「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2007年 08月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マナー・しつけ

今日は一日オフィス・・・。


やっと商業界様から出版予定の原稿が終わった。
(手書きなのであとは入力のみ)


図表なしで、原稿用紙300枚あまり。
時間を作ってコツコツと書き記してやっとのこと書き終えました。

でもまだこれから・・・。
打ち合わせや校正。
でもスーパーマーケットで働いている方への「応援歌」のつもりで書いた今回の本。


何とか今年中に発売できるようにがんばります。


しかし、もう次がある。
「食育」・・・。
これも原稿11月までに書かなければいけない。
原稿用紙200枚程度。
これも修行。
皆さんから与えられたチャンス。
“絶対にやりぬくぞ!!”と心に誓う小生でした・・・。


あのトーマス・エジソンでさえ、

「天才とは、1%の霊感と99%の汗である。」

といっているぐらいですから。
まだまだ小生は「99%の汗」をかいていません。


「もっと、もっと・・・。」「まだまだ・・・。」です。


ところで、今日は「マナー・しつけ」について・・・。


よく視察に行ったり、店舗クリニックを開催したりすると、
マナーの悪い方々を見かけます。

平気で入口付近でタバコをすったり、
集団でたむろして店内でペチャクチャしゃべったり、
挙句の果てには無断で隠し撮りしたり、
または許可をもらって写真を撮っているとしてもお客様を無視している姿・・・。


これは一にも二にも「企業姿勢」のあらわれです。
今回の「東京6社会」の店舗クリニックでもホスト企業様へかなりのお客様から苦情がいったとか・・・。
情けない・・・。


しかし、残念ながらこのようなことはよくあるクレーム。
何故、こんな行為をするのか?
7月の「サンシャイン視察セミナー」でも、
小生はものすごく神経を尖らせて、
厳しく全員の方々へ注意してやっと何とかお客様のクレームなしで終わったのですが、
その他の企業様の時はクレームの嵐とか・・・。


だって皆さん、分かるでしょ。
これぐらいは 「常識のマナー」て。

やはりこれも「企業力」です。
あのイトーヨーカドーさんは店舗視察される時はものすごくお客様に気を使い、
試食を食べる時は「勉強させていただきます。」と言ってから、全員試食をいただくそうです。


また視察終了後には、全員が感謝のお葉書を書くとか・・・。


やはり、こういう姿勢やしつけが「企業力」なんだと思います。


例えば、皆さんの食堂には「スポーツ新聞」・「週刊誌」・「マンガ本」なんてありませんよね。
もしも、このようなものがある企業はかなり“しつけ”ができていない証拠。
もしも、小生の会社なら即刻「明日から出社におよばず」です。


また、お取引先との商談後、お取引先をどこまで見送られますか?
もしかして見送らなかったりして・・・。


あのサンシャインは2階から降りてちゃんと玄関までお見送りし、
そして姿が見えなくなるまで見届けるそうです。


皆さんの企業さんは商談中、そして商談後、どんな態度をとられますか?
小生の会社もこのあたりの「しつけ」はものすごく厳しくしています。
まだまだ40点レベルですが、
電話の応対、お茶の出し方、お客様のお見送り、
(エレベーター先まで社員全員でお見送りします。)
厳しく指導しています。
それができない社員はどんなに仕事ができても弊社には必要な人材ではありません。


躾(しつけ)とは身体を美しくすると書きます。
皆さんの会社は躾やマナーはしっかりされていますか?


