商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2013年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧


第14回やる気と感動の祭典
店長部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと5日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!








今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
ジョギングして…
「出雲大社」へ…

f0070004_16214193.jpg



今年は「遷宮60周年」の年。
その為、ものすごい人が日本中から集まってます。
小生はあまり関心はないが…
一度、どんなものか見てみたいとは思った。
きれいになった本宮など…
ですから、牛尾社長に感謝。
その後、コンサルティング…
夜、大阪へ移動…



さて、「第14回やる気と感動の祭典」の〆切日まで
あと4日となりました。

今日は発表者の「第二次提出日」です。
全て、小生はチェックします。
合計3回も提出を義務づけられる。

「発表者の発表!!」

でなく…

「参加者が学べる。実践できる発表!!」

にしたいからです。
ですから、発表者が好き勝手に発表していると思っているでしょ…
そんなことは全くない。

全て、小生がチェックし、「参加者が学べる。実践できる発表!!」
にしたいと修正してもらっています。
ですから、「実践」しやすいのです。

特に、今回は力を入れています。
まちがいなく、「やる感史上最高」のセミナーになることでしょう。
厳しい時代になるからこそ…
今、徹底的に学び、実践してほしい!!と思い、今回はかなり厳しい要求を発表者にはしています。
ですから、ぜひ参加してみて下さい。

絶対にみなさんの為になりますから…
絶対に結果が変わるから…
絶対に“安さ以外の競争の優位性”を見つけることができるから…


小生を信じて、参加して下さい。
お待ちしています。


そして、>今日も「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。
まずは、福島の「フレスコ・キクチ」さん。
この企業も多数エントリーしてきてます。
まずは、エントリーした方々の紹介です。

齋藤さん  遠藤幸子さん
設楽 光俊さん  大友淳一さん
荒井さん  瀬戸 晃嗣さん
五十嵐 敬登さん  高玉 清さん
郡 貴司さん  八島さん
荒 雄一郎さん  阿部 健太郎さん
坂脇 圭一さん  杉本俊一さん
遠藤 弘仁さん  石﨑 綾一さん
羽山さん  佐藤 剛さん
鈴木峰夫さん  鎌田 征紀さん
齋藤さん  門馬 秀幸さん
佐々木 さん  鈴木 義智 さん
大越 亮市さん  宮城真さん
川崎さん  山本さん



その中から、今日は「販促」部門の紹介をします。
齋藤さんのエントリー。
まずは、「均一セール」からの脱却…。

f0070004_16422690.jpg

f0070004_164235100.jpg



その「ゾロ目表」とはこんな感じです。

f0070004_16424155.jpg

f0070004_16424779.jpg



しかし、当初は、散々たる結果。

f0070004_164255100.jpg



そこで、大きく変化した。

f0070004_1643321.jpg

f0070004_16431179.jpg

f0070004_1643213.jpg

f0070004_16433357.jpg

f0070004_16434036.jpg

f0070004_1644730.jpg


そして、「改善、改革、進化」し続けた。

f0070004_16441527.jpg


すると、結果が変わってくる。
そして、「イベント」も忘れない。
その中で、斉藤さんがわざわざその人の自宅まで行って直接交渉し、実践したイベントがある。
その人とは…
「ビッグダディー」

f0070004_16454529.jpg


その結果…
本当に来店されたのです。

f0070004_16455866.jpg

f0070004_16463652.jpg

f0070004_1646503.jpg

すると、すごいことになる。

f0070004_1647261.jpg


売上げにも、貢献する。
この行動力は立派。
すごい!!
ぜひ、次回は「やる感」の舞台を狙ってほしい。
いつも、「パワーポイント係」なので…。
今度は、「主役」を目指してほしい。
という事は、次は「AKB」と交渉してみては…(笑)



次に、香川の「マルヨシセンター」さん。
エントリー者は…

向井 委旦さん
浅田 寛典さん
乙坂 文恵さん
高島 邦明さん
真野 高彰さん


その中で今回紹介するのが…
「マルヨシセンター善通寺店 向井委旦店長」。
この店長が行ったこと。
それは、

f0070004_16511595.jpg


どういう行動をとったか…

f0070004_16514060.jpg

f0070004_16514856.jpg


そして、この5名を中心にスタートした。

f0070004_16515430.jpg


すると、すぐに結果が変わる。

f0070004_16521244.jpg


40万円以上売れる。

f0070004_16523955.jpg

f0070004_1754069.jpg

f0070004_16525679.jpg

f0070004_1653678.jpg


すると、どんどん「女性自ら」提案始める。

f0070004_165318100.jpg

f0070004_16532843.jpg


するとね…
結果が変わってくるんです。

f0070004_16534472.jpg


ちょっとしたこと。
しかし、そのちょっとしたことが大きく結果を変える。
それも「やる気と感動の祭典」に参加しているから…
自分達では気付かない。

それを「気付かせてくれる」セミナー。
それが、「やる気と感動の祭典」セミナー。
ものすごい「効果」ですよね。
だから、参加すべきなんです。
ぜひ、参加してみて下さい。


そして最後に広島の「ニチエー」さん。
エントリー者は…。

松岡 満さん
檀上 峰子さん
丹地 英雄さん
井上清登さん
和 田 章 宏さん
小早川 聖司さん
渡辺 志保さん


これまた、すごいエントリー者です。
その中から、今回は「惣菜部門」を紹介します。
まずは、「看板商品」の育成。

f0070004_16585864.jpg


月間29万円くらいだった商品が、なんと月間「160万円」まで変わるようになる。
これ一品で弁当の底上げになった。
そして、「地域密着」

f0070004_16593660.jpg

f0070004_16594582.jpg


すると、「大ヒット」商品…
さらに、看板商品の「面展開」

f0070004_16595480.jpg

f0070004_170467.jpg


多分、この惣菜これからも伸び続けるでしょう。
さらに、ニチエーさんといったら「シェフ」

f0070004_1702632.jpg


そして、他部門との「コラボレーション」

f0070004_1703612.jpg

f0070004_17047100.jpg

f0070004_1705597.jpg


すると、どんどん結果が変わって来る。
だから、強気の発表になる。

f0070004_171647.jpg


ぜひ「110%」を達成し、「やる感」の舞台へ再チャレンジして欲しい。


いかがでしたか?
自社だけではなかなか基準を上げることは難しい。
しかし、「やる気と感動の祭典」セミナーのように、他社の発表を聴くことにより、自分達の基準の低さに気付く。
だから、努力をする。
「やる気と感動の祭典」は、自社の「基準」を感じるためにもすごく役立つ。

「まだまだ…」
「もっともっと…」


というような気持ちになる。
それが「やる気と感動の祭典」セミナーなんです。

今回は「お取引先様」と参加して下さい!!
と呼びかけています。


それは取り組むスピードがアップするからです。
とにかく、「しぶとく生き残って欲しい!!」
そう思う今日この頃です。

そのヒントやノウハウが…
「第14回 やる気と感動の祭典」の中にあります。
ぜひ、参加して下さい。


そして、「今日の一言」…。
「おいしくて体に悪いものを食べて病気になるか、
まずくても体に良いものを食べて健康でいるか。
食べ物も人間関係も同じ。
(日本のシンガーソングライター、俳優、演出家)」

by akindonet | 2013-09-30 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


第14回やる気と感動の祭典
店長部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと5日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!






今日は、朝5時30分起床。
ジョギングして…。
朝8時より、
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「売場クリニック」の撮影。
こんな感じで撮ってます。

f0070004_17452533.jpg


その後、コンサルティング。


さて、「第14回やる気と感動の祭典」のお申込み〆切まであと5日となりました。
参加のご検討は頂いていますでしょうか。
終了は、夜6時。
夜、羽田空港、山陰へ…。

「生き残る為に、今、何をすべきか!」というテーマで…。

「安さ以外の競争の優位性」について、集中的に学ぶ内容となりました。
小生が申すのもなんですが…。

「やる感史上最高!!」

となっています。
是非、お申込を迷われている企業様。ご検討されている企業様。
お申込み下さい。
私、水元均を信じて…。
本当に、「結果が変わる」セミナーですので…。

そして、今日は「日曜日」。

「心のオアシス」の日です。

今日は…2つ。


「本当の名店」

先日、定食屋だと思って入ったら、
一番安い料理でも3千円はする高級和食店だった。

悩んだ挙句、顔を真っ赤にしながら正直に
「予算が足りないので失礼します」と伝えたら、

店主は状況を察して
「ご予算はいかほどでしょう?」
と言い返してきた。

顔から火が出そうになりながら
「千円では無理ですよね?」
と言ったら、

笑顔で「天丼はいかがでしょう?」
と勧めてくれて、

余った高級食材らしきものを集めてかき揚げ丼を作ってもらった。

感動して泣きそうになった。

本当の高級店とはこういう店をいうんだなとしみじみ感じた。



「ファミレス」

ある4人家族がいました。
30代の夫婦と2人の兄弟。1人は10歳、1人は8歳でした。

ごく平凡な家族なのですが、10歳のお兄ちゃんは重度の食物アレルギーを持っていて、
食べ物も好きに食べられないという状態でした。

そんなある日、弟が学校でいじめられて帰ってきました。

母親は驚いて理由を聞くと
「僕だけファミレスに行ったことがないからって仲間外れにされた」と弟は言いました。
実はお兄ちゃんの食物アレルギーのため、
弟はファミレスどころか、外食もしたことがない、という状況でした。

