商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2011年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧



「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー提出 締切りまで、あと3日!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください








「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








今日は朝5時40分起床…。

Blogを書き…。
羽田空港へ…。

青森日帰り出張…。
帰宅は夜11時過ぎか…。



とうとう、8月も今日で終わり。

早いものです。
明日から9月。

スピードアップしていかないと、9月もアッという間に終わってしまう。
ましてや、9月~10月はいろんなことが一杯ある。

 9月 3日 「第10回 やる気と感動の祭典」
       成功事例若しくはエントリー提出〆切

 9月10日 「第10回 やる気と感動の祭典」発表者発表

 9月13日 「第10回 やる気と感動の祭典」発表者説明会

9 月25日~10月2日 「第6回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」

 9月14日 名古屋国際会議場(リスパック勉強会)

10月 7日 大阪国際会議場(リスパック勉強会)

10月 4日 福岡国際会議場(リスパック勉強会)

10月14日 TRC東京流通センター(リスパック勉強会)

10月18日 サンフェスタ仙台(リスパック勉強会)

10月25日~10月26日 「第10回 やる気と感動の祭典」

10月上旬  「コトPOPマイスター検定」スタート


などなど…。
目が回るくらい、いろんなことがあるんですよね。

自分にとってはすごく楽しいことばかり。

「生きてて良かった」

と思うことばかり。
傍から見ると大変なことばかりですが、楽しくやっていきます。



ところで、今日は。

さぁ、秋ですね。

女性のみなさん、ダイエットの季節ですよ~(笑)

みなさん知ってましたか?
実は「ダイエット」をする絶好の季節は「秋」なんです。

これ、ほんと。

これって、ちゃんと「理屈」があるんです。

実は秋から冬にかけて、人間の「基礎代謝」が上がってくるんです。
人間の「基礎代謝」は…。

春~夏にかけては、男性で1450Kcalぐらい。
女性で1150Kcalぐらい。

それに比べて、秋~冬は男性で1550Kcalぐらい。
女性で1250Kcalぐらいになるんです。

ですから、ジ~っとしてても、
秋~冬の方がエネルギー消費量が高まるんです。

よって「ダイエットは秋、すべし!!」なんです。

そして、6年前に「1カ月で約10㎏ダイエット」したことのある、
小生より“ダイエットの秘訣”を伝授します(笑)

まず、運動。

「(脈拍220―年齢)×0.6~0.8」

の脈拍数の中でトレーニングする。
例えば、30歳の方なら…

220-30=190
190×0.6~0.8=114~152

の脈拍の中でトレーニングすれば、「アミノ酸」が消費されずに、
「脂肪のみ」が消費されます。

いわゆる効率よくダイエットするのです。

この「114~152(30歳)」の脈拍の中での運動って、
すごく楽なトレーニングです。

ランニングなら、会話をしながらのランニングと
思っていただければいいです。

「脈拍」を測定できるメーターを購入すると、
正確に運動できますよ。

「そんなお金をかけても…」

そこが間違い。
本気でダイエットしたければ「投資」する。

さらに「食事」。

まずは…
「水を1日2L以上飲む」

そうすることにより、宿便などが体外に排出され、
消化がよくなる。

理想は「6L」なのですが、これはちょっと無理。

さらに…。

「朝食はフルーツ中心」
「昼食・夕食は野菜中心」


これで大丈夫。
これで、秋に「モデル」のような体型に変身できるかもしれません。


なぜ、こんなことを今日書くのかというと…。

「継続」ってすごく大切なんですけど、
「理論・理屈」のもとで行おうということを言いたかったんです。

「脂肪しかエネルギーとして燃やさない脈拍ってどれくらい?」
「なぜ、水を大量に飲むのか?」
「なせ、朝フルーツを食べるとよいのか?」
「なぜ、野菜をたくさん食べるのか?」


これは全て理屈があるんですね。

よく、疲れた時に…
「ちょっと夏バテ状態だから肉を食べよう!!」

こんなことは全く理屈にあっていないんですね。

本当は…。

そういうことを、しっかりと学ぶ。
それから、結果が出るまで「継続」する。

すると「結果」が変わる。

いわゆる「考え方」から学ぶということ。
これを「モデリング」と言います。

カッコだけ…、表面だけ…を真似ることを…。

「マネリング」

と言います。

「考え方」から真似る。
これが、これからの時代とても大切だと思うからです。

そういう意味からも「やる気と感動の祭典」って
大切だと思う。

結果を残した人間の「考え方」から学べるからである。

そして、小生が徹底的にその「考え方」をフォローする解説をする。
これって、究極の「モデリング」勉強ではないかと思う。

今日「ダイエット」を例にしてお話しましたが、
「考え方」・「理屈」を学ばないでダイエットしたって、効果でませんよね。

効果がでない方法で、効果がでないことをやり続けても無駄です。
これは仕事とて同じ。

「結果の出ている」人間の“考え方”をしっかりと学び、
あとは成功するまで「改善・改革・進化」していく。

これが、これからの「未曽有」の時代の対処方法だと思う。

「モデリング」

とても大切なこと。
そして、締切りが迫ってきました。

「第10回 やる気と感動の祭典」の
“成功事例報告“若しくは“エントリー提出”


「第9回 やる気と感動の祭典」の参加企業は…、
必ず!必ず!必ず!!
提出して下さい。


お待ちしております。


そして、「今日の一言」…
「書く前に考え方を学べ」
(フランスの詩人 ニコラ・ボアロー=デプレオーの言葉)


---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-31 18:00 | Comments(2)



「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください





朝5時起床・・・。

Blogを書き・・・
講演資料のチェック・・・
そしてジョギング。

その後、「コンサルティング」の仕事。

そして、夜、帰京。



昨日は、「世界陸上」で室伏広治選手が金メダルを獲得しましたね。
「投擲」種目で、日本人が金メダルを取るなんて考えられない事。

「偉大な選手」です。

もう二度と現れてこないだろう・・・。こんな選手。
よかった・・・。よかった・・・。

さて、「第10回 やる気と感動の祭典」
“金メダル”は一体誰が取るんでしょうか。
まず、金メダルを取る為には、参加しなければ100%金メダルは取れません。

「参加して、初めて金メダルを取れる資格を得られる」

参加しなければ、100%無理。
是非、参加してみて下さい。

「第9回 やる気と感動の祭典」に参加された企業様は・・・。
全社必ず「成功事例」報告「発表者エントリー資料」提出して下さい。

必ず・・・!必ず・・・!必ず・・・!!ですよ。



ところで、今日は「規格競争」について・・・。

昨日もお話しさせて頂いたのですが・・・。
「震災以降、絶好調な業種がありますよね。それってどの業種・・・??」
って、言ったんです。

みなさんは、どの業種だと思いますか・・・。

そうです。

「コンビニエンスストアー」 。

既存店ベースで、105~107%ぐらい増えている。
「なぜなんでしょうか・・・?」

猛暑だから・・・。
買いダメ需要があったから・・・。


などなど、いっぱい要因があると思う。

それは、「規格・量目・容量」が震災を境に、
変化してきているのではないかと・・・。

スーパーマーケットの小型店は、総じて苦戦している。
なのに、「コンビニエンスストアー」は絶好調。
その要因に、この「規格・量目・容量」があると思っているんです。
スーパーマーケットの小型店は、「狭小商圏」店舗。

