商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

“話題の女性”が登場!






3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



申込〆切まであと
7日!

皆さまのお申込みをお待ちしております!



 










「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 





今日も原稿書き。

そして、外は「東京マラソン」。

東京が一年に一回、機能しない日。

まあ、こんな日もあってもいいかな?と思うが、商売している人は大変。

「商売あがったり」です。

ところで、先日、「第六回やる気と感動の祭典」基調講演をしていただける

「日野佳恵子」先生とお会いした。

日野佳恵子先生は、現在、株式会社ハー・ストーリィの代表取締役社長。

f0070004_17375327.jpg


女性や、主婦を中心としたマーケティングを主に行われている。

「女性や主婦についてのマーケティング」に関しては、間違いなく“日本一”の会社。

その日野佳恵子先生が初めてスーパーマーケット業界で話される。

彼女の本を読ませていただくと、ほとんど小売業のことについて書かれて

いるのに、小売業の仕事とは縁がない。

不思議ですよね……。

ましてや、スーパーマーケットに関しては皆無に等しい。

「女性や主婦についてのマーケティング」の“第一人者”がですよ…。

そこで、小生は“ストーカー”のごとき交渉でなんとか「やる気と感動の祭典」

の舞台に担ぎ出すことができました(笑)。

とにかく、「主婦の活かし方」・「女性の活かし方」についての話。

「主婦や女性が活躍すると、こんなにすごいことになる」の実例を話して

いただける。

また、ハー・ストーリィ独自の調査でわかった「今の主婦、女性の動態、

動向」
についてもデータを元に話していただける。

「お客様・主婦」の立場からどのようにすれば、売上げが上がるのか?

どのようにしたら「女性や主婦を戦力にできるのか?」

そして、「女性を戦力化したら、こんなすごいことになるんですよ!」

ということを話していただける。

これは、すごい話になります。


実は、日野先生と話していたら、こんな話をされた。

ある「ビルの清掃会社」の社長が、「今勤務しているの女性の平均年齢60歳台を

30歳台にしたい」と……。


「ビル清掃会社」って“3K”の典型ですよね。

着換えとかも、女性でも階段とかでするのが当たり前なのだとか……。

それをどんどん変えていったんですって…。

すると、どうでしょう。

3~4年後には、平均年齢が30歳台になったのだとか…。

そして、その女性達を活かしていくと、とんでもないことが起こったんですって…。

病院での仕事を受注して、仕事をしていたら、その若い主婦の方々はいろんなことに「気付く」。

「配膳の台車は、こんなのにすればいいのに…」とか

「看護師さんが、もっと楽にお仕事するために、ここをこう改善したらいいのに…」
と。

そういういことを、どんどん「改善レポート」で会社に提出する。

それをまとめて、営業の方が病院に持って行く。

すると、「だったら、それもやって……」となる。

そんなことが、どんどん続いて、今では「ビル清掃会社」から「幸せ創造会社」へ

と変わってきているんですって…。

そして、どんどん優秀な主婦が応援してくれるようになっているとか…。

社長の「平均年齢60歳台を30歳台にしたい」という夢が、とんでもない

ビジネスに発展している。


それもこれも「女性の活用」からです。

こんな実例をどんどん話していただけます。

「パート比率80%」志向されている企業は、必聴の価値200%ですよね。

今まで「ベールに包まれていた」部分。

「女性の活用とは言っているが、どうしたらいいのかわからない?」

いうのが本音。

それを全て解決してくれます。

日野佳恵子先生

f0070004_17382251.jpg


期待しておいてください。

「主婦の活かし方」「女性の活かし方」会社が劇的に変わることを

知っておられる“実務家”がそのノウハウを全公開
していただける。

誰もまだ聞いたことのない話がいっぱいでてくることでしょう。

「目から鱗」の基調講演。

この講演を聴くだけでも、参加費用の元がとれます。

それぐらいの中身です。

スーパーマーケット業界初めて登場する“話題の女性”。(個別企業は数社あるみたいです)

小生がストーカーのようにラブレターを送り続けて実現した基調講演。

楽しみにしておいてください。

今日は、話題の女性についてでした。


そして、「今日の一言」……。

「政治家はもちろん、経営者も良識と品格を持った、

それこそ上質、上等な人たちでなければならない」

(京セラ創業者  稲盛和夫氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-28 13:36 | Comments(0)

不況対策について…








3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



申込〆切まであと
8日!

皆さまのお申込みをお待ちしております!



 










「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 






今日は、一日中「原稿」書き……。

正月休み以来、全く書く時間がなく、やっと時間がつくれた……。

あと、3分の1くらい書かなければいけない。

よって、金~日曜日まで、「気分転換」の意味も含めて、都内のホテルに

家族で宿泊する。

「自分へのご褒美」として……。

景色を見ながら「リラックス」できる雰囲気は、脳の活性化に繋がるからです。

さあ、「原稿」書きもスタートします!!



ところで、今日は、「不況対策」について……。

今、ものすごく数字が悪い。

売上げDown……。

一品単価Down……。

粗利益率Down……。


もう、何から何までDownづくし……。

既存店舗の数字だと、前年比95%すら届かない状況……。

もともと「収益性」の高い業態ではないスーパーマーケット。

95%を切るようだと、軒並み「収益がマイナス」になる企業も続出して

いることでしょう。

そういう状況を抜け出すには、どうしたら良いか?

