商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

今日で10月も終わり・・・。そして今日も出張・・・。
ところで昨日、スーパーマーケット向け、
インターネットTV「商人ねっと」http://www.akindonet.com/)で、
惣菜コンサルタントの成田廣文先生「成田惣菜道場 歳末を制す」
「成田惣菜道場 聖夜を制す」
を公開しました。

映像で分かりやすく、オードブルなどを中心に
「必ず売れる」商品化の
㊙ノウハウを公開
しました。

「成田惣菜道場 歳末を制す」http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=73&subCd=1&auto=0
「成田惣菜道場 聖夜を制す」http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=72&subCd=1&auto=0
「これは見なきゃ損!!」です。
だって、成田先生の売れるノウハウをそっくり“モデリング”できるのですから・・・。
それも映像で・・・。

そして、何よりも惣菜(デリカ)担当全員が視聴できるんですもんね。
これが「情報の共有化」です。
今まで自分達が考えてもいない「切り口」で商品化提案されています。
ぜひ、視聴してみて下さい。

インターネットTV「商人ねっと」
http://www.akindonet.com
 ↑  ↑  ↑
(ここをクリック)


そして今週金曜日(予定)、小生の「商売繁盛虎の巻 X’mas~年末商戦」
オンエアされます。計14本。

なんかすごいと思いませんか?

「惣菜の商品化ノウハウ」は学べるわ、
“結果を残すコンサルタント”(自分で言うが・・・)の「脱常識」的な販売ノウハウは学べるわ、そして来週には「鮮魚の商品化ノウハウ」までも学べる。


それもお店や自宅で・・・。

でもこんなサービスがあることすら知らない「スーパーマーケットマン」が多いのも事実。
ということは、知っている皆さんは「超しあわせ者」かな?
ハハハハ・・・。

さあ、11月です。
みなさんX’mas~年末商戦に向けて、11月は何を「仕掛け」ますか?
小生は、「11月制する者は、年末を制する」と声高に言います。
11月の「仕掛け」いかんで、年末商戦の結果が変わってきます。

なぜ?!

それは、X’mas~年末商戦で量販する商品が全て出回る月だからです。
11月はその商品をいかに「種まき」するかという月だからです。


「みかん」・「ブリ」・「マグロ」・「寿司」・「牛肉」・「日本そば」・「練製品」・「チキン」などで、
競合社などの“違い”を見える化できる商品はありますね。
なければ、「同質間競争」になり、“安さ”の叩き合い”になりますよ。
その「違い」を徹底的に見える化する月がこの11月なんです。
おわかりですか?

「11月を制する者が年末を制する。」
今年の11月の合言葉・・・。

そして今日の一言・・・。
「下手は上手の下地なり。下手よりだんだん上手になるなり。」
(子孫鑑)

下手だといってあきらめることはない。下手だからこそ上手になれる。
地道に努力することがだんだん上手になるのだから。




DVDで「商人ねっと」の番組が欲しい方は・・・。
↓  ↓  ↓
http://www.akindonet.com/genki/teach/teach.html#05


     
by akindonet | 2007-10-31 18:25 | Comments(0)

今日から名古屋へ・・・

実はまずみなさんへご報告。

ずっと、スパコディ純ちゃんが産休する前から、
小生の秘書及び日本経営コンサルタント及び商人ねっとの総務
全て切り盛りした、R川君10月31日付で卒業することになりました。

