「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2010年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧



省エネルギー法改正とスーパーマーケットの対
第3部


省エネルギー法改正に対して、スーパーマーケット業界は、
どのように対応していくべきか?

法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 特任講師である、
黒須香織氏が具体例を上げつつ解説していく。

第三部は、具体的実行策を伝授する。


ご視聴になられる方はこちらをクリックして下さい。



今日、夜、帰京・・・。

夜、オフィスに入る。

打ち合わせ後、2カ月間アルバイトで頑張ってくれた梶原君の“送別会”。

若いっていいですよね~。

彼は大分から東京へ“就職探し”に上京。

大分県の“日本文理大学”の4年生。

宮崎の「ケーブルテレビ」に内定している。

でも東京に出たくて“就職活動”を続けていた。

その合間にバイト・・・。

小生にはほとんど会うことはなかったが、「やる感」などではビシビシ小生から鍛えられた。

たぶん、“素晴らしい社会人”になってくれることでしょう。

まあ、約一名の女性の「ペット化」となっていたけどね・・・(笑)



ところで、今日は「理念」について・・・。

先日の「第八回 やる気と感動の祭典」の基調講演をしていただいた

株式会社サマンサ・ジャパンの小野会長から学んだこと。

それは・・・。

「理念の大切さ」でした。

「理念を売り、理念で育つ。」

小野会長が二つの「理念」があることを言われていた。

一つは、「企業が目指す方向」。

それが「企業理念」であると・・・。

もう一つが「私(社長)が経営する目的」。

それが「経営理念」であると・・・。

「お客様に対する企業理念と従業員向けの
経営理念を分けている」
と言われていた。

これがすごく印象に残ったんですね。

それから自社の「理念」を考え直しています。

「お客様に対する企業理念」はしっかりとある。

でも、よくよく考えると“アソシエイト向け”の経営理念がないことに気づいたんですね。

アソシエイト向けに対して理念をつくってもいいと・・・。

ですから、今、商人ねっと株式会社では「経営理念」を作り上げようとしています。

何日も何日も・・・。

自分で「経営理念」を考えています。

そう簡単にはできないものです。

心の底から湧き出るものが「理念」だと思っているからです。

正直苦しんでいます。

しかし、色んな会社にお伺いしているが、

確かに“お客様に対する”企業理念はあっても
“従業員”に向けての経営理念ってほとんどないんですね。

でも、尊敬する京セラの稲盛和夫名誉会長は創業時、

従業員向けの経営理念から作っておられる。

小野会長と出会って、「企業理念」と「経営理念」の違いを初めて知って、

やっと京セラの「経営理念」が肝に落ちたんですね。

「なるほどなー」っと。

会社の経営者というのは、誰よりも従業員(アソシエイト)を大切にする。

そして、志を共にして働いていただいている従業員(アソシエイト)を

“幸せ”にしたいと考えている。

だから、そのアソシエイトに向けての「経営理念」を持たねばならないんですよね。

今の「商人ねっと株式会社」はなかった。

「ハッ!!」と気づかされたんですね。

だから「行動こそ真実」で、今それを考えぬいています。

それを12月4日の来期の「戦略ミーティング」で発表しようと思っています。

「もう耳にタコができるくらい話続けなさい。」

それが「理念教育」の原点であると小野会長に言われた。

それを信じて何回も何回も言い続けようと思っています。

アソシエイトは「また始まったよ~」と思うと思いますけど・・・(笑)

これからの「減の時代」。

最後に問われるのは「人間力」。

人間力は「理念」によって育つもの。

先日、ディビット・マレイという方が書いた「ブレーン・ハッカー」という本を読んでいたら、

「20世紀は“情報の時代”」

「これからは“概念の時代”」と書いてあった。

「概念の時代=コンセプトの時代」

まさしく「理念の時代」だと思っている。

「企業理念」と「経営理念」。

利益だけを追求すると、企業としての“社会的責任”から外れることもあり得る。

しかし、利益がなければ組織としての存続はないし、市場変化に柔軟に対応できない。

だから、「企業理念」と「経営理念」は一体であり、背中合わせなのである。

今日は「理念」についてでした。

そして、「今日の一言」・・・。

「企業文化や経営理念がスタッフの顔ぶれを決める」

(グロービス代表 堀義人氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-30 18:18 | Comments(0)


省エネルギー法改正とスーパーマーケットの対
第3部


省エネルギー法改正に対して、スーパーマーケット業界は、
どのように対応していくべきか?

