商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2008年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

おまけの日

今日は「おまけ」の日。
よって小生はオフィス・・・。

午前中は商業界の杤木さんと本の最終打ち合わせ。
午後からは、採用の面接3名。
そして、外部の方々3社と次から次へと打ち合わせ。

なーーーんにも仕事できず。


そこで、今日は、ちょっと「おまけ」の日なので、
小生のオフィスの紹介を・・・。

だって本当に会社があるの?と思われているらしいから・・・。一部では。

まずは場所は築地

f0070004_1539658.jpg

築地市場の入り口の目の前にあります。
その8階。8月のお盆のときは「東京湾大華火祭」がオフィスから見れる。


そして入り口。

f0070004_15392479.jpg

DVDのラックや「商人ねっと」番組のチラシがデカデカと貼ってある。
もうこんな感じだからコンサル会社だと思われない。


小生の机。

f0070004_15395116.jpg

机の前は打ち合わせテーブル。
いつでも好きな時間にスタッフと打ち合わせ出来るレイアウト。
このテーブルは、打ち合わせ時の他に「食事会会場」にもなる場所。


f0070004_15401278.jpg

このパソコンが「商人ねっと」編集用のパソコン
☆たけ君専用。超~高いんですよ。


そして、

f0070004_15404073.jpg

小生の会社の「行動指針」。
お金が無い時にマジックで書いたから、
もう色褪せている。


最後に、

f0070004_1541477.jpg

小生のコンサルティングの座右の銘の一つ、
ダーウィンの言葉がデンと飾ってあります。

もう、超~手狭になってきている。
しかし、「コストは高く、志は低く」の精神でいくと、
まだまだスペースがある。
ここで当分頑張ろう。

ということでオフィスの紹介は終わり。


さあ、明日から3月です。

新入社員が入社する時期ですよね。
何にも染まっていない社員が入ってくると、社内もフレッシュになりますよね。
明るくなりますよね。

小生の会社も新卒ではありませんが、3月から2~3名の新入社員が入る。


3月はイベントの多い月。
「ひなまつり」・「彼岸」・「卒園・卒業式」「花見」・「春休み」などなど、
ボーーーーっとしているとすぐに過ぎてしまう。

「販売計画」をしっかりと立てて、
“勇気を持って、誰よりも早く、人と違ったことをする”
というチャレンジ精神でこの3月を乗り越えて行きましょう。

小生も3月から全国縦断の「リスパック勉強会」がスタートする。
またまたいろんな方々とお会いできるのだろうなー。楽しみである。

「一期一会」を大切にしていこう。
3月にはピッタリの言葉だと思いませんか?
「一期一会」。

夢に向かって3月も全力投球するぞ!
今日は「おまけ」の日だったので、
「おまけ」みたいな“おもしろくない”ブログになってしまいました。

ごめんなさい。

明日から「パワー全開」でブログ書きますので、明日からもよろしく!!




そして、今日の「一言」・・・。
「先輩に知恵を、後輩にはセンスを学べ」

(社団法人公開経営指導協会の「心を打つ名言」より)




スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓



商人ねっと






☆★☆★☆★商人ねっとより最新番組のお知らせです☆★☆★☆★


いつも商人ねっとをご利用頂きありがとうございます。

すっかり春めいてきました。☆たけです。

本日公開いたしました最新番組は
【横山和夫が斬る!】です。

横山和夫が斬る FILE01
 Message from YOKOYAMA
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=88&subCd=1&auto=0

収録時間20分
消費ポイント 5ポイント

f0070004_2391989.jpg



これまで数々の話題店を手掛けてきた店舗デザイナー・横山和夫先生と
商人ねっとのコラボレーション番組、遂に公開です!

東京から北海道網走まで飛行機でたったの2時間!
網走といっても結構近いものです。
そこにある「ベーシック」というお店を今回取材させていただきました。

「ベーシック」の店舗デザインは横山先生によるプロデュースで、
その中でも「駒場店」という店舗については、
こだわりにこだわり抜いてデザインしたというほど横山先生の思いが
詰まっているのだそうです。


映像を見ていただければ分かると思いますが、
カメラで撮ると、不思議なことにどこを撮っても画になります。
丸2日かけた撮影でしたが、イートインコーナーを巧みに使いこなし、
いろんな角度からたくさんの画を撮ってくることができました。

商人伝道師による横山先生ロングインタビューも必見です。
このインタビュー(対談?)は2時間もカメラがまわりました!
番組の時間の関係で小出しにしかできないのが残念です。