多分明日、このブログでR川君がメッセージを書くと思います(ア~ッ、本人に言っていない)が、
御報告まで・・・。

スパコディ純ちゃん、スーパーSE I君の“2本柱”を一挙に失くした今年春から
仕事量が2倍や3倍になっても、がむしゃらに頑張ってくれたR川君
“感謝”
です。

本当に“感謝”しています。

猛烈に小生から叱られて、涙したこともあります。
小生に“食って掛かった”ことは何度あることやら・・・。

自分のステージを上げる為の卒業です。
彼女のこれからの素晴らしい人生、大いに期待しています。

どこに出しても恥ずかしくない人間に育ったと小生、自負してますので・・・。
すごく次のステージでは、力を発揮してくれるでしょう。


そしてその代わりに、なんと3名も入社することになりました。
またまた小生の御給料が無くなるのでは・・・。
ハハハハ・・・。


男性1名、女性2名。

「一からの再出発」です。全員20代。

小生は、社内では声高に言います。
「うちは何を創る会社だと思う?」
それはね・・・

「優秀な人間を創る会社だよ。」

その方法として、
「“商人ねっと”というサービスを提供する人だよ。」と・・・。

これは、松下幸之助さんの著書より学び、モデリングさせてもらっています。

この1年ちょっとで色んなことを小生は社員から学びました。

「適任者で選び、羽を広げられる機会を与え、
キャリアとして報酬を与えてやれば、人を管理する必要なし。」

このGEのJ.ウェルチの言葉を身に染みて感じたことがたくさんありました。
そして、
「社長の器以上に会社は大きくならない。」
こともすごく学ばせてもらいました。

色んなことを社員から学ばせてもらった。
今回は、その中でもかなり小生にとっては「チャレンジ」です。

全員、「ズブの素人。」
やる気だけはものすごくある。元気がいい。
その「パワー」に期待して、3名も採用した。
自分にものすごく「プレッシャー」をかけました。

「決めて退路を断つ。」
いわゆる“決断”です。

人生には、何度となくどんな人間にも「決断」する時があります。
「やるか?やらないか?」すごく悩み苦しみます。
しかし、悩み苦しんだ挙句の決断なら、その決断がYesでもNoでも納得できます。

一番ダメなことはそこから逃げること。
アメリカの哲学者 ウィリアム ジェームスが、
「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ。」
と言っています。

何か納得しませんか?
逃げたら何倍にもなって「苦しみ」は追っかけてきますものね。

よ~し、この新入社員3名と“心中”するか・・・。(あ~、物騒な言葉!!)

大いに期待している。

今日は社内の出来事についてでした。
あまりお役立ちできなかったですが・・・。

そして、今日の一言・・・。
「誰であれ、他人を確実に助けようとすれば、
必ず自分自身をも助けることになるというのは、
人生の最も美しい報酬の一つである。」

(アメリカの詩人 エマソンの言葉)

<追伸>
11月1日以降、3名の新入社員がこのBlogに登場します。
さて、どんなことを書いてくれることやら・・・。
あ~、楽しみである・・・。
by akindonet | 2007-10-30 18:40 | Comments(3)
もう10月も今週で終わり。
残り2ヶ月。
とうとう「歳末商戦」の火蓋が切られようとしている。
準備は万端であろうか?

そして、今週は「X’mas~歳末商戦」の「商売繁盛虎の巻」が
オンエア
される。
今回は計200枚以上の売物及び商品写真で説明しているので、
とてもわかりやすい。


この番組は必見です。

撮影時間、計20時間をかけた“超大作”なのですから・・・。
また「商人ねっと」は、今週~来週にかけて、“超大作”が目白押し。
X’mas~年末商戦の成田先生の番組オンエアされます。
また“初登場”「鮮魚コンサルタントNo.1」と言われる
堀内先生の「鮮魚の“実技番組”」オンエアされる。
そして、ヤマダストアーの第2弾も・・・。

先週、SEのK君の体調不良により、2週間もオンエアーできなかった分、“ドドッ~”
オンエアします。

でも本当に便利になったものです。
わざわざ東京や大阪など交通費を払って、セミナーを受講しなくても、
お店で自宅で「学ぶ」ことが出来るのだから・・・。

今まで、一部の情報源しかなかったものが、
どんどんいろんな“角度”から分析した情報が入ってくるのですから・・・。
これを使わない手はないですね。みなさん・・・。


話はガラッと変わりますが・・・。
昨日、クライアントさんと「ららぽーと 横浜」を見に行ったんです。

そうしたら、「ビックリ!!」しました。
イトーヨーカドーさんの店の「基準」が高くなっていることに・・・。
店舗視察された方がどこまで気付いておられるか分かりませんが、
すごく基準が高くなっている。
だから、「大丸」さんは“ガラガラ”。

もう「9:1」でイトーヨーカドーさん圧勝!!