「狭小商圏」

聞きなれない言葉かもしれませんが、
この意味は・・・

「オーバーストアや人口減少等で対象とする来店人口が減るとともに、
 交通弱者である高齢者が増える事で来店距離が短く(狭く)なること」


簡単に言ったら・・・
「商圏の狭小化」 。

となると、本当に・・・

「醤油って、1?サイズがメインでいいの?」
「キャベツが1コ主体でいいの?」
「小間切れの量目って、300gも必要なの?」


と言う事になる。
それを見事に実現しているのが、「コンビニエンスストアー」ではないかと・・・。

基準が「1人前」。
「規格や量目、容量」がスーパーマーケットと全く違う。

「交通弱者である高齢者」は、
もうコンビニエンスストアー“規格”になっているのではないかと・・・。

そこに、スーパーマーケットの小型店は気づかないと・・・。
確かに、その店舗が出店した時は、みんな“若かった”。

20~30年前は・・・。

その当時、40代の人は60~70代。
その当時、20代の人は40~50代。

もうそろそろ「規格・量目・容量」を変えるべきではないかと・・・。
「狭小商圏」のスーパーマーケットは、これから・・・。
「価格競争」ではなく、「規格競争」になってくるのではないかと・・・。
もう、「棚割」の考え方を変えていくべきではないかと・・・。

それを感じずにはいられないくらい、「コンビニエンスストアー」の業績がよい。
生鮮もあって、デリカもあって、グロッサリー等の品揃えも良い・・・。
スーパーマーケットの業績が今一歩。

むしろ、「商圏」の広さによって、
「規格や量目、容量」を変えていく事を
していかねばならないのではないかと感じている。

その証拠に・・・。
先日、東北のある企業さんがこんな事を言われた。

「仮設住宅の近くの店舗は、
 従来通りのサイズの調味料が全く売れなくなっている。
 とにかく、少容量の調味料ばかり売れてきている。
 秋~冬の棚割も変えるべきなのか・・・。」


というものでした。
「ドキッ!」としたんです。
「コンビニエンスストアーの好業績」と
「仮設住宅のニーズ」がピタリと当たった様な気がしたんです。

「こりゃ~、規格競争の時代が来たな~」

ってね。

「狭小商圏」
「規格競争」


サイズの小さいスーパーマーケットのキーワードでは・・・。
そう言えば、大手企業が都内で「小型スーパーマーケット」を実験しているけど、
あまり成功していない。

ひょっとして、この「規格競争」に負けているのでは・・・。
そう思える今日この頃です。

そして、「今日の一言」…
「必ず勝つ。たとえ勝てなくとも、必ず負けない。」
(大日本帝国海軍中将 大西瀧治郎氏の言葉)



---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-30 17:57 | Comments(0)



「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください







今日から徳島…。

なんか、結城先生のBlogで絶賛されていた
「キョーエイ」さんへ…(笑)

小生のBlogではボロボロに書かれるけど…(笑)

まぁ、すごく良いこと。

「ブランディング」

一つの大きな企業戦略と思ってますから…。
すごく大切なことなんですよね。

良いことだと思う。


さて、執筆もしなければいけない…。
「第10回 やる気と感動の祭典」の選考もしなければいけない…。

なのに、“悪魔のささやき”が現れてきました。
それは…

「世界陸上」と…
「ラグビーワールドカップ」

知っておられる方も多いと思いますが、
小生は元「アスリート」。

一応、100mを「10秒8」で走っていました。

今では中学生でも走るタイムですけど…(笑)

一緒に大学時代練習していたのが、
現日本陸連強化委員長の高野進氏。

バルセロナオリンピック400mでの「ファイナリスト」。

ですから、“昔の杵柄”がウズウズしてくる(笑)

しかし、大丈夫です。
「スポーツ大嫌い!!」
の鬼嫁がいるのでTVは見せてくれません(笑)

昨日のボルドーの100mしか見せてくれませんでした(笑)

フライングで失格でしたけどね。
実は、小生もフライングでインターハイで失格になっているんです…(笑)

全くレベルの違う世界ですが…。

ですから、「悪魔のささやき」の一つはクリアーした。

しかし、「ラグビーワールドカップ」は譲れません。

「WOW WOW」に加入し、オールブラックスやワラビーズ、
日本を中心に見ます。

ほとんど録画になると思うし…、
選考後になると思いますが…。

実は「ラグビーワールドカップ」セミファイナルとファイナルは、
ニュージーランドまで見に行こうと“画策”していたぐらいですから…(笑)

それぐらい「ラグビーおたく」

まぁ、楽しみが増えていいことです。

でも、仕事を怠けないように…。
気をつけます。



さて、流通業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」では、
この8月、いろんな番組がオンエアーされています。

まずは、制作側がビックリするくらい視聴数の多かった番組があります。

それが…
「ニューシーズンズマーケットから学ぶ独自化戦略」



久しぶりに作り手の期待を大きく上回った番組となりました。

是非、まだ視聴されていない方は視聴してみて下さい。

「ニューシーズンズマーケットから学ぶ独自化戦略」
視聴の詳細はこちらをクリックして下さい。


そして、久しぶりの「実践編」の番組がオンエアーされました。

堀内幹夫先生の「鮮魚力 秋編」。

今回は“秋の味覚”、「生秋鮭」「さんま」等の
“新しい商品化”番組。

仙台まで行って収録をした力作。

最近、オンエアーされたばかりですが、
意外と視聴数が多い。

是非、鮮魚担当者は視聴してみて下さい。

「鮮魚力 秋編」
さんまづくし編はこちらをクリックして下さい。
生秋鮭づくし編はこちらをクリックして下さい。
ぶりづくし編はこちらをクリックして下さい。
旬鮮盛&サラダ編はこちらをクリックして下さい。



今までは、実践を学ぶには…。

「コンサルタント契約」する。
「東京や大阪など大都市圏での一日セミナーに参加」する。

しかありませんでしたよね。

今は…、

「個人」で…
「一人800円程度」で…

お店でも…
自宅でも…


学ぶことができる。
すごく便利になりましたよね。

このツールを使わない手はないと思います。
是非、活用してみて下さい。


また、人気番組「チャレンジャー」

今回は、「シリーズ7 懐かしき、博愛の指揮官」の
第2章。

結構、「ドキュメント」仕立てで面白いですよ。



こちらも是非…。

「チャレンジャー あくなき挑戦者たち シリーズ7 懐かしき、博愛の指揮官
第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ」
は、こちらをクリックして下さい。


その他にも、9月1日に「商売繁盛虎の巻」最新号
オンエアーされます。


「学びは人間力の成長につながる」

是非、視聴してみて下さい。

「いつでも、どこでも学べる環境をつくる」

これが「商人ねっと」の考え方です。

来年には「スマートフォン」でも視聴できるように
アプリケーションします。

あとは、いかに「ローコスト」でアプリケーションしていくかです。

まともに外注したら500万円ぐらいかかります。
そこをどうするか…。

小生の今の課題。

まぁ、挑戦してみます。


そして、お知らせ。

今年の春は中止になってしまいました…

「リスパック会 秋の勉強会」

今回、小生は5会場で講演します。

 9月14日(水) 名古屋国際会議場
10月 7日(金) 大阪国際会議場
10月 4日(火) 福岡国際会議場
10月14日(金) TRC東京流通センター
10月18日(火) サンフェスタ仙台


1年ぶりの「公開セミナー」。

お取引のある資材ベンダーさんへお問い合わせ下さい。

春は震災の為、中止となりましたので、
本当に1年ぶりです。

是非、ご参加を…。


さぁ、あと3日で9月。

9月といったら「秋」。

今年の秋は…、
商人ねっとも…、
商人伝道師も…、

“ニューへの挑戦”をします。

久しぶりに「ヒ~、ヒ~!」言いながら、
仕事をする時が来そうです。

楽しみです。

そして、「秋」といったら…
「第10回 やる気と感動の祭典」

「成功事例報告」か「エントリー提出」

締切りまで、あと5日。


そして、記念すべき「第10回 やる気と感動の祭典」は、
10月25日(火)~26日(水)に大阪で開催。

すごく楽しみですよね。

8カ月ぶりに開催する「やる気と感動の祭典」。

「第9回 やる気と感動の祭典」に参加された企業様は、
「100%!!成功事例報告かエントリー資料提出」すること。

全社“提出義務”があります。

必ず!必ず!必ず!
提出して下さい。


そして、「チームやる感」募集中!!