これからシリーズ化していきますので、続編もご期待ください。

横山和夫が斬る FILE01
 Message from YOKOYAMA
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=88&subCd=1&auto=0

収録時間20分
消費ポイント 5ポイント

by akindonet | 2008-02-29 18:00 | Comments(0)

2月を振り返って

今日は新幹線生活(?)・・・。ゆらりゆられて片道2時間以上・・・。
新幹線の車内ではひたすら仕事。もう少し乗っていたい気分。

あ、そうだー。今年は「うるう年」
1日得した気分。明日は「おまけ」の日。
この「おまけ」を最大限に生かしていこう。


ところで、2月に感じたこと
今日はまとめてみたいと思います。


まずは、「節分」・・・。
東京近郊を除くと、今年は日曜日ということもあり、
売上2ケタ増の企業ばかりでしたね。
それも、120%以上の売上増がほとんど。
特に小生のクライアント様は、「情報の共有化」をしているせいか、
“サプライズ”恵方巻のオンパレード。
その一部をちょっとご紹介しましょう。

f0070004_1810124.jpg


超特大恵方巻。
これは以前小生がブログで紹介したのですが、
今回取り入れている企業様が多かったですねー。
やはりすごいインパクトです。


f0070004_18172387.jpg


そしてこれはスーパーロング恵方巻。
お客さんに告知して参加を募り、節分前に行ったようです。
ギネスに挑戦!な勢いですね・・・(笑)
節分当日には、製作風景の写真がついたPOPを掲示していました。


恵方巻以外では・・・
f0070004_1884021.jpg


これは「鬼ピザ」。
鬼を食べてしまおうと言うわけです。
見た目にもキレイですね。

他にもたくさんの売場写真を送っていただきました。
各企業様、かなりサプライズな商品展開をされていたようです。

そして「バレンタインデー」
今年の特長は「手作り」
このトレンドは来年も続きますね。

それと「チラシ」が大切になってきた。
「おいしそう」にチラシで表現すると、“ビッグヒット”につながる。

それで大成功した企業。愛知のイシハラフード
f0070004_12365619.jpg


高知の「びるぼ」さんという企業にチラシを作ってもらっている。
すごい効果だったらしい。
「ハレの日」はこれぐらいでないとね・・・。
スーパーマーケットのチョコも進化してきている。


そして、「値上げラッシュ」
おかげさまでこの値上げで
恩恵を受けているクライアント様が数多く出てきているのはありがたいことです。

「値上げしたお陰で、荒利益高(率)が急激にアップしました。」と言っていただける企業が続出している。

でも、この「秘策」をこのブログで書いてしまうと、
クライアント様が“猛烈に怒る!”のでやめときます。

売上高前年比105%、荒利益高120%
という数字が次々と現れて来ています。

要するに“考え方”なんですなー。

これから“値上げ第二弾”へ突入する。

牛乳や日配品へ・・・。
そして、パンや油の再値上げ・・・。

その中で、どうやって「荒利益高」を確保していくのか・・。

今年の大きな経営課題ですね。
まさか皆さん、こんなこと会議で発言させていませんよね。

「原価が値上げしたので、荒利益率が落ちました。」

「売価が上がったので売上比落ちました。」


このような発言が飛び交っている企業さん。
要注意!!

“レッドカード状態”。
だってまだまだ続く「値上げラッシュ」。だからです。

「中国製ギョーザ問題で、売上比・客数がどんどん伸びてきている」
と言ったのは、いちやまマートの三科社長

「荒利益率が全店大幅アップしてきた。まだまだ伸ばせる。」
といったのは、サンシャインチェーンの川崎社長

こんな企業が世の中にはある。

要するに、「考え方」と「やり方(戦略・戦術)」次第

ただ一つ言えることは、
「過去の延長戦上でのモノの考え方では利益は取れない。」
ということだけ・・・。

今月もおかげさまで、小生のクライアント様は
「過去最高(同月比で)」に近い収益をあげていただけそうです。

感謝!!感謝!!

