商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2011年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧



「第九回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ大募集中!

沢山の「やる気」と「感動」が待っています。
「新入社員研修」にも最適です。



詳細はこちらをクリックして下さい


「行動こそ真実!!」
皆様の御参加を心よりお待ちしております。




今日は奈良の三晃さんで「講演会」。

約1年前から決まっていたこと。
もちろん、日帰り。


ところで、まずは昨日発表した「第九回 やる気と感動の祭典」
発表者選出について…。

今回、惜しくも発表者に選ばれなかった企業の中には、
「サンシャイン」さんも、
好調を維持している「紅屋商事」さんも
連続して発表者を出していた「ニチエー」さんもいる。

なぜか…。

それは、今回のテーマが「プロフェッショナル」
というものだからかもしまれせん。

小生は近頃、こう思うんですよ。

「これからは、大手スーパーから学ぶのではなく
 独自化した地方スーパーマーケットから
 学ぶ時が来た」


一昔前は、セブン&アイ会長の鈴木敏文さんが本を出すと、
すぐに「ベストセラー」になった。

しかし、今は仙台の秋保温泉の年商約6億円のスーパーマーケット
「さいち」の社長の本が「ベストセラー」本になる。

これが今の「キーワード」なの。

「60点平均」を学ぶ時代から、
「この一点だけは90点」という企業の
「この90点」を学ぶ時が来たと思うんです。

今回の選考も、この「90点」を探しました。

だから、すごく苦しみました。

「独自化した地方スーパーマーケットの
 “その一点だけ”を学ぶ時が来ている」


のです。
ですから、あまり全国的に「ネームバリュー」のない企業(ごめんね…)が、
数多く選出されました。

これは、今の“トレンド”からも当然の結果と思っています。

ですから、今回の「第九回 やる気と感動の祭典」
期待しておいて下さい。

ものすごい「内容」になると思います。

常に「時代の先読み」をする。
これ、大切ですよね…。

例えば、なぜ今、「ドラッガー」なのか?

考えたことあります?!
小生は、それを考えます。

すると、すごいヒントが出てくるんです。

それは、まぁ折を見て話します。


そこで、今日から8日連続で
「第九回 やる気と感動の祭典」発表者紹介です。

ハイ!それでは
「トップバッター」は…

「山成商事」さんの紹介です。

近頃、全国から見学者が絶えない企業。

その中でも一番「異才」を放つ
青果部門

そのエントリー内容の紹介です。

まずは、「戦略」の明確化

f0070004_15474522.jpg


そして、「シュミレーション」する。

f0070004_15475957.jpg


その「シュミレーション」のもとで、
“戦略キャンバス”づくり。

f0070004_15481564.jpg


これが、これからのポイントね。
「やる気と感動の祭典」に参加してないと何がなんだかわからないですよね(笑)

いわゆる「仮説販売」

f0070004_15482627.jpg


さらに「独自化」戦略の重要性
しっかりわかってきている。

そして、それを「見える化」した。

f0070004_15484422.jpg

f0070004_15485978.jpg

f0070004_15491129.jpg


「独自化」商品の“コンセプトの見える化”したんです。
これも「やる感」に参加していないと
なぜ、こんなことするのか分からない(笑)

f0070004_15493475.jpg

f0070004_15494385.jpg

f0070004_15495424.jpg


どうしたら、「売上げ」・「粗利益」を最大化できるのか
「見える化」できている。

みなさん、発表者に選ばれた理由が分かりましたか?
すると、こうなる。

f0070004_15501511.jpg

f0070004_15502491.jpg

f0070004_15503749.jpg


そして、果物も…

f0070004_15505223.jpg


「戦略キャンバス」はもちろんである。

f0070004_15511082.jpg


そして、すごいのは「販売」しながら
「戦略キャンバス」をつくる。

果物は野菜と違い「ロングラン」商品。
“旬の先駆け”でいろんなみかんを
まず売ってみる。

そして「絞り込む」

これが「どくたく」商法の“極意”
するとこうなる。

f0070004_15512258.jpg


平気で「過去売っていた」商品を捨てることができる。

f0070004_15513727.jpg

f0070004_15514562.jpg


そして、「売りまくる」
結果…

わかりますよね。
「過去最大の売上げ」と「過去最高の粗利益高」を楽々クリアーする。

「過去最大の売上高」と「過去最大の粗利益高」
を出す方法が少しは分かりました。

これが、

「プロフェッショナル」

しかし…
3月8日(火)~9日(水)
「第九回 やる気と感動の祭典」の発表は
こんなレベルではありません。

・「ホールフーズ」をモデリングした「カットフルーツ」
・「人の行く裏に道あり」での高売上げ・高粗利益高戦略
・「独自化商品」の販売極意


などなど…
「プロフェッショナル」の「プロフェッショナル」所以
存分に発表させてみせます。



<プロフェッショナル テーマ>

「能登の一地方スーパーマーケットが

 全国から注目されるようになった」

真実を発表します。




青果担当者だけでなく、他の部門担当者も
「目からウロコ」という発表にさせてみせます。

「山成商事」の会社の威厳にかけて、
発表者は“死にもの狂い”で取り組んでもらいます。

この「エントリー」をはるかに超える発表って
どんな感じになるの…?!

みなさん、そう感じていますよね。

だから、「第九回 やる気と感動の祭典」って
すごい内容なんです。

「参加するとしないのでは大きな差」
になります。
それは分かりますよね。

もちろん、他部門も今回紹介した「山成商事」さんレベルと同じか、
もっとレベルが高い

今から「ワクワク」しますよね。
「ドキドキ」しますよね。

小生が「山成商事」の“プロフェッショナル”の人間
「プロデュース」するのですから、
それは、それは…。

すごいことになりますよ。

改めて、紹介しましょう。

「第九回 やる気と感動の祭典」
青果部門の発表者
は…

山成商事株式会社
青果部バイヤー 国門真 氏


です。
3月9日(水)2日目の「トップバッター」に指名する。

2日目のトップバッター。

2日目のモチベーションを決める
「重要な役割」があります。

発表者は頑張ってほしい。

もちろん、小生も「全面バックアップ」します。

経営者の方々へ…

多数の「青果担当者」を連れて参加して下さい。
一気に「基準」が上がること間違いない!!


今回の「エントリー」内容でも
お分かりになったと思います。

お申込み、お待ちしております。


そして、「今日の一言」…
「サラリーマンに限らず、社会生活において成功するには、
 その道でエキスパートになる事だ」
(阪急東宝グループの創業者 小林一三氏の言葉)

by akindonet | 2011-01-31 18:00 | Comments(0)
1月30日、午前9時30分。

アソシエイトの前で、「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者を発表する。
誰も知らない・・・。

だから、発表企業の名前を読み上げるたびに、“歓声”や“驚き”が湧きあがる。
アソシエイトしか知らない「3時間30分」を過ごす。

そして・・・。

1月30日 午後1時・・・。

発表企業へFAXを美和ちゃんが送る。
その後、FAXを送ったことを電話し確認をとる。

f0070004_15544541.jpg

f0070004_15545458.jpg


午後3時。全ての企業より「受諾」のFAXが届く。

f0070004_1555616.jpg

f0070004_15552083.jpg


では、「第九回 やる気と感動の祭典」発表者の紹介です。
ここは、「商人ねっと」流でいきます。
もちろん、映像です。
どうぞ・・・

「第九回 やる気と感動の祭典」発表者のご紹介はこちらから


どうでしたか・・・?
意外な企業が多かったと思います。

では、一部門づつ紹介します。


まずは、「青果部門」発表者は・・・

山成商事株式会社
青果部バイヤー 国門真氏


この部門は、110%以上の「過去最大の売上」
120%以上の「過去最高の粗利益高」を確保しないと選ばれない
“大激戦”部門でした。

「紅屋商事」も良かった。
「ユアーズ・バリュー」も良かった。
「いちやまマート」も良かった。
「不二商事」も良かった。

本当に甲乙つけがたい企業ばかりでした。
その中で選出した決め手は・・・

「独自化」の徹底・・・
「商品調達力」の徹底・・・


でした。
昨年6年ぶりに開催された「エフピコ」さんの展示会で、
青果部門として出展。
さらに昨年10月、金沢に出店

そんな中、チーフバイヤーである竹田氏が「アメリカ視察」をし、
大きな“気付き”を持って帰る。

その「アメリカ」で学んだ「独自性のある商品化」、そして「陳列」。
さらに、独自の「産直における商品調達力」

申し分なし。

これからの青果部門は、「独自化商品の開発(ブルーオーシャン)」
「商品調達力の強化(レッドオーシャン)」
二本柱を強化しなければいけないと小生は思っている。

その「方法」と「効果(結果)」を発表してくれると思い選出する。

前回のレジ部門は「大穴選出」だったが、
今回は小生が今回の「一押し」の発表企業として、
自信を持って選出した。

「減の時代」「競争激化」の時代。

青果部門において、「ブルーオーシャン」のやり方や「レッドオーシャン」においての
利益確保を学びたい企業は絶対に参加すべし!

