「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2010年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

執念をもって取り組む

今日は会社……。

今日は「商人ねっと」の決算〆日だからです。

来期についての「ミーティング」……。

弊社はとても変わっている会社かもしれません。

「予算」や「計画」がありません。もちろん「ノルマ」もありません。

あるのは「目標」のみ……。

目標を自ら立てて、その目標に向けて仕事をします。

ですから、「決算前だから……」とか「決算だから……」というものは一切ありません。

一番大切なこと。それは「目標」を立てること。

そして、それをいかに達成するかを意識化し、学び、行動することだと考えています。

さあ、来期はどうなることでしょう……。

ところで、まずは「お詫び」と「お知らせ」を……。

「第二回気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」

〆切日4月30日にもかかわらず、本日をもって締め切らせていただきます。

定員がいっぱいになり、キャンセル待ちの状態になってしまいました。

45名。

(現在、キャンセル待ちの方々にも御参加いただけますよう鋭意交渉中です)


本当にたくさんの方々のお申込みをいただき、誠にありがとうございました。

「高品質低価格」

になるよう、精一杯当日まで準備しますので、期待しておいてください。

また、「申込もうと思っていたのに……」と思っておられる企業様。

お詫び申し上げます。

また、定期的に開催いたしますので、その時は「最優先」で受け付けます。

ですので、「申込もうと思っていたんだけど……」ということを、弊社までご連絡いただければ

幸いです。


よろしくお願いします。

実は、またまた新企画を考案中です。

決定次第、このBlogでまず発表しますので期待しておいてください。


ところで、明日から4月!!

どうなるのでしょうか。

3月の状況を考えると、4月は同じことをしていたら、もっともっと悪くなるかもしれません。

では、その対策は……

その一つが 「小売業専門インターネットTV『商人ねっと』(http://www.akindonet.com)」 の視聴です。

とにかく「勉強」してみてください。

明日は、「商売繁盛虎の巻 5月号」がオンエアされます。

そして、来週ぐらいに3月16日~18日、東京ビックサイトで6年ぶりに開催された

「エフピコ」さんの展示会の一部を編集した番組をオンエアーします。

ビックサイトに来られなかった方々は必見の番組です。

また、来月から「君こそスターだ!!」がスタートします。

お待たせしました。

やっとですけど、どんどん新番組オンエアーしていきます。

「不況下に一番やらなければいけないこと。それは学びです」


二つ目が「挑戦」です。

どうしても売上が低迷すると「ノープレイ・ノーエラー」体質になる。

挑戦することよりも「ロスをできるだけ少なく……」という消極的な考え方になる。

これではどんどん悪い方向に向かう。

今こそ「挑戦」していかねばなりません。

小生は近頃「執念」という言葉をしょっちゅう使います。

「執念が足らない」

「結果を変えるんだ!という執念がない」


とか言います。

今こそ失敗を恐れず挑戦していかねばならない。

「成功とは、成功するまでやり続けることである」

これは、松下幸之助さんの有名な言葉。

まさしく「執念」。

すぐにあきらめていませんか?

結果にこだわってますか?

「結果が全て」

「行動こそ真実」

です。


最後に「共有化」です。

危機感の共有化してますか?

情報の共有化してますか?

「共有化」して、みんなを巻きこむ。

「共有化」して、意識を高める。

「共有化」して、行動力やアイデアを高める。

「共有化」って大切ですよ。

それができれば、みんな一丸となって、売上げUPの為にアイデア力や行動力を

高めることができるはずです。


実は、今日、商人ねっとも「共有化」ミーティングがあった。

というより小生の「辻説法」です。

「夢」の共有化。「目標」の共有化。「基準や意識」の共有化。

徹底的に「共有化」しようと話をしました。

「過去と他人は変えられない」と覚悟しているが、みんなが自分のこととして

聞いてくれれば「未来と自分は変えられる」のです。

自分のことと受けとめてくれて、変えてほしいと願う。

4月と5月は正念場。

「執念」を持って取り組んでいって欲しい。

そう願う今日この頃……。


そして、「今日の一言」……。

「できないのは能力の限界だからではない。

執念が欠如しているのだ。」

(実業家、第4代経団連会長・石川島播磨重工業元社長 土光敏夫氏の言葉)
 
by akindonet | 2010-03-31 19:06 | Comments(0)
今日も徳島・・・。

夕方帰京・・・。

昨日は夜は、「花見」・・・。

10年ぶりぐらいの、「花見」・・・。

しかし、ものすごい「寒さ」」・・・。

「花見」どころじゃなかった・・・。

でも、その「気持ち」が嬉しい。

感謝!感謝!です。

ところで、今日は「独自化」について・・・。

もう「差別化」のレベルでは違いがでなくなった。

いわゆる、

「独自化」のレベルでないとダメ!!になってきている。

「独自化」とは・・・。

「他がまねのできないレベル」
のこと。

いわゆる、
小生流でいうと「アウトスタンディング」なレベル。


では、その「独自化」ってどうすればいいのか?

それは、「非効率」と思われることをやることではないかと思う。

「非効率的なことを効率よく行う。」

これが、今の時代、一番の「独自化」となるような気がする。

「非効率的なこと=お客様にとっては楽しいこと。」

しかし、それは「生産性」という点ではとっても“デメリット”がある。

でも、「小売業はお客様に支持されてなんぼの商売。」

だから、「非効率的なことを効率よく行う」ことを常に考えなければいけない。

それを考え、実行した企業のみが

「独自化」レベルに達成する。


3月は過去、例を見ない程の業績不振と聞く。

本当に「一体どうなるのか?」と不安になるくらい3月の業績は悪いと聞く。

その対策の一つが、この「非効率」と思えることの実施ではないかと思っている。

次に「徹底的に強みを強くする」こと。

これも「独自化」への道・・・。


先週の「やる気と感動の祭典」の店長発表でニチエー新市店店長が発表したように、

「相手の土俵に乗ったら負け!!」


もちろん価格で対抗はするが、それだけでは勝てない。

それよりも、徹底的に自分の強みを強くすることに徹した。

すると、どんどん売上げが回復してきた。

なぜか?