あー、また色んなことを言われそうです。
まあ、負けずにくじけずにやっていこう。

そして、今日の「一言」・・・。

「私は弱者よりも、強者を並ぶ。積極的な生き方を選ぶ。」

(作家 坂口 安吾の言葉)

自分に負けてはいけない。
自分に勝つためには向かい風にも向かって歩かなくてはならない。


スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-28 17:57 | Comments(0)

厳しい雇用状況

今日は久しぶりの東京でのコンサルティング。
豊洲の文化堂へ・・・。

そのコンサルティング終了後、会社へ直行。
映像チームと打ち合わせ。
そしてデッドラインが迫っている食育の本の最終校正・・・。

あー小生寝る時間がない。

もっと効率を上げよう。
もっと集中しよう。
そうすれば必ず今より2割は効率が上がるはず。

ところで、今日は「戦力」について・・・。

今日の日経新聞の一面に、
「食品スーパー各位、パート定年延長」という見出しが出ていました。

ライフコーポレーションさんやいなげやさんが、
パート社員の定年を延長するというもの。

現在、若年層の雇用情勢が厳しい中、当然といえば当然であるが、
本当にパート社員の雇用状況は厳しいまま。

これは、都市部だけでなく、地方も同じ現象になっている。
今日お伺いした東京・豊洲などは、時給1,500円で募集しても、
いい人材は集まらないという。

なんかすごいことになっている。

募集しても集まらないから派遣会社へ頼む。
派遣会社は依頼が多いから、
人材を集めたいためにどんどん募集する時給を引き上げると言うように、
“最悪のスパイラル”現象に陥っている。

今後、今まで言われていたように、
パート比率70~80%以上という“常識”が通用しなくなるのではと思うのは
小生だけであろうか・・・。


では今後、“戦力”をどう集めていったらよいのか?

今日は、小生の勝手な“自論”を紹介します。
それは、4つあります。

1.自社のホームページに、「パート社員向けリクルート」ページがありますか?
パート比率70~80%のスーパーマーケット業界なのに、
パート社員向けのリクルートページが無いのはおかしくないですか?
小生、スーパーマーケットのホームページで、まだこのようなページを見たことがない。

できれば、携帯からでも見れるサイズであれば最高。

だってそうでしょ。
主婦の立場にたったら、求人募集を見たときにホームページで
そのスーパーマーケットのことがすぐにわかれば、一応応募してみようかな?と思うと思うんです。

新卒向けのリクルートページはあるけど、
パート社員向けのリクルートページがない。

なぜなんでしょうねー。

社員の70~80%占めるのに・・・。

2.電話応対は本部がやるべき。
店舗で応対という形をとるのはやめるべき。

ただでさえ、忙しい店長。
まず、電話にすぐに出ない。
出ても無愛想な声。
これでは面接にさえも行きたくないですよね。
ですから、電話応対の教育を受けている事務の女性が一括で受けて、
その後折り返し連絡するという形をとれば、いいと思うんです。

「きれいな声で優しく接していただいた。」
これだけでポイント高くなると思うのですが・・・。

3.面接は、きれいな場所で、そして同僚スタッフを立ち会わせる。
面接でよく店の食堂やら整理されていない店長室でやられる企業多いですよね。
だったら近くのきれいな喫茶店とかで面接するべきと思うんです。

そして、必ず同僚になるかもしれないスタッフを同席させる。
その同僚に店の雰囲気や部門の状況を正直に話させる
そうすれば、すごくインパクト強いと思うのですが・・・。

このあたりの面接の方法は、
インターネットTV「商人ねっと」で配信している
富樫正浩先生の「P/A育成塾」
参考にして下さい。
すごく勉強になりますし、「目からウロコ」状態になります。
今まで自分たちが行っていた面接が間違いだったことがわかりますから・・・。

(アドレスをクリックすると番組視聴ページにジャンプします)
↓      ↓      ↓      ↓      ↓
「P/A育成塾」
顧客満足を達成できるパートアルバイトの育成(1)
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=10&subCd=1&auto=0

顧客満足を達成できるパートアルバイトの育成(2)
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=10&subCd=2&auto=0

顧客満足を達成できるパートアルバイトの育成(3)
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=10&subCd=3&auto=0

4.アフターフォローを忘れずに!!
できれば、アフターフォローを忘れずに。
携帯メールなどに、面接終了後、
「面接に来ていただきありがとうございました。」
一言メールするだけで違うと思いますよ。

だって「金の卵」なのですから・・・。パート社員候補者は・・・。
行ってますか?アフターフォロー。

いかがだったでしょうか。
何か気付きはありましたでしょうか。

「高度成長期」の人材が溢れ返っているときとは違うのです。
「人材不足」の時なのです。

と言うことは、「募集や面接の方法」も変えなければいけないということです。
今までと同じでは、100%良い人材は集まりません。

ぜひ、何かの参考にしてもらえればありありがたいなー。

そして、今日の「一言」・・・。

「何もしないさきから、僕は駄目だときめてしまうのは、それあ怠惰だ。」
(太宰治の「みみずく通信」より)




スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-27 18:00 | Comments(6)

基本の徹底

今日は兵庫県姫路へ・・・。

現在、「野菜・果物の食育の本」最終校正を行っている。
もう、いろんなことをやりすぎて頭はフルパワー状態
でも、デッドライン(〆切)が決まっているから頑張れるのであって、
デッドラインが決まっていないときっとやらないだろうなーと思う。

そういう意味からも、仕事は、
常に「デッドライン(〆切)」を決めて仕事をしなければいけないと近頃思う。

ところで今日は、
“スーパーマーケット専門インターネットTV「商人ねっと」”でも
おなじみの「ヤマダストアー」

(アドレスをクリックすると、ヤマダストアーの番組視聴ページにジャンプします)
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓
ザ・繁盛店 ヤマダストアー 
第1章  奇跡が起こる!安売りせずに小が大に勝った!
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=69&subCd=1&auto=0

第2章 これが小が大に勝った売場だ!
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=77&subCd=1&auto=0

進化したところを少しご紹介・・・。
まずは、青果売場
f0070004_191476.jpg

このPOPは担当者の"思い"を手書きで伝えている。
こんなPOPが青果売り場に20枚はある。
だから、売上現在2ケタアップ中!


そして、鮮魚売場
f0070004_19154013.jpg

これは「お造り」コーナー。
「何人前」を見える化したコーナー。
これにより、一人前が以前に比べて売れてきた。


次に精肉売場
f0070004_19155314.jpg

現在、精肉は「販売期限1日」に挑戦中。
そのため、値引き商品の「価値の見える化」している。
只今、売上絶好調!


そして惣菜売場
f0070004_19163174.jpg

コロッケの"ブランディング"商品
「冷凍中国製品問題」から爆発的に売れてきた。只今、大ヒット商品。


最後に、フロアー売場
f0070004_19164925.jpg

米の"こだわり"
全ての食品が値上がりしている中、
唯一値下がりしている"米"を徹底的に「ブランディング」。
谷村新司が食べている米。コトPOPで売っている。

です。

本当にこの企業、ここ2~3年で急激に進化した。
この企業の特長は、「モデリング」のうまさ

徹底的に他企業のモデリングをする。
それもただ単にモデリングするのではなく、「進化」した形で・・・。

しかし、この「ヤマダストアー」も“課題”山積み

特に、「基本の徹底」が最大の課題
「作業の基本」

「陳列の基本」

「販売の基本」


など、「基本」をしっかりと身につけると、
この積極販売がもっと光輝くことと思う。

野球のバッティングでも、「基本」がしっかりしているから個性へつながる。

“自己流”では限界が必ず出てくる。

そういう意味からも、ヤマダストアー各社員にどのように「基本」を伝えていくかが
小生のこれからの課題だと思う。

しかし、よくここまで成長したものだ・・・。
“ちょっとだけ”嬉しく思う。

まだまだだけどね・・・。

そして、今日の「一言」・・・。

「失敗しても悩むな、ラッキーと考えろ。
失敗とは最高のノウハウだ。
こういう事をやったからダメになったということを、
身をもって体験したことになる。」

(木原信敏 元ソニー会長の言葉)




☆★☆★☆★商人ねっとより最新番組のお知らせです☆★☆★☆★



いつも商人ねっとをご利用頂きありがとうございます。

最近お疲れ気味の『YMCA秀樹』君に代わりまして、
商人総務 S本が商人ねっと新番組のご紹介をさせていただきます。

本日公開いたしました最新番組は
【青果の匠 春野菜 春果物編 後編】です。
f0070004_10274743.jpg


先日公開いたしました、前編は、ご覧いただけましたか?
まだご覧になっていない方はコチラをクリック、どうぞ!!

青果の匠 春果物編 前編
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=86&subCd=1&auto=0

収録時間21分

消費ポイント 5ポイント


青果の匠 春野菜編 前編
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=87&subCd=1&auto=0

収録時間19分

消費ポイント 5ポイント

後編となる今回も、野菜・果物の取扱いや商品特性などの知識や
そうなんだぁーと思わず言ってしまいそうな豆知識などが盛りだくさんの
ないようです。

撮影は、都内某所の和室にて行われました。
靴を脱いで畳の上での撮影なので、滑らないかとヒヤヒヤでした。
(足がしびれました・・・)

そして、今回使用した食材は、社に持ち帰り、
鍋の具にして食べました。
(春野菜なのに・・・)

ぜひ、番組をご覧下さい!!
私の母にも教えてあげたい知識がいっぱいです!