小生は一日も早く昔からの階級序列「士農工商」を覆したい。
その為にこの「商人(あきんど)ねっと」も全財産を投げ打ってスタートしました。
「小売業(流通業)の社会的地位を上げるお役立ちしたい」為に・・・。


まだまだなのか・・・・。
ちょっとへこんだ一日でした。


そして今日の一言・・・。

「品格をもって、生きる。」

率先垂範です。
ちょっと机の周りを今日の夜は片付けたい。



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-31 21:18 | Comments(2)

二流、一流、超一流

昨日は、 「東京6社会」プラス岩手の企業がわざわざ参加されるので、
「7社会」の勉強会。

ホスト企業は、浅草を中心に店舗展開している「スーパーしまだや」さん。
クリニック対象店舗は「日本堤店」


先日の「まるえい」さんがボロボロに言われたので、
島田社長以下、みんな気合の入った売場を作ってきました。
勉強会の成果の出た売場でしたね。


「コトPOP」・「メニュー提案」など、
今の「しまだや」さんのレベルでは最高の売場だったと思います。


しかし、問題はこれから・・・。
小生は最後の「社長・店長会議」でこんなことを申し上げたんですね。
「今日の売場はクリニック用で明日から“売場の基準”が落ちたら、“二流の企業”。
今日の売場を維持したら“一流の企業”。
そして、進化させたら“超一流の企業”になる可能性。
さあ、どれを選択しますか?」

ってね・・・


小生はこの「東京6社会」のように“店舗クリニック”をよくします。
それはなぜか?


それは、自分たちの今の最高の売場をどこまで作ってこれるか?
にまずチャレンジしてほしいからです。
そしてそれをみんなにチェックしてもらう。
そうすればもっと基準の高い売場になるチャンスができるからです。


しかし、そのチャンスをものにできずに「一日限り」で終わってしまう企業が多いんです。
だから、小生は“二流の企業”とあえて言います。


さあ、「しまだや」さん。
二流の企業のままでいるか?
一流の企業へチャレンジするか?
それとも超一流企業へチャレンジするか?


それは、島田社長以下幹部の強い信念と、
全担当者の“意識化”だけだと思うのですが・・・。
期待しています。


また、この会に2ヶ月ほど前からわざわざ岩手県から参加している企業がおられます。
「ホーマス・キリンヤ」さん。


昨日も10名も参加。
そして、その足で今日、高知サンシャイン視察をし、
最終便で東京へ帰ってきて、そのまま岩手へ帰るとか。
若きリーダー、高柳副社長、常務の2人が、今一生懸命、みんなをひっぱろうとしている。


「意欲」はかなり高まってきたと思うんですね。
あとは“実践”ですね。


昨夜も「ホーマス・キリンヤ」の参加者にはこんなことを言ったんです。
「高知へ観光旅行に行ったのか?と言われるか、
それともすごく売場が変わったね~、視察に行った効果があったねと言われるか」

は、視察する今日からの“行動”できるよってね。


「思い切って」実践しないと結果は変わらない。
「中途半端」にやるといたい目に合う。
だから、“思い切って”変える。
“思い切って”モデリングする。


岩手から毎月、東京まで何名も来るくらいの意欲がありのだから・・・。

「危機感は企業を成長・進化させる“特効薬”である。」

期待してます。

小生にはこんな「やる気」だけはある仲間がたくさんいます。
あとは“結果”。

「結果は真剣度のバロメーター」

だから、小生は“結果”を求める。


そして今日の一言・・・。
「行動を変えることが、金脈の発見につながる。」
(ヴァージン・レコード創業者 リチャード・ブランソンの言葉)


「行動こそが真実。」
弊社の「社員心得30カ条」の1条である。
さあ、今日は長崎日帰りの旅・・・。




商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-30 19:09 | Comments(0)

投資について

もう、29日。
8月も終わろうとしています。
暑さのせいか、まだ8月が続くように感じてしまいますが、今週末は9月・・・。
さあ、年末商戦まであと4ヶ月・・・。
そろそろ準備に入らなくては。


そこで、今日は 「投資」について・・・。
みなさんは、「投資」を行ってますか?
「そんな金ねえよ~」という声が聞こえてきますね・・・(笑)
投資という言葉から株・為替・不動産などを連想されたのではないでしょうか?
こういうものは多額のお金が必要ですよね。
しかし、もっとも投資回収率が高くて、リターンの高い投資先って知ってますか?