これからは、小生の持論を展開します。


まずは、「コスト削減」。

「ムラ、ムリ、ムダ」をなくす。

実は、この順番が大切。

まずは、「ムラ」を無くすこと。

「作業のムラがないか?」を徹底的に意識化して「ムラ」を発見し、

改善する。

そして、その「ムラ」を無くせば、「ムリ」をしなくて良くなる。

「ムリ」は非効率化に繋がる。

そして、次に「ムダ」がないか徹底的に考える。

環境経営戦略総研の村井社長ではないが、電気代などのムダを

徹底的に排除する。

そうすることが「コスト削減」に繋がる。

いわゆる「意識化」「しくみ改善」“コスト削減”を実現する。

昨日の弊社の「ミーティング」でもこのことをコンコンと、アソシエイトに言う。

「志は高く。コストは低く」

「何故、コストを意識化しなければならないのか?」

「コストを意識し、削減する努力は“気付き力”を高めるトレーニングに

なるからである」

「だから、徹底的にコストを意識しなさい。

そうすれば、必ず“気付く”力がつき、もっとサービス力がつくから……」


と、言いました。

このことは、皆さんの企業でも同じだと思う。

「コストの意識化」は、「サービス力」の強化に繋がるのです。

なぜか?

それは、「気付き力」を高めることが出来るからです。

そして、次に「教育投資」。

最も怖いこと。

それは、「教育投資をコストと位置付ける」こと。

教育は「投資」なのです。

しかし、一番簡単に削減することができるから、この「教育投資」を

コストと考えて、削減する。

結果として、売上げDown、粗利益率Downに繋がる。

徹底して「コスト削減」し、「教育投資」を増やす企業は、この「消費不況」を

乗り切ることができる
と考えています。

でも、その教育も「リターン」が高くなければいけない。

だから、教育も選らばなければならない。

「結果の変わる」教育ツールを……。


その点からいったら、流通業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」 

「投資リターン」が高いと思っています。

流通業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」はこちらから
http://www.akindonet.com


小生自身が、企画、運営してますけど、第三者的に見ても、

絶対に「投資リターン」が高い。

実は、この「商人ねっと」で勉強して「社内で一番の売上げになりました」とか

「社内で一番の売上の伸びとなりました」とか

「社内表彰されました」の声をたくさんいただく。

今回の「第六回やる気と感動の祭典」でも、会社に懇願して、一人だけ参加する

という方が何人もおられる。

もっと、経営者の方々が「インターネットのメリット」

を理解してもらいたいなーと、思っている。


本当に少ない「教育投資」“現場教育”できるのに…。

現在、法人会員 約160社

個人会員 約2000名


是非、入会のご検討をしてみてください。

こういう「消費不況」下での「投資リターン」の最も高い教育ツールです。

お問い合わせは、こちらからどうぞ!

流通業専門インターネットTV「商人(あきんど)ねっと」はこちらから
http://www.akindonet.com



実は、弊社も今年は、「教育投資」にお金をかけます。

個人の「人間力アップ」・「基準アップ」会社の繁栄に繋がると

信じているからです。

こんな売上高の会社でここまで「教育投資するか?」というくらい

投資します。

そうでなければ、この「不況」を勝ち残っていけないからです。

そして、最高の「教育投資」セミナーは……

「やる気と感動の祭典」

〆切まであと8日。

社員の方々に「投資」させてみてはどうですか?

ものすごい「気付き」と「やる気」が出ますよ。

そして、「これからの春~夏商戦の戦略・戦術」

ヒントをもらえますよ。


たぶん、このBlogを見られて、「また、宣伝かよ!!」と思われる

かもしれません。

でも、たくさんのスーパーマーケット関係者に「気付いてもらう」ために

どんどんこういうことを書いていきます。

小生ならびに弊社のアソシエイトの「使命」は……

「流通業界の縁の下の力持ち企業になる」

ことですから……。


今日は、「不況対策」についてでした。

少しは、お役立ちできましたか?


そして、「今日の一言」……。

「成功するかどうかは、才能とか、上司とか、友人とかによって

決まるわけではない。

決断を下し、その決断を生涯かけて自分のものにすることで、

成功できるのだ」

(アメリカのコンサルタント  チャーリー・ジョーンズ氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-27 17:44 | Comments(1)





「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日は、オフィス……。

午前中は、クライアント企業からの相談で時間をつくる。

午後からは、アソシエイト達とのミーティング。

というより「辻説法」。

そして、夜は、「第六回やる気と感動の祭典」基調講演をしていただける

日野佳恵子社長と打ち合わせ。

日野社長との打ち合わせの結果は、明日にでも……。


ところで、「第六回やる気と感動の祭典」申し込み期日が迫って

きました。

今回は、本当に“すごい!!”セミナー内容……。

是非とも参加していただきたい。

「これからの春~夏商戦」“成功ノウハウ”

びっしりつまっていますから……。

「参加人数=成功の確率」は比例します。

投資に値するセミナーです。

是非、バイヤーや店長だけでなく、担当者レベルの参加も

期待しております。




そして、今日は「グロッサリー」対策について……。


「デフレスパイラル」……

「ディスカウント競争」……

「レッドオーシャン部門」……

で、粗利益率を確保できない企業が多いと聞く。

しかし、この「消費不況」の中で、売上げも粗利益も伸ばしている企業がいる。

その違いは、何か……。

その一端を今日は、おすそ分けしましょう。

まずは、「MDマトリックス」の構築。

これは、小生の造語。

しかし、この「MDマトリックス」をしっかり構築すれば、売上げも

粗利益も
飛躍的に伸びる。

これは、「第六回 やる気と感動の祭典」発表する山勝総合食品の武田安央バイヤー

のパワーポイント。


f0070004_18275131.jpg


f0070004_1828989.jpg


f0070004_18283563.jpg


「MDマトリックス」を進化させることにより大幅に売上げ・粗利益高を伸ばすこと

ができた。

皆さんは、各ライン(カテゴリー)で、このような「MDマトリックス」を作成できますか?