それを聞いてショックを受けた母親は、父親と相談して、
弟を1度ファミレスに連れて行くことに決めました。

そして、ある日家族4人でファミレスに行き、席に着きました。
すぐに店員が注文を取りにきました。
母親は店員に、「日替わりランチ2つとお子様ランチを1つ下さい。」と頼みました。

すると店員は、「お子様ランチ1つですか?」と尋ねました。

母親は「はい、1つでお願いします。
下の子がファミレスに行ったことがないとクラスでからかわれてしまって…。
一度ぐらい連れてきてあげてもいいんじゃないかって思って連れてきたんです。
と言うのも、上の子が食物アレルギーで食べるものも制限されているんです…。
それでも子供たちにはできるだけ不自由な思いはさせたくないと思って連れてきました。
さらに失礼なお願いなのですが、上の子には家から持ってきた、
これをここで食べさせてもかまわないでしょうか?」と、
母親はかばんから食材の入ったタッパーを取り出しました。

当然ファミレスに食べ物を持ち込むということは、
食中毒などの店側の衛生管理上の問題により、
本当はダメだということは母親にもわかっていました。
ここで断られたらどうしようかと、母親はひそかに思っていたのです。

店員は、「そうですか…。」というと、
「私にそのタッパーを渡してください。」と母親に言いました。
母親は、「えっ」と思い、やっぱりダメか…、と落胆しながら店員にタッパーを渡しました。

しばらくして両親が頼んだ日替わりランチと、
国旗が付いている弟のお子様ランチが出てきました。
弟は喜んでいますが、両親は素直に喜べませんでした。

ですが、次の瞬間、もうひとつの料理が出てきたのです。
それはまぎれも無く、あのタッパーの中の料理でした。
綺麗に盛り付けされ、真ん中には国旗が付いています。

「はい、これがお兄ちゃんのお子様ランチだよ。」

その店員の思いがけない言葉と嬉しそうに喜んでいる兄弟の姿を見て、
両親は涙が止まりませんでした。



みなさん、「心の接客」されていますか?
この「心の接客」を何気なくできるお店って素敵ですよね。
そして、お客様が本当に求めている店はこんなお店なのだと小生は思います。

今、「おもてなし」という言葉が流行しているのも。
みんながそれに共感したからだと小生は思います。

「おもてなし」というのは、接客だけではないですよね。
イベント・売場作り・商品でも「心の接客」はできる。

みなさんが心から通いたいと思うお店はどんなお店ですか?


いかがでしょうか。
今週も「エントリー企業」の紹介や…。
「商人伝道師が見つけた逸品」…。
などなど…。
今週もBlog頑張ります!!
そして、迷ってらっしゃる企業様、
さらに、「お取引企業様と一緒に参加してもいいなー」と思っておられる企業様。
追加も大丈夫です。

「やる感史上最高!!」の
「第14回やる気と感動の祭典」


お申込みをお待ちしております。

そして、「今日の一言」…。
「一生の終わりに残るものは、我々が集めたものでなく、
我々が与えたものだ。」
(渡辺和子)

by akindonet | 2013-09-29 18:00 | Comments(0)

第14回やる気と感動の祭典
店長部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと6日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!







今日は5時30分起床。
Blogを書いて…
なぜか“小商人伝道師”というラジオ体操して…
ジョギング。
その後、身支度して、
「カットフルーツセミナー」会場へ…

会場は「リスビル」。

f0070004_12275768.jpg



リスパックさんの東京本店をお借りしました。
こんな素敵な会場です。

f0070004_14342311.jpg


まずは、小生の講演。

f0070004_14343756.jpg


約1時間。


「カットフルーツの将来性」
「カットフルーツのXmasの戦略」
「カットフルーツのMDマトリックス」


など…
をお話しする。


その後、「フルーツアレンジメントデザイナー」の
高梨由美先生
へバトンタッチ。

夕方5時まで、みっちり研修。

この研修に参加するのとしないのでは…

「Xmasの収益」が変わってくる。

「Xmasの売上げ」が変わってくる。

そう感じるくらい、密度の高いセミナーです。
ぜひ、Xmas本番で生かしてください。
終了は午後5時くらい。
その後、オフィスに帰って「第14回やる気と感動の祭典」の打ち合わせ。



そして今日も、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー企業の紹介です。

まずは、東京の「日東燃料ベニースーパー」さん


最初にエントリー者の紹介です。


松丸 尚さん
長谷川勝さん
長谷川徹さん
若井大輔さん
小林聡さん
坪井仁さん
中山修さん
花澤一さん



その中から、

「惣菜」部門の紹介。

エントリー者は、中山修さん。

今回は
「夏の1週間」
の記録でエントリー。

f0070004_12301836.jpg


「まぐろ丼」。

鮮魚とコラボレーション。

f0070004_12305246.jpg



f0070004_1231738.jpg



同曜日対比で

「惣菜の売上高昨年対比155%」


次に
「土用の丑」の展開。


f0070004_12314073.jpg



f0070004_12315794.jpg



そして、だいぶ定着してきた「夏の節分」。


f0070004_12322829.jpg



f0070004_1233033.jpg



いかがでしょうか。
他にもいろんな取り組みをたった「1週間」で行っている。
すごいですね~。
小生はよく感じる事があります。
「やる感で一度発表する」と…
企業力が変わると…
モチベーションがグーンと上がります。


これが「やる感」効果。


今回も、モチベーションが上がった状態で、この企業も参加されることでしょう。
そして今回は小生が奨励している…


「お取引業者」様とのコラボ参加。


この企業は、絶対にやってくると信じています。
お待ちしています。


次に、東京の「文化堂」さん。


まずは、エントリー者の紹介です。


黒松 孝行さん
佐藤 豪さん
石井 雄一郎さん
宮城さん
土戸達也さん
衛藤貴之さん
山口恵子さん
松浦浩司さん
遠藤和晃さん
石原忍さん
野崎哲弘さん
高橋和也さん
谷川さん
加藤良司さん



すごい人数でエントリーしてきました。
その中から、一番小生が評価した人を紹介。

月島店店長 佐藤豪さん。

まず、小生が一番評価したこと。


それは「旬商品とのコラボ販売」。


これはスゴイ!!
こいいう感じです。


f0070004_12351734.jpg


f0070004_12353248.jpg


f0070004_12354756.jpg


f0070004_1236222.jpg



さらに、その料理提案の「コトPOP」。


f0070004_12364314.jpg


f0070004_1237154.jpg


f0070004_12371822.jpg




「手間がかからず!」「でも、サプライズのある料理」での提案。
これはスゴイ!!と感じた。
そして、こういう事に取り組んでいる。


f0070004_12375520.jpg



「高品質低価格」


f0070004_12381728.jpg


f0070004_12383339.jpg


f0070004_12385134.jpg



「新商品」の早期展開。


これは「インターネット」でチェック。


f0070004_12393562.jpg



さらに、「トレンド」追求。


f0070004_12395749.jpg


f0070004_12401647.jpg


f0070004_1240358.jpg


f0070004_12405121.jpg



すると、こうなる。


f0070004_12431255.jpg



すごいですね。
ちょっと参考になったのではないでしょうか?!
「やる気と感動の祭典」の壇上も、このまま進化すれば近いかも…
進化すれば…だけどね。(笑)




神奈川の「しまむら」さん。


エントリー者は魚津昌央さん。


単品に集中して売り込んだ。


まずは、「マグロ祭り」。


f0070004_1244368.jpg


f0070004_12441917.jpg


f0070004_12443538.jpg



次に「カニ祭り」


f0070004_1245659.jpg


f0070004_12452261.jpg


f0070004_12453662.jpg



そして、「刺身バイキング」


f0070004_124653.jpg


f0070004_12462372.jpg


f0070004_12464315.jpg


f0070004_12465981.jpg



最後に「切り身バイキング」


f0070004_12473750.jpg


f0070004_12475462.jpg


f0070004_12481185.jpg



そのかいあって…


f0070004_1255570.jpg



実は、9月に「しまむら」さんは“あること”が起きた。
「スーパーマーケット実践会」の勉強しているメンバーなので、すごく心配している。
でも、“老舗”です。お客様の支持を徐々に回復させてきている。

ぜひ、「第14回やる気と感動の祭典」は、“元気な姿”をたくさん見たいものです。



みなさん参加して下さい!!





いかがだったでしょうか。
今日の「エントリー」紹介。


「売れないのではない。売っていないだけだ!!」


とよく言われるが、

「売り方がわからない!!」のではないかと思う。


そういう意味からすると…
この「やる気と感動の祭典」って、いいですよね。
色んな「成功事例」を紹介してくれる。具体的に!!


それを「モデリング」するだけで結果が変わる。


どんな「理論」や「理屈」を学んでも、実践しなければ意味がない。


「実践こそ、真実!!」である。


それに気付いている企業のトップが少ない事を危惧する。
もっと、気付きなさいよ!!


