商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2010年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

“ニューへの挑戦”!!



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!






今日は、一日中、「フィールド・ワーク」。

「いちやまマート」の新店。

その周りの競合店をウォッチングして、
急遽、またまた温泉宿に泊まることにする。

本当に計画性がない…(笑)。


ところで、昨日は“天中殺”の日だったの…。
トホホホホッ…。

昨日、山梨に出張する時、
迷いに迷って、車で行くことにした…。

それがトラブルの始まり

順調に中央道を走っていると、
突然、「火災による通行止め」のサインが目に飛び込む。

「え~えっ!なんで高速で火災?!」

そう思った時は後の祭り…。

なんと「2時間」以上も渋滞にはまる。
やっとの思いで一般道へ…。

でも、みんな考えることは同じ。

一般道も大渋滞。

そこで、駅に車を乗り捨てて、
急遽、電車で甲府へ行くことに…。

しかし、昼間だから“どんこう”しかない。

「藤野駅」という小さい駅から乗る。
約90分かけて甲府駅に到着。

講演の前に、もうグッタリ(笑)。

まぁ、いい経験ですな。
こういうことがないと、自然をゆっくり味わえないもんね。


ところで、今日は「新店」を見て…

「いちやまマート 徳行店」を見た。

f0070004_1593681.jpg


Open前も見てるんだけど、商品が入ると違うね。

しかし、見て思ったこと。
「関東№1」の店舗だね。

商品力といい…
販売力といい…
コンセプト力といい…


全てが上がったね。
まず、小生が気にいっていること。

それは、「コンセプト」の見える化

f0070004_1510819.jpg


小生は、これからは「理念やビジョン」を売る時代がくると思ってんの。
それは、アメリカの「独自化」店舗を視察したから…。

そういう意味からいってもね、
今回の「いちやまマート 徳行店」はいいね…。

「健康的な食生活が幸せをもたらす」

いいね~。
これからの日本の食のキーワードと思っている

「Live Better, Longer and Healthy Aging」
(より豊かに、より健康的に、より若々しく生きる)


まさに、ピッタリだよね。

そして、「青果」。

相変わらず商品力が高い

競合店も見たんだけど、レベルが違うね。

良い商品を売ってきている。

しかし、ちょっと「カットフルーツ」コーナーの
ニューへの挑戦があまりなかったね…。

残念。

鮮魚は「鮮魚の洋風化」にチャレンジしている。

「おかずになる魚を売る」

そのコンセプトの中で、“洋風化”を仕掛ける。
日本広しといえど、ここまでやっている企業は少ない。

その「ソース」がオリジナルだから強い

一見の価値ありだね。

あと少しで、「鮮魚」でなく「シーフード」になるね…。

そして、「ミート」。

間違いなく、「日本一の売場・商品力・商品化力」だね…。

アメリカの「独自化」戦略をモデリングしたもんね…。
さすがだよ。

そして、今回の目玉の一つ。

「デリカ」コーナー。

「シェフ料理」
「洋風提案」
「脱マヨサラ提案」
「マクロビオテックス弁当」


何から何まで、“ニューへの挑戦”。

これからの進化を期待している。

一気に「関東№1」のデリカに近づいたね…。

そして、「インストアーベーカリー」。

100円のベーカリーを100%止めた。
その為、既存店より平均単価が20円もUpし、
売上げがものすごく良い。

「売上げ不振」のベーカリー担当は一見の価値あるかも…。

最後に、「グロッサリー」。

ワインの品揃え
ナチュラルチーズ・生パスタ展開
マクロビオテックス売場


そして、「美味安心」

何から何まで「独自化」。

いちやまマートの真骨頂だね。

近頃、新店を見ても「今イチ」な店舗が多かったけど、
久しぶりに「サムシング・ニュー」を展開した新店を見た。

その証拠に、「サンシャインチェーン」の川崎社長がビックリしてたもんね。

今年の新店で、今のところ「Store of the year」かな?

そう思ったね…。
まぁ、これからだけどね…。

「進化・深化・新化」だよ。


そして、「今日の一言」…
「努力せずに何かできるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうじゃない。
 努力した結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら、僕はそうだと思う」
(メジャーリーガー イチロー選手の言葉)

by akindonet | 2010-07-31 18:00 | Comments(0)


【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!






今日は「美味安心セミナー」で山梨へ…。

今回も講演を任される。

今回は、あのベストセラー「食品の裏側」の著者
安部司先生“ダブル講演”

小生もすごく楽しみにしていたので、
“家族で参加”することに…。

愛しの奥様に、安部先生の話を聞かせようと思って…。

子供は母親が与えたモノしか食べられない。
だから、母親の食に対する知識ってとても大切だよね。

ということで、最後部でコソッと受講してもらう。
もちろん、小生の講演は聞かない(笑)

そして、明日は奥さんも連れて、
「いちやまマート徳行店」店舗チェック&お買い物

「ストアーウォッチング」させたら、小生なんて全くかなわないの…。
奥さんには…。

すごい「感性」を持っているので、
その女性の視点の情報を小生の中に入れる為に…。

それにしても、近頃思うことがあるのね。

「フィールド・ワーク」って必要やな~と。

「年間250日以上も飛び回って、まだ店を見る気かい?!」

って思う人もいると思うけど…。
やっぱり「フィールド・ワーク」は絶対に必要

毎回、新しい「気づき」があるから…。

そこで、明日は「アマノパークス」さんや「オギノ」さんも見ようと思っている。
「違い」を見つける為に…。

その報告は後日…。

でもね、なんか近頃、「経費削減」
店舗視察中止や出張中止という企業が多いと聞く。

それを聞くたびに、小生は思うのね。

「店舗視察や出張って、経費?
 “投資”やろ~!!」


と…。
良い店舗、基準の高い店舗を見なければ、
店舗や人間力の基準が上がらないよね。


「人間力や人間性を上げる方法は、たった一つ。
 自分より基準の高い人間と接すること」
って言いますよね。

これって、今の時代、特に大切だと思うんだけど…。

「消費不況」の時ほど、「サムシング・ニュー」を行っている店舗
見に行かないとね。

それは、日本に限らずアメリカへもね。

そして、「情報の共有化」する。
これ、とても大切なこと。

店舗視察して、「報告書」を提出して終わり!!
という企業、多いよね。

これ、「最悪」ね。

なんで、会社に「報告書」を提出して終わりにするの?
報告書提出する為に、店舗視察すんの?
違うよね。

「店舗視察報告会」を全社員を集めて行わなきゃ!