作成できなければ、“品揃え”が間違っているということです。

是非、「MDマトリックス」を作成してみてください。


さらに、不況により「ギフトが売れない」といわれる中、

ギフトを伸ばしている企業がいる。

一つは、アイテムを絞り込んで「単品量販」している例。

これは、「第六回 やる気と感動の祭典」店長部門発表する

「ニチエー」、新市店の例。


f0070004_18285691.jpg


なんと、単品に絞り込んで「コト」で売った。

売上げ前年比121.7%


また、なんと、お客様に「Q&A」方式での“チャートパネル”をつくった

「ホーマス・キリンヤ」。

f0070004_18291854.jpg


すごいパワーポイントですよね。

こういうことをすれば、売上げなんて低迷しない。

「レッドオーシャン」も脱出できる。

そう思いませんか?

「勇気を持って、誰よりも早く、人と違ったことをする!!」

これしかない。

その「気付き」「ヒント」「第六回 やる気と感動の祭典」にはある。

そして、小売業専門インターネットTV「商人ねっと」 

にも……。

http://www.akindonet.com/ 


「勉強し、実践した者のみが結果を変える!!」


今日は、「グロッサリー」対策についてでした。



そして、「今日の一言」……。

「ビジネスの現場においては、

「人間」こそが最大の「説得力」なのです」

(ソフトバンク代表  田坂広志氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-26 18:38 | Comments(0)

果物の不況対策について






「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日は、朝、4時30分起床……。

朝一番の新幹線で姫路へ向かう……。

もちろん日帰り……。


ところで、まずは、小生から「お詫び」を……。

とんでもないミスを犯してしまいました。

それは、「第六回 やる気と感動の祭典」の案内状を

「第五回 やる気と感動の祭典」に参加された企業のみ

(一部は、特別に参加されていない企業に送りましたが…)に

送っていたのです。

これは、小生がチェックしなかったミス。

「まさか、そんなことしないだろう…?!」という小生の甘さが、

こんなことを招きました。

大至急、昨日、第一回~第四回に参加されて、第五回に都合が

つかず、参加されてなかった企業様にご案内状を送付させていただきました。

一ヶ月前に送ってしまうという“大チョンボ”を許してください。

すべて小生の責任です。

もしも、時間的に都合がつくようでしたら、是非、御参加ください。

今回は、「これからの春~夏商戦の戦略・戦術について」がテーマです。

ものすごい「お宝セミナー」になっています。

今までで、「最高のセミナー」になること間違いなし!!です。

参加を心よりお待ちしております。




ところで、今日は、「果物の不況対策」について…

昨年12月ぐらいから「果物の不振」が続く。

前年比90%どころか、80%台というところが続出している。

未だかつてこんなこと、なかったのではないか?

しかし、これもある程度、予測できたこと。

そして、小生も予測していた。

でも、この「底なし沼」に入ってしまっている。

脱出の方法さえ見えない企業が多いと思う。

そこで、今日は、皆さんへ「救いの手」を……。

小生が果物のバイヤーに近頃言うのは……。

「仕入れをもっと厳しくしろ!!」

ということ。

「全てのスーパーマーケットが悪いということは、市場に商品が余っているはず。

なぜ、異常値販売できるぐらいまで原価交渉しない?」

「数量確約すれば、必ず原価はものすごく落ちるはず!!」

「こんなもんだろう!という甘さがあるのでは……。」


と、叱りまくってます。

でも、今の売れ筋商品の「イチゴ」などは、安くならない。

いわゆる、スーパーマーケット流でいう「Bランク商品」・「Cランク商品」が

余っている。


だから、少々の安さでは売れない。

小生の言葉でいうところの「破壊的安さ」でなければならない。

「そんなのあるわけないじゃん!!」

と思われている。

それがあるんだな~。

市場用語でいう……。

「そっくり買い」すれば…。


実は、「第六回 やる気と感動の祭典」発表する「ユアーズ・バリュー」

は仕入れがとてもうまい。


例えば、12月年末のみかん。

f0070004_17585945.jpg


f0070004_17591248.jpg


「2kg ネット198円」。
これで十分儲かっている。


f0070004_18164643.jpg

パインが一番高いクリスマスの時期1株250円。

そして、極めつけは……

f0070004_180761.jpg


なんと、「みかん1箱 580円」。

すごいでしょ。

ちなみに10kg箱です。

これで、スーパーマーケット平均よりも粗利率が高い。

なぜ、こんなことができるか?

「仕入れ力」。


そのノウハウの全貌を「第六回 やる気と感動の祭典」で発表してくれる。

ちなみに2月も楽々前年比をクリアーしている。

楽しみですよね……。

「第六回 やる気と感動の祭典」。


ユアーズ・バリューは、この「そっくり買い」「生産地市場活用」など、

他のスーパーマーケットとは違う仕入れ手法をとっている。

だから「安さ」を出せる。

要するに、スーパーマーケットの果物バイヤーの

「仕入れが甘い」だけ。

「仕入れ」の考え方を変えないと、この「底なし沼」を抜け出せませんよ……。

これが「果物の不況対策」です。

少しは、お役に立ちできましたでしょうか……。


そして、「今日の一言」……。

「木を切り倒すのに6時間もらえるなら、

私は最初の4時間を斧を研ぐことに費やしたい」

(第16代アメリカ合衆国大統領  エイブラハム・リンカーンの言葉)

by akindonet | 2010-02-25 18:32 | Comments(0)

売れる“惣菜”とは?!






「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日は、岩手へ……。

日帰り出張……。

明日は関西……。

本当に身体にダメージのあるスケジュール。

4月ぐらいから、少し「直接指導」様にもお願いさせていただきますね。

今までは、「お客様の都合」をできるだけ聞いておりました。

しかし、全てきいてしまうと、「北海道→九州」や「四国→東北→四国」

なんて出張スケジュールになってしまい、身体が続きません。

御協力のお願いをすると思いますが、よろしくお願いいたします。


ところで、今日は「惣菜」について……。

実は、3月上旬「日本惣菜協会」の総会で記念講演を依頼されている。

そこで、講演内容を考えるうちに気付いたことを、今日はみなさんにおすそ分け…。


まずは、スーパーマーケットの「惣菜への不満」

どんなのがあると思いますか?