「一押し」の部門である。


次に、「ミート部門」発表者は・・・

株式会社ノムラストアー
精肉部チーフ兼バイヤー
藤井 章弘 氏

株式会社一番街
精肉部バイヤー兼チーフ
山口文康 氏


初めての挑戦。

それは二つの異なった企業のバイヤーが発表する。
両社に共通していること。
それは・・・。

「ミート部門が戦略部門である」
「ミート部門が集客部門である」


ということ。
この両社とも、精肉の売上げ構成比18%~20%ある。
もちろん、両社とも「繁盛店」。

これからは「ミート部門」が集客部門となると小生は思っている。

今までのグロッサリーや日配・日用品中心の集客では、
地方スーパーマーケットは成り立っていかない。
集客できない。

よって、今現在「ミート部門」を
“戦略部門”とし“集客部門”としている
両社を選出した。

昨日までは「文化堂の12月30日500万円達成」を
発表させようと思った。
ハデさはないが、「販売シュミレーション」と「戦略キャンバス」を活用した
「紅屋商事」を発表させようとも思った。
そして、「フレッセイ」さんもいいとこまでいった。素晴らしい内容だった。

しかし、「ミート部門」は「イノベーション」が必要である。
よって、この両社に決める。
「より「深く!より具体的に!!」、参加者が”実践”できるように発表させます。

「戦略部門にするにはどうすればよいのか…」
「集客部門にするにはどうすればよいのか…」
「商品調達の方法」・「販促活動」・「基準」・「値入れミックス(値入れ)」


など、あますことなく発表してくれることを期待する。

ミート担当者はもちろんのこと、
経営者必見の発表にさせてみせます。

「イノベーション」を起こす“伝説の発表”になること間違いなし。
乞うご期待。


そして・・・。
「鮮魚部門」の発表者は・・・。

株式会社キョーエイ
鮮魚商品部バイヤー 太田義明氏
食品販売部 新撰組 生駒 雅信氏


今回の“スーパー大穴”選出。

選ばれたキョーエイの埴渕社長が一番ビックリ!!(笑)

でも、この鮮魚部門。
「ニューへの挑戦」を勇気を持って行っている。

「新撰組」(丸魚の異常値販売部隊)
「宇和丸マグロ」(ガイヤの夜明けで紹介される)
「パエリア・ピザなどの洋風提案」
「地元漁師とタイアップした“あんこう”の正月仕掛け」
「地産地消の塩干物」の取り組み
「龍馬のタタキ(カツオのタタキ)」(坂本龍馬ブームで大ブレイク)

などなど…。
「やる気と感動の祭典」の参加企業の中で
最も“ニューへの挑戦”をやっている。

「失敗もあります」

しかし、閉そく感のある鮮魚部門で
「ニューへの挑戦」をし続けているその姿勢を評価する。

その結果、基幹店舗「タクト店」リニューアルでは、
“大幅2ケタアップ”という結果を叩き出している。
(売場のリニューアルなしで…。商品のリメークだけで結果を出す)

これからの「期待料」を込めて…。

閉そく感のある鮮魚部門に
「大きなヒント」を与えてくれることを期待して…、
「大穴」的選出。

実は、今日の今日まで「ヤマダストアー」に決めてました。
2日前までは「ユアーズバリュー」の若手社員か、
「紅屋商事」の若手に挑戦させようと思ってました。
そして、結果を大きく変えている「ニシザワ」さんも発表させようと思った。

しかし、「Newマネジメント」方法である
「販売シュミレーション」や「戦略キャンバス」に基づいて
「ニューへの挑戦」をしているのは「キョーエイ」さんしかいませんでした。

よって、“大穴”的選出をする。

しかし、この企業の発表は「伝説」を作りますから、
乞うご期待です。

小生が責任を持って、
「鮮魚のイノベーション発表」にしてみせます。



次に・・・。
「デリカ」部門の発表者は・・・。

株式会社一番街
惣菜部門バイヤー兼本店チーフ 古藤操氏


まずはこれを見て下さい。

f0070004_15554188.jpg


節分売場の写真です

f0070004_15555675.jpg

f0070004_1556561.jpg

f0070004_15561871.jpg

f0070004_15562978.jpg


何と春と秋でイメージを変えている。

すごいでしょ。
“衝撃的”でした。


催事やイベントでの「売場演出」や「商品力」。
それをどのようにして実現するかを発表してくれること期待して選出する。

今まで「デリカ」部門は“製造”することしか考えて無かった。

「ビジュアル化した商品化」
「ビジュアル化した売場」
「ビジュアル化したチラシ」


など考えてもいなかった。
しかしこれからは「感性の時代」

「ビジュアル」ってとても大切になってくる。

それを「気付かせてくれる」発表にしてくれると思い選出した。

小生が2部門(1.5部門かな?)させることって、あり得ないこと。
それが、前回の株式会社キクチに続いて起きた。

それぐらい「インパクト」のある内容だった。
それぐらい「衝撃的」な内容だった。

期待しておいて下さい。

新しい「デリカ」。

“ビジュアル”化がスーパーマーケットのデリカに
押し寄せて来つつあることを、予感できるであろう。

そして「デイリー部門」発表者は・・・。

ヤマダストアー株式会社
青山店 日配チーフ 辻井幸男氏


毎年競合店が出店してくる中・・・。
店としてずっと売り上げを上げてきたが、とうとう昨年、売上前年を越えきれなくなった・・・。
そんな中、売上を伸ばし続けた・・・。

それも「ブルーオーシャン」で・・・。

どうしたら“レッドオーシャン”真っ只中のデイリー部門で、

「ブルーオーシャン戦略」を実現できるのか?
「どのようにしてブルーオーシャン商品を見つけるのか・・・」
「どのようにしてブルーオーシャン商品の異常値を叩き出せるのか・・・」
「どのようにして“見える化”するのか・・・」


を全て公開してくれることを期待して、発表者に選ぶ。
これは必見ですよ!

デイリー担当者の「考え方」を100%変えることが出来るでしょう。
デイリー担当者の「結果」を100%変えることが出来るでしょう。
デイリー担当者の「やる気」を100%起こさせることが出来るでしょう。

そんな発表にしてくれるだろうと思い、自信を持って発表者に選出した。
乞うご期待!