いわゆる「情報の共有化」だよ。
小生はいつも言うこと…。

「100%の“情熱”を持って、魂の言葉で伝えよ!!
 そうすれば、100%伝わるよ」


ってね。
「教える事は2度学ぶ」んだもんね。

だから、一人でも多くの社員と「情報の共有化」することをおすすめ。
そうすれば、「投資」になるよ。

こういうことを続けていれば、必ず会社は成長するね。

でも、こういうことをしている企業って、
意外と少ないらしいよ。

だから、チャンスだよね。

出張して、店舗視察して、「報告書」提出して終わりなんかせず、
ちゃんと、みんなを集めて、パワーポイントや写真を使って、
「報告会」を開いてごらん。

みんな、目をギラギラ輝かせて聞くよ。

そして、「100%の情熱を持って、魂の言葉」で話せば、
参加者は「気づき」が生まれ、「感動」し、「行動」が変わると思うんだけど…。

これが、小生が考えた…。

「商人伝道師流 店舗視察成功法」

試してみる価値あるよね。

「フィールド・ワーク」。

小売業の方々も、コンサルタントの先生方も、
みんな共通して必要なこと。

「情報×知識×現場=決断」

そうでないと、決断を誤ってしますからね。

今日は、「フィールド・ワーク」についての話を…。


そして、「今日の一言」…
「強い熱意と情熱に支えられた努力を続ければ、
 今日不可能なことも明日は実現できる」
(京セラ創業者 稲盛和夫氏の言葉)



あっ!そうそう…。

「第3回 気づきと驚きとアメリカ視察セミナー」

“かなりの数のインタビュー”“店舗写真撮影”ができるらしいよ。

稔子ウィルソン女史。
本当に“執念”で動いてくれている。

みなさん、絶対に参加した方がいいよ。
by akindonet | 2010-07-30 18:35 | Comments(0)

お盆の予想!



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!




今日は朝4時30分起床・・・。

朝一番の新幹線に乗って、兵庫へ・・・。

朝一番の新幹線は楽チン。

でもね・・・。

さすがに睡魔が襲ってくるんですね・・・。

その時はちょっと30分くらい仮眠してまた、パワー全開で仕事をしま~す。

さて、今日は出張で感じたことを・・・。

今年の「お盆商戦」ひょっとして帰省や旅など遊びに行く方は多いかもね。

なぜ、そう感じたのか?

それはね・・・。

近頃、空港がめちゃくちゃ混んでいるということ。

もちろん「全日空」側がね・・・(笑)

先週の土曜日、朝8時ぐらいに空港に行ったら駐車場は満車。

だから、仕方なくJAL側へ・・・。

「こんなのお盆や正月しかないのに・・・。」

こんなに混んでいるということは、

人が動きだしたということ。


ということは「ETC 1,000円」の逆効果で規制は少ないというのは

ちょっとあてはまらないかもね。

むしろ、あまりにも東京や大阪、名古屋などの都市部は

地熱などによってものすごく暑い。

「地方脱出」があるかもしれないね。

新幹線や在来線の特急も意外と混んでいる。

また、このことから推測すると、たぶん「お盆商戦」はみんな動くね。

人が動くとお金が落ちる。

人が動くと消費が活発化する。


GWは「ETC 1,000円」の最後だからみんな遠出したという推測。

はたして、そうかな~。

なんか違うような気がするね。

「人が動き出した」証拠じゃないのかな・・・。

小生はそう思う。

で、小生の“夏休み”はというと・・・。

8月9日~10日は高知の「よさこい祭」へ・・・。

サンシャインさんに連れられて・・・。

そして、次の日から青森の山奥へ・・・。

奥さんの実家で「充電」する。

ゆっくり「勉強」したいので・・・。

という小生も「動く」んだからみんなも動くよね・・・。(笑)

みなさん、お盆商戦、ちょっと強気で

攻めていいんじゃないかな~。


そして、よく「スーパーマーケットは景気に左右されない」とか「不景気に強い」。

とか言われるけど、これは「消費者」時代の話だね・・・。

今はそんなことはないよ。

ちゃんと「景気に左右される」

「不景気の影響もある」

だから「人が動き出した」と同時に

直接指導先の「一品平均単価」が上がってきたもんね。

明らかに、生活者の購買が変わってきたよね。

さらにひょっとしたら、10月ぐらいまでスーパーマーケットはいいかも・・・。

今回の「土用の丑の日」もそうだったよね。

「今年はうなぎの相場が上がっているから、

安いのが売れるかも・・・。中国産が売れるかも・・・。」
という予想。

まんまとその予想は裏切られたよね(笑)

「国産うなぎ」

それも「おいしいうなぎ」がブレイクしたよ。

「1尾1,980円」でも平気で買われるお客様見て

「うーん。購買が活発化してきたぞ。」

「よし!良い方向に向かってきたぞ!!」という実感。

「え~本当に~!?」と思っている方が多いかな・・・。

でもこれは本当だよ。

昨日、お伺いした「フレスコ・キクチ」さんなんかうなぎが大爆発だったよ。

ここで、発表するといろいろ波紋があるからやめとくけど・・・(笑)

それぐらいすごかった~!

「時代の流れを読まないとダメだよね。」

そう感じた「土用の丑」だったな。

「人が動く」「単価の高い」のが売れ出す・・・。

これは歴史が教えてくれた教訓。

ちなみにみなさんが知ってるアイドルグループが売れると

「クラブ(昔のディスコ)」が復活するんだって。


「AKB48」が売れてるよね。

今東京では「クラブ」が復活しているんだって。

これホント。

そう言えば、昔行ってたな~。

「誰!?嘘でしょ!!」って言っている人!

ホントだよ。

ちょっと「チークダンス」はうまいよ(笑)。

ハハハハハハッ・・・。

相手がいないけどね。

今日も商人伝道師の独り言でした・・・。

そして、「今日の一言」・・・。

「水の流れも澱めば腐る。経営も日に日に新しい流れがなくてはいけない。

そうでないと、衰え、進歩が止まってしまう。」

(松下電工の創始者 松下幸之助氏の言葉)


最後に・・・。

「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」。

お申込お待ちしています。

本当にすごいセミナーだからね。

経営幹部とバイヤー、店長が一緒に参加すると会社が変わるかもよ・・・。

直接指導企業様、商人ねっと法人会員様

絶対に参加してください。

お願いします。

これも意外なマジな話でした。

by akindonet | 2010-07-29 18:03 | Comments(0)

独自化への道



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!




今日は「東北七社会」。

福島へ・・・。

その行きの新幹線の中で「ストアージャパン」という情報誌を読んでいた。

その中に大好きな連載があるんです。

「清水信次の“やればできるんだ”」という連載。

その中で今回、こんなことが書いてあった。

「地域密着型の店舗数で10店舗前後から2~30店舗で、

地元のお客さんと密着して生き残る。

これはアメリカでも各州にたくさんある。

で、この分類と概念がしっかりしておれば、アメリカ各州のそれぞれの

特徴のあるスーパーのように生き残れる可能性は非常に大きい。

だから、地方のスーパーの人は、アメリカのローカル各州で健闘しているのを良く研究して、

それで「どうしたら、日本で地方の食品スーパーとして地方密着で生き残れるか」

アメリカで見るしかないね。ヨーロッパではないよ。

(中略)

3店でも5店でもいいんだ。

生き残るためにはアメリカの地方の食品スーパーを良く研究したらいい。

あれしか生き残る方向はない。

百貨店、銀行、GMSがそうなっていただろ。

SMはこれからだよ。

これが結論だ。」


いかがですか?

「スーパーマーケットの重鎮」のお話・・・。

小生もそう思うんだな~。

だから、「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」を企画したんだ。

百貨店も「伊勢丹・三越、大丸・松坂屋、高島屋、阪急・阪神の4グループ」になったよね。

銀行も「三菱・三井住友・みずほの3大グループ」に集約されてしまったよね。

GMSは「セブン&アイ、イオン、ウォルマートの西友、ユニー」の4つが核。

この傾向はアメリカと似ているんだよ。

しかし、アメリカで唯一「地方」が通用する業態があるのを知っていますか?