「お客様は使い分けしているから・・・。

あとは、その使い分けでの来店頻度を上げていくことしかない。

それが独自化である」
と・・・。

それが売上げ回復に繋がったと・・・。

皆さんのお店の強みは何ですか?


「強み」をあぶり出していきましょうよ。

そして、その「強み」を徹底的に強くする。

そうすれば、「独自化」に繋がっていきますし、

業績回復の道でもあります。


昨日の夜も、唯一の公開セミナー「リスパック勉強会」の講演レジメを作りながら、

そのようなことを考えていた。

「今、独自化しかないよな~。」

「その独自化が“ブルーオーシャン”だよね・・・。」

「その為には“考え方”を変えなければならないよね・・・。」
と。

それに“気付き”実践した企業のみがこの「消費不況」を脱出できるのかもしれない。

その為には「学び」しかない。

「学び」とは「知識」を植え付けることではない。

「学び」とは「実践」するまでを言う。


「実践」しなければ何もならない。


先週の「やる気と感動の祭典」に参加された方々・・・。

何か行動をおこしていますか?

何か結果が変わるまでとことんやってますか?

「行動こそ真実」です。

ものすごい「ヒント」を得ました。

そのヒントを「実践」し、結果が変わるまで「改善・改革・進化」させていく。

それが「独自化」になります。

「やる気と感動の祭典」に参加された方々は、

誰よりも「独自化」への道の“最短距離”にいるのだから・・・。

「学び」とは「実践する」までのことを言う。

期待しています。

今日は、「独自化」についてでした。


そして、「今日の一言」・・・。

「他人を超えるには、自分独自のやり方、考え方を実行しなければならない」

(シドニーオリンピック女子マラソン金メダリスト高橋尚子コーチ 小出 義雄氏の言葉)

by akindonet | 2010-03-30 18:23 | Comments(0)
今日から徳島…。


ところで、3月は「明暗」がはっきりしそうです。

3月は相変わらず業績の良い企業
ますます悪くなっている企業…。

真っ二つに分かれそうな気がします。

そこで、今日はちょっとした「ヒント」を…。

実は、「そうじゃないかな~」と思っていたことが、
先日の「第六回 やる気と感動の祭典」の基調講演をしていただいた、
日野佳恵子さんの話を聞いて、“ビビッ!”ときたんです。

いわゆる、「確信」になった。

それは、「買う気にさせる店づくり」

今、「消費不況」真っただ中…。

しかし、スーパーマーケット業界は、
その消費不況を「安さ」で乗り切ろうとした。

結果、
一品単価を落とし、
買上点数増えず、
売上げ大幅Downになった。

なぜか?

今回の“消費不況”は、
「節約」・「賢い買物」志向へ主婦が舵を切ったのに、
それを見間違ったからである。

「安さに走る」と見間違った。

これが、大きな落とし穴となった。

「節約」・「賢い買物」志向のお客様が、
「安さ一辺倒」の店にソッポを向いたのである。

では、どういう対策をするのか?

それが、「買う気にさせる店づくり」である。

これって、すごい“肝”ですよ。

例えばこういうこと。

「今日は、和牛ランプステーキはいかが…。
 サーロインステーキの半額で、サーロインステーキに匹敵する美味しさのステーキ!!
 1人約500円でリッチな食卓を演出できますよ」


とか…

「あれ…?!
 もうスイカと思われてますよね。
 ハウススイカでとても甘い。
 今日の夕食のデザートは子供さんとの会話が弾みますよ」


とか…

「今日の夕食は寿司パーティーはいかが…。
 何と、1人前約300円台で寿司パーティーできる。
 家族の皆さんの笑顔を演出しましょうよ…。
 お母さん!!」


です。

日野さんが「食卓シーンを提供すべき」ということを話されていた。
その通りだと思った。

お母さんは、
「少ない予算で、でも家族の食事は豊かにさせたい」
と思っている。

なら、それを「見える化」すべきではないか…と。

鮮魚で切身商品を提案する時に、
「焼魚」では食は豊かになりませんよね。

でも、「ステーキ」提案なら食は豊かになりますよね。

“切り口”をちょっと変えるだけ。
提供する価格も同じ。

しかし、結果は大きく違う

これが、
「買う気にさせる店づくり」
です。

今のスーパーマーケットは、
極端に言うと「貧しさ」の提案
「民度を下げる」提案ばかりしている。

これでは、「買う気にならない」。

だから、どんなに「安く」してもダメ!!
売上げはますます落ちるばかり…。

皆さん、気づかれましたか?

「やる気と感動の祭典」で最も大きな“気づき”をもらったのは小生かも…??
なんて思っている。

これで、どれだけ売上げを回復させることができるか?
分からないぐらい“宝の山”を発見したから…。

「第六回 やる気と感動の祭典」をやって良かった…。

皆さんのお店は、
「買う気にさせる店づくり」
になってますか?

社長、店長、バイヤー、担当者!!

大至急!
売場のチェック!チェック!チェック!