自分の可能性にチャレンジして下さい。

ボランティアチーム「チームやる感」

ご応募お待ちしております。

「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアご応募の詳細はこちらをクリックして下さい。


う~ん、「パワー全開」

夏バテ知らず。
頑張ります。



そして、「今日の一言」…
「可能性を信じ、仲間に迎え入れ、挑戦させ、認めること。
 埋もれ、曇っていた人間が、働くことで生き返る」
(外食チェーンKUURAKU GROUP社長 福原裕一氏の言葉)



---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-29 18:00 | Comments(0)

今日の心のオアシス。




「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください






今日も、仕事・・・。

楽しい。楽しい。

なんか近頃テンションが上がってきました。
「荒修行」
が待っているからでしょうか。

人間“限界まで挑戦する時”が近づいてくると、
本能的に「アドレナリン」が上がってくるのかも知れません。

一体、今日はどんなドラマが待っている事やら・・・。

ですから、今、時間を見つけて
自分の部屋?(小生は書斎と言っているのに、鬼嫁は物置部屋という)の
片づけをしています。
一切、パソコンとノートとメモ帳以外は排除します。
今回も、5,000枚以上のパワーポイントを見る事になると思います。

「5,000枚以上」

「参加者が感動し、参考になり、やる気のある発表」が出来るのは、どの発表者か・・・。
その一心で選考します。

毎回、どんでん返しの連続
発表当日の朝、ギリギリまで悩む。

「提出して頂いた方々」に感謝の気持ちを行動をもって示す為に・・・。





そして今日もまずは、映像チームが制作した
「第10回 やる気と感動の祭典」
のプロモーションビデオの紹介です。



皆さんの“努力する姿”を感じとって、
自分達も何かできないかと想い、作ってくれました。

さあ、「第9回 やる気と感動の祭典」に参加された企業様。

必ず・・・。必ず・・・。必ず・・・。

提出して下さい。


もう一回申し上げます。

必ず・・・!必ず・・・!必ず・・・!!!

提出して下さい。
宜しくお願いします。





ところで、今日は「日曜日」。

「心のオアシス」の曜日ですね。

今日は、まず「大阪の地下街」でのお話しです・・・。



***『大阪の地下街・・・道案内をしてくれた清掃員』***

私は大阪にはよく行きますが、
未だにあの梅田の巨大な地下街の構造が良く分かりません。

ある時、
地下街にある店を観察に行きましたが、
案の定、なかなか見つかりませんでした。
探しあぐねて、H百貨店の出入口のところで
百貨店の店員らしい女性に聞いてみましたが、
良く分からないという事でした。

私たちが誰か他の人に聞こうと思ってあたりを見回していると、ちょうど出入口のガラスを拭いていた六十歳くらいの小柄な清掃係の男性が声をかけてくれました。


「お客さん、どないしたんや?道に迷ったんか」

「ええ、すみませんが、ホワイトサマー(仮名)という雑貨の店に行きたいんですが」


その人は「う~ん」とうなってしばらく考えていましたが、
手にしていた雑巾を置くと、


「連れていったるから、ついて来てや」


と言ってどんどん歩き出したので、私たちはあわてて後を追いかけました。
細い通路を抜けて中庭のようなところに出ると外は雨でした。
その人は私たちを振り返り、


「ここを突っ切ると早いんや」


と言うと、雨の中庭を走って向かいの入り口に飛び込みました。
そこは、百貨店の総合案内書だったのです。


「ここなら、堅いで」


その人はそう言うと、
唖然としている私たちを残して再び雨の中を戻っていきました。

きっとその人は
「自分ではわからないが、この場所ならたいていのことがわかるはずだ」
と思って案内してくれたのでしょう。

そしてその人の言ったとおり、
案内所にいた若い女性は確かにその店の場所を親切に教えてくれたのです。

あの人は大阪に不慣れな様子の私たちを見て、
なんとか助けてやろうと思って声をかけてくれたのでしょうか。
あるいは、百貨店で働く者の責任として対応してくれたのでしょうか。

初めに聞いた百貨店の店員さんは「分かりません」と言っただけでしたが、
その清掃員さんは自分では分からないと思うと、仕事中だったにも関わらず、
分かりそうな人のいる場所までわざわざ私たちを案内してくれたのです。
その人のおかげで、その後すぐに目的の店に行くことができました。

その店の取材が終わった後、
十分なお礼も言わずに別れてしまった清掃員さんのことが気になって、
私たちは来た道を引き返してみましたが、残念ながら、
その人の姿は見つける事ができませんでした。

私たちも東京で人から道を尋ねられることがありますが、
そんな時に限って、聞かれた場所が良く分からなかったり、
時間がなくて十分に教えてあげることができなかったりするものです。

この人の親切な行為に出会って、私たちは大いに反省させられました。

いつもはほとんど気に止めることもない百貨店のガラス戸が
きれいに磨き上げられていたことが非常に印象的でした。

******************************




そして「青函連絡船」のお話し。



****『青森港の両替・・・電話に必要だった十円玉』****

私がまだ小学校のころのことです。
ある冬休み、私は母に連れられて北海道・函館市にある母の実家に行きました。

上野駅を夕方出発した寝台列車は、
約八時間かかって夜中の十二時過ぎに青森駅に到着しました。
当時はまだ、青森から函館までは青函連絡船で約四時間かかっていました。

青森駅に降り立つと外は猛吹雪でした。
母と私は深夜十二時半頃に青森を出港する連絡船に乗るつもりで、横殴りの雪で先がよく見えない駅のホームを重い荷物を引きずるようにして歩いて行きました。

ところが連絡船の乗り場近くに行くと、すぐに構内アナウンスがあり、
吹雪のために連絡船の出港は見合わされることになりました。
母は驚いて、


「困ったわ。とにかく連絡船が欠航することを東京と函館に知らせなくちゃ・・・」


と言いました。
東京では父が、函館では祖父母が私たちのことを心配しているはずでした。
待合室に合った赤電話の前には欠航を連絡しようとする人たちですでに行列ができていました。母はその行列に並ぼうとして、十円玉が足りないことに気がつきました。
今と違って、携帯電話はもちろん、テレホンカードもない時代です。
東京と函館に電話をするには、何十枚もの十円玉が必要だったのです。

私たちが見回すと、待合室の隅の方に小さな売店があるのが見えました。
売店ではスカーフで頬かむりをした太ったおばさんが店番をしていました。
母は売っていたお菓子を何品か手に取ると、千円札を差し出しました。


「お金を細かくしたいので、すみませんが、これでお願いできませんか・・・」


おばさんはおつりを計算しながら、今にも泣きそうな顔をしている母と私を見て、


「電話するの? うんだったら十円玉いっぱいいるべさ」


と言うと、そばに置いてあった手提げ袋の中をしばらくごそごそと探して、
一つかみの十円玉を差し出しました。

なんとおばさんはおつりをすべて十円玉で払ってくれたのです。

心細くてたまらなかった母と私は、
おばさんのやさしさに思わず涙が出そうになってしまいました。
母はおばさんに申しわけないからと言って
さらに箱入りのお菓子を買おうとしましたが、
おばさんは、


「いっから、なんも買ってけなくてもいっから。早く電話かければいいべさ」


と言ってくれました。
私たちはそれからすぐに赤電話の列に並んで電話をかけました。

すでに午前一時近くになっていましたが、
父も祖父母も私たちの連絡を待っていてくれました。

窓の外は相変わらずの吹雪でしたが、母と私はだいぶ落ち着いて、
そのまま待合室のベンチで夜を明かしました。

やがて朝になると吹雪も収まり、
私たちは無事に連絡船に乗って函館に着くことができたのです。

青森港の売店のおばさんの親切は今でも忘れられません。
あの時の待合室の風景とともに、母と私の大切な思い出になりました。

******************************


いかがだったでしょうか?