法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 特任講師である、
黒須香織氏が具体例を上げつつ解説していく。

第三部は、具体的実行策を伝授する。


ご視聴になられる方はこちらをクリックして下さい。



今日から徳島・・・。

もう11月も終わり。

さあ「師走」。

小売業が一番大切にする月。

やはり、12月は何か違いますよね。

みなさん、昨日の「龍馬伝」の最終回はご覧になられましたか?

今回の「龍馬伝」は事実と違う部分が多々ありましたが、こういう時代だからこそ、

あのような「ヒーロー伝説」はいいですよね。

小生も坂本龍馬は大好きな一人。

小生の座右の銘。

「世の中の人はなんといも云わば云え。

我がなすことは、我のみぞ知る。」


昨日もでてきましたね。

本当に素晴らしい言葉。

でも、この言葉。

みんな「あれっ!」と思うことをしないと、言えない言葉ですよね。

普通にやってたり、常識論でやってたら、「なんとも云いません」もんね(笑)

この言葉は小生なりに解釈すると・・・。

「世の中の為になると思ったら、どんな障害や障壁があっても、挑戦すべし。

まだ、“良識ある非常識”たることをやり続けるべし」


としています。

みんなが何と言おうと、必ず世の中の為になると信じてやり続ける。

あの「龍馬伝」で坂本龍馬が言ったことで印象に残った言葉。

それは・・・。

「命を狙われるぐらいのことをせんと、世の中は変わらんぜよ!」
という言葉。

ズキッときた。

他人から批判、非難、誹謗中傷されるぐらいのことをせんとダメなんだな~っと。

まだまだ、自分は常識人やな~と、

もっともっと勇気を持って動かないかん!と。

30歳前後の若者が「日本の為に」勇気を持って、動いた時代。

それが、「幕末維新」。

昔のようですが、たった約150年前のこと。

このBlogでも書きましたが・・・。

近代日本が大きくパラダイムシフトした時が過去に二つあります。

一つが1945年8月15日。

そうです。

「終戦日」です。

これから日本が大きくパラダイムシフトした。

それが約70年前。

そして、もう一つが「明治維新」。

「幕末維新」が終了したのが国内の最後の内戦「西南戦争」終了時だと言われる。

それが1877年。

約140年前。

そうです。

1945年から約70年前。

ということは、ちょうど今が新しい「日本」が創り出される時ではないでしょうか。

大きくパラダイムシフトしてから約70年。

それが「今」。

いろんな「パラダイム」が転換される時。

ということは、我々も今までの「常識」を変えていかねばならない時ではないでしょうか。

常識を深く理解して、その常識を否定する。

それを・・・。

「良識ある非常識」と小生は呼んでいる。

まさしく、「今」がその時である。

もっと、学び動かねばいけない。

そう感じた、「龍馬伝」最終回でした。

そして、「今日の一言」・・・。

「しかない、というものは世にない。

人よりも一尺高くから物事をみれば、道はつねに幾通りもある。」

(坂本龍馬氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-29 18:01 | Comments(0)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」



今日は休日・・・。

約10年ぶりくらいに「ラグビー」を観戦へ・・・。

実は小生「ラグビーおたく」だったんです。

ラグビーを観る為ならフランスやニュージーランドへ行ってもいいと考えるアホな男です。

だから来年の「W杯」はニュージーランドへ行くかもしれません。(冗談です。)