ですよ。

特に「第六回 やる気と感動の祭典」に参加された方々は、
「ビビッ!!」ときてますよね。

直に聞いているんだから…。

大至急!

「買う気にさせる売場」
へ変えていこう。

皆さんなら、できる。


そして、「今日の一言」…
「自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける」
(松下電器産業創業者 松下幸之助氏の言葉)

by akindonet | 2010-03-29 18:10 | Comments(1)
今日は、都内でのコンサルティング……。

あっ!今日は、日曜日でしたね……(笑)。


ところで、今日は「リスパック勉強会」について…。

一年に一回だけ小生の「公開セミナー」があります。

それが「リスパック勉強会」

トレーメーカー、リスパックさんが毎年春と秋に行われる展示会での

勉強会で講演するものです。

今回のテーマは…

「ズバリ!消費不況から脱出する戦略・戦術はこれだ!」



といっても、小生の考えは一貫しているので、直接指導している企業様や

「やる気と感動の祭典」参加企業様には、常に申し上げていることなので、

わざわざ時間をつくって受講することではない内容……。参加しなくてよい。

いわゆる、いつも申し上げていることの内容の講演。

でも、ほとんど公開セミナーをしないので、「リスパック勉強会」はその他の方々に

とっては“レアもの”セミナーだと言われてます。

本当かどうかはわかりませんが……(笑)

春の予定は、下記のとおりです。

・北海道地区 4月15日(木)
会場:シェラトン札幌
展示会場: 10:00~16:40
勉強会:  13:00~16:40

・東北地区 4月21日(水)
会場:サンフェスタ仙台
展示会場: 10:00~16:40
勉強会:   13:00~16:40

・中国四国地区 5月18日(火)
会場:岡山コンベンションセンター
展示会場: 12:00~16:40
勉強会:  13:00~16:40


詳細は、リスパックさんか、リスパックトレーを扱っているベンダーさんまで……。

ただし、ここでお願い。

小生の講演だけ聞きにこられるというのは「NG」です。

「ビジネス・マナー」に反します。

最初の「リスパック」さんの研究発表からお聞きいただくという

条件で、是非御参加ください。(すごく勉強になります)

そしてじっくりと展示会を見られるというのも条件の一つです。

強制ではなく、「ビジネスマナー」として是非お願いしたいです。


リスパックさんのセミナー講師は、かれこれ5~6年になるかもしれません。

「全国縦断セミナー」はリスパックさんのセミナーと決めています。

リスパックさんからお断りされない限り……(笑)

もう、長いのでお断りされる時かも……(笑)

一年に一度くらいは、「業界貢献」しないといけないという思いからお引き受けしています。


セミナーは、小生にとって、頭の中を整理するいい機会なんです。

毎日、毎日、コンサルティングばかりしていると、頭の中の整理ができなくなる。

だから、セミナーのレメをつくることにより、頭の中が整理されます。

実は、毎回、レメとパワーポイントはつくっています。

もちろん「春のリスパック勉強会」は同一レメとパワーポイントですが、

リスパックさんのレジュメやパワーポイントを他で使い回すことはしません。

毎回、大変でも修正します。

自分の「進化・深化」の為に……。


これは、「本の執筆」とて同じ。

毎年、定期的に執筆することにより「一年の自分の進化・深化・真価」を整理できる。

今年も新刊が6月~7月を目途に発売される予定。

その原稿書きも大詰め。がんばります。


しかし、いろんなことしてますよね……。

我ながら「ようやるな……」と思うことがある(笑)

でも、まだまだ……。

自分自身の「基準」が上がりきっていないことに憤りさえ感じる。

もっと「基準」を上げていかないと……。

そのためには、「日々進化!」をもっと意識づけしていかねばならない。

まだまだ「人間力」の不足している小生でした……。


そして、「今日の一言」……。

「過去から学び、今日のために生き、未来に希望を持て。

大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである」

(ノーベル賞物理学者  アインシュタインの言葉)



アッ!そうです。

「第六回やる気と感動の祭典」恒例の「エンディングメッセージ」の映像を

流します。

参加者は、当日の“決意”が揺るがないように再度視聴してください。

「第六回やる気と感動の祭典」エンディング映像はこちらをクリックしてください。 
by akindonet | 2010-03-28 18:07 | Comments(0)
今日は「東京七社会」の勉強会。


ところで、今日は「第六回やる気と感動の祭典」の総集編について……。

まずは、「入場方法」について……。

何人かの経営者の方から「900名ものセミナーなのだから、申し込み順に席を

決めてしまったら…」
というご意見がありました。

また、「整理券配るなんて、運営大変だよ。席を指定した方が楽だよ」のご意見も…。

とても有り難いご意見でした。

しかし、小生は、入場だけは今の方法を続けようと思っています。

この「やる気と感動の祭典」ちょっと異常なんです。

前の席の争奪戦がある。

こんなセミナー見たことがない。

でも「ケガ人が出るかもしれない」ということで整理券配布にして3回目。

そしてスクリーンを3枚にして3回目。

やっと全ての席が“平等”に見られるようになった。

でも、やはり前の席の方が臨場感がある。

確かに申し込み順で席を決めるのはすごく楽です。

でも、これでは「やる気と感動」にならない。

席とりも「やる気」のあるものにしたい。

「やる気」をもって一番札を取りにいくということを大切にしたいのです。

そして、何よりこのセミナー、人選で困っている企業様がとても多い。

ですから、〆切ギリギリまで申し込んでこられません。

なぜか?