どれくらい「基準」が高くなっているか・・・。

① 精肉は正札販売期限1日。翌日5%引き、
翌々日8%引き販売
② 寿司は4時間販売。製造後1時間後に1割引、
2時間後に2割引。


すごい!!

③「安全・安心」ニーズに応えて、「顔」の見える
野菜を量販。商品の3~4割程度展開している。


などなど、「ウ~ン」とうなる展開。

実は小生、あまり参考にならないからと、イトーヨーカドーを近頃見なかったのですが、
基準の高さにビックリでしたね。

それに比べて、「大丸」さんは・・・。
いわゆる“おごり”。

まったくもって自分達のスタイル、基準が変わっていない。
むしろ、落ちている。「惨敗」。

あらためて、「基準=売上げ」ということを実感。
小生は、「基準」の高い店を見ると、“ギラギラと燃えてくる”。
「よ~し、まだまだだな~。」もっともっと「基準」を上げるぞ!!


“日本一の基準の高いスーパーマーケット”グループを創っていくぞ!!という、
新たなチャレンジを心に決める。

昨日の「ららぽーと 横浜」を見て感じたことでした。

そして今日の一言・・・。
「窮(きゅう)すれば即ち変ず。変ずれば即ち通ず。」
(易経より)
(物事は究極まで行き、どうもこうもならなくなると変化が生じ、新しい道が開けてくる。)

by akindonet | 2007-10-29 19:19 | Comments(0)
関東は、「台風一過」のいい天気。

昨日は、1時間以上も遅れて羽田空港到着。
帰りの便が、欠航にならないだけでいいか・・・・。

だって、今日も仕事・・・・・。
近頃は、雨が多いせいか、小生の大好きな"ジョギング"ができない。
かなり、体調が優れないですね~。
身体を動かすことの重要性を認識している今日この頃です。


そこで、今日は「基本の大切さ」について感じたこと・・・・。

先日、お伺いした、徳島の「キョーエイ」さんで感じたことです。

それは、「基本の大切さ」

キョーエイさんは"大転換期"。
渥美流「チェーンストア理論」での本部集約型の店舗運営から、
店舗主導型の店舗運営へシフトしようとされている。

まあ、小生がお手伝いしているから、当然か・・・・。
しかし、そこで、"大きな問題"が・・・。

それは、「基本」が置き去りになってしまったこと。
決して、店舗主導型というのは、「店舗が勝手にやってもよい。」というものではない。

例えば・・・・・

1。交渉

2。商品の棚割

3。販売促進

4。受発注&仕入れ


は、もちろん"本部主導"で行う。

そして、

1。販売の工夫。

2。販促の工夫。

3。モチベーションアップ。


これは、"店舗主導型"でいくべきなんです。


「レイアウトを勝手に変更していいよ。」
「売り場を勝手に変えていいよ。」
ということが、"店舗主導型"ということではない。

あくまでも、「チェーンストア」の"基本"はベーシックにあるべき。
AJSで学ばれた"基本"にあるべきなんです。


「基本の上に、応用がある。」んですね。

これを履き違えたら、大変なことになる。
バイヤーのレベルも、店長のレベルも、担当者のレベルも、
1年前とは比較にならないくらい、レベルアップしているのだから。

先日、キョーエイの埴渕社長が、
「なんか、まだうちの会社は、野球でいったらバットを振り切ってないんだよな~」
言われていた。

それは何が原因だと思いますか?
キョーエイ全社員の皆さん・・・・・・・。

それは・・・・、

「基本の徹底」の欠如!!