「大阪の地下街」でのお話しでは・・・。

普通なら、「申し訳ございません。分かりかねます。」
と言われるかも知れない。

ましてや、百貨店やショッピングモールなどではそうですよね。

それを、「自分は分からないが、どうしたら教えてあげられるか・・・」を考える。
こういう、とっさの判断って、常に意識していないとできないですよね。
そして、常に相手のことを考えて行動していないとできない。

いわゆる「利他の心」ですね。

「困っていたら、助ける。」

人としては、当たり前の行為。
しかし、その「当たり前の行為」ができなくなっている。

「困っていても、知らんふり。」
「私には関係がない。」


そういう人が多くなっている今だからこそ、こういう、些細な事が
お客様に“感動”を与えるのかも知れない。

そう感じた、お話しでした。

そして、「今日の一言」…
「徳は孤ならず、必ず隣あり。」
(孔子の言葉)



---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-28 18:00 | Comments(0)



「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください






今日は東北へ・・・。

「東北勉強会」

朝4時起床。
自家用車で東京駅に向かう。
朝早いと、乗り継ぎが無いんです。
ですから、東京駅近くの駐車場に車をとめて、岩手に向かう。

朝7時の新幹線で岩手一関へ・・・。

夜は7時台の新幹線で帰る。
たぶん、夜11時過ぎかな?
自宅に帰りつくのは・・・。

でもいいんです。
その行き帰りに執筆や仕事や読書ができるので・・・。
帰りは「ALL-FREE」を飲みながら帰ります(笑)。

まずは皆さん。
映像チームが制作してくれた、
「第10回 やる気と感動の祭典」
のプロモーションビデオはもう視聴して頂きましたか?

まだ視聴されていない方は、まず視聴して下さい



なんか、「やる気」が出てきますよね。
「成功事例提出」及「エントリー提出」、
お待ちしております。

〆切日まで、あと7日





ところで、今日は「強み」について・・・。

木曜日の夜、ホテルで「カンブリア宮殿」を見てたんです。
すると、コマツ(株式会社小松製作所)の坂根正弘会長が、
「社長の金言」というコーナーに出られていた。

その中ですごく心に響いた事を言っておられたんですね。
それは・・・。

「まず、負けを認めるところを見つける。」

という言葉。

毎回、新製品を作ると、役員の品評会を行うのだそうだ。
その品評会で必ず出てくる意見は・・・。

「ここがダメ!!」
「ここが他社に劣っている!!」


という、欠点探しの意見。

これを技術者が聞いて、新製品を作り直して行くと、
最終日には他社とあまり違いのない製品になってしまうのだとか・・・。

そこで、コマツ(株式会社小松製作所)の坂根正弘会長は、

「まずは負けを認めるところを見つける。」

事を行った。

「ここの部分は負けても良い。」
しかし、「ココとココは圧倒的に勝つ。」
「他の追随を許さないレベルまでの差をつける。」

その為には、何回でも作り直す。
そうする事により、「圧倒的に競争力のある」製品が出来上がると言っておられた。

「負けを認めるところを見つける。」
「負けを認める。」


なかなか出来ない事ですよね。
しかし、これってとても大切な事だと感じた。
これは、小売業にも通じるのではないかと。

よく、「戦略キャンバス」の話をしますよね。

f0070004_11572641.jpg


何かを「付け加える」なら、何かを「なくす」事をしないと、
「付け加える」事に対し、中途半端な取り組みしかできない。

何かを「増やす」のであれば、何かを「減らす」事をしないと、
「増やす」商品を量販できない

だから、最も大切な事は、「なくす」事と「減らす」事なんだと・・・。

「捨てる勇気」がないと「新しいもの」は作れないと同じだと思うんです。
「負けを認める」事をし、その部分の「開発」に力を注がない。
その部分はたとえ負けていても、そんなに差がつきにくい。

しかし、「圧倒的に勝つ」部分は、その製品の“チャームポイント”であり、
今の“トレンド”ニーズに合っている部分。

ここを圧倒的に差をつける事により、他の追随を許さない。

「弱いところは負けを認め、そのかわり強みの所は、
 もっと基準を上げ、圧倒的な違いの見える化する」


という言葉と同義語ではないかと感じたんです。

「負けているところばかり目がいってしまい、
 勝てるところをもっとひきはなす努力」

という事を考えていなかったな~と。
よく、「仮説計画」の話しもしますよね。

減の時代は、

「アップトレンドカテゴリーの売上げの最大化をしていかねばならない」と・・・。

「ダウントレンドカテゴリーを引き上げようと思っても、
 ダウン傾向にある商品は、かなり安く売らないと引き上げられない」
ひょっとしたら、安く売っても引き上げられないかも知れない。

だから、「アップトレンドカテゴリーの売上げを最大化」する方が
あまり安くしなくても、見える化さえすれば売れる。

この考え方も、コマツ(株式会社小松製作所)の坂根正弘会長の
金言に合った考え方かな~と勝手に解釈し、納得していた(笑)。

でも、「成功者」って本当に素晴らしい言葉を残されますよね。
本当に「共鳴」します。

その言葉の裏には、“血の滲む様な努力”があるんでしょうね。
そう感じながら、TVを見ていました。
酒を飲みながら・・・(笑)。
ふと我に返ると・・・。

「こんな事しているから、人を成功させる“金言”なんて出てこないよね~」

と反省しきりでした(笑)。





さあ、「強み」をアピールする時です。

「第10回 やる気と感動の祭典」の
“成功事例”及“エントリー提出”の日が近づいて来ました。

〆切日まで、あと7日

さあ、そろそろ小生も体調を整えなければ・・・。
「選考」する日が近づいて来ました。
睡眠時間2時間ぐらいが、4~5日続きます。
「選考」の為に、禁酒もスタートします。

9月1日から・・・。

提出して頂いた企業と「真剣勝負」の時です。
自分の体力の限界に挑戦する10日間。

発表者の発表は、
9月10日

そして、晴れて発表者に選ばれた人は・・・
9月13日
にすぐに、「発表者説明会」がある。
発表者は、“やる気の40日間”のスタートです。

「今までの人生で一番努力する40日間」。
経験した者しかわからない40日間。


是非、たくさんの人にこの40日間を味わって欲しい。
そう願う、今日この頃です。

そして、「今日の一言」…
「計算されたリスクを取れ。それは軽率な猪突猛進とはまったく違うのだ。」
(ジョージ・パットン氏の言葉)

---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-27 12:22 | Comments(2)