参加したい社員が多いからです。

なので「申込み順」での席決めはできない。

よって、当分、この「整理券配布」は続けます。

「非効率的なことをいかに効率良く行うか?」

これが繁盛への道と言っている張本人が、効率のみを重視してはいけませんもんね。


そして、次回の「課題」について……

次回の課題は……

1)独自性のある販売を行って売上げの結果を変えました!

という成功事例エントリー

2)こんなことをして粗利益高確保や収益向上しました。

という成功事例エントリー

3)お盆商戦や秋商戦はこんな事を考え実行していく!

というアファメーション提案


GWや母の日の結果ではなく、「独自化」としてこんなことをしている!とか…

「粗利益高」を確保するためにこんなことをしている!とか…

「収益性」向上のためにこんなことをしている!

という「実のある結果を残した」エントリーにします。

もちろん「春~夏商戦」での取り組みにおいてです。

3つ全てではありません。

「3つのうち、一つだけにフォーカス」してエントリーしてください。

くどいようですが、「春~夏商戦」においてです。

さらに「お盆~秋商戦」の“計画”や“ニューへの挑戦”を入れて

エントリーしてください。


次回は8部門の予定です。

次回は初めて“販促”を入れます。

今、タイムスケジュールで頭を悩ませている小生がここにいます。

「該当者なし」の部門も出てくるかもしれません。

今回のエントリーテーマが難しいからです。

でも、チャレンジしてみてください。

発表者を目指して……。

企業の大小は、まったく関係ありません。

男女も関係ありません。

「結果を残している」者。「ニューへの挑戦をしている」者を選びます。

〆切日は、5月23日(日)(仮)

たった8名にチャレンジしてみてください。

「実践、実践、また実践」です。

「挑戦、挑戦、また挑戦」です。


要するに「結果を残した」ことをエントリーしてください。

ということ。

「結果を残して、堂々とエントリーしてきて下さい」



そして、「ボランティア」の方々へ感謝を……

今回も10名のボランティアの方々にお手伝いしてもらいました。

前日の夜からお手伝いしていただいた皆さん。

ありがとうございました。

皆さんのおかげです。

本当にこのボランティアの方々の活躍があってこそと思っています。

「ありがとう」

愛するボランティアの方々は、以下のとおりです。

千葉周一さん、渡邊智子さん、小美濃悟さん、沼博子さん、坂東由紀子さん、

小苅米健太郎さん、高橋喜則さん、本谷一知さん、中川真理子さん、森暁さん。


次回も協力してくださいね…(笑)


最後に「失敗は成功への道。言い訳は凋落への道」を忘れずに…。

「挑戦するから失敗する」

「現場での失敗なんて大したことない」

「言い訳して何もしないことが最も悪い」

「評論家はいらない。実務家となれ!」

「行動こそ真実」


努力は誰でもするもの。そのレベルでは違いは出ない。結果は変わらない。

“執念”というレベルまで達しないと、違いは出ない。結果は変わらない。

“執念”でやり抜いてください。

期待してます。

「やる気と感動の祭典」“結果を変える”セミナーだからです。

そして、「今日の一言」……。

「昨日の自分だけには負けたくないんだ…」

(プロサッカー選手 ロベルト・バッジオ氏の言葉)


アッ、そうですね。

では、西端春枝先生の「5分間スピーチ」を映像でどうぞ。

「お茶目さ」が表れて、それでいて聞き惚れるスピーチでしたので、皆さんへ

おすそ分け…。

 「第六回やる気と感動の祭典」西端春枝先生のスピーチは、こちらをクリックしてください。 
by akindonet | 2010-03-27 19:13 | Comments(2)
今日は、兵庫へ…。

ところで、今日は「第六回やる気と感動の祭典」第二日目の感想…。


第二日目は、朝8時スタート。

整理券配布は、朝6時30分。

一番乗り企業は、いったい何時に並ばれたと思います……?!

なんと、朝4時。

一番乗り企業は、「日東燃料工業 ベニースーパー」様。

この「やる気」が、このセミナーを支えていると言っても過言ではない。

そして、スタート。

まずは、「ラジオ体操」。

発表者、参加者、ボランティアと「三冠王」(?)

射止めた中川真理子さんが、リーダーとなって行う。


さあ、第二日目スタートです。

トップバッターは、サンシャインチェーン本部の曽我部恭一さん。

なんと、「坂本龍馬」の姿で朝、来ているではありませんか?

