商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


f0070004_1594824.jpg

ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!


価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!

「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!





新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
食は餌か文化か



f0070004_1210186.jpg


お客様は、何を求めているのか。
スーパーマーケットは何を売っているのか?
販売者が知っておかなければならない大切なこと。
こだわりの味協同組合代表の冨永昌良氏が問う!!


食は餌か文化か 第一回はこちらから








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!







今日は、朝5時起床。
身支度して、山陰へ…。
日帰り出張。
とうとう7月も終わりますね。
意外とどの企業も業績が良い。
「土用丑の日」が良かった為か…。
野菜の相場が高くなった為か…。
7月も6月ぐらいの業績をみんな叩きだすかもしれない。
そういう感じがしています。
皆さんの企業はどうですか…。

この調子でいくと8月も期待できますね。

「土用丑の日」。
「夏の節分」。
「お盆商戦の長期化」。


かなり期待できますね…。
8月31日は土曜日だし…。
しかし、なぜよいのか…?!
の分析は必要。
ただ、「良かった!良かった!!」で終わらせてはいけない。
その中にも問題点や改善点が有るはずです。
それを見つけられるともっと良くなるはずです。
冷静に分析して行きましょう。

さて、8月は忙しいですよね。
「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー
「売場大賞~お盆商戦~」のエントリーがあります。
先日もお話ししたように「一本」にまとめていいです。

要するに、「結果」を変えること。

それが大事ですからね。
今日はものすごいチャンス!!
是非、、結果を大きく変えて、あの「栄光の舞台」を狙ってください。

「No Challenge No Future」
(挑戦なき人生なんて、人生ではない!)


皆さんの「挑戦」期待しています。

そして、今日は、

商人伝道師が勝手に選んだ「7月のヒット商品」です。

まずは、西日本(関西・中国・四国中心)で爆発的に売れたナショナルブランド商品があります。
それは…

紀文食品さんの
「皮までおいしい生ちくわ」。


f0070004_11293041.jpg


3本入りで、希望売価「248円」。
しかし、ほとんどの企業は「198円」で販売してましたが…。
これはおいしい。

「すごい美味しさ!!」とはこのことか…。

しかし、関西、四国、中国地方のスーパーマーケットのほとんどが売り込んでいない。
なぜか…。
「売価を見て、売れない!!」
と判断したから…。
ここに、スーパーマーケットの問題点が浮き彫りになっている。
うている企業は、もの凄く売った!!
どれくらい売ったか…。
「この1アイテムで。練製品のカテゴリー売上を押し上げた。」
というくらい売れた。
この「皮までおいしい生ちくわ」を品揃えしているか…。
最下段で陳列しているか…。
を見るだけで、その企業のバイヤーの資質を見ることができる。
それぐらい売っている企業と…。品揃えしていない企業が…。
はっきりした。
この“優れもの”を関西・中国・四国を中心に販売した「紀文食品」さんはすごい。
いやみではないですよ…。
早く全国展開すればいいのに…。

「ちくわの概念さえも変えたちくわ」

今年の上半期の商人伝道師の「MVP」クラスの商品。
おかげさまで、みなさん売上を大きく伸ばしました。
ありがとうございます。
それにしても、本当に「売価」でしか判断しないんですね。
世の中のバイヤーさんたちは…。
「食べてもいないんだろうか…」。
食べたら「これは売れる!!」と思うはずなんだけどな―。
まあ、いいか…。これで「ブルーオーシャン商品」になったのだから…。



次に、

マルヤナギさんの「豆ふるる」。

f0070004_11334343.jpg


「1袋98円」という値ごろもあって、ムチャクチャ売れましたね。
「煮豆」なのに「デザート提案」というのが売り!!
アイスやかき氷、そしてヨーグルトを加えるだけで、
「ちょっとヘルシー」「ちょっとオシャレなスイーツ」に大変身。
まだ、マルヤナギさんは「デザート」という表現をされているけど、
これは「スイーツ」ですね。(笑)
これも売れましたねー。
ムチャクチャ売れました。
「煮豆とスイーツ」のギャップがお客様に支持されたことと…。
アイスやかき氷、ヨーグルトと“コラボして販売”できることの「メリット」が大きかった。
「大ヒット」の分類に入ると思いますが…。
これまでほとんどの企業が取り組んでいない。
「和日配」が売上不振なわけですよね。
これからもわかりますよね…。(笑)

「切り口」や「トレンド」が分かっていないのではと…。

「スイーツブーム」にのった「煮豆」。
“こりゃー!いける!!”と思った。
案の定大ヒット!!
こういう「切り口」で今後も新商品を出してほしいと願う。



次に、

アレクリアのオリジナルチーズ「かけちー」。

f0070004_11373790.jpg


ナチュラルチーズのシュレッドチーズ。

商人伝道師が食べて…
「これ!!うまーい!!」
と、つい声が出た一品。
シュレッドチーズだから、どんな商品にもかけられる。
だから「コラボ販売」にはうってつけ。
徳島の「キョーエイ」さんは

「1ヶ月4,000個」

ぐらい売ったのではないでしょうか。
このチーズもほとんど品揃えしていない。
「安さ」のシュレッドチーズのみの品揃え。
だから、こういうところで差別化できますよね。
でも、この「かけちー」は“コト力”がないと売れない。
なぜか―??
単価が高いから…。
リピートの高いチーズだが、お客様が手にするまでが時間がかかる。
しかし、こういう商品は“ヒットが長続き”する。
だから、「差別化」したい企業にはおすすめです。



次は、

扇雀飴本舗の
「昔からの知恵をのど飴にしました。」
というキャンディー。

商品名が「コト」になっている。

f0070004_11412583.jpg


一つ一つの商品に「一言コメント」がついている。
それも、個包装ごとに…。
これこそ「食育」じゃないかなーと思った。
子供たちに1個づつあげたい商品ですよね。
こういうことが、これから「Downトレンド」の菓子には必要ではないでしょうか?



またまた「菓子」。

㈱ソーキさんの
「あとひき黒ごまおこし」と「納豆おこし」。


成城石井さんで見つけた一品。

f0070004_1142772.jpg

f0070004_11422198.jpg


商人伝道師はお菓子は好きではない。
での商人伝道師が「これ!うまいね~!!」といった菓子。
そして、今のキーワードである「健康志向」にもピッタリの商品。

「栄養機能食品」。

でもある。
こういう菓子がこれからすごく伸びるのでは…。と思っています。

「美味しくて、健康に良さそう―」

という「感性」の菓子。



その他にも、

タニタ食堂の「間食健美」。

f0070004_17363217.jpg


さらに、「オーガニック茶」

f0070004_17372646.jpg


これは、秋に向けてコラボしていきたい商品。
これからの1つの「キーワード」かもしれません。

小生は

「ナショナルブランド商品のノンコモディティ―化」

って必要だと思っているんです。
「Aランク商品」ばかり売っていても「差別化」できないですもんね。
こういうことを学ばせてもらったのが…。

元ヨークベニマルの“カリスマバイヤー”
「浅野義昭」先生。

f0070004_11431942.jpg


その浅野先生とコレボレーションしたセミナーが8月30日に開催します。
もう、定員の半分くらい埋まりました。
このセミナー!!絶対に聞いたほうが良い。
参加した方が良いです。

「コモディティ商品を
どのようにしてノンコモディティー化するか…」


それは「こだわり商品」を陳列することではないんです。

「各カテゴリー内での新しいコンセプト・切り口」
「新しさをふまえた、商品のサイクルのスピード化」


なんです。
ここまで書いてもわからないと思います。
まずは、参加すべし!!

詳細はこちら

f0070004_17114784.jpg




今日は、商人伝道師が勝手に選んだ「7月のヒット商品」でした。

そして、「今日の一言」…。
「優れたアイディアを全て自分で着想することなど誰にもできない。
大切なのは学習するスピードであり、優れたアイディアを実行する能力である。」
(デル創業者 マイケル・デル)



---------------------------------------------------

日本コトPOPマイスター協会よりお知らせです。

先日当協会主催の「第1回コトPOPコンテスト」が開催され、
たくさんの方々に作品を投稿いただきました。
ご参加頂きました方々に改めましてお礼申し上げます。

協会のfacebookページ「コトPOPラバーズ」より
作品事例をご覧頂くことが可能です。
また、コトPOPに関して最新の情報もお伝えしております。

ぜひ、facebookをご利用の方の『いいね!』をお待ちしております。



さらに、現在コンテストの「優秀作品」に関して、
審査委員長の山口茂が講評をした番組を作成しております。

8/5(月)~配信開始予定ですので、
みなさま、ご期待ください。


日本コトPOPマイスター協会よりお知らせでした。
by akindonet | 2013-07-31 18:00 | Comments(0)

f0070004_1594824.jpg

ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!


価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!

「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!





新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
成田惣菜道場
夏~秋商戦





成田惣菜道場 夏~秋商戦では、夏商戦に使える
サラダ・米飯・煮物
の紹介から、生産性と効率を考えた
スチームコンベクションの活用術までを公開!

夏に売れる惣菜で重要な“健康志向”や“少量ニーズ“
合わせた商品化を成田廣文先生が実演・解説します!


