「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2011年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

来年に向けて



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック



「12月31日」
2011年も終わりです。
みなさん、「年末商戦」。
「お楽しみ様」でした。
楽しまれましたか…。
小生も今日、一杯楽しみました。
ここ2~3年、恒例にしてきた…
「12月31日の夕日への感謝」
も今年しました。
「今年一年、生かされたこと」を感謝して…。

本当に、今年一年、色んな事がありました。
「父親の死」「チャリティーセミナーへの挑戦」「社員からの提訴」
「東日本大震災」「社員の大量離脱」「役員の解任」

いっぱい、色んなことが周りで起きました。
しかし、全て「思い出」として残しておきます。
引きずらずにね・・・
「2012年」はどんな年になるのでしょうか。
いや、どんな年にしていくのか…。
すごく楽しみにしています。
「商人ねっと」と「商人伝道師」は、また色んなことに挑戦していきます。
今の段階での「ニューへの挑戦」

1.「ザ・バイヤー“やる感”」の開催(春と秋)
2.「資格ねっと」スタート(春スタート予定)
3.「パート社員、若手社員」、も含めた“店舗やる感”も「第11回目」から進化(春と秋)
4.国内繁盛店視察セミナー復活!!(夏開催予定)
5.中部地区での「スーパーマーケット実践会」スタート(春スタート予定)
6.関西地区での「スーパーマーケット実践会」スタート(秋スタート予定)
7.「商人ねっと」の“飲食店、専門店向けのサイト”スタート(秋スタート予定)
8.「商人ねっと」のスマートフォン対応スタート(3月予定)
9.「商人ねっと」の“視聴者参加型”番組スタート(相方向番組)


と考えて、行動しています。

商人ねっとのアソシエイトは、今の段階で4名。
来年から5名になる予定。いや、もっと増員になると思いますが…(笑)
この人数で「ニューへの挑戦」をやり続けます。
「立ち止まる事は“死”を意味する」
といつも自分に言い聞かせています。

「倒れるなら、前のめりに倒れたい!!」
「やらない後悔より、やって失敗した苦しみを選択する」
「今まで誰もやらないことをやる」
「世の中の人が幸せになれる事業をやる」

こういうことを常に自分に言い聞かせています。
自分に言い聞かせながら、来年も突っ走ります。
「100m走の連続」のスピードで駆け抜けます。

そこで、12月31日まで読んで頂いたみなさんへ「感謝」の気持ちを込めて…
“商人伝道師”から、商人伝道師が作った“商人の心得”をプレゼントします。

<商人の心得6ヶ条>
1.「ますます、努力を惜しまない人の時代が到来している」ことを自覚せよ!
2.「感動」や「サプライズ(驚き)」こそが、ビジネスの拡大に繋がる!
3.「どうしたら、皆を感動させられるか?」を常に考えて行動せよ!
4.「お客様のニーズ」に応えるだけでなく、「お客様のウォンツ」を創り出せ!
5.日本一のお客様サポート会社を目指せ!その為には日本一のサポート人間を育てよ!
6.自分への投資を怠るな!


来年も皆様方には良い年であります様、心よりお祈り致しております。
「2011年」お会いした全ての方に感謝
みなさまのお陰です。
ありがとう。来年もよろしくお願いします。

今年最後の「今日の一言」…
「人間は趣味では絶対に人格は磨かれない。
 人間の人格は仕事に打ち込む中で磨かれていく。」
(商人伝道師より・・・。愛をこめて)


「みなさん、お楽しみさまでした!!!」
by akindonet | 2011-12-31 18:00 | Comments(0)

奇蹟…



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック



今日は、朝4時起床。
いつもと同じパターンの生活をする。
今日から、「店舗視察」もする…。
日頃、行けない店舗を数店見に行きます。
「新しい切り口を発見する為に…」

さぁ、明日は「大晦日」。
「2011年12月31日」。
色んな事があった2011年。
「終わり良ければ全て良し!!」
と言いますが…
今年は、こんな言葉を発していいのか分かりませんね…
でも、何があっても、「前後裁断」の気持ち“今ここ”を精一杯生きていくことが大切ですよね。
悔いのない様、12月31日、頑張って行きましょう。


そこで、今日は「奇蹟」について…
先日、小生の大好きな「致知」を読んでいたら、こんなことが書いてあった。
まず、一つ目の「奇蹟」。
それは、「太陽」。
太陽の中心核では水素が融合して、ヘリウムを作っているんだそうです。
そのヘリウムをを作っているプロセスの中で、水素の質量の「0.7%」がエネルギー転換して放出され、それによって太陽は輝いているんだそうです。
これが、「0.71%」でも「0.69%」でも宇宙は存在していないんですって…・
「0.71%」だと、星の進化のスピードがもの凄く速く、水素を使い尽くし、太陽は既に無くなっている。
「0.69%」だと、進化のスピードが遅くなり、ヘリウム結合できず、137億年経った今も炭素は作られていない。

つまり、生命は生まれていない。

すごいと思いませんか…
微妙精巧な宇宙のバランスですよね。
「0.01%」の誤差もない太陽。
「神秘的」ですよね。太陽って…。
太陽が消滅していたら、人類は存在しないんですもんね。
137億年も太陽はエネルギーを放出している。すごいと思いません…
本当に「奇蹟」ですよね。

そして、二つ目の「奇蹟」。
私たちは一人たりとも例外なく、父と母があることによって、この世に生を授かった。
そして、その父と母もそれぞれ両親が居た。
それを遡っていけば…
10世代で、「1024人」
20世代で、「104万8576人」
30世代で、「10億7374万1824人」
40世代で、「1兆995億1162万7776人」
40世代というと、どんなに長くても人生70年。
ということは、「2800年前」

地球が生まれたのが、137億年前。
ということは、ついさっきですよ。2800年前って・・・(笑)

この祖先の命が一回も途切れずに存在している命。
それが、私たちの命なのです。
無限無数の命に支えられている。
疎かに生きてはならない思いが、フツフツと湧いてきますよね。
まさしく、今、ここに生を受けていること自体、とんでもない「奇跡」なんですよね。