それが、「スーパーマーケット」なんだよね。

だから、今、「アメリカを見に行くべき」なんですよ…。

みなさん。

「今、学ぶべきだ!」

だから小生は昨年から“急遽”スタートしたの。

“アメリカ嫌い”だった張本人が・・・。

もっとみなさん「危機感」を持たなきゃ~。

「アメリカに行っても学ぶことはない。」


そう言っている人がたくさんいるけど、それは視察に行く企業が間違っていたの。

視察に行く場所が間違っていたの。

そして視察の目的が間違っているだけだったんだよ。

今、アメリカには「独自化」を学びにいくの。

これしかないの・・・。

小生は年間250日以上、日本全国を飛び回っているけど、

近頃、つくづく感じることがあるのね・・・。

それは、「こんまま地域スーパーマーケットが同質競争したら疲弊してしまうよ~。」

ということ。

「こんなこと一体何年続ける気なの…!?独自化戦略に切り替えていかなきゃ~。」ということ。

でも「なんぼ言ってもダメなのね。実際に“モンスター”ウォルマートと互角以上に闘って、

独自化で生き残っている企業の店を見て、話を聞かないと・・・。」
ね。

「百聞は一見にしかず」って言うもんね。

このBlogを見ておられる「地方スーパーマーケット」の

経営者の方々、今、アメリカに行かなくていつ行く気!?


今回の“現地コンサルタント”の

「稔子ウィルソン女史」は本物ですよ。


でも、彼女は「あと2年で引退するの!!」と言っているの。

ものすごい資産家だから・・・。

アメリカ全土のスーパーマーケットとコネクションを持っているのは小生が知る限り、

彼女がダントツだと思うよ。


何回も言いますが、彼女は「本物」だよ。

その「本物」がホームタウン(ポートランド)でセミナーを開催するということで、

“執念”で動いてくれているの。

このセミナーは絶対に参加した方がいいね・・・。

二度とないかもよ。こんなセミナー。

少なくとも、小生の“直接指導先企業様”

“やる気と感動の祭典の参加企業様”

“商人ねっとの法人会員の企業様”そして

この“Blog愛読者企業様”のトップならびに幹部の方は参加すべきだと思うんだけど・・・。

だって、本当にこの5~10年でスーパーマーケットも

「生き残れるか!消え去るか!」が決まるんだよ。

銀行は何年で3大グループになった?

たった5年くらいでだよ…。

百貨店は何年で4大グループになった?

これも5年くらいでしょ…。

スーパーマーケットもこの“流れ”が来るよ…。

「独自化」しかないんだよ。

今、日本にはこの「独自化」路線で生き残っている企業があまりないんだよ。

だから「イノベーション」し続けて“独自化”を築いた「地域スーパーマーケット」を視察し、

ヒントをもらい、実践していくことしかないんだよ。

だから、今アメリカなの。

「地域スーパーマーケットのトップの方々、または幹部社員の方々。」

「今だよ!今…」

自社のこれからの「方向性」が見えてくるよ。このセミナーは。

本当に今までの「アメリカセミナー」って何だったんだよ・・・。

そう思えるセミナー内容になっているよ。

「本物のコーディネーター」稔子ウィルソン女史が本気になっていますからね。

「商人伝道師」を信じて

参加してみてはどう?


トップは「3年先~5年先」を見て考え、動かないといけないんじゃないかな・・・。

社員さん、そしてその家族を幸せにする責任があるもんね・・・。

10月4日(月)~10月10(日)。

5泊7日。

場所は“地方スーパーマーケットの独自化”の宝庫。

オレゴン州ポートランド。

ワシントン州シアトル。


料金はお一人様¥280,000円(税込・諸費用別)

みなさんの“勇気”ある行動を待っていますよ…。

今日は商人伝道師の独り言でした・・・。

そして、「今日の一言」・・・。

「Mr.MIZUMOTO

心配しないで。私に全て任せて。最高のセミナーにしてみせるから。私、力があるのよ・・・。

参加者をアッと言わせるわ。」

(稔子ウィルソン女史との会話より)

by akindonet | 2010-07-28 18:16 | Comments(0)

“やる気”と“感動”…



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!






まだ、四国…。

そして、夜、会社へ…。
ちょっとだけ、みんなに話があるので…。


ところで、まずはメールをみんなにおすそ分け…。


【お元気ですか?
 先日は、CDを届けて下さって、有難う。
 早速、拝見いたしました。素晴らしい、対談でした。
 インタビュアの方のお人柄が良く、やりやすかったでしょうね。
 どの様な事を、聞かれても、即座に、的確に、答えられ、
 知識が、泉のように、湧いてくるのを、感じました。

 今までの苦労の積み重ねが、全て、実を結んだ結果が、今日の益代であると思います。

 まつば杖をついて、部員に、遅れをとらぬよう、口を一文字に結び、
 必死についてゆく姿を思い浮かべる度、目頭が、あつくなります。
 病院も、10軒以上、尋ねましたね。
 希望を無くすことを言われぬようにと、念じつつ、門をたたきました。
 病院を、出るとき、おお泣きする我が子に、無力さを感じ、心の中で、泣いていました。
 身体のバランスをくずし、学校まで注射器を、届けに行ったこと、
 留学中、毎日、手紙を書きつずけたこと母として出来るせいいっぱいのことを、
 差せていただいた様に、思います。
 でも、今となっては、素晴らしい思い出となっています。
 くれぐれも、御身 お大切に。
 頑張り過ぎぬよう祈っています。               感謝

                     母より】


これは、「CDオーディオセミナー【知識商人登場!】Vol.23」
ゲスト「大石益代」さんのお母さんが大石さんに宛てたメールです。

大石さんから、昨日送っていただきました。

すごく感動したので、おすそ分け…。

「世界一を陰で支えた名トレーナー」は、“根性”が違う。
「世界一を陰て支えた名トレーナー」の周りの家族の“愛情”も違う。

そう感じました。

「好きこそモノの上手なり!!」
と言いますが、“好き”も“執念”の域までこなければいけないんだな~と思う。

この「親」にして、この「子」あり。

なんか、「ゆとり」とか言われているけど、一つのことに熱中する。
そして、それを周りの人間が物心両面においてサポートする。

そういう、「ど根性ドラマ」みたいなものが今、
日本には必要だと思う。

このような大石さんの「家族愛」が、
日本を救うのではと感じた次第です。

みなさんはどう感じとられましたか?


そして、もう一つ。

それは、ある本に書いてあった童話。


【ある小さな町に、とても貧しい少女がいました。
 早くに父親を亡くし、母親と二人でその日暮らしの生活を送っていました。
 友達が身につけているような可愛い洋服も、おしゃれなアクセサリーも自分はもっていない。
 彼女はそんな貧しい自分に強いコンプレックスを抱いていました。

 少女が18歳のクリスマスの日、母親が彼女に20ドルを渡し、
 クリスマスプレゼントを買うように言いました。
 はじめてのことだったので、少女はとてもうれしかったのですが、
 貧しい身なりで大通りを歩く勇気がなく、人ごみを避けるようにして、壁沿いを歩きました。
 「自分はなんてみにくい人間なんだろう」。
 そう考えて悲しくなっていた彼女の目に、突然、店のショーウィンドーに飾られていた
 素敵なヘアバンドが飛び込んできました。
 ふらふらと誘われるがままに店に入ると、親切な定員が笑顔で出迎えてくれました。

 「お嬢さんの亜麻色の髪はとても素敵ですね。
  このヘアバンドはとても似合いますよ」

 値段は16ドル。
 彼女はいままでにそんな高い買い物をしたことがなく、一瞬躊躇しました。
 だが、ヘアバンドをつけ、鏡に映った自分を見て、彼女は驚きました。
 そこには今まで見たことがない美しい自分がいたからです。