さらに、「グロッサリー」部門
発表者は・・・。

株式会社ホーマス・キリンヤ
グロッサリー統轄部門長 佐藤洋二氏


紅屋商事の秦社長いわく、
「こんなに劇的に会社が・・・店が・・・変わった企業は見たことない」
と言わしめた企業。

その中でもグロッサリー部門は突出している。

そのリーダーの佐藤洋二氏に発表してもらう。
レッドオーシャン商品の「商品調達力」
「安く売って儲ける」仕入れ、「安く売れば売る程儲かる」仕入れ
参加者にサプライズを起こしてくれるだろう。

そして「販売力」

「コトパネル」「コトPOP」「コトDVD」。
そして「独自性のあるエンド陳列技術」。
この「販売力」があるからこそ、「商品調達力」がますますアップする。

この「商品調達力」と「販売力」の
“コラボレーション”のやり方
全て公開してくれるだろうと思い選出する。

ますます進むコモディティ商品の「レッドオーシャン」化。
闘いには参画するが、利益をしっかり確保する。

これからの「テーマ」。

そのポイントは

「商品調達力×販売力」

そのノウハウを参加者に発表してくれるでしょう。
「期待度100%」で小生が選出した。
乞うご期待。


そして、「レジチェッカー部門」
発表者は・・・。

株式会社ニシザワ
SS事業部売場活性化推進アシスタントリーダー
中島光津子氏
ショッパーズ辰野食祭館レジチェッカーチーフ
唐澤日彩子氏


「やる気と感動の祭典」に参加して、
“企業文化”自体が変わってしまった「株式会社ニシザワ」。

相次ぐ競合店出店で「疲弊」しまくっていた企業。

その企業が、この「やる気と感動の祭典」で復活しようとしている。

そのリーダー格が「レジチェッカー部門」。

「9割のモデリングと1割の独自化」

を素直に行っている。
だから、どんどん「進化」する。

それを参加者に・・・。
それをレジチェッカーのみんなに・・・。
発表してくれることを期待して選出した。

“「衆知」のレジチェッカー軍団”といえる。

衆知とは、「みんなの知恵を集結して事にあたること」

まさしく「ニシザワのレジチェッカー軍団」はこれである。
「スーパーウーマン」の発表から「チーム」の成果発表に進化してきた
「レジチェッカー」の発表。
期待して下さい。

実は、昨日までエントリー選考時から
“当確”マークのついた人間がいた。
その人は・・・。

「静鉄ストアー」の岡村由起子さん。
しかし、まだ「発展途上」ということで見送った。
是非、「やる気と感動の祭典」に参加してほしい。

参加することにより、「静鉄ストアー」にとって
“イノベーション”を起こすきっかけになると思うから…。
選出を見送った答えが
「第九回 やる気と感動の祭典」にあると思うから…。

そして、その後、今日の朝まで「サンシャインチェーン」に
決めようとしていた。

しかし、ここもやっと「プロジェクト」が始まったばかり。
「結果」が出てないので、「株式会社ニシザワのレジチェッカー軍団」に決めた。

それぐらい、今回も激戦でした。

ですから、今回も「サプライズ」発表を期待しておいて下さい。


最後に「店長部門」
発表者は・・・。

株式会社いちやまマート
玉穂店 店長 甘利元氏


店長は「売上げを最大化」することが大事。

これは当たり前。
しかし、店長は「店の経営者」である。

経営は「収益」が大前提にくる。

この「店の経営者」をやってのけた人物を
「第九回 やる気と感動の祭典」の大トリに指名した。

徹底した“コストの見える化”
社員の“アイデア”を出してもらっての“業務改革”
社員、そしてお客様の“提案”による“サービスの進化”
などなど・・・。

「売上を最大化しつつ、コストを最少化する」
それも、社員が“喜んでコストを最少化する”ことに努める。

信じられますか?

そのやり方を全て発表してくれる。
全国のスーパーマーケットの「店長」に是非聞かせたいと思い、
「いの一番」に当確ランプがついた。

ものすごい内容ですよ。

今までの「販売」にフォーカスした発表とは「180度」違った
発表になるかもしれません。

しかし“新しい店長像”
「第九回 やる気と感動の祭典」で発表をしてくれるかもしれない。

そして、この店長の店のすぐ近くに、
今年3月「山梨最大のショッピングセンター」が開店する。

その「アファメーション」や「取組み」も含めて発表してもらう。

「負けてなるもんか!!」

の意気込みを・・・。
今回のこの「店長部門」、大激戦!

なぜそうなったのか・・・。
みんな「業績」が回復してきたから・・・。
だからすごい内容でした。

特に「おおさかパルコープ」の店長に発表させたかった。

最初は「2人」の発表者も・・・と考えてました。
しかし、やっぱりここは「1名を選ぶ」ことに意義がある。

涙をのんで、「おおさかパルコープ」の3名の店長を外した。
本当に涙をのんで・・・。

その「おおさかパルコープ」の3名の店長の分も、甘利店長は発表してほしい。
期待している。

そして、なんと、
甘利さんは、今年の「スーパーマーケットトレードショー」
“ベスト店長大賞”に選ばれました!

スーパーマーケット店長の地位向上を目的として
2009年から始まり、今回が3回目。

10日(木)14時から、甘利店長の
パネルディスカッションがあります。
トレードショーに行かれる方は、是非、御参加下さい。

以上8部門です。

最後に・・・“サプライズ”が・・・。

「特別発表」が第九回はあります。

「基調講演」は今回は無くしました。
その代りとして・・・

この「やる気と感動の祭典」の内容を企業に持ち帰って、
どのようにしたら“劇的に”結果を変えることができるか・・・
を実際に立証した企業に、“特別”に発表してもらう。

いわゆる

「1割の独自化と9割のモデリング」

の方法どのように行っているかを参加者に発表してもらう。
いいでしょ・・・。
この「企画」。今までよりも、もっと「結果」が変わりますよ。
この「発表」を聞いたら…・。
この「発表」を聞いて、同じように行えばいいんですもんね。

やっぱりこの企画は“サプライズ”ですから・・・。
当日まで「発表企業」はシークレットにしておきます。

ということで、今まで1744回ブログを書きましたが、
“過去最長”のブログとなりました。

「1月30日のブログ」

小生の“執念”を見せました。

今度は皆さんの“執念”を見せてもらう時です。

3月8日~9日
たくさんの社員さんとともに、経営者の方も参加して下さい。

“過去最高のセミナー”にしてみせます。
“伝説のセミナー”にしてみせます。


では、明日から「8日連続」で、”発表者紹介します。
すごいですよ・・・・・・・・。この“紹介”の内容は・・・・。
まさしく、「プロフェッショナル」ですよ。
こう、ご期待・・・・・・。

そして、「今日の一言」・・・。
「責任の大きさは、チャンスの大きさに比例する」
(米国第28代大統領 トーマス・ウィルソンの言葉)

by akindonet | 2011-01-30 17:00 | Comments(1)


「第九回 やる気と感動の祭典」
ボランティアスタッフ大募集中!

沢山の「やる気」と「感動」が待っています。
「新入社員研修」にも最適です。



詳細はこちらをクリックして下さい


「行動こそ真実!!」
皆様の御参加を心よりお待ちしております。





<緊急連絡>
お待たせしました!!

「第4回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
2月4日(金)に正式発表!!


「高品質低価格」の
“スーパーバリューセミナー”です。
春は2回に分けて開催!
セミナーのクオリティを最大化する為に
「1回 30名限定」
その為、2回開催します。


視察セミナーをご検討の企業様は
もう少しお待ちを!!