成田惣菜道場
夏~秋商戦
視聴ページへ








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!







今日は朝5時起床。

Blogを書いて…。
軽く、ウォーキング&ジョギング。

その後、コンサルティングの仕事へ…。


今日はいきなり本題に入ります。
実は、昨夜「ネットスーパー」以上の可能性を秘めているビジネス
考えている方とお会いした。

「ネットスーパーのようなリスクが全くない」
「コンビニよりコンビニエンス」

というビジネス。

名付けて…
「移動スーパー」

f0070004_1339207.jpg


このビジネスのすごいところ。

それは、
「スーパーマーケット側は全くリスクがない」
というところ。

簡単に言ったら「赤帽スタイルの移動スーパー」
運営は「個人事業主」スタイル。


スーパーマーケットから商品を「委託」で調達し、
軽トラックに積み込んで買い物に来れない「お客様」のところへ
移動しながら販売するという仕組みづくり。

在庫などは残ったら、全てスーパーマーケットへ返品。
ですから、「個人事業主」もリスクはゼロ。

スーパーマーケットは「返品」された生鮮食品は
どうするのか…。

そのまま店で販売出来るものは販売し
ダメなものはロスとなる。
しかし、そんなロス額にはならない。

何と言っても「運営コスト」がゼロというのがすごい。

では、どのようにして、この「個人事業主」は利益を出すのか…。
ここがまたすごい。
「+10円ルール」
というのを採用している。

50円の商品でも…
500円の商品でも…。
1,000円の商品でも…。


全て「+10円」上乗せして販売。

購入者は、ほとんど移動手段のない高齢者ばかり。
バス代やタクシー代などを考えると“安い”と感じる。

また、販売する「個人事業主」も「+10円ルール」だから
ピッキングなどの作業も早く済む。

これは「Win-Win」のルールだと感心した。
ちなみに、こんな「移動車」です。

f0070004_13393427.jpg


f0070004_13394689.jpg


f0070004_13395552.jpg


軽トラックを改装した車。
約350万かかったそうです。

なんと、この軽トラックに「200アイテム」ぐらい
積めるというから「スーパーすぐれもの」。

実物を見ましたが、すごく良くできている。
そして、この「トラック」のデザインがいい。

もともと「タウン誌」で大成功をおさめた方が
始められたので…。

このあたりのセンスは抜群。
そして、「音楽」。
これも「子どもたち」が口ずさむように作られている。

その「音楽」を流しながら「移動」していく。
そして、この「移動」にもノウハウがある。

なんと「契約制」みたいな感じにしてある。
一日どんなに回っても「50軒」だそうだ。

このビジネスのポイントは…。
「どれだけ軒数を回るのか…」
「どれだけ客単価をあげられるか…」

にかかっている。

ですから「上得意」さんをいかに確保するかにかかっている。
ですから、いかに「効率良く」回るかにかかっている。

簡単に言うと
「本当に足(輸送手段)がなくて困っているお客様」
のところに週2回コンスタントに伺えるかがこのビジネスの
成功のポイントでありノウハウなんです。

うまく効率良く回れるか…。
そして、いかにお客様とのコミュニケーションをとって、
ニーズを聞けるか…。
にかかっている。


しかし、これがうまくいくと
「週2回」しかお伺い出来ないので、
「1人あたり2,000円」の客単価も不可能ではない。
高齢者の「コンシュルジュ」になれるのだから。
週2回必ず、回ってくるのだから・・・。

そうすれば、
50軒×2,000円=100,000円
になれば、「個人事業主」はかなりの高収入につながる。

まだ、このレベルまでは今のところ達していない。
「一日75,000円」ぐらいが最高だと言われていた。

しかし、商品を提供するスーパーマーケット側の
メリットは大きい。

「75,000円×25日=1,875,000円」
そっくり売上高のオンになる。

足がないから、今まではご来店いただいていない
方々ですので、店売りには全く影響しない。
新規のお客様。


それも「人を雇わない」・「設備投資もいらない」
「労務の問題も心配しなくてよい」


ない!ない!づくしで、売上高アップにつながる。

それも「年商2,500万以上」。
「スーパーマーケット」も…。
「個人事業主」も…。
「お客様」も…。

みんな「ハッピー」になる。
すごい「ビジネスモデル」だと思う。

お客様から「ありがとう」・「感謝される」ビジネスが
これからの成功ビジネスと小生は考える。

「自分の仕事がお客様から感謝される」
「“ありがとう”と言っていただける」

これほど“やりがい”のある仕事はない。

「買い物難民」
といわれて久しい。

これから、高齢者が増えるに従い、増えてくる…。
これからの「ビジネスモデル」としては注目したいものでした。

「ネットスーパー」よりはるかに「収益性」が高い。
「リスク」も少ない。


まだまだ本格的に立ち上げて…
「2年余り」


今後、その「ノウハウ」を全国に拡大していきたいと
考えておられる。
「フランチャイズ」みたいな感じで…。

「やる気と感動の祭典」参加企業にご紹介できれば…、と思っています。
ちょっと、お待ちを・・・。
必ず、「やる気と感動の祭典」で、基調講演しますので。
まだ、完成度60%ぐらいな感じなので。

ただ見学しただけで…
「自分たちで仕組み化できそうだな~」
と思われるかもしれない。

昨夜、聞いて思ったこと。
「そんなに簡単にできない」

それよりも「~%」のロイヤリティーを払って
“フランチャイズ”の権利をとって
指導を仰ぎながら展開したほうが良いような感じがした。

なぜか…
「ゼロからの立ち上げはものすごいパワーが必要」
だからです。

「サラリーマン」ではできないよね。

これからの「高齢化」社会。
「地域のライフライン」を担っているスーパーマーケット。
この「移動スーパー」のビジネスモデル。

「Win-Win」のビジネスモデル。
ものすごい可能性を秘めている感がある。

高齢者の団地を控えている。
高齢者の住宅が多い。
しかし、スーパーマーケットが出店するほどの
“マーケット(市場)”がない。

日本中にいっぱいありますよね。
そういう場所に、この「移動スーパー」を動かす。

すごい「ニッチ」ビジネス。
実は、もうこれを考えて移動車を大量に発注したという
企業があるらしい。

それは…。

「セブンイレブン」
末恐ろしい企業である。

セブンイレブンより先に、ぜひスーパーマーケットが
この「移動スーパー」を軌道に乗せてほしい。


そう感じた昨夜でした。



そして、今日の一言…。

本当のプロフェッショナルは、
その分野のことしか分からない人のことではなくて、
その仕事を通じてトータルに人間を感じさせる人のこと。 

シンガーソングライター 加藤登紀子さんの言葉…。





やる気と感動の祭典直前!
商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!

商人伝道師が「第14回やる気と感動の祭典」の裏側をタイムラインで逐次リポート!
「やる感」のウラ情報やエントリーのポイントがリアルタイムに更新されます!

各店の取り組みや、やる感の“今”が知りたい方は、
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2013-07-30 18:00 | Comments(0)

商人伝道師の気づき…


f0070004_1594824.jpg

ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!


価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!

「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!





新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
成田惣菜道場
夏~秋商戦





成田惣菜道場 夏~秋商戦では、夏商戦に使える
サラダ・米飯・煮物
の紹介から、生産性と効率を考えた
スチームコンベクションの活用術までを公開!

夏に売れる惣菜で重要な“健康志向”や“少量ニーズ“
合わせた商品化を成田廣文先生が実演・解説します!


成田惣菜道場
夏~秋商戦
視聴ページへ








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!






Blog書いて…
ラジオ体操して…
羽田空港へ…

今日は四国。
全国で「ゲリラ豪雨」が発生しています。
被害に合われた方にお悔やみ申し上げます。

突然の大雨…
一瞬の内に家が流されたり…、車が流されたり…。
その方々の胸中を察すると心が痛みます。
日本は「亜熱帯化」しているのでしょうか…。
土曜日も飛行機が一時間ほど羽田空港で待機してました。
「ゲリラ豪雨」の為…

「隅田川花火大会」を楽しみにされ、行かれた方はビショ濡れ。
残念ですよね。

この「ゲリラ豪雨」
注意しないといけないなーと感じる。


さて、「土用丑の日売場大賞」のエントリー締切が近づいてきています。

エントリーはこちら…

「日本一のうなぎ売場・商品化」は誰の手に…!!」
皆さんのエントリー期待しています。
8月2日が締切日です。


また、初めての「公開セミナー」
「商品分析力セミナー」

あのヨークベニマルの“カリスマバイヤー”だった「浅野義昭」先生
商人伝道師がコラボしたセミナー。

みなさん!!
「グロッサリーの考え方をしっかり学びませんか?」
「どうやったら売上も利益も一緒に確保出来るか学びたくありませんか?」
「これからのトレンドを学びたくありませんか?」
など…

「レッドオーシャン化」が深刻なグロッサリー部門。
小売業向けには滅多に話さない先生です。

なぜか…
「メーカー」さんたちが離さないからです。
それぐらい売れっ子の先生。
ぜひ、参加してみて下さい。

このセミナーは参加企業にはそのセミナーのダイジェストを「DVD化」して
社内で共有化出来るようにします。
まず、他のセミナーではありません。こんなセミナー。
「全員が共有化」できるセミナー。