 思い切って彼女はお金を出し、おつりを受け取るとすぐに店を駆け出しました。
 一刻も早くお母さんに美しい自分を見せたかったのです。
 彼女はうれしくなって、走っている間も自然と笑みがこぼれてきました。

 突然、大通りで、少女は憧れだったクラスの同級生の男の子に出会いました。
 驚いたことに、その男性が、彼女をパーティーのパートナーに
 誘ってくれるではありませんか。
 「これもヘアバンドのお陰だわ」。
 夢のような気持ちで、彼女は家に戻り、お母さんに事の一部始終を報告しました。
 話を聞いたお母さんもうれしそうに言いました。

 「そうかい。それはよかったねぇ。ところで、そのヘアバンドはどこ?」

 彼女は、店を出る時にヘアバンドを落としてしまっていたのでした。】



この少女の悩みを解決したのは、
ヘアバンドではなく、「自信」だったんですね。

「過信」はダメだけど、
しかし、もっと「自信」を持って行動すべきと思う。

「うちの店なんて…」
「自分なんて…」


と、思わないで…。

先日の「第七回 やる気と感動の祭典」の株式会社ニチエー
レジチェッカー軍団ではないですが…。

「日本一のレジチェッカー軍団」になる!!

と決めて、宣言した瞬間から自分たちの行動が変わった。
「宣言」し、「自信」を持つと行動が変わるんです。

上記の話でもそうですよね。
何も変わっていない。

変わったのは「自信」。

それだけで“行動”が変わり、
そして、“結果”が変わるのです。

もっと“自信”を持って行動することが大切ではないかな…。

その為には「大きな目標」が大切。
是非、その「大きな目標」の一つに…

「第八回 やる気と感動の祭典の発表者は
 オレ(私)が射止める!!」


というものにしてもらえれば嬉しいな~。

「大きな目標」が「自信」に繋がり、
「行動の変化」に結び付く。

そして、それが「結果」を変えるのです。

今日は、2つの「お話」から小生が気づいたことでした。


そして、「今日の一言」…
「目標を一つに定め、欲しいと願う気持ちを決して失わなければ、
 どんなものにもなれるし、どんなものでも手に入るし、どんなことでも成し遂げられる」
(アメリカの哲学者・思想家 ロバート・コリアーの言葉)



あっ、そうです。

「CDオーディオセミナー【知識商人登場!】Vol.23」
大石益代さんのCDは、このブログからも注文できます。

全ての方に聞いてもらいたい内容です。

「涙…。涙…。涙…」
なくしては聞けない内容かもしれません。

この事業をやっててよかった!!

と感じる瞬間。
是非、購入して聞いてみて下さい。

「CDオーディオセミナー【知識商人登場!】」のご購入は
こちらをクリックして下さい。

by akindonet | 2010-07-27 18:40 | Comments(2)

“執念”!!



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!








土用の丑の日売場写真大募集!

土用の丑の日で展開された売場写真をCD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが一番情報を仕入れることができる”のです。









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!





今日から四国、徳島…。

ところで、まず今日は「第3回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
現地コンサルタント。

「稔子ウィルソン」女史が、小生にあてたメールの一部を紹介します。
この文章の中身を見れば、いかにすごい内容かが分かります。


【今回は継続的なるイノベーションはなぜ必然なのか、ということで、
 イノベーションは企業の滋養物である、という切り口から始めます。
 Wal-Martと対抗している独自化企業の実態、これはポートランドに最適の店舗があるので
 ご案内します。 また反対に、隣にWAL-MARTがこようが一向に問題ない、
 という企業へもご案内します。 これは立地、ホームマーケット(自社の商圏内)の確立、
 ホームマーケットに適切なる品揃え、 人材と人財、カスタマーサービスとWALMARTとは
 比較するには及ばない企業があります。
 またイノベーションを研ぎ澄ませて新企業を起こした(今月にオープン)
 ナチュラルマーケットプレース にもご案内します。サステナビリテイはお待ちかねの
 NEWSEAONS MARKETへ。
 シアトルでは先回の店舗とほとんど変わりはありませんが、NORDSTROMの
 カスタマーサービスは マニュアルがない、社員がオーナーだと思え、
 それを念頭にカスタマーサービスを行っているところで、有名です。
 ロスのNORDSTROMではストアーマネージャーに出てきて、説明を受けましたが、
 シアトルは本店なので、マネージャーが出てきてくれるか一応はアポをとる予定ではいます。
 またTOP FOOD & DRUGはSHORELINE 店でちょっと予定にはない店でしたが
 女性店長から、ぜひ来てください、といわれてますので、入れます。 レストラン顔負けの
 EATING TABLEがあったところです。
 本来WHOLE FOODS はアポを取れないところですが、前回“インタビューを受けた”
 マネージャーがまた是非ということなのでここもいれます。
 FRED MEYER はオレゴンのGRESHAM というところの店舗、
 そして、FRED MEYER はNORTHWEST BEST という食品だけを扱う
 UPGRADE の業態がありますので、そこも入れ込みます。
 SUSTAINABILITY 、持続可能というコンセプト
 また地球に優しいとか、地球にフレンドリーというような人間が勝手に作り上げた思想が
 いかに大自然を侮辱するものなのか、なぜ子孫のために自然を残したり、
 食材となる自然からの恩恵を今となって騒ぎ始めたのか。
 神々が創造した自然とはこういうものなのだ、という現場を見ていただくために、
 ここからなぜサステナビリテイが重要なのかを知覚で感じ取っていただくために、
 半日MT.HOOD、標高3246メートルの1800メートルあたりまで、
 バスが行くのでご案内したいと思いますが。

 <中略>

 参加されなかった方が悔しがるのは先ずNEW SEASONS MARKET ですね。
 それからZUPANS、LILLIAN’S NATURAL MARKETPLACE.
 独自化とはこのことか、という路線です。 ほかポートランドの店舗は知る人ぞ知る、
 という秘境の地ですから。】



いかがです。
すごいでしょ…!!!

「30名限定のスーパープレミアムセミナー」

料金は“業界最安値!!”

5泊7日。
2都市以上の視察。
四ツ星クラスのホテルを御用意。
全米LOHASの方々の憧れ“Mt.HOOD”にも行ける。
4回のセミナーもある。
写真撮影OKの店舗あり。
インタビュー店舗も多くあり。

何もかも、ものすごい“基準”のセミナー

それなのに「1名 280,000円(税込み)(諸費用別)」

正直、「高品質低価格」の“クオリティー”があると自負しています。

「安かろう!悪かろう!!」
は、絶対にあまりせん。

その証拠に、第1回から連続して参加されている企業が非常に多いのです。
その証拠に、まだ案内していないにもかかわらずお申込みいただいた企業がある。

是非、「独自化戦略」を学びたい方や企業様は、
今すぐこのBlogからお申込みいただけますので、お申込みを…。

【お申込みはこちらをクリックして下さい】



そこで、今回は「執念」について…。

では、なぜ、こんな「料金」が実現できるのかを…。

それは「ミッション」がしっかりしていること。

小生は必ずいろんな事業をスタートする時は、
「ミッション」を考えます。

「儲かりそうだから…」とか、
「みんなやっているから…」なんてことはしません。

小生の「アメリカ視察セミナー」のミッションは…

 「流通業界に携わる方々をできるだけ数多くお連れし、
  “新しい気づき”や“商売のヒント”を見つけてもらえる“驚き”のセミナーにする」


というものです。

その為には、1社で“複数名”参加できる料金にしなければいけない。
「気づき」と「商売のヒント」を見つけてもらえる
“クオリティ”は維持しなければいけない。

この「矛盾」をクリアーしなければなりません。

ですから、二つの“肝”