「セミナーの演出がハデなので弊社の社風と合わない」


という理由で参加しない企業もあるという。
なんか間違っているのではないか…


「問題は中身!内容でしょ。」


社風と演出が合わない???
まだまだ、危機感ないのかもしれないこの業界。


そう思う今日この頃です。
でも、「第14回やる気と感動の祭典」はものすごい内容にしてみせます。
一番気合が入っている商人伝道師でした。

それでは最後に、店長部門のご紹介VTRです。





そして、「今日の一言」…

生きるとは呼吸することではない。行動することだ。

(ルソー)

by akindonet | 2013-09-28 18:00 | Comments(0)

第14回やる気と感動の祭典
青果部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと7日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!






今日は朝4時に起床。
Blogを書いて…
身支度して…
仙台経由で亘理へ…。

「東北勉強会」


ホスト企業は「フレスコキクチ」さん。
ちょっと進化が止まっているので進化の具合をチェックしていく。
もちろん日帰りです。
帰宅は夜11時過ぎか…。

暑さ、寒さも彼岸まで…。
とはいいますが本当にそうですね。
一気に秋めいてきました。

日本は「四季」があるので本当に「感性」が変わるんですね。
「秋の紅葉」って本当にきれいですもんね。
車窓からしか見ることができませんが…
こういう「四季」があるから「旬」があるから…。

日本は地方の「中小企業」でも生き残っていけるのでは無いでしょうか‥。
うまく、この「四季」や「旬」を出して行きましょうね…。


f0070004_18354765.jpg



さて、今日も昨日に引き続き…
「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー企業のご紹介です。
まずは広島の「西條商事」さん。
「サマープロジェクト」
f0070004_1554295.jpg



これはやはり大切。
「戦略」キャンパス作り。

f0070004_15544127.jpg

f0070004_15543834.jpg



次に「MDマトリックス」
f0070004_1554558.jpg

f0070004_1555017.jpg


それに基づいた売場作り。

f0070004_15551023.jpg

f0070004_15554865.jpg

f0070004_15555594.jpg


和日配との「コラボ」売場。

f0070004_1556425.jpg

f0070004_15561153.jpg


すると、かろうじて「昨対比100.2%」
「うーん、進化が止まっている」

前回は「1名のみ」の参加。
「やる感」って“一回の重み”ってあるような気がするんです。

前々回ご不幸があり参加できなかった企業がある。
すると「ガクっ!!」と基準の進化がなくなり、
それを取り戻すのにものすごく時間がかかった。

激戦区「備後」地区に出店された。
広島価格が全く通用しない地域。
日本でも有数の「安売り」地域。

その中でやっていくには…。
「安さ以外の競争の優位性」
を学ぶしか無いのではないでしょうか。
そう思うのですが‥。
「第14回やる気と感動の祭典」の参加、お待ちしております。

次に大阪の「おおさかパルコープ」さん。
まずはエントリーした方々の紹介です。

清水愛子さん
高橋潤子さん
上原資子さん
食品部門のみなさん
山田貴士さん
水森さん
岡原さん
福田浩さん
新谷一朗さん
審光広さん
嶋田大樹さん
上野賢治さん
山平和也さん
西川弘一さん
立花とき子さん
富田孝直さん


その中から、小生が選んだのは「農産部門」
この部門を紹介します。
まずは「仮説」を作る。

f0070004_15563113.jpg


それを基「重点商品の選定」づくり。

f0070004_15563999.jpg

f0070004_15564520.jpg


では「ブドウ」の異常値販売を紹介しましょう。
f0070004_15565644.jpg


「売場作り」いわゆる「空間演出」づくり。
これも「やる気と感動の祭典」で学ぶ。

「食べ比べセット」・「お試しセット」づくり。

f0070004_16311315.jpg


そして、「コトPOP」

f0070004_1631238.jpg


f0070004_1631346.jpg


f0070004_16314317.jpg


f0070004_16315322.jpg


すると、こうなる。

f0070004_1632153.jpg


さらに、「カットフルーツ」

f0070004_16322823.jpg


f0070004_16324381.jpg


先日開催した「カットフルーツセミナー」にも積極的に参加されている。
だから、こんなに「結果」が変わる。

f0070004_16325210.jpg


「学びはウソをつかない!!」

積極的に学ぶ。積極的に実践する。積極的に改善する!

これが企業を強くする。
今回は「大阪開催」
地元の中の地元!!
多数の社員様の参加を期待する。
「学びに、もうこれでよい!!なんて、ない!!」



最後に、神奈川の「ローヤルよつや」さん。
初めてのエントリー。
初めてのエントリーにもかかわらず、こんなにエントリーしてきました。

早野 倖弘さん
安谷 英昭さん
黒川 秀さん
渡邊 亮さん
加藤 幸治さん
関口 幸男さん
勝間 隼人さん
黒澤 隆史さん


すごいですね。
こういうことが一つ一つ身についていくんですよ。
あきらめないこと!途中でやめないこと!
です。

その中から、「グロッサリー部」の紹介しましょう。
エントリーしたのは、「安谷 英昭」さん。
まずは「目的」

f0070004_16484991.jpg


そして、「目的」に沿った売場。

f0070004_16482461.jpg


f0070004_16485864.jpg


「チーズ」や「タコ」とのコラボレーション販売

鮮魚売場でも…

f0070004_1649927.jpg


f0070004_16491795.jpg


さらに、「パスタ」提案も忘れない。

f0070004_16492794.jpg


f0070004_16493440.jpg


その他にも…

f0070004_16494277.jpg


f0070004_164951100.jpg


f0070004_16495924.jpg


学ぶことをスタートさせると、ぐーんと伸びる。

「学びはウソをつかない!!」

そして、「キュオルスティーコーラ」

f0070004_1650947.jpg


なんと、「目標の見える化」している。

f0070004_16501682.jpg


また、「とちお揚げ」のコラボ販売

f0070004_16513935.jpg


f0070004_16515239.jpg


まだ、本格的に「学び」始めて数ヶ月。

厳密に言うと、「第13回やる気と感動の祭典」に初参加後から…

そこから「東京地区スーパーマーケット実践会」に入会し…
「1日6時間」の集中した学びを1ヶ月一回。
「商人ねっと」の視聴…
「コトPOPマイスター」の講座で学び…

すると、一気に高い基準まで持っていける。
まだまだです…。

小生から、「昔の名前で出てます企業!!」と言われる。
「第14回やる気と感動の祭典」は、女性社員さんをはじめ、多くの社員さんが参加されるはず…
是非、「たくさんの学び」をし、「たくさんのモデリング」をし…。

「大きく結果を変えて」欲しい…。
お申込み、お待ちしております。

お申込み・詳細は以下より。
http://www.akindonet.com/yarukan/

「学びはウソをつかない!」
「止めると、すぐに衰退していく!!」
「もうこれでいいいや!!という気持ちが凋落への道!!」


しかし、ほとんどの企業が、学ぶのをやめる。

「学びに執着がない!!」

だから、いいところまで行って、終わりになる。
今回は、「安さ以外の競争の優位性」を学ぶセミナー。
“競争の優位性”という言葉さえ理解していない企業があると思う。
だから、この言葉から学んでもらいます。

当日は…

「日本で唯一と言って良い!!」

「実践的で!結果の変わるセミナー!!」

「第14回やる気と感動の祭典」の申込締切日まであと8日。
みなさんの勇気ある行動を期待しています。

青果部門の発表者のご紹介VTRです。
是非、視聴してみて下さい。




そして、「今日の一言」…
明日はなんとかなると思う馬鹿者。
今日でさえ遅すぎるのだ。
賢者はもう昨日済ませている。
(チャールズ・クーリー 社会学者)

by akindonet | 2013-09-27 18:00 | Comments(0)
=お願い=

「第14回やる気と感動の祭典」にお申込みいただいた企業様
並びに、お申込みを前向きにご検討頂いている企業様へ


「第14回やる気と感動の祭典」から、「お取引先企業様」との参加を呼びかけています。
それについて説明させて頂きます。

今までもそうだったのですが、実際に「実践しよう!!」とすると、「ヒト×モノ×コト」の3つを動かさなければいけません。

「ヒト」については、発表者が使用した「パワーポイント」を後日郵送させて頂き、それを「社内発表」という形で共有することができていると思っております。

また、「コト」についても、しっかりとセミナーで「なぜ?!」を発表者の方々に説明していただいているので、書きやすいし、実践していただいています。

例として、「第13回やる気と感動の祭典」では、リスパック様の発表での「ピンクの売場」が参加企業の“琴線”に触れて、全国で大々的に展開されました。これも「コト」の一つです。こういうことはすぐに展開して頂いています。

しかし、最後の「商品」のところになると、仕入れ方法が分からないとか、お取引先企業様が動いてくれないということで導入されていない企業様が多く見受けられます。

そこで、この「やる気と感動の祭典」セミナーにご参加頂いて結果を大きく変えてもらう為にも、「商品」にも積極的に踏み込んで頂きたいと思い、「お取引先企業」様をお誘いされて、一緒に参加しませんか?とお願いしているわけです。

この方法を参加されている企業様で一番有効活用されているのが、今回も発表されます北海道の「東武」様

今回も、お取引先企業様へお声がけされて、「東武グループ」として参加しようとされています。

ですから、「急成長」されているのです。

「ヒト×モノ×コト」全てにおいて実践されようと心がけています。

今回は、「具体的商品」を数多く発表者がご紹介します。

「お肉のビックリ市」のような「お魚のビックリ市」も発表します。
「青果のブランディング」「独自化商品」も発表します。
グロッサリーでは「感性商品」がものすごく紹介されます。

