工場長だったら、
   そんな理由は言わないはずなのに、
   と思うと腹立たしくもなりました。
 
   いろいろな人と接していて感じるんですが、
   物事を成功させる人は
  「どうやって作るか、どうやったらできるか」という方法を
   常に考えています。
   
   逆に成功しない人は、
   できない理由を次々に並べ立てる。
   これは要は「作りたいか」「作りたくないか」という問題で、
   うちのスタッフは全く作る気がないわけです。

  「でも絶対に作ってもらわなくては困る」という
   私の説得に応じて、彼は渋々作り始めたわけですけれども。
 
   それで三か月くらいした頃でしょうか、
   彼が私の部屋に突然入ってきて、
   無言のまま机の上にバンと何かを置きました。

   それが、なんと新しい糸だったんですね。
   私も驚いて、思わず振り返って
  「できたじゃないか。凄いね」と叫びましたよ。
   入社以来何十年もの間、
   言われたことしかしてこなかった五十代後半の職人が
   初めて自分で物を考えて、挑戦した。
   そうしたらそれができちゃった。
   五十代にして物を作る面白さに覚醒したわけですね。
 
   彼はいまも職人のトップですけれども、
   もし彼が覚醒しなかったら、
   いま頃会社はなかったかもしれません。
   そこから二人での物作りが始まり、今日に至っています。



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

世界的に有名な紡績会社、佐藤繊維株式会社の社長の話でした。
一人の職人の意識が変わっただけで企業が変わった。
「糸を作る」仕事から「世界のファッションのもとを作る」仕事に変わったのです。

意識の力というのは思っている以上に強力です。
目先の仕事も大事ですが、ゴールが違うと一つ一つの出来が違う、やり甲斐が違う、
そして結果が違ってくる。
仕事の意識化を行う大切さが分かる話でした。

あなたはいま、何の仕事をしていますか?


この「心のオアシス」。
結構続いていますよね。ビックリするくらい…。

「日曜日の心のオアシス、楽しみにしています!!」

という方々が多い。
すごくうれしく思います。
これからもよろしくお願いします。

さて、今週火曜日から4月。
「消費税が8%に引き上げられる」

消費いは変わるのか…。消費力は落ちるのか…。

じっくり消費者の行動を見て行きたい。

そして、「今日の一言」…
自分のできることをとことんやってきたという意識があるかないか。
それを実践してきた自分がいること、継続できたこと、そこに誇りを持つべきだ。
(イチロー 野球選手)

by akindonet | 2014-03-30 18:00 | Comments(0)

商品での尖り


第15回やる気と感動の祭典 
店長部門






今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/





第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは定員に達しましたため、締め切らせて頂きました。

次回は秋(10月~11月頃)ニューヨーク州~テキサス州
の視察を検討しております。


Wegmansはもちろん、H-E-Bを視察する予定です。

今回定員オーバーのためご参加頂けなかった企業様、
秋もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝6時起床。
blogを書いて…。
軽くジョギングして…。
「やる気と感動の祭典」のレジメの「あいさつ文」を書いて…
午前中は仕事。
午後から私用で相模原へ…
夕方以降今日はフリーです。

さあ「第15回やる気と感動の祭典」の申込も一応今日で終了しました。
まだ直前まで「名簿」に記載することは出来ませんが、お申込は受け付けています。
ですから迷っておられる企業様や個人の方々、ぜひお申込み下さい。
お待ちしております。


そして、まずはアメリカのTIMEの記事を紹介します。

f0070004_1224826.jpg


【Time to Say Goodbye to Your Supermarket】

Traditional grocery store chains are facing challenges not only from large
discounters and warehouse stores such as
Wal-mart and Costco, but also from natural grocers and specialty stores like
Whole Foods and Trader Joe's


あの「TIME」誌での特集記事。

「Time to Say Goodbye To Your Supermaeket」

いわゆる…
「スーパーマーケットの終焉が間近である」
ということですよね。
衝撃的な記事です。

アメリカではスーパーマーケットのことを別名「グロッサリーストアー」と呼んでいます。
グロサリーが売場のほとんどを占めているからです。

しかしここ1~2年でグロサリーの売場は減少され「PRODUCE(青果)」や「DELICA」さらに
「冷凍食品」がさらに強化され…。

非食品の「ヘルス関係」の売場がどんどん拡大してきている。
しかし、この変革のスピードでは消費者のスピードについていけない。
いわゆる「“Y”GENERATION」といわれる世代が市場に強烈なパワーをまき散らし、
彼らの新しいライフスタイルが旧態然のスーパーマーケットの
フォーマットさえも破壊してしまっているということなんです。

「Whole Foodes Market」も「Trader Joe's」も、そして都市部に出店しているドラッグストアー
「Walgreen」のフードビジネスの参入時のニューフォーマットも・・・。
そして「Natural」という「“Y”GENERATION」世代の考え方が「Farmers Market」というフォーマットも作り出し、「Sprout's Farmers Market」のような企業を創出した。


今アメリカが急成長しているのは「Walmart」でもなければ「Whole Foodes Market」でもない。

この「Sprout Farmers Market」なんです。

昨年、「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」はこのロサンゼルスで「Sprout's Farmers Market」を視察し、
なんと写真撮影やインタビューまで出来ました。

「PRODUCT(青果)」と「サプリメント」が主体の店。
みんな異口同音に…
「こんな店が消費者に受けるの?」
という感想でした。

f0070004_1213943.jpg

f0070004_1216222.jpg

f0070004_12161774.jpg


しかしポートランドのファーマーズマーケット「Chuck's produce&street market」を視察した瞬間。
「この流れは、日本にも来る!!」
と確信しました。


なんかアメリカのスーパーマーケット業界は動き出しています。
というより「スーパーマーケットよ!さようなら!」という感じ。
「Specialty stores」
の時代になってきている。

これは間違いなく“Y”GENERATIONがこれからの食を作っていっているという、証拠・・。

“Y”GENERATIONとは…
アメリカでは「1975~1989年」。
いわゆる1970年代後半から1980年代に生まれた世代のことを言います。
この世代は10~20才になる時期にインターネットの爆発的な普及を経験し、
思春期に「アメリカ同時多発テロ」を経験している世代のことを言います。

これは日本とて同じですよね。
この世代は、「平準化」より「個性」を求める世代。
「同調」より「異論を唱える」世代。


だから“尖り"という言葉に対して違和感がない。
でも小生よりも上の世代の方々は…

“尖り"