しかし、指導者って、スポーツの世界では重要ですよね。

あの「弱かった」明治大学ラグビー部が復活した。

一人の男の力で・・・。

吉田義人監督が就任して一気に強くなった。

また、わが母校も「関東リーグ全勝優勝」。
もっか、大学では”敵なし”の感・・・・。

「卓越したリーダーとサポートする参謀」がいればどんな闘いにでも勝てる。

ラグビー観戦しながら、思ったことでした。

今、日本に必要な人物。

それは、まさしく「卓越したリーダー」なのかもしれませんね。

そこで、今日は「指導者」について・・・。

小生は「体育会系」で若い時は過ごしました。

その中で素晴らしい“指導者”にめぐり合いました。

小生にとって、「最大の財産」だと思っています。

高校時代・・・。

「全国高校駅伝7回優勝」している宮崎県立小林高校。

その陸上部を長年率いておられたのが、外山方圀先生でした。
小生の”恩師”です。

厳しい人でした。

今だったら、大騒ぎになるでしょうね。

あの“スパルタ教育”は・・・。

いつも竹刀を持っておられて、その中には新聞紙がつめられてました・・・(笑)

それで殴られると痛いのなんのって・・・。

それでもみんなこの監督について行きました。

なぜか・・・。

「生きざまが憧れ」でしたから・・・。

監督と奥様の生徒たちに対する接し方は「人間の鑑」でした。

自分たちの生活を全ての生徒たちの為にささげている姿を目のあたりにすると、

竹刀で少々ぶん殴られても、ついて行きます。

「この監督と奥さんの為に、全国制覇するんだ!」

そうずっと思い、努力してきました。

駅伝チームは・・・。

小生は“スプリンターチーム”だったんですけど、なぜか“主将”にされて、

いつも“ぶん殴られ役”でした。(笑)

「人間性で選手を引っ張ってこられた指導者」でした。

そして、大学。

ここでは、「世界を目指す」とはどういうことかを指導者から学ばせてもらいました。

「短距離チーム」に宮川千秋先生というコーチがいました。

アメリカに「コーチ留学」して帰国したばかりの頃。

バリバリにアメリカナイズされた指導。

「トップアスリート」しか指導しない。

彼の目指すものは「世界」でした。

日本で絶対に太刀打ちできないと言われたスプリント競技(短距離)。

それに、あえてチャレンジしていた指導者でした。

その宮川先生の指導の中から高野選手、伊東選手、末継選手と生まれ、

その教え子である高野進先生率いる400mリレーチームが念願の北京オリンピックで

「銅メダル」を獲得しました。


「世界を目指すにはこんな指導者じゃなきゃいけないんだろうな~」と。

いわゆる「職人」でした。

”ストイック”なまでに追求する。

「目標や夢で選手を引っ張ってこられた指導者」

そして、小生が在籍した当時の東海大学は“スター選手”だらけでした。

現役バリバリの柔道の山下泰裕選手。

大学生で世界一になった須貝等選手。

バレーボールの日本代表、奥野選手、海藤選手などなど・・・。

400メートルで、日本初の”ファイナリスト”。高野進選手。

もう「世界」を目指す選手を身近に接していると・・・。

彼らは、「努力」の域ではないんですね。

もちろん「執念」の域でもない。

「ストイック」な域ですね。

尋常じゃない世界でやっている。

生活そのものが「柔道」であり「陸上」であり、「バレーボール」だったんですね。

「24時間」その為に費やす。

それで「何がおもしろいの~」と思われるかもしれない。

しかし、これこそ・・・。

「精進の中に楽あり。」です。

「人生の楽しみはひたすら努力、精進の中にこそ潜んでいる。」のです。

まだまだだな~。小生は・・・・。

そう感じた、「ラグビー観戦」でした。

そして、「今日の一言」・・・。

「教育の最大の目標は知識ではなくい行動である。」

(社会学者 ハーバード・スペンサー氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-28 18:00 | Comments(1)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」




今日は私用でちょっとだけオフィスに入る。

2日間もオフィスに入るなんて考えられないこと・・・(笑)

みんな、“恐怖”におののいているのでは・・・(笑)