今日は山口・・・。

そして、今日は「土曜日」。

「運命の日」までとうとうあと1日。

発表企業へのFAXは「1月30日午後1時」に送ります。

「ひょっとして・・・」と思っておられる企業様や担当者様は
必ずFAXの前で待機しておいて下さい。

実は明日は「日曜日」。

実は本部や事務所の業務は「お休み」の日。

誰もいなくて「時間切れ」で辞退なんてこともある。

どうか、誰か一人でもよいので待機させておいて下さい。

お願いします。

そして、このBlogでの「発表者紹介」は・・・。

「1月30日午後5時」ピッタリに発表します。

日曜日ですが、みなさん是非、アクセスしてみて下さい。

恒例の春の「選抜高校野球」の・・・。

もしくは・・・。

オリンピックの「マラソン選手」発表・・・。

みたいな“緊張感”がありますよね。

「明日」。

「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者が発表される。

f0070004_14405258.jpg


実は1月29日午後6時現在で・・・。

まだ全発表者が決まっていない。

どうなることやら・・・。

「山口宇部空港」から到着後、自宅へ直帰・・・。

恒例ですが、誰とも口をきかず、最後、自分への「クエスチョン・シンキング」がスタートする。

「この選考(人選)で悔いはないか・・・。」

「この選考(人選)で“勝負”の第九回を乗りきれるか・・・。」

「この選考(人選)で、参加hさに夢と希望と勇気を与えられるか。」

「自問自答」の時間が始まります。

ものすごい労力と時間をかけて作成していただいたみなさんの為に・・・。

自分として悔いはないか?を問います。

「みんなを発表させたい!」という気持ちは当然あります。

「全員を発表させたい!」という気持ちがものすごくあります。

f0070004_14411224.jpg


f0070004_14412558.jpg


f0070004_1441385.jpg


エントリー企業数50社。

その中からたったの8名を選ぶ。

「身を切る想い」です。

今の心境は・・・。

そういうことを考えていると、毎日、前日はほとんど「徹夜」になる。

そして、早朝「ジョギング」をする。

小生の「身を清める」儀式。

シャワーを浴びて、会社へ向かう。

「午前9時」

アソシエイト全員に“初めて”発表する。

アソシエイトも誰も知らない。

この時まで・・・。

「トップシークレット」である。

ですから、発表後は・・・。

「説明会」のチケットの手配。

「FAX送付状」の作成。

「参加案内状」の作成。

を一気にスタートする。


f0070004_14383791.jpg


「一番緊張して働く時間」です。

そして、午後1時。

FAXを送るアソシエイトも“手が震える”。

“心臓がバクバク”する。

その後、見事10分後ぐらいから、電話がなりっぱなしとなる。


発表企業も「これからどうしたらよいか?」わからないため・・・。

発表企業とのやりとりは夜まで続く・・・。

冷静に他から見ると、「アホじゃないの?」と思う。

しかし、この「緊張感」「感動」がこの「やる感」を支えている。

特に「第九回 やる気と感動の祭典」は“初”の試み!。

“初”の大チャレンジ!!

「大失敗」するかもしれない・・・。

それくらい大きなかけである。

小生も「この発表者たちと心中するしかないな~」と腹をくくる。

そんな“記念”すべき「第九回 やる気と感動の祭典」。

さあ、どうなることやら・・・。

小生にも分からない。

さて、もうこのへんにしてまた「最終選考」にかかります。

明日。

「1月30日午後1時」発表者へFAX送付。

「1月30日午後5時」このBlogで発表者紹介。

こうご期待!

そして、「今日の一言」・・・。

「運命は己の道を見出すものなり。」

(古代ローマの詩人 ヴェルギリウス)

by akindonet | 2011-01-29 18:00 | Comments(0)


<緊急連絡>
お待たせしました!!

「第4回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
2月4日(金)に正式発表!!


「高品質低価格」の
“スーパーバリューセミナー”です。
春は2回に分けて開催!
セミナーのクオリティを最大化する為に
「1回 30名限定」
その為、2回開催します。


視察セミナーをご検討の企業様は
もう少しお待ちを!!





1月30日(日)午後5時
「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者を
このBlogで発表します!!


1月30日(日)午後5時
ピッタリにアップします。


乞うご期待!!



今日は「中部勉強会」…。

もう金曜日。

「運命の日」

まで、あと2日。

ここで、お願い。
発表者へのFax通知は

「1月30日(日)午後1時」

その日は日曜日
本部や事務所は「お休み」の日。

通知後、2時間後までに「受諾連絡」がない場合は、
次点の企業にいくことになります。

ですから、「ひょっとして」という企業様は、
一人、どなたか待機しておいて下さい。

お願いします。


正直、
“苦しんで”ます。
“悩んで”ます。

今回ほど、難しい選考はない。

どうしようか?

悩む。苦しむ。


自分で言うのも何ですが、
顔つきが変わってきている。

それぐらい「プレッシャー」の中で選考してます。

ちなみに、1名もまだ決まっていない。

「あと2日」

決まるのであろうか…。
集中力を高めて頑張ります。


そして、今日も「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリー企業の成功事例紹介です。

まずは、毎回素晴らしい「エントリー」をしてくる
大阪の「おおさかパルコープ」さん。

最初につるみ店の久野店長

f0070004_13101772.jpg


ニチエー瀬戸店をわざわざ視察に行く。

f0070004_13102961.jpg


「モデリング」の嵐。

f0070004_13104442.jpg

f0070004_13105276.jpg


年末の予約活動など徹底し、
Xmas売上げ前年比100.1%。
年末の売上げ昨年比102.1%。

次に、菓子部門

f0070004_1311718.jpg


ケーキのMDマトリックス。

f0070004_1311225.jpg

f0070004_13113697.jpg


予約の見える化。
これで、Xmasケーキの売上げは、
昨年比114.8%まで伸ばす。

次に、グロッサリー部門

f0070004_13115670.jpg

f0070004_1312834.jpg

f0070004_13121619.jpg


「提案型」売場に…。
全て“女性の力”です。

そして、鮮魚部門

f0070004_13123034.jpg

f0070004_13123856.jpg


「即食」の進化。

こんなことを徹底的に行い、
昨年比116%達成。

そして、西くずは店の新谷店長

f0070004_1313121.jpg

f0070004_13131986.jpg

f0070004_13132952.jpg


“イベント”や“ライブ”の連射砲です。
その甲斐あって、昨年比103.9%達成。

惣菜部門

f0070004_13135045.jpg


「寿司」のMDマトリックス。
見事!!

こういうことが結果に繋がる。

精肉部門

f0070004_13141126.jpg

f0070004_13142139.jpg


「高品質・低価格」の徹底。
これが見事、大ヒット!!

更に、東中浜店の上野店長

f0070004_13144287.jpg

f0070004_13145244.jpg


「昭和レトロ戦略」。
こんな戦略あったのか…?!

そして、青果部門

f0070004_13151350.jpg


カットフルーツの「戦略キャンバス」
見事!!

f0070004_13153411.jpg

f0070004_13154681.jpg


冬瓜の“ゲゲゲの癒し”戦略
Xmasの“手づくりケーキ提案”

こんなことを地道にやって、
昨年比109%。

次に、枚方公園店の西川店長

f0070004_1327304.jpg


「買物カゴもココロも満タンに」
とても面白い“スローガン”

f0070004_13274344.jpg

f0070004_13275159.jpg


お客様を楽しませる「サウンドPOP」や
店内に“鳥居”を作る。
素晴らしい取り組み


さらに、洋日配部門

f0070004_1316794.jpg

f0070004_13161623.jpg


「杵屋千年杉」を売り込んでいる。
「第八回 やる気と感動の祭典」の商品を早速モデリング。

スピードが上がってきた。

最後に、和日配部門

f0070004_13163197.jpg

f0070004_13164045.jpg


「冬にトコロ天」提案。
「人の行く裏に道あり、宝の山」です。

ものすごい数のエントリーをしてきた。
総合計564枚のパワーポイント。

「執念」

という言葉がピッタリである。
「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者の有力企業の一つ

そして、北海道稚内の「相澤食料百貨店」さん。

まずは、果物。

f0070004_1317347.jpg

f0070004_13171143.jpg


考え方が変わってきた。
その甲斐あって、昨年比114.4%。

さらに、菓子部門。

f0070004_1317244.jpg

f0070004_13173218.jpg


「Xmasオリジナル」セット。
派手さはないけど、忠実に「独自化」に進んでいる。

次に、精肉部門。

f0070004_13174610.jpg

f0070004_13175498.jpg


なんと“フォアグラ入り”ステーキ
“豚ロースステーキ”提案。
レベルが上がってきた。

そして、惣菜部門。

f0070004_1318884.jpg

f0070004_13181618.jpg

f0070004_13182743.jpg

f0070004_13183831.jpg


すごくレベルの高い部門。
「見事!!」である。

そして、日配部門。

f0070004_13185683.jpg

f0070004_1319557.jpg

f0070004_13192087.jpg

f0070004_13192846.jpg


相変わらず“ブルーオーシャン”を仕掛けてくる「洋日配」。
本当に一店舗しかない企業だけど、“素晴らしい!!”