青果の匠 春果物編 後編
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=86&subCd=2&auto=0


収録時間21分

消費ポイント 5ポイント

青果の匠 春野菜編 後編
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=87&subCd=2&auto=0

収録時間20分

消費ポイント 5ポイント

スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-26 17:01 | Comments(2)
今日は 名古屋へ・・・。
近頃気になる記事があるので、おすそ分け・・・。

一部の方は読んでおられると思いますが、
今、日経新聞の第一面で、「仕事の値段」という特集が組まれている。
特に今日の記事は考えさせられました。

「何のために働くのか?」

どんなに成功しても、自分なりの「働く意味」を見出せなければ幸せになれない。
逆に言うと、「お金」だけのために働くことの意味について考えさせられる。

今日の日経新聞で、「働き甲斐」のアンケートが載っていた。

 1位 「自分の成功」(46%)
 2位 「達成感」  (43%)
      ・
      ・
      ・
      ・
 7位 「賃金」   (31%)


「働き甲斐」、言葉を変えると「働く(仕事の)値段」とは何なのか?
もちろん、生活するためには「お金」は絶対必要。

しかし、それだけのために働くのだろうか?

ハーバードビジネススクールでの講義の内容が載っていた。
死の床にある経営者たちに、人生を振り返ってもらった。

すると、「もっと仕事すればよかった」という人はいない
誰もが、「家族や自分のために時間を使いたかった。」と話すという。

そのジレンマで働いている男が一人いる。

そうです。小生である・・・・・・。

もっともっと考えて決断していこう。
自分しか決められないのだから・・・。

そして、「働く」について・・・。
「働く」とは、「はたを楽にする」と読むんだそうだ。
何かの本に書いてあった。

「はたを楽にする」ように、今、働いているであろうか?
ひょっとして「はたを苦しめる」ために働いていないだろうか?


先日も「効率」ということで、
ある企業のスタッフさん全員に話したことがあります。

「効率をあげましょう」ということは言うけど、どうすれば効率が上がるんですか?

「システム?」、「マニュアル?」、「簡素化?」
小生は違うと思う。


それは、
「人間力アップ」。

小生流で言うと、「人間力の進化」しかない。

働いている人たちが「人間力の進化」させることによって「効率」が上がるんだと・・・。
じゃーどうすれば人間力がアップするのか?

それは・・・。
「短い期間で小さな目標を立て、達成できるように努力し、
そして達成したらお互いに認めあうこと」

と思う。

例えば、「1ヶ月」というスパンで、
努力すれば確実に達成できる目標をみんなに宣言し、達成する。達成したら皆が祝福してあげる。
このサイクルを続けていけば、必然と「効率」は上がるはず・・・。

だって、人間は「快楽を求め、痛みを避ける」動物なんだから・・・。

「よくやったね!!スゴイ!!」
とみんなから褒められれば、もっと「やる気」になる。

逆に「効率を上げろ!!」「マニュアル通りにやれ!」
叱られてばかりでは「やる気」を失う。

だから、
「短い期間で小さな目標を立て、達成できるように努力し、
そして達成したら、お互い認めあうこと」
をくり返すことだと思うんです。

実はこれを「行動科学マネジメント」と言います。
今、アメリカで流行しているマネジメント。

まぁ、要するに、「行動科学マネジメント」の一手法だということです。

しかし、今小売業では、
この「行動科学マネジメント」とはの方向性で「効率」を上げようとしている。
前述のような方法で、「やる気」を失わせる手法
必ず、“ほころび”が来ると思っている。

だから今、猛烈に小生はこの「行動科学マネジメント」を勉強している。
それを体系づけられたら、クライアント様「実践」してもらおうと思っている。
もちろん小生の会社でも・・・。(決して「実験台」ではないですよ・・・(笑))

今までとは逆の、全く新しい「効率化」手法、絶対に確立してみせる。

みんながニコニコして、
そしてそのニコニコが「効率」アップにつながる。

そんな「仕組み」を作って行きたい。

そうすればきっとみんなが「働き甲斐」を見つけてくれるだろうと信じて・・・。

頑張るぞ!