というと少し嫌悪感を感じる。
「同調」の世代だから…
「平準化」の世代だから…

例えば“Y”ジェネレーション世代はこんな商品を好む。
「アイランド・メイド」さんが輸入している…
「72%ハマクマハワイアンクラウン」チョコ。

f0070004_12191599.jpg


また有限会社メルカートさんが輸入している…
「ダンデリオン・チョコレート」


f0070004_1221179.jpg

f0070004_1315152.jpg


なんと「乳化剤」や「塩」など一切入っていない、“奇跡"のチョコですよ…


こういう“本物"にはお金を払う世代なんです。


ですから小生はよく言いますよね。
「本物のおいしさ」「本物の価値」を求めなさいと…
「値段はお客さが決める時代」。
「店が勝手に相場高だから品揃えしません」としないこと…
ですから…
セブン-イレブンの「金の食パン」などが大ヒットする訳なんです。
これからますます「商品」での尖りの時代が来る。

そう信じていますし、「個性」の時代が来ると見ています。
ではどう対処していくのか…

1.スーパーマーケットの“先進国"アメリカの近況をしっかり把握する。

ですから、春は日本に一番文化の近い「シアトル~ポートランド」で、スーパーマーケットの変化を学びます。
そして秋は全米No1スーパーマーケット「ウェグマンズ」や「ファーマーズマーケット」で急成長している「Sprout Farmers Market」や「Whole Foodes Market」の新店。「walmart」の「小型店フォーマット」を
視察します。

「5年後を実際に視察する」

ポイントはどこのセミナーに行くか…


2.「ファイブウェイ・マーケティング戦略」をしっかり学び実践する。

「価格」「サービス」「アクセス」「商品」「経験価値」の“5つの道"で
どれで“尖り"を出して、どれで“差別化"するかを決断し実行する。
それこそ“Y"ジェネレーション世代の対策です。
しかしこの「ファイブウェイ・マーケティング戦略」さえ殆ど知らない経営者が多い。

差がつきますよ…。
これから…。

アメリカでは「スーパーマーケットよ!さようなら!」なんてタイトルで、
あの「TIME」誌が特集いている時代。

しかし日本は「そんなことないよー。」と胡座をかいている。
だから、「消費税特需」でウハウハしている(笑)

本当に大丈夫なんだろうかー。
少なくとも、4月8日~9日の「第15回やる気と感動の祭典」では「個性」や「尖り」については
しっかりと学べるようなプログラムにしています。

「何を学ぶかでなく誰から学ぶか!!」

そんな時が来たのではないでしょうか…


そして今日の一言…。

「どの時代にもそれぞれの課題があり、それを解くことによって人類は進歩する。」

(ハイネ)

by akindonet | 2014-03-29 18:00 | Comments(0)

第15回やる気と感動の祭典 
店長部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/





第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは定員に達しましたため、締め切らせて頂きました。

次回は秋(10月~11月頃)ニューヨーク州~テキサス州
の視察を検討しております。


Wegmansはもちろん、H-E-Bを視察する予定です。

今回定員オーバーのためご参加頂けなかった企業様、
秋もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 




今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
少しジョギングして…。
新宿へ…。

今日は「東京商人元気塾」
新潟・茨城・山形・千葉・神奈川・名古屋などから7社が参加している勉強会。
今日で3回目。

物凄く勉強する会。
この中から、「やる気と感動の祭典」の発表者や日本を代表する企業が出てくることを期待しています。



さて、まずは「おわび」
「第11回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」の申し込みを昨日で締め切りさせていただきました。
クライアント企業をはじめ、色んな企業様にご案内したり、はがきをお出ししたりして、お誘いさせていただきました。
まだ、期日があるということで、御検討頂いていた企業様もたくさんあったとお聞きしております。
本当に申し訳ございません。

申し込み〆切日が4月11日
にも関わらず、昨日(3月27日)で締切することになり申し訳なく思っております。
秋にも開催する予定です。



秋はアメリカ最強と言われる…
「ウェグマンズ」と「H.E.バット」を中心に視察する予定です。
初めて、アメリカを縦断します。
「ウェグマン・タウン」である「ロチェスター」に行き、H.E.バットなどがある「テキサス州」に行く予定です。

もちろん、コーディネーターは「稔子・ウィルソン女史」
そして、ひょっとするともう1名のコーディネーターについてもらうかもしれません。
進化します。
ですから、秋もぜひ参加下さい。
11月を予定しております。



そして、今日は「やる気と感動の祭典」の募集が明日終了するにあたり・・・。
今回は発表者を選出する段階から、小生は頭にあったことがあります。
それは「これから生き残るためには“5つの道”の中で何を強化していかねばならないか?」
を考えさせるセミナーにする。
いわゆる「ファイブウェイ・マーケティング戦略」を徹底的に実行してもらうセミナーにする。

「価格」
「サービス」
「アクセス」
「商品」
「経験価値」


このどの“道”で「尖り」や「差別化」にするかを決めて、実行してもらうセミナーにすると…。
このことに気付いた企業が生き残ると…。



しかし、昨年秋ぐらいから業績が良くなったせいかスーパーマーケットは“安堵感”みたいなものが漂っている。

「良かった!良かった!」

という感じ。
しかし、今後、その「良かった」現象がこれからも続くと思っているのでしょうか…。
アメリカでは「グロッサリーストアの終焉」が近づいていると言われている。
いわゆる「伝統的スーパーマーケット」の時代は終わったと…。
日本も間違いなく、この時代になる。

「個性のない企業・店」は100%淘汰される

昨日、お伺いした「ヤマダストアー」さん。
もう「グロッサリーでNB比率を50%まで下げろ!!」という指示が出ている。
いわゆる「独自化スーパーマーケット」を志向し始めている。
徹底的に「商品」で“尖り”を出していく戦略。
これを全部門でやっていく。

アメリカでいったら「ホールフーズ」に近い。
もちろん「美味安心」や「こだわりの味」など、“安全・安心”な商品は“日本でもトップクラス”の品揃えをしている。

生鮮はスーパーマーケットと“ポジショニング”をしっかりと理解し、「同質化」しない品揃え戦略に向かっている。
まだまだだが…。

「独自化スーパーマーケット」

に近づいている。
あとは粗利益も「独自化」でなければ…。
これだけの「独自化」を目指すなら…。
業界のトップクラスの粗利率を誇る…。
「ヤオコー」さんや「成城石井」さんクラスの粗利益率を目指してほしい。

「粗利益率28%」以上。

小生は「粗利益率30%以上」「営業利益率4%以上」の企業を創生したいという目標がある。
この企業は今のところ、1番近い位置にある。
その為には「商品」で“尖り”を出し、「経験価値」で“差別化”することが不可欠。
それを目指すなら、もっともっと「学び」・「実践」するしかない。
こういう企業が学ぶセミナーに「第15回 やる気と感動の祭典」はすると決めていました。