日本の最北端。
稚内。

厳しい環境の中でも、必死に頑張っている姿に「感動」する。

こういう企業に“スポットライト”を当ててみたい。
そんな感じのする、素晴らしい企業です。

もう一社紹介するつもりでしたが、
今日はこれで限界。

ですから、明日に続く…。

あ~、本当に選べるのだろうか…?!
日曜日の午後1時までに…。


そして、「今日の一言」…
「何より大事なことは、ひたむきな向上心を持っているかどうか。
 そういう人は進化する可能性がある」
(映画監督 森田芳光氏の言葉)

by akindonet | 2011-01-28 18:00 | Comments(0)


<緊急連絡>
お待たせしました!!

「第4回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
2月4日(金)に正式発表!!


「高品質低価格」の
“スーパーバリューセミナー”です。
春は2回に分けて開催!
セミナーのクオリティを最大化する為に
「1回 30名限定」
その為、2回開催します。


視察セミナーをご検討の企業様は
もう少しお待ちを!!





1月30日(日)午後5時
「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者を
このBlogで発表します!!


1月30日(日)午後5時
ピッタリにアップします。


乞うご期待!!



今日は兵庫…。

朝4時起床…。
昨日も午前1時ごろ寝る…。

だから、もうクタクタですね…。

すぐに、シャワーを浴びて…。
新横浜駅へ…。

車中は、100%「第九回 やる気と感動の祭典」の選考
時間を費やす。

もう、目がチカチカし始めてます。

今日もコンサルティング終了後、
ホテルで夜中1時過ぎまで選考することになるでしょう。

“荒修行”真っただ中の小生です。

「運命の日」

まで、あと3日

「ひょっとして選ばれるかも…」

という方には、耐えられない日々…。
小生は“荒修行”の日々…。

実は、嬉しいことが一つあります。

今回、エントリー企業が50社を超えたことです。

すごく嬉しい。
すごく「感謝の気持ち」で一杯です。

そして、なんといっても…

「レベルが高い」

今回は、もの凄いレベル。

なぜなんだろうと思ったんです。
その結論が出ました。

何だと思います…?!
それは…

「12月の業績が全社すこぶる良い!!」

こと。
パワーポイントを見て分かります。

かなり、いいですね…。

だから、「気合い」が違います。
よって、小生の「苦しむ」日々が続く…。



ということで今日も「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリーしていただいた企業様の成功事例の紹介です。

まずは、前回“念願!!”の発表者を出した
島根の「ウシオ」さん。

f0070004_1123814.jpg


みかんで「仮説」販売した。

f0070004_11233545.jpg


その売場。
そして、結果。

f0070004_11234735.jpg


なんと、12月トータル前年比119.3%

そして、野菜…。

f0070004_1124378.jpg


トマト昨年対比136%
豆カテゴリーは、なんと前年比147%

f0070004_11241472.jpg


低迷している「おせち」野菜も絶好調

f0070004_11242692.jpg


また、生花も141.5%

次に、鮮魚…。

f0070004_11243958.jpg


Newへの挑戦を果敢に挑戦!!

f0070004_11244969.jpg


なんと「マグロステーキ」を進化させた。
また、写真はないが、全てのことを進化させて…。

f0070004_1125045.jpg


12月29日~31日の結果。
昨年比132.4%

島根は「大雪」

そして、和日配。
ダウントレンドの「練物」。

f0070004_11251657.jpg

f0070004_11252846.jpg


予算を楽々クリアー

f0070004_11254440.jpg

f0070004_11255224.jpg


そばも、楽々クリアー。
ものすごいパワー。

そして、洋日配(日配菓子)。

f0070004_1126489.jpg

f0070004_11261975.jpg


販売シュミレーションを立てて、
昨年比110%

そして、「独自化スイーツ」。

f0070004_11263746.jpg


ダントツの単品売上げ、
粗利益1位

そして、食品…。

f0070004_11265542.jpg


まずは、「販売シュミレーション」

f0070004_1127681.jpg

f0070004_11271630.jpg


それに基づいたエンド展開。

そして、店長…。
医大通店。

f0070004_11272952.jpg

f0070004_11274028.jpg


斐川店。

f0070004_11275481.jpg

f0070004_112823.jpg


平田店。

f0070004_11281556.jpg

f0070004_11282518.jpg


絶好調の店。
北部店。

f0070004_11284010.jpg

f0070004_11284845.jpg


木次店。

f0070004_112913.jpg


シクラメンをXmasに量販。

f0070004_11292189.jpg


切りもちの「コトPOP」。

前回、発表者を出してから
「企業が変わった!!」

本当に「変わった!!」。

今後がますます期待できる。


次に、初めてのエントリー。
千葉の「おおたや」さん。

f0070004_11395333.jpg


これから…。
これから…。

こういう「勇気ある第一歩」が大切
先輩企業に食らいつけ!!


次に、高知の「安芸ショッピングセンター」さん。

f0070004_1129483.jpg


Xmasに「ローストビーフ」サラダの挑戦。

f0070004_11295782.jpg


出ました!!
「サンシャイン」ワールドの「単品量販」。

f0070004_1130775.jpg


なんと、「運試し」抽選会

「いいですね!!」

こんな感じ…。


今日はこれぐらいにしておきます。
まだ「選考中」なので…。

しかし、「すごいパワー」ですよね。
これが、

「やる感パワー」

です。
もう「1社1,000枚」以上のエントリーがかなりある!!

本気で「発表者」を狙っている。
だから、こちらも真剣です。

では、明日に続く…。


そして、「今日の一言」…
「大胆に挑戦すれば世界は必ず譲歩する。
 チャレンジし続けよう。
 困難のほうが屈服するまで」
(イギリスの小説家 ウィリアム・メイクピース・サッカレーの言葉)

by akindonet | 2011-01-27 18:00 | Comments(0)


<緊急連絡>
お待たせしました!!

「第4回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
2月4日(金)に正式発表!!


「高品質低価格」の
“スーパーバリューセミナー”です。
春は2回に分けて開催!
セミナーのクオリティを最大化する為に
「1回 30名限定」
その為、2回開催します。


視察セミナーをご検討の企業様は
もう少しお待ちを!!





1月30日(日)午後5時
「第九回 やる気と感動の祭典」の発表者を
このBlogで発表します!!


1月30日(日)午後5時
ピッタリにアップします。


乞うご期待!!



今日は「東京七社会」。

久しぶりの東京ですが、逆に移動時間時に座れないので、
「第九回 やる気と感動の祭典」の選考ができない。

すごくもったいない。

昨日の段階で42社
今日も多分増えることだろう…。

全てのパワーポイントに何回も目を通す。
回を重ねるごとにレベルが上がってきている。

この「やる気と感動の祭典」が、
どれだけ全国の地方スーパーマーケットの基準を上げたことだろう。

もしも、まだ参加されていない企業様がおられましたら
是非、お申込み下さい。

「百聞は一見にしかず」

と言いますから…。
先日お伺いした「フレスコキクチ」さんも気合い十分

「絶対に発表者に選ばれたい!!」

という執念みたいなものの“オーラ”が出てましたね…。
“オーラ”だけでは選ばれないけどね…(笑)


そこで、今日からエントリーしていただいた企業様
取り組み紹介です。

「アイウエオ」順に紹介します。

まずは、前回「第八回 やる気と感動の祭典」で
“大トリ”をつとめた「株式会社 アーク」さん。

f0070004_13565858.jpg

f0070004_13571262.jpg

f0070004_13572432.jpg


なんと、Xmasイヴは131.7%

f0070004_1358199.jpg

f0070004_1358292.jpg


鮮魚も、103.8%

f0070004_13584736.jpg

f0070004_13585735.jpg


「ソースMDing」も取り入れて、116.9%の伸び。

f0070004_13592271.jpg

f0070004_1359305.jpg


デリカも102.6%

f0070004_13594636.jpg

f0070004_1359559.jpg


初めて“独自化”のケーキを取り組む。
前年比125.8%

見事!!