お取引先企業様の協力があれば、同じ商品をすぐに販売することも可能なのです。



「第13回やる気と感動の祭典」で発表され、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」で番組化した「肉のおどろき市」。
そのDVDをお取引先企業様と一緒に視聴し、お取引先企業様から

「これ、やりましょうよ!!全面的に協力しますから…!!」

と提案され、380万円/日の売上を叩きだした、福井県の「フード三国」さんの事例もあります。

ですから、今回、14回目にして初めて「お取引先企業様と一緒に参加されてみて下さい!!」とお願いしているというわけです。

少しはご理解頂きましたでしょうか。

今回は、「安さ以外の競争の優位性」について、本当に実践的!具体的!に発表してくれます。
それを「バイヤーや担当者」の方と「お取引先企業様」が一緒に聴かれる。

そうすると、どうなると思いますか?
「いいですよ!すぐにウチが商品手配しますから、やりましょうよ!!この商品!この企画!」
となることは100%間違いないですよね。



「ヒト×モノ×コト」

この3つを実践することが「安さ以外の競争の優位性」を実践することになるのです。

今回のテーマは…
「生き残る為に、今、何をすべきか!!」
です。

私こと、水元均は、本気でこのテーマで参加される皆さんへ提案していきます。
「できることからやる!!」のではなく…

「皆を巻き込んで全てやる!!」
ようにしてもらいたいのです。


「お取引先企業様」を参加させると、競合企業に情報が漏れる!!という企業様がおられます。
現在、参加された「小売業(スーパーマーケット)」様以外には、発表者の「パワーポイント」はお渡ししておりません。

ですから、心配は無用です。
そんなことより、「みんなを巻き込んで!!」・「全てを実践する!!」ことのメリットの方が大きいのではないでしょうか。

本当に生き残りたければ…
北海道の東武様のように…

「お取引先様を巻き込んで、全てやる!!」
ことを考えられた方が良いと思います。


お申込みいただいた企業の経営者の皆様。
これからお申込みいただける企業の経営者の皆様。


水元均のこの「考え」をご理解して頂き、「お取引先様を巻き込んで!!」生き残りの方法をスピード感持って、実践することを考えて頂ければ幸いです。


今日は、特別に「第14回やる気と感動の祭典」の「お取引先企業様」を巻き込んで参加して頂くことの意味の説明をさせて頂きました。

多謝
2013年9月26日
「第14回やる気と感動の祭典」
最高責任者
水元 均


<追伸>
本来のBlogも本日18時より公開しておりますので、
是非、そちらも読んで頂ければ幸いです。
by akindonet | 2013-09-26 18:01 | Comments(0)

エントリー企業の紹介


第14回やる気と感動の祭典
鮮魚部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと9日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!







今日は、朝4時起床。
Blogを書いて…
仕事して…
なんと、今日は珍しく「オフィス」へ…
いろんな「雑用」をこなす。
日本経営コンサルタント㈱が今日が決算なので…
そして、夜18時から「リスパック」さんへお伺いし、これからの「容器の戦略」について勉強にいきます。


もう9月も残り少なくなりました。
8月の「お盆商戦」以降、西日本中心に「週末は雨」。
が続き、天候に恵まれていない。

しかし、何とか「野菜の相場高」で帳じりを合わしている感じ。
10月も当分、野菜の相場高は続くでしょう。

そこでポイントになるのが「粗利益」。


1.「代替野菜」の提案
2.「水耕野菜」の売り込み
3.「相場安定(といっても相場高いが…)野菜」
の売り込み
4.「コラボレーション販売」



など、利益を獲得する仕掛けをしないと、全く利益がとれない。
今まで通り「値入れを落として…」「小分けして…」というやり方ばかりでは、
全く利益がとれないのが現状。
ちょっと工夫が必要でしょう。
工夫してみて下さい。

そして、相変わらず「精肉」の売上げは良い。
勢いがとまらない。

「105%」ぐらいはどの企業もいっているのではないでしょうか。

「高品質低価格」戦略でいっている企業は「110%」越えも少なくない。
「残暑」が厳しい為、「スタミナアップ」に肉を食べるのか…と思ったが…
そればかりでもなさそうだ。

「売れている要因」

をしっかりと把握していきたいと思っている。

それに引き換え、「鮮魚部門」は相変わらず厳しい。

特に、「安売り」で売上げをとってきた企業は厳しい。
逆に「品質」や「おいしさ」で売ってきた企業は業績は良い。
「サンマは1尾200円前後が一番売れて儲かります」
と言える企業は強い。
企業の明暗がクッキリと分かれているような気がする。
鮮魚はこれから「相場高」が続く。

“知恵”の勝負。

“学んだ”企業が勝つ!!。そう思える今日この頃です。



グロッサリーは明暗くっきり。

和デイリー(和日配)は好調!!洋デイリー(洋日配)は惨敗!!
グロッサリー(一般食品)は惨敗!!菓子は好調!!
酒は惨敗!!住居家庭用品は横ばい!!
というところか…。
昨年と比べると、朝、晩が涼しい。
その影響が商品の売れ筋を変えた。

「対応力」

が決め手となった。さあ、どう対応していくか…。
10月が楽しみである。



9月はトータルでは悪くない。
いや、良いと思う。
この調子を維持していけば年末まで良い結果を続けるはず…。
あとは…

「戦略・戦術」を間違わないこと。

そのヒントは…
「第14回やる気と感動の祭典」にあります。



そこで、今日は久しぶりに「エントリー企業」の紹介。

まずは、富山のヒラキストアさん。

この企業は8名の方がエントリーしてきた。
その方をまずは紹介します。


沖田 友浩さん
吉田 茉美さん
佐狐 雄太さん
青木 泰宏さん
曽場 薫瑠美さん
津野 誠治さん
湯沢 清隆さん
片村 祐平さん



その中から、「湯沢清隆」さんのエントリーを紹介します。
まずは、

「戦略キャンパス」づくり。


f0070004_15411943.jpg


それを基にした売場はこうなります。

f0070004_15443963.jpg


f0070004_15454456.jpg



「生珍味昨対比175.6%」

「開魚昨対比144.6%」


“地産地消”や“オリジナルセット”など、
他社が展開しない商品を売りこむと、結果は変わってきますね…。
次に、刺身の展開。

まずは、

「戦略キャンパス」



「MDマトリックス」。


f0070004_1546307.jpg


f0070004_15465794.jpg


それを基にした売場展開。


f0070004_15472471.jpg


f0070004_15474060.jpg


f0070004_15475972.jpg



残念ながら、昨年には届かず。
ちょっと「商品づくり」から見直していかないと、難しいですね。
もう、時代のトレンドから離れてきている。
「帯シール」や「短冊POP」という時代ではなく「商品化」そのものを変えていかないといけない。
その他には、こんな事もされている。