まちがいなく、これからは「個性」の時代。

「価格」・「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」

でどこまで個性を出せるかの時代。
しかし…。
世の中の景気が良くなってきたせいか、この業界、みんな安心しきっている…。
今、この「ファイブ・マーケティング」戦略をしっかり学ばないと、手遅れになる…。
だから、積極的に参加を呼びかけましたし…。
発表者は徹底的に、この“5つの道”のうち、1つか2つを“特化”した内容にさせました。
本人たちは気付いていませんが…(笑)

「営業利益率4%以上」

を目指さないと生き残っていけない。
その為には…
「5つの道」のうち、どれを“尖り”にして、どれを“差別化”にするかを決めて徹底するしか無いのです。

「坪当たり売上高800万円以上。粗利益率20%。経費率15%」

という「価格」での“尖り”を出す企業が出てくる。

「粗利益28%以上。経費率24%前後」

で徹底的に「人間力」で“尖り”を出す企業が出てくる。

「坪当たり売上げ400万円前後。粗利益率22%前後。営業利益2%前後」

の標準タイプのスーパーマーケットは100%淘汰される。
「M&A」の対象にさえならない。
これは、先進国アメリカが教えてくれている。
なのに、この標準タイプから抜けだそうとしない。
アメリカでは「グロッサリーストアの終焉」がまことしやかに言われている。
なのに…。

「この業界はいったいどうなってるんだ…」

と思う今日このごろです。
今回は「100店舗以上」展開している企業から「1店舗」だけ展開している企業まで、様々な企業が参加されます。
しかし、顔ぶれを見ると…。
「個性」のある企業ばかり…。

本当はもっと学ばなければいけない企業がいっぱいあるのに…。
と思いながら。
そして、一度「リタイヤ」した企業は本当にリベンジしてこない。
「もうついてこれない!!」と思っているのでしょうか。
それとも「これでいいやー」と思っているのでしょうか。
小生には分からない。


さあ、「第15回 やる気と感動の祭典」開催まで、あと10日。
今回は“生き残りの戦略”である…。
「ファイブウェイ・マーケティング戦略」
をじっくり学んでもらいます。
参加される企業は楽しみにしておいて下さい。



そして、「今日の一言」…。

不得手なことの改善に
あまり時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。

無能を並みの水準にするには、
一流を超一流にするよりも、
はるかに多くの
エネルギーと努力を必要とする。

(ピーター・ドラッカー)

by akindonet | 2014-03-28 18:00 | Comments(0)

第15回やる気と感動の祭典 
店長部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと2日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/





第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは定員に達しましたため、締め切らせて頂きました。

次回は秋(10月~11月頃)ニューヨーク州~テキサス州
の視察を検討しております。


Wegmansはもちろん、H-E-Bを視察する予定です。

今回定員オーバーのためご参加頂けなかった企業様、
秋もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 




今日は朝4時20分起床。
身支度して…
愛犬の世話して…
新横浜へ…

今日は、姫路です。
もちろん、日帰り出張。



さて、「第15回やる気と感動の祭典」申込締切日まで、あと2日。
追加申込も受け付けております。
もちろん、新規申込も受け付けております(笑)
昨日も、「スーパーマーケット実践会」でお話したのですが…

「4月から消費力が落ち込む。その中で売上高や荒利益高を確保するには…
販売力を上げるしかない。だから、今回の“やる感”は異常値販売のノウハウを学ぶの…」

「これからは、“経験価値”の最大化って必要なの。
いわゆる“買い物って楽しいよね”。”お母さん○○スーパーに行こうよ!”と子供が言ってくれる店作り。
この「経験価値を学ぶのが今回の“やる感”なの」

「これからは、取引先をまきこんでいかないといけない。
だから、「ご当地スーパー」で発表させるの。だから、コラボレーション販売の発表させるの…。わかるかい?」


4月以降の“消費力Down”を見越してプログラミングしてあるのが…
「第15回やる気と感動の祭典」なんです。

ただ単に発表者を選んでいるのではない。

ちゃんとセミナー内容には“戦略”があります。
是非、「第15回やる気と感動の祭典」に参加して下さい。


お申込み締切日まであと2日



さて、まずは今日、思ったこと。
「消費税特需」にも地域性があると…

「東日本大震災」を経験された「福島・宮城・岩手」の東北三県は他の地域に比べて「消費税特需」が大きい。
「恐怖回避」というのが他の地域より高いのかも知れません。
びっくりするぐらい、“特需”があります。


それに比べて西日本
あることはありますが、あまり大きな特需はない。
まあ、これからでしょうけど…。
地域性がありますね…。

だから、昨日の「東北勉強会」は、“ゲキ”が飛ぶ。
「販売力を上げろ!異常値へ挑戦しろ!!」
「経験価値をあげろ!」
「ニューへの挑戦しろ!」
と…

4月の「反動」が大きいからです。

その4月以降の対策は、「第15回やる気と感動の祭典」に全てあります。



そして、「駅にコンビニ500店」の記事が飛び込んできた。
コンビニエンスストアはどんどん「新しいマーケット」を開拓している。
確かに、近頃、空港にコンビニが出店してきているんです。

それを見て…
「駅ナカも、コンビニ進化するだろうなー」
とは思ってたんです。

しかし、駅ナカは「JR」など鉄道会社の“宝の山”。
そう簡単には、“利権”は渡さないと見てたんです。
しかし、“利権”をあっさり渡しましたね。

「路面店の2倍以上」
売らないと、イニシャルコストが高いから採算合わないのでは…
と思うのは小生さけでしょうか。

「鉄道会社」は民間の考え方が通用しませんからね…(笑)
でも、すごいですね…
コンビニエンスストア。
マーケットをどんどん拡大していく。

それに比べてスーパーマーケットは…
マーケットをどんどん奪われている。
「ニューへの挑戦」
していかないと、大変なことになりそうです。
そう感じた「駅にコンビニ500店」の記事でした。




上記の「駅にコンビニ500店」の記事を見ても分かるように…
コンビニエンスストア業界はどんどんリスクを取りに行って「新しいマーケット」を創造している。

出店上のリスクだけでなく…

例えば…

「ATM(セブン銀行)」
「セブンカフェ」を中心とした“ドリップコーヒー”。
「ローソンストアといった、コンビニから派生したミニスーパーマーケット」


などなど…

ものすごく「リスク」をとりにいって、マーケットを拡大している。
それに比べて、「フードビジネス」の雄、スーパーマーケット業界はリスクをとるのを怖がる。

だから、「金太郎アメ」スタイルが好き。
まず、「最初にやる」ことを嫌う。

リスクをとらず、他で成功したら、うちもやるぞーが大好き。
だから、常に「同質化」する。

しかし、これでは「マーケットの深堀り」はできない。
しかし、その中でも少しずつではあるが、「マーケットの深堀り」がスタートしてきている。

例えば、1月に開催した「新春特別セミナー」での…

「とくし丸」ビジネス。
いわゆる「移動スーパー」というビジネスモデル。

「コンビニよりもコンビニエンス」
「買い物弱者の方々のコンシェルジュ」


というビジネスモデル。
「ファイブ・ウェイ・マーケティング戦略」でいう、「アクセス」と「サービス」で尖りや差別化していこうというビジネスモデル。
都心部を中心に大ヒットすると思うんです。