みなさん知りたいですか?
どうしようかな・・・。
     ・
     ・
     ・
     ↓
では、お教えしましょう。
それは・・・
     ・
     ・
     ・
     ↓
「自分への投資」です。


今、巷では「やれ株だ!」・「やれFXだ!」・「やれ不動産だ!」という本や雑誌が多いですよね。
それにのせられて、株やFXをやった方は今回の円安・世界的株安で大損してしまいましたよね。


「一攫千金」もいいでしょう。
でもね、一番確実で一番リターンの良い投資を怠っていませんか?
それが「自分への投資」なんです。
自分への投資は「リスクゼロ」です。


ちなみにみなさんは、毎月自分への投資額を決めてますか?
小生は社員へ言います。

「将来欲しい収入の3%を自分へ毎月投資しなさい。」って・・・。

月給100万円欲しければ、3万円です。
50万円なら1万5000円です。
それがダメなら、1%でもいいのです。


では、どんなものに投資するのか?
それは、「本」・「セミナー」・「DVD」・「商人ねっと(ハハハッ・・・)」などです。
1ヶ月1冊の本を購入し読むだけで、1年間で12冊・5年で60冊・10年で120冊になります。
5~10年後、どのような結果になっているかわかりますよね。
(ただし、自分が向上する本でなければダメ。小説やマンガではダメですよ・・・)


よく「生き金」と「死に金」と言いますよね。
では「生き金」とはどういう基準で言うのでしょうか。
それは・・・

・そのお金を使うことで、仕事が一層飛躍・発展していく。
・そのお金を使うことで、自分自身のスキルアップに役立つ。
・そのお金を使うことで、生活が便利かつ快適になる。
・そのお金を使うことで、心身が健康になる。
・そのお金を使うことで、自己実現に拍車がかかる。
・そのお金を使うことで、余暇・趣味が充実する。
・そのお金を使うことで、人々に喜びを与えることができる。


のを言うんだそうです。


みなさんは「生き金」使ってますか?
ちなみに小生は年間に本だけで約10万円・セミナー参加費30万円・その他DVD・CDで約10万円くらいは使っているかな?
なかなか使っても「生き金」にはなりませんが・・・。
(家でいつも怒られている小生がいます・・・)


「自分への投資」は、「一攫千金」とはいきませんが「人生を豊か」にしてくれます。
そして「自分を豊か」にしてくれます。
一番リターンの高い、最高の投資を放棄することないですよね。
でも、ほとんどの人がこの「投資」を放棄している。
だからチャンスなんです。


みなさん、「自分への投資」でチャンスをつかみましょう。
その投資の1つに、「商人ねっと」がお役立ちできれば・・・。
そう願う今日この頃です。


そして、今日の一言・・・
「人間にとって大切なのは、この世に何年生きるかということではない。
この世でどれだけの価値のあることをするかである。」

(小説家 オー・ヘンリーの言葉)






商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-29 23:04 | Comments(2)
今日は名古屋・・・。
昨夜は リスパック名知専務、高橋部長、永倉課長と会食をする。
というのも今年の秋も全国6か所(北海道除く)の、
「リスパック会秋の勉強会」で講演することになっているから・・・。
もう3回連続なので参加される方も飽きておられるのではと思うのですが・・・。


今回の講演テーマは
「原料高!インフレ!人口減少!消費高度化!
激動の秋~冬商戦をどう乗り越えるか!
そのヒントをこっそりとお教えします。」



自分にプレッシャーをかけるためにあえて難しいテーマにしました。
まだレジメもパワーポイントも完成していない。
気合をいれなおさなければ・・・。


実は小生は、2年前まではセミナー講師はお断りしていました。
「効果がないから・・・。」
という理由でした。


しかし、あるメンターにガツンと言われたんです。
「君の実績が残せたのは誰のおかげかい?
クライアントさんが君の理論に共鳴して動いてくれたから実現でき、
実績を残すことができたんだよ。
ということは今後は小売業のみなさんにその実績を公開するという
恩返ししなけりゃいけないのではないか。」
と・・。・


目が覚めました・・・。

それから、講演はできるだけ引き受けるようになったのです。
(その為に9月10月の休みはゼロになりましたが・・・。トホホホ・・・。)