実は、発表者は「スーツ」か「正装」と決めている。

小生が気付いたときには遅かった。まさか……。

まあ、いい……。今回は特別に……。

そして、内容……。

・「高品質低価格」戦略

・「ニューへの挑戦」


など、ハデさはないが、“さすが”前年比90%台の精肉業界において、2ケタアップ

を続けているだけはある。

ものすごい内容の発表でした。

これをそのまま「モデリング」すれば、この春~夏商戦。

100%結果は変わるはず。

「春~夏商戦」の“ニューへに挑戦”だけで10項目以上の提案あり。

参加者の皆さん、“実践こそ真実”ですよ。


次に「生鮮部門の大トリ」紅屋商事の赤坂隆之さん。

・各カテゴリーごとの戦略

・「高品質低価格」戦略

・「仕入れの考え方」のパラダイム・シフト


など、素晴らしい発表でした。

生鮮の大トリ発表としては、合格点。

「やる気と感動の祭典」の歴史に残る「名発表」でした。

意気ごみが他社と違っていた。

「基準」の高さをヒシヒシと感じたはずです。

「やる気」「感動」の発表でした。


そして、「第六回やる気と感動の祭典」のフィナーレは、店長部門。

今回は、ニチエー 新市店 店長 仲程健さん、副店長 石金生仲さん、レジ部 中野直美さん。

3名で必死に発表してくれました。

・「執念」を持った業務改革

・「レジ部」を中心とした「サービス」を強化、「サスティナビリティー」。

・全員参加の「ライブ・イベント」企画

・「感性販促」と連動した「コラボ」運営


もう、50分という時間内で、参考になる内容が連射砲のように

飛び出した。


店長をはじめ、みんなが大感激の発表となった。

前代未聞の3名発表。

「これもいいな~」と感じながら聞いていた。

以上、7社10名の発表が終了する。

そして、最後に小生の「特別講演」。

というより、今回の発表の「まとめ」。

みんなに申し上げた「キーワード」のみ列挙します。

・「商品が動かない今、バイヤーが動け。バイヤーは足で稼げ!!」

・「努力は誰でもする。“執念”のレベルでなければならない」

・「高い目標を立てないから、基準が上がらないのだ」

・「アファメーションしよう!まずは、3つ実施せよ!!」

・「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる」

・「失敗は成功への道。言い訳は凋落への道」


などです。

7社10名の発表者が言いたかったことをまとめて話すだけなんだけなんですけどね。

また、これがないと「ただ、単なる事例発表になるので、

必ず第一回目から行っています。」


そして「エンディングセレモニー」。

・発表者、パワーポイント作成者は壇上に……

・「ボランティア」10名も壇上に……


上がっていただき、参加者全員で「感謝」「大拍手」。

その後、「エンディングメッセージ」。

これで、午後1時ピッタリで終了した。


しかし、今回の発表テーマはすごく難しかったんです。

「春~夏商戦」という絞りきれないテーマ。

それなのに、発表者はがんばってくれた。

だから「最高のやる気と感動の祭典」になりました。

小生の予想をはるかに超える発表でした。

セミナーだけで、12時間のセミナーです。

普通は嫌になる。

「早く終わらないかなー」と思う。

しかし、今回もまったく時間を感じないと皆さんに言っていただく。

あっと言う間に時間が過ぎる。

「えっ?!もう、こんな時間?」という感じだそうです。

そんなセミナー内容だから、終了後の「アファメーション・シート」の

提出のすごかったこと。


実は、この提出は「義務化」していません。「強制」していません。

しかし、ほとんどの方々に提出していただいた。

このセミナーは「結果を変えるセミナー」です。

だから、セミナー終了段階からが、本当のスタートなのです。


その「高い目標」を自分で決意してもらうために「アファメーション・シート」

の記入をお願いしました。

まだ、小生は目を通していない。

目を通すのが、とても楽しみです。


最後に「第六回やる気と感動の祭典」参加いただいた皆さん。

本当にありがとうございました。


皆さんの真剣な姿勢が、ますますこのセミナーを進化させてくれてます。

皆さんのお陰です。


少しは「返謝」できたでしょうか。

参加された方、ボランティアの方の“やる気”“感動”のコメントを期待してます。


そして、「今日の一言」……。

「あなたが、あるべき自分になれない理由はただひとつ。

そうなろうとする勇気がないからだ」

(アメリカのコンサルタント チャーリー・ジョーンズ氏の言葉)



アッ!忘れてました。

「第六回やる気と感動の祭典」。第二日目のダイジェスト映像を……

下記をクリックしてください。



 「第六回やる気と感動の祭典」第二日目のダイジェスト映像は

こちらをクリックしてください。 

by akindonet | 2010-03-26 19:28 | Comments(4)
今日は出張なし・・・。

さすがに「やる気と感動の祭典」の次の日は予定を入れられない。

実は身体中が痛くなるんです。

この2日間、走り回ってますし…。

そして、何といっても「魔法の靴」を履いてるしね・・・(笑)