お客様の住んでおられるところに移動していくスーパーマーケット。
これからの「新しいビジネスモデル」。
しかし、都心部のスーパーマーケット企業は興味を示さない。
今のままでも商売できるから…
しかし、アッという間に“危機的状況”になりますよ。


地方のスーパーマーケットの方が熱心。
なんかおもしろいですね。


「先行者利益」
という言葉があります。
早くやった者の勝ち。
この新しいビジネスモデルに早く気づいて欲しいと願う。



そして、コンビニエンスストアで実現できないこと。
それは「Specialty Stores」
です。

山梨の「いちやまマート」さんが志向されている「美味安心」や…
静岡の「こだわりの味協同組合」さんの商品…
こういう「Natural grocery」を扱う企業が新しい“マーケット”を掘り起こしてくると思うんです。

ここ5~10年のスパンで急成長してくる「Natural grocery」。
これに取り組んでいく企業は新しいマーケットを掴み、成長していくことでしょう。
アメリカの「ホールフーズ」のように…

また、アメリカで人気の「ファーマーズ・マーケット」。
これも日本で大きな“マーケット”になるでしょうね。

実際、「道の駅」や「直売所」はものすごい人気ですもんね。
この「マーケット」。

ものすごい“ポテンシャル”があると思っています。
それを今年の春、アメリカに行って学んできます。

まだまだ、スーパーマーケット業界も「新しいマーケット」がある。
しかし、「リスク」をとっていかないと、そのマーケットは掴めない。
そう感じる今日このごろです。



そして、「今日の一言」…
発明考案にしても、人より一分でも一秒でも早ければ、特許になる。
すべてスピードじゃないですか。
だから、スピードを否定したら、発明的創意工夫もないし、そこにウィットもないはずです。
(本田宗一郎)

by akindonet | 2014-03-27 18:00 | Comments(0)

「信用・信頼」について


第15回やる気と感動の祭典 
店長部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと3日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は、朝4時30分起床。
Blogを書いて…。
身支度して…。
横浜駅へ…。
今日は「東北勉強会」。
宮城県、亘理市へ…。
もちろん、日帰り出張。

さて、「第15回やる気と感動の祭典」の申し込み締め切りまで
あと3日。
残りすくなくなりました。

「ファイブウェイ・マーケティング戦略」
「競争の優位性」
「圧倒的集客・売上高確保の戦略」


など、学ぶべきことが盛りだくさんです。

「現状のままで満足されますか?」
「満足した瞬間に衰退が始まる!」


小生の大好きな言葉に…。

「最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。」


進化論を唱えた、ダーウィンの言葉があります。
まさしく今の時代にピッタリです。

今回、2部門で発表される鹿児島の「タイヨー」さん。
上場廃止され、ものすごい“危機感”がありました。
マスコミはおもしろおかしく“批判”した。
しかし、当人たちはこの“危機感”をチャンスに変えた。
上場時では考えられないような “好業績”。
これも「危機感」を全員が共有し
「学び」・「実践」した賜物なのです。
このタイヨーさん、弊社の主催するセミナーには「全て」といっていいほど参加されている。
だから、ものすごく“業績”が良くなっている。
「100店舗」近い企業でもですよ…。
みなさん、「第15回やる気と感動の祭典」ぜひ、参加してみてください。

申し込み締め切りまであと3日。




また、西友さんがすごいこと始めますねー。

「不満なら全額返金」

生鮮食品で、顧客が満足しなければ全額返金するというサービス。
該当商品のレシートを店舗にもってくれば返金されるという。
レシートがあれば無条件で全額返金。
食べてしまっても構わない。
思い切ったことしますねー。
たしかに、親会社の「ウォルマート」は全額返金サービスしてますけど…。
まさか「西友」で…。「日本」で…。
実施してくるとは…。
キャッチコピーが…。

「ど生鮮」

評価は真っ二つにわかれると思いますが、小生はね…
「何もやらない企業が批判する資格なし!!」
と思うんです。
ものすごい「リスク」を伴う施策ですよね。
でもね、この「リスク」をとるから、大きく結果が変わるのではないでしょうか。
ウォルマートの「3つの満足保証」。
それはこんなものです…。

「商品」での満足保証=「EDLP」
「心」の満足保証=「グリーター」採用
「使用時」満足の保証=「返品返金」制度


この「全額返金」サービス。今後注目してみたい。



そこで、今日は、「信用・信頼」について…。
ウォルマートが行っている「満足保証」は間違いなく「信用・信頼」の
“経験価値”を最大化するものですよね。
しかし、実はこういうことを行っている企業が日本にはある。

例えば…。

「当社は美味しさの基準として、糖度11度以上のスイカしか販売しておりません。
万が一美味しく無いと感じられたら喜んでお取り替えします。」


という“最低美味しさ保証”です。
小生は「消費税増税」後、お客様は「スマート消費」になると読んでいます。
ですからより商品を吟味し始める。
「安さにはダマされないわよ~!!」
「安かろう!悪かろう!は許さない!!」
だから、より「商品を吟味して買うわ!」となると思うんです。
ですから、西友の今回の「満足保証」の施策はタイムリーだと思っています。
お客様に「信頼・信用」をうえつけさせることができるのですから…。

「美味しくなかったら返金できるのだから…」

また小生が唱えている「最低美味しさ保証」もそうです。

「安くても一定の美味しさ基準を設けているのね…。」

は「安心・信頼」に繋がる。



お客様により一層「基準」を見える化したり「満足保証」していく。
これが「スマート消費」対策だと思うんです。
その一方で「神戸物産4%値下げ」の記事もあった。
また、イオンさんはP.B.商品の「価格据え置き」を打ち出している。
本当にお客様は「安さ」に走るだろうか…。
もちろん一部のお客様は「安さ」に走ると思う。
しかし、お客様の「安さ」は“信頼・信用”に変わってきている。
「しっかりとした商品をEDLPで毎日買える安心感・信頼感」
これが、今の「安さ」だと思う。

P.B.商品のみ値下げしても…。
お客様は吟味し始めているので動かない。
それよりも「信頼・信用」を勝ち取るにはどうしたらよいか…を考える。

「価格」。
「鮮度」。
「美味しさ」。
「品揃え」。
「サービス」。
「メンテナンス」。


などにおいて…。

お客様が「財布を預けてもいい」という安心感のある「価格(安さ)」対応。
お客様の買い物時間に合わせた「鮮度・対応(できたて、つくりたて、きりたて)」
どんなに安くても「最低美味しさ基準」をもっているという安心感対応。
“食シーン”で満足できる品揃えの“横串し”対応。
「私をお姫様扱いしてくれる」カスタマイズサービス。
いつ行っても「品切れがない」という“信頼感や安心感対応”。