それは、こんな感じです。

f0070004_188475.jpg


「揚げ物が多い」

「添加物や材料が不安」

「味付けが濃い」


なんか、「そうなんだろうな~」という不満ばかりですよね。

でも、好景気の時は、この「不満・不安」顕在化しなかったんですよね。

「不満や不安」はあったんだけど、「料理時間がないから」・「楽だから」ということで

妥協して買われていた。

それが、「消費不況」下になり、一気に不満・不安が顕在化した。

そして、今まで体験したことのないような「売上げ不振」に陥った。

そこで行ったこと……

それは「ディスカウント」……

コロッケ1個 30円

弁当1個 250~500円


最初は、インパクトがあったから売れた!!

しかし、時間が経つにつれ、売れなくなってきた……。

でも、一度、お客様の味への信頼や信用を落としてしまうと、

それを回復するには、ものすごい「時間」と「エネルギー」が必要となる。


今がそんな状況ではないかな……?!


実は、何を隠そう小生も約2年前は、この「コロッケ異常値販売」を推奨した

張本人。


今とは全く逆の「スタグフレーション」の時に……。

「全ての商品が値上げするから、値入率の高い惣菜は売れなくなる。

だから、PI値の高いコロッケを異常値販売すべき!!」と主張していた。


しかし、一昨年の11月以降、状況が一変。

「100年に一度の大不況」に陥ってしまった……。

そこで、この「コロッケ異常値販売」の推奨をやめた。

これからは、「高品質低価格だ!!」と……。

最初は、「180度言っていることが違う」から、惣菜担当者は、戸惑ったと思う。

しかし、「スタグフレーション」という値上げ基調から「デフレスパイラル」という

値下げ基調に大きく流れが変わったから仕方がない。

そして、この「高品質低価格」を昨年一年間やり続けた……。

「弁当の安売りはするな!」

「原料の見直しをしろ!!」

「家でつくれない惣菜を売りこめ!!」

ってな具合である。

お陰さまで一早くこの「デフレスパイラル」を抜け出したのが、

「惣菜部門」であった。

昨年12月は、どの企業も惣菜はすごい伸びをした。

「高品質低価格」戦略の成果を確信している。

そして、「家でつくれない惣菜」中心の品揃えに変えていった成果と

確信している。


もちろん、「超鮮度」戦略も徹底した企業も多い。

一応、「惣菜への不満・不安」半分以上はクリアーしているという自負がある。

でも、ほとんどの企業が「単価Down」に苦しんでいると聞く。

ほとんどの企業が、それに輪をかけて「支持率」が低下していると聞く。

それは「ディスカウント」を行った弊害。

ディスカウントにより、「味の信頼や信用」を失った企業は、

回復に時間がかかるかもしれない。

どうするのかな??

また、小生の直接指導企業の中には「外食基準」に舵をきった企業が

何社が出始めた。


いわゆる「外食で食べる味に匹敵する味」の追及である。

サンシャインチェーンしかり……。

今回の「第六回やる気と感動の祭典」デリカ発表企業「ヤマダストアー」しかり……。

世の中の流れとは「逆行」する形で進めている。

なぜか?

「消費不況」だからです。


外食を控えて「内食回帰」しているのに、その「外食ニーズ」をとりきっていない

スーパーマーケットは、まだ、「家庭料理」の代替提案で終わってる。


それでは、「消費不況」下では売上げは伸びない。

それに気付いた企業のみが、この「消費不況」を脱出することが

できると信じている。


そのヒントは……。

「第六回 やる気と感動の祭典」で明らかにされるかも……。



今日は、「惣菜」についてでした!!




そして、「今日の一言」…。

「自分にはできる、あるいはできるようになりたいと思ったら、

とにかく始めること。

大胆さが才能を生み、魔法を生む」

(ドイツの詩人  ヨハン・ゲーテの言葉)

by akindonet | 2010-02-24 18:34 | Comments(0)