そこで、今日は「第6回やる気と感動の祭典」の続編です。

今日は第1日目終了後から・・・。


あ、そうですね「第1日目のダイジェスト」を・・・。

「第六回 やる気と感動の祭典 第一日目 ダイジェストはこちらをクリックしてください」

まずは、「ドンテン」です。

“ドンテン”とは、セミナー会場から懇親会会場に変える事です。

セミナーで使用した机とイスを一気に撤去し、懇親会のテーブルと食事を用意する。

それを30分以内で行う。

もうホテルの方々も総動員で片づけてもらう。

ボランティアもアソシエイツも全員でとりかかる。

何と、今回は20分ちょっとで、

930名のイスの片づけと懇親会会場の

セッティングが終了。



すごいの一言でした。


そして「懇親会」スタート。

まずは恒例の発表企業の社長の「寸評」。

発表者を出した企業の社長の「晴れ舞台」。


そして「サプライズ」第2弾。

「接客コンサルタント」の中町洋子先生のご挨拶。

静岡のドラッグストアー大手を

「接客指導」だけで売上を伸ばしている人。


この方の接客指導はすごいです。

感動すらあります。

是非、みなさん、接客でお困りの企業様は弊社へ御一報を・・・。


次の「サプライズ」…。


それは「商業界全国女性同友会名誉会長」。

西端春枝先生のお話。


たったの5分でしたが「お釈迦様」のお話はとっても面白かった。

さすが西端先生の話はみんな「シーン」と聞いていた。

89歳。まだまだお元気。

懇親会も最後までいていただいた。

ありがたいことです。

感謝…。

そして、乾杯は…。

今回60名もの参加をしていただいた、

山梨の「いちやまマート」さんの店長に乾杯の

音頭を取ってもらうことにした。

関西で開催するにも関わらず、山梨から

参加企業の中で最高の60名もの参加

をしていただいている。

これこそ「地方スーパーマーケットの

オピニオンリーダー」的企業の真骨頂です。


そんな感じがする。

その「いちやまマート」の三科社長が“期待の店長”として指名されたのが

「いちやまマート貢川店」店長。 

田辺信二さん。


ものすごく緊張しておられた。

でもすごく“決意”が伝わった挨拶でした。良かった・・・。


そして懇親会。

今回は異常に盛り上がっていた。

みんな一生懸命「情報交換」されている。

今回が一番盛り上がっていました。

それぐらいみんな真剣でした。

懇親会も“進化”していることを実感。

そして「スーパーサプライズ」。

「OSMゴスペルアンサンブル」による

「ゴスペル」です。


「OSMゴスペルアンサンブル」は、「大阪スクールオブミュージック専門学校」の

生徒さんで構成されているゴスペラーズ。


しかしこれは「本物」です。

有名ミュージシャンのバックコーラスや「世界陸上2007大阪」でのオープニングソングの

バックコーラスなどをしている、いわゆる“プロ”です。


その方々が、この「やる気と感動の祭典」への趣旨に共鳴していただき

「ボランティア」で参加いただいた。

その歌声たるや、「すごかったー。」

“超かっこよかったー。”

本物のゴスペラーズの生の声って、なかなか聞けない。

それが聞ける。良かった・・・!!

「OSMゴスペルアンサンブル」の

43名の皆さんに、感謝、感謝
です。



さらに、「成功事例報告」でみごと1位の栄冠を取った

「一番街」の社長から、本店店長宛に祝電が。


早速、その日の内にホテルに届く。

それを読み上げる。

沖田店長もビックリしてました。次は発表の舞台ですね・・・。がんばれ!!

そして第1日目のフィナーレは・・・。

もちろん「世界に一つだけの花」の大合唱。

みんなが一つの輪になって、「世界で一つだけの花」を大合唱する。

みんな笑顔!笑顔!

むちゃくちゃ楽しんでくれている。



「9時間セミナー」の終了。

みんな退席された後の・・・。

ボランティアとアソシエイツの記念写真。

西端先生と山田会長と“小商人伝道師”こと優たんも一緒に…。

f0070004_18364720.jpg


たったこのメンバーで912名のセミナーを運営しています。

みんなに感謝。

今回は「懇親会」を振り返るでした。

是非、参加された方々、ボランティアスタッフの皆さん。

「第6回やる気と感動の祭典」の感想を

このブログにコメントしていただいたら幸いです。



そして今日の一言・・・・・・。

「人が集まってくることが始まりであり、人がいっしょにいることで進歩があり、

人がいっしょに働くことが成功をもたらす。」

(アメリカの実業家 フォード・モーター創設者 ヘンリー・フォード氏の言葉)


あっ!忘れてました。


懇親会のダイジェストを映像で・・・。


「懇親会のダイジェストはこちらをクリックしてください」

by akindonet | 2010-03-25 18:06 | Comments(3)
3月24日昼1時。

912個のクラッカーの音とともに「第六回やる気と感動の祭典」

無事終了しました。

「さらなる伝説のセミナーにする。」

というミッションのもと、スタートした「第六回やる気と感動の祭典」。

参加された方々、いかがでしたでしょうか?

是非、このBlogにコメントくださいね。

しかし、すごい発表の連続でした。

今回の基調講演。

ものすごく良かった……。

予想通り「目からウロコ…」の内容。

「女性」についてに素晴らしい講演でした。

今まで聞いたことのない「ヒント」が満載でした。

みんな“感動の嵐”でした。基調講演から“気づきの連射砲”炸裂です。

何回も何回も断られ続けて、やっと実現した基調講演。

「ねばって交渉して良かった!」と、心の底から思った内容でした。

「株式会社ハー・ストーリィ」の「日野佳恵子」社長。

まずは、「伝説の基調講演」になった……。

続いて「成功事例提出企業の優秀企業発表」。

実は、弊社のアソシエイト以外は、誰も知らない。

だから、サプライズがある。

3位 株式会社キクチ

2位 株式会社ヒラキストア

1位 有限会社一番街


でした。

1位の「一番街」は、全員舞台の上へ立つ。

なんと、嬉しくて涙ぐんでる女性がいた。心の底から喜んでくれた。

近い将来「舞台」の上に立つことも遠くはないはず。

これに慢心することなくがんばって欲しい。

ここで休憩15分間。

そして、7社の発表スタート。

トップバッターは、山勝総合食品の武田安央さんの発表。

・「高品質低価格」戦略の発表。

・「異常値販売」の発表。

・「人間力」の発表。


などなど、すばらしい内容でした。

クライアント外からの発表ということで、どうなるか?と思っていたの

ですが、すごく良い発表でした。

小売業専門インターネットTV「商人ねっと」で徹底的に勉強されて

いる企業。

だから、結果が変わるのです。

トップバッターから「気づき」「サプライズ」続出…。

続いてユアーズ・バリューの三山誠さんと藤本浩さんの発表。

・「旬の先駆け」「旬の後どり」

・「単品量販」

・「安く仕入れる“執念”」


などを余すことなく発表してくれた。

「サプライズ」続出の発表に、みんな心臓の高鳴りが自分で

聞こえたのではないか?