こういうことがこれからの「スマート消費」対応だと思っています。
しかし多くの企業がこれに気づいていない。
なぜか…。

「節約志向」と思っているから…。

小生は「スマート消費」になると一貫して申し上げていますよね。
その一つの方法が「信頼・信用」基準を上げていくことだと思っています。
そういう意味からすると「西友」の政策
ちょっとベンチマークしなければ…と思った政策でした。
みなさんは、この「西友」さんの「満足保証」政策。
とう思われますか…。

この辺りも「5月29~6月4日」の「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」では
お話しようと思っています。

そして、「今日の一言」…
「リスクのないところに成功も幸福もない」
(レイ・クロック)

by akindonet | 2014-03-26 18:00 | Comments(0)

第15回やる気と感動の祭典 
精肉部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと4日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝5時起床。

Blogを書いて…。
仕事をして…。
軽くジョギングをして…。
コンサルティングへ…。

夕方終了し、帰京…。

さて、「第15回やる気と感動の祭典」の
申し込み〆切日まで、あと4日。



「第15回やる気と感動の祭典」の発表者のミッションは…。

「我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
 結果が大きく変わったと言うような発表をすることを誓います」



参加企業ならびに参加者が学び、
実践すれば100%結果が変わる内容にしてみせます。


ですから、ぜひ参加してみて下さい。

また「お取引き様」と一緒に参加されてみてはいかがですか?
という提案をさせて頂きました。

それに共感・共鳴された企業が多数おられます。
ありがとうございます。


今日、お伺いされているキョーエイさんもそのうちの一社。
「お取引様を含め、20名を超える方々の参加」

いわゆる「お取引き」から「お取り組み」へ。
進化をした企業は100%伸びる。

いや地方のスーパーマーケットは、この「お取り組み」関係を
強固なものにしないと生き残っていけない。

すごくそれを感じる今日このごろです。


だから、キョーエイさんはここ1~2年で3店舗出店されており、
今年も2店舗出店する。

四国のスーパーマーケットで、最も勢いのある企業になってきている。


これも「学んでいる」から…。



今がいいからといって、油断すると大きな落とし穴が待っている。
なんかすごくそれを感じます。


あと4日。

ぜひ、参加してみて下さい。




そして、今日は「マイクロ・トレンド」について…。

4月より「消費税が5%→8%」へアップする。

予想に反して、お客様は冷静。
「住居関連(日用雑貨)」などはあきらかな“特需”が
見受けられるが…。

こと「食品関係」はあまり“特需”が発生していない。
今週末は“特需の最大化”になると思うが、今の雰囲気だと“期待薄”。

まあ、小生はこれでいいのかなーと思っています。

小生はずっと前から申しています。
「特需は販売側が思っているほどない」
「17年前、25年前と違って“情報量”が圧倒的に違う」
「賢くなっているから、逆に不良在庫が心配」と…。


そして、4月からは「スマート消費」の顕在化が起きる。
「スマート消費」
小生の造語になっているが、間違いなくこの“スマート消費化”してくる。

絶対に「節約志向」にはならない。


そこで、まだ「トレンド」まではいかないが
「マイクロトレンド」になっている商品や切り口を
今日は紹介しましょう。


まずは「糖質カット」のマイクロトレンドの流れ。
これは、ひょっとすると「トレンド」になるかもしれない。

それを予想させる商品が密かに売れ始めている。

それが…。
紀文食品さんが発売された「糖質0g麺」

f0070004_1032392.jpg


おからとこんにゃくで作った麺。
最下段で、コトを付けてフェース拡大すると、
担当者がびっくりするくらい売れる。


これは、ひょっとすると今年のヒット商品の一つに
なるかもしれない。

「皮までおいしい生ちくわ」
以来のヒットになるか…。


本屋に行くと、この「糖質カット」ダイエットコーナーが
デーンと構えている。

さらに、CVSのローソンの「糖質カット」パンの開発も急ピッチ。
そして、山梨の「いちやまマート」さんもこの糖質カット商品の
品揃えを増やしている。

f0070004_10325441.jpg


f0070004_1033546.jpg


「マイクロトレンド」として、小生は抑えている。



そして、「アーモンドミルク」

「抗酸化作用」(シミやシワ・肌荒れ防止)
「若返り効果」
「コレステロール吸収の抑制」
「食物繊維豊富」(ごぼうのなんと3倍)

という効果がある。

アメリカで「トレンド」になっている。
代表的なメーカーは、「ブルーダイヤモンド」社。

f0070004_10331866.jpg


「プロヴァメル」社。

f0070004_10332884.jpg


「豆乳」はトレンド商品となった。
「甘酒」もマイクロトレンドからトレンド商品になった。


「アーモンドミルク」もマイクロトレンドからトレンドになる
可能性あり。

飲みやすいので、「コト」をつけると大ヒットするかも。



さらに、「ココナッツウォーター」


「新陳代謝促進」
「むくみ解消」
「デトックス」

などの効果があり。

「マドンナ」や「リアーナ」などのハリウッドスターが
愛飲している。

いろんなメーカーがこの「ココナッツウォーター」を
出しているので…。

今年の春~夏は、チャレンジしてみてはどうですか?
代表的なメーカーは「ビタココ」。

f0070004_10333845.jpg


まだまだ「マイクロトレンド」だが、
トレンドになる可能性大。



その他にも…。

「ごま油」が売れていますよね。
知ってました?

これは「アンチエイジング」効果で…。

なんと「ごま油」は食べないんです。
「うがい」・「フェイスパック」・「半身浴マッサージ」
に使用する。


だから大容量が売れている。
もう販売側が知らないところで、知らない動きをしている。
これが今の「マイクロトレンド」。


まだまだ「トレンド(流行)」までいかないが、
「予兆」のある商品をいかに見つけるかが
これからのポイントですよね。


これができた企業は“一人儲け”する。


しかし、今日紹介した「アーモンドミルク」や「糖質0g麺」。

品揃えはしているが、殆どの企業が「最上段」の棚にある。

よって、トレンドを掴みきれていない。

なぜか…。
「過去の売れ筋に固執」しているから…。

だから、レッドオーシャンから抜け出せない。



これからのキーワードは「新しさ」と「高質さ」だと
いつも申し上げていますよね。



これを意識して、商品選定しないと「マイクロ」の時に
トレンド商品を見つけることができませんよ。


そのヒントは…
「第15回やる気と感動の祭典」にたくさんあります。

https://www.akindonet.com/yarukan/index.php

そのヒントは…。
流通業専門インターネットTV商人ねっとの
「商売繁盛虎の巻」の中にたくさんあります。

http://www.akindonet.com/tora4.php

学ぶこと。
実践すること。

そして、誰から学ぶかをしっかりと抑えること。




そう感じる今日このごろです。



そして「今日の一言」…。

とにかくやってみろ。やってみてから文句を言え。
やりもしないで本から読んだり人から聞いてそうなりますと
わかったようなことを言うな。

プロバスケットプレイヤー 小林大祐氏の言葉

by akindonet | 2014-03-25 18:00 | Comments(0)