これにつきる。
来月上旬に、AJSグループの「トップ研修会」が、
なんと20年ぶりぐらいで、キョーエイで行われる。
荒井会長北野祐二相談役はじめ、全国からトップが来られる。

さあ、それまでに「基本の徹底」がどこまでできますかな?
ここで、とことん「基本の徹底」に挑戦できなかったら、当分これからもできないでしよう。

特に、「バイヤー」陣。
覚悟して取り組んでますか?
"危機意識"をもって、取り組んでますか?
キョーエイの"真価"を問われていることを自覚してますか・・・・・。

小生は、大いに期待する。
自分たちができる、100%の力を出し切ることを。

これができたら、キョーエイは間違いなく、"ニュー・キョーエイ"生まれ変わることができるでしよう。


また、みなさん、他人事ではないですよね。
自分のお店を、自分の会社を見てみて下さい。
「基本」ができてますか?
基本ができていれば、「考え方」で、"改善・改革・進化"できますよ。
こういう、激動の時代だからこそ、"基本"です。

小生、近頃感じていることです。
みなさん、ちょっと意識していきましよう。




そして、「今日の一言」・・・・・。


「成功の鍵は、的を見失わないこと。
そこに、"時間"と"エネルギー"を集中すること。」

(マイクロソフト会長 ビル・ゲイツの言葉)



AJS「トップ研修会」に向けて、キョーエイ全社員に贈る言葉・・・・・・。
期待しているよ。
by akindonet | 2007-10-28 18:06 | Comments(0)
今日も、もちろん"仕事"・・・・・・・
でも、久しぶりに、自宅に帰れる。
自宅がやっぱり、落ち着きますよね。

よくみなさんから、「いろんな所に行けていいですね~。」と、言われる。
しかし、これも度が過ぎるとね・・・・・・
苦痛になることも。

まあ、小生の場合、移動中の車内・機内が"書斎"ですから、苦痛になりませんが・・・。
ハハハハ・・・・(笑)


ところで、今日は小生の「悩み」について・・・・

実は、ブログでも書いたように、本の原稿を書き終えたのですが・・・。
なかなか小生の「本」の出版日が決定しない。
担当の"親友"工藤澄人氏は頑張ってくれているのだが・・・・

知名度がないせいかな?「商業界」さんでは・・・・。

商業界さんは、社内での知名度の高い"大先生"の出版を優先されているみたいで、小生の本は、最悪「お蔵入り」の危険性もある・・・・・・。

でも、今回の"原稿"。
文章だけで、原稿用紙330枚以上。
写真などをいれると、400枚程度。
これを全て小生一人で書き終えました。
誰の手も借りずに・・・。

移動中・真夜中など、寝る暇を惜しんで書きました。
悩み苦しんでいる、"スーパーマーケットマン"の為に・・・・。

大袈裟に言うと
、“自分の命を削って"書いた、小生にとっては"魂"の原稿です。

内容は、クライアント企業が読むと、
「ゾッ~ 」とするくらい、小生の"魂・ノウハウ"がぎっしり詰まっています。

だってそうでしょ。
1年300日以上"現場"コンサルティングしている人間が、
その「成功ノウハウ」を余すことなく、大公開するんですよ。

それに、クライアント企業様の全面協力を得て、
繁盛店の「ケーススタディ(事例紹介)」まで掲載しているんです。
それも、5社も・・・・。


地域スーパーマーケットマンに"夢"と"希望"と"勇気"を与えたい。」という、一念で・・・・・。


しかし、仕方ありません。
商業界さんの小生の評価は、「青果のコンサルタント」ぐらいの認識なんですから・・・・・。
どうです?
みなさん、ビックリでしょ。
現実、そうなんですから・・・・・。
まあ、食品商業の原稿一切書かなくなりましたからね。

しかし、わかるんです。
小生も商業界のさんの"販売部長"の立場なら、難色示すかもしれませんもん。
実態を知らなかったら・・・・・。ハハハハ(笑)