そして、三つ目の「奇蹟」。
それは…
この世に自らの意志で生まれてくる人は一人もいない、ということですよね。
寿命もまた人の意志の範疇を遥かに超えてますよね。
しかも、あなたと同じ人間は過去にも居なかったし、これからも生まれてこない。
上記の様に、自分の周りだけでも、こんなに人間って存在しているのに…
ただ一人、一回限りの命を生きている。
これこそ、最高の「奇蹟」であり、「奇蹟の命」なのです。
この「奇蹟の命」を無駄に使ってはいけませんよね。

「一生勉強、一生青春、一生危機感、人生感動」
小生が大好きな言葉です。
危機感を一生持ち続け、そして勉強する。
さらに、常に気持は「青春」。20代の若者の気持ちで居続ける。
そうすれば、何に対しても「感動」できる。
だから、「生涯勉強」・「生涯修業」と思っています。


今年2月。
親愛なる父親を亡くしました。
もう、小生には、両親がいません。
そして、「3月11日」
たくさんの命が、津波によって奪われました。
夏の紀伊半島の水害もそうです。
たくさんの命が奪われました。
志半ばで、亡くなった方がたくさんおられます。

そういう人の為にも、精一杯「生きなければいけない」と感じます。
目標となれる人間になりたいですね。


先日、佐藤勝人先生のBlogを読んでいたら、涙が出ました。
「チャリティーセミナー」にもボランティアで参加してくれた、息子ゆうじ君からのメッセージです。

こんなメッセージでした。
「お誕生日おめでとう。
いろんな意味で、脂の乗ってきた歳ですね。
その調子で、どんどん突っ走って下さい。
今のうちに、できるだけ遠くまで走って下さい。
僕が後ろから、追いかけますので…。
遠ければ遠い程、追い越しがいがあるというものです・・・。
まあ、スグに追い越してやりますが(笑)
というわけで、
出来る限り、遠くへ遠くへ行ってもらわないといけないので…
“長生きしてね”。」


こんな息子に育ってほしいと願う…
こんな親父になりたいと願う…
子供にとって、小生は「目標」となりえるのだろうか…。
いや、「目標となる人間」にならなければならない。
その為には、「生涯修業」の気持ちを忘れないことだなーーー
と近頃感じる。
「二度とない人生」なのだから・・・
そして、二度とない…
「2011年12月31日」
精一杯、最後まで頑張りましょう。

そして、「今日の一言」…
「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。」
(江戸時代の武士 宮本武蔵氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-30 18:00 | Comments(0)

運気アップ会 後編



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック







朝4時30分起床
TVなどの雑音のない早朝は、「自分の時間」をとるには最高です。
本を書いて…
本を読んで…
ジョギングをして…
また、本を書いて…
その後、朝10時ぐらいから「小商人伝道師」との時間をつくる。
夜は仕事しない主義なんで、大好きなお酒をたしなむ。
こんな日々が一週間ぐらい続くのかな…!?
でも、みなさんは今日から「歳末商戦」本格突入ですね。
29日はいかがでしたか…?
「際消費」
ますます進んでいますね…。
「X’mas」や「歳末商戦」の戦略も、今後見直していかねばと強く感じています。
「時代が変わってるのですから、戦略も変えないといけない」
ですもんね。
「最後の最後…」
「2011年!有終の美をかざっていきましょう」

そうですよね。
みなさん、昨日のブログの続きも知りたいですよね。
ある意味、歳末商戦でお疲れの身体や頭を癒す「心のオアシス」になるかもしれませんもんね。(笑)
では、昨日に続き「大運気アップ会」の報告です。
悪夢のような「オープニング」(笑)が終わり…
「食事タイム」

f0070004_1275262.jpg

f0070004_12155620.jpg


席は「抽選」で決まるんです。これは毎年恒例…。
参加者は多きに渡る。
司会者…
ナレーター…
女優…
コンサルタント…
経営者…
SE…
放送作家…
遊行代理店…
みなさん「商人ねっと」や「やる感」ではなくてはならない人です。
参加者の中には超有名人もいます。(笑)
これ、ホント…。
さて、「食事タイム」がたったの20分のこの会。
まずは「ロシアンルーレット」

f0070004_12183520.jpg


みんな真剣そのもの…。
次に「ストロービール」一気飲み大会。

f0070004_12261175.jpg


みんな、運動不足でヒーヒー言っている。
そして「お絵かき合わせ」ゲーム

f0070004_12315936.jpg


”大の大人”が一生懸命お絵かきしてまーす
最後に「たたいて、かぶって、ジャンケンポン」
毎回恒例のアトラクションゲーム

f0070004_12291535.jpg


なんと4つも「ゲーム」を行う。
いつもギリギリのところで仕事している方ばかりなので…
超~~~盛り上がる。

そして、またまた「サプライズ」が…
「ゲーム」にちょっとつかれたという時に…
「ショータイム」スタート。
なんと、インターンシップ生「ザッキー」と謎の男が登場…。
あの天才バレリーナ「熊川哲也」さんばりの踊りを披露。
こんな感じです。

f0070004_1236639.jpg


参加者みんな「ウットリ」…

f0070004_12405370.jpg


みなさんわかるでしょ。
この「ウットリ」とした顔。
店の人まで「ウットリ」。

f0070004_12395755.jpg


すごい「悪夢のサプライズ」も終了…。
あっという間の2時間過ぎる。
そして「表彰」。

第3位。「ライオンチーム」。

f0070004_1246336.jpg


景品は紀文食品から頂いている「おせちセット」


第2位。「かもめチーム」。

f0070004_12482073.jpg


景品は「純金の金の延べ棒」

そして、第1位の「ブタさんチーム」。

f0070004_12504681.jpg


景品は「100万円」
さすが、商人ねっとは気前が良い!!
そして「大運気アップ会」は無事終了…。

f0070004_1255157.jpg


みなさん出口でまたまた登場した「双子の弟」
参加者一人一人と記念写真。

f0070004_137952.jpg

f0070004_1373331.jpg

f0070004_1375897.jpg


今年もガンガンいきました。
アッ!!そうです…。

小生は所用で申し訳なかったのですが、欠席でした…(笑)
参加された方々、ご迷惑おかけしました。(笑)

いかがだったでしょうか…。
商人ねっとと株式会社の「大運気アップ会」。
こういうことが大好きな「商人ねっと」のアソシエイトと来年も頑張っていきます。
来年もよろしく!!