第15回やる気と感動の祭典 
精肉部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと
今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は朝5時30分起床。
blogを書いて…。
身支度して羽田空港へ。
今日から四国。

さて「第15回やる気と感動の祭典」の申込締切日まであと6日。
今回は、「ファイブウェイ・マーケティング戦略」を学べるセミナー。

「価格」・「サービス」・「アクセス」
「商品」・「経験価値」


でどのようにして“尖り”を出したり“差別化”するのか…。
それを成功事例を基に学べるセミナーとなっています。
是非参加してみて下さい。

前回の「やる気と感動の祭典」で紹介された事例で…
「大ヒット」している企画や取り組みあります。
今回はそれ以上かも知れません。

そこで、今日は「都市部のミニスーパーの方向性」について…
昨日のコンサルティングの最後に質問を受けた。

「CVSや大手企業がどんどん都市部にミニスーパーを展開しようとしている。」

「そんな中で、我々が生き残るにはどういう方向性に進むべきか…」

というもの。

今日の小生のblogはこのことについて商人伝道師の持論を述べさせてもらいます。
小生は「既存の店舗」という条件であれば…
2つの方向性しかないと思う。
一つの方向性は…

「坪あたり売上高の最大化」を目指す。
例えば東京の「オオゼキ」さんや大阪の「万代」さんのような例。
人をかけて“人間力”や”仕入れ力”などを駆使して、
「坪あたり売上高」を最大化するというもの。

「惣菜の強化」などというより「生鮮」の鮮度と安さや、「コモディティー商品」の安さと品揃えの深みで
とことん「坪当たり売上高」を最大化するというもの。

都市部は「人口密度」が高い。
商圏内人口も多い。だからこの方向性は一つの道と思っている。
特に立地的に存在価値の無くなった店舗。
こういう店ほど「仕入れ権」を与えて"自分で仕入れて自分で売り切る”というスタイルで
「売上高の最大化」を目指すべき。
それでダメなら「スクラップ」しかないと小生は思う。

もう一つの方向性は…
「粗利益高(率)の最大化」を目指す。
このためには「製造小売業」に徹するしかない。
東京の「実践会」に参加されている企業さんで“生鮮+惣菜”の構成比が高く、
粗利益率も業界平均より高い企業があります。

しかし「収益(営業利益)」では厳しい。
生産性の高い「グロッサリー・日配・酒」の構成比が低いからです。
このような企業は「部門の垣根」を取り払い「インストアーにおける製造小売業」に
徹するしかない。

「アウトソーシングを店内(社内)で行う。」

というもの。

「第15回やる気と感動の祭典」で
「ホーマス・キリンヤ」さんが発表する方法。

それで店トータル「粗利益率30%以上」を狙う。

業界平均より8%~10%以上高い粗利益率を目指す。
そして「コモディティー商品」のディスカウントやEDLPでむやみな“粗利益率低下”をしない。
「コト」などを駆使して「脱コモディティー」商品の構成比を上げるしかない。
「そんなことできるのか…??」
と思われるでしょ。

しかしやらなければならないのです。
今東京都心部の時給は「1200円/時」を越えてきました。
20~30年前の業界の「粗利益率」ではやっていけません。

「粗利益率30%以上」の時代が
そこまで来ているのです。


それか、「生鮮の神話」を捨てることです。
ローソンさんが西横浜に「ローソンストア」の第一号店を出店しました。

f0070004_1735414.jpg


「生鮮食品は“コンビニエンス(便利性)”」と割りきっている。
牛肉なんてない。刺身も重視していない。
あくまでも「コンビニエンス(便利性)」なんです。

デリカは「CVSフォーマット」。
肉まんの代わりに「焼き芋」。

女性のお客様を呼びたいなら、「ファンシー雑貨」の品揃えを増やす。
男性のお客様を呼びたいなら「酒」の品揃え(松クラス)を増やす。
今までのスーパーマーケットの「考え方」をは全く違う。

“効率性を高めた”既存のスーパーマーケットの
「ダウンサイジング」は通用しない。

と小生は思っている。

小生が都市部において“これだな”と思っているスタイルがある。
それが「トレーダージョー」スタイル。

「第二のコストコ」
だと小生は確信している。

どこかの商社がアメリカから連れてくるのでは・・
いや「セブン&アイ」か…いや、「アウディ」自らが日本に進出…
なんて考えている。

「トレーダージョー」スタイルこそ、「都市部の未来型スーパーマーケット」と思っている。

1.「高品質低価格」で戦略的にもの凄い低値入れで展開している「青果部門」。

2.ミートは「ガスパック」対応で日持ちしなおかつ全て「高品質低価格」なミート。
 食べると「ホールフーズレベル」か「高級スーパー」レベルの味・品質。
 それが冷蔵庫に買いおき出来る。

3.魚は「冷凍」対応のみ。

4.「デリカ(チルド)」はなし。その代わり、“レンジアップディナー”フローズン商品の圧倒的な品揃え。
 「アジアンフーズ」から「エスニックフーズ」。「高級レストラン」レベルの“レンジアップディナー”商品がある。
 売場の1/4が冷凍ケース。

5.「食を楽しむ」ワインは「品揃えの深み」を追求。1本300円~1本5000円ぐらいまである。
 そして「高粗利カテゴリー」などの売場面積も最大化している。

6.そして「クルー」をイメージした内装とサービス。
 「ファイブウェイ・マーケティング戦略」でいう「経験価値」の最大化を狙う。

7.その上インストアーがほとんどないので、「レジ担当」の延長で品出しする。
 「セブン-イレブン」のような作業オペレーション。

8.なのに「クッキングサポート」コーナーがあって新商品の試食販売を常に行っている。


「ファイブウェイ・マーケティング戦略」でいくと…
「経験価値」で“尖り”を出し…
「商品」で“差別化”し…
「サービス」・「価格」も“差別化”レベルまで高い。
「アクセス」はいわゆる“ヒッピー族”と言われる文化レベルの高い場所しか出店しないため、
その一部のターゲットの人たちにとってはアクセスが良い。
「日本のマーケット」。特に「都市部」にピッタリとフィットする。

小生の企画する…
「第11回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」に
参加すれば
、このあたりはじっくりお話するのですが…