f0070004_15492199.jpg


f0070004_1549361.jpg


f0070004_15495322.jpg



すごく良い取り組みです。
参考になりますね。
以上でした。

「うーん、進化がとまっている!!」

新しいトレンドの学びが不足してきているのでは…と感じた。

エントリー全体を見て、一時のパワーがない。

「学びはウソをつかない!!」


再度、「やる気と感動の祭典」に社員さんを参加させてみてはどうですか…。

「大阪開催」です。


遠くないです。
キーマンになる担当者を参加させれば、「大きな気付き」を得られるはずですよ。
そう思うけどな―。




次に、

岩手のホーマス・キリンヤさん。

エントリー者はなんと27名。

選考する人間のことを全く考えてない(笑)
その中で、今回は「デリカ」部門を紹介します。

「安さ以外の競争の優位性」


の取り組み例を紹介します。


f0070004_1610074.jpg


f0070004_16101750.jpg


f0070004_16103214.jpg


f0070004_16104963.jpg





ものすごく、この

「デリカ」部門は進化している。


さらに、「看板化」。


f0070004_1611175.jpg


f0070004_1611356.jpg


f0070004_16115313.jpg



これを続けていけば、間違いなくお客様の支持を得られる。
その他にも、こんな取り組みを…


f0070004_16123385.jpg


f0070004_16125953.jpg


f0070004_16131863.jpg




などを行っている。

「学びはウソをつかない」


この企業のデリカバイヤーは…
今年の春からバイヤーとなる。
それまでは、菓子と酒のバイヤー。

部門は関係ない。
逆に、何もわからないから努力する。
だから、こんなすごい取り組みができる。
まだまだだけどね…。

反面、勢いのあった「グロッサリー」・「日配品」・「販促」は“頭打ち”。

見るべきものなし。
この壁が

“企業の壁”。


だから、競合店ができると苦戦する。
その壁をぶち破るヒントは…
「第14回やる気と感動の祭典」にあり。



最後に、

山口の「ユアーズ・バリュー」さん。


エントリー者は…


佐藤 光朗さん
三山 誠さん
石丸 啓幸さん



そこで、「精肉」と「鮮魚」の紹介。
まずは、「精肉」。


f0070004_1653299.jpg


f0070004_1614336.jpg


f0070004_16144952.jpg



すばらしい「商品化」。


「安さ以外の競争の優位性」

の一つ。

「商品化づくり」。



よくできている。
そして、「安さ」。いや「易さ」づくり。


f0070004_16153420.jpg


f0070004_16155028.jpg



「易さ(やすさ)」づくり。


「学びはウソをつかない!!」


という一例。

そして、「豚肉」は”ニューへの挑戦”。


f0070004_16162496.jpg


f0070004_16164482.jpg




すると、「昨年比120%」を達成。
その他にも…


f0070004_16171896.jpg


f0070004_16173582.jpg



よって、結果はこうなる。


f0070004_1618944.jpg






次に「鮮魚」部門。


「本マグロ」の展開。


f0070004_16185247.jpg


f0070004_1619959.jpg


f0070004_16193364.jpg


f0070004_16195771.jpg


f0070004_16201516.jpg



これを見て、「鮮魚」担当者でビビっとくる方いますかな―。

これが、

今年の年末商戦の「マグロ戦略」

であるということを…


わからなければ「勘が鈍っている」証拠。
今年の年末商戦はこの「戦略」を参考にやっていく。
これこそ、「勝利の方程式」。

この「ユアーズ・バリュー」の2人の担当者。

“センス”がある。

この2人に「投資」し続ければ、“大物”になる。

商売は

「EQ(感性指数)」

が必要と小生は思っています。


「IQ(知性指数)」では商売できない。
その点からいくと、この2名はセンスがある。
会社として、伸ばすことができるか…。
それとも、つぶしてしまうか…。

会社の経営陣の

“資質”

しだいやな―。


吉武専務さん!!



いかがだったですか…。

「学びはウソをつかない!!」


近ごろ、つくづく思う。
どんどん、「進化」しているんです。
どんどん学ばせないと、時代に乗り遅れてしまう。
ホーススキリンヤの「デリカ」。
コアーズバリューの「精肉」。
のパワーポイントを見て、何か感じませんでしたか…!?

この「違い」や「進化」。


これが

「投資の差」。「努力の差」。


そう感じる。
そして、「第14回やる気と感動の祭典」は、
その“センス”のある人間達が参加すると、とんでもない“発火地点”になるかもしれない。
そんな発表になる。

だって、「やる感史上最高!」のセミナーになることが決定しているからです!

ぜひ、「第14回やる気と感動の祭典」に参加して下さい。




そして「今日の一言」…。

「出来ないと思うと愚痴がでる。
やろうと決めれば知恵が湧く。」
(内山 和雅)

by akindonet | 2013-09-26 18:00 | Comments(0)

商人伝道師の逸品


第14回やる気と感動の祭典
鮮魚部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと10日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!







今日は、朝5時起床。
Blogを書いて…
仕事して…
今日も、コンサルティング。


そして、今日は商人ねっとで「物流コスト最適化セミナー」を開催しました。
場所は「東京流通センター」。

参加人数は15名。

予想通り、あまり多くはありませんが、参加された企業様は“勘が良い”企業ばかり。
これからは「目に見える」ところでの勝負も大事ですが…
「目に見えない」ところでの勝負がとても重要視されてくる。

特に、「物流(ロジスティックス)」は大事。
そこで、「セブン-イレブン」の物流を長く担当されていた信田 洋二先生に約6時間の
ロングセミナーを行って頂いた。

f0070004_1839922.jpg


f0070004_18391959.jpg



セブン-イレブンの強さの一つ。
それが「物流」
1台のトラックで「往復6時間以内」でセンターに帰ってこれない地域には、出店させない。
これは出店戦略の基本。

ですから、「セブン-イレブン」は全国に出店していない。

「物流が全て」
という考え方から…

ですから、とんでもない「収益」を出している。
そこらあたりを信田 洋二先生にじっくりと話していただき、学んでいただこうというセミナーです。
そして、各企業からの「質疑応答」。
疑問点や問題点をその場で信田 洋二先生に解決してもらおうというもの。

意外とこういうセミナーは少ないですよね。
事前に「質問状」なるものも信田 洋二先生にお渡ししてある。
徹底して、参加企業の「物流」を変革して頂こうという思いから…
素晴らしいセミナーになったことでしょう。
後日、報告を受けます。



来年に向けて、問題山積みです。
「その問題を一つ一つ解決していこう!!」
ということで、いろんな観点からセミナーを開催していきます。

今回のように、小生がいないセミナーも多く開催しようと考えています。
「流通業界の縁の下の力持ち企業」
を目指して…



そして、「第14回やる気と感動の祭典」。
お申込み締切日まで、あと10日
今回は、あのヤオコーさんの「惣菜を一から立ちあげて“日本一の惣菜”にされた
小平昭雄さんの基調講演があります。

「スーパーマーケットのレジチェッカーの地位向上や良い人財を集める為にはどうすべきか?!」

という、今までにない切り口での基調講演もあります。
これはすごい「ノウハウ」だと思います。

さらに、全8部門。17名の方の発表。

こんな盛りだくさんの内容のセミナー。
プラス、商人伝道師が発表の内容をプロデュース。
全て同じテーマに基づいて発表して頂く。

それが…

「生き残る為に、今、何をすべきか!!」
「安さ以外の競争の優位性はコレだ!!」
「ディスカウントが出店してきても、売上・利益を伸ばす方法!!」


です。
今、一番学ばなければいけないこと。
「何を学ぶか…」ではなく、「誰から学ぶか…」の時代
是非参加してみて下さい。

追加お申込みも随時受け付けております。



さて、今日は、趣向を変えて…
「商人伝道師が見つけた逸品」にします。
まずは、横浜のママたちの間で“話題”になっている商品。
それが…

紀文食品さんが出している「トマトのスイーツとうふ」

f0070004_112718.jpg



“トマト”・“スイーツ”というキーワードが入っている商品。
意外としっかりトマトの味がする。
そして、スイーツといってもあっさり味で、カロリーは低そうな感じ。
意外とこういう「感性」が大事かもしれませんよね。
是非、売り込んでみてはどうでしょう。

「皮まで美味しい生ちくわ」
の再来になったりして…


次に、成城石井さんで見つけたプリン。

香川の大山牧場の「和三盆プリン」

f0070004_1127106.jpg



「これは美味しい!!」

昔、八天堂さんの「幻のプリン」を食べた時の衝撃に近い。

ちょっと「300円台」と高めですが、売れますね。
スイーツの支持の高い店では売れるのではないでしょうか。

「美味しいプリンないかなー」

と探したので、やっとそれらしき商品を見つけた。


次は、林泉堂さんが出されている「秋田比内地鶏ラーメン」。

f0070004_11271821.jpg



今年のメンのキーワードは「生麺」だと思うんです。
そして、「スープ」で評判になるというのもキーワードかな…?!

そういう意味からすると、この商品は“ピッタリ”の商品。

「生麺タイプでスープが美味しい!!」
ぜひ、スポット的でもいいから導入してみてはどうでしょうか。

「生茹でうどん」の強い地域ほど、その違いがわかる。
「生うどん」が一気に支持されそう。挑戦してみてはどうですか…。



これは、コストコで見つけた商品。

「ブルックサイド」のチョコレートシリーズ。

f0070004_11272590.jpg



コストコは“コストコ仕様”なので売れません。
しかし、一般仕様もあります。

すごく美味しい。
コストコのように、「破壊的安さ」は実現できないけど、すごく魅力のあるチョコレート。
いろんな種類があるし、ちょっと“オシャレ”

こういう商品は売れる。
高単価ですが、売れますよ。
試食など行えば…



そして、バンホーテンの「ココア ノスタルジック缶」

f0070004_11273265.jpg



「第14回やる気と感動の祭典」で、グロッサリー部門で発表されると思いますが…
お客様は以外な切り口で、商品を選定している。

その一つが「容器」
この「ノスタルジック缶」もおもしろい。

今年は「ココア」は大ヒットすると見ている。
「スイスミス」のような本格的ココアも売れる。

しかし、バンホーテンの「感性」商品も売れる。
是非挑戦して欲しい。



以前に紹介しましたが…
「ミレービスケット」

その「個包装」バージョンが発売された。

f0070004_11274043.jpg



名づけて、「ミレーの枕」

これは売れますね…
まずは、2枚入りの個包装であること。
便利ですよね。

そして、「単価が高い」こと。
「ブランド」があること。
全てにおいて、“売れる”ポイントを満たしている。
是非品揃えしてみて下さい。



最後に、小生がちょっとはまっているもの。
それが、「ミューズリー」

「ミューズリー」は、スイスの甘くないシリアルのこと。
オートミールをベースに、色々まぜたものです。

押し麦、カラス麦などの麦類。そして、ナッツ。
レーズンや干しぶどう等フルーツも少し。
これに砂糖をまぶして炊くと、話題の「グラノーラ」になる。

その中でも、「アララ」の「ミューズリー」は柔らかくて良い。

f0070004_11282918.jpg




「フルーツグラノーラ」がこれだけヒットしているんです。
「ミューズリー」もヒットするのではないでしょうか。

「フルーツグラノーラ」は価格競争になりつつある。
「ミューズリー」はまだまだ…。
「コト」をつけて売り込むと、ヘビーユーザーに人気あるかも…



いかがだったでしょうか…
今日の「商人伝道師の逸品」。

不思議なものですね…。
こういうBlogを書くと決めると、そういう商品が目につく。
自分の基準が上がっている証拠。
良いことだと思っています。

しかし、一週間サイクルは短いなー。
探すのも大変。

財布の中身も大変。(笑)
でも、皆さんに少しでもお役立ちできれば有難いと思い、ちょっと頑張ってみます。



そして、「今日の一言」…
私には特別の才能はない。ただ私は、情熱的に好奇心が旺盛なだけだ。
(アルベルト・アインシュタイン 物理学者)

by akindonet | 2013-09-25 18:00 | Comments(0)

第14回やる気と感動の祭典
鮮魚部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと11日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!