もしも、日の目を見ない時は、希望者にはコピーをお渡ししますからね。
なんてったって、自分で書いたものを読んで、

"これっ!すっご過ぎる!!"
と、冗談抜きで叫んだ!傑作の原稿。

「悩めるスーパーマーケットの皆さん」の為にも、
"お蔵入り"ならないように、願うだけである。
みなさんに、ほんとうに読んでもらいたいんです。

みなさん、出版できるよう、応援お願いします。
アッ!今日は、小生の悩み節になってしまいました。
ごめんなさい。


そして、「今日の一言」・・・・・。

「トライ・アンド・トライ・アゲイン(やってみて、立ち止まって考え、そしてもう一度挑戦しよう。)」

(マクドナルドの創始者:レイ・クロックの名言)



出版にこぎつけない、小生の"魂"本に書いている一文でもある。
by akindonet | 2007-10-27 18:51 | Comments(5)

「店舗力=店長力」

今日は四国・徳島へ・・・。
先日、11月の予定を聞いて、“ビックリ!!”。
10月よりハードスケジュール。
鬼のような「秘書」がいる・・・。
ハハハハッ・・・。


ところで、昨今の新聞紙上は 「西友問題」が毎日のように載っていますね。
今日も日経新聞でウォルマートが国内でM&Aを加速させるという記事。
日本は上位20社の売上げが約2割にも達していない。
だから今後は日本でも集約が進むとみているとのこと。


“巨人”ウォルマートが本気でM&Aに乗り出せば、いくら“イオン”さんでも相手が大きすぎる。
またまたM&Aの速度が速まってくる気配・・・。
こんなんでいいの?!「商人(あきんど)の国」・・・。


またその記事の下に「西友114店舗異動」の記事。
「オッ!西友も大改革やるんだな~」と思っていると、記事の中身を読んでガッカリ・・・。
異動の目的は今月末までの予定で実施する約450人の早期退職に
店長が多数応募したためということである。


「もう、かなりきびしい!!」ですよね。
早期退職に店長が応募するなんて・・・。
店のトップが進んで退職を希望するということは、「店の雰囲気」どうなっていると思いますか?
“最悪!!”ですよね。
会社が潰れる時の「共通項」。それは・・・・・
会社を支えてきた「店長」が辞めていくということではないかと思うんです。


自分達が信じてついてきた「店長」がササッと辞める。
部下はどう思うでしょうか。
それも自店だけでなく他店も数多く・・・。


たぶん、アメリカの文化を西友に導入し、日本人特有の「情」や「利他」を無視している結果かな?
それとも、もともと西友の企業体質に「甘え」の構造があったのか?
分かりませんが、かなり危機的状況ですよね。


小生は「店舗力=店長力」と言い続けています。
店長のリーダーシップが店舗力を飛躍的にアップすると・・・。
だから、店長を徹底的に教育します。
店長に全部門の出席を義務付けます。


だって、店長が全部門を掌握していないで、どうやって部下の指導ができますか?
だから、大変だと思いますが、徹底的に「店長力」を上げていこうと心がけています。
よって、西友の店長の大量退職はガッカリなんです。
会社も辞める店長も「無責任」と感じてしまうのは小生だけでしょうか。
「店長は店の社長」である。
その社長がその店で収益を上げてくれるから会社の収益がでるんです。
店以外からは収益は出ないのです。


たぶん、辞められた西友の店長さんは
「コンサルタントでもやってみようか?!」という方々が多く出るんでしょうね。
ハハハハッ・・・・。


退職者の受け皿、 「スーパーマーケットコンサルタント業」
もっとなさけない業界だったりして・・・。
「イトーヨーカドーではこうしてた。」、
「イオンではこうしてた。」、
「西友ではこうしてた。」
など、
“過去の経験”からの提案が横行している業界だから仕方ないですけど・・・。

「過去の成功体験踏破」業界、スーパーマーケット業。
これを脱するのはいつのことか・・・。


そして、今日の一言・・・・・・

「世の中で、一番寂しいことは、”する仕事”がないことである。」
                                      
                                           (福沢諭吉の言葉)
by akindonet | 2007-10-26 18:07 | Comments(1)