ぜひ、参加してみて下さい。
お申し込みはコチラから…
皆さんのお申し込み、心よりお待ちしております。


ところで今日は「商人伝道師が気づいた」ことについて…

昨日「TOTO」のショールームに行ったんです。
横浜、みなとみらいの「ランドマークタワー34階」にあるんです。
「なんで、ショールームがこんなところにあるの?」
と思っていたんです。
正直「めんどくせーな!!」と…

これが大きな間違いであると気付かされる。
ショールームにいって目に飛び込んだもの。
「横浜を一望出来る」景色。

その素晴らしいロケーションの場で、「トイレの便器を見る」
このギャップが最高ですよね(笑)

全面が鏡張りのショーケースで…
横浜港やベイブリッジなどが一望できる。

そんな素敵な場所で…
「トイレの便器を選ぶ!!」
ついつい高い便器を皆選んでしまう(笑)

小生は貧乏性なので…
「この安いのでいいんじゃないー」

女性は違う。
「キッチン」と「トイレ」は拘る。
結局予算オーバーのトイレ便器を購入することに…(笑)

このギャップのあるロケーション。
「さすが、世界のTOTO!!」と感心させられた。
お客様のことをよく考えておられる…(笑)

そして、昨日店舗視察する前に、某“超有名市立小学校”の説明会に行ったんです。
昨年横浜に新設された小学校。
「100名ちょっと」の募集に4,000名くらいが説明会に押し寄せる人気校。
なぜ、こんなに皆くるのー?!と客観的な目で見てました。

すると、ハッ!と気づいたんです。
「小学校入試ってこれに失敗したら6年間待たなきゃいけないんだ~」と。
中学だと3年待てばよい。
大学だと浪人すればよい。

しかし小学校はこれに失敗すると、6年間待たなければいけない。
だから親は必死になる。

小生は…
「その辺の小学校でいいじゃない…」
という人間なんですけど…

でも昨日見た小学校の校内を見学させられると…
「こういうところで学ばせたいな~」と思う。

「授業料って目が飛び出るくらい高いのに、こんなに説明会に来ている。
すごいなー。」
「高くてもお客様に納得させる商売しなきゃなー」
「ブランドって大切だなー」と…。

私立の小学校から大きな気づきを貰う。
人間の「不」を解消するものって売れるんだなーと。
その説明会を聞きながら「まだまだだなー」と自分にいいきかす。

そしてもう一つ。
「JAL」
破産した直後のJALの対応はひどかった。
「のりたくないなー」というレベル。

「180度変わる」ってこんなことでしょうか。
CA(キャビンアテンダント)のサービス・笑顔など凄いレベル。
地上職員もANAと比べて格段にレベルがあがった。

その反面無駄なものは徹底的にそぎ落としている。
「搭乗手続きカウンター」などはものすごく減った。
「会社ってこんなに変わるんだー」
と思う。

「危機感」や「やる気」ってすごいんだなーと。
「何千億円」という赤字の会社が「何百億」という黒字になる会社に…。

会社は…
人間は…

「変われるんだ!」ということをJALさんから学ぶ。

「変わろう」としなければ変わらない。
変わろうとすれば変われる。
そう感じる。


今日は「気づいた」ことを書きました。
「商売のヒントは色んな所に転がっている!!」
あるメンターから教わったこと。
でも「気づく」ことって誰でも出来る。

後は、この「気づき」をどう実行に移すかですもんね。
「実践こそ真実」
まさしく、この言葉が今胸に突き刺さる。

「実践」あるのみ…


そして「今日の一言」…。

他人を見て何をすべきか知る者もいれば、
何をすべきでないか知る者もいる。

(エリック・ホッファー)



やる気と感動の祭典直前!
商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!

商人伝道師が「第14回やる気と感動の祭典」の裏側をタイムラインで逐次リポート!
「やる感」のウラ情報やエントリーのポイントがリアルタイムに更新されます!

各店の取り組みや、やる感の“今”が知りたい方は、
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2013-07-29 18:00 | Comments(0)

心のオアシス


f0070004_1594824.jpg

ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!


価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!

「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!





新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
鮮魚力 夏編
商品化提案





鮮魚力 夏編 商品化提案では、
売れやすいサーモン、サラダ刺身、お盆刺身、
おつまみ刺身
など鮮魚の商品化を詳しく解説!

商品化だけでなく、売れやすい売場や調理方法
といった部分まで、鮮魚コンサルタント 堀内幹夫先生が実演・解説します!


鮮魚力 夏編
商品化提案
視聴ページへ








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!







今日は朝5時起床。

散歩&ジョギングして…。
“子商人伝道師”と「ラジオ体操」に参加。

その後、午前中は私用で動き…。

午後から「店舗視察」。
ちょっと気になる店舗があるので、
2~3店舗視察する。

「休みは店舗視察」
小生が自分に言い聞かせていること。

「変化の時代!とにかく自分自身が学ぶ。
 考える。実践する」


これを“率先垂範”する。


「しぶとく生き残ってもらう企業」には
どのようなことをしてもらうか…。

「加速成長していく企業」には
どのような“戦略”が必要か…。


を常に考えて、行動していこう。


それが「商人伝道師」の使命と考えているからです。

さあ、今日はどんな「気づき」が生まれるか…。

楽しみです。



ところで、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日。


今日は、「やり過ぎる力」について…。



輝いていた日本が失くしつつあるもの、
日本がこれからますます輝く上で必要不可欠なもの、
それは、真の民主主義や効率的な市場や立派な政府や英語のできる人材、
といった即物的な制度や事物ではなく、むしろ、もっと奥底にあるもの、
つまり、個々人の精神のあり方、より具体的には
「チャレンジ精神」ではないだろうか。

そして、さらに言えば、他者がやっていることを横目に見ながら、
恐る恐る「チャレンジ」らしきことをするレベルではなく、
これまでの常識を打ち破る形で何かを「やり過ぎる力」が必要なのではなかろうか。

日本の多くの組織や個人を覆っている状況は、
霞ヶ関や政治に代表される状況、すなわち閉塞感漂う泥沼状況で
もがき苦しみ頑張ってはいるものの、前例や掟を乗り越える
「やり過ぎ力」が発揮されずに、事態が改善しないという悪循環ではなかろうか。

国や組織が亡ぶのは、人材がいないからではなく、
機能しなくなった前例や掟を変えていくことができないからだ。

スポーツや芸術の世界ではたくさんの「やり過ぎ」人材が世界で活躍している。
しかし、一方、たとえば政治の世界を見てみると、個々人としては立派な政治家の方々が
少なくないものの、しかし、マクロに見ると、見るに堪えない政争が延々と続き、
社会は衰退の一途をたどってしまっている。

わが国にとっての勝負期とも言える幕末。

司馬遼太郎の「翔ぶが如く」(文春文庫)に、国や個人としての危機的状況を
生き抜いた薩摩隼人たちに思いを馳せつつ、「泣こよっか、ひっ翔べ」
とその心情を書いている。

この国の歴史を作ってきたのは、幕末の薩摩隼人をはじめとする
数々の先人たちの「ひっ翔ぶ」力、すなわち、「やり過ぎる力」ではなかろうか。

当時、薩摩の「芋侍」たちよりも、幕臣たちのほうが、現代流に言えば、
「偏差値」も高く、教養もあったことは間違いないと思われるが、おそらく「芋侍」たちに
よる明治維新がなければ、わが国の近代化はずっと遅れていたであろう。

「やり過ぎる力」は、他者を統率する立場の人、いわゆる「エライ人」の専売特許ではない。

素敵なバスの運転手の話がある。
泣き叫ぶ赤ん坊を抱えた若い母親が、あるバス停で降りようとした時、
バスの運転手が「ここが本来の目的地ですか?」と聞いた。

通例であれば余計なお世話に近い「やり過ぎ」な行為であろう。

若い母親は「本当は新宿駅まで乗りたいのですが、子供が泣き叫ぶもので」と
答えた際に、運転手はおもむろに車内アナウンスを開始し、以下のように述べたそうだ。

「皆さん、この若いお母さんは新宿まで行くそうなのですが、
赤ちゃんが泣いて皆さんにご迷惑がかかるのでここで降りると言っています。
子供は小さい時には泣きます。
赤ちゃんは泣くのが仕事です。
どうぞ皆さん、少しの間、赤ちゃんとお母さんを一緒に乗せて行ってください」

車内から自然に湧き起こった拍手を忘れることができなかったとのことである。
前例やマニュアル外の「やり過ぎ」が感動を呼ぶ好例である。


(朝比奈一郎著『やり過ぎる力』より)





いつの時代も、「変化」を起こしてきたのは
「やり過ぎる力」によるものではないでしょうか。

「前例」
「慣習」
「掟」
「固定概念」
「常識」


それを打ち破ってきた先に、
イノベーションが起こってきました。


スーパーマーケット業界も変革を求められています。
今、お客様から支持されるのは「驚きのある販売」です。

お客様の想像を超えた
「サービス」
「企画」
「売場」
「商品」
「鮮度」
「品質」


既存の考え方を超えて「やり過ぎた」先に
お客様の「驚き=感動」が生まれるのです。


セブンイレブンの「セブンゴールド」の例も同じです。

原価に糸目をつけずに、ただ良い物を…。

想像を超える「おいしさ」が
お客様の心を掴んでいるのです。



みなさんも「前例」や「掟」に縛られずに
「やり過ぎるほどのチャレンジ」を
してみてはいかがですか?