冗談ですけどね。

ところで、昨日まで続いた「Xmas~年末商戦」ダイジェストはいかがだったでしょうか。

少しはお役立ちできれば幸いです。

さて、今日からスタンダードなBlogに・・・。

近頃「商品が売れなくなった」と言われる。

しかし、その半面、売れすぎてしまい「出荷停止」という商品もある。

その代表例がお米を入れるだけでパンができる・・・。

GOPAN(ゴパン)。

f0070004_1410329.jpg


50,000円ぐらいするんでしょ。

なのに、売れて売れて売れまくっている。

そして、身近でいったら「オールフリー」。
f0070004_1493445.jpg

これも売れて売れて売れまくっている。

なんなんでしょうね・・・。

これって・・・。

小生が思うに・・・。

これこそ「潜在的ニーズ」の顕在化と「不の解消」を実現しているからではないかなー。

「パンを作りたい」

「ケーキを作りたい」


でも難しいし、時間もかかる。

その潜在的ニーズを顕在化すると
「バーン」とメガヒットになる。


スーパーマーケットの商品でもこんなのがあるんじゃないですかね・・・。

「世界で一つだけの手造りケーキ」を一歩進化させて・・・。

「世界で一つだけの手造りケーキをあの有名なパティシエの

洋菓子屋さんのスポンジケーキで・・・。」


なんてね。

今までの“売れ筋商品”をもっと売る方法ってすごく難しい。

あとは“安く”するしかない。

しかし、“潜在的ニーズ”は安くしなくてよい。

実は昔、フランスパリに行った時、レストランで思ったこと。

「あれ?つまようじがないぞ!!」

「ひょっとして、フランスでつまようじを売ったら売れるんじゃないかなー」


なんて思って、本気で考えたことも・・・(笑)

でも、そういう「脳力」がこれから必要かもと感じています。

そして「不の解消」。
お客様の「不満」「不信」「不便」などの“不”を解消する提案は売れる。

その代表例が「オールフリー」ですよね。

生鮮やデリカでもっといっぱいあるんじゃないかなー。

お客様の「不」をちょっとフォーカスしてみましょうよ。

すると、すごい「メガヒット」商品があるかもね。

先日の「第八回 やる気と感動の祭典」で発表した
株式会社キクチの佐藤剛さんの・・・。

「高齢者向けお造り盛り合わせ」

「ヤング層向けのお造り盛り合わせ」


すごかったね。

お客様にアンケートをとって「不」を見つけちゃったんだよ。

こういうことを継続してやっていけば、必ず“メガヒット”が出てくるよね。

ちょっと「Xmas~年末商戦」に向けて考えてみてはどうでしょうかね。

そして、「今日の一言」・・・。

「インスピレーションと天才とは一心同体である。」

(オランダの植物学者 ユーゴー・ド・フリース氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-27 18:00 | Comments(0)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」




今日は急遽、私用の為出張を中止させていただきました。

本当にご迷惑をかけました。

どうしても、外せない用事だった為です。

このつぐないは、後日させていただきます。




ところで、今日は「Xmas~年末商戦」の“グロッサリー編”です。

まずは「Xmas」。

小生はイベントは「食育」。

という考え方を持っているんですね。

イベントは「モノ」を売るのではなく、

「コト」「カルチャー(文化)」を売っていくものだと・・・。

ですから、こういうPOPは大好きなんです。

f0070004_1723074.jpg


みなさん、知ってましたか?

こういうのって大切ですよね。

次に「Xmas=ケーキ」という発想。

もう古い!!

こんな感じで仕掛けています。

f0070004_1724888.jpg


「4人に1人」以上が高齢者なんです。

日本は・・・。

ということは、「子供のいない」家族が多いということ。

そして、「ケーキより和菓子が大好き」という方も多い。

そこで、こんな展開をしたら 大ヒット!!でした。

さらにXmasといったら「ピザ」。

このボリューム陳列を・・・。

f0070004_1733480.jpg


すごいですよね。

これこそ「ボリュームサプライズ」。

「Xmas=チキン」

「Xmas=ケーキ」
はもう古いですよね。

どんどん新しいメニュー提案をしなきゃ!!

そうしないと地域のお客様の「食文化」のレベルが上がらないですもんね。

そして、こういう提案も・・・。

f0070004_16333365.jpg


ランチパックをサンドイッチ提案。

ざぶとん3枚!!

と言いたくなるような展開。

いいぞ!いいぞ!