一回でも小生のセミナーに参加されている方はお分かりですよね。
「ド派手」なオープニングでスタートし、ベスト姿で話をする。
講演台もない。
熊のようにウロチョロして話す。
かなり変わった「サプライズセミナー」である。
このセミナースタイルはアメリカのセミナー講師の「モデリング」。


ちょっとした小生の自慢はサプライズのあるセミナーを企画する為に
アメリカまでもセミナーに行って勉強しているということ。
流通業界ではこんなにこだわる人はいないですよね。
ハハハハッ。(自分で言うな!ってね。)


というのも、小生は小さい時、「どもり」だったんです。
人前ではほとんどしゃべれなかったんですよ。
今でもその「トラウマ」が顔を持ち上げます。
いつもセミナーがスタートする時は口から心臓が飛び出すくらい緊張します。


それを解消する為に自分を鼓舞するんです。
それが強烈なオープニングシーンとなっているんです。


「流通業・小売業の皆さんに、夢と希望と勇気を与え続けられる
情熱の変革者・教育者となることである。」



これは小生の「人生の目的」なんです。
それを実現する為に今回もリスパックの「秋の勉強会」を引き受けました。

是非、皆さん、参加してみて下さい。
詳しくはお取引のある資材問屋さんへお問い合わせを・・・。


まあ「どもり」がひどく。引っ込み思案でみんなの前でしゃべることが大嫌いな男が、
皆さんの前でしゃべるようになるんですから、
人間って可能性があるんですよね。
みなさん・・・。
可能性を信じて、今日も頑張りましょうよ。
自分を信じて。


そして今日の一言・・・。


「もっと知りたい、もっと学びたい・・・。
こうした好奇心を失わないことで、人はどんどん成長していくのだと思う。」

(水泳の天才 イアン・ソープの言葉)



もっと知りたい。もっと学びたい。もっと出会いたい・・・。
好奇心旺盛な小生がここにいる・・・。


<お詫び>
この秋、各方面から講演の要請があったにもかかわらず、お断りをしてしまった皆様。この場を借りてお詫び申し上げます。
必ず、お礼の意味も込めて講演させていただきますので、またご連絡下さい。



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-28 18:49 | Comments(0)

「夏バテ解消法」

土曜日から 「世界陸上」が始まりましたね。
ご存知の通り、小生は高校~大学まで、陸上競技をやっていました。

土曜日の男子マラソンの解説をされていた「谷口浩美」さんは、小生の高校時代の2年先輩。
今回の日本代表の最高責任者であり、400メートルのファイナリストであった「高野進」さんは、大学時代の同級生でもある。
といっても、高野さんは編入してきたので、小生の2年先輩であるが・・・。


それにしても、昨日の男子100メートル決勝は凄かったですね。
"9秒85"。
日本人には到底到達できない記録。
100メートルは、50メートルまでは、腕で走ると いいます。
だから、上半身がボディビルダーみたいに鍛えているんですよ。
日本人で、あんな身体は作れないですよね。
技術でカバーできない、大きな壁・・・・。
高野強化委員長の腕の見せどころ。
心から期待しています。


ところで、話はガラッと変わり・・・・・。
小生、近頃「疲れる」と、意識的に"感動"するものに触れることを心がけています。
これ意外と効果があるんですよ。みなさん・・。


゜感動"すると、気持ちがバッ~と明るくなり、疲れが吹き飛ぶんですね。
以前は疲れると、「ゆっくり寝てみようかな?」とか、
「温泉でも行こうかな?」と思っていたのですが・・・・・・。
今では、疲れると、感動的な映画や本、スポーツを見たりして、
いわゆる「ストレス解消」しているんです。