そして、今日の「一言」・・・。

「生きるために働く必要がなくなった時、
人は人生の目的を真剣に考えなければならなくなる。」

(経済学者ケインズの言葉)



スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-25 15:36 | Comments(0)

一番弟子の" 優"だよ。

f0070004_1827135.jpg

みなさん、こんにちわ。
あきんどでんどうしの一番弟子の「優(ゆう)」ですぞい。

今週で、僕たんも、8ヶ月になりま~す。

でも、この8ヶ月の間、いろんな"モノ"と、「初遭遇」してますねん。


その中でも、僕たんの"お気に入り"遭遇は・・・・。

う・・・・・・・ん

そうだな~。
一番は、青森のおばあちゃんの所にいる、"ク~"という犬かな?
可愛いんだ。

でも、僕たんを"ライバル"と思っているみたい。
だって、僕たんが帰ると、みんなが僕たんに注目するから"ク~"は無視されているもんね。
"ク~"に注目しているのは、僕たんだけ・・・・・・。

だから、僕たんは、"ク~"大好きなんだけど、
全然なついてくれないんだ。


ちょっと寂しい・・・・・。



まあ、話せばわかるか(笑)


あ、そうだった!!

まだ、"人間語"しゃべれないんだ(笑)
今度、"犬語"で、しゃべってみるか・・・・・。


それと、かな・・・・。

僕たんは、車大好きなんだ。
車のなかで、大好きな「クラシック」を聞いていると、
すぐにネムネムしちゃう(^^)

電車や飛行機の中では、ぜんぜんネムネムできない。
この前、☆武君やYMCA秀樹君、ママとボクたんとで車に乗ったんだけど・・・
車の中が「あゆ(浜崎あゆみ)」でさ~・・・。
も~、全然ダメ!!
ネンネ出来ないんだもん!

ママがYMCA秀樹君にお願いして、”クラシック”にしたら
1曲終わる前に、す~ぐネンネできたんだ(¥^ ^¥)

だから車とクラシックが、僕たんの"ネムネム"の定番なんだ~。

なんてったって、「王子様」だからね・・・・。エヘヘヘ・・・・・(笑)


そして、先週は、

「スーパーマーケットトレードショー」
に、ママと行ったよ。

なんか一杯、いろんなおじさん・おばちゃんに抱っこされた!!
みなさ~ん、ありがとねー!!
僕たんの特技である、"100万$の笑顔"に、みんなイチコロさ。(笑)


最初の写真がそうさ~。
どうですか?僕たんの"得意技"。


次からは、「お賽銭箱」を首からぶら下げていこう・・・・・・。
ということで、"二回目の登場"でした。



実は、まだ、一回しか登場しないのに、"優ちゃんファンクラブ"が発足するかも・・・・。
と、パパは言ってたな~。


ま、僕たんにとっては、どうでもいいけどね・・・・。



じゃあね~、みなさん。
また、来週・・・・・・。

先週も、パパと全然会えなかったんだ。

さ・み・し・い・・・な。




あっ、また忘れた!!


「今日の一言」・・・・・。

「学の道は、その人を好むより速やかなるものはなし。」
(「筍子より」)

by akindonet | 2008-02-24 18:27 | Comments(1)

春一番

昨日はとってもあたかかったですね。
いきなり『春』という感じですが
またこの週末は『冬』に逆戻りかもしれませんね。

売れる商品には十分気をつけなければなりません。


そころで、昨日仕事が終わり、ホテルに入りテレビをつけるとNHKハイビジョンで
『スーパーの女』
をやっていたんです。故 伊丹十三さん監督の名作ですよね。
小生は三回目なんですが、
皆さん是非一度視聴してみませんか?

今見ると全く違う感覚で違う“気づき”があると思いますよ。

宮本信子さん扮する副店長の言葉・・・
「お客様は少しでも良い商品を少しでも安く買いたいのよ」

「お客様は真剣なの。販売する側も真剣に接しなきゃ」

「お客様の立場でこれから店作りをしましょう」

など当たり前のことだけど、
なんか映画で見ると“ゾクッ”とする。

お客様の立場で店作りをするために
『モニター調査』をする。
新鮮な生鮮を販売するために
「リパック禁止」
早めの見切りの為に
『おつとめ品』シールを午前中から貼る。

台風の被害をうけた
『落ちたリンゴ』
キズありだけを大量に直接買い付けに行く。

なんか、今見ると
『自分たちが今やっていること』
を映画化していることに気付く。
最初見たときは
『スーパ-が映画になった』
『パロディー風なんだ』


というぐらいで“気付かない”
ことがいっぱいあった。

この映画、
新入店員教育はもちろんのこと、社員教育にもすごく良い教材
だと思う。

是非一度見てみてください。
すごい“気づき”があります。


そして今日は、
“ガイアの夜明け”で特集された『サンシャインラヴィーナ』へ・・・

ちょっとだけ進化した売場を皆さんへおすそ分け・・・

まずは『生産者直売コーナー』

ここの担当である水田さんの“思い”が100%入った売場。

いまや“日本有数の生産者コーナー”
になりつつある。
f0070004_1562155.jpg


そして『精肉売場』
“コトPOP”をつくることではこの店で№1.そしてお客様にとって“メリットのないコトPOP”をつくることも№1。(笑)
f0070004_1571550.jpg