みなさん。

Xmasって楽しいですよね。

いろんな仕掛けができる。

いろんな提案ができる。

だから売れるんです。

今年は、「金曜日」。

いけるかもね・・・。

そして「年末商戦」。

まずは「年越しそば」。

と言っても、“サプライズ売場”。

今年の2月にも紹介した・・・。

店内に鳥居が・・・。

f0070004_16301943.jpg


「チャレンジャー」にも登場する「ヒラキストア」の取り組み。

拝む人が続出したとか・・・。

そして、地元の「有名そば屋」さんとのコラボ商品。

f0070004_16292697.jpg


行列のできる「そば屋」さんの商品がスーパーマーケットで並ばずに買える。

それって「口コミ」になりますよね。

またまた「サプライズ」。

f0070004_1629225.jpg


店内で「御払い」をしてもらっているシーン。

いいですよね。

「縁起」ものだからいいですよね。

こんなことをしたら、「業界人」の方が見られると「ナンセンス」と言われる。(笑)

「切りもち」。

切りもちを売っているなら、「試食」でお客様に評価してもらってはいかがでしょう。

f0070004_16284931.jpg


更に、「新年たまご」。

f0070004_1628385.jpg


年々取り組む企業が増えてきましたね。




などなど・・・。

いろんな取り組みがあります。

店は「無機質」な店より、「温かみ」のある店に集まる。

これからは「心の豊かさ」の時代。

こういう取り組みも大切だと思うのですが・・・。

もちろん「スタンダードレベル」をしっかりとやっていけるということがポイントですけどね。

その他にもいろんな取り組み。

いろんな「商品提案」をしています。

流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の
「商売繁盛虎の巻」を是非、視聴してみて下さい。

ご視聴をされたい方は下記をクリックして下さい。

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」



きっと何か“大きな気づき”があると思います。

そして、「今日の一言」・・・。

「今日は昨日の生徒である。」

(アメリカ合衆国の政治家 フランクリン氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-26 18:00 | Comments(0)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」





今日は兵庫…。

日帰り出張。
朝4時30分起床。
6時台の「のぞみ」で…。

ところで、11月の業績

まあまあ良い感じですね。
この状況なら、12月はすごく楽しみ

いろんな“フォローの風”が吹いているので、
この風をつかんでグイグイ突っ走っていきたいですね。


さて、今日は「Xmas~年末商戦」デリカ編です。

まずは、Xmas。

今年は、イブが金曜日
週末ということもあり、“心理的”にグルメ感が強くなってくるとみている。

だから「プチグルメ」の提案とかもしてみたいですね。
また、「骨付もも」一辺倒からの脱却も必要かもしれません。

ということで、昨年の売場写真より…

“スモールローストチキン”提案…

f0070004_14132641.jpg


小さい子供さんや、高齢者の方へ提案し大ヒット!!

そして、昨年“革命”がおきた
「ローストターキー(スモークレッグターキー)」

f0070004_14134063.jpg


さらに、「脱マヨネーズサラダ」ということで…

f0070004_14135095.jpg

f0070004_1414150.jpg


など、みんなダイナミックに提案している。

そして、「バーレル」の進化

f0070004_14141423.jpg


蓋をしないで中身の見える化する。
よく考えました。

このように、まだまだ「創意工夫」すれば、
“ヒット商品”が生まれてくるのです。

そして、「12月31日&正月商戦」

昨年、大ヒットした「重箱」タイプの盛り合わせ。

f0070004_14143396.jpg

f0070004_14144545.jpg


さらに、「選べるオードブル」展開。

f0070004_1415022.jpg


昨年、大ヒットした「赤飯」

f0070004_14151468.jpg


などなど…。
「12月31日&正月商戦」は、

いかに“戦略キャンバス”を描けるか…
いかに「MDマトリックス」をつくりあげることができるか…

で決まる。
いわゆる、

「選択と集中」

ができるかである。

デリカは「製造業」。
だから、「作業の集中化」が大切。

「大胆にニューへの挑戦」し
「大胆に絞り込む」


これが、今年の「12月31日~1月3日」のポイント
もっと詳しく知りたい方は、
小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」

「商売繁盛虎の巻」

を視聴して下さい。

「商売繁盛虎の巻」の視聴はこちらをクリックして下さい。

そして、「今日の一言」…
「私のやったことの大半は、他人の模倣である」
(ウォールマート創業者 サム・ウォルトンの言葉)

by akindonet | 2010-11-25 18:00 | Comments(0)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」