そして「今日の一言」…

「いちばん忙しい人間が、いちばんたくさんの時間を持つ。」
                (アレクサンドル・ビネー)
by akindonet | 2011-12-29 18:00 | Comments(0)

運気UP会!!



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック









今日から、会社は正月休暇です。

「12月28日~1月4日」まで。

ただし、映像チームは28日も仕事。
佐藤勝人先生の撮影。
小生もちょっとだけ顔を出す予定だったが渋滞で行けず
やむおえず携帯でごあいさつ。

では、小生の「正月休み」は…
今年は、自宅に居ます。
当初は、小生の大好きな「シンガポール」に行く予定でした。
しかし…
体調を崩す危険性があるので、今年は自宅で過ごします。

本を書いたり…
本を読んだり…
来年の「仕事」の戦略を練ったり…

まあ、あまり気負わずに、ゆっくり過ごします。
毎日、毎日、全力で突っ走ってきてるので、少しはのんびりと過ごします(笑)。






さて、今日は昨夜の「運気アップ会」について…。
場所は…

「BLUE MOOD」

f0070004_1513275.jpg


東京のど真ん中のライブハウス。

司会は、「あげぽよ」こと、酒井美里ちゃん。
そして、「ちこりー」こと、嶋田知子さん。
二人とも、商人ねっとのインターンシップ生。

f0070004_12123962.jpg


参加者は、「プロの司会者」や「プロのナレーター」がいっぱいいるので、超~~~~緊張している(笑)。


受け付けは…
新入社員2人。
りえちゃんとえりかちゃん。

f0070004_11445332.jpg


夜6時30分。
なんとか、みなさんそろってきた。
今回の参加者は、過去最高の人数の…

なんと40名

「大運気アップ会」になりました。
さあ、ここでスタートです。


ここは、「やる感」のド派手演出が得意の商人ねっとの面々…。
まずは、いきなり「真っ暗」になる。
そして、「浜崎あゆみ」の曲が…。

曲名は、
Evolution
なんと、映像チームの「チーフディレクター」☆たけ君のオンステージが始まる。

f0070004_11482620.jpg


その音量の大きさと”美声”で…。
全員、耳を押さえる…(笑)。
暴動がいきなりおきるのではないかというくらいの状態。
みんな…
「うるさ~~~い」の大連呼。

日本広しといえども、「あゆ」をこんな感じで歌うのは、彼だけである。
もう、みんないきなり「大爆笑」。腹を抱えて笑っている。

f0070004_1150924.jpg


そして、”悪夢のオープニング”が”暴動”なく終了…。

これで、やっと「大運気アップ会」がスタートです。

”名(迷)司会者”「あげぽよ」と「ちこりー」が何もなかったように、進行する(笑)。

さらに、サプライズが…。

「商人伝道師」が急きょ、所用で出席できない事態に…。

アソシエイトは困った…。

「参加者に申し訳ない!!」

そこで、急きょ、アメリカ・ニューヨークに住んでいる”双子の弟”さんに連絡する。

「代わりに出席してください!!」と…。


ちょうど、帰国する予定だったので、快く受託する。
そこで、商人伝道師の代わりに、「あいさつ」してもらうことに…。

では「本邦初公開」。
”商人伝道師に双子の弟がいた!!”ことを立証する写真です。

f0070004_1153265.jpg


双子ですから、似ていますが、まず声が全然違いました。
しかし、この双子の弟、松田勇作さんに「クリソツ」ですね(笑)。
もう、センスの良いサングラスも良い…。
顔に、「ペインティング」なんて、なんておしゃれ!!

そして、なんといっても、入場曲が「太陽にほえろ」。
何から何まで、松田勇作さんに「クリソツ」ですね。

f0070004_11582513.jpg


さすがに、双子の弟です。
「場をわかってくれてました。」
感謝!感謝!です。

ちなみに、何回も申し上げますが…
小生は、所用で欠席しております(笑)。
ここで、やっと「乾杯」。

もう、ここまでくると、みんな「テンション」上がりまくり。
「乾杯」の音頭は…
一番最初に会場に現れた人。

「罰ゲーム」????として、「乾杯」の音頭を取ってもらうことに…。

その人は…
「山口先生」

f0070004_1203819.jpg


そして、「乾杯」。
みんな、座ろうとしない。
もうムチャクチャ…。

司会者の「スケジュール」は、もうこの段階で”崩壊”する…(笑)。

そして、悪夢はこれからであった…。

ということで、明日に続く…



そして、今日の一言…
「笑う門には福来る」
(ことわざ)
by akindonet | 2011-12-28 18:00 | Comments(0)

築地



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック



今日は、商人ねっと株式会社と日本経営コンサルタント株式会社の「御用納め」の日。
今年は、一日早く「御用納め」にしました。
その為・・・
「商売繁盛虎の巻の発送」
「D.M.の入稿」
「大掃除」
「運気アップ会」

が一気に集中しました。

アソシエイトは大忙し。
それに、映像チームは「撮影」に出掛けて行く。
もう、二日分の仕事を一日でやるような感じ。
そして、夜は「運気アップ会」。
「忘年会」ならぬ「望年会」にネーミングをしようと思ったのですが…
思い切って、「運気アップ会」にしました。
ネーミングの通り、超ーーーすごい会になりました。
会場は、「ライブハウス」貸切。
本物の「ライブハウス」で、ガンガンやります。
その模様は、明日以降のBlogで・・・

とういうことで、今日は「築地」について…
今日は、「築地ウォッチング」を…

まずは、会社の所在地は「築地六丁目」

f0070004_1433509.jpg

築地の「ど真ん中」に、会社はあります。
晴海通りに面した場所です。

そして、「築地の場外通りです。

f0070004_1434129.jpg

すごい人ですよね。
まともに、歩けません。
スリがすごく多いんですって。
なんてったって、「買い出し」に来てますからね。みんな・・・・。
財布の中身が違います。(笑)

この通りには、なんと「包丁屋」があります。

f0070004_14341278.jpg

意外と繁盛しています。
でも、これ、この人ごみで包丁を丸出しでいいのですかね・・(笑)
怖いですよね。
信じられない光景。
しかし、誰も怖がらない。
一歩間違うと、大事件になりましよね。
でお、これが「築地」なんです。