「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください







今日は「中部勉強会」

実は、この勉強会とは別に、名古屋でも「スーパーマーケット勉強会」
スタートしようと考えています。

スタート時は、10社未満の参加企業でスタートしようと思っています。

「スーパーマーケットのブルーオーシャンとは…」
「これからの消費トレンドは…」
「違いの見える化の方法とは…」


などを勉強する会です。

「2カ月に1回」になるか「3カ月に1回」になるか…。
それとも「1カ月に1回」になるかは…。

ただ今、検討中。

来年1月を目途にスタートしようと思っています。
ご興味のある企業様は是非、お申込下さい。


さて、「第10回 やる気と感動の祭典」
「成功事例報告」か「発表者エントリー」の締切日が近付いてまいりました。

皆さん、準備されてますでしょうか。

凝りに凝った「パワーポイント」でなくてよいです。
「シンプル」でよいです。

要するに、中身ですからね…。

今回は「結果」ももちろん重視します。

しかし、それと同じくらい「過程(プロセス)」や「ニューへの挑戦」
を重視します。

企業規模は一切関係ありません。
経験年数も一切関係ありません。

もちろん、年齢も…。

「裏方のエントリー」も大歓迎です。

「可能性への挑戦」

期待しています。
締切日まで、あと8日

提出いただいた企業様は、随時このBlogで
成功事例を紹介させていただきます。

「ブランディング」

これから最も大事なことの一つです。

全国の同志の方々に、あなたの取り組みが紹介される。
嬉しいことですよね。

是非、提出して下さい。



また、「ボランティア」募集しました。
このBlogの右側のバナーを見ていただけますでしょうか?


「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフのお申込詳細は、こちらをクリックして下さい。


若手社員さんの教育の場としては最高の場だと思います。
自己を高めるには最高の場だと思います。
全国に仲間をつくれる最高の場だと思います。


日常の業務では体験できない経験です。

自分の“ダイヤモンド”を見つけることができます。
是非、応募してみて下さい。

この「ボランティア」さんがおられないと、
この「やる気と感動の祭典」は運営できません。

この「やる気と感動の祭典」の“もつ一つの主役”。

「ボランティア」

みなさんの「勇気ある挑戦」、
期待しています。

お申込は↓こちらから…。

「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフのお申込詳細は、こちらをクリックして下さい。


ところで、今日は「権利と責任」について…。

近頃、「権利」や「権限」だけを主張する人が増えてきたような気がする。

その前に「責任」があるはずです。

「責任」を果たさずに「権利」や「権限」ばかりを主張する。

こんな世の中になったら、社会は機能しなくなります。

先日、新聞を読んでいたら「若い弁護士資格」を
持っている方が数多く就職できないという記事がありました。

「日本もアメリカのように訴訟の国になるのかな…」
と、感じた次第です。

例えば、その前に社会に対する「責任」を果たす必要があります。

「責任」をしっかり果たした人間のみが、
「権利」や「権限」を主張すべきだと思うんです。


商人の心得に…

「権限の前に責任がある」

こういう一文があります。
これを全ての人が自覚すべき時がきていると思う。

今の日本ってそうですよね。

全国民が「権利」ばかりを主張し、
誰も「責任」を持とうとしない。

いや「責任」を果たそうとしない

だから、日本はどんどん悪くなる。

昨日もあの“カリスマ経営者”アップルのスティーブ・ジョブズ
CEOを辞任した。

彼は「アップルを再建する」という責任を果たして辞めた。

ちなみに、小生の記憶が正しければ、
彼の給与は「年収1ドル」だったと思う。

彼にとってお金や名誉より大切なことがあった。

それは「イノベーション」を起こすこと。

世の中にイノベーションを起こす。

これが彼の人生の目的であり、
その目的を達成するところが、アップルであった。

そして、そのアップルを“再建する”という責任を果たしながら、
自分の目的を達成した。

小生が現代の経営者の中で最も「憧れていた」経営者である。

究極の「責任を果たした」人間が、
このスティーブ・ジョブズだと思う。

だから「偉大」なのである。

「責任を果たす人間」は、傍から見ても
“格好いい”し“光輝いて”見える。

反面。

「権利ばかりを主張する人間」は、傍から見て
“可哀そう”に見える。

厳しい言い方をすると“醜く”見える。

「学生と社会人の違いは…?」
と面接時に質問します。

皆さんはどう答えますか…?

正解ではないと思うんだけど…。

小生は、こう思っているんです。

「学生は自分で努力し、自分に対し評価する」
「社会人はみんなと努力し、他人から評価される」


「私は頑張っています」といくら主張しても、
他人から評価されなければ頑張っているとはいえない。

他人から評価される基準で一番重要視されるものは何か?

それは…

「責任を果たす人間かどうか?」

だと思う。
だから、

「権利や権限より先に責任がある」

のである。
しかし…、
それが分かっていない人が今、たくさんいる。

そう感じる今日この頃です。

昨日のスティーブ・ジョブズの引退報道を聞いて感じたことでした。


そして、「今日の一言」…
「絶対に真似のできない、真似しようとすら思わないレベルの
 革新(イノベーション)を続ける。

 何が起こるかをピタリと当てることはできない。
 しかし、どこへ向かっているかを感じることはできる」
(アップル前CEO スティーブ・ジョブズの言葉)



---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-26 18:00 | Comments(0)

“読む力”と“仮説力”




「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください






今日は4時半起床・・・
すぐにBlogを書き・・・
身支度して、新横浜へ・・・


朝6時の朝一番の新幹線に乗って姫路へ・・・

「睡眠不足・・・。」


しかし、だからといって新幹線の中で寝ることはありません。
ひたすら、朝やらなくてはいけない事をしています。

典型的な「朝型人間」。 小生は・・・・。

夜は一切仕事しません。



「時間は有限」

と、言っている人間にとっては“最低の行動スタイル”ですよね。(笑)

どうも夜は無限なんですね。
コンサルティングの「完全燃焼」でさすがに帰りは疲れます。

食事して、ちょっとお酒を飲む(笑)と、すぐに眠くなります。


でも、昨日は夜12時過ぎ。

ということは、睡眠時間4時間・・・。

ですから、夜は「OFFタイム」にしています。
「ターボエンジン」が途中で音を上げる、かもしれませんから・・・・。


「無茶を言い、無理をするなと無理を言う。」

この言葉、小生大好きなんです。
まさしく、「小生」自身の会社での態度だったりして・・・。(笑)