それは、「深く追求する」です。

絶対に旅行会社の方々に「丸投げ」しません。
航空運賃やホテル代、あげくはバス代まで、
全ての料金のシステムや相場を深く調べます。

そして、旅行会社様と交渉していきます。

「無知は最大の損失に繋がる」

からです。

そして、三つ目の“肝”

それは「人数」です。

今回も「30名集客する」ということでコスト計算しています。

普通は「15名ぐらいしか集まらなくても利益がでるように…」
と考えると思います。

しかし、弊社は「リスクを最大限にとります」

ですから、いつも「大丈夫か?」不安になります。

でも、「失敗を恐れず挑戦せよ!」と、いつもいっている張本人が、
こんなリスクぐらいとらないでどうしますかね…(笑)。

ですから、このような「高品質低価格」が実現できます。

まさしく、アソシエイトの“執念”そのもので、
このセミナーは企画されています。

「執念!執念!」といっている企業が、
執念のない仕事なんかできませんもんね。(笑)

「執念で企画した視察セミナー」です。

参加者の満足を超える“クオリティ”を実現したセミナーです。

是非、参加してみて下さい。

あっ、そして「稔子ウィルソン」女史の“執念”
それは、冒頭のメール内容からもわかると思います。

こんな“熱い想い”を持っている人間たちが企画するセミナー!

他にありますか?

“執念”を感じて下さい。


そして、「今日の一言」…
「目標が具体的かどうか。
 ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人との決定的な差だ」
(ファーストリテイリング代表取締役会長兼社長 柳井正氏の言葉)

by akindonet | 2010-07-26 18:36 | Comments(0)

主役交代!



【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!








土用の丑の日売場写真大募集!

土用の丑の日で展開された売場写真をCD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが一番情報を仕入れることができる”のです。









「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

開催決定!

“独自化戦略”をサスティナビリティ研究の第一人者、稔子ウィルソン女史と
商人伝道師こと水元均ととことん学びます!

ポートランド~シアトルの5泊7日の旅
30名様限定です!


今すぐお申込を・・・。

お申込をされる方はコチラをクリック!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!





今日は昼から株式会社ハー・ストーリィの日野佳恵子先生のご紹介で

「ワイ・キューブ」の中川副社長に会いに行く。

ベストセラー本「千円札は拾うな」の著者、

安田佳生さんは「ワイ・キューブ」の社長。

まあ、新しい出会いを大切にしていきたい。

そして「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」。

募集がスタートしました。

こちらをクリックして頂くとお申込用紙があります。

まず、「○○名分だけ人数をおさえておいて!!」というのでも構いません。

「30名様限定!!」の“スーパープレミアムセミナー”。

お申込をされる方はコチラをクリック!

業界最安値の「¥280,000円(諸経費別)」

今日はあの全米の地域スーパーマーケットの“憧れ”のスーパーマーケット。

「New Seasons Market」など“独自化戦略”で成功している

企業を徹底的に勉強します。

「参加しないと後悔する」セミナーかもしれません。

どなたでも・・・。

どの企業様でも・・・。


ご参加できます!

今すぐ、お申込を!!

お申込をされる方はコチラをクリック!

さて、今日は「主役交代」について・・・。

先日、山梨の「いちやまマート」さんの新店をちょっとのぞきに行った。

もちろん、まだOPENしていない。(26日OPEN)

OPEN前の状態。

そこで感じたこと。

まずは「女性主役」の店づくりにしていかねばなと思った。

今回、女性バイヤーが担当している

「菓子」や「嗜好品」売場に“感性”が出てきた。

いちやまマートらしくない“感性”の売場。

これからは「店づくり」も女性の感性や意見を

どんどん入れていかねばなと感じる。


また、「看板」の文字も地域住民の方に募集し、

29歳の女性の方のデザインが採用される。

とても「優しい」字体。

これもいちやまマートらしくない“感性”が出ていた(笑)

やはり、これからは「女性」の感性を取り入れていかねばならないですね。

そして、「ディスカウント」主体(主役)の店づくりも終わったな~と。

さらに「ケバケバ」とした絵が描かれた店づくりに変わったな~と。

「クイーンズ伊勢丹」さんや「サニーマート」さんから発した店舗スタイル。

天井などに絵を描いた店づくりも良いけど、

これからは「シンプル」な中に“感性”

ある店づくりが主役になってくるのではないかなと。

または「グリーン」「木材」などの自然を取り入れた店づくりなど、

ここにも「LOHAS」の流れを取り入れていかねばならないと思った。

そして、「売場づくり」。

「無駄の使い方」

これからのキーワードかな?

「ゆとり」の売場が必要になってきたような気がする。

「売場効率」を追及する店づくりには“余裕がない”。

「この売場は効率悪そうだな~」という“無駄”の使い方が実は

店に“ゆとり”をもたせ「店格」を上げて行く。

これも時代の流れであり売場効率重視の売場づくりの主役交代に

なってきている気がしてならない。

また、随所に「第2回 気付きと驚きの

アメリカ視察セミナー」


気付いた“ニューへの挑戦”や学んだことが織り込まれている。

たぶん、そういうことを知らない方々では“サプライズ

もって見られることだろう。

「主役交代」

最後に「地域スーパーマーケット」への主役交代。

GMSや大手チェーンから「サムシング・ニュー」はほとんど感じられない。

「サムシング・ニュー」はこれからは「地域スーパーマーケット」から

発信されてくるような気がする。

その流れは小生もお役立ちできれば嬉しい。

小生が直接指導している企業の中でも、今年中に新規オープンや

リニューアルオープンしている店舗が数多くある。

その中で「サムシング・ニュー」を続々と繰り出してくれることを期待する。

「主役交代」

まさしく「パラダイム・シフト」の時。

こういう時ほど、「独自化」を学ぶ時。


そう思えてならない・・・。


そして、「今日の一言」・・・。

「困難な仕事を避けてはいけない。

困難な仕事に立ち向かい克服してこそ、真の経営者といえる。 」

(松下電工の創始者 松下幸之助氏の言葉)

by akindonet | 2010-07-25 18:05 | Comments(0)


【商人ねっと高視聴率番組】

チャレンジャー あくなき挑戦者たち
株式会社キョーエイ 沖浜店 店長 三島一臣氏


毎年2ケタアップを続ける沖浜店の店長・三島だからこそできる
これからの時代の新しい店の作り方、新しい店長像を探る。


視聴される方はこちらをクリック!








土用の丑の日売場写真大募集!

土用の丑の日で展開された売場写真をCD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが一番情報を仕入れることができる”のです。








商売繁盛虎の巻 2010年 8月お盆商戦特大号



夏の一大イベント、「お盆」。

帰省先、帰省元での商機が見込めます。

今年は「前半型」!

8月の第一週から積極的に仕掛けていきましょう!

お盆商戦のバリューイノベーション戦略とは何か!

商人伝道師 水元 均が詳細に語ります!



商売繁盛虎の巻 2010年 8月号をご覧になる方はこちら !!