「トレーダージョー」を見たことのない方はさっぱりわかりませんよね…(笑)

「第二のコストコ」

「第二のセブン-イレブン」


になる「フォーマット」だと思っている。
日本で「1,000店舗」展開できるフォーマットと確信している。
だから「都市部」で店舗展開している企業の方々は、この「トレーダージョー」の
マーチャンダイジングを徹底的に学ぶべきと小生は思っています。

これが小生が思っている「都市部のミニスーパーの方向性」です。
大手スーパーマーケット系で成功するのは「まいばすけっと」のみ。今の現状では…
CVS系でのミニスーパーは現段階では難しい。
なぜなら「CVS」でいいからです。
無理して「損益分岐点」の売上高を上げる必要がないから…
まだまだ「勝ち組」が少ないマーケット。
だからどんどんいろんな企業がチャレンジするのでしょう。

「頑張れ!!独立系スーパーマーケット企業」
「マーケットはある。あとは大胆な方向性。」


と小生は思う。

そして、「今日の一言」…

「一生の間に一人の人間でも幸福にすることが出来れば自分の幸福なのだ

(川端 康成)

by akindonet | 2014-03-24 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


第15回やる気と感動の祭典 
精肉部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと6日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は5時起床…
ジョギングして…
身支度して、東京・豊洲へ…
朝8時から「店舗クリニック」の収録。
こんな感じです。

f0070004_9245115.jpg


売場で、いろんなことをチェックしたり、小生の“考え方”を売場でお話するという番組です。
ぜひ、視聴してみください。

さて、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日。

今日は「当たり前のありがたさ」

浦田 私の場合は徐々に徐々に、じゃなくて、
   二十歳の頃にガクンと来たんですね。
   左の目が急に見えなくなって、
   すぐに右の目、とスピードが早かった。

   小学校の先生になるための専門学校に通っていた時で、
   卒業を間近に控えた三か月前の出来事でした。
   これまでできていたことが
   できなくなるのが本当に怖かったです。

小宮 浦田さんも、しばらく誰にも言えなかったんですよね。

浦田 はい。一年半くらいは一人暮らしのアパートから出られず、
   両親にも友達にも打ち明けられないままでした。
   目が見えなくなってきたことが、
   最初は受け入れられませんでした。

   もう本当に凄くきつくて、お先真っ暗で、
   見えないのなら何もできないし、
   できないんだったら別に自分がいる
   意味なんてないと考えたりもしました。
 
   二十二歳のお正月の頃、
   もう自分ではどうにも抱えきれなくなって、
   このまま死んでしまうぐらいなら
   親に言おうと思ったんです。

   その決心がようやくできて、
   福岡から久しぶりに熊本へ帰りました。

小宮 よく一年半も一人で耐えたと思います。

浦田 熊本へは電車で帰ったのですが、
   全く見えないわけではないので、
   こう行けばそこに改札があったなといった
   記憶も辿りながら、駅のホームに降りて、
   改札口のほうへ向かいました。

   すると、すでに母が迎えに来てくれていたようで、
   「はよこっちおいで。
   何、てれてれ歩きよると?」と声がしました。

   あぁ、お母さんや、と思って改札のほうへ
   向かったんですが、
   母の声はするんですけど、顔が全然見えなくって……。

   その時に、あぁ、私、親の顔を見たのはいつやったかな、
   親の顔も見えなくなったんだということで、
   自分の目がもう見えなくなったことを
   凄く痛感させられた。

   改札のほうへも、さっさとは歩けないので
   ちょっとずつ歩いたのですが、
   母は私がふざけていると思ったそうです。
 
   改札をやっと通り抜けて母の元へ行き、
   「私……、お母さんの顔も見えんくなったんよね……」と言ったら、
   母は「ほーら、また冗談言って。これ何本?」って
   指を出されたんですが、
   その数も全然分からなくて、
   母の手を触って確認しようとした。

   その瞬間、母はもう本当に、
   改札の真ん前だったんですけど、
   ワーッとメチャクチャに泣き崩れて……。

小宮 ……。

浦田 それを見てる私も、自分は何をやってるんだろう、
   とやるせない気持ちになったんですが、
   でもこれまでずっと自分一人で
   抱えてきたものを伝えられたと、
   肩の荷がちょっと下りた気持ちでした。
 
   それと、親がしばらくして
   「何か自分ができることを探さんとね」と
   声を掛けてくれた。
   その時に、あぁ自分がたとえどんな状態になっても
   親は絶対見捨てないで
   いてくれるなと実感できたんです。
 
   それまでは家族の存在も、
   まるで空気のように当たり前に
   感じていたのですが、
   いてくれることのありがたさというのが
   初めて身に染みて感じられました。
   
   そしてこれだけ応援してくれたり、
   励まして支えてくれる人がいるんだから、
   自分も何かをやらないと、
   とそれまで後ろ向きだった気持ちが、
   少しずつプラスに変化していきました。


いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

ゴールボール女史日本代表の浦田理恵さんのお話でした。
「視覚」が無くなり、どん底に陥ってしまいましたが、なんとか母親のお陰で復帰し、
パラリンピックで金メダルを獲得するまでになりました。

今、自分の周りにある「当たり前に思えるけれどとても有り難いもの」は
どれくらいありますか?又は、気づいて居ますか?

普段そういったことを考えなくても、こういう機会に思い出して見てください。
そして、心の中だけでも、出来れば相手が居れば感謝の気持ちを伝えてあげて下さい。

さて、「第15回やる気と感動の祭典」の申込締切日まで、あと6日。
今回は、「ファイブ・ウェイ・マーケティング戦略」を具体的に学べるセミナー。

「価格」・「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」

この5つの道の“尖り”と“差別化”を学べるセミナー。
すごいセミナーです。

沢山の社員さんを連れて参加してみてください。
お申込み、心よりお待ちしております。

そして、「今日の一言」…

「人生はキミ自身が決意し、貫くしかないんだよ。」

(岡本太郎)

by akindonet | 2014-03-23 18:00 | Comments(0)

第15回やる気と感動の祭典 
精肉部門




「第15回やる気と感動の祭典」
お申込締切まであと7日!


今回の発表者のミッションは…
我々は、参加された方々が発表内容を100%モデリングし、
結果を大きく変えることのできる発表をすることを誓います


今、小売を取り巻く環境はより不利な状況へ
変化してきていると言われています。

発表者のモデリングをすることで不利な状況を打破し、
逆に4月以降更に売上を伸ばす事のできるセミナー
「第15回やる気と感動の祭典」です。

「参加人数」と「伸び幅」は比例します!
追加も随時受け付けておりますので、
この機会にお取引先企業様を巻き込んで
皆さんでご参加下さい!