いかがでしたか…。
今日の「心のオアシス」

今週の元気の源に少しはなりましたでしょうか。


さあ、もう7月も終わり。
8月に入ってきます。


「土用の丑の日売場大賞」のエントリーお待ちしております。

「8月2日」
が締切日です。


また、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリーが
8月25日
の締切日になります。


そろそろ準備しておいてくださいね。


「挑戦」


今の時代には最も大切な言葉。
頑張って行きましょう。



そして、今日の一言…。

どんな馬鹿げた考えでも、行動を起こさないと世界は変わらない。

マイケル・ムーアの言葉


やる気と感動の祭典直前!
商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!

商人伝道師が「第14回やる気と感動の祭典」の裏側をタイムラインで逐次リポート!
「やる感」のウラ情報やエントリーのポイントがリアルタイムに更新されます!

各店の取り組みや、やる感の“今”が知りたい方は、
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2013-07-28 18:00 | Comments(0)

f0070004_1594824.jpg

ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!


価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!






新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
鮮魚力 夏編
商品化提案





鮮魚力 夏編 商品化提案では、
売れやすいサーモン、サラダ刺身、お盆刺身、
おつまみ刺身
など鮮魚の商品化を詳しく解説!

商品化だけでなく、売れやすい売場や調理方法
といった部分まで、鮮魚コンサルタント 堀内幹夫先生が実演・解説します!


鮮魚力 夏編
商品化提案
視聴ページへ








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









今日は、朝5時30分起床。

身支度して…。
羽田空港へ…。

朝7時台のフライト。
山口県へ…。


もちろん日帰り。
帰宅は、夜10時ぐらいか…。

ちなみに、今年の「夏休み」は賑わっていますね~。

この時期、JALもANAも駐車場が混むことは少ない。

8月に入ってくると違うが…。


明らかに旅行者が多い。

「お金を使う」
という流れが顕在化されている感じ。

今年の「お盆商戦」は強気で臨んでいいですよ。
日本中を飛び回っている「商人伝道師」だからわかる…。


さて、「土用の丑の日」の情報が耳に入って来ました。
さすがに、今年は業績がいいですね。

土~日~月の3日間の合計だと、
2桁アップぐらいいっていますね。

「昨年対比110%が100%ぐらいの感じかな~」
ですから、110%からどれだけ上積みしたかが評価!


「昨年対比110%はクリアーしなければいけない数字」
と思って、評価していただきたい。


そこで、「土用の丑の日売場大賞」

エントリー募集しています。




「挑戦」する企業は成長する。
「挑戦」を拒む企業は過去にしがみつく。
「挑戦」すらしない企業は衰退のみ!


みなさんのエントリーを期待しています。


「チャレンジしない人生なんて人生でない!」

そう感じる今日このごろです。



そころで、今日は「競争の優位性」について…。

先日、北海道の「ダイイチ」さんが「セブン&アイ」さんの
参加に入るというニュースが入って来ました。

こういう動きは、この秋から加速してくることでしょう。

あちら、こちらから聞こえてきます。


「次は~~と~~だ!」と…。

ウワサがウワサを呼び、そういう情報は信ぴょう性を欠くので、
このBlogなどには書きません(笑)


「スーパーマーケットが誕生して、50年」
そろそろ「仕切り直し」の時が来たのではないでしょうか。

アメリカのスーパーマーケットを模倣し…。
日本全国の先進企業を模倣し…。
大きくなってきた企業が多い。

だからこそ…。

これから「独自化」の道に行くか…。
「連携」の道を選択するか…。


問われる時代が来たというだけなんだと思う。



それよりも、
これからどういう「ポジショニング」でいくか…。
どういう「方向性」でいくか…。


再度考える時が来たのではないでしょうか。

これも、先日イオンの岡田元也社長が…、
「消費税増税により、DSが脚光を浴びてくる」
と発言したと新聞に書いてありましたね。


たしかに、「瞬間風速」的にはDSに流れると思うんです。
お客様は…。

だって、そうでしょ。
「内税」で今までお客様は税金を払った感覚が無いわけですよ。
それが、「外税」になった瞬間。

「税金ってこんなに高いんだ~~」
となる。

だから「ちょっと節約しなきゃ」となるわけですよ。
ですから、「瞬間風速」的にはそのような“風”が吹く。

しかし、これに惑わされてはいけない。
いや、こういう状況になるから、今のうちから対策を考えておかねばならない。

小生も、来年4月に向けて、販促を含めて考えはじめています。

「お客様の心理を読んだ販促」

これをいかに「タイムリー」に行なっていくかだと考えています。

なぜか…。

この「節約しなきゃ~」という意識はすぐに消えるからです。
「消費税負担が表面化しただけ」
なんですからね(笑)


だから「学んだ者勝ち」です。

単純に…
「消費税アップ=節約志向の高まり=ディスカウント(安さ)」
なんて考えてはダメ!

「○○品目、一斉値下げ宣言」
なるものが全国各地で行われるでしょうね。

無駄なこと!

「安さは、もう優劣が決しているのではないか…」
と思っているからです。

それよりも…
「安さ以外の“優位性”を徹底すること」
ではないかと…。

安さ以外のことで、
「圧倒的な違い」を出せないから…。

「安さになびく」んでしょ。
お客様は…。


「安さ以外で圧倒的な違いを出していく」
これが、今のキーワードです。

その違いを出している企業や店がすこぶる良い。


「2ヶ月で、3店舗DS企業が出店してきても、前年比クリアーした」
山梨のいちやまマートさん。

「既存店で信じられないような伸びを示している」
兵庫のヤマダストアーさん。

「金沢のフラッグシップ店舗が昨年比大幅な伸びを示している」
石川の山成商事(どんたく)さん。


など…。


みんな、前年比をクリアーするのが精一杯な状況の中で、
グイグイ伸ばしている店舗がある。


共通項は…。
「安さ以外に競争の優位性を持っている」

ということ。


まだ間に合います。
この「競争の優位性」にフォーカスしてみてはどうでしょうか。


もちろん「安さ」を競争の優位性にしてきた企業さんも…。
「安さは安さに負ける」のです。


だってそうでしょ。

「規模が大きくなると、お取引様も
「地域営業所」から、「量販店事業部」などの全国区の担当に変わる。

すると、今までは「こそ~っ」と出してくれる条件もほとんどなくなる。
全て「リベート」で対応されたりします。


すると「安さで競争力」がなくなってしまう…。

これが、今までのスーパーマーケットの歴史。

だから、「安さという武器」がある間に
「安さ以外の競争の優位性」
を創りあげていかねばならないのではないか。


そう感じる今日このごろである。


でも、ほとんどの企業が
これに気づいていないような気がする…。



そして、今日の一言…。

個性は、変えるものではなく、磨くものだ。
その磨かれた個性が、「魅力」になるんだよ。
そして、この魅力が「自信」になる。

リチャード・H・モリタの言葉



やる気と感動の祭典直前!
商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!

商人伝道師が「第14回やる気と感動の祭典」の裏側をタイムラインで逐次リポート!
「やる感」のウラ情報やエントリーのポイントがリアルタイムに更新されます!

各店の取り組みや、やる感の“今”が知りたい方は、
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2013-07-27 18:00 | Comments(0)

新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ





おすすめ動画情報
鮮魚力 夏編
商品化提案





鮮魚力 夏編 商品化提案では、
売れやすいサーモン、サラダ刺身、お盆刺身、
おつまみ刺身
など鮮魚の商品化を詳しく解説!

商品化だけでなく、売れやすい売場や調理方法
といった部分まで、鮮魚コンサルタント 堀内幹夫先生が実演・解説します!


鮮魚力 夏編
商品化提案
視聴ページへ








「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!

商品分析力 強化セミナー
開催します!!


グロサリーのバイヤーはあらゆる
情報を駆使して商品分析力を高め、
「競合他社に対して競争優位性のある切り口」
「トレンド」を見極める能力が必須条件。

価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!





今日は、朝5時30分起床。
Blogを書いて…。
「ラジオ体操&ストレッチ」して…
身支度して「スーパーマーケット実践会」の会場へ…。
今日は「スーパーマーケット実践会」。
現在、この実践会メンバーの評価が高い。
どんどん、基準が高くなっている。
そして、この「実践会」に新たな勉強を加える。
それが…。
「主婦10万人アンケート調査分析」から見える…。

「お客様の中の新しいお客様ニーズ」。

についての勉強があります。
担当は「コンサルタント見習い」佑太君。
どんどん学んでもらいます。

そして、昨日公開しました「大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ」。

「一日売上1,000万円突破!
しかも年間120本もイベントを量産する方法」


皆さん、視聴していただきましたでしょうか?