おなじみの『デリカ売場』今年の『賀詞交歓会』で最優秀デリカ賞を受賞した売場。
ますます進化しているかと思いきや、進化が止まってしまっている。
「もっともっと・・・」
「まだまだ・・・」
だよ。

その中でも進化した『コトパネル』
f0070004_1585682.jpg


最後に人気者の酒担当『久保ちゃんの手作りPOP』とチェッカーチーフ服部さん率いる『手作りPOP』 を
f0070004_151096.jpg
f0070004_15102467.jpg



う~ん、少しずつ『進化』しているが“スピードが不足している”
もっともっと・・・
『フラッグシップ』店舗としてもっと“光り輝いて”ほしい。

そして、今日の「一言」・・・。


「つねによい目的を見失わずに努力を続ける限り、最後には必ず救われる」

(ゲーテの言葉)
by akindonet | 2008-02-23 15:13 | Comments(1)

“3つのシンカ”

今日は高知・・・。良い天気。
同じホテルに「オリックス・バファローズ」が宿泊している。
キャンプシーズンと気付く。

小生はほとんどTVを見ないので、
はやりものの話題には幾分か遅れている。
朝も準備しながらラジオを聞く。

「耳」での情報収集で十分と思っているから・・・。

ですから、芸能ネタ、スポーツネタは弱いんです。
昔は“得意ネタ”だったんですけどね・・・。

小生は今年の「ミッション」の一つに、
「進化・深化・真価」の“3つのシンカ”
というのを掲げている。

「進化」とは・・・。
常に“ニューへの挑戦”に積極的に取り組み、
“形(かたち)”が変わること進化と言っています。

「売場が変わる」
「売り方が変わる」
「商品化が変わる」
「商品が変わる」


ということに
華麗に挑戦していかなければ、売上を確保することは難しいと思う。

だから、今年も新しい取り組みにチャレンジしてもらおうと思っている。
決して「実験台」ではありませんよ・・・(笑)。
だってしっかりとした「理論(理屈)の裏づけ」をもとに提案させてもらっているからです。

納得しなければやらなくていいんです。
納得してから行うから成功するんです。

昨年夏の「ササッと焼肉」がその代表例・・・。
納得して実施した企業は、大幅な売上増につながった。

今年も新たな挑戦を提案しますので、覚悟しておいて下さい。

次に。
「深化」とは・・・。
「基準」を上げ続けることである。

「鮮度基準」
「おいしさ・品質基準」
「サービス基準」


など、基準にはいろんなものがあります。

それを徹底的に上げ続けていくことです。


昨日も、お伺いしている「サンシャインチェーン」さんで、“ゲキ”が飛ぶ。

特に鮮魚部門
「もっと基準を上げろ!!」と・・・。

「基準=売上」は小生の考え方。

基準を上げないでチラシやポイントカードの強化で売上を一時的に上げても、
それは“麻薬”でしかない。

中毒になる前に「基準」を上げての売上アップに向かわなければならない。

皆さん、「基準」を上げる努力をしていますか?

これが2つの「シンカ」でした。

これを行っていけば、「他店との違い」を見える化できるんです。
そうすれば、“必然”と売上はアップするんですよ。

おわかりですか?

「進化」と「深化」。
行うのはとってもエネルギーが必要。勇気が必要。

でも、誰よりも早くやってみよう。


そして、今日の「一言」・・・。

「十字架を負わなければ栄冠は得られない。」
~西洋のことわざ~


スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-22 18:34 | Comments(2)