詳細はこちらから!
「第15回やる気と感動の祭典」お申込みページへ




新着動画情報



チャレンジャーあくなき挑戦者たち シーズン2 episode6
第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め


第14回やる感で発表した新井賢治、
その絶品グルメ商品の秘密に迫る!

スーパーマーケット業界で
最も味にこだわる男と知られる新井が
生み出す数々の“絶品グルメ”の秘密とは!?

更に、料理研究家を巻き込んでの新作商品作りにも密着!

出演:株式会社不二商事 生鮮第1部
惣菜担当バイヤー 新井賢治 氏

第1章 非効率の美味しさ、その聖域をひた進め





新人教育のニュースタンダード
「販売士Web講座」ついに始動!!




「ヒト」の成長なくして「企業」の成長なし。
新人教育・初期教育にフォーカスした
「販売のプロ」を養成する講座がスタート!

自宅のPC・スマートフォン・タブレットなどから
簡単にアクセスして映像で「販売」が学べるシステムです。
f0070004_1914638.png

社内の研修の一環に!
自身の自己啓発に!
ぜひご活用下さい!!!!


お申込み・資料請求はこちらより!
http://hanbaishi.akindonet.com/




メルマガ購読・解除
「商人ねっと 商売繁盛マガジン」ご登録の御案内
商売繁盛マガジンでは、「商人伝道師一日一言」「商人ねっと」の新着情報購読者だけに送るオトクな御案内などを配信しています!
自店の「差別化」に役立つ情報が満載のメルマガなので、是非ご購読下さい!
読者購読規約
 


今日は5時起床…。
軽くジョギングして…
blogを書いて…
今日はフリー。
仕事を含めていろんなことをする。


さて、「第15回やる気と感動の祭典」のお申込み締切日まであと7日となりました。
これからの戦略。

「ファイブウェイ・マーケティング戦略」
を学べるセミナー。

「価格」・「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」
全ての“道”の「尖り」と「差別化」を学べる。
こういうセミナー今は他にありません。
ぜひ、参加してみて下さい。

「チャンスは掴み取るもの。」
「チャンスがやってくることは無い。」
「チャンスは引き寄せるもの。」


この「チャンス」をつかみ取って下さい。

そして今日は「トレンド・対策」について…
よくこんなことを言われる。
「なぜ、そんなに先が読めるんですか?」と…。

先なんか読めるはずがありません。
しかし「予兆」は読めます。
「現場・現物・現実」を常に見ているからです。
常に“第一線”に立っているからその「予兆」がが見えてきています。

例えば先日も書きましたよね。
「もう消費税特需はスタートしている」
「それも生鮮部門を中心に…」
これもいろんな企業を見ているから、分かる…。

そしてグロッサリーやコモディティー商品は…
「今週末から本格的特需がスタート」する。
3月30日の日曜日まで…
これもわかる。
「予兆」があるから…。


皆さん「トレンド」って言葉ありますよね。
このトレンドは3つに分けられるんですね。
トレンドになるかわからないがちょっと予兆があるぞーというレベルのもの。
これを
「マイクロ・トレンド」
と呼ぶ。

トレンドまで行かないがちょっとその傾向が見られるというものですね。
そして3年~5年のスパンで「ブーム」が来る。
これを…
「トレンド」
と言います。

そして5年~10年のスパンで起きる現象。
これを…
「メガ・トレンド」
と言います。

「時短」・「負担増」・「少子高齢化」・「女性の社会進出」
は“メガトレンド”になります。
こういうことをしっかりと理解して、“先を読まなければ”いけない。


小生が今申し上げている「ファイブウェイ・マーケティング戦略。」
これはこの「3つのトレンド」をしっかりと理解して「これからこうなるんだよー」
ということをまとめたものです。

「価格」
価格は「信用・信頼」になってくる。
「いつ行っても安い。」
「トータルの買い物が安い。」
という「信用・信頼」

決して「全て安いこと」が「価格」の優位性をにつながるのではなく…
「私の財布を預けても良い店」なのかどうか…
ということ。

ですから、「価格」の優位性は「EDLP」しか実現できない。
今までの「ハイ&ロー」政策では「価格」で優位性をだすことは出来ない。

しかし、「“瞬発力”のある集客」で「価格」で優位性は出せると小生は思っている。
それを学ぶのが「第15回やる気と感動の祭典」である。

そして「サービス」
これからは「モノの豊かさ」を求める時代から「心の豊かさ」を求める時代になる。
ということはこの「サービス」は絶対条件。

そしてこの「サービス」
9割りが人間力で決まる。
だから、この「人間力」を高めていかねばならない。
その方法は…
「第15回やる気と感動の祭典」で学べる。

2年ぶりの「レジチェッカー」発表がある。
レジチェッカーさんは絶対に参加すべきだし、経営者は参加させないと…
直接学べるのと間接的に学ぶのでは“雲泥の差”がありますからね…
経営者の“勘”に期待します。


また、「アクセス」
メガトレントに「時短」がある。
いわゆる「調理時間短縮」と「買い物時間短縮」
これからは「時間を買う時代。」
が来ている。

だから「コラボレーション販売」だし、「人付推奨販売」が必要となる。
それを学ばないと時代に取り残される。
「時間を買う」時代の販売方法は…
それを学ぶことってとても大事ですよね。
「第15回やる気と感動の祭典」では、この「コラボレーション販売」と、「究極の人付き推奨販売の極意」を学ぶことになる。

さらに「商品」。
これは実は最も“尖り”や“差別化”するのが実は難しい。
難しいからチャレンジする必要あり。

f0070004_1617576.jpg


これを徹底した企業が“尖り”や“差別化”に繋がる。
時間はかかるがやっていかねばならない。
これも「第15回やる気と感動の祭典」で再度学んでもらう。

最後に「経験価値」
これはこれからの“メガトレンド”になる言葉。
「経験価値」の最大化。
これこそ消費力がシュリンクしていく中でとても大切になる。
これに気づいているのが…
「世界のトヨタ」

トヨタのCMがまさしくこれを表している。
ではスーパーマーケットで「経験価値」を最大化するにはどうしたらいいか…
これを「第15回やる気と感動の祭典」で学んでもらいます。

「トレンド」をしっかりと理解し、それに準じた政策を取る。
これこそ「戦略」である。
そうでないと「ムダ・ムリ・ムラ」が生じる。

皆さんおわかりですか?

「現場・現物・現実」

を常に意識して行動している“商人伝道師”だからわかること
ぜひこの“商人伝道師”から学んで下さい。
絶対に生き残らせますから…

そして、「今日の一言」…。

「神様は決してピンチだけをお与えにならない。
 ピンチの裏側に必ずピンチと同じ大きさのチャンスを
 用意して下さっている。」

 (山本よしき)

by akindonet | 2014-03-22 18:00 | Comments(0)