7月1日、いよいよ登場!!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!




今日は中国、山口へ・・・。

なんと日帰り出張!!

さて、お待たせ致しました。

「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」。

詳細の発表です。

まずは日時。(月曜日までに最終決定します。)

10月4日~10日の5泊7日(予定)

そして、視察地。

・オレゴン州ポートランド

・ワシントン州シアトルの2都市


さらにコーディネーターコンサルタントは

・稔子ウィルソン女史

・商人伝道師こと水元均の“最強”コンビ


そして、一番の関心ごと。

そうです。

料金の発表です。

1名様あたり¥280,000円。(諸経費別)

みなさん!

1名様¥280,000円・・・。(諸経費別)

5泊7日ですよ。

「業界最安値!!」に挑戦し続けています。

でも安いだけではありません。

こんな“スーパープレミアム”がついています。

1.視察店舗には“正式アポイント”を取るように努力します。
(これは弊社主催のセミナーのポリシーです。)

2.数店舗「インタビュー」「店内撮影」が可能です。

(これは他では絶対にありえない“売り”です。)

3.4回のセミナーがあります。

(これも他のセミナーではありえない“クオリティ”です。)

4.ホテルは“4つ星クラス”の高級ホテル

(400,000円台のセミナーと同等かそれ以上クラスのホテルに宿泊ができます。)

5.「Mt.HOOD」というアメリカ人が“一度は行ってみたい”という秘境の地の見学もあります。

(オプションで数万円かかるツアー内容ですが、弊社は無料です。)

これからもお分かりになると思います。

ものすごい“クオリティー”ということが・・・。

「独自化戦略」や「ディスカウント以外での生き残り」を

お考えの企業様は絶対に参加すべきです。

だって1名様¥280,000円(諸経費別)です。

そして、あくまでも予定(変更あり)ですが、

下記の店舗を視察します。

1. ウォルマート スーパーセンター

2. フレッド マイヤー(ワンストップショッピングストア)

3. アルバートソンズ

4. ウィンコ (半倉庫型店舗)

5. セーフウェイ

6. ニューシーズンズ マーケット

7. リリアンズ ナチュラル マーケットプレイス

8. ズパンズ

9. フレッド マイヤー ベスト ノースウェスト

10. トレーダージョーズ

11. ダラーツリー

12. QFC

13. トップフード & ドラッグ

14. ノードストーム

15. セントラルマーケット

16. PCC.

17. ホールフーズマーケット

18. グロッサリーアウトレット

今回の“看板”「ニューシーズンズ マーケット」

“サスティナビリティ”で超有名なスーパーマーケット。

全米の“地域スーパーマーケット”の憧れの企業!!

そして、全米広しといえども「オーガニック限定」を掲げた“ベーカリー”はこの企業のみ。

次に「ズパンズ」

ウォルマートが近くに出店しても全く影響を受けないスーパーマーケット。

その秘密を徹底的に勉強します。

そして、「リリアンズ ナチュラル マーケットプレイス」ここでも

独自化を勉強する。

そして「PCC」「セントラルマーケット」「QFC」

前回も訪問をしたがとにかく“独自化”が明確になっている。

“定点観測”で何回も視察し、“インタビュー”を受け“写真撮影”したい店舗。

そして、前回参加された方が“悔しがる”スーパーマーケットは・・・。

「ニューシーズンズ マーケット」

これは最高の“売り”です。

この店舗の全てを知っているウィルソン稔子女史がセッティングする。

“インタビュー”をものすごく受けられるセミナー。

そしてなんといっても・・・。

“稔子ウィルソン女史”のセミナー。

そして、“商人伝道師”こと水元均のセミナーが4回も受けられる。


これは“スーパープレミアムセミナー”。

「アメリカ視察しても何も学ぶべきことはない」

と思われている方や企業様には是非、参加してもらいたい。

それぐらい多くの“気付き”“ヒント”があります。

「正式アポイント」をし、訪問する。

「インタビューや店内撮影」ができる。(一部の店舗)

「セミナーが4回」もある。

「ホテルは“高級ホテル”」


これで「1名様¥280,000円 (諸経費別)」

どれだけ「クオリティー」が高いかがお分かりになると思います。

だたし、今回は“30名様限定”!

もう予約が4名入っております。(案内をする前に・・・。)

「人数分だけキープしておきたい!」


でもよいです。

メールでも電話でも、FAXでも結構です。

今すぐお申込を・・・。

参加人数だけの申し込みでもいいです。

まず、確保を・・・・・。


お申込をされる方はこちらをクリック!

弊社のアソシエイトとHISさんの汗と涙の結晶の結果です。

ありがとう!

この「クオリティー」でこの「安さ」他では絶対に実現できません。


これは断言します。

そして、

「レッドオーシャン」から抜け出したいと思っていらっしゃる企業様。

「独自化戦略」を考えていらっしゃる企業様。

「減の時代」の新たな戦略をお考えの企業様。


是非、ご参加下さい。

できれば、経営者、経営幹部の方々と将来性のある社員様と一緒に

ご参加していただくこととをお奨め致します。

なぜか?

帰国してから「結果を変えることができる」セミナーだからです。

そして、最後に・・・。

「どなたでも・・・。」

「その企業様でも・・・。」


参加できます。

オープンズ募集を致します。

今すぐお申込を・・・。

みなさんのお申込を心より、お待ちしております。

お申込をされる方はこちらをクリック!

そして、「今日の一言」・・・。

「経営をいちばん熱心に真剣に考えるのは、中小企業の主人公だ。

大企業の経営者は困難を直接肌で感じないから、おのずと行動に力弱さが出てくる。」

(松下電工の創始者 松下幸之助氏の言葉)


最後に「第2回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」に参加された方の声をご紹介致します。

経営者の方々

第一回、第二回と参加し、視察内容も進化しているし、水元先生の解説セミナーもあり、
参加者も非常に理解しやすいと思います。
一週間参加企業の取り組み内容も聴けて、各企業のトップだけでなく、
店長、BYと進行を深めることができました。
視察店舗で色んな気付きと驚きもあり、ニューへの挑戦への意欲をもらえる海外セミナーでした。
【代表取締役社長 N.S】


今までアメリカのSM見学セミナーに2回ほど参加いたしましたがなにも参考にできるものもなく、
だだ見学したというセミナーでした。
今回の「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」は全く違っていたました。
途方SMが大手SMとの戦いをどのように生き残っているのかがよく理解できるセミナーでした。
その中でも地方SMが何を強くして生き残るのか何をなくすのか、
何を減らすのかここがよくわかりました。
やはり日本の地方SMも大手SMに勝ためにはモデリングが
必要であることが分かりました。
自社に帰り、今回勉強したことをすぐ実践して結果を出した売上高、
粗利高をアップさせるとともに
進化していきたいと改めて感じました。
【取締役 M.F】


アメリカという国の今のトレンドなど、よくわかりやすい研修でした。
話題の店だけでなく、落ちてさびれている店も見れて比較できました。
アメリカの健康に対する意識が高くなってきているようですが、
見るからに身体に悪そうなものの販売しているところやそれを買っているお客様がいることの矛盾、
日本でも有機野菜やこだわり野菜がお客様は絶対欲しいはずなのに定番商品との
価格の差がありあすぎると売れる数量が少ない、それと同じ現象だと感じました。
リッチやその店のコンセプトなどによって、異なるのは日本も同じ。
それでもイノベーションを止めたら会社の成長はないと感じています。
イノベーションとリノベーションとの融合が大事と自分は思いました。
【部長 K.S】