そして、「かつお節屋」
f0070004_14343436.jpg
f0070004_14344026.jpg


鰹節だけで商売になる。
「東京の胃袋」があるから存在しているのかもしれないですね。

さらに、築地と言ったら、"玉子焼屋"。
「大定」
卵焼きの名店
f0070004_14345216.jpg

f0070004_1435657.jpg

ものすごい人。
写真撮るのが精一杯。
見て下さい。みんな「一万円札」ですよ。
すごいですね・・・・。

さらに、「松露」
卵焼きの名店中の名店。

f0070004_14351953.jpg

f0070004_14353572.jpg

買うのに一時間待ち。

「佃煮屋」さんもすごい人。
f0070004_14355052.jpg

佃煮をばら売りしている。
すごいね・・・・。
もの凄く売れている。
これも「築地」ならでは・・・・。

さらに、「まぐろ」専門店
f0070004_143607.jpg


すごい人・人・人でした。

築地で一番繁盛している店です。

どうでした?
すごい人でしょ。

「築地」

では、値段は・・・
安くない!!!

でも、人が集まる。
なぜ・・・?
それは「神話」
「築地の商品は鮮度がよくて安い!!」
という神話。
これって、大切だな~と思う。
この人ごみをみて・・・

今日は、ちょっと趣向を変えて「築地」の賑わいをお伝えしました。

皆さん、頑張ってますか・・・。
最後のスパートですよ!!

楽しみましょうね。同じように仕事するなら、、、、、
期待してます。

そして、「今日の一言」…
「いつかできることは、すべて今日でもできる。」
(フランスの哲学者 ミシェル・エケム・ド・モンテーニュ氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-27 18:00 | Comments(0)

今年一年を振り返って…



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック




今日は、朝5時起床。
すぐに、Blogを書き…。
本を書く…。
今日は、ちょっとカゼ気味なので、ジョギング中止。
その後、オフィスへ…。
初めて、「ニュー朝礼」へ参加する。
楽しみです。
ところで、これを見て下さい。

f0070004_1585054.jpg

「心のこもったありがとう」カードの枚数表です。
「カードの枚数」だけ「ありがとう」がある。

とても、良いことだと自分で思っています。
ちなみに、月10枚以下だと「5,000円」の罰金
その罰金は、「飲み会」の費用となる(笑)
ということで、どんどん会社の「基準」が上がっている「商人ねっと」です。

その後、CDオーディオの収録のため、
株式会社ドリームパートナーズ様へ伺う。
f0070004_1925896.jpg

代表取締役社長の、福島正三様。
人間力販売の進化系について、とても為になるお話を伺うことができた。
発売をお楽しみにしていてください。

さて、今日は「今年一年」を振り返って…です。
まずは、父親の死。

f0070004_159420.jpg

「自己破産」し、地元に居づらくなり、千葉に引越して、なかなか地元に帰ろうとしなかった人でした。
その父が初めて「えびのに帰りたい!!」と言ったのが、千葉に引っ越してきて、ちょうど10年目。
借金を全て返済し、やっと帰る気になったんでしょう。
夫婦で、「3泊4日」のスケジュールで帰りました。
その時には、母親の体調があまり良くなかったので“最後の夫婦旅行”だと決めてたのかも知れません。
あまり、親孝行らしい親孝行は出来ませんでしたが…
二人を「イタリア旅行」に連れて行ったこと。
二人にとっては、初めての海外旅行。
余程、嬉しかったらしく、父親は死ぬ直前まで、その写真を見ていたそうです。
又、その時に買ってあげた「アルマーニ」のネクタイが超お気に入りでした。
棺に、その「アルマーニ」のネクタイは一緒に入れてあげました。
「焼酎をこよなく愛し、焼酎で人生を壊され、焼酎で身体を壊した。」人でした。


でも、孫を溺愛した「ジジ」でした。
だから、今でも「優たん」は毎朝、誰にも言われることなく…
一人で、仏壇のローソクに火をつけ、線香を立て、手を合わせます。
「ジジ、優、大好きだよ!!」と…

そして、夜は、「ジジ、大きいおばあちゃん、御先祖様、おやすみなさい。」と頭を下げます。
「ジジ」譲りの変わった子供です(笑)

そして、3月8~9日、「第9回やる気と感動の祭典」。
その時に、大きな地震がありました。
それが、あの大震災の「予震」とは誰も思わなかった。
その2日後、3月11日。
「東日本大震災」。
小生も、子供を迎えに川﨑へ…
ものすごい渋滞にはまり、夕方4時出発、到着したのが、翌日の朝3時。

3/12のBlog

本当に、忘れることができません。
そして、東北の多くの方が犠牲になりました。
「自然の怖さ」を思い知らされた。

3月31日、被災地に出かける。
3/31のBlog
あまりにも、すごい光景に言葉も出ず…。
その光景が自分の考え方、行動を変えた。
「よし、行動しよう!!」と…
そして、決意したのが…
「がんばろう!日本!!商人(あきんど)支援プロジェクト」を立ち上げた。
「東日本大震災チャリティーセミナー」でした。

業界初の試み・・・
大阪会場(5月12日)
名古屋会場(6月24日)
福岡会場(7月12日)
東京会場(7月13日)
の4会場で開催しました。


9名の講師の先生方は、全員「無報酬」で行って頂きました。
もちろん、運営も「ボランティア」。
「会場費」も「そんな主旨なら・・・」とお安くご提供頂きました。
協賛企業、個人の方、計34名
参加者合計801名
寄付出来た金額11,488,726円

f0070004_15161141.jpg

東日本大震災チャリティーセミナー

みなさん、ありがとうございました。
最初の頃は…
「赤字だったらどうするんだ…」とか・・・
「売名行為だ!!思いつきでやるな!!」とか・・・
色んなことを言われましたし、このBlogでもコメントされました。
でも、全然気になりませんでした。
全国の有志の方々がおられることを確信していたからです。
御協力頂いた皆様、ありがとうございました。
その他にも・・・
「気づきと驚きのアメリカセミナー」
「第10回やる気と感動の祭典」

も相変わらず「命を削りながら」行いました(笑)

また、元社員の「YMCA秀樹」君の“結婚”そして“おめでた”という
嬉しいニュースがありました。
さらに、秋ぐらいから月に一店くらいのペースで…
クライアント企業の新規出店が相次ぎました。