今日より明日

今日は、セミナー講師の仕事・・・。
ずいぶんすずしくなりましたね。なんか急に秋めいてきました。

売れる商品が変わってきて、さあ“秋商戦”本番ですね。

ところで今日は、感銘した言葉に出会ったので、おすそわけ・・・。
先日、ある本を読んでいたら、すごく良いことが書いてあったんです。

それは・・・

「今日の我は、昨日の我に勝つ」

江戸時代の剣術のある流派の奥義書に書いてある言葉だそうです。
すごくいい言葉ですよね。

1日、昨日よりも1%の改善をしていけば、
1.01の365乗なのでいくらになると思いますか?


そうです。

1年続いていけば、1年前の37倍以上になるんですよね。
たった1%の改善で・・・。

そしてこうとも書いてあった。

人間の力には、3つの種類がある。
“実力”と“能力”と“潜在能力”と・・・。

この中で、人の持つ潜在能力には根本的な差がある。
とは言っても、潜在能力が高い人が必ず勝つとは限らない。

潜在能力は開発しなければ、
現実に使える能力にはならないからです。
さらに、能力が高い人が低い人に負けることもあります。

それは、その能力を十分に発揮できなければ、本物の力にはならないからです。
もしも能力の60%しか発揮できなかったら、
それがその人の“実力”ということですよね。

仕事で自分の潜在能力をどれだけ使っているか?
まあ10%程度でしょうか。

ということは、潜在能力を10%しか使ってない人が、
例えばさらに10%潜在能力を引き出せば、
計算上ではたったの10%で能力は2倍になるということになりますよね。

しかし、ほとんどの人がこれをしようとしない。

ということらしい。

“う~ん、納得”。

そりゃそうですよね。
スポーツのトップアスリート
自分の潜在能力を極限まで引き出すために、
血を吐くような努力をしている。

それに比べて「仕事」をしている我々は・・・。

すごく心にひびきました。

「そうだ、1日1%の改善をしていこう。」
これをうちの社員が全員が“意識化”すれば、すごい会社になるぞ!!ってね。

たった1%でいいんですよね。
昨日より1%“改善”していけば1年で37倍になる。

「今日の我は、昨日の我に勝つ!!」

すごい言葉と今日は出会う。

そして、今日の一言・・・。
「自己満足に陥ることなく、道半ばで立ち止まることなく。」

(カルロス・ゴーンの言葉)
by akindonet | 2007-10-25 18:30 | Comments(0)

「重大発言」・・・。

今日は東京・・・。
「東京6社会」の勉強会。
今日は、ちょっと「重大発表」を・・・。


実は、来年早々、コンサルティング手法の 「大改革」をやろうとしています。
(だれにも言っていないので本当に重大発言・・・。)


よく小生は「改善・改革・進化」をいう言葉を使います。
これは、サンシャインチェーンの竹島専務 が使っている言葉をモデリングしたんですけど・・・。


ここ6ヶ月、本当にこのままのコンサルティングでいいのか?
悩み、苦しみました。
“今”という状況であれば必ずクライアント企業に「お役立ち」ができると確信できます。
どんな同業のコンサルタントの先生より“結果”を出すことができる自信があります。
しかし、それはクライアント企業が「進化」し続けているからこそ・・・。


もしも、クライアント企業の「進化」のスピードが落ち、
小生の“忙しさ”のあまり、情報収集や研究分析の「改善」のスピードが落ちたらどうなるのか・・・。
それを考えるだけで「ゾ~ッ」とする。


「成功している時こそ、自分を否定する勇気を持て」
これは小生のメンターから教わった言葉。
そこで、「決断」したんです。
来年からコンサルティング方法を「改善・改革・進化」しようと・・・。


小生はスーパーマーケットや小売業の企業の成功のキーワードは、
「モデリング」・「情報の共有化」・「基準」と思っています。
ですからこの3つのキーワードを網羅したコンサルティング方法に変更していきます。
もっと、クライアント企業が成功する為に・・・。
もっと全国の地域スーパーマーケットの企業のお役立ちする為に・・・。