さて、今日は「読み」について。

近頃、小生は「データを見なさい」と言い始めてきている。


あの野村克也さんが言っている詩で大好きな言葉がある。
それが・・・・


「勝ちに偶然な勝ちあり、負けに偶然な負けなし。」

というものです。

勝つ時って、偶然性や運があったりして勝つことがある。
しかし、負けに偶然に負けるということはない。
必ず原因があると・・・・。

その言葉ではないが・・・


「売れる不思議あり、売れない不思議なし。」

という言葉を使うようになりました。
売れる時って、偶然性や運であると思うんですよね。

競合店が閉店したり・・・
近くにマンションが建ったり・・・
相場が上がったり・・・
ブームが起きたり・・・

自店や自分の努力以外のところでの要因で売上げが上がったりする。


「なんで、売上げが上がったんでしょうね・・・。」

ということがある。
しかし、売れない時は「偶然性」はほとんどない。
必ず原因がある。

そして、「しっかりとデータを見て、原因を見つけ、対策を読もう!!」
と、言い始めています。


「P-D-C-Aサイクル」という言葉はご存知ですよね。

「Plan→Do→Check→Action」のサイクル。


しかし、このサイクルの中に「分析」がない。
「なぜ、売れているのか?」
「なぜ、売れていないのか?」

できるだけ短い間隔で見ていく。
なんてったって、「数字は“生きもの”」ですからね。


一か月前のデータなんて腐ってしまっている。
“旬”のデータを見なければいけません。


「数字は“生きもの”」

直近のデータを見て、売れない“原因”や、売れている“要因”をすぐに見つける。
そして、「どうしたらよいか・・・。」を読まなければいけない。


いわゆる「仮説立て」。

これができなくなっている。


「分析」は、みんなできている。
しかし、その数字から「何を読むか?」という力がない。

だから、「仮説」を立てることができない。


「点数が落ちて、単価が上がっている」
とする。

すると、ほとんどの人が
「単価を落としてでも点数を上げよう」
と考える。


でも、そのカテゴリーはダウントレンドカテゴリーで、
もう点数の増では厳しいかもしれないカテゴリーなのかもしれない。

そこの「読み」が、これからの時代、大切なんですね。

だから、例えば
「点数ダウンは、この程度で出来るだけ維持し、もっと単価アップする仕掛けをする」
という対策をすることを“仮説立て”という。

この「読む力」や「仮説力」がこれから求められるスキルの一つと思うようになっています。

ですから、まずは「データを見なさい」と言っています。


「データ」を見て、この“読む力”や“仮説力”がついてくると、
「コト」までもが変わってくる。

「なぜ、この商品を売り込んでいるのか・・・?」
「なぜ、この商品が売れているのか・・・?」

“読む力”や“仮説立て”ができると、思いついてくるんです。

だから「コト」の表現まで変わってくる。



この業界は・・・


「カンと経験と度胸とハッタリ」
が通用した。


小生は、意外とこの「KKDH」って悪いと思ってないんです。

でも、この「KKDH」の感性を持っている人がデータ分析し
“読む力”や“仮説立て”ができたら〝鬼に金棒”だと言っているんです。


あの、田中角栄さんではないが・・・

「コンピュータ付きブルドーザー」
になれるはず。
そう思って、近頃「データ読みなさい」と口酸っぱく言う小生でした・・・。


そして、「今日の一言」…
「まず事実をつかめ、それから思うままに曲解せよ」
(1835-1910アメリカ合衆国の作家、小説家:マーク・トウェインの言葉)


---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
やる気と感動の祭典運営事務局です!

とうとうこの時期がやってきました!
そう、「第10回やる気と感動の祭典」です!!

みなさま、エントリーの準備は進んでいますでしょうか??
Twitterからは全国の猛者たちがエントリー用PPTを制作している状況が
日々、熱く伝わってきます!!

エントリー締め切りは9月3日!
発表者の発表は9月10日です!!
みなさまの挑戦、お待ちしております!



ボランティアスタッフも大募集中です。
詳しくはコチラから
by akindonet | 2011-08-25 18:00 | Comments(0)

幸せでしたか・・・・?




「第10回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ募集開始!!

「チームやる感!」の一員として
あの“栄光の壇上”に上がってみませんか?




詳細はこちらをクリックして下さい。








「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください







今日も朝5時起床・・・。
Blog書く。


ただ今、執筆活動休止中・・・。


なぜ・・・?!


簡単に言うと「スランプ」。


「もっと、読者のお役立ちする本にしたい。」
「もっと、実践的な本にしたい。」
という思いが強くなって、書いている内容に自分自身で

「これでいいのかーーーーー!」と感じるようになった。


ただ今、苦闘中です。


「苦しめ!苦しめ!」
「悩め!悩め!」
すると、パッとひらめいてくる。


「幸せ」という漢字には、「辛い」という字がひそんでいる。

「辛い」ことを何回も経験するから、真の「幸せ」を掴むことができる。
そう信じて、この「スランプ」を究極まで追い込んでいきたいと思っています。



また、このBlogを読んでいる企業さんの中でも
「第10回 やる気と感動の祭典」の
“成功事例提出”や“エントリー提出”の準備で苦しんでいる企業さんが多いと思います。

「楽しみながら、妥協せずに、究極まで追い込んでいきましょう!」
「挑戦なき人生は人生でない。」
「No challenge. No future.」

ですもんね。


「成功事例」提出及び「エントリー」提出の締め切り日まで、あと10日


ところで、今日は「挑戦」について・・・・。

実は、商人ねっと株式会社は大幅にアソシエイトが入れ替わります。
そして、増員します。

ですから、今回は「やる気と感動の祭典」の経験者が非常に少ない。
でも、小生はそれでいいと思っています。

ここ1~2回、アソシエイトの中に「慣れ」が生じてきてミスが多発していたからです。
同じミスでも、「前向きなミス」と「あってはいけないミス」は、全然違います。


今回は“未経験者”が多いので「前向きなミス」もあるでしょ。

それでもいいと思っています。


経験者が未経験者をフォローする。
これも「コミュニケーション」を深める方法だ!
と思っているからです。



「究極の準備」が求められます。

未経験者が多いといっても、小生は妥協しません。

小生の「基準」で考えていきます。



アソシエイト一人一人の「挑戦」であり「人間力」を高める
良いチャンスと受け止めて頑張ってほしいと思っています。





それにしても、「採用」って本当に難しい。
今回も悩みに悩んでいます。
まだ・・・・。


ただ、今回小生が譲れないものがあります。
それは、たった一つの質問です。


「今までの人生、幸せでしたか? 不幸せでしたか?」

という質問で・・・・・・


不幸せだった」という方は、
不採用。

幸せと言われれば、幸せだったかもしれない。」は、
保留。

辛いこともたくさんありましたが、幸せだったかもしれません。」も
保留

幸せでした。」は、
クリアー。


にしています。


これは、「経営の神様」といわれた松下幸之助さんが採用の時に
たった一つだけ重視した質問。


どんなに優秀な人材でも、過去の人生を「不幸せ」と思う人間は
これから起きうる問題に対して逃げてしまう。

だから、引退するまで一貫して「不幸せ」と答えた方は
「不採用」を貫かれたそうです。



「過去は全て善。」

「過去があるから今がある。」


だから、全て「幸せ」なんだ!!
と思える人間でないと、その人間の基準が上がれば上がるほど
立ちはだかる“壁”はどんどん高くなってくるんです。
低くなることはありません。


しかし、その“壁”はその人にとっては 越えられない“壁”ではない。

でも、その“壁”を見て「ダメだ!こんな高い壁は越えられない!!」
と思ってしまう人間は、「過去を不幸せ」と思う人生を送った人なんだそうです。



「一代で世界に誇る“松下王国”を築き上げた人物」
考え方だけでも“モデリング”しようと思い、そうしています。



実は、以前は妥協してました。
とはいうものの、零細企業の哀しさかな・・・・・。


「妥協して採用しないと会社が機能しない!!」
ということがあります。

ですから、妥協して採用する。

しかし、そういう考え方の人は今でも一人も会社に残っていません。
だから、今回だけは妥協しないと決めています。


「もうバリバリに今、会社は機能してません。(笑)」
皆にかなり負荷をかけています。


「経営者として失格やなーー。」と思っています。



しかし、ここで妥協しては。。。。と思い、今回だけは
小生の「わがまま」を押し通したいと思っている。




この秋には・・・、

「第6回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
                 (9月25日~10月2日)
「第10回やる気と感動の祭典」(10月25日、26日)
「コトPOPマイスター検定」(10月よりスタート)
「コンサルねっと」(9月中旬よりスタート)