3月に競合店が出店してきても、
前年比を超えることができた。

「やる感効果」

“燃え尽き症候群”になっていないようだ…。

次に、これまた発表者を最も多く出している
山梨の「株式会社 いちやまマート」さん。

まずは、一宮店のグロッサリー
水上さん。

f0070004_1401969.jpg

f0070004_1402790.jpg


Xmasは「独自化」のチーズを仕掛け、
コーラのボリュームサプライズ陳列を仕掛ける。

次に、玉穂店のデリカの中村さん。

f0070004_1405271.jpg

f0070004_141378.jpg


メイトさん(パートタイマー社員)との
“情報の共有化”と“見える化”
過去最高の粗利益高を実現中。

そして、玉穂店のベーカリーの野村さん。

f0070004_1413697.jpg

f0070004_1415071.jpg

f0070004_1421050.jpg


「仮説販売」と、なんとオペレーションでの「戦略キャンバス」づくりで
収益大幅改善。

次に、城山店の“伝説の女性”勝俣さん。

f0070004_1423061.jpg

f0070004_142393.jpg


やっぱり、この方は「勇気ある挑戦」です。

次に、なんと“田村超え”を果たした?
赤坂店の小澤さん。

f0070004_143135.jpg


という考え方の例で、「ステーキ」をこう展開した。

f0070004_1431830.jpg

f0070004_1432716.jpg


こんなことを徹底的に行い、
ステーキの粗利益高259%を達成。

そして、こちらも“発表者の一人”天野さん。

f0070004_14438.jpg

f0070004_1441211.jpg

f0070004_1442153.jpg


売り切る力は、まだまだ健在。

前回、発表者を初めて出した「レジチェッカー」部門。
増坪店の奥山さん。

f0070004_1445033.jpg

f0070004_145020.jpg

f0070004_145106.jpg


なんと、予約の「戦略キャンバス」をつくる。
商品や販売だけでなく、予約にも活用できることを証明する。

また「サスティナビリティー」の運動。
素晴らしい。

最後に、玉穂店店長 甘利さん。

f0070004_1453137.jpg

f0070004_1454732.jpg

f0070004_146426.jpg

f0070004_1461898.jpg


「エコレーション」というプロジェクトで、
いろんな取り組みをして“収益アップ”を取り組む。

凄いね~。

もう少し、紹介したかったけど
ここが限界。

まだまだ続きます。


そして、「今日の一言」…
「やってみなわからしまへんで、やってみなはれ」
(サントリー創始者 鳥井信治郎氏の言葉)

by akindonet | 2011-01-26 18:00 | Comments(0)

“ニューへの挑戦”…



「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリーのご応募ありがとうございました。

25日19時30分現在で42社のエントリーをいただきました。
厳正なる選考をいたしまして、
1月30日(日)に発表させていただきます。


乞うご期待!


発表は1月30日(日)!



朝、4時起床…。
睡眠時間、3時間…。

シャワーを浴び、今日は宮城県へ…。

「東北勉強会」。
「フレスコキクチ 角田店」へ向かう。

昨日は、約20社のエントリーに目を通す。

みんな、「基準」が上がってきている。
毎回、毎回、「選考」が難しくなってきている。

嬉しい悲鳴である。

こんな日が、あと5日間続く…。
「最高の幸せ」を感じながら…。


さて、明日から恒例の“エントリー企業紹介”をスタートします。

毎日でなく、1週間に3~4日ぐらいを
この「エントリー企業紹介」にしようと考えてます。

是非、楽しみにしておいて下さい。

この
「“エントリー企業紹介”のパワーポイントを見るだけでも勉強になる」
と言われる方も多い。

それぐらいレベルが高い
(しかし、当日の発表者のレベルはこんなものではありません…)

ですから、明日から期待しておいて下さい。

「人間力ワールド」

の爆裂です。


ところで、今日は「挑戦」について…。

昨日、山梨の「いちやまマート」さんにお伺いした。

実は、「いちやまマート」は今年春、
初めて“県外”に出店する。

「長野県諏訪市」への出店。

山梨県では「ネームバリュー」があるが、
長野県では「ゼロ」

「ゼロからのスタート」である。

それに加えて、昨年12月、
「綿半」というホームセンターを営む企業が
スーパーマーケットを併設した。

いわゆる「日本型スーパーセンター」

これがまた「ムチャクチャ安い」
度が過ぎるくらい安い。

正直、「綿半」が日本型スーパーセンターにするまでは、
“楽勝”ムードが漂っていた。

しかし、そこから「危機感」が社内に生まれる。

ということで、“小生の出番”

12月30日に、三科社長とリサーチ。

そして、昨日、その「対策」を話す。

バイヤーにとっては「嫌だな~」ということばかり。
いろいろ「口実」や「言い訳」をして、
やらない方向にしようとしむけることばかり…。

しかし、これを実現していかないと
「県外出店」の成功はない。

たった一つ、山を越えただけで「食文化」が全く違う

それをしっかりと捉えなければいけないし、
「諏訪初」のことを“連射砲”のように、ぶちかまさなければいけない。

その「諏訪初」を伝授した。

さぁ、「いちやまマート」のバイヤーさんたちの腕の見せ所である。
期待している。

今回、感じたこと。

「県外出店」

って、本当に難しいことを実感する。
関東や関西、中部など、「~圏」という経済や文化を形成しているところは、
そんなに難しくないと思うが…。

山や川で、文化形成が遮断されている「県外出店」は
本当に難しい。

だから、GMSや大手スーパーマーケット企業は
凄いな~と思う。

よく、この「文化」の違いに対応できていると思う。

しかし、良いことです。

全く自分たちの「文化」や「ネームバリュー」が通用しないから、
また「新しい文化」をつくることができる。

なんの「足かせ」もない。
思いきってできる。

だから、「新しい企業文化」をつくれるチャンスである。

丁度、開店の1ヶ月位前に、
「第九回 やる気と感動の祭典」があるので、
ここで“社員のモチベーション”も上げられる。

「挑戦」

う~ん、なんの「手かせ足かせ」のないところでできる幸せだよね~。
みなさん、期待しておいて下さい。

「いちやまマート」の“エース”
長野県諏訪に集結しますので…。

さらに、今年、
小生のクライアント企業は「出店ラッシュ」

このご時世で出店できる。

ありがたいことである。

しかし、今の時代の「新規出店」は
以前とは比べものにならないくらい「リスク」が伴う。

ですから、今までの「成功体験」では成功しない。

いかに「サムシング・ニュー」していけるか…
いかに「新しい基準や取り組みに挑戦」できるか…

にかかっている。

徹底的に「挑戦」する。

「成功するまであきらめない!!」

そういう気持ちを強く持った企業のみが、
今年の「新規出店」の勝利者となる。

これは間違いない。

その「挑戦」のヒントが…。

明日からの、このBlogにあるかもしれない…。
3月8日(火)~9日(水)の「第九回 やる気と感動の祭典」にあるかもしれない…。
5月~6月の「第四回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」にあるかもしれない…。

「1割の独自化と9割のモデリング」

これこそ、「加速成功」の方法である…。
「挑戦」のヒント探し。

今、もっとも大切なこと。


そして、「今日の一言」…
「人には何度かチャンスがある。
 それに挑戦する人としない人の違いが、女神と握手できるかできないかの分かれ目です」
(日立製作所元会長 三田勝茂氏の言葉)

by akindonet | 2011-01-25 18:00 | Comments(0)

“成長”し続ける為に…



「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリー〆切は明日!!

今回のテーマは“プロフェッショナル”

Xmas~正月商戦の成功事例はもちろん、
“これだけは誰にも負けない!”ものがある
という方!