「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日も徳島……。

夜、帰京し、会社へ……。

帰宅は遅くなる。

ところで、今日は、商人伝道師流「利益を生み出す6つの方法」について。

小生は、1年間で約300日近く「企業コンサルティング」を行っている。

「売上を上げる責任」

「利益を生み出す責任」

「基準を上げ続けさせる責任」


の一端を担っている。

常に緊張感を持ってコンサルティングしている。

それに「講演会」・「セミナー運営」・「会社経営」など約7つの仕事を掛け持ちしている。

また、この時期は、「年度末」の時期であり、「来期」という言葉があちらこちらから

出てくる。

そこで、よく考えることがある。

それは「利益を生み出す」方法……。

昔、倉本長治先生などの本を読むと…

「利は元にあり」。「利は売りにあり」。「利は過程にあり」。「利は内にあり」。

などと書かれていた。

すごく勉強になったし、肝に命じていた。

しかし、今の時代に合わせて、“商人伝道師流”にアレンジしなければと思い、

考えてみた。

それが「商人伝道師流」・「利益を生み出す6つの方法」です。

それを今日は、おすそ分け。


1・「利は考え方にあり」

まずは、考え方が間違っていたら、どんなに良い人材がいても良い商品を

調達できても、利益は生み出せない。

だから、小生はこの「考え方」をものすごく重視する。

あの稲盛和夫さんがいわれている……

「成功=考え方×熱意×能力

これが小生のバイブルとなっている。

だから、利益を生みだすトップに、この「利は考え方にあり」を入れたい。


2・「利は情報にあり」

インターネットなどの情報インフラが整っている現代。

この「利は情報にあり」を二番目に入れる。

POSデータ分析などにより“内なる情報”分析によって、利益を生み出す。

また、“外部情報”の入手により、「より安く仕入れられる情報」

「考え方の情報」をいち早くキャッチすることが利益を生みだすポイントになる。

「勇気を持って誰よりも早く、人と違ったことをする」

小生の座右の銘の一つ。

「利は情報にあり」の考え方がなければ、こんなことはできない。


3・「利は元にあり」

これは、昔から言われていること。

今年は「仕入れ改革元年」。

それを意識化している企業が少なすぎる。

モノが動かなくなっている分、人間が動かないと「価値ある商品」など仕入れる

ことなどできない。


本部でふんぞり返って面談することが「利は元にあり」ではない。

あなたの企業は「バイヤーが動きまくってますか?」


4・「利は現場にあり」

小生の考え方の一つ。

「粗利益率は、本部が獲得するもの。

しかし、粗利益高は現場でしか獲得できない」


だから、「利は現場にあり」なのである。

「売れて儲かる商品」現場の担当者が意識化して売り込むことにより、

粗利益高は大幅に改善されるのである。


5・「利は売りにあり」

これも昔から言われていること。

しかし、今、この「売り」が弱くなっている。

「売りきる力」がなくなった。

だから、「やる気と感動の祭典」などのセミナーを企画している。

バイヤーや店長だけの参加ではダメ!!

売場担当者が参加しないと…。


6・「利は仕組みにあり」

生産性は、「しくみ」「意識化」でしか上がらない。

これは小生の持論。

どんなにすばらしい「マニュアル」でも、担当者の意識がないと、生産性は

上がらない。


その為には、意識化する「しくみ」をつくらなければならない。

それができるようになると生産性がUPし、収益力が高まる。


以上、“商人伝道師流”「利益を生み出す6つの方法」でした。

少し現代風にアレンジしてみました。

これも「進化」ですもんね。

どうですか?

参考になりましたでしょうか。


そして、「今日の一言」……。

「経営者は、日々「感動」を持って、全知全能をかけて自分の

仕事に打ち込まなくてはなりません」

(ユニチャーム創業者  高原慶一朗氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-23 18:22 | Comments(0)





「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日から四国、徳島へ・・・。

ところで、今日は「第六回 やる気と感動の祭典」のエントリーの全作品の中で、

最も感動した作品を1本のみ紹介します。

今日、ご紹介する企業は小生の直接指導企業ではない。

しかし、小生の直接指導企業より、

小生の理論を実践していた。

(本とブログと商人ねっとで・・・)

では、今日ご紹介する企業と担当者は・・・。

「ノムラストアー」さん。

そして、担当者は精肉部門チーフ兼バイヤー藤井章弘さん。

この藤井さんが勤務されている店は、半径1~2Km圏内に

10店舗の競合店がひしめく。

「超激戦区」。

今までは、徹底した「レッドオーシャン」の戦いをしていた。

ここで、出会ったのが「第五回 やる気と感動の祭典」であった。

運命的な出会いといっても過言ではないぐらいの衝撃だったのです。

まず、11月10~11日の「第五回 やる気と感動の祭典」終了後、行ったことです。

f0070004_17424797.jpg


f0070004_1743555.jpg


なんと、パートナーさんやアルバイトさんを巻き込んでの「ブルーオーシャン」への

取り組みがスタートしました。

まずは、「異常値販売」。

f0070004_17433471.jpg


一体どれくらい売ったと思います?

その数量!!まさに「異常値」!!

f0070004_17435823.jpg


すごいの一言。精肉の担当者ならわかりますよね。

このパック数のすごさを・・・。

そして、「高品質低価格戦略」。

f0070004_17442776.jpg


f0070004_1745730.jpg


さらに、「超鮮度戦略」・・・。

f0070004_17453240.jpg


そして、小生が一番“感動”した「トイレの基準UP」。


f0070004_17455396.jpg


f0070004_1746618.jpg


もう、「感動した」。

「人間力」が高い!!

小生も見習わねばと思った。

さらに、「安さの見える化」。


f0070004_1746225.jpg


さらにさらに、「安全・安心の見える化」。

f0070004_17464039.jpg


こいうことを11月10~11日の「第五回 やる気と感動の祭典」後、

パートナーさんやアルバイトさんの協力のもと、

徹底的に取り組んでいったのです。

「すごい!!」の一言ですよね。

「やる気と感動の祭典」の発表内容って、

“人間力をこんなに上げてくれるのか?!”ということを主催者ながら、

感じた次第です。

そして、「最後」に、藤井さんはこんなことを記しています。

f0070004_1747121.jpg


「計画し、実践・実行することは生易しいものではありませんでした。」

これは本音。

そして続き・・・。

f0070004_1747167.jpg


「学ぶとは気付く」ことである。

これは、小生の一貫した考え方。

だから、「やる気と感動の祭典」というセミナーを行っている。

藤井さんは、常日頃から、「トイレ掃除などの実践で“人間性の基準”が高い人。」

その“人間性”の高い人が「気付き」の学びを与えられるとすごい事をする。

それを実証してくれた。

「やる気と感動の祭典」。


このBlogからも申し込みできます。

メーカー様や問屋様。

異業種の方も100%勉強になります。

勇気を持って、参加してみて下さい。


小生は本当にこの「やる気と感動の祭典」を

主催してよかったと心の底から思う。

確かに、準備は大変です。

でも、藤井さんのように一人でも多くの人がこのような「気付き」を

感じてくれる事が小生やアソシエイトの励みになります。

3月23日(火)~24日(水)の「第六回 やる気と感動の祭典」。

今までで、最高の祭典にしてみせます。

すごいセミナーにしてみせます。

なんといっても

これからの「春~夏商戦」の戦略と戦術

“実績を出している人間”が発表してくれるのですから・・・。

それも、“死にものぐるい”で今作品づくりしている。

こんなセミナーは他にはないですよね。

なおかつ、1泊2日の計14時間(懇親会含む)のセミナーなのに、超格安料金。

参加しなければ大損しますよ。

「参加人数と成功は比例する。」


これは小生の持論。

この「やる気と感動の祭典」は「投資」です。

投資した分、リターン(結果)も大きくなります。

締切り日は3日7日(日)。

皆さんのたくさんのお申し込みを期待しています。

今回は、「エントリー」の中で“最も感動”した

ノムラストアー精肉部バイヤー兼チーフの藤井章弘さんの

成功事例紹介でした。



そして「今日の一言」・・・。

「この世を動かす力は希望である。

やがて成長して果実が得られるという希望がなければ、

農夫は畑に種をまかない。」

(宗教改革者 M.ルター氏の言葉)


by akindonet | 2010-02-22 18:26 | Comments(1)