情報(テレビ・本・インターネット)だけでは感じることができない答えは現場にありました。
時代の先を読み、流通業が消費者を先導していく最前線を感じることができました。
また、このセミナーはアメリカを感じるだけではなく、
一緒に参加している他の企業の皆さまとの内容の濃い情報交換が
何日間もできるという店に大きな意味がある。
この情報交換も非常に大きなお土産になりました。
【取締役 J.S】


セルフサービスの最先端のアメリカの現状を視察して、
アメリカのスーパーマーケットの光と影を見て、
今自分達が何をするべきなのかを深く考えさせられました。
企業として生き残る為にすることと、より素晴らしい日本の食文化の
育成をすることが自分の使命だと感じました。
地域のポジションをしっかり確立させ独自化の道を進みたいと思います。
やるべきことがはっきりと見えました。
ありがとうございます!
【室長 T.O】


シアトルの視察は大変良かったです。
ウィルソンさんのコーディネートで色んなタイプの店が見られ、
やはり独自化、差別化をし企業の特徴をはっきりと出すことがより今後重要と再認識しました。
日本も今後ロハス消費が増えてくると思います。
より健康により環境に優しく、より地域に関わっていくことがより重要で何より
強化していこうと思います。ありがとうございました。
【部長 M.K】


6日間というアメリカ視察セミナーを終えての感想は
沢山の気付きと自分が今後の取り組み方や進む道を
他人に気付かされるのではなく自分の想いの中で納得し、
行動することが自然とできる有意義な体験となりました。
出発前私は必死で努力をしているつもりで頑張っていたのですが、外を見て、
まだまだ努力の足らない甘かった自分に気付きました。
まず原点に戻り、自分を見つめ直す事から行動をし、アメリカで見たこと、
学んだことを忘れずに今後の自分の仕事で結果を残していきます。
水元先生をはじめ、皆様本当にありがとうございました。
【次長 T.W】


20年ぶりに米国のSMを視察いたしました。
大きな気付きはベビーホウレン草等のサラダ用野菜の拡大と精肉売場の圧縮と
ブロックのサイズが小さくなっている事です。
独自化と人間力を思い知らされる。
驚きと感動はQFCを視察し、
青果の鮮度と陳列と生産者が夫婦でにっこり笑った写真があり、
安心感と感動をいたしました。
素晴らしい店を視察させていただいた稔子ウィルソンと水元先生に感謝致します。
【代表取締役社長 K.K】


店長の方々

今回稔子ウィルソン先生の尽力でシアトルのSM数社の写真が撮れて大変良かった。
特にQFCの高度な売場作り、店舗運営のグッズ等の写真が今後の店舗運営の参考にさせてもらうつもりです。
今後、日本におこるであろうスーパーディスカウントと地域スーパーの戦いにおいて、
見事に生き残ったSM、全く落ちぶれてしまったSMを眠前に見ることでひと目で分かるセミナーでした。
地域のSMの生き残り戦術を模索している企業は必見のセミナーだと思います。
【店長 M.W】


今回、アメリカ視察において様々な気付きと驚きがありました。
ただ、漠然と視察するだけではわからない事!
ついつい並んでいる商品や陳列に目を奪われがちでしたが、水元先生の見るポイントの指導により、
様々なことに気付きました。
ウォルマートという巨大企業に立ち向かう各企業、特に地方SMの独自化戦略。
そして、ターゲット人種、収入格差地域に基づいた品揃え、店舗イメージなど実際の見学と
その後のセミナー解説により、気付き、理解することができました。
稔子先生のアメリカの消費者の向かっている方向性(ロハス・スローフード)に対応する
スーパー側のオーガニック、ローカル、
ミールソリューションなどの対応、そしてアメリカのスーパーの会社の基本理念など、
日本の大きな違いと、また、今後の日本でも起ころうとする方向性などを自分の目で
はっきり確認、理解できました。
【店長 K.W】


今回のアメリカ研修は最初は乗り気ではありませんでした。
わざわざ飛行機でアメリカまで来るのは?しかし実際に来てみて
良かったと思います。
まず、他店との交流です。
一度にこれほどの人達との情報の共有だできるのはそうはありません。
次に現地の店舗指圧はなかなかハードですが自分の為や店の為になります。
現在アメリカではどうゆう状況なのか?
日本とどう違うのか?
いろいろな事に気付きを感じたアメリカ視察セミナーだったと思います。
【副店長 M.F】


日本にも必ず何年後かには今のアメリカの様な健康志向の時代、
また日本よりもかなり深刻である不況がやってくる
いや、もう訪れているのかもしれません。
気付いていないのは店を運営する私達側であり、お客様は気付いているのかもしれません。
そんな中今回のセミナーに参加させていただき、
いろんな気付き、驚き、また感動が多くありました。
健康志向、低カロリー志向、独自性、PB商品の与え方の違い、
範囲のマーケティングなどを切り口にして今後の自店へ取り組みに
役立てていきたいと思います。
しかし、このセミナーに参加するにあたり思った事はトップの方の参加を
第一に考えた方がいいと思いました。
本当に今回のセミナーにあたり、水元先生・スタッフの方々、ありがとうございました。
今回のセミナーが宝になるように頑張ります。
【店長 Y.N】


この度は大変貴重な体験をさせていただきまして、誠にありがとうございました。
アメリカにおける格差社会、ターゲットを絞り込んでの「ポジショニング戦略」が
健康とグルメ志向の強い国である事がよくわかりました。
正直言って、日本のSMもアメリカに負けないものと思っておりましたが、
店舗コンセプト企業理念、独自化に対して、圧倒的な差ができているなど身体で感じました。
今後、アメリカで行われている事が、5年10年後には必ず、日本へ入ってくると思われます。
健康志向や高齢化社会、どの分野をとりましても参考となる事ばかりでした。
特に今回地方のスーパーが生き残っていくには“独自化”が一番の戦略であり、
対策です。自店の強みはとことん強くし、他点との独自化をいち早く取り組み、
地域のお客様にとって魅力のある店舗作りをして参ります。
タイトル通りの「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」となり大変感激しております。
【店長 M.F】


その他も沢山のお喜びのお声を頂戴いたしております。

是非、「第3回 気付きと驚きの視察セミナー」にご参加下さいませ!

詳しくはこちらをクリック!
by akindonet | 2010-07-24 18:20 | Comments(0)


「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」
今秋開催決定!

ポートランド~シアトルにて独自化戦略を学ぶ旅
限定30名様
詳細は今週末に大公開します!








土用の丑の日売場写真大募集!

土用の丑の日で展開された売場写真をCD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが一番情報を仕入れることができる”のです。









商売繁盛虎の巻 2010年 8月お盆商戦特大号



夏の一大イベント、「お盆」。

帰省先、帰省元での商機が見込めます。

今年は「前半型」!

8月の第一週から積極的に仕掛けていきましょう!

お盆商戦のバリューイノベーション戦略とは何か!

商人伝道師 水元 均が詳細に語ります!



商売繁盛虎の巻 2010年 8月号をご覧になる方はこちら !!



7月1日、いよいよ登場!!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!