昨日はものすごい「アクセス数」だったようです。
皆さん、すごく関心が高い。
そりゃそうです。

「売場面積約270坪」
「通常の3倍の売上高」
「一日1,000万円」


売上不振の中、何か「ヒント」はないか…!?
学びたいと思っている方は多いはず。
ですからすごいアクセス数になったと思うんです。
是非、視聴されていない方は視聴して下さい。

会員の方はこちらから

また、「法人会員」や「個人会員」になっておられない方…。
「DVD」でも販売しています。

ご注文ページはこちら!




DVDをご購入させることをおすすめします。

全社員さんと「一緒に学ぶ」・「情報の共有化」する。
大事なことですよね…。
インターネットでのDVDの購入はこちらからできます。

ご注文はこちら!

ところで今日は

「商人伝道師が感じたスーパーマーケットの現状」

について。

日本全国をくまなく歩いているとマスコミやマスメディアの報道や情報と
違った動きを読み取ることができます。
ですから、「現場、現物・現実」の“3現主義”って大切なんです。
マスコミやマスメディアの報道や情報だけで
“今はこうなっている!!”と読んでしまうのは危険。
そして、それをうのみにして動くのはもっと危険。
ですから、全国を飛び回っている商人伝道師だから感じる現状についてお話しします。

①高単価商品を売り切る力のある企業は業績が良い。

小生が主張している「賢消費」。

いわゆる「スマート消費」が顕在化してきた感じがします。
「少々高くても、価値があると感じたら買う」
という消費です。
なぜか…。
それは「衣食住」などにおいても、コモデティー商品は「昨年より安く」買えている。
よって収入は増えなくても「可処分所得」(自由に使えるお金)が
増えているような感じがします。
ですから、「高単価商品」を売り切る力のある企業は業績が良い。
ではどうしたら「高単価商品」を売り切れるのか…。
それは「価値」の見える化が必要です。
先日お伺いした「文化堂豊洲店」さんなどは好例。
まったく、会社展開できていないが、この「豊洲店」だけはできている。
こんな感じです。

f0070004_1881472.jpg

f0070004_1882644.jpg

f0070004_1883693.jpg

f0070004_1884597.jpg


これに気づいた企業は今後も業績をのばすことでしょう。

②「モノ売り」・「ヒトなし」企業が苦戦している感じ。

EDLPなどで快進撃を続けてきた大手企業が苦戦している感じがする。
広島に本部がある「イズミ」さん以外は…。
ディスカウントを売りにした企業に一時の集客の勢いがない。
ローコストオペレーションでEDLPを実現し、大量出店している企業に勢いがない。

「安さは安さに負ける」

と昔から言われるが、そんな感じがしている。
ただし…。
来年4月の「消費税8%」以降、また息をふきかえすことも考えられる。
まだ、なにも言えない。
それよりも…。

「商品化に特徴や差別化なし」
「ローコストという名の人口減らし」
「コト販売などの価値訴求の欠如」


している“スタンダード”なスーパーマーケットは非常に厳しい。
もう、立ち直れなおれないのではないか…。そう感じてしまう。

「マーチャンダイジング」を思いきって変えていく。
「販売力の強化」を図っていく。


ことをしないと、解決の糸口はみえてこない。
つくづくそう感じている。
その中で、手っ取り早くできること「価値の見える化」。
そこで、元気のよい「コトPOP」をちょっと紹介。

f0070004_161192.jpg

f0070004_1612913.jpg

f0070004_1613994.jpg

f0070004_161513.jpg

f0070004_162272.jpg


なぜ、「たった一人20,000円」の投資をケチるのだろうか…。
ためらうのだろうか…。
企業も…。個人も…。

③トレンドを学んでいる企業に“復活”の兆しがみえてきている。
「ディスカウント企業の出店」。
「ドラッグストアーとの価格競争」
「大型店の出店」など…
全国各地で人口は増えていないのに、店だけはどんどん増えてきている。
そうすると、必然と売上や利益は下がる。

「ドン底」

を味わっている企業が多い。
そんな中、少しづつですが、
“復活のの兆しが見えてきだした企業が多くなってきています。
凄くいいことです。
その共通項はなにかな―?!と考えたんです。
なんか、それがやっと分かってきました。
それは3つ。

a.「勉強している」
売場をみればわかります。
「この企業、この企業をしっかり視察してモデリングしているなー」とか…。
「この店、コトや試食が増えてきているし、
売場から“想い”がでてきたぞー」とか…
「あれ?!商品化が変わってきた!!」
というように、小生が直接お手伝いしている企業の競合店さんをみてもわかります。
こういう企業は手強い。

b.「成功事例の共有化している」
成功事例の「面展開」している企業は復活の兆しがみえてきている。
どんどん成功事例を共有化し、競わせている企業もある。
そういう企業は、すこしづつ、すこしづつ基準が上がってくるので、
派手な伸びは無いが、地道に結果を変えてきている感じがする。
「第5回売場大賞」や「父の日売場大賞」にエントリーしてきている企業にその感あり。

f0070004_1673016.jpg

第5回売場大賞で最優秀大賞を受賞した作品

f0070004_1694579.jpg

父の日売場大賞で最優秀を受賞した作品

c.「異常値」への挑戦している。これはとても大切なこと。
福島の「いちい」さんが、現在「鮮魚の異常値&BY在庫ゼロ」に挑戦している。
どんどん送り込みを行い、全てを売り切る努力をする。
もっともリスクともなる挑戦。
歯を食いしばって頑張っている。
もしも、これが自分たちの「血」となり「肉」となったら
手の付けられない企業になるだろう。
他にも「お肉のおどろき市」のDVDを視聴し、異常値を出した企業が続出している。
だからこそ、今、小生は「商人ねっと」でこのイベントで数々の異常値販売を行う
「大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ」の番組に力を入れている。
これからもどんどんこの番組を作って行きます。
そして、みなさん。

「モデリング」

して下さい。

今日も長いBlogになてしまいましたね。(笑)

「コトPOPマイスター認定講座」に自分のお金で挑戦する会社の文化を作ってほしい。
「売場大賞」に自主的にエントリーする企業文化を作ってほしい。
「第14回やる気と感動の祭典」にエントリーし、“発表者”を狙ってほしい。


そういう一つ一つの「挑戦」が会社を変えて行くのです。
すごく、そう感じる今日この頃です。

「商人伝道師の呼びかけに、応答してくれ!!」

その“感度”が会社を一回りも…二回りも…
大きくするんですよ。
そう感じています。

そして、「今日の一言」…。
「チャンスというのは、自分の中にある。
境遇や運や他人から与えられるものではない。
ただひたすらに、自分の中にある。」
(実業家 オリソン・マーデン)



やる気と感動の祭典直前!
商人伝道師「水元均」とFacebookで友達になろう!!

商人伝道師が「第14回やる気と感動の祭典」の裏側をタイムラインで逐次リポート!
「やる感」のウラ情報やエントリーのポイントがリアルタイムに更新されます!

各店の取り組みや、やる感の“今”が知りたい方は、
↓のプロフィールページから友達リクエストしましょう!


by akindonet | 2013-07-26 18:00 | Comments(0)

「異常値販売」について


新着動画情報
~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法





大手競合店に囲まれながら、
3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。

売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!


~大公開!究極のイベント裏舞台シリーズ第二弾~
1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法
視聴ページへ







「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!

商品分析力 強化セミナー
開催します!!


グロサリーのバイヤーはあらゆる
情報を駆使して商品分析力を高め、
「競合他社に対して競争優位性のある切り口」
「トレンド」を見極める能力が必須条件。

価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!




今日は、朝4時30分起床。
身支度して、朝いちばんの新幹線で関西へ…
日帰り出張。
帰宅は、夜10時すぎか…
またまた、近ごろ無茶な仕事をしています…(笑)


さて、まずご報告。
「第6回売場大賞」と「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー締切日が
ダブってしまい、各方面からいろんな問い合わせが来ています。
そこで、事務局と話し合った結果…

「第14回やる気と感動の祭典」のエントリーも、「第6回売場大賞」のエントリーに
しよう!!
ということになりました。

そして、ひょっとすると、「第6回売場大賞」の受賞者発表を「第14回やる気と感動の祭典」
の中で行うなんてこともありかな…なんて考えています。
ですから、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリーの中に、「第6回売場大賞」の
エントリー部分も入っていますよーというのでもありにします。

よって、どちらか一方に集中して、エントリーして下さい。
両方にエントリーされなくても良いです。

私は「第6回売場大賞」一本でエントリーする!!
いや…
オレは、「第14回やる気と感動の祭典」と「第6回売場大賞」どちらもエントリーしたい
から、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリーを「第6回売場大賞」のエントリーと
兼ねます!!とか…
いや…
「第14回やる気と感動の祭典」一本でエントリーします。


どんなパターンでも良いです。

要するに、「エントリーは一本」に絞って下さいということです。(笑)