うれしい限りでした。

でも、楽しいことばかりではありません。
当たり前ですけどね…(笑)
自分の会社の「恥」をさらすようですが・・・・。
「社員の大量離脱」
「元社員(女性)からの提訴」(就業規則上は殆ど残業していないはずなのに、残業代請求される。今も裁判中)
また、苦渋の「役員の解任」
など、商人ねっと㈱は、創立以来の“大ピンチ”を迎えました。
本当に苦しみました。
商人ねっとが無くなるのではないかという危機。
もう、「精神的にものすごく辛かった」時期がありました。
問題が次から次へとまき起こりました。
眠れない日々の連続でした。

でも…
「自分が源」です。
「自分にこの問題は何を教えてくれているんだろうか」

「自分自身の会社の関り合いはどうすべきか…」

「会社の運営方法の見直しはどうすべきか…」

「自己反省」の日々…


でした。

など、この短期間でいっぱい学びました。

ほんとうに、自分への問いかけの毎日でした。
自分のやり方は間違っているのでは・・・・。
アソシエイトとの関わりが間違っているのでは・・・。
を、問う毎日でした。

その結果・・・・・。
その一環として・・・
「新しい朝礼」
「インターンシップ制度の導入」
「ありがとうカードの採用」
「読書のすすめ」

などを行うようにしました。
まだまだ、「社内改革」は続きます。

「世界一、ありがとうの言葉が飛び交う会社」にします。
「“利他の心”が当たり前の文化になる会社」を目指します。


来年は、商人ねっと株式会社は絶対にものすごい「進化」した会社にします。
商人伝道師が“率先垂範”して…




というように、色んな事があった「2011年」。
全て「思い出」として残しておきます。

「2012年」はきっと、もっと良くなる。
そう信じて、「明日」に向かって走り続けます。

さあ、あと6日。
本格的な「年末商戦」スタート。
「過去最大の売上高と過去最高の粗利益率を確保する」
大きな目標に向かって頑張りましょう。


そして、「今日の一言」…
「人生の黄金時代は老いて行く将来にあり、 過ぎ去った若年無知の時代にあるにあらず。」
(中国の文学者 「林語堂」氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-26 18:00 | Comments(0)

心のオアシス



「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック





今日も朝5時起床。

「大そうじ」する。
そして、ジョギング…
その後、ちょっと「店舗視察」へ…

「12月25日」。

どのように各企業、仕掛けているのかが気になって…

「X’mas」か…
「年末」か…

この12月25日がヤマだと思うんで…




その間、「全国高校駅伝」をラジオで聞く。
母校、「小林高校」が出場する為…

「優勝7回」
「最多出場校」

古豪中の古豪。
50代以上で、九州出身者で、スポーツを少しかじった方なら…
必ず、言われます。
「あの名門の小林高校の出身ですか!!」
「それも陸上部ですか!!」

それぐらい名門校なんです。一応…

でも、小生が高校1年の時に、「全国制覇」して以来、優勝はない。
今年も優勝できないと思うけど、久々に入賞の可能性あり。
一区次第ですけどね…。さあ、どうなることや…。
(1区は、2位と大健闘!しかし、結果は10位でした。残念・・・・)






さて、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですね。
けっこう、このコーナー、人気あるんですね…。

今日は、
「夢を諦めない」


ブラジルの多くの子供がそうであるように、ワグネルもまた小学校にあがるころにはプロのサッカー選手を夢見ていました。
しかし、夢は早くも絶たれます。
父親が死んだのです。ワグネルは家族を助けるため、兄の働く靴工場へ11歳で勤めに出ることになりました。
母が初めて買ってくれたプレゼントは、遊ぶためではない、通勤用の自転車でした。

それでもワグネルが、不満を口にすることはありませんでした。
そして彼は、近所の畑で拾ったオレンジで練習しながら、母親に笑顔で言いました。

「ママ、見てて。僕は絶対にプロの選手になる。そしてママに家をプレゼントするよ」

わが子の夢物語に苦笑いしつつ、母は生活を切り詰めて安物のスパイクシューズを買い与え、こう言いました。

「あなたのやりたいようにやればいいわ。でもね、決してあきらめてはダメ。あきらめずにやり続ければ、幸運は向こうからやってくるのよ」

彼は15歳で初めてプロテストに挑みます。
結果は見事に合格です。しかしチームの示した契約内容は、とうていサッカーで生活できるような金額ではありませんでした。
その後も彼は働きながら、あちこちのプロテストに挑戦します。しかし結果はついてきません。

「やっぱり、プロなんて無理なんじゃない?」
あきらめるなと言ったはずの母親のほうが先に弱音を吐きました。しかし、ワグネルは笑顔で答えたのです。
「大丈夫だよママ。僕は必ずプロになるよ」

決してあきらめない彼に、ある日、幸運が訪れました。
名門「サンパウロFC」の入団テストに飛び入りで参加したところ、300人以上の受験者の中から、わずか2名の合格者に選ばれたのです。

「やったよ、ママ!僕はプロの選手になったよ!」

しかし、たくさんの名選手を抱えるこのチームでは、試合に出るチャンスすらほとんど与えられませんでした。彼は選手として活躍できる場を求め、異国の地、日本での挑戦を決意します。
目の当たりにした日本サッカー界のレベルは、ブラジルの草サッカーよりも観客の少ないスタジアムに象徴されていました。
そして、外国人ゆえの言葉の壁、文化の壁、偏見による差別が容赦なく彼に襲いかかりました。
それでもサッカーに対する情熱を決して失わなかった彼が、グラウンドに姿を表さない日は一日もありませんでした。
やがて、彼の努力は徐々に実を結び始めます。

なんと1992年、1995年、1996年と立て続けに得点王に輝いたのです。そして1997年、ついにワールドカップ日本代表に選出されたのです。
この間に長男も生まれ、幸せをかみしめ彼は喜びをこう語っています。