今日は「東京七社会」の勉強会。

ホスト企業は「株式会社九州屋」さん。

実はちょっと昨日ふと感じたこと。

それは・・・。

そういえば、「第一回 気づきと驚きの
アメリカ視察セミナー」
をスタートして、

一年たつんだな~と。

というより、一年しかたっていないんだーってね。

なんか第一回目ってものすごく前のような気がしてならないけど・・・。

まだ、アメリカ視察セミナーがスタートして一年しかたっていないんですね。

ところで、今日は「Xmas~年末商戦」の精肉編。

昨年は「高品質低価格」戦略でグイグイと飛ばしまくった精肉部門。

しかし、今年はそういう訳にはいかない。

だから、アイデアが必要でしょうな。

でもね、この部門はツイてる。

なんてったって、「B級グルメ」という武器がある。

「甲州名物 鶏もつ煮」“B-1グランプリ”に輝いた。

そして・・・。

「ホルモン・コラーゲンブーム」。

この“ブーム”に乗らない手はないですよね。

さらに・・・。

・「牛しゃぶ」提案

・「牛バラスキ」提案

・「ヘルシー・エイジングステーキ」提案

・「煮こみ」提案


などなど・・・。

「ニューへの挑戦」にはこと欠かない。

では、どんな感じかをおすそ分け。

最初にXmasについて・・・。

まずは、近年ムチャクチャ伸びている「ローストビーフ」。
なんとハムスライサーを店内に持ち込んでのライブ販売。

f0070004_1219249.jpg


そして、小さなお子様向けに、

「小さな骨つきチキン」で手羽元、手羽先提案。

f0070004_12193490.jpg


また「テリーヌ」の味比べ試食。

f0070004_12194368.jpg


更に今、“ブーム”のスペアリブの煮込み提案。

f0070004_12201752.jpg


そして「年末商戦」。

まずは、「ヘルシーエイジング」ステーキ展開。

f0070004_12203656.jpg


大胆に商品を絞り込んでの売場づくり。

f0070004_12204813.jpg


f0070004_1221122.jpg


見事な売場。

そして、ステーキの付加価値提案。

商品化を工夫する。

f0070004_12163799.jpg


などなどです。

今年は精肉が売れるね。

間違いなく。

だって「切り口」がいっぱいあるもん。

これはチャンスだよ。

もっと、学びたい方は、流通業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」の

「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」



そして、「今日の一言」・・・。

「面白がってやっているヤツと、苦労してやっているヤツと、どっちが勝つかな。
やっぱりさ面白がってやっているヤツにはかなわないんだよ。 」

(作家・タレント・元東京都知事 青島幸男氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-24 18:00 | Comments(0)


商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas・年末商戦
特大号

絶賛!公開開始中!!

「11月を制した者が、Xmas~年末商戦を制す」
商人伝道師、懇親の力作!!

▼▼▼▼コチラから視聴ができます▼▼▼▼

商売繁盛虎の巻 2010年 Xmas商戦特大号
商売繁盛虎の巻 2010年 年末商戦商戦特大号

商売繁盛虎の巻 実践編 「果物編」




今日は東京でコンサルティング…。

休みなく突っ走ってます。
精神的にはすごいストレスがあるのですが…。

完璧に“胃に穴”があきそう…(笑)


ところで、今日は「Xmas~年末商戦」鮮魚編

まずは、「Xmas」商戦…。

なんといっても、すこい伸びを示しているのは
「スモークサーモン」ですよね。

近年、どんどん伸びてきている。

先日、「やる気と感動の祭典」で発表した
「フレスコ・キクチ」さんは、なんと“自家製”にまで挑戦している。

これこそ「独自化」ですよね。

f0070004_14435347.jpg


子供たちに人気があって、汎用性のある
「スモークサーモン」は要注意!!