今日は朝5時30分起床。

Blogを書いて…。
仕事して…。
軽くジョギングして…。
コンサルティングへ…。


さて、今週末に行われる
「クリスマス~お正月限定のカットフルーツセミナー」
急に、申込企業が増えています。


正直、「第一回目」とはレベルが違います。
というより、より実践的になっています。

小生が傍から見ても、第一回目よりも
はるかに受講生の反応が良い。

というのも、“実践的”で、かなりのレベルの
学習があるからです。

ぜひ、お申込み下さい。
今日も、先週行われた
「大阪会場」の参加者の声を載せておきます。



カットフルーツのカットの仕方はもとより、
衛生面、取扱い方、盛り付けと非常に勉強になりました。
勉強したことを会社の利益として還せるように
取り組んでいきたいと思います。

Y.S様


自店でやっているカットフルーツのレベルの低さを感じました。
今回行ったカットフルーツを練習して、少しでも早く
販売できるようにしていきます。
お店に戻ったら、他のスタッフにいち早く伝えていきます。

S.O様


果物の販売に関してポテンシャルを感じた。
「儲けなければならない」との観点から始まっていたので、
すごく勉強になりました。
「付加価値を高める」に加えて「生産性を高める」事が
重要な視点であるということが大きな学びでした。

M.H様



9月26日(木)まで最終申込受付ています。
ぜひ、お申込み下さい。
f0070004_1534630.jpg

f0070004_15351867.jpg





f0070004_122989.jpg


詳細・お申込みはこちらのページから!



「Xmas限定」にした“超ー儲かるカットフルーツ”
学ぶべきですよー。



そして、「第14回やる気と感動の祭典」

すごく問い合わせが多いことの対応をさせて頂きます。


①個人参加は大丈夫か?

全く問題ありません。
個人参加が毎回、毎回多くなっています。
個人でも学ぶ意識のある方が参加できるように、このセミナーは
「高品質低価格」になっています。

②「追加参加」はいつまで受け付けるか?

申し込んだけど、追加参加したいがいつまで大丈夫か?
という問い合わせも多い。
10月4日(金)迄大丈夫です。
特に今回おすすめしている「お取引き業者様」や
「お知り合いの初参加のスーパーマーケット企業様」の
追加はウェルカムです。

「情報の共有化」こそがこれからの“肝(ポイント)”だと
思っているからです。


お取引き様との“情報の共有化”・“絆づくり”を
本気で取り組まれた企業がこれから飛躍的に伸びてくると信じています。

ぜひ「お取引様」と一緒に学んで下さい。
また、みんなで25名以上になりますと、
“団体優先席”もご用意致します。

今回も20名前後でお申込みいただいている企業様。
お取引き企業様を誘っていただき、「25名以上」で
“社員様の為”に「団体優先席」を確保して下さい。


③参加者変更でも「キャンセル料」は発生するのか?

一切発生しません。
参加予定者が直前に用事ができることもあります。
「総人数」さえ変更にならなければ、
一切キャンセル料はかかりません。
ですから、心配せずお申込みください。

以上です。


「やる感史上最高のセミナー」になる予定です。


基調講演2名
部門発表17名



すごい内容です。
それも、全て商人伝道師が「プロデュース」している。

「競争の優位性」
「差別化・独自化戦略」
「生き残りの為の戦略・戦術」


全てが学べるセミナー。
ぜひ、参加して下さい。


ところで、今日は
「第14回やる気と感動の祭典」の発表者の当日発表の紹介。

最終日です。

今日は店長です。
今回は「2名」の発表となります。
まずは徳島の「キョーエイ」さん。

発表者は…

タクト店 店長 
廣野 武彦 氏



この店長をなぜ選出したか…。
それは「モデリング」が“加速成長”の
最大のポイントであることを全参加者に
伝えたいからです。

f0070004_1151365.jpg


すると…。
「第5回売場大賞」
“最優秀”まで登りつめた。

でも、それだけではこの企業はダメ!

「ザ・ビッグ」さんや「ハローズ」さん。
「マルナカ」さん、「コスモス」・「ドラッグモリ」さんの
大量出店。

“四国でも有数の大激戦区”に来年にかけてなる。
どのように対策するのか…を発表してもらう。

店長発表では「前代未聞」の発表。
店長は、過去の実績がほとんど。

なのに今回、キョーエイさんに課した課題。


「これから…」

ですから、参加者は必聴の価値がありますよ。

f0070004_11514086.jpg


キョーエイには“武器”がある。
それをどう進化させるか…。

f0070004_11515776.jpg


なども発表してくれることでしょう。
「第13回やる気と感動の祭典」での
「いちやまマート」さんがそうであったように…。

「一人の店長」の発表で会社がひとつになった。
そして、“荒波を乗り切った!”。

全参加者への発表でもあるが…。
「キョーエイ」さん自身の発表でもある。


参加した多くの「キョーエイ軍団」。
「阿波の暴れん坊」
たちが感動し、感銘し、“やる気”の出る発表を期待する。

「いちやまマート」の再来なるか…。
期待してますし、参加者にも大いに
“戦略・戦術”の参考になると思います。


そして、2回連続選出された山梨の「いちやまマート」さん。

発表者は…。

増坪店 店長
古屋 正秀 氏



一体、この一年でどれだけの競合が出店したことか…。
全て「ディスカウント企業」。

この野菜の相場高で、山梨県だけは「オール2ケタ売価」
という企業が存在するのだから…。

しかしその中で、売上も利益も
落とさない店舗がある。

その原動力は…。

f0070004_11522570.jpg



これを徹底的に発表してくれる。
例えば…。

f0070004_11534328.jpg


です。
どのようにしたかは、当日発表してくれます。
そして、「モデリング」の徹底。


「第13回やる気と感動の祭典」のモデリングを徹底した。

これは、今までの「いちやまマート」にはなかったこと。
本当によくやった!

f0070004_1154866.jpg


そして…。

f0070004_11542381.jpg


この「さらなる進化」も発表してくれることでしょう。

「ディスカウント企業」が至近距離に出店しても
「売上高・粗利益高・収益高」を
伸ばす戦略・戦術を発表してくれる。


「日本中の悩んでいる店長に全員聞かせたい!」

内容です。
経営者のみなさん!

店長を数多く参加させてください。
お願いします。



今、数多くのセミナーがある。
しかし、「ディスカウント」企業の出店後、
「売上高や粗利益高」ともに伸ばす戦略や戦術を
学べるセミナーは皆無。


その中で、より実践的に!戦術的に!戦略的に!
学べるセミナー。

それが…。
「第14回やる気と感動の祭典」
勘の良い経営者なら、どんなことがあっても参加させる。
いや、自らが参加する。

今回も“破竹の勢い”のある企業の「多くの社員さんを引き連れて!」での参加があった。
勘の良い経営者ならわかる。

「これは社員を参加させなくてはいけない!」と…。

前回の時もこのことを申しましたよね。

「第13回やる気と感動の祭典」の時。

勘の良い経営者なら絶対に参加させるべき!

実際に参加され、「モデリング」された企業は
大きく結果を変えた。

その代表が…。
今回の「店長発表」の2名。


ですから、間違いないの!
今回は、「やる感史上最高!」の内容ですよ。


みなさん参加して下さい。

もうこれで「第14回やる気と感動の祭典」の
発表者の紹介は最後です。


「生き残る為に、今何をすべきか!」
を学べるセミナー。


勘の良い経営者なら、ぜひ自ら参加し、
社員さんを参加させてください。

お待ちしております。



そして、今日の一言…。

偉業を達成した男たちは、突然の跳躍で
その高みに達したわけではない。
仲間が眠っている間に、県名に上を目指して
努力した結果である。

ヘンリーワズワーズ・ロングフェローの言葉

by akindonet | 2013-09-24 18:00 | Comments(0)

第14回やる気と感動の祭典
女子力部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと12日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!