それくらい衝撃的な発表の連続でした。

ここで、またまた15分の休憩。

そして三番手は、ヤマダストアーの山田昌人さん。

・「おいしさは固定客に繋がる」

・「惣菜からデリカへの進化」

・「ニューへの挑戦」


など、中身のとても濃い内容でした。

会場内を「涙」・「涙」で濡らしてしまったエンディング。

セミナーで涙を流すことなんて滅多にないですよね。

みんなボロボロ泣いてました。


そして第一日目のトリ。

「山成商事(どんたく)」の市川美嘉さん。

・「異常値販売」

・「ありがとうの接客」

・「地域貢献」


など、今までの「伝説のレジチェッカー発表」を超えてしまった。

ハデさはないが、参加したレジチェッカーは、ショックを受けたはず。

進化し続けるレジチェッカーは、次のステージへと続く発表になった。

ここでも「涙・涙」の発表でした。

ものすごくがんばったんでしょう。

苦労したから感動する。感激する、感謝する…。

「どうなるか?」と思ったけれど、良かった。

正午にスタートした「やる気と感動の祭典」も夜7時を回った。

そして、懇親会。



明日に続く。


そして、「今日の一言」……。

「知識を与うるよりも感銘を与えよ。感銘せしむるよりも実践せしめよ」

(作家 坪内逍遥の言葉)



そして、「第六回やる気と感動の祭典」の第一日目ダイジェストは、明日公開です!
by akindonet | 2010-03-24 21:04 | Comments(3)
本日、3月23日。

「第六回やる気と感動の祭典」第一日目。

3月23日正午。スタートします。

このブログは、早朝に書いているので、セミナー内容は、明日以降に……。


第一回目 250名

第二回目 550名

第三回目 750名

第四回目 850名

第五回目 852名

毎回多数の参加者にお越しいただいている。

そして、今回の参加者は……

912名

夢のような参加者の数。

今、スーパーマーケットは「消費不況」の真っ只中。

どのセミナーも集客に苦労している。

その中で912名もお越しいただき、“感謝”以外にない。

3月23日~24日はその“感謝”を、

我々は「返謝」するときです。

スパコディ純ちゃん、アソシエイツ達、ボランティアで、集まっていただいた

皆さん総勢22名の運営スタッフは全力でサポートさせていただきます。


まずは、「大阪の迎賓館」“リーガロイヤルホテル”のフロントの様子。

f0070004_064931.jpg


そして、会場となる3階の「光琳の間」。

二日間、3階の大ホール貸切りです。

収容人員 930名。

スタッフなどを入れると、マックスを超えた。

リーガロイヤルの方々の御尽力に“感謝”。

f0070004_141393.jpg


900名以上の席が並ぶと、気が引き締まる。

そして、「映像・照明ブース」。

f0070004_1417918.jpg


全て、弊社の自前で行う。外注は一切行わない。

ホテルの方々から、毎回、「外注しない映像、照明なんて初めてです」

と言われる。

お金のない“貧乏会社”だから仕方ない。

「ないから、知恵が出る」(笑)


そして、ここが栄光を掴んで「発表者」が立つ舞台。

舞台から見た会場内の風景…。

f0070004_14181395.jpg


f0070004_1419821.jpg


そして、「演台」。

f0070004_14242088.jpg


ここには小さいモニターがある。

このモニターにパワーポイントで投影される画像が出る。優れものです。

f0070004_075071.jpg


そして、エントランス。

まずは受付。

f0070004_1426335.jpg


ここに、900名以上の方々にまずお越しいただく。

次に「物販」コーナー。

f0070004_14264414.jpg


新入社員の「あゆみ」ちゃんの“コトPOP”。これからどんどんうまくなるだろう…。

現在では、点数にすると30点くらいかな?!

f0070004_14273222.jpg


準備万端です。

実は、弊社のアソシエイツの中で、初めてこの「やる気と感動の祭典」を

体験するのが3名もいる。


だから、すごく“社員間”に緊張が走る。

いいことだ……。


さあ、開幕です。

北は北海道・稚内から……。

南は九州・鹿児島まで……。


912名の参加者の中……。

幕が落とされる。

第一日目は……

「スーパーマーケット業界初デビュー」と言っても過言ではない……

“女性(主婦)マーケッター”の第一人者。

「日野佳恵子」先生が初めてそのベールを脱ぐ。

そして、栄冠を掴んだ4名の発表者が続く。


グロッサリー部門 

山勝総合食品株式会社 食品バイヤー 武田安央氏



青果部門 

株式会社ユアーズ・バリュー 青果チーフ 三山誠氏

                  青果チーフ 藤本浩氏


デリカ部門 

ヤマダストアー株式会社 惣菜チーフ 山田昌人氏


レジチェッカー部門 

山成商事株式会社 レジチーフ 市川美嘉氏



店舗規模でいうと、10店舗以下の企業ばかり。

でも、規模なんて関係ない。

「強さ」なのです。

40日間、「寝食忘れて」がんばった成果に対しての、参加者の

評価はいかに……。


そして、懇親会。

乾杯の音頭は……

今回、60名もの参加者を送りだしていただいた、山梨県の「いちやまマート」さんに

敬意を表し、その中で“期待の店長”に乾杯の音頭をお願いすることに……。

貢川店の田辺信二店長。

乾杯時の挨拶で「アファメーション」してくれるはず。

さらに「サプライズ」が二つ。

商業界女性同友会名誉会長 西端春枝先生のご挨拶が一つ目。

そして、俳優の卵、女優の卵たちによる43名の「ゴスペル」の大合唱。

もちろん「ボランティア」で……。

いわゆる「ノーギャラ」で大合唱していただける。

大物歌手のバックコーラスをやっている方々ばかり……。

大阪の「世界陸上」のオープニングセレモニーでも歌った「本物のゴスペラー」

その「ゴスペラー」たちの歌声を参加者は懇親会で聞ける。

「スーパーラッキー」。こんな機会は滅多にない。

テレビでしか見たことのない人たちをライブで聞ける。見られる。


スタートが正午。第一日目終了が夜の9時過ぎ。

「9時間セミナー」

そして、明日はなんと朝8時スタート。

考えてみると、朝8時にスタートするセミナーなんて聞いたことないですよね。

いつもホテルの方々に迷惑をかけっぱなし……。

朝食はなんと朝6時30分スタート。

朝8時にスタートして、第二日目の終了が昼1時。

「5時間セミナー」

計14時間という“超ロングセミナー”。

普通に考えたら、“嫌になる”セミナー時間。

二度と出たくないセミナーと言われても仕方ない。

でも、今回も912名も参加していただいた。

なぜかなー?!と考える。

やっぱり、これなのかな…?!