そして、「定番」となりつつある「エビフライ」

f0070004_1444547.jpg


これも、もう「定番」となりました。
値入れ50%以上の“スーパー売れて儲かる”商品ですよね。

また、「ダジャレ」シリーズ。

f0070004_14441983.jpg


こんな「遊び心」もいいですよね(笑)

しかし、すごいボリューム。

そして、「安さの見える化」
こういうことをしっかりとやっていれば売上げは伸びますね。

Xmasは鮮魚は“伸びている”イベント。
発想を変えれば“異常値”を出せるイベント。

だから、「考え方」なんです。

その「考え方」を学びたい人は…

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」
「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。

「商売繁盛虎の巻」を視聴される方は
こちらをクリックして下さい。



次に…
「年末商戦」…。

まずは「お造り」。

やっぱり「松・竹・梅」でしょ。
いや、「檜」も入るかな…?!

f0070004_14443969.jpg


そして、本マグロ。

f0070004_1445663.jpg


これがまた売れるんだな~。

そして、「なまこ」と「生カキ」の大量陳列

f0070004_14452314.jpg


「活なまこ」は正月にかかせない地域が多いですよね。
また、タコも「スライス」しないと売れなくなった。

f0070004_14453819.jpg


手間をかけないと売れないですよね。

最後に、「焼物」。

f0070004_14454913.jpg


「デリカ化」が年末商戦にも押し寄せている。
そんな感じです。

ほんのちょっと、みなさんにおすそ分け。
この

「何十倍」

の情報を知りたい方は…

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」
「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。

「商売繁盛虎の巻」を視聴される方は
こちらをクリックして下さい。


今日は鮮魚編でした。

明日に続く…。


そして、「今日の一言」…
「困るということは、次の新しい世界を発見する扉である」
(アメリカ合衆国の発明家 トーマス・エジソンの言葉)

by akindonet | 2010-11-23 18:00 | Comments(0)
今日は山梨…。

11月ももう終わるんですね。
早いものです。

どうですか?
「Xmas~年末商戦」の準備は………?

小生のコンサルティングも
「Xmas~年末商戦」が中心になってきました。

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」(http://www.akindonet.com/)の
「商売繁盛虎の巻」でも“Xmas~年末商戦”の特集をやっていますので、
是非、視聴してみて下さい。

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」(http://www.akindonet.com/)
視聴される方は、こちらをクリックして下さい。



そこで、使っています写真をもって、
今週は「Xmas~年末商戦」を…。

最初に「果物」

まずは、今年のXmasイブは「金曜日」

心理的に、ちょっとグルメの可能性あり。
ということは、“脱イチゴ”かな…。

例えば、

f0070004_1215012.jpg


パインの「3m陳列」。
もちろん、カットフルーツの定番

f0070004_122427.jpg


そして、おつまみとして…

f0070004_1222711.jpg


という感じもいいかもね。

また、年末商戦は…
今年は「相場高」予想…。

ということは、いかに「美味しさ」を見える化できるかな…。

f0070004_1231649.jpg


箱売りの「味比べ」って最高ですね。

そして、「相対的安さ」の見える化
これは、「相場高」の時は鉄則

f0070004_124854.jpg


などもいいですよね。

そして、「野菜」

まずは、Xmas。
やっぱり毎年すごく伸びている「カットサラダ」展開だよね。

f0070004_1242644.jpg


そして、トマトだよね。

f0070004_1243725.jpg


こういうのもいいよね。
そして、昨年大ヒットした「スナップエンドウ」

f0070004_1245787.jpg


野菜もまだまだXmas展開がありますよね。

そして、年末商戦…。
近年伸びている「長芋」

f0070004_1251096.jpg


「糸三つ葉」の「垂直型3-3-3」展開

f0070004_1252344.jpg


などなど…。
いっぱい取り組みはありますよね。

今年の年末商戦のポイントは…

・「美味しい野菜」を徹底的に売り込むこと
・「味のある野菜」を徹底的に売り込むこと
・「単価アップ」に挑戦すること。その為には、「軽小短高」


ってとこかな…。
もっと詳しく勉強したい方は…

小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」
「商売繁盛虎の巻」を視聴して下さい。
(http://www.akindonet.com/)

この何十倍もの量と質で説明しています。

今年の「Xmas~年末商戦」は、
いかに「売れて儲かる商品」を売り込むかです。

この「商売繁盛虎の巻」に、
「第八回 やる気と感動の祭典」の発表DVDをコラボレーションすれば
“一人勝ち”することは間違いなし。

なんてったって、みんな「過去の成功体験」をベースに考えているんだから…。
チャンスだよね…。

「勉強した者のみが救われる」

まさしく、そんな時代が来たよね。

・Xmasに“ナッツ”を売る!
・Xmasに“スナップエンドウ”を売る!
・年末に“みかんの味比べ試食”する!
・年末に“高級フルーツの相対的安さ”をアピールする!
・年末に“軽小短高”野菜を売り込む!