“勝負”の世界






「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 





今日は、東京で仕事……。

日曜日も働く商人伝道師です。(笑)


ところで、今日は、「勝負」について…。

今、「バンクーバーオリンピック」真っ盛り。

オリンピックでなければ、目にすることがない種目が多い。

「四年に一度、国民の注目を集める晴れ舞台」

それがオリンピック。

「泣いても笑っても、一発勝負!!」

一番強い選手が必ず勝つとは限らないのがオリンピック。

しかし、他の世界選手権やワールドカップなどとは桁違いに評価される

「金メダル」。

それを目指して4年間がんばる。

失敗したら、4年間という長い歳月が待っている。

4年待たないと“リベンジ”できない。


一昨日、「男子フィギアスケート」の「フリー演技」があった。

日本の織田信成選手のスケートシューズのヒモが切れるという

アクシデント。

「こんなことあるんだ!」と思ったのは、小生だけではないと思う。

小生の「高校の先輩」であり、「陸上部の先輩」でもある谷口浩美さん

バルセロナオリンピックでマラソンシューズが脱げたシーンとかぶる。

「悪夢」という言葉では片づけたくない出来事。

それも、このオリンピックの晴れ舞台の為に4年間努力してきたのに……。


「悔しいだろうな―――。」

しかし、これも「勝負」。

そして、高橋大輔選手。4回転ジャンプに挑戦して失敗し、銅メダル。

「成功」させたかった…。

「靭帯断裂」というスポーツ選手には致命傷といえる怪我。

実は、小生も右脚のひざの「十字靭帯断裂」という怪我をしたことがある。

今でも、その後遺症に悩む。

右膝の稼働率が悪いので、すぐ腰が痛くなる。

両脚のバランスが悪いのである。

そんな大怪我をして復帰するなんて、血のにじむような

努力
をしたのだと思う。

それに比べたら、まだまだビジネスの世界の「勝負」って楽ですよね。

失敗しても「リベンジ」がすぐにできる。

「4年間も待たなくて良い。」

そして、競争するレベルが違う。

オリンピックは「世界」と競争する。

少なくとも小売業の競争は「世界」ではない。

なのに、すぐ「妥協」したり「基準」が落ちたりする。

何が違うのかな~?!

と、オリンピックを観戦して思う。

「自分とこのオリンピック選手は何が違うのか?」

努力?!執念?!素質?!環境?!やる気?!……。

全部劣っているのかもしれない。

でも、小生なりに思ったこと。

「信念」だと思う。

「オリンピックで金メダルをとる!!という強い信念」だと思う。

その為には、全てのことを犠牲にしても良いという強い信念だと思う。

「何がなんでも金メダルを取るぞ!!」

という強い信念を、小生は持っているだろうか?と……。

「スーパーハードスケジュールでも楽しい」と言えるようにならなければ

ならない。

「毎日、目的、目標を念じて信じて、意識化」しなければならない。

そうすれば、「バンクーバーオリンピック選手レベル」の「信念」に近づけるのかな~と。

本当に自分は、「勝負」しているのか!という自省がふつふつと湧いてくる。

オリンピックを観戦すると……。

「まだまだ自分は甘いな~」と。

「オリンピック選手」ぐらいの努力をしたら、ビジネス界では“超一流”に

なれるだろうな…。


ちょっと挑戦してみようかなーなんて思っている今日この頃。

オリンピック選手は“一切、言い訳できない”。

スケートシューズの紐が切れても“負けは負け!”

非情な世界。

だから、感動するんですよね。

もっと自分達も「言い訳」しない仕事をしていかねばならないと

思いませんか?

「人の生き方には二通りしかない。言い訳と実践」

「言い訳しているようでは、まだまだ甘い!!

スポーツの世界と同じくらいの緊張感をもって仕事に臨みたい。」


そうすれば必ず「思い」は叶う。

そう信じて観戦している“変なオジサン”がここにいる。


そして、「今日の一言」……。

「私は才能も能力もないから

誰にもできることを誰にもできないくらいやってきただけだ」

(イエローハット創始者 鍵山秀三郎氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-21 18:34 | Comments(0)

仕事に対する執念








「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 







「第六回やる気と感動の祭典」




ボランティアスタッフ大募集!!



このBlogの右側⇒をクリックしてご応募下さい。

多くの“気づき”があります!

今回は「限定10名」の募集です。ご応募はお早めに!!

ご応募お待ちしております!

(by 商人ねっと事務局)


 