詳細はこちらをクリックして下さい


全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


〆切は、1月25日(火)(必着)



今日は山梨…。

もちろん日帰り出張…。

本格的に今日から「第九回 やる気と感動の祭典」の選考をスタートします。
今週は「24時間」がすごく短く感じる一週間になりそうです。

そして、成功事例やエントリーの締め切りが、
とうとう明日(25日)となりました。

まだ、提出されてない企業は、必ず提出してください。
参加企業は義務づけされています。

この「やる気と感動の祭典」は…。
少なくとも、直接、小生が指導している企業様は、
100%提出すること。

成功事例も報告できない企業を指導する気はありません。

今年は、小生の“基準”を上げるために、
直接指導先企業の変更をさせていただきたいと思っております。

成功事例もろくに提出できない企業は、
真っ先に変更させてもらおうと思っています。

“やる気”がないという証拠ですもんね。


ところで、今日は「成長」について…。

昨日、文化堂さんで、
何人か「やる気と感動の祭典」のエントリー者の発表があった。

その中に、「第八回 やる気と感動の祭典」
精肉部門で発表した、土戸達也さんがいた。

あの「第八回 やる気と感動の祭典」で…

「12月30日、500万円に挑戦します」

というアファメーションをし…

「12月トータルで、前年比120%達成します」

とまたまたアファメーションをした。

「どうかな…?!」
と小生は思っていたけど…

人間って、何かに「気づき」「宣言」「行動」すると
大きく成長するんですね。

結果は…

「5,037,000円」

達成!!
なんと

「前年比 192%」

そして、12月トータル
前年比120%いきました。

みんさん、精肉だけで「500万円」ですよ。
地方の多い“正月需要”のない都内で…。

もちろん、過去最大の売上高…。
今までの最高は…

「340万円」

それを一気に更新する。
これが、

「やる感効果」

というものです。
発表者は「アファメーション」した以上、
達成しなければいけない“プレッシャー”

この良い“プレッシャー”が人間を成長させる。

そして、「土戸でも発表できる。自分にもチャンスがある」
という雰囲気が社内に伝染し、他のみんなも

「勇気ある挑戦」

をスタートする。
すると、

「結果が変わる」

んですね。
これも、

「やる感効果」

「フレスコキクチ」さんや「いちやまマート」さん。
「紅屋商事」さんなどでも、こんな雰囲気になってました。

もちろん、他の企業もそうでしょう。

こんな「セミナー」他にありますか…?!

これも、経営者からバイヤーから店長から担当者、
パートタイマー社員まで一緒になって参加するセミナーだからだと思う。

実は、「やる気と感動の祭典」はこんな傾向があります。

経営者自ら参加している企業は、
継続して参加する傾向にある。

しかし、経営者が一度も参加されない企業は
途中で挫折する。

やはり、これは「セミナー後」のアクション。
いわゆる“行動力”の違いだと思う。

経営者が参加しているので、

“絶対に行動しなければいけない!!”
“絶対に結果を変えなければいけない!!”


だから、参加者は必死になって

“行動”する。
“結果を変えよう”とする。

こういう時代だからこそ、
こういう「雰囲気」づくりが大切だと思いませんか?!

「経営者の姿勢」が「会社の雰囲気」を変える。
「経営者の姿勢」が「社員を成長させる」ことができる。


そんなことを昨日、感じた。

今まで「1日300万円」も売ったことのない人間が、
12月30日とはいえ、

「1日500万円」

売る。
それも、たった3ヶ月

「大きく成長」

した。
こんな“良いスパイラル”が全社に伝染したらどうなるのだろう…?!

とんでもないことが起きますよね。
これが、

「やる感効果」

といわれるもの。
「第九回 やる気と感動の祭典」は、
今までとは全く違うテーマ

小生は今、「ストーリー」を考えている。

みなさん、ただ単に、
小生は発表者を選んでいるのではない。

「参加される方々が結果を変える」ことができる発表者を選ぶ。
「参加される企業にムーブメントを起こす」ことができる発表者を選ぶ。

そして、小生が徹底的に関わる。

だから、「ストーリー」をまず小生は考えます。
その「ストーリー」に当てはまる発表者であれば、

“即、当選”

しかし、そんな人は今まではほとんどいない。
ですから、ものすごく悩む。苦しむ

今回も「10,000枚」以上のPower Pointにすべて目を通す。
何回も何回も…。

本当に「目が痛くなる」。

しかし、「タイムリミット」は決まっている。

「1月30日(日) 午後1時」

この時間に、8枚の紙をFaxしなければならない。
しかし、このことが

「参加者の成長」
「参加企業の成長」


そして、

「発表者の成長」

に大きく貢献するのだから…。
みんなの「成長」の為に、やりますよ…。


そして、「今日の一言」…
「私たちは、自分でつくった習慣のようにしかならないのだ。
 勇気ある行動を続けている人は勇敢な人となる」
(古代ギリシャの哲学者 アリストテレの言葉)

by akindonet | 2011-01-24 18:00 | Comments(0)


「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリー〆切まで、あと2日!

今回のテーマは“プロフェッショナル”

Xmas~正月商戦の成功事例はもちろん、
“これだけは誰にも負けない!”ものがある
という方!


詳細はこちらをクリックして下さい


全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


〆切は、1月25日(火)(必着)





山口茂先生の大人気番組!
待望の第二弾 絶賛公開中!!

「売れるPOPの法則!!」 二時間目


売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」を

分かりやすく展開していくPOP担当者必見のレギュラー番組がスタート!


ご視聴される方はこちらをクリックして下さい。



今日は、日曜日・・・。

しかし、仕事。

コンサルティング・・・。

さて、とてもくどいようですが、「第九回 やる気と感動の祭典」の“成功事例報告”
並びに“エントリー”の締切りが迫ってきました。

1月25日(火)

何回も申します。

「やる気と感動の祭典」は“結果を変えるセミナー”です。

「やる気と感動の祭典」は“情報の共有化”をするセミナーです。

「やる気と感動の祭典」は“挑戦”するセミナーです。

少なくとも「第八回 やる気と感動の祭典」の参加企業は
全社提出していただくことを希望する。

お待ちしています。

ところで、今回は「新しい基準」について・・・。

小生は、著書「スーパーマーケットのブルーオーシャン戦略」の本の中で、

「粗利益率から粗利益高」発想というのを提唱しました。

「高度成長期」や「出店することに価値があった」時代は“粗利益率”で管理していれば、
確実に“増収増益”となっていった。

それが、「低成長過剰期」に突入し、出店することに価値がなくなり、

売上げも思うように伸ばすことはできない。

そこで、フォーカスしなければならないのが「粗利益高」。

「いかに売れて儲かる商品を売り切るか」

粗利益率発想だと売上げをとりにいくより、ロスを減らし、
安全パイで利益と取りに行く行動をとる。

すると「粗利益率」は取れる。

しかし、これでは売上げがついてこない。

だから店がどんどん衰退していく。

それに引き換え、「粗利益高発想」は、売上げにフォーカスする。

粗利益高を確保する一番の方法・・・。

それは、「売上げの最大化」である。

そして、その中で売り込む商品が「売れて儲かる」商品。

しかし、この「売れて儲かる商品」はそう簡単には売れない。

販売の工夫が必要だということ。

コト販売・・・。

試食販売・・・。

ライブ販売・・・。


いろんな創意工夫をしなければならない。

ですから、この創意工夫が「店舗力」につながり、「人間力」に繋がっていくのである。

だから、これからは「粗利益高」発想である!!と声高に言った。

しかし、今後はそれを進化させていかねばならない。

そこで、業績のよい企業がフォーカスしているのか「商品回転率」。
特にグロッサリーやデイリーなどの平ケースやエンドの「商品回転率」を重要視している。

その為にはちょっとした「ルール」変更をしていかねばならない。

それは「発注のルール」。

「発注してから、売場を考える(売場計画する)」ではダメ!!