「代表入りのために帰化したわけじゃない。あくまでこの国で生まれた息子のためだ。そして何より、僕のサッカーを日本が評価してくれたことがうれしい。」

以後、彼は日の丸を背負って予選に臨むのですが、そのさなか、悲報が届きました。
最愛の母がブラジルで急死したのです。
しかし彼は自らの意思で帰国せず、戦い続けたのです。
そんな苦しい状況で臨んだのが、10月11日の対ウズベキスタン戦だったのです。
試合は一点をリードされたまま、残りわずか数分というところまで進んでいます。もうリーグ戦での敗退が決定的です。
ところが、間際で奇跡が起こりました。
残りの時間が2分になった時、ワグネルの全身全霊をかけた渾身のシュートが相手チームのゴールに突き刺さったのです。
―――同点。

そして、日本代表は予選を突破、本戦出場の夢を叶えたのです。

サッカーファンなら、もうおわかりでしょう。
彼のブラジルでの名前は「ワグネル・アウグスト・ロペス」、そして彼は、日本では「呂比須ワグナー」と呼ばれています。
ワグナーは涙を浮かべながら、少年自体からのことをこう語っています。

「今まで一度だって『ダメだ』と思ったことなどないよ。あきらめない気持ちが幸運を呼ぶと信じていたからね。そしてその通りになっただけさ。そうママが言った通りにね」

ワグナーは、ママの言葉を信じ走り続けました。



今日もすごい良い話ですよね。
どうでしたか…

「当たり前のことを当たり前と思えないくらい”情熱”をもって行う。」

すると、”情熱”が周りの人を惹きつける。
そして、その”情熱”が飛び火し、その人の努力が報われてくる。

これが

「情熱のスパイラル」

といわれるものです。



小生は…
「執念」とか…
「情熱」とか…
「根性」とか…
の言葉が大好きです。

小生のような凡人は、「努力」の域では結果が変わらないんです。

「執念の域まで達して」

初めて認められる。
だから、「執念」という言葉を使います。


今日紹介した「呂比須ワグナー」もそうですが…
あの「こけちゃいうましたーーー」で有名になった、マラソンの谷口浩美選手もそうです。
谷口選手は、小生の高校の2年先輩。

彼は、全国高校駅伝で、「7回目の全国制覇」した翌日、
フェリーで宮崎に帰るんですが…

その中で、出された「X'masケーキ」をスポンジのところしか食べませんでした。
生クリームの部分を食べないのです。

「昨日の夜、優勝した喜びで食べ過ぎたから…」

という理由でした。

そばで見てて…
「日本一になる人は違う!!」
と思いました。

彼は、瀬古選手や宗兄弟、中山選手のような素質は全くありませんでした。
ピッチ走法。バネもない。いわゆるベタ走り。
陸上ではもっともセンスのない走りと言われています。

でも

「情熱」「執念」で…

「世界陸上で世界一(金メダル)」を獲得しました。

すごい人でした。


「夢をあきらめない」
そして、
”当たり前のことを当たり前と思えないくらい情熱を持って行う”。

そうすれば、夢がかなう。

素質がなくても、「世界一」になれる・・・。

いかがでしょうか…
ちょっと、勇気が出たのではないのでしょうか・・・・。

ちょっと、挑戦してみたいと思われたのではないでしょうか…。

今日の「心のオアシス」は、「夢をあきらめない」でした。



そして、「今日の一言」…
「あきらめない夢は終わらない」
(シンガソングライター高見沢 俊彦氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-25 18:00 | Comments(0)


「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック




f0070004_13435172.gif

朝5時起床。
「クリスマスイブ」の日も、日常と変わらないスタートです。
すぐにBlogを書き・・・。
仕事して・・・。
ジョギングする。
その後オフィスへ・・・。

ちょっと仕事して、今日は早めに帰宅する。
「小商人伝道師」“優たん”と久しぶりに一緒に過ごす。
ちなみに、先日二人で「ボランティア」活動をしてきました。
「被災地の子供たちに、クリスマスツリーを贈ろう!!」
ということで、募金活動を二人でしました。
その時の「記念写真」がコレ!!
f0070004_1344538.jpg

「ウリ二つ」とはこのことか・・・。
しかし、子供の成長は早いものです。
もう4歳。
このBlogは、優たんが生まれる前からスタートしているんですもんね・・・。
いっちょまえに、英語は“小生より上”。
ほとんど日常会話は外国人と出来ます。
あと10年もしたら、通訳で同行させようと・・・(笑)。
親バカなことを思っています。

ところで、今日は「他喜力」について・・・。
「他喜力」
これは、あの西田文郎先生が使われている言葉。
「他人を喜ばすと、幸福が押し寄せる!」
ということ。
「世の中は、他人を喜ばした人が勝つ仕組みになっている」
とまで言われる。
では、どんなことをしているのか・・・
繁盛店は・・・。

小生がとても大切な人を食事に招待する時に使うレストランがあります。
ちょっと料金は高め。
しかし、招待した人が全員感激するんですね。このレストラン・・・。
どんなことをされるのか・・・。
本を出したくて、しかたなかった友人・・・。
念願の本の発売日に、食事に招待したんですね。
「友人が初めて本を出したお祝いに・・・」とは言ってたんです。
するとね・・・。

まず、最初の料理が出てきました。
なんと、その料理は・・・。
皿に「彼の本」が乗って来たんです。
その周りに「念願の出版、おめでとうございます」
という、メッセージが・・・。
その後、店の人たちが集まって、お祝いの歌を歌ってくれたんです。
もう、友人はうれし涙で・・・超感激・・・。
でも、これだけではなかった・・・。
本のプロフィールに住所が載っていたので・・・
会社までビデオを撮りに行ってスタッフのメッセージまで撮ってきて、
デザートの時に流すという手の懲りよう。

それ以来、彼もこのお店の大ファンになりました。
お祝いごとの時は必ず、このレストランを使うそうです。
しかし、約三か月前には予約しないと取れない“超繁盛店”
でも、とても料理は高め。
「他喜力」の高い店は、高い!安い!の料金ではありません。
「人を喜ばせ、ワクワクさせる何かがあれば絶対に繁盛店になれる。」
これをいつも実感させてもらっているレストランです。

これは、福山の「ニチエー 沼田東店」の店長の話なんですが・・・。
ニチエーさんは、毎年クリスマスイブに「各店3名限定」で店長がサンタになり、
自宅までクリスマスケーキをお届けするというサービスを行っています。
これが「大評判」。
でも、これぐらいのことは、他社もニチエーの他店も行っている。