みなさんの負担を最小化するために…
よろしくお願いします。



そして、「第1回コトPOPコンテスト」が密かに開催されました(笑)
「コトPOPマイスター認定講座」を受講した方、その他一般の方を対象に行った「コンクール」。

にも関わらず、84エントリーもきました。

さすが「コトPOPマイスター認定講座」を受講した方々。
素晴らしい「コトPOP」の数々…
その一例を紹介します。

f0070004_15394678.jpg


f0070004_15395320.jpg


f0070004_15395816.jpg


f0070004_1540344.jpg


f0070004_1540890.jpg


f0070004_15401387.jpg


f0070004_15401794.jpg


f0070004_15402223.jpg


f0070004_15404176.jpg


f0070004_15405143.jpg


f0070004_1541050.jpg


「学び」って大切ですね。
「コトPOPマイスター認定講座」を受講する前は、こんなコトPOPなんて書けなかったという
方もいます。
すごいですよね。
さて、「第1回コトPOPコンテスト」にどなたが選ばれたのでしょうか…
それは、「コトPOPラバーズ」でまず発表します。



そして、その後、皆さんには商人ねっとで「山口先生の寸評」という形で番組化し、
放映します。

8月上旬になるかと思います。
ぜひ、「自己啓発」の一つとして、「コトPOPマイスター認定講座」受講してみて下さい。
年4回の検定に合格しますと、こんなものが貰えます。

f0070004_15234442.jpg


f0070004_15234938.jpg



「自分に投資したご褒美」として、最高ですよね。
みなさんのチャレンジ期待してます。

お申込みは、こちらから…



前ふりが長くなりました。
今日は、「異常値販売」について…

本日、昼15時に、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」で
「異常値販売」第2弾がオンエアーされました。

タイトルは…
「1日売上1000万円突破!しかも年間120本イベントを量産する方法」

激戦区。
「西湘地区(神奈川県西部)」


破竹の勢いでシェアー拡大している「ロピア」さん。
改善・改革してきている「ヨークマート」さん。
EDLPでなんと経常利益5%以上だしている「エイヴィ」さん。
生鮮の安売り企業「あおば」さん。


などなど…

全国でも有数の激戦区。
その中で、「小型店舗」のドミナント展開されている
「しまむら」
さん(12店舗)。
「東京スーパーマーケット実践会」の参加メンバーであり、
「やる気と感動の祭典」に参加されている企業でもある。
その株式会社しまむらさんの基幹店舗「中原御殿店」
その店が繰り出す、「1,000万円異常値デー」。いわゆる「御殿デー」を番組化しました。
その一部を紹介します…。



まずは、この「御殿デー」の過去のイベントを紹介しています。

「福箱」

f0070004_1552016.jpg


「プレミアムつき」のお宝箱。

意外とこういう企画、今、当たってるんです。
できれば、「独自化」・「差別化」商品を入れられると良い。その後、リピートが
来るので“一石二鳥”の効果ある為…

その他にも…

「ごてんくじ」

f0070004_1662810.png


カレーフェアー

f0070004_166468.png


鍋つゆのダイナミック陳列

f0070004_167430.png


スーパー裏側探検隊

f0070004_1671831.png


こういうことを地道にやってきた「御殿デー」
そして、今回はそのイベントを一切やらずに「1,000万円/日」に挑戦した。

まずは、「事前告知」

f0070004_1601329.png


約1ヶ月前から「事前告知」。「予告」する。

「期待値=集客」

になるため。
これってものすごく大切です。
「カウントダウン」しながら、“煽って”いくわけです。

次に、「看板(名物)」づくり。
まずは「店頭青果市」。

f0070004_1528742.jpg



特設コーナーで売上を獲得するだけでなく、店内のレジの稼働率をアップさせる為に行う。

さらに、「お取り寄せ」企画

f0070004_1528326.jpg



今回は「北海道」からのお取り寄せ。
「お取り寄せ」企画が集客になる。

これも「事前告知」する。
期待感が集客につながる…。
そして、「お米」販促

f0070004_15284197.jpg



この店の特長。
「安さ」だけでなく、「抽選プレゼント」企画を行っていること。
これって、「モデリング」できますよね。
さらに、「らくだ便」対応。

f0070004_15284740.jpg



「たくさん買っても持って帰れない!!」
というお客様の“不の解消”
「宅配サービス」です。

なんと通常10便くらいしかない店が、この「御殿デー」だと、「50便」
増えるんですって…。

すごいですよね。



その他にもいろんな取り組みしています。

それで“通常の3倍以上”の売上を叩き出す。

ぜひ、視聴してみて下さい。

「大手競合店に囲まれながら、3日に1回のペースでイベントを量産し、
サバイブし続けるしまむら。売上を3倍に伸ばす奇跡のイベントに迫る!」


ご視聴はこちらから!



社内で「学び」の共有化したい方は…
法人会員・個人会員様だと…

流通業専門インターネットTV「商人ねっと」で視聴して下さい

会員でない企業さんは、「DVD」でも発売してますので、こちらからも注文できます。

ご注文ページはこちら!



ぜひ、「視聴」し、何かに「気付き」、“勇気”を持って「仕掛ける」。

そうすれば、結果が変わってくるはずです。

1日遅れの公開でした。
ぜひ、社内で…店内で…。
視聴して、共有して下さいね。




そして、「今日の一言」…
とにかく、考えてみることである。
工夫してみることである。
そして、やってみることである。失敗すればやり直せばいい。
(松下幸之助)

by akindonet | 2013-07-25 18:17 | Comments(0)

おすすめ動画情報
鮮魚力 夏編
商品化提案





鮮魚力 夏編 商品化提案では、
売れやすいサーモン、サラダ刺身、お盆刺身、
おつまみ刺身
など鮮魚の商品化を詳しく解説!

商品化だけでなく、売れやすい売場や調理方法
といった部分まで、鮮魚コンサルタント 堀内幹夫先生が実演・解説します!


成田惣菜道場
夏~秋商戦
視聴ページへ







「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!

商品分析力 強化セミナー
開催します!!


グロサリーのバイヤーはあらゆる
情報を駆使して商品分析力を高め、
「競合他社に対して競争優位性のある切り口」
「トレンド」を見極める能力が必須条件。

価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!




今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
軽くジョギング&散歩して…

“小商人伝道師”と近くの公園で「ラジオ体操」参加。
その後、身支度してオフィスへ…

今日はオフィスで色んな打ち合わせを仕事…。
夜は“他社とのコラボレーション”の打ち合わせ。
終了は夜10時くらいか…。



近頃「商人ねっと」の運営はみんなに任せておいたのだが…。
あまりにも基準が下がりつつあったので…。
陣頭指揮を取ることに決めた。

「順調な時には、いるかいないかわからない存在でよいが
有事のときは、強いリーダーシップを発揮せよ!!
それがリーダーというものだ。」


これはあるメンターから言われたこと。
今がまさしく“有事”の時と考えています。
よって強いリーダーシップを発揮しようと考えています。

小生はとにかく「スピード!スピード!!スピード!!!」がモットーなので…。
ものすごいスピードでやります。

アソシエイトのスピードの3倍くらいのスピードで行なっていきます。
とにかく、毎日…
「朝と夜、メモを取ります。」
「まくら元にはメモ用紙を常時置いています。」
気づいた時に即、メモ出来るように…

ですから…
「今日はあれと…これと…あれを…やらないと…。」
というのをメモを見て、朝一番で確認します。

夜は夜で…
「これと…これと…これを…やらなければ…」
をメモを取ります。

そして朝起きた時から即!実行です。
ですから皆が出社した時には、何十枚というFaxが届いている時が多々あります。

「パワー全快です。」



そこで、まずは「お詫び」。

本日公開予定でした㈱しまむら様の「御殿デー」の放映を延期させて頂きます。
ものすごく期待されてたと思います。
みなさん、ごめんなさい。

なぜ、延期することになったか…。
その真相は…
小生の「放映許可」が出なかったからです。
内容をチェックして「ダメ出し」が出たんです。

「この番組を見て、見た人が感動するかー!!」

「この番組を見て、モデリングし結果が変わると思うか!!」

「皆毎日売上をUPしようと努力している!その人たちが“なるほどね!”
と思える番組を作ることが我々の使命だろう!!」


など久しぶりに小生からの「ダメ出し」が出ました。

ですから、すみません!!
あと1~2日待って下さい。
最高の番組にしますから…。

あらためて、期待されていた皆さん。
約束を守れなくて、ごめんなさい!