まさしく「ブルーオーシャン」。

この「ブルーオーシャン戦略」が
あなたのお店(企業)を救う…。

是非、小売業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」の
「商売繁盛虎の巻」で勉強して下さい。

「商売繁盛虎の巻」を視聴される方は
こちらをクリックして下さい。



そして、「今日の一言」…
「山は西からも東からでも登れる。
 自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける」
(パナソニック創業者 松下幸之助氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-22 18:00 | Comments(2)

“出会い”を大切に…

今日は名古屋へ…。

「中部勉強会」
ホスト企業は「スーパーヤマダイ」さん。

そういえば、今日は日曜日…。
まぁ、「商人伝道師」には曜日は関係ない。


ところで、今日は「出会い」について…。

先日終了した「第八回 やる気と感動の祭典」で思ったこと。

「出会い」って大切だな~ってね。

基準の高い人間…
志の高い人間…
行動力のある人間…


が出会うと、「化学反応」を起こすんですね。
懇親会も、ものすごく盛り上がる。

同じボランタリーグループなら会うことも多いと思うが、
この「やる気と感動の祭典」は、

“フリースタンス”

なので、いろんな企業の方々が集まる。
ただし、共通項がある。

「基準が高い」
「志が高い」
「行動力がある」


ということ。
だから、話が非常に前向きである。

笑いが絶えない。
話が絶えない。


この「やる気と感動の祭典」は、セミナーも素晴らしいが、
この懇親会があるということも、すごくメリットがあると言われる。

ただ聞くだけでなく、話す機会がある。

その中で、企業間の交流がスタートする。
今回でも、レジチェッカー部門で…

株式会社いちやまマートの須崎さんが、
株式会社ニチエーの林さん

感謝のメッセージ

を披露しました。
その他でも…

この懇親会から「独自化仕入れ」開拓。
「店舗視察」などが生まれる。

こういう「出会い」はとても大切だと思う。

小生は、人生を変えるものとして
「3つの出会い」があると思う。

一つ目が…
「本」との出会い

これで、この「やる気と感動の祭典」に参加された企業がすごく多い。
今回の発表者の中でも…

「マルヨシセンター」さん
「アーク」さん


が、それにあたる。

そして、二つ目が…
「仕事(会社)」との出会い

これもすごく大きい。
小生が“エンディングメッセージ”でいつも言うこと。
それは、

「会社に感謝して下さい」
「社長に感謝して下さい」

「あなたに投資してくれたのだから…」
「もっと会社を、仕事を愛して下さい」


と言います。
参加したくても「会社の理解が得られない」
という方々が沢山おられる。

だから、「会社」との出会いって
とても大切。

そして、「仕事」。

このスーパーマーケットの仕事。
いわゆる、

「人を良くする仕事」

だと、今回も言いました。

「食」とは「人を良くする」と書く。
そして…

「スーパーマーケットが変われば、地域が変わる。
 それぐらい地域社会に影響力のある仕事なのである」


と…。
そういう気持ちにさせてくれる
「会社」と「仕事」との出会いは大きい。

最後に、三つ目が…
「人」との出会い

いかに基準の高い人間と出会うことができるかで、
その人の人間力が決まるとまで言われる。

「人」というのは、それぐらい「大きな力」を持っている。

自分よりも基準の高い人と付き合う。

これは、人間性や人間力を高める“肝”らしい。
だから、そういう意味からも

「やる気と感動の祭典」の懇親会

は、基準の高い人たちと出会うチャンスである。
そうつくづく感じた。

「出会いがその人の人生を大きく変える」
「引き寄せの法則」


近頃、すごく感じる言葉である。

今日は、「第八回 やる気と感動の祭典」で感じたことでした。


そして、「今日の一言」…
「努力はいうまでもないが、
 人は出会いによって作られ、能力を引き出される」
(遺伝学者 太田朋子氏の言葉)

by akindonet | 2010-11-21 18:00 | Comments(1)