今日は山梨へ…。

7月26日に新店がOpenする「いちやまマート」さん。
是非、新店、期待しておいて下さい。

かなり「サムシング・ニュー」への挑戦してますから…。


ところで、昨日の夜、最悪なことが…。

「財布」を落とした…。

運転免許証から保険証から、クレジットカードまで…。
ア~ッ。

これで何回目だろう?!
よく失くします。

おっちょこちょいも、これだけ落とすとアホですな…。
かなり落ち込んでます。


さて、「第3回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
交渉の大詰めです。

現地コーディネーターの稔子ウィルソン先生との交渉は
ほとんどOK。

あとは…。

コンサルティングの予定変更。
山成商事株式会社さん

是非、御協力いただきたいと切にお願いしてます。
お願いします。

それと、旅行会社さんとの折衝。

「流通業に携わっている全ての方々に、割安で価値のあるセミナー」

を実現したい。
と、考えているのでかなり無理なことも申し上げている。

是非、その考え方に賛同していただいた旅行会社さんと、
今回もやっていきたいと考えている。

ですから、もう少しお待ち下さい。

必ず今週中に詳細を発表しますので…。


ところで、今日は「感動」について…。

これからのお客様に支持される要因は何か?

それは…

「感動」だと思っています。

「不況時代」

いや…

「不驚時代」
といわれる時代。

インターネットやいろんなアミューズメント、エンターテイメントが
溢れている時代。

少々のことでは驚かなくなった。

だから、消費力が落ちているといわれる。

よって、「感動」を与える会社が
お客様の支持を受けるといわれる。

例えば、今年は「猛暑」

とにかく、お買い物にお越しいただけるお客さまも大変。
その中、お店に入ったら、ちょっとした一言が…。

「お暑い中、わざわざ当店までお越しいただきまして誠にありがとうございます。
 感謝の気持ちといたしまして、冷たい麦茶をご用意いたしました。
 是非、お飲み下さいませ」


なんていう「気づかい」…。

お客様は「感動」する。

そして、その店の「ファン」になる。

東京・新宿にある「まるえい」さんは、
毎年、このようなことを行っている。

えらいな~と思う。

こういうちょっとした「心づかい」「気づかい」
お客様の心をつかみ、「口コミ」が広がる。

商品力ばかりではない。
販売力ばかりではない。

集客は…。

このような「感動」行動も集客の一つだと思う。

みなさんのお店は、「感動」行動おこしてますか?

この「不驚時代」。
とても大切なことと考えるのは小生だけでしょうか。


そして、「今日の一言」…
「それはできる、それをやる、と決断せよ。
 それからその方法を見つけるのだ」
(第16代アメリカ合衆国大統領 エイブラハム・リンカーンの言葉)

by akindonet | 2010-07-23 18:49 | Comments(0)

今年の「夏商戦」!



「第3回 気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」
今秋開催決定!

ポートランド~シアトルにて独自化戦略を学ぶ旅
限定30名様
詳細は今週末に大公開します!








土用の丑の日売場写真大募集!

土用の丑の日で展開された売場写真をCD-Rに編集して送って下さい。

“情報は発信したものが一番情報を仕入れることができる”のです。









商売繁盛虎の巻 2010年 8月お盆商戦特大号



夏の一大イベント、「お盆」。

帰省先、帰省元での商機が見込めます。

今年は「前半型」!

8月の第一週から積極的に仕掛けていきましょう!

お盆商戦のバリューイノベーション戦略とは何か!

商人伝道師 水元 均が詳細に語ります!



商売繁盛虎の巻 2010年 8月号をご覧になる方はこちら !!



7月1日、いよいよ登場!!





日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!
売れるチラシ作りの極意
 第3話


日本一のチラシプロデューサーである佐藤勝人が、
チラシ乱発状態のスーパーマーケット業界にモノ申す!!


前回、前々回の放映で多数の反響を頂いた番組の第3話を公開!


チラシそのものを診断しながら、詳説していきます!

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人の最新番組はこちら!


7月10日、アップデート!!




今日は「東京七社会」。

昨日、小売業の偉大なる「大指導者」。

渥美俊一先生がお亡くなりになった。

渥美先生がいらっしゃらなかったら、日本の小売業は“外資だらけ”になっていたかもしれない。

それぐらい、“偉大な”指導者だっと思っています。

もう二度とあんな“偉大な指導者”は現れないことでしょう。

心から哀悼の意を表し、謹んでご冥福をお祈り致します。

個人的な思い出としては、昨年「スーパーマーケットのブルーオシャン戦略」の本を

ペガサスクラブの「会報」で酷評されたこと。

とても光栄だった。

渥美俊一先生に“相手にされただけ”で嬉しかった。

この“パラダイムシフト”の時代。

もう少し“偉大な指導者”で君臨してもらいたかった。

残念でならない。



ところで、今日は、今年の「夏商戦」について・・・。

今年は冷夏になる可能性が高い。

という予報に反して「猛暑」。

軌道修正していかねばならない。

しかし、ちょっとした異変が。

「いつもの猛暑時の売れ筋商品の動きがおもわしくない!!」

そう感じませんか?

もっと、これだけ暑いのだから、そーめんや飲料、

アイスが“飛ぶように!”売れなければいけない。

なのに、動きは良いものの、予想よりはるかに悪いのに気付く。

なぜか?

ちょっと生活者の嗜好が

変化しているのかもしれない。


例えば・・・。

猛暑の時、よく食べていたそーめんが、

日配品の「つけ麺」にシフトしているのではないか・・・。

炭酸飲料や茶系のペットボトル飲料から

「麦茶ティーパック」へシフトしているのではないか・・・。

なんか生活者の嗜好が変わってきているような気配。

このようなちょっとした「気配」に気付くと、

大きなビジネスチャンスに繋がるのではないでしょうか。

生鮮でも同じ。

猛暑だと、「サラダ」野菜が動く。

これは業界の常識。

しかし、サラダ野菜よりも南瓜やトウモロコシ、枝豆など


“味のある野菜”の動きがよい。

鮮魚は明らかに「味付け切り身」それも“洋風系”

タレ漬け・スパイス漬けの動きがよくなってきている。

業界の常識商品である、「猛暑=刺身」が当てはまらなくなっている。

また、「猛暑=焼き肉」のような用途の広い“薄切焼肉”や“ステーキ”。


そして、なんといっても「ひき肉」の動きがすごく良い。

お客様の嗜好が明らかに変わってきている。

売れて当たり前の商品があまり期待したほど動かない。

逆にこんなものが・・・というものの動きが良い。

それをいち早くキャッチした企業が今年の「夏商戦」は一人勝ちする。

そして「お盆商戦」。

今年は「攻め」ていく。

「予約」「ギフト」「手土産」「地産地消」・・・。

売れるキーワードで「見える化」して攻める。

するとすごい結果が生まれる。

そんな予感がしてならない。

ポイントは「キーワード」を見つけること。

“例年通り”なんていうことをしなし。

今年のお盆商戦は・・・。

「昨年のデータを“参考”にする」こと。

決して「昨年のデータを“基”にして・・・」ということをしない。

これは肝ですよ。

昨年と今年では天候をはじめとして

環境が大きく違うのだから・・・。

3つの「のうりょく」が試される時。

「悩力」

「脳力」

「能力」


この「のうりょく」をフル回転していこう。

そして、「今日の一言」・・・。

「偉人の生涯はすべて、私たちに考えさせる。私たちの生涯を私たちも崇高にさせうるのだ。 」

(アメリカ合衆国の詩人 ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー氏の言葉)

by akindonet | 2010-07-22 18:17 | Comments(0)