今のままだと、小生の「基準」が落ちてしまいます。
「時間がない」という言い訳で「アメリカ視察」もできない。
会員企業向けの「セミナー」もできない。
「情報交流会」にも参加できない。
自己向上の「セミナー」受講もできない。
これでは「基準」が落ちていく事は明白です。


ですから、「改善・改革・進化」しようと決断しました。
決断とは「決めて退路を断つこと」ですよね。
この決断は多くの「痛み」をともなうと思うんです。
現在のクライアント様も今までと同じような感じにはならないかもしれない。


しかし、100%今よりも「結果」の出るコンサルティング手法に
今回の大改革はなると思ってます。
最初はお互い慣れないから、戸惑いがあるかも知れませんが
必ずすごい「結果」をもたらすことになると思っています。


今、現在、20社程度の「情報の共有化」を100社の「情報の共有化」にする。
そうすれば、5倍の改善と5倍のスピードで会員企業は進化が実現できる。
ただし、これだけはお約束します。

①会員の競合企業とは契約しない。(1地域1企業のみ)
②現在よりも確実に「基準」を上げられる環境を作ります。
③投資額(コンサルティング投資)を削減するように努めます。

ということです。


もっともっと「お役立ち」したいのです。
「水元メソッド(理論)」を全国に広めて「同志」のネットワークを広め、
“情報の質と量”を飛躍的に高め、“基準を高める”環境を作り、
会員企業様がたくさんの利益を享受できるようにしていきたいと考えています。


突然の「重大発言」を許して下さいね・・・。
ごめんなさい。
今日は、クライアント企業には「重大発言」。
その他の企業には「朗報(ろうほう)」のお話を・・・。


あ~、明日からの反響が恐ろしい。


そして今日の一言・・・。
「“改善”は凡人が天才になる方法である。」

(楽天社長 三木谷浩史の言葉)

by akindonet | 2007-10-24 19:41 | Comments(0)
今日は和歌山でセミナー講師の仕事。
もちろん日帰り・・・。
季節の変わり目のせいか、ちょっと体調を崩している。
十分に体調管理には注意しなければ・・・。


そこで、今日は 「基準」「情報の共有化」について・・・。
小生はものすごく「基準」という言葉を使います。
「基準=売上げ」とも言います。
基準が下がるから売上げも下がる。
基準が上がるから売上げも上がる。
これが小生の持論です。


ですからしつこく「基準」という言葉を使います。
これはクライアント先だけでなく、弊社の社内でも同じです。
基準が落ちているって自分で分かるようになるまで、
“自分を律せよ!!”と社員には言っているのですが・・・。


今日、「年末商戦対策」用に昨年の年末商戦の写真や今年のひなまつり~盆商戦の写真を見て、資料作りをしているのですが、
これがすごく「基準」が上がってきているのにビックリしています。


昨年の年末商戦やクリスマスの各企業の写真が2~3年前の写真のように見えるんです。
なぜか?というと今年のひなまつり~盆商戦の取り組みの「基準」が上がっているから・・・。
「成長のあと」がはっきりと分かります。
うれしい限りです。


ある一社の「基準」が上がると、その写真を見ている企業も
“負けてなるものか!!” とすごい仕掛けをしてくる。
よって、必然と“基準”が上がってくるのです。


ですから、“基準”アップには「情報の共有化」は不可欠だと思うんです。
自分で自分の基準を上げ続けるというのはつらいですよね。
しかし、いわゆるライバルや仲間と一緒に“切磋琢磨”する環境を作れば、
自分たちの「基準」を上げることはそう難しいことではないですよね。
ですから、これからも売場や商品化の“情報の共有化”をしていこうと思う。


しかし、約3000枚の写真を見るというのはかなり疲れる。
でもね、小生や小生のクライアントは幸せだと思う。
だって業界誌などでは絶対に載っていない売場作りや商品化が“湯水”のように湧き出てるんですから・・・。
この「写真集」から・・・。
ハハハハ・・・。