「やる気」と「感動」が身体の底から湧き出るセミナー

だからかもしれないですね。


では、詳細は明日以降のブログで……。


ミッションである…

「さらなる伝説のセミナーにする」

が実現できたでしょうか?

乞うご期待。


そして、「今日の一言」……。

「終わりというものはない。始まりというものもない。

人生には無限の情熱があるだけだ」

(映画監督 フェデリコ・フェリーニ氏の言葉)

by akindonet | 2010-03-23 22:05 | Comments(1)

勇気が試されるのは

今日は、大阪……。

朝、5時起床。

「本の原稿書き」。

そして、朝8時ぐらいから「ジョギング」。

シャワーを浴びて、遅めの朝食。

その後、夕方まで「家族サービス」。

この「やる気と感動の祭典」は小生の家族も“総出”。

鬼嫁のお母さんは、青森からわざわざ駆けつけてくれる。

「優たん」の子守りと、ボランティアやアソシエイツの当日の「おにぎりづくり」

の為に……。

だいたい100個くらいつくります。もちろん全て手握り。

「小生の家族」からの、みんなへの“感謝”の証し。気持ちだけですけど……。

そして「夕食」後、会場入り。

夜11時過ぎまでチェック。その後は明日に備える。


今回は、会場をブラブラしながら、いつも思うことを……。

コンサルタントとして独立した当時、こんな一流ホテルで、こんな参加者で、

こんなすごいセミナーを開催できるなんて、夢にも思わなかった。

食べるのが精いっぱいだった。

その当時は、お金がなかったから、築地市場からリンゴの発砲スチロール箱を

もらって机にしていたことを思い出す。

コピーも近くのコンビニエンスストアで済ませた。

「貧困」コンサルタント会社だった。

八丈万有(株)の岡野忠生会長のご厚意で、マンションの一室を借りて

スタートした。

今の環境なんて夢みたいである。

今の状態なんて夢みたいである。



「人間って、ものすごい可能性あるんやなー」と、会場をブラブラしながら思う。

しかし、ここで「奢り」や「慢心」、「自惚れ」になってはいけない。

「まだまだ……」

日々、精進しなければと歩きながら自分に誓う。

「勇気」。

小生が一番好きな言葉。


でも、本当に今の自分は、その「勇気」があるのだろうか?と自問自答する。

「このままやり続けても充分だ!!」

「無理はやめよう。リスクは避けよう!!」

「投資はさけます。安全に!安全に!」


と、どこかで思ってないか?


常に自分の「心」はテストされているんだぞ!!と、自分に言い聞かす。


・勇気が試されるのは……「受け入れ難い真実」を受け入れる時。

・勇気が試されるのは……変化が必要なのに、何もしない方が楽な時。

・勇気が試されるのは……自分の信念が批判にさらされる時。

・勇気が試されるのは……学び、成長した結果。自分の弱点が見えた時。

・勇気が試されるのは……人からひどい仕打ちを受けても正道を歩む時

・勇気が試されるのは……人より目立ってねらい打ちされた時

・勇気が試されるのは……行く事を阻む障害にぶつかった時


手帳に記している言葉です。


格式あるホテルの「大会場」を歩きながら、今回も自分に言い聞かすだろう…。

「安定こそ凋落の道、挑戦こそ成功への道」

「おまえの“人生の目的”はなんだ…。」

「そうだ!!それは、“自分の命をかけて、

世の中の人々が幸せを勝ち取るまで、夢と希望と勇気を支え続けられる

情熱の変革者、教育者となることである”。
だろ。」


「だから、ここで進化を止めるな!おごるな!安心するな!」

回を重ねるごとに「恐怖心」が出る。

回を重ねるごとに「プレッシャー」を感じ、逃げ出したくなる。

回を重ねるごとに「自分の力のなさ」を感じる。

「まだまだやなー。」と。


明日この会場に全国から多くの方がお越しになる。

この格式あるホテルの大会場が、参加者で一杯になる。

もう6回目となると「うれしさ」よりも「責任の重さ」、「事の重大さ」、「使命感」で冷や汗が出る時がある。

でも「勇気」を持って、その「内面の戦い」に勝ちにいく。

堂々と、思い切って、精一杯、自分たちの力を出し切る。

それが「覚悟を決めた恐怖心、それが勇気なんだ」と自分に言い聞かせながら…・

では、明日3月23日正午。

大阪の“迎賓館”。「リーガロイヤルホテル」の
「光琳の間」
にて

「第6回やる気と感動の祭典」スタートします。

参加者の方は、お気をつけてお越し下さい。


そして、「今日の一言」……。

「志を失うな。人間、逆境の中でこそ成長する。」

(元松下電器産業副社長・元WOWOW社長・会長 佐久間曻二氏の言葉)

by akindonet | 2010-03-22 18:36 | Comments(0)