この「沼田東店」のすごいところは・・・。
子供の夢を壊さない為に、
お届けする家から約200m以上離れた所に車を駐車させ、
そこから歩いてお届けに行くんですって・・・。

子供に「Xmasケーキ」を渡した後に、「さよなら」し、そしてすぐに車に乗って帰ったら、
子供の夢を壊すからだそうです・・・。

お母さんと携帯で連絡を取りながら、子供に「サプライズ」演出するんだそうです。
大喜びする子。
感激のあまり涙する子。
いつまでも「サンタさん、ありがとう」と帰る時に叫んでいる子。

本当は、子供に喜ばせる為に行っているのに、渡す店長が一番感動するそうです。

「すごい!!」ですね。
いつまでも、サンタクロースが歩いている。
「本当にサンタクロースだ!!」と子供は本気で信じる。

ニチエー沼田東店の店長は、
「ケーキを届けているのではなく、子供の夢を届けている」んですね。
まさしく、「他喜力」。
そう思いませんか・・・。

このように、常に他人を喜ばせる。
お客様を喜ばせる。
ことを意識している企業と、そうでない企業では、
ものすごい差が出てくると思うんです。
まして、これからは「心の豊かさ」を求める時代。
こういう「他喜力」をつけていくことって、とても大切だと思うんです。
これからは「顧客満足」は当たり前。
これからは「顧客感動」の時代である。
近ごろ、ことあるごとに小生はみんなに言っています。
まさしく「他喜力」。

さあ、「クリスマス」。
お客様にも・・・
家族にも・・・
何かちょっと工夫して、「他喜力」を使ってみませんか・・・。
小生も今「フル回転」でこの“他喜力”を発揮しようとしています。
でもなかなかアイデアが出てこない。
まだまだですよね・・・(笑)
「子供の夢を届ける」
うーーーん、こうなりたいものです。

そして、「今日の一言」・・・
「人生最高の幸福は何でしょうか。それは富でも名誉でもありません。
自分のしたいことを見つけ、それに取り組むことです。
人はそれを「生きがい」と呼んでいます。」
(米国の教育家・牧師 マーフィ氏の言葉)



by akindonet | 2011-12-24 18:00 | Comments(0)


「第1回 Xmas~年末商戦 売場大賞 開催!」


「我こそは、No.1の売場や商品化やPOPをつくったぞ!!」


という"やる気"と"執念"のある人が、自ら「ノミネート」。
最優秀大賞と部門大賞には豪華賞品を進呈!!


詳細はこちらをクリック



今日は、朝6時起床…
ちょっとカゼをひいたみたいです。
喉が痛い。
恒例のカゼです。
一年のコンサルティングが終了すると、必ずと言っていい程、カゼを引く。
緊張感が無くなるのか…
ホッとするからなのか…
カゼを引く。熱が出る。
あまり自分では感じていないのですが、
ものすごい緊張感をもって仕事しているんでしょうね。

近頃、みなさんに言われます。
「絶対に長生きしませんよ!!」
「そんなに無茶したら・・・。」

ってね。
少しぐらい、違うことを言ってくれる方が居てもいいと思うんだけど・・・(笑)
講演活動や・・・
執筆活動・・・
だけしていれば、どんなに楽か分かりません。
でも、小生は無理なんですね。
たぶん・・・。
「2つの道があったら、必ず厳しい道を選択する」
そんな性格なので…。

ところで、今日は一関に一泊し…
朝、気仙沼に向かう。
駅前ストアさんへ…。
f0070004_155644100.jpg

どのような状況だったかは、明日以降に…
その後、夕方の新幹線で自宅に帰る。
X'masのお忙しい中、運転手をかって頂いた、ホーマス・キリンヤの高柳社長には…
感謝!感謝!!
です。
「ホーマス・キリンヤ」。
この企業もどうなることやらと…
最初は思った。
「多分、コンサルティングしても無理だろうなーーー」と。
でも、本当に良くなった。
企業って、こんなに変るもんですね。

若い二人の経営者がもがき苦しみながら、一歩一歩進んでいる姿には、頭が下がる。
末長く、付き合っていきたい。


ところで、今日は「あきらめない」ことについて・・・。
駅前ストアさんを見て感じたこと。
ホーマス・キリンヤさんを見て感じたこと。

それは・・・
「あきらめなければ何とかなる。」ということ。

あの“経営の神様”、松下幸之助さんのあらゆる著書に書いてある
「成功とは、成功するまでやり続けることである。」
本当に、そうだと思う。
小生を始め、ほとんどの人が一歩手前で諦めてしまう。
もうちょっとなのに、そこであきらめてしまう。
「これが人間だ!!」と言えば、それまでだが・・・

しかし、あきらめずに歯を食いしばって、成功するまでやり抜くんだという“執念”って
とても大切なことだと思う。


小生は“執念”という言葉をよく使いますよね。
これは、自分自身に言っているんです。
「努力は誰でもする。“執念”という域に達して、初めて事は成る。」
いつも、自分に言い聞かせています。
“執念”と同意語みたいなのが、「あきらめないこと」なのかも知れないと、つくづく感じる。

「大震災後、1枚のスーツと車しか残っていなかった。」
そんな中から、また店を開店した男がいる。
3~4年前の地震まで含めると、3回の大きな地震(今年の3月と4月)にみまわれながらも
ちゃんと復興した男がいる。
まさしく“あきらめない”男である。
そう考えると、今、悩んでいること。
今、苦しんでいること。
って、小さいものなのかも知れない。

今日、被災地を見て感じたんです。
みんな、どこかで「悩んでいる」はず。
「苦しんでいる」はず。「悲しんでいる」はず。
でも、みんな笑顔なんです。
過去を背負いながら、未来に向けて歩き出しているんです。


3月31日に、「陸前高田」と「大船渡」にお伺いした時は・・・
もう、「悲壮感」しかなかった。
しかし、今日の気仙沼は違ってました。
辛い過去を背負いながら、未来に向けて歩くしかないという“決断”をしているように見えた。
“生かされている”という感謝の気持ちを持って…


「二重債務」・「雇用(働くところがない)」など、いっぱい今、現実として“問題”を抱えているはず。
しかし、みんな見た目は明るい。
みんな必死で生きようとしている。
志半ばで亡くなってしまった人の為にも・・・。