と、セミナーや資格検定、業界初のマッチングサイトの誕生など・・・・
「Newへの挑戦」が目白押しです。


でも・・・・、
ちょっと、アソシエイトと採用を含めて「挑戦」してみます。


「人生の質は、あなたが居心地の良さを感じられる、不安定感の量に正比例する。」
と、あるメンターから言われた。

居心地の良さを感じながら、いかに不安定要素の強いところに入られるかで
人生の質が変わってくるんだということらしいんです。


それを今、自分に言い聞かせています。
もう少し「居心地の良い、不安定な場所に身を置こう」ってね・・・。(笑)


すると、“勉強”するんですよ・・・
すると、“本”を読むんですよ・・・
すると、“考える”んですよ・・・


いつの間にか、いろんなことが身に付いてくる。
そう感じてきています。

まだまだですけどね・・・・。



まぁ、“ニューアソシエイト”をみなさんに御紹介できるのは9月末かな・・・?!
と思っています。
ひょっとしたら、10月かもしれません。
楽しみにしておいて下さい。



そして・・・、そして・・・・、
このBlogの右側のバナーを見て下さい。

「スタートしました!!」

「第10回やる気と感動の祭典ボランティアアソシエイト」募集です。

通称、「チームやる感」。


全国の「志」の高い人たちがボランティア運営を通して
“絆”を深めていく「チームやる感」
ボランティアを経験した者にしかわからない“気づきと感動”


「挑戦」してみて下さい。

もちろん、職業関係なし。学生さんも大歓迎。
もちろん、職位関係なし。

「ちょっと基準が落ちている」
「自分の価値がわからなくなっている」
「何かに挑戦してみたい」
そんな方を募集してます。


「チームやる感」


今回も、やることいっぱいあります。
でも、発表者以外で あの「壇上」に上がれるのは「チームやる感」のアソシエイトのみ。


チャレンジする価値ありますよね。

“チャレンジしない人生なんて、人生じゃない。”


共鳴した方、応募して下さい。
応募は簡単。

下記をリンクをクリックし、フォーマットに記入し送信するだけ。
http://www.akindonet.com/seminor/yaruki10/staff.html

それで完了です。

みなさんのチャレンジ期待してます。



そして、「今日の一言」・・・・
「どんなに不運な出来事でも、賢人はそこから自分の利になることを引き出す。
 しかし、どんな幸運な出来事でも、愚者はそこから禍を引き出す。」
(1613-1680 フランスの公爵でモラリスト文学者:ラ・ロシュフーコーの言葉)


---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
商人ねっと事務局です!

本日より、商人ねっと人気シリーズ「チャレンジャー あくなき挑戦者たち」の最新作が
配信開始となりました。

「チャレンジャー あくなき挑戦者たち シリーズ7 第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ」

全国トップクラスの担当者に完全密着取材を行い、その「人間力」の秘密に迫る人気シリーズです!
シリーズ7作目となる“チャレンジャー”は、
ヤダストアー株式会社青山店次長兼日配チーフの辻井幸男氏です。

サンプルはコチラからどうぞ↓↓↓


スーパー業界で最もスイーツ好きという顔を持つ辻井。
そんな彼が目指すスーパーはなんと「昔ながらのスーパー」。
その意味とは一体…?
傍目では決して分からない、辻井の「優しさ革命」。
その全貌を一挙、大公開!
by akindonet | 2011-08-24 18:00 | Comments(0)


チャレンジャー~あくなき挑戦者たち~
シリーズ⑦ 懐かしき、博愛の指揮官

第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ


ご覧になられる方はコチラをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください





今日は、オフィス・・・。


面接や打ち合わせでドタバタする・・・。
そして、秋のセミナーのレジュメ作り。

いつまでたっても、余裕のある生活はできませんね・・・(笑)。




ところで、昨日「いちやまマート」さんにお伺いしたんですね。

すると、ちゃんと「第10回 やる気と感動の祭典」の
「社内選考会」を行っているんですね。
やはり、「基準」が高い。

こういう所が、他社と違う所です。
「意気込み」が違います。
もちろん、みなさんも「成功事例提出」「エントリー資料作成」の準備されていることと思います。

10月25日~26日の「やる気と感動の祭典」は・・・
記念すべき「第10回目」
その栄冠は誰に・・・。

・企業規模は全く関係なし。
・今回は「結果」より、 「過程」や「ニューへの挑戦」、
 「勇気あるチャレンジ」重視。
・職位も全く関係なし。
・もちろん、年齢も経験も関係なし。


「平等・公平」な選考。
これにチャレンジしないなんて、すごくもったいないですよね。

「自分の可能性への挑戦」

期待しています。
「成功事例ならびにエントリー」〆切日まで、

あと11日



さて、その「いちやまマート」さん。

実は、「セシウム汚染された疑いのある牛肉を販売した」という事を、
山梨県でいち早くホームページで公開しました。

7月16日の事です。

「山梨県初」だったものですから、
TV局や新聞社がものすごく押し寄せました。
「想定を遥かに上回る」反響だった訳です。

そこで、あまりにも反響が大きかった為、
7月23日に「国産牛肉の販売」を自粛したんですね。

「大英断」です。

しかし、ここからが「スピード」が違った。
いち早く、「放射性物質検査済」牛肉を手配し、
なんと7月30日に再開したんです。

そのチラシがコレ!!

f0070004_10581012.jpg


f0070004_10582030.jpg


究極「コトチラシ」
ここまで、自信を持ってチラシで打ち出せる企業は、
日本広しといえども、そうない。

「健康的な食生活が幸せをもたらす」
を理念としているだけの企業である。

すると、どうでしょう。
もう、牛肉で前年をクリアーした店舗が出始めた。

ものすごいスピードでの回復。
たったの「2週間」ぐらい・・・。
それも国産牛肉全てを「完全自粛」しての再開ですからね。
それで、2週間あまりで回復しつつある。

「スピード」って大切ですね。

だって、今の段階でも、こんな「チラシ」を打てない企業がたくさんある。
「スピード!スピード!スピード!」
ですね。

そして、「想い」

真実を公開し、それに対する取り組みを公開し、
いち早く“対処”した事を見える化する。

これですね。

これからも、いろんな事が起きると思う。
その時は、是非この「チラシ」を思い出してもらいたい。




そして、これからの注目は「米」。

原発問題で、「セシウム」がまた課題になってくる事は必須。
それに加え、「新潟~会津の記録的集中豪雨」。

「米どころを直撃!!」

さらに、国は「備蓄米」の確保もしなければいけない。
そして、76年ぶりの「米の先物取引」がスタートした。

テスト的ではあるが・・・。

ですから、「米の高騰」は必至。
問題は“高騰”より、「数量確保」。

今まで、お客様の信用を得ていた「産地」や
「銘柄米」が売れなくなる危険性も・・・。
これが一番避けなければいけない事。
特に、原発問題で「安全・安心」がクローズアップされる今年は・・・。

ここも「スピード」ですね。

「数量確保」に動く、スピードを持って・・・。
そして、「主食」が高騰すれば、「米」の代替提案が必至になってくる。
これは、「考える力」が要求される。

「米が高騰すれば売れる商品は?」

もう動いている企業がある。
しかし、ほとんどが「なすがまま」状態。
「なんとかなるわ~」
と思っている。

確かに、「なんとかなる」けど、
「大きく結果を変える」事が出来ない。





この様に、「スピード」をもって対処する企業が今年の秋は一人勝ちするでしょうね。
その他にも、今年は「切り口」や「キーワード」がたくさんある。
皆さん、気づいておられますか?
この件に関しては、後日・・・。

「一波乱も・・・二波乱も・・・」

起きる秋~冬商戦。
「情報の共有化」こそ、勝利へと繋がる。

そして、「今日の一言」…
「自分が行動したことすべては取るに足らないことかもしれない。
 しかし、行動したというそのことが重要なのである。」
(ガンジー氏の言葉)

---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
商人ねっと事務局です!