今日の朝も、新幹線の中で、「感動」する本を読んでいました。
その本の中で、名女優オードリー・ヘップバーンの言葉が載ってました。

「美しい唇であるためには、美しい言葉を使いなさい。
美しい瞳であるためには、人の美点を探しなさい。」


というものでした。


なぜか、この言葉に、「感動」を覚えました。自分ができていないからかな?
こういう気持ちで、常にいれば、必ず素敵な出会いと幸せがくるのだろうな~と。
わかってはいるけど、意識しないとできないですよね。
いつも「美しい唇と美しい瞳」であり続けたいですよね。
やはり、世界的名女優は、たった一言で感動させてくれる。
まだまだ、小生は修行が足りません。


また、もう一つ、感動させられた言葉と出会いました。
それは、ディズニーの創始者ウォルト・ディズニーの言葉です。

「夢見ることができれば、それは実現できるはずである。
いつだって忘れないでほしい。
全ては一匹のネズミからはじまったことを。」


う~ん、感激!!
一匹のネズミのキャラクターから、"ディズニー・コンチェルン"を作り上げることができるのだから・・・・・。


この二つの言葉に触れただけで、すっかり疲れがとれてしまいました。
小生って、変ですかね?

まあ、いいです。いろんな「ストレス解消法」があるのだから・・・・・。
みなさんの「ストレス解消法」はなんですか?


そして、今日の一言・・・・・。

「人のためにしていることが、実はとても自分のためになっているということがあるのよ。」
(オノ・ヨーコさんの言葉)



ほんとうにそう思う、今日この頃である・・・・・。
by akindonet | 2007-08-27 23:50 | Comments(0)

期待!!

昨日は、小生の勉強会にカメラクルーが・・・。

なぜなら実は、今、サンシャインラヴィーナに
あの「ガイアの夜明け」の取材クルーが入っているんです。
その中で、小生の勉強会のシーンを撮影されたのです。

だが、しかし、小生はラヴィーナ店のあまりの基準落ちに”激怒”し、
カメラクルーはどこへやらで、ガンガン”(カッコよく言うと)叱咤激励”しまくり・・・。
「なんでこんな基準になったんだよ~!!」という悔しさが言葉として出る。
もう、ムチャクチャに言いまくる。

だって、「基準」が落ちているから・・・。
・・・今後の盛り返しに大きく期待する。

そのサンシャインラヴィーナ店を運営しているのは「(株)サンシャイン佐川」という企業。

そのデリカ部門のトップとして頑張っているのが、
「サンシャイン佐川を”四国一のデリカ部門”にする!!」と言ってはばからない、
また、それくらい言うだけのことはあって、本当に素晴らしい売場と商品をつくる。
その人とは「鈴木康夫」。

本当に才能に溢れる人間であり、とにかく”身を粉にして”働く男でもある。
「猛烈に働く」とは、この男の為にある言葉。

しかし、彼があまりにも働くものだから、
そして自分で全てのことが出来るものだから、彼がいなくなると売場や商品の基準が落ちる。

これでは・・・まずいですよね。

よく小生は、
”魚を与えれば、その日は過ごすことが出来る。
しかし、魚の釣り方を教えれば、その人間は一生過ごすことが出来る”
と言い続けています。

まさしく、鈴木課長は部下に「魚の釣り方」を教えなければいけないのですね。
でも、それも少しずつ出来てきているようです。
本人が出向かなくても、メールの指示で売上げが上がった店があるとか・・・。

「名選手=名監督にあらず」と昔から言われていますが、
それは、自分を基準に物事を考えてしまうからだと思うのです。
今の鈴木課長は、指導レベルを下げて、
みんなに分かり易いレベルまで落として指示してきているように思います。

あとは、”第2、第3の鈴木”を育てることかな?