今日、気仙沼へ行って良かったと思う。
駅前ストアーの三浦社長とも色んなことを話しました。
初めて、お店を見ました。
すごく良いお店でした。


「3月11日 午後2時46分」

築き上げてきた全てが、一瞬のうちに無くなった瞬間。
多分、小生なら「立ち直れない」と思います。
一着のスーツと車しか残っていないところからのスタート。
いや、借金があるので、マイナスからのスタート。

「あきらめない。」
この気持ちになれるのは・・・。
やはり、「利他の心」しかないのかも知れない。
「地域の為に・・・」・「従業員さんの為に・・・」・「息子達の為に・・・」
茨の道を選択したんだと思うんです。
自分の為だったら、あきらめるけど…
他人の幸せの為だったら、あきらめない。

それを感じさせてくれたのが、今日でした。

福島第一原発の被害を日本で一番受けている企業をコンサルティングしている…
津波の被害を最も受けた企業が“同志”である・・・・。


「助けることが、お前の使命や!!」
「怠け者のお前が、唯一できる社会への貢献だぞ!!」

と神様に言われているようである。
当事者の「100分の1」かも知れないけど、3月11日以降、同じように苦しみました。
自分のことのように…
だから、今、気仙沼に居るんだと思うんです。
そう感じながら、津波の足跡が残る「気仙沼」を走っています。

「合掌」

生かされている我々は、これから何をすべきか…
考える時が来た様な気がします。
今日は、ちょっとセンチメンタルなBlogになってしまいましたね。
ごめんなさい。

そして、「今日の一言」…
「人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。」
(アメリカ合衆国第36代副大統領 リチャード・ニクソン氏の言葉)

by akindonet | 2011-12-23 18:00 | Comments(0)

X'mas&年末商戦本格化!

今日は朝5時起床。
ブログ書いて東京駅へ…。
今年最後のコンサルティング。

行き先は「岩手県一関」
「東北勉強会」

「ホーマスキリンヤ」さんと「フレスコキクチ」さんの合同勉強会。
あの「3月11日」を考えると…
まさか、この「東北勉強会」がやれるとは考えてもいなかった。

しかし…

まだ、「フレスコキクチ」さんは苦しんでいる。
「福島第1原発」の影響をもっと設けている企業。
本社が「福島県相馬市」
あの「南相馬市」に4店舗あります。
今でも一店舗は開店できないでいる。
いまなお、「3月11日」から回復していない。
日本には、このように、今でも苦しんでいる企業があることを忘れてはいけない。

そして…。
明日は、宮城県気仙沼の「駅前ストア」に行く。
どうしても今年中に行きたかった。

だから「ホーマスキリンヤ」の高柳社長に”アッシー君”をお願いし、お伺いすることに…。(笑)
「第10回やる気と感動の祭典での基調講演」
今でも感動する講演でした。

参加者がみな涙した発表。
だから、そのお礼も兼ねて急遽お伺いすることに…。

「3月11日」

親愛なるご両親と奥様を津波で失われた三浦社長。
二店あった店舗も、自宅も津波で失った三浦社長。
しかし、”不屈の精神”で9月23日…
1店舗OPENされた。
本当に”奇跡”だと思う。
その”奇跡”の店舗を訪れる。
「ただ、ご挨拶に行くだけだからね…」
とメールしておいたのですが…
たぶん、「店舗クリニック」が始まるかもね…(笑)
うれしさのあまり・・・・。
直接コンサルティングしている企業ではありません。

しかし「同志」なんです。
だから、いつまでも応援したい。
そう思えるくらい、この会社のことを気にかけている。
久しぶりに、デジカメを持って行ってるので、その店舗の紹介は後日…


というところで、今日は「儲け」について…。
明日から「X'mas3連休」ですね。
そして来週は「御用納め」
12月29日から日本中が一斉に休みになる。
しかし、小売業で働く方々に休みはない。
いや、一番の稼ぎどきなので、一番忙しくなる。
もちろん「12月24日のX'masイブ」は一番の稼ぎどき。
でも、家族は…。子供は…。
さみしい思いをする。
正月とて同じ。

だから、「家族のためにも、儲けなければいけない!!」
家で待っている家族の為にも、精一杯頑張って儲けなければいけない。
小生はよく言いますよね。

「なぜ、利益の少ない商品を売るの?なぜ損する商品を売るの?」
「お父さんやお母さんは仕事だ!!と自分にいいきかせて強引に納得している子供たちがあなたたちにはいるんだよ!!」
「家族の為にも儲けなきゃ。会社に利益を与えて、正々堂々と給与を上げてもらおうよ!!」

と言います。

「変わったコンサルタントやなー」
と言われます。

でも、小生の幼少期がそうだったからです。
両親と遊行に行った記憶はありません。

もちろん、X'masも店の売れ残ったケーキとチキンだけ…(笑)
正月も、午前中休みだけで、お客様が勝手に店に入ってくるので仕方なく店の手伝いをす

ることに…(笑)
全く休みという休みはありませんでした。

だから、スーパーマーケットという業種は大嫌いでした。
小さい時は…。

しかし、今はその”大嫌い”なスーパーマーケット業界のコンサルティングをしています。
不思議なものです。
だから、誰よりも「儲けよ!!」と言うのかもしれません。

「売れて儲かる商品を徹底的に売ろうよ!!」

「待っている家族の為に…」
「まだ帰ってこないのかな~。お父さん(お母さん)」
と待ち焦がれている子供の為に…。
絶対に、X'masや正月(年末)は儲けなければいけない。
その為には…

1.売れて儲かる商品の異常値に挑戦する!!
2.在庫は絶対に持たない。
  X'masにバックヤード在庫は24日でゼロにする。正月のバックヤード在庫は1月4日迄にゼロにする。


決して「値入れ」を上げて儲けろ!!といってるんじゃないです。
お客様に喜んでもらえるようにしながら儲かる仕掛けをする。

これが大事なんです。
さぁ、明日から「X'mas3連休」
待ったなし!!
「儲ける準備はできていますね…」
「過去最大の売上げ高と最高の荒利益高を確保していこう!!」
家族の為に…
みなさんの執念を期待します!

そして今日の一言…。
「儲けた金とは、
しかるべき理由があって生まれた
物的証拠でしかない」
(ココ・シャネル)
by akindonet | 2011-12-22 18:00 | Comments(0)