今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて…
仕事して…
羽田空港へ…
今日から四国へ‥。

皆さん9月の「3連休」
いかがですか…。
久しぶりに雨のない週末となりましたね。

なんか、お盆以降「週末は雨」という日が続いていましたもんね。
ここで、その分思い切って“貯金”していきましょう。

さて、「第14回やる気と感動の祭典」発表者の紹介VTRがオンエアーされました。
今日オンエアーされたのは…
「女子力・レジチェッカー部門」



ぜひ視聴してみて下さい。

また「ギネス」にも登録されている…
「世界一の売場効率」を誇る企業
「スチューレオナード」の店舗クリニック番組が全てオンエアーされました。
みんな「ディズニーランドみたいな店」と言われるが…
そんなことで「世界一」になんかならない。

「マーチャンダイジング」に独自化があります。
ぜひ、その「マーチャンダイジング」を勉強して下さい。


スチューレオナード   社員教育&お客様の声編


スチューレオナード   売場編パート1 


スチューレオナード   売場編パート1 


さらに、先週土曜費に開催した「Xmas限定カットフルーツセミナー」
受講者の評価がすこぶる高い。
受講者の声をいくつか紹介しましょう。
(9月21日受講者アンケートより抜粋)

今回のセミナーに参加させて頂き、カットフルーツの素晴らしさを学ぶことが出来ました。お正月のオードブルフルーツとXmasのオードブルフルーツの商品化の違いや、実践をしないと結果はでない、諦めずに継続していくことも学びました。
売場を確保してフェースを広げ、カットフルーツを強化していくためにも部門メンバーにセミナーで教えて頂いたことを伝えたいと思います。大人から子供まで喜んで貰えるカワイイおしゃれな売場を作ります。

(K.T様)

各フルーツのカット方法と応用した盛り付けで実用的で参考になりました。
ベーシックな品揃えにプラスして、競合店との差別化して取り組んでいきます。
最初は難しく感じましたが1つずつ作っていくことで付加価値のある商品化が出来たので、この勉強会で学んだことを当社で広げて行きたいと思います。

(株式会社フクヤ 渡邊誠 様)

効率と生産性の悪いカットフルーツを差別化し、生産性を上げるための方向性と手法がわかり安く学べた点が良かった。
しかし、実際に実行、計画、検証できるかが鍵となる。決意を新たに気が引き締まる思いとなりました。

(N.N様)

第一回より受講させて頂き、うまく切ることができなかった原因が深く理解でき、大変参考になりました。
本年度、年末商戦に向け、目標、計画、そして教育を行い“実践”したいと思います。
本日はありがとうございました。

(株式会社タイヨー 本山隆太 様)


今週9月28日(土)に、東京で開催します。
9月26日(木)まで最終申込受付ています。
ぜひ、お申込み下さい。
f0070004_1534630.jpg

f0070004_15351867.jpg





f0070004_122989.jpg


詳細・お申込みはこちらのページから!



「Xmas限定」にした“超ー儲かるカットフルーツ”
学ぶべきですよー。

そして今日は「第14回やる気と感動の祭典」の発表内容を紹介します。
まずは「デリカ部門」

発表者は…
不二商事株式会社
商品一部 惣菜バイヤー 
新井 賢治 氏


今回は「基調講演」で…
「三味」前社長 小平昭雄さんにお話して頂く。

イトーヨーカドーの惣菜を立ち上げ…
ヨークベニマルの惣菜を作り上げ…
ヤオコーの惣菜を“日本一”にした…

方の講演。

それと、この「惣菜」部門の発表。
惣菜担当者は参加させないとね…
内容は…
多少、当日は変わると思いますが…

f0070004_13163749.jpg



を中心に話してくれます。
「トップワールド」の惣菜の基本は…

f0070004_13164541.jpg


それに今ものすごく勉強しているので…
こういうことを付加価値として付け加えています。

f0070004_13165087.jpg


どんな取り組みかを当日のお楽しみ。
さらに、彼らが「第13回やる気と感動の祭典」以降取り組んでいるのが…

「コラボレーション販売」

いわゆる「素材」にこだわる為に…
「シナジー効果」を最大化する為に…
行っています。

例えば「大マグロ祭り」

f0070004_13171268.jpg


f0070004_13171777.jpg


f0070004_13172249.jpg


f0070004_13172950.jpg

という感じ。

さらに、
f0070004_13173795.jpg


f0070004_13174276.jpg


「シェフ×スーパーマーケットの惣菜」のコラボ。

さらに「日配品」の“独自化商品”とのコラボ。

f0070004_1318152.jpg


さらに「青果」とも…

f0070004_1318746.jpg


これは「エントリー」時の“コラボレーション販売”
当日までにはもっとスゴイ「コラボレーション販売」の成功事例を引っさげて
当日“新たなコラボレーション販売”を提案してくれることでしょう。

「小平昭雄×トップワールド惣菜」
これもコラボですもんね。


そして「インストアーベーカリー」の発表者。

株式会社いちやまマート
増坪店 ベーカリー部 課長
池上 由美 さん


“日本一のベーカリー”と評される「いちやまマート」
ではどんな発表をしてくれるのか…。
まずは…

f0070004_13183098.jpg


「なぜ、なのか?」をじっくり当日話してくれます。
また、この「いちやまマートベーカリー部」が大きく変わったキッカケは…
f0070004_13184220.jpg


です。

このあたりは当日かなり詳しく話してくれます。
すごいですよ!!
そして「第13回やる気と感動の祭典」以降取り組んでいるのが
「コラボレーション販売」

f0070004_13185473.jpg


f0070004_1319359.jpg


f0070004_13195858.jpg


など、どんどん行っていきます。
たぶん、今までのスーパーマーケットの「ベーカリー」の考え方を180度変える内容
になってくるかも…。

「衝撃が走る発表」
になることまちがいなし。
ぜひ、「ベーカリー」担当の方々、参加してみて下さい。
結果が変わりますよー。


そして今日の最後は…。
精肉部門。

発表者は…

紅屋商事株式会社
精肉バイヤー
赤坂 宣仁 氏

カブセンター柏店 精肉チーフ
小田桐 鉄直 氏


こういうことを中心に話してくれます。

f0070004_1320298.jpg


とにかく現在精肉部門は異常な相場高に苦しんでいる。
全国的に売上高は楽々前年は超える。

しかし、利益がついてこないというのが現状。
そんな中「利益を確保」しながら、売上を2ケタ伸ばす
戦略・戦術を当日発表する。
例えば、利益を確保するには…

f0070004_13204531.jpg


こういう部位に目をつける。
誰も目をつけない部位。
この部位を使って売り込む。どんな風に…。それは当日!!

さらに「新しいジャンル」開拓も忘れない。
f0070004_13205593.jpg

どんな風に展開しているか…。それも当日発表してくれます。
さらに売場担当者は「競争の優位性」について発表してくれる。

f0070004_1321561.jpg

現場レベルではどのようにしたら圧倒的競争の優位性を出せるか…。
それも利益を確保しながら…
こう、ご期待です。

実は今日紹介した「デリカ部門」と「精肉部門」。
「第一次提出」時、最も駄目だしされた部門。
根本の「構成」まで大変更の指示、
さて、間に合うかなー!!当日まで…(笑)

皆さん発表者は必死!!なんです、
だから「人の心を打つ」発表になる。
だから皆「モデリング」しようとする。
こんなセミナーは他にない。

「第13回やる気と感動の祭典」以上に“すごい内容”になること間違いなし。
来年はものすごく厳しい年になる。
皆さんが思っている以上に「消費税増税」は影響する。
よって、ますます「ディスカウントの嵐」が吹き荒れる。

そんな中で生き残るには「学ぶ」しかない。
「個人参加」も大丈夫です。

今回も…
「社内選考で選ばれなかったので個人参加します!」
という方々もいます。
ぜひ参加してみて下さい。

また「お取引業者様」も一緒に“学び”を共有化されてみてはどうですか?
「お取引業者様」と一緒に学ぶことが絶対に“絆”が深められます。
ものすごく大きい効果だと思うのですが…
ぜひ前向きにご検討下さい。

「追加申し込み!!」

も受け付けています。
「参加人数=結果の大きさ」は比例します。

お待ちしております。


そして「今日の一言…」

売上を追う方が楽だが、それは革新性を失うということ。

(鈴木 敏文)

by akindonet | 2013-09-23 18:00 | Comments(0)

「心のオアシス」




第14回やる気と感動の祭典
女子力部門
発表者紹介VTR公開!!



お申込締切まであと13日!!
お申込み締切日は10月4日


「1社(グループを含む)25名」参加の場合は、
なんと「団体優先席」をご用意いたします。
お取引先企業様や初参加の企業様も誘い、
大勢でご参加下さい。


お待ちしております。

商人伝道師より


セミナー参加・詳細はこちらから!







今日は、昨夜トラブルがあり、ちょっと遅目の起床。
夕方まで仕事して、夕方から「面接」。
子どもの小学校入試の「面接」トレーニングですって…。
すごいですよね。
子どもも休みなく塾とかにいっているので、子どもには負けられないです。
子どもより仕事しようと思っています。負けるわけにはいきません…。(笑)

さて、「第14回やる気と感動の祭典」の参加、
ご検討頂いておられるでしょうか。


今回は「第14回にして、「やる感史上最高」の内容かもしれません。

ディスカウント企業の進出で困っておられる企業…
ドラッグストアーの大量出店で売上が厳しい企業…
競合店との「価格競争」で疲弊している企業…


是非、参加して下さい。

「安さ以外の競争の優位性」
「生き残る為の戦略・戦術」
「人間力・販売力の強化方法」


等が全て学べます。

そして、参加を前向きにお考えの企業様へ。

「お取引様」や「お知り合い」の
“初参加されるスーパーマーケット企業様”と一緒に参加されませんか?