本日より、商人ねっと人気シリーズ「チャレンジャー あくなき挑戦者たち」の最新作が
配信開始となりました。

「チャレンジャー あくなき挑戦者たち シリーズ7 第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ」

全国トップクラスの担当者に完全密着取材を行い、その「人間力」の秘密に迫る人気シリーズです!
シリーズ7作目となる“チャレンジャー”は、
ヤダストアー株式会社青山店次長兼日配チーフの辻井幸男氏です。

サンプルはコチラからどうぞ↓↓↓


スーパー業界で最もスイーツ好きという顔を持つ辻井。
そんな彼が目指すスーパーはなんと「昔ながらのスーパー」。
その意味とは一体…?
傍目では決して分からない、辻井の「優しさ革命」。
その全貌を一挙、大公開!
by akindonet | 2011-08-23 11:35 | Comments(0)

「変化」について



チャレンジャー~あくなき挑戦者たち~
シリーズ⑦ 懐かしき、博愛の指揮官

第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ


ご覧になられる方はコチラをクリックして下さい。







「2011年 お盆」の売場写真大募集!



お盆で展開された売場写真を

CD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが

一番情報を仕入れることができる”のです。








「第10回 やる気と感動の祭典」の成功事例及び
エントリー資料 提出〆切迫る!!
提出〆切日 - 9月3日
第10回発表者発表 9月10日
Blogでの紹介 9月4日よりスタート
たくさんの提出、期待しています。


詳細はこちらをクリックしてください





朝5時起床。
すぐに身支度して新横浜へ・・・。
今日は長野県諏訪へ・・・。
もちろん日帰り・・・。

ここ2日間くらい、天気が悪いせいか、肌寒い。
近頃の天気はわからないですね・・・。
残暑が厳しいのか・・・?そうでないのか・・・?
「環境に対応」していくしかないですね。

ところで今日は「変化」について・・・。
日頃、小生はめったに電車とか乗りません。
電車といったら「新幹線」、「特急」。
鈍行列車なんて、めったに乗らないんですね・・・。
でも、めったに乗らない鈍行列車に乗ると、色んな事に気づかされます。

例えば乗っている人“観察”。
3~4年前までは、「ウォークマン」で音楽を聴いていた。
それも大きい“ヘッドホン”をつけて・・・。
しかしそんな姿が激減。
その代わりに、近頃は「モバイルゲーム」、「スマートフォン」で音楽を聴く」というシーンが異常に多くなった。
「スマートフォン」のシェアー拡大。
「モバイルゲーム」のシェアー拡大。

にビックリする瞬間である。

そして意外とビックリすること。
「スポーツ新聞」や「マンガ本」を読む人が激減していること。
その代わり、「読書」する人が増えていることに気づく。
意外と「読書人口」が増えているのでは・・・。
ただしアマゾンなどで古本を安く買っているのかもしれません。
小生もそうなので・・・(笑)

さらに、ますます寝ている人が多くなったような気がする。
ストレスが溜まっているのか・・・。
活力が見てとれない。
ということは、サラリーマンや男性向けの商品はヒットしないなーと感じる。
その代わり元気なのが・・・、
「女子高生」
この子達をターゲットにした商品は、大ブレイクするだろうなーと思う。
とくかく活力がある。
「マーケット(年齢・世代・男女)」によって、ますます売れる数が違ってくるんだろうなーと思い、
提案も変えていかねばならないと痛感する。
「鈍行列車」だけでも色んな気づきがある。

また、「飛行機」「新幹線」でも、変化がわかります。

まずは、「飛行機」。
景気と見事に関係しますね。
「リーマンショック」後のビジネスマンの少ないこと。
あの6ヶ月は異常でした。これはかなり悪くなるなーと実感しました。
しかし今は全く違います。
多くなっている。
ただし、出張する人が決まってきているのではないでしょうか。
上顧客が使うことができる「ラウンジ」が混んできている。
“資源の集中化”が進んでいるのかもしれない。

また「新幹線」。
朝の早い新幹線が混んできている。
「日帰り出張」多いんですね。
さらに“ベンチャー系”の会社の苦戦が手に取るようにわかる。
「ITバブル」などの時は、グリーン車の乗客の3分の2ぐらいが、
20才台~30才台のビジネスマンでした。
“ベンチャー系”の全盛期の時です。
今では、ほとんどそんな光景は見受けられない。
このように「新幹線」の乗客でも、時代の変化がわかってきました。

では、「今」は・・・、
サラリーマン、ビジネスマンの「財布のヒモ」が開かなくなっている。
その証拠に、以前より駅構内の売店の「プレミアムビール」が売れなくなってきている。
みなさん、ご存知ですか・・・。
実は、駅構内の売店は意外と「プレミアムビール」が売れていたことを・・・。
でも今は売れなくなってきている。確実に・・・。
しかし、女性は相変わらず「消費力」を持っている。
明らかに「観光客」が増えてきてます。
それも「料金の安い時」を狙って・・・。
それもほとんど「女性」・・・。

まだまだ「女性」をターゲットにしたマーケットは伸びますね。
すごいパワーあるし、消費力もありますよ。本当にビックリするくらい・・・。
ですから、「羽田空港」にユニクロ(女性中心)はできるわ、「サマンサ」はできるわ・・・。
ちょっとした百貨店みたいになってきている。
こういうことからも、おわかりになると思います・・・。

さらに「子供向け」の消費力はますます“高付加価値”化してきている。
昨日「ディズニーアイスショー」を家族で見に行きました。(横浜アリーナ)
「1人5,000円」前後するチケットなのに、約1万人くらい来場している。
それも1日2回公演。
すごい入場者ですよね。
家族4人だと「20,000円」ぐらいかかる。
“2時間弱のショー”
子供の為にはお金を使うんですね。
だから、「子供向け」のイベントがヒットするはずですよ・・・。
このように、色んな所から「変化」を見つけています。

「万人万物 これ我が師とすべし。」
小生の大好きな言葉。
すべてのこと、すべての人から学ぶ姿勢を常に持つこと。
そうする事が、誰よりも早く「変化」を見つけることが出来るのである。

今日は「変化」についてでした。

そして、「今日の一言」…
「困れ。困らなきゃ何もできない。」
(本田技研工業最高顧問 本田宗一郎氏の言葉)

---------------------------------------------------------------------
みなさまこんにちは。
商人ねっと事務局です!

本日より、商人ねっと人気シリーズ「チャレンジャー あくなき挑戦者たち」の最新作が
配信開始となりました。

「チャレンジャー あくなき挑戦者たち シリーズ7 第2章 好きこそ売上を伸ばすカギ」

全国トップクラスの担当者に完全密着取材を行い、その「人間力」の秘密に迫る人気シリーズです!
シリーズ7作目となる“チャレンジャー”は、
ヤダストアー株式会社青山店次長兼日配チーフの辻井幸男氏です。

サンプルはコチラからどうぞ↓↓↓


スーパー業界で最もスイーツ好きという顔を持つ辻井。
そんな彼が目指すスーパーはなんと「昔ながらのスーパー」。
その意味とは一体…?
傍目では決して分からない、辻井の「優しさ革命」。
その全貌を一挙、大公開!
by akindonet | 2011-08-22 18:00 | Comments(0)