今日は、山口……。

毎日、いろんなところを駆け巡っています。

ところで、今日は「第一人者」について……。

先日、ある本を読んでいたら、“世界の鋼鉄王”のカーネギー

話が書いてあった。

まずは、それをおすそ分け…

「一人の新聞記者がカーネギーを訪ねてきて、こう頼んだ。

『青年のために、何か成功の秘訣というものをお話しください』

すると、カーネギーは即座のこう答えた。

『よろしい。成功の第一の秘訣は、貧乏人の子供に生まれることだ』

新聞記者がびっくりして、

『へえ、貧乏人の子供にですか』

と聞き返すと、『そうだ。私は、そう信じている。

私は、食うや食わずの貧乏人の子供に生まれた。

毎晩、両親が暗い灯火のもとで、生活の苦しみをかこっているのを

聞いたとき、私の胸に奮発心が沸き起こったのだ。

今に見ろ!お父さんやお母さんをこんなに苦しめている

貧乏というやつを見事退治してみせるから、とね。

今日の私があるのは、これがためだ』

『よくわかりました。そして第二は?』

新聞記者がそう聞くと、カーネギ―は答えた。

『第二は、どんな仕事でもいいから、絶えずその第一人者と

なることを心がけることだ』

『なるほど』

と頷くと、カーネギーはこういった。

『私は、最初12歳のときに紡績工場の糸巻き小僧に雇われた。

そのとき、私が決心したのは、よし、世界一の糸巻き小僧になってやれ、ということ

だった。

そして、一生懸命に働いた。

その働きが認められたと見えて、こんな子供にいつまでも糸巻き小僧を

させておくのは惜しいということで、今度は郵便配達員に雇われたのだ。

そのときも自分はこう決心した。

世界一の郵便配達員になってやろう、とね。

そして、一生懸命に一軒一軒の家と番地と名前を暗記した。

しまいには、町中のどんな小さな小路でも、私の知らない家は

一軒もなくなった。

無駄な努力と言う人もいるかもしれないが、それが認められて、今度は

電信技手にあげられた。

以来、だんだんと同じやり方で、ついに今日の地位を築いたのだよ』」

(「人生を創る言葉」 渡部昇一著より抜粋)


今、目の前にある仕事を極めることが、実は、成功への近道といっているのだと

思う。




しかし、近頃、こんなことを思っているような人達がいっぱいいるような気がする…。

「俺は(私は)、能力がある。こんな仕事なんかしている場合ではない。」とか…。

「俺は(私は)、もっといいポストを与えて貰えれば、実力を発揮するんだけど…」とか…。

「俺は(私は)、こんな仕事をするために大学まで出たんじゃない。」とか…。


どうです。

周りにこんなことを言う方がいませんか?

小生は、コンコンと、とあるメンターから言われ続けました。

「下足番で、一番になれない人間が、その他の仕事で

一番になるはずがない」

「とにかく、今の仕事で一番になるよう、

執念をもって仕事に取り組みなさい!!」と……。


ですから、今の自分の考え方の根底にこれがあります。

でも、ほとんどの人が「こんな仕事は自分がすることではない」。

「もっと能力の高い仕事をしたい」という。

だから、すぐに投げ出してしまう。

すぐに不貞腐れてしまう。

勿体ない。

「よ~し!青果の担当者でぶっちぎりの一番になってみせるぞ!!」

いや、

「よ~し!玉ねぎの袋詰めなら、俺に任せておけ!っと言えるぐらい

その道を極めてみせる!!」


という考えを持ってほしい。

でも、今はすごく恵まれているから、他の仕事がよく見えてしまい、

すぐに仕事をリタイアする人が多いような気がする。

もっと「第一人者」。「一番」に拘ってみてはどうでしょうか。

「今の仕事で第一人者になるよう、精一杯がんばってみる」

そうすれば、見ている人は見ているものです。

「評価は他人がするもの。自分でしてはいけない」

と言われ続けた小生……。

ですから、弊社のアソシエイトにも……

「がんばってます!といっても、他人が認めなかったら、

がんばっていることにならない」


と、厳しいことを言うことがあります。

また、「第一人者になりたければ、努力のレベルではダメ!!」

「第一人者になりたければ、“執念”のレベルまで

もっていかねばいけない!!」


とも言います。

「努力してます」

これは、当たり前。

努力している人間は山ほどいる。

その中で「第一人者」になるには“執念”の域までいかねばならない。

そうすれば「第一人者」になれると教わった。

ですから、小生は、「執念」という言葉を頻繁に使う。

「一番」を目指す!!

ちっぽけな部分「一番」の積み重ね大きな「一番」になる。

だから、今の仕事で一番を目指してほしい。


アメリカ第16代 大統領 リンカーンが言った言葉。

「世には卑しき業なく、ただ卑しき人あるのみ」

おわかりですか?

世の中に卑しい仕事なんてない。

心の卑しい人はいますけどね……。

今日は、近頃、ちょっと感じたことを……。


そして、「今日の一言」……。

「安いからといって仕事を粗末にすると、

自分の良心を損しなければなりません」

(ある大工の言葉)

by akindonet | 2010-02-20 18:16 | Comments(0)





「第2回 気づきと驚きのアメリカ横断セミナー」


5月31日(月)~6月6日(日)


      ・5泊7日

      ・ロサンゼルスとシアトルの2都市視察

      ・商人伝道師の4回のセミナーあり

      ・3.5星以上のホテル宿泊

      で、なんと!!

      驚嘆の1社1名様ご参加の場合¥280,000.-

      1社2名様以上ご参加の場合2名様から¥265,000.-

      もうすぐ予約開始!!


 









「第六回 やる気と感動の祭典」お申込み受付中!!

(〆切は3月7日まで)





3月23日(火)~24日(水)

リーガロイヤルホテル大阪にて開催!!







前回よりもさらにパワーアップ!!

「春~夏商戦」の大成功のヒントが満載。

各部門、バイヤー、店長は絶対に参加すべし!

全7部門の「オールスター」の発表!!

このチャンス逃しますか?  

それとも、この“大チャンス”掴み取りますか?



 







「第六回やる気と感動の祭典」




ボランティアスタッフ大募集!!



このBlogの右側⇒をクリックしてご応募下さい。

多くの“気づき”があります!

今回は「限定10名」の募集です。ご応募はお早めに!!

ご応募お待ちしております!

(by 商人ねっと事務局)


 





今日は北陸。

夜、小松から福岡へ向かう。

さて、昨日の夜、お客様と食事をしていたらこんなことを言われた。

「アメリカのスーパーマーケットを視察して、何かためになるんですか?

役に立つんですか?」と・・・。


その時、ふと思ったんです。

「そうか~。そうみんな思ってんだな~。こりゃ~、そこを理解してもらわないと・・・。」と・・・。

ということでまずは、「アメリカ視察セミナーがどれだけ

帰国してからプラスになるか?」を・・・。




ただし、ここでご注意!