本当でしたら、この「御殿デー」のことを書く予定でした。
今日のBlogは…。
でも後日にします。

という訳で、今日は「社員との関わりあい」について…
小生は、今流行の「褒めて」育てる教育はしません。
もちろん叱ってばかりではありません。

というのも、小生は「商人ねっと」事業に関しては
“任せる”方針だからです。
「任せる」が責任は取ります。

ですから、厳しいことをも凄く言います。
今日も、「烈火のごとく」叱りました。

ボールペンは2本おしゃかになりました。
机をガンガン叩きます。
ツバを飛ばしながら叱ります。
もちろん大声で叱ります。

それは「仕事に対する厳しさ」をわかって貰いたいからです。
仕事は「他人に認められて」初めて仕事と言える。

「頑張ってます」ではダメ。
学生ならこれで良い。
「自分が頑張れば評価される。」
しかし、社会人は違う。

「頑張るのは当たり前。他人から評価されないと頑張ってもダメ!!」
なんです。

ですから今回も…

「こんな内容で視聴者が感動し、共鳴し、モデリングしようと行動してくれるか…。
ということを考えて作成していないと感じたから、叱りまくりました。」

「仕事を舐めるな!!我々は視聴者に感動と共鳴を行動させる勇気を与える仕事をしなければいけない。」

「それを自覚しろ!!」


と怒鳴ってました。

しかし、それ以外は一切介入しません。
「任せる」と決めた以上は任せます。
「責任」は全て小生が取ればいいからです。
でも、このようなことはダメだという風潮があるのも事実。

「褒めなさい」。「良いところだけ見なさい」。「話をよく聞くことが大切」
であると…。
その通りだと思いますが…。

「変革にはスピードが大切!!
こういう時は“俺についてこい!”ぐらいの強烈なリーダーシップ
が必要!!」

だと小生は思っているからです。

いろんな企業を拝見させて頂くと…
「褒める。良いとこだけ見る。評価する。ボトムアップ。」
で行なっている企業がある。

これでもいいんだと思う。
でも、「そんな悠長なことしてていいのー」

今は「有事の時でしょ。強烈なリーダーシップが必要な時でしょ!
有無をいわさずガンガン引っ張る時でしょ。」


有事でなくなったら「モチベーション」や「やる気」を出させるように
すればいいと思うんです。

でもこんな「有事」の時にこんなんでいいの…と思う時がある。
「責任」を取る人間が強烈なリーダーシップを持って引っ張る。
それが今の「有事」には必要だと思うんです。


実は小生は“危機感”を持っています。

「業界も」…
「商人ねっと」も…
「商人伝道師」自身も…


ですから、とんでもない行動を取っています。
それは「アライアンス」展開です。
「独立独歩」でやっていた商人ねっとが「手を組んで」やろうとしている。

なぜか…
「このままでは色んな意味で大変なことになる…」
ことが見えてきているからです。

だから、もっと「パワーアップ」した「縁の下の力持ち企業」にならなければならない。
それが「業界」の発展と生き残りのお役立ち出来ると…。
ですから「異常値販売」のコーナーをつくりました。

だから、小生はこの「異常値販売」に関しては厳しいです。
妥協しない。

「この番組を見て、勇気を持って実践し、結果が変わりました。」
というのを作りたいからです。

だぶん映像チームは夜遅くまで修正しなければいけないでしょう。
でもね…

「プロであればそれぐらいやれよ!!」という感じです。
さあ、プライドをズタズタにされた映像チーム。
どんな「御殿デー」の映像を作ることでしょう。
皆さん、楽しみにしておいて下さい。

最後に…。
今回公開する予定が延期になったことを
深くお詫びいたします。
その分期待しておいて下さい。

そして「今日の一言」…。

「勤勉だけが取り柄なら、蟻と変わるところがない。
何のためにせっせと働くかが問題だ。」

(ヘンリー・デイビット・ソロー)

by akindonet | 2013-07-24 18:01 | Comments(0)

おすすめ動画情報
成田惣菜道場
夏~秋商戦





成田惣菜道場 夏~秋商戦では、夏商戦に使える
サラダ・米飯・煮物
の紹介から、生産性と効率を考えた
スチームコンベクションの活用術までを公開!

夏に売れる惣菜で重要な“健康志向”や“少量ニーズ“
合わせた商品化を成田廣文先生が実演・解説します!


成田惣菜道場
夏~秋商戦
視聴ページへ







「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!

商品分析力 強化セミナー
開催します!!


グロサリーのバイヤーはあらゆる
情報を駆使して商品分析力を高め、
「競合他社に対して競争優位性のある切り口」
「トレンド」を見極める能力が必須条件。

価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!




今日は朝5時起床。

今まで、エアコンなどつけないで寝てたのですが…。
さすがに、昨夜は蒸し暑かったですね。

寝苦しい夜を過ごす。


ということで、Blogを書き…。
軽く散歩&ジョギングして…。
“小商人伝道師”とラジオ体操。

その後、身支度をして…。
羽田空港へ…。
今日は、「リスパック勉強会」

行き先は札幌。
もちろん、日帰り。
たった「7時間」の滞在。

ちょっとだけ「涼しさ」を満喫してきます(笑)



でも、すごいです。
「リスパック」さんの集客。
北海道という「寡占」された地域。

「限定マーケット」で…。

なんと、参加者210名。
の集客。

恐れ入ります。
来春も開催されます。

ぜひ、参加してみて下さい。



さて、「土用の丑の日」が終わりました。
7月最大のイベント。

いかがだったでしょうか。

「土用の丑の日売場大賞」
も募集しています。

締切日は、8月2日。

「我こそは、日本一のうなぎ売場!」
「我こそは、日本一のうなぎ商品化!」


という自信のある担当者からのエントリーをお待ちしております。


詳しくはこちらから!



さらに、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー締切日が
8月25日となりました。


f0070004_165348.jpg



もうそろそろ準備してくださいね。

「土用の丑の日」や「異常値販売」、
「お盆商戦」・「父の日」・「GW~母の日」まで

大丈夫です。

誰でも、発表のチャンスがあります。
準備を少しずつ行なって、「社内選考」して、エントリーしてみて下さい。


「エントリーされない企業は“競合企業”が参加できない!
 という特権を放棄した」

ということになりますので、よろしくお願いいたします。


ところで、今日はちょっと趣向を変えて…。
商人伝道師が見つけた「差別化商品」を紹介しようと思います。


実は、この企画。
買い物大好きの「スパコディ純ちゃん」に
担当させようとしたのですが…

「嫌だーーーー!」

ということなので、小生がやることにしました(笑)


2週間に1回ぐらいのペースになるかもしれません。

何かの参考にして下さい。

まずは…
各企業で大ブレイクしている「みかんジュース」の紹介。

f0070004_1154491.jpg


f0070004_18225174.jpg


和歌山の「早和果樹園」さんがだしている「みかんジュース」
200mlで「200円」前後しますが、ビンの形がユニークなので大ヒット。

かなり売れていますね。

やはり、「おいしい」という切り口と同じように、
「カワイイ」という“感性”が今の時代は受けるのかもしれません。

“感性”で大ブレイクしている商品です。


続いて、この商品。

f0070004_1162180.jpg


以前、山梨の「いちやまマート」さんで買って美味しかった
記憶のある商品。

それが、文化堂豊洲店にあった。

「生タイプのひやむぎ」

ちょっと無いですよね「生タイプ」。

「富士吉田」といったら、「吉田のうどん」が有名。

しかし、この「生タイプのひやむぎ」は絶品です。

「ひやむぎ」というより、「細うどん?」…。

なんとも言えない食感。


うどんの有名な土地柄なので、細うどん風となっています。
この「食感」はリピート客続出の予感がします。


「4人前」を3人(6才の子供含む)でペロリと
食べてしまうくらい美味しい。

「株式会社かん原屋商店」
というメーカーさんが出しています。

1袋250円前後だから、そんなに高くないですよね。



そして、飲料を2つ紹介します。

「ローヤルよつや」さんで見つけた…。

f0070004_1163669.jpg


「シチリア産レモン果汁10%」入った、レモネード。

このレモネードの特徴。
「ホットレモネード」にするととても美味しい。
ですから、冷たく飲むとちょっと“甘い”んです。

でも、あまいレモネードの好きな女性には良いかもしれません。
「川崎飲料株式会社」さん。
が出しています。
 

そして、もう一つ。
文化堂ウィラ店で見つけた…。

f0070004_1823218.jpg


「フェンティマンス」
という、キャリアティコーラやビクトリアンレモネード、
オレンジジンガーの3種類の飲料。

「オレンジジンガー」を飲んだのですが、意外といける。

パッケージも「オシャレ」なんで、ヒットするかも…。

「1本300円」くらい。

「CFCジャパン」さんというところが出しています。
女性の“感性”に引っかかるかもしれません。



さらに、ちょっと変わった缶詰。
ロピアさんや豊洲店で見かけた商品。

f0070004_117127.jpg


「イベリコ豚のランチョンミート」
まず、デザインが「斬新」。

そして、味もそこそこいける。
もう一つあるのですが、これは豚のヒヅメみたいな
パッケージをしている。

「感性」の高い男性はすぐに食いつくでしょうね。
なんと「500円/缶」ぐらいする缶詰。

メーカーは忘れました、ごめんなさい。


最後に…、
文化堂豊洲店で見つけたロールケーキ。

f0070004_1173934.jpg


f0070004_1823431.jpg


「日本橋錦豊琳」
というロールケーキでは意外と有名なお店のロールケーキ。

「江戸ばうむ」
というネーミングもオシャレ。
さらにパッケージもオシャレ。

買って食べたんです。

「おいしい!」
「1050円の価値はある!」


“買い物おたく”のスパコディ純ちゃんが
言うのだから間違いない。

「日本橋錦豊琳」
のロールケーキ。

お盆商戦やお彼岸にしかけたら、
意外と大ヒットするかも…。



こんな、企画。

このBlogをスタートしてから初めてじゃないかな。

Blogを書きながら…
「ちょっとこれいいねー」と感じています。

商人伝道師の目から見て
「これ!これいいね!」という商品をどんどん紹介して
いきますね。これから…。

というのも…。


グロサリーや日配品、菓子などのような
「コモディティ化」したカテゴリーは、
ますますNB商品でAランク商品のEDLP化が進む。


その中で生き残るには…。

「ちょっと美味しい…」
「ちょっと感性のある…」
「なおかつ手の届く売価…」


という商品をどれだけ品揃えするかだと思うんです。

これを人間力で売り込む。

それができた企業が、生き残っていくのではないかと…。
そう感じる今日このごろです。


ですから、少しずつ…、少しずつ…。

このBlogでも紹介しますね。

そんな商品。


では、札幌へ日帰りで行ってきまーーす。



そして、今日の一言…。

金より芸が欲しい、権力より感性が欲しい。

北野武の言葉

by akindonet | 2013-07-23 18:00 | Comments(0)

学びについて…




「土用の丑の日大賞」
緊急開催!!