「売場計画して、発注する。」

これにルールを変えなければいけない。

そうすることにより、「早めの見切り」をするようになる。

売れなければ、どんどん「移動する」「値引き」するなどの仕掛けをする。

そうすることにより、平ケースやエンドの回転率が上がってくる。

それが、ひいては売上げや粗利益高に繋がってくる。

しかし、今の現状は・・・。

「発注してさあ、どういう売場にするか・・・。」という考え方の
売場担当者が多いので、「エンドのアイテムが多い」
「平ケースのアイテムが多い」
となる。

いわゆる「残り物」売場になる。

これでは回転率がますます悪くなる。

だから「ルール」を変えていかねばならない。

それが「売場計画して発注」というルールである。

当たり前のことであるが、この当たり前ができない。

その「当たり前」を徹底してやらそうということ。

今年、徹底的に「商品回転率」にフォーカスします。

そして「過去最大の売上高と過去最高の粗利益高を確保」します。

みなさんの店は今、どんな考え方ですか・・・?

粗利益率?

粗利益高?

商品回転率?


そして、「今日の一言」・・・。

「考え方を教えるべきで、考えたことを教えるべきではない」

(ドイツの作曲家 グルリット氏の言葉)

by AKINDONET | 2011-01-23 18:00 | Comments(0)


「第九回 やる気と感動の祭典」
エントリー〆切まで、あと3日!

今回のテーマは“プロフェッショナル”

Xmas~正月商戦の成功事例はもちろん、
“これだけは誰にも負けない!”ものがある
という方!


詳細はこちらをクリックして下さい


全ての方に“チャンス”があります!
皆様のエントリーお待ちしております!


〆切は、1月25日(火)(必着)





山口茂先生の大人気番組!
待望の第二弾 絶賛公開中!!

「売れるPOPの法則!!」 二時間目


売上げアップにつながる「売れるPOPの法則」を

分かりやすく展開していくPOP担当者必見のレギュラー番組がスタート!


ご視聴される方はこちらをクリックして下さい。



今日は朝の電車で甲府から東京へ・・・。

今日は「オフィス」。

「第九回 やる気と感動の祭典」の選考スタートです。

そして、面接。

バタバタの日々を過ごす。

さあ、来週は「第九回 やる気と感動の祭典」の本格選考です。

1月25日~29日までのこの5日間で選考します。

「ほとんど徹夜」です。

もちろん、ぎっちり「コンサルティング」の予定は入っている。

ですから、選考は夜。

よって、月曜日からは「禁酒」。

一滴もお酒を口にしません。

そうしないと、小生の身体が悲鳴を上げる。

一年に3回、この“荒修行”が待っている。

大変だけど、頑張ります。

ですから、「第八回 やる気と感動の祭典」に参加された企業様は
「全社」提出をお願いします。

その御礼として・・・。

恒例の「事例紹介」をこのBlogでさせていただきます。

小生の「荒修行」にご協力を・・・(笑)

そこで、今日は「第九回 やる気と感動の祭典」について・・・。

開催日は3月8日~9日。

場所は「東京ベイ舞浜クラブリゾート」です。

「夢とロマンのファンタジー」の場所。

この「ディズニーリゾート」に来るだけでなぜかウキウキする。

そんな場所が「やる気と感動の祭典」の殿堂の場所です。

今回で「東京ベイ舞浜クラブリゾート」での開催は3回目。

そして「第九回」として、またまた今回は「進化」します。

というより「ニューへの挑戦」。

今までは「販売」にしぼった内容でした。

「消費不況」に突入し、販売力を飛躍的に高めないと。

売上げがどんどん落ちてくる。

粗利益額が落ちてくる。

すごい「危機感」を感じていました。

ですから「最強の販売力」をつけることのできる内容にしようということで、
「販売力」にフォーカスしました。

その中で、レジチェッカーの「販売への取り組み」が脚光を浴びました。

今では、レジチェッカーの販売協力は当たり前の文化となってきました。

そういう意味では、この「やる感」の存在は大きかったです。

そして、発表企業が競い合うように「ニューへの挑戦」の発表をくり返す。

よって、参加者は「カルチャーショック」を受ける。

その「カルチャーショック」が「気付き」となり“企業の活性化”へと繋がった。

「結果が変わる」セミナーとして、瞬く間に噂が広がった・・・。

そして、「経営者からパートタイマー社員さんまで一緒になって勉強するセミナー」。

今までの“常識”を覆したセミナーとなった。

「流通業始まって以来のセミナーだよ」

「まさしく“バリューイノベーション”セミナーだ」


と評価していただける方もいた。

すごく嬉しかった。

「たった8回」

ですが、その中で色んな“イノベーション”を起こせたと自負している。

しかし、このまま続けていては、「やる感」の存在感はなくなる。

このまま続けては、商人伝道師っぽくない。

このまま続けていては「イノベーション」を起こし続けられない。

だから「破壊」した。

「創造的破壊」

このまま続けても、それなりの“業界貢献”はできたと思う。


しかし、正直どうなるかは分からない。

「第九回 やる気と感動の祭典」

しかし、こだけは言えます。

「今までにないセミナー」になる。

「今までで感じたことのないセミナー」になる。

「こんなセミナーを求めていたんだよ!」
と言っていただけるようなセミナーにする。

第九回は「基調講演」をなくします。

第八回まで続けてきたことです。

【第一回】サンシャインチェーン相談役 竹島寛氏

【第二回】元クィーンズ伊勢丹、元パレ社長 田村弘一氏

【第三回】女子ソフトボール日本代表チームトレーナー 大石益代氏

【第四回】メンタルトレーナー 岡本正善氏

【第五回】株式会社環境経営戦略総研 取締役社長 村井哲之氏

【第六回】株式会社ハー・ストーリィ 代表取締役 日野佳恵子氏

【第七回】株式会社日本エンタプライズ 東京列車営業支社アドバイザー 齋藤泉氏

【第八回】サマンサ・ジャパン株式会社 代表取締役会長兼CEO 小野英輔氏


すばらしい講演ばかりでした。

しかし、9回はその評価の高かった「基調講演」を破壊しました。

より「8名の発表時間」を取るためです。

「1名50分」の復活です。

そして「第九回」のテーマ。

それは・・・。

「プロフェッショナル」

一つのテーマでとことん「狭く、深く」発表してもらう。

ですから、他部門の発表でも全て参加者は参考になる。

第八回まではなかったこと。

「8人の発表者」「8部門の発表者」

全ての発表者の発表が全て参考になる。

考えただけでワクワクする。

「こんなセミナー、今までなかったよね!」

「業界初の試みだよね!!」


しかし「初」だからこそ、“発表者”と“アソシエイト”と“ボランティア”は責任重大。

「第九回が失敗したら、“やる気と感動の祭典”はなくなる・・・」

「創造的破壊」ならいいのだが・・・。

「自ら成功体験を破壊して終わり!!」

なんていうことにもなりかねない。

小生はそうなってもいいと思っている。

「成功体験をズルズル続けるよりも・・・。」

覚悟はできています。

発表者が・・・。

アソシエイトが・・・。

ボランティアが・・・。

「やる気と感動の祭典」の存続をかけて挑む「第九回 やる気と感動の祭典」。

緊張感と危機感でとんでもないセミナーになること間違いなし。

この第九回の発表者は“後世に名を残すこと”になる。

「第九回 やる気と感動の祭典」

今まで流通業界のセミナーで実現することのなかった内容のセミナー。

それを2日間かけて行う。

計14時間の“スーパーロング”セミナー。

「生き証人」として参加して下さい。

商人伝道師がどんな「仕掛け」をするか・・・。

それを見に来るだけでも価値があると思いますよ。

「商人伝道師マジック」がまたまた炸裂するか・・・。

「破滅への第一歩」となるか・・・。

他人の破滅する姿を見るのはおもしろいですよ~(笑)

それを感じるだけでワクワクしませんか・・・。

「第九回 やる気と感動の祭典」

エントリーをお待ちしております。

ご参加をお待ちしております。

そして、「今日の一言」・・・。

「最も大きな危険は勝利の瞬間にある。」

(ナポレオンの言葉)

by AKINDONET | 2011-01-22 17:58 | Comments(0)