これからの話は、あくまでも小生が企画している「気付きと驚きのアメリカ視察セミナー」に

おいての話ということをまず了承しておいて下さい。

実は、小生も「アメリカ視察セミナーなんて何の役にも立たない!!」。

「結果を変えないセミナーなんて行う意味ない」と思っていました。

それがなぜ「アメリカ視察セミナー」を

企画しはじめたか?


それは、「結果の変わる」セミナーに“気付いた”からです。

今までは、とにかく「売れている店」。

「話題の店」。「新店」ばかりを視察するセミナーだった。

だから、「気付き」がなかった。

そこで、小生は考えた・・・。

「競合店」と一緒に視察させよう。

「伝統的スーパーマーケット」や「過去注目されたスーパーマーケット」も

一緒に視察しよう。

そのことで、「イノベーションの重要性」をわかってくれるのではないか?と・・・。


ですから、第一回目も「ニューヨークでは「フェアウェイマーケット」と

「トレーダージョー」を見ました。

「ショップライト」と大苦戦している「ウェグマン」を見ました。

また、サクラメイトでは「セーフウェイ」と「ホールフーズ」を比較しました。

「アンドロニコス」と「ホールフーズ」を比較しました。


“イノベーションしなければこうなるんですよ~”を

実感してもらうために・・・。


そして、成功している企業の“イノベーションの方法”を

小生なりに勉強してそれを“セミナーで解説”します。

ですから、自社におきかえてセミナーを聞くと、“大きな気付き”が生まれます。

これはとても大きいと思っています。

そして、「品揃え」にしても、徹底的に小生の「セミナー」で“なぜ、オーガニックなの?”

“なぜシーフードの面積や品揃えが増えているの?”

“ローカリズムなどはこういうPOPで判断して下さい!”など・・・。


事細かに、「トレンド」や「商品の見方」をセミナーで

お話します。


ですから、参加者全員分かるんです。

成長している企業と衰退している企業の大きな品揃えの違いが・・・。


だから、「イノベーション」しなければいけないことに“気付き”ます。

そして、どのようにして帰国して“イノベーション”しなければ

いけないかも分かるわけです。

ですから、国内のスーパーマーケットとは違って、

ものすごい“気付き”があるのです。

そして、“大きな驚き”があります。


それは、「イノベーション」の大胆さです。

2~3年後を見据えた「イノベーション」に驚きを感じます。

でもそれも「トレンド」や「商品の見方」「品揃えの考え方」を

しっかりと理解しているから“驚き”があるのです。

ですから、小生は「4回」もセミナーを行うのです。

そのセミナーは「スーパーマーケットの変遷」や「業態論」など一切ありません。

徹底して、「企業の戦略の違い」や「品揃えの違い」。

そして、帰国してからどのようにして「イノベーション」していくかを解説します。

ですから、セミナー「4回」にこだわるのです。


少しは、「アメリカ視察セミナーの意義」を・・・。

しかし、とは言うものの「料金が高い」と小生も感じてました。

今までの「価格設定」では一企業1名~2名しか出せない。

1~2名参加しても帰国して「イノベーション」はおこせない。

だから1社で5~6名参加できる。「料金設定」にする使命

小生にはあると感じたのです。

よって、今回も・・・。

1社1名様ご参加の場合¥280,000

1社2名様以上ご参加の場合

2名様から¥265,000


にしました。


するとどうでしょうか?

「第一回目」に参加された経営者がまた参加される

という現象
がおきています。

なぜか?

「経営者は3~5年後の勉強をしなければ

いけないから・・・」




少なくとも小生は「超!変わり者である。と思っておられるから

「第二回目は違う切り口でやってくれるはずだ!!」という

期待感で参加していただいている。

もちろん、第二回目は全く違う切り口で企画します。

期待に応える為に・・・。



そして、一社から複数参加されるという“奇妙なセミナー”にしていきます。

そうでないと帰国して「イノベーション」を起こせないから・・・。

「アメリカ視察セミナー」を“結果を変える”セミナーにしたいから・・・。

だから“使命”をまっとうします。

でも、「アメリカ視察セミナー」は何回もやりません。

「イノベーション」をおこせるセミナーができなくなってきたな~と

思ったら、中断します。

それぐらいの“覚悟”でアメリカ視察セミナーは

企画しています。


皆さん、期待しておいて下さい。



そして皆さん!!

アメリカ視察セミナーに参加すべきです。

特に経営者の方や経営幹部の方は絶対に1~2年に

1回はアメリカ視察すべきと考えています。

「3~5年後の戦略を考えるために・・・」




「イノベーションは業績が悪化した時、不況下の時に多く生まれるのです」

「業績悪化しているからアメリカ視察なんて・・・」

という考え方では、アメリカの“伝統的スーパーマーケット”と同じになる。

小生はそう思います。

「自分自身への戒めを与える為にも

アメリカには行くべきです」


その視察セミナーの選択肢に入れていただければ幸いです。

「商人伝道師と行く5泊7日の旅」

「現在の“戦略”と未来の“戦略”を学ぶセミナー」

「4回のセミナーつき」

「ロサンジェルスとシアトルの2都市視察」

「4つ星クラスのホテルに宿泊」


そして、今回は・・・。

「イチローと松井秀喜の直接対決の

大リーグ観戦つき(オプション)」


それで、

1社1名様ご参加の場合¥280,000

1社2名様以上ご参加の場合

2名様から¥265,000





またまた、コマーシャルみたいになってしまいましたが・・・。

でも今日のBlogは「アメリカ視察セミナーの重要性、価値」の話でした。

少しはご理解いただけましたでしょうか?



そして「今日の一言」・・・。

「勉強する事は自分の無知を徐々に発見していく事である。」

(実業家 ウェル デュラント氏の言葉)

by akindonet | 2010-02-19 18:53 | Comments(0)