「ひなまつり」の考え方

今日から高知・・・。
近頃ちょっと疲れ気味。

ところで、今日は「ひなまつり」の考え方について・・・。
「ひなまつり」といったら、「女の子の節句」ですよね。

しかし、この考え方なら非常にニッチな客層しか取ることはできませんよね。

ですから、「ひなまつり=女の子の節句」という考え方だけだと売上が伸びない。
小生は、「女性のお祝い」の日と位置付けています。

ですから、メインは「1人前のちらし寿司」・「スイーツ」なんです。
「ひなあられ」「はまぐり」・「ちらし寿司ファミリーセット」ではありません。

そこで確認です。
「ひなまつり展開」・・・。

1.果物は、「「パインライブ」は計画している。
2.果物は、「プレゼント用イチゴ」は計画している。
3.惣菜は、「高糖度トマト」の量販を企画している。
4.鮮魚は、「海鮮ちらし寿司」企画している。
5.鮮魚は、「海鮮ちらし寿司種セット」の商品化企画している。
6.精肉は、「焼肉」企画している。
7.精肉は、「スモールチキン」企画している。
8.惣菜は、「ちらし寿司(1人前)」のバリエーションがある。
9.惣菜は、「エビフライ」・「唐揚げ」などのファミリー用展開している。
10.日配は、「スイーツ」企画している。


これぐらいは最低限企画されていると思います。

そして、今年の「ひなまつり」は、月曜日
「うるう年」の影響で、本来なら日曜日なのに、月曜日になってしまいました。

ですから、週末強い大型店3月1~2日を中心にしかけるべき。
週末弱い小型店は、3月3日にしかける。

「女性のお祝い」ですので、
また、「1人前」中心の品揃えなので、別に「ひなまつり」当日でなくてもいいんです。

ポイントは、
「ひなまつり限定企画」ということ。
その日しか買うことが出来ないとわかれば、買われていく。
女の子の子供さんがおられなくても・・・。

だから、「ひなまつり」は売れるんです。

このような、「イベントマーチャンダイジング」は、
「考え方」で売上を左右しかねません。

だから、「考え方」をしっかり持って、
「切り口」をどうするかがポイントなんです。

他の企業と「違う切り口」で、
そしてお客様にとってのメリットの見える化をすれば、
必ずヒットすると思うんです。

いかがですか?

「紙一重」の違いが大きな違いになるんです。

今日は、「ひなまつり」の考え方でした・・・。


そして、今日の「一言」・・・。

一歩先んじて進む者は成功し、後るる者は不遇を嘆つ。」
(織田作之助の「大阪の指導者」)より


スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-21 11:34 | Comments(1)

「コト」販売の重要性

今日は、「東京六社会」で新宿へ・・・。
カゼがひどい。かなりヤバイ・・・。

ところで、今日は「コト」について。

「楽天」のインターネットショッピングが絶好調である。
11年連続前年比割れのスーパーマーケットにはうらやましい限りである。

なぜ「楽天」などのインターネットショッピングが良くて、
スーパーマーケットが業績悪いのか?

皆さん、どう思いますか?
小生は「モノ」から「コト」へ変化しているからだと思う。

インターネットショッピングはこの「コト販売」の典型。

商品を直接見ているわけでもない。
商品を触ることすら出来ない。

あるのは「写真」と「文字」だけ・・・。
生産者の“思い”を具現化しているだけ・・・。

それだけで売上を伸ばしている。

皆さん、「コト」販売の重要性をこれでおわかりおわかりですよね。

今は「感性」の時代。
お客様の“感度”に訴えなければモノが売れなくなっている。
なのに、小売業は気付いていない。
気付いた企業のみが“一人勝ち”していることを知らないで・・・。

昨日もいろんな方から
「どうしたらコトPOP作れますか?」という質問があった。

簡単である。

「自分がなぜこの商品を売り込むのか?」
「なぜバイヤーはこの商品を品揃えしようと思ったのか?」

を素直に書けばよいのです。

素直にね・・・。

しかし、「大変だから」と言って聞かない。
もう「モノ」販売から「コト」販売に変わってきているのに・・・。

要するに、書きたくない。気付きたくないんです。

なぜかって・・・?
それは、「めんどくさい」から・・・。

でも、このインターネットショッピングの伸びを考えると、
やらなければなりませんよね。
「コト販売」・・・。

気付いて下さい。
気付いている小生のクライアント様はもっともっと進化すること。

限りなく無限にコト(メッセージ)はある。

売れるまで続けることです。
売れるまでね・・・。

世の中は変わっている。
そのことに気付いてほしい。

「モノ」から「コト」へチャンネルが変わっているんですよ。

気付いてますか?


そして、今日の「一言」・・・。
「昨(さく)の非を悔(く)ゆる者は之(こ)れ有り、
今の過(あやまち)を改むる者は鮮(すく)なし。」


(佐藤一斉の言葉)


スーパーマーケット専門インターネットTV

商人(あきんどねっと)は

コチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2008-02-20 18:00 | Comments(2)