「トータル25名様以上」で「優先団体席」を御用意致します。
「みんなで情報を共有化する」
これって、キーワードかもしれない。
「お取引様」がこの「やる気と感動の祭典」に参加されて
“大きな気づき”をもたれたら凄いことになりますよ。
全面的に協力して頂ける。
ですから、是非、「お取引企業様」と一緒にいかがですか…。
御検討下さい。

そして、今日は

「心のオアシス」の日。

今日は…
「とあるバイヤーの話」

そのバイヤーは、仕事のすべてに熱中できない男性だった。

日 々の納期フォローは、元は生産管理のデタラメさからきたものだ。
それをなぜ俺が交渉せねばならないのだ。価格交渉だってつまらない。
なんで自分が決定した わけでもない製品の交渉をしなければいけないんだ。
毎年のコスト低減だって……。この仕事の不条理さにいつもイヤになっていた。

もちろん、そんな仕事に熱中できるわけはない。

彼は、上司との定期面談のときに、今の仕事に不満を感じていることと、
「辞めることも考えています」ということを伝えた。
上司はなんとか説得を試みたものの、熱意のないその部下を説得することをやめてしまった。

「私 はこんなことをするために会社にいるんじゃないと思うんです」。
それが彼の口癖だった。毎日流れてくる伝票。
それを画面に転記しては、サプライヤーのコー ドを入力する。
見積りが届けば、適当に交渉して、その金額をシステムに入力する。
どこにも感動のない仕事。そして単調な毎日。
そのすべてが、「こんなこと をするために会社にいるんじゃない」と思わせる源になっていた。

も ちろん、自分に能力がないことはわかっていた。
何年か、この調達・購買という仕事を経験したものの、スキルがないこともわかっている。
今以上の年収で転職 することも難しいだろう。だから、ほんとうならば、もうちょっと頑張りたい。
しかし、どうやっても、
この「こんなことをするために会社にいるんじゃない」 という思いが頭をよぎってしまう。

あるときのことだった。

彼が大学時代の友人たちと酒を飲んだときのことだ。

友 人の何人かはすでに会社を辞め、新たな職場に移っていた。
すると、その新しい職場はなかなか愉しいという。
「オマエも今の会社辞めちゃえよ」。
その言葉は 魅力的だった。もちろん、移ったからといいって幸せになるかどうかはわからない。
でも、わかっているのは、今の調達・購買の仕事はつまらないということ だ。

彼は、上司に辞めることを伝えようと決心し、会社の寮の部屋の整理を始めた。

すると――。彼はあるものを発見する。
色あせたコピー用紙に書かれた自分の字の書類だった。
「入社後の抱負」とその書類には書かれていた。
どうも、自分が数年前に入社時に書いたものらしい。
入社時のオリエンテーションで書かされたものだ。

彼は少し笑ってしまう。
ああ、自分もこんなことを考えていたのか、と懐かしくなった。
それは、文字通り「書かされた」ものだった。
しかし、そのすべてが嘘ではない。
その当時はほんとうにそのようなことを考えていたに違いない。


「世界中をまたにかけて仕事をすること」
「社内の人の役に立って、多くの人に幸せを与えること」
「自社製品を買ってくれたお客さんから、ありがとう、と言われること」
「社会を発展させる製品を生み出すこと」

彼 の顔から笑顔は消えていた。
その当時は、夢だけにあふれて、現実を知らずに書いたのかもしれないけれど。
無知だったから書けた文章かもしれないけれど。
その内容と、自分の今の心があまりに離れていることが、恥ずかしかった。
昔の自分は、たしかに志を持っていた。
だけど、今の自分はなんだ。情けない――。

彼は、寮の一階の自動販売機にビールを買いにいった。

このままだと、なぜか泣いてしまいそうだったから。

彼はテレビを消して、静かな部屋で考えた。
「俺って、結局何かから逃げだそうとしているだけじゃないんだろうか」と。
「どこに行っても同じじゃないのか? 
同じような不満と不平を抱えたまま人生を過ごしていくんじゃないか?」と。

彼の目には自然と涙があふれた。

あれほど泣くまいと決めていたのに。



■些細なことでも、すべてを変えられる

翌朝から劇的な変化が生まれた、かというとそんなことはない。
でも、着実に何かを変えようと、彼は思った。

彼 はそもそも調達・購買希望ではなく、営業希望だった。
営業とは、お客を幸せな気持ちにすることだ。
今の自分は、関わる人すべてを幸せにしているだろうか。
答えはNOだった。でも、営業ではない自分がどうやって関係者を幸せにできる? 
答えはわからない。でも、何かやってみようと思った。

彼の会社はSAPのR3というERPを使っていて、
設計者が調達依頼書を出すときに、それぞれの調達担当者の名前を入れることになっていた。
彼は、調達依頼書を出してきた設計者の名前と、調達品をメモしておいた。
すると、少しずつだが、面白いことに気づくようになった。

「この設計者は、あるサプライヤーの製品ばかり依頼してくる」
「こっちの設計者は、違うサプライヤーの製品ばかり依頼してくる」。
それは些細な発見だけれど、大きなことのように彼には思われた。
彼は、これまで見えなかったものが見えるようになっていた。

あるとき、彼は設計者が某製品を発注しようとしていることに気づいて、電話してみた。

「○○さん、あの、この製品を発注なさろうとしていますよね」
「そうだよ」
「いや、この製品とコンパチブルのものが倉庫に眠っていて、
そっちを使えばタダになるんじゃないかと思って……」
「え、そうなの? ありがとう。他部門が発注しているものなんて気づかないから、助かったよ」

彼は、製品のスペックを把握していたので、
他部門が発注したまま余らせていた製品を紹介してあげることができた。
こんなことは当然だ、というバイヤーもいるだろう。
しかし、このささやかな成功体験は彼を変えるのに十分だった。
同等性能納品の紹介をし、それによりコスト低減につなげる。
この些細なことが、彼と設計者に一つの絆を与えた。

「お役に立てて嬉しかったです!」。
彼の口から自然に言葉があふれた。

そこから、彼は設計者に「おせっかい」を繰り返した。
設計者がメールを出してきたり、電話をしてきたりするたびに、情報を与えるのだ。
「あれっそれだったら、もっと安いもの知っていますよ」
「それよりも、こっちのサプライヤーがいいですよ」

そこから設計者の態度も変化してきた。
「えっ。そうなの? これまで誰も調達の人は教えてくれなかったよ。
ありがとう。これからすぐ検討してみるわ」。
設計者も彼に好意的な反応をしだした。
彼ももちろん、この仕事に自信を持ち出した。



■泣いたっていいさ、それが仕事だから

ある日のことだった。

彼は、朝パソコンを開くと、妙に間違いが多いことに気づく。
発注依頼が多すぎるのだ。しかも、そのほとんどが、間違いだらけだった。

間違いだらけ。
自分が担当していない製品の発注依頼ばかりが届くのだ。
「最近は、この種の間違いが多い。ERPのエラーかな?」と思った。

しかも、そのエラーがあまりに多いものだから、調達の企画部門が調査を開始した。

設計部門に調査を依頼し、場合によっては正しく発注依頼がなされるような指導も実施するつもりだった。

すると、その調査を実施した調達企画部門の人間が、彼に近寄ってきた。

「お前のところに発注依頼が集中するのは、どうやらエラーじゃないらしい」と彼に告げた。

「どういうことですか?」。彼は訊いた。

「いや、どうもね、設計者がみんなキミにわざと発注依頼をかけているらしいんだ。
設計者が、役に立つのはキミだけだ、と思っているらしくてね。
キミと仕事したほうが愉しいって言っているらしいんだ」

「えっ……」

「なんか、ある人なんかね。キミとしか仕事したくないってね。
そう言うんだって。アイツと仕事するのが愉しいって。そう言われると困っちゃってね」

彼は、その場で「え、いやいや、そんな」と言い、笑顔になりながらも、大粒の涙があふれてきてしまう。

そして、泣いてしまった。

「まあ、担当者はキミ以外にちゃんといるからね。
キミに発注依頼を継続してくれ、とは言えなかったけど、嬉しいじゃない。
設計者がキミを指名してくれるなんて」

彼はそのしばらく手で顔を覆って、どうしようもなかった。

入社して泣いたのは二回目だった。
一回目は、昔の自分の書類を見たとき。そして二回目は……。

もしかしたら、その涙は、変わった自分自身に捧げられていたのかもしれない。




人が変わるって、何かきっかけがあると小生は思います。
そういう、「変われるきっかけ」はどうしたらみつかるのか…。
そういうものに出会えた人は幸せですね。

もちろん、この商人伝道師の一日一言を見に来てくれている人には、
そういう「変われるきっかけ」や、
「進化し続けられるきっかけ」
たくさんのきっかけを届けていけたらと思っています。

いかがでしたか?
今日の心のオアシスは…。

「学んで!学んで!学びまくる!!」

大事なことですよね。

さて、今日も「第14回やる気と感動の祭典の発表者紹介VTR」オンエアーです。



是非、視聴してみて下さい。
本当に、今回は良い発表者ばかりだ…。

あっ、そう!そう!!

「個人参加」も大歓迎です。

個人で学ぶ人が増えています。
是非、挑戦してみて下さい。

右のリンクから申し込めます。


そして、「今日の一言」…。
「人生に夢があるのではなく、
夢が人生をつくるのです。」
 (日本女子ソフトボール監督 宇津木 妙子)

by akindonet | 2013-09-22 18:00 | Comments(0)