さて、11月はクライアントへ「クリスマス~年末商戦」の対策を伝授する。
「絶対に成功する」と確信を持てる資料が作れそうだ・・・。
お楽しみに。


そして、11月は小生の会社が「基準アップ月間」に入る。
新入社員が2名も入ってきて、“基準”が落ちないようにどう高めていくか・・・。
社員の皆さん、覚悟しておいてね。


そして、皆さん、「基準」は上がっていますか?
「基準」が上がってるか?下がっているかの指標を持っておられますか?
この「指標」を持っている人(店)と持っていない人(店)では
どんどん「基準」の差が出てきますよ・・・。


そして今日の一言・・・。
「他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。
ふりかける時、自分にも数滴はかかる。」

(ユダヤの格言より)

by akindonet | 2007-10-23 20:48 | Comments(0)
今日は、一日中、 「商売繁盛虎の巻」

の撮影。
1日で計8本・・・。
さすがに疲れる。
まだあと2本残っている。


明日、関西から帰ってからの収録。
またまた午前様の帰宅になるのかな・・・。
ところで、今日は「商品リメーク」・「商品開発」 について・・・。


皆さんは、 「商品リメーク」や「商品開発」をどのようにされていますか?
近頃、ちまたでは「売れる商品」がなくなったとか、
「新商品作っても売れない」という声をよく聞きます。


なぜだろうか?
小生も考えたんです。


やっと近頃、その原因が分かるようになりました。
それは「戦術」的手法に走り過ぎなんです。
例えば、商品開発時には必ず、「目新しいトレー」はないかな?とか、
「ちょっと今までとは違う盛り付け」ないかな?
ということばかりに目が行った「考え方」などがおきざりにされている気配がありませんか?
小生は「新しい商品化」や「既存商品のリメーク(再商品化)」時は、
まず何をやるかというと、「あぶり出し」からやります。


新しい商品化だと「なぜその商品が必要なのか?」という自分自身への問いかけで、
その答えが5つ以上あぶり出すことができれば、
“よし!!チャレンジしてもらおう!!”と踏み切ります。


また、「既存商品のリメーク」の場合は、
「なぜ、その商品は売れないのか?」を徹底的にあぶりだします。
そして、その問題点を一つ一つつぶしていきます。
そうすれば必ず売れる商品によみがえるからです。


今年、キリンビールさんが「ブリしゃぶ」とビールというコラボレーション展開をするそうです。
しかし、小生はこれはただ陳列しているだけでは売れないと思うんです。
なぜか?というと「ブリしゃぶ」の“美味しさの見える化”“安さの見える化”ができていないと売れないからです。


だって“ブリしゃぶ”なんて食べたことのあるお客様は少ないのですから・・・。
美味しいかどうかも分からない。
そして、他のブリの商品化と比べると「割高感」がある。
だから、ただ陳列しているだけでは売れないと思っています。

ではどうしたらよいか?


それは、
①牛しゃぶと比べて「安さ」の見える化をする。
②ブリしゃぶがどれだけ美味しいかを「実食メッセージ」で見える化する

などを小生ならします。


実際にこの2つを見える化しているところは売れてきています。
キリンビールのCMに出ているから売れるというのはもう2~3年前の話。
お客様は進化しているのです。


“見える化”しないと売れないですよ。
これが商品開発のポイントなんです。
「あぶり出し」「見える化」です。
そうすれば、売れる商品開発できるし、既存商品のリメークもできるのです。


今年のX’mas・年末商戦もすごい商品開発を小生は提案します。
その商品開発とは・・・。


11月オンエアーされる「商売繁盛虎の巻」で公開します・・・。
最後は番宣になりましたね・・・。
ハハハハハ・・・・。
お後とがよろしいようで。


そして今日の一言・・・。
「首から下で稼げるのは一日数ドルだが、
首から上を働かせれば無限の富を生み出せる。」


(トーマス・エジソンの言葉より)

by akindonet | 2007-10-22 20:07 | Comments(0)