今回は送って頂いたエントリーのうち、
“1エントリー”を「最優秀賞」、
“2エントリー”を「優秀賞」

として表彰します!

更に今回は、なんとエントリーされた方にもれなく、
「エントリー企業全ての作品をDVDでプレゼント」!!

「情報発信した企業のみが全ての情報を入手できる」
それが情報化社会の“鉄板ルール”


"やる気"と"執念"のある方のご応募、おまちしております!!

詳しくはこちらから!




今年も熱いチャレンジの夏が始まる…
「売場大賞6」

開催決定!!

応募締め切りは8月20日
乞うご期待!!









ディスカウント対抗をしながら
グロサリー・日配部門の売上・利益を上げる!

商品分析力 強化セミナー
開催します!!


グロサリーのバイヤーはあらゆる
情報を駆使して商品分析力を高め、
「競合他社に対して競争優位性のある切り口」
「トレンド」を見極める能力が必須条件。

価格対抗をしながら売上・利益を確保するための
切り口・販売方法を伝授いたします!


・グロサリー部門の利益確保ができていない
・こだわりの商品を揃えても利益が出ない
・グロサリー部門を強化することで更に企業力を上げたい


以上に当てはまる方は是非ご参加下さい!


「商品分析力 強化セミナー」
お申込みページはこちらから!




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
散歩して…
“小商人伝道師”の勉強を見て…
オフィスへ。

今日は「土用丑の日」。
もちろんコンサルティングの仕事はなし。
昼と夕方に打ち合わせが入る。
帰宅は11時くらいか…。

そこで、皆さん!!
「土用丑の日」はいかがだったでしょうか…。
ぜひ、結果を含めて「土用丑の日売場大賞」へエントリーしてみて下さい。

“自分の実力”を試す、いいチャンスです!!
今回エントリー頂くと“エントリーされた企業すべてのエントリーパワーポイント”を差し上げます。
それに加えて、エントリーして頂いた方の中で、“3名”の方を「優秀賞」として
選ばせていただきます。

「自分の可能性」への挑戦!!

「日本一のうなぎ売場は、俺の売場だ!!」


という気持ちでエントリーしてみて下さい。
もちろん、鮮魚だけでなく他部門のエントリーも受け付けています。
「3名の中で、1名は他部門の方を選びたい!!」
と思っています。
だから、他部門エントリーは“チャンス”ありますよ。
皆さんのエントリー心よりお待ちしております。
詳細は下記をクリックして下さい。

詳細はこちら…。


ところで今日は「学び」について…。
8月30日(金)に浅野義昭先生とコラボレーションして…
「商品分析力強化セミナー」というセミナーを開催します。

f0070004_17114784.jpg




浅野義昭先生は「元ヨークベニマル」のバイヤー。
ヨークベニマルさんが“急成長”していた時の“伝説のバイヤー。”

その浅野義昭と“日配・グロッサリー・菓子・酒”などのコモディティー商品のセミナーをします。
小生が色々と調べたり、調べたりお会いしたりした中で、
間違いなくその「理論」と「メソッド」は「日本一」です。

「この浅野先生の考え方でマーチャンダイジングしていけば、
必ず売上や利益は伸びる。」


と確信しています。

「この浅野先生の考え方をモデリングすれば
“ブルーオーシャンな考え方になる!!”」


そう信じて、物凄くお忙しい先生を説得し実現したセミナーです。

「来年4月の消費税増税」対策
「消費不況時の売上、利益」対策
「賢消費時代の新しいマーチャンダイジングは…」


ということを中心に話してもらいます。


浅野先生にお話頂く内容については、小生が「全てプロデュース」します。
ですから、参加企業にピッタリの内容にしてみせます。
このセミナー。

「必聴の価値あり!!」です。

さらに、小生から…
「大不振の和日配・菓子部門の集中セミナー」を行います。
浅野先生と一緒に…

昨日“スパコディ純ちゃん”を「文化堂豊洲店」で買い物させました。
開口一番。
「どうしたの?豊洲店は…」
「えっ?!何が…」
「和日配とグロッサリーの品揃えが今までと全く違う!!」
「ムチャクチャ良くなっている!!」
というぐらい劇的に変わりました。

それは「賢消費時代」をやっと担当者が理解したからです。
まだまだ…ですけど。

「なぜ、このコモディティ―のレッドオーシャン時代に売上、利益を上げる事が出来るのか…」
を小生も“部門を集中”して話します。

「ヨークベニマルの“カリスマバイヤー”」浅野義昭先生と
「商人伝道師」のコラボセミナー。
「絶対に!絶対に!絶対に!!」参加して下さい。

何はさておき参加しなければいけないセミナー。
皆さんの参加、お待ちしております。


さらに8月1日に「CDオーディオセミナー」の収録を行います。
今回のゲストは…

「信田洋二先生」

ほとんど無名コンサルタントの先生ですが…。
元セブン-イレブンの責任者。
簡単に言うと「セブン-イレブンの物流」を“改善・改革・進化”し続けた人。
あの「セブン-イレブンの物流の秘密」をお聞きしようと思っています。
ぜひ「CDオーディオセミナー」も購入してみて下さい。
事前購入予約はこちらから…

注文番号:3000-35
商品名:商人見聞録 VOL.35
とお申込み情報を記入後、FAXにてお申込み下さい。
お申込み用紙ダウンロード
事前予約の場合、発送は8月15日となります。

現在、「最新号」は“ガイアの夜明け”でも特集された「澤浦彰治」さん
先程紹介した「浅野義昭」先生のCDが売れまくっています。
ぜひ、興味のある方は購入してみて下さい。


さらに、さらに…
7月24日(水)
7月18日(木)に行われた「御殿デー」
「約200坪」の店舗でチラシを打たずに…
「店舗の人間の“ノウハウ”だけで…

「1日1,000万円売る」企画。

を流通業専門インターネットTV「商人ねっと」でオンエア致します。
商人ねっと会員の特典です。
個人会員・法人会員の方は是非視聴して下さい。

もちろんDVDでも販売します。
DVD購入されたい方(事前予約販売)はこちら…



「小~中型店」の店長は必見の内容です。
本部の応援もない…
そんな中で、「どうやって1,000万円売る!!」のか…

知りたくありませんか…?!
それをズバリ!!番組化しました。
楽しみですよね。


最後に、「第14回やる気と感動の祭典」のエントリー。
「エントリーのポスター」を各店のバックヤードに貼って頂けましたでしょうか。

f0070004_165348.jpg

かなりの企業でこの「やる感ポスター」を貼られています。
「第14回やる気と感動の祭典」は商人伝道師が
“これからの時代、こんなことをやっていかねばならない!!”…
その“発表”に適した人間を選出します。

「バイヤー」でも…
「店長」でも…
「担当者」でも…
「パートナーさん」でも…
「新入社員」でも…
誰にでもチャンスがあります。
もちろん今回も「基調講演」があります。


「第13回やる気と感動の祭典」
ものすごい“内容”でした。
一気のこのセミナーから“基準”を上げた企業が続出しました。
今の好調はこの「第13回やる気と感動の祭典」にあったと言っても良いくらいです。
しかし、それを“進化”させます。

必ずものすごいセミナーにしますので…。
その為には「エントリー」がポイント。
皆さんの「エントリー」
心より期待しています。

「土用丑の日」・「お盆商戦」・「異常値販売への挑戦」
データとして残しておき、エントリー資料持しておいて下さい。


来年4月以降、消費が変わると小生は見ています。
それをいかに早く対処するか…

その為には…
「学ぶ」しかない。
「感性」を上げていくしか無い。


そして…
「何を学ぶ」かでなく「誰から学ぶか」ということに気づくこと。
だと思っています。

「秋~冬」にかけて…
「超一流」のコンサルタントのセミナーを何回か開催します。
過去の人”でなく“これからの人”を中心に…

もちろん「第14回やる気と感動の祭典」がメインです。
「少ない投資で最大のリターン」が出来るようにしますので…
みなさん、ぜひついてきて下さい。

「ここ2~3年が勝負の時」
「ここ2~3年でスーパーマーケットの風景が変わってしまう。」
「ここ2~3年で雌雄が決せられる!!」


だから今は「学ぶ」時。
それを「実践」する時。
みなさん、どう感じておられますか…。

そして「今日の一言…」

「知識は大切だが、知恵をもっと出せ。
知識は比較的簡単に手に入るが、
知恵は大きな努力と体験がないとなかなか手に入らない。」

(安藤百福)

by akindonet | 2013-07-22 18:00 | Comments(0)