小生も四国と言わず、日本でトップクラスのデリカになると確信しています。
それには、才能溢れる鈴木課長本人が
「”驕ることなく、毎日精進することと、部下の育成だと思う”」

サンシャイン佐川は、デリカと精肉が今は牽引者とならなければなりません。
その為には、鈴木課長と元山次長の
「リーダーシップ」と「ムードメーカー」に期待する。

昨日カメラクルーがいるにも関わらず、
撮影していることなどどこへやらで”叱咤激励”された「サンシャインラヴィーナ」、
そして「サンシャイン佐川の幹部社員」。

「やろうと思うと、やらないと思うとどちらも選択するのは同じ。
ただ違うのは”結果”だけである」


「ガイアの夜明け」の撮影中に
劇的に変わった姿を小生に見せてほしい。
9月11日の「ガイアの夜明け」で、その姿を楽しみにしているから・・・。
頑張れよ・・・。



そして、今日の一言・・・。
「賢人は目的を持ち、凡人は願望を持つ。
小人は不運を嘆き、偉人は不運に発奮する」

                        (米の作家 ワシントン・アーヴィングの言葉)

鈴木課長、元山次長、元気出せよ!!
ラヴィーナ店の吉本店長、明るく行こうよ目標に向かって!!

そして、サンシャイン佐川の牧野広太郎社長に「今日の一言」を捧げる。
by akindonet | 2007-08-26 23:43 | Comments(1)

店長の自覚

8月ももう終わりですね。
あっという間に過ぎていきました。
「夏の終わりのハーモニー」といきたいところですが、
口ずさむほど基準が上がっていない自分がここにいます。


ところで今回は 「店長の自覚」について。
今、小生は高知にいる。
ご存知サンシャインチェーンのコンサルティング。


第一日目は部門勉強会と店長バイヤー合同勉強会。
特に最後の店長・バイヤー合同勉強会は
サンシャインチェーン全店の店長とバイヤーが集合し小生の話を聞く。


その中で、サンシャインチェーンの「フラッグシップ店舗」
カルディア店の野町一志氏もいる。
彼は必ず一番前の席に座る。
そして誰よりも早く来て、勉強会の始まる5~10分前に小生のところへサッときて現状報告をする。
そして、勉強会終了後も、疑問点、質問を小生にぶつける。
しかし、その他の参加者はギリギリにきたり、終わったらサッサと帰る。


一番業績の良い店長が一番先にきて、一番最後に帰る。
なぜ???


片道2時間もかけて来る池田店の店長1名・副店長2名。
競合店が出店してきて、前年比で大幅に伸ばしていたのに、売上げDOWN。
一番質問したいこと、教えてもらいたいことがあるのは
この3名のはず。
なのに終了後、サッサと帰る。
“危機意識ゼロ”。
だから競合店ができて売上げがDOWNするんです。


「結果を残す店長ほど貪欲である。」
当たり前のことか・・・。


そして、小生が感心したことがその後に起こる。
なんとこの店長・バイヤー勉強会に野町店長率いるカルディア店は
店長以外に5~6名が参加していた。
その参加者と「ショートミーティング」をやっているではないですか!
どこでやっていると思います。


本部下の駐車場の“自動販売機”の前の明かりの下で、
6~7名で今日の勉強会の内容をいかに実施するかを話し合っている。
それも自動販売機の明かりの下で・・・。


小生は「感動」しました。
これが「店長のリーダーシップであり、自覚です。」
みなさん、お分かりですか?


この野町店長、4年間1回も前年比を落としたことがない。
ただの1回も・・・。
競合店出店・競合店のリニューアルが相次いでいるのに・・・。


普通は「競合店ができたので…」と売上げDOWNしても
当たり前の顔をしている店長が多い中・・・。


その秘訣はこの“姿勢”にあるのです。
店長、あなたはこれくらい真剣に取り組んでますか?
今日は、「店長の自覚」についてでした。


そして今日の一言・・・。
「プロというのは寝ても覚めても仕事のことを考えている。
生活の全てが仕事。
そこがアマチュアとの絶対差だ。」

                            (相田みつをさんの言葉より)


商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-25 18:43 | Comments(0)

次の賀詞交歓会は・・・

今日から高知へ・・・。
石川から高知へと日本を横断している小生がここにいる。


そして「商人(あきんど)ねっと」撮影クルーは
AJS(オール日本スーパーマーケット協会)様の商品展示会の撮影へ・・・。


さあ、9月から来年1月の「賀詞交歓会」の準備がスタートする。
2年に1回の弊社にとっては「ビックイベント」。


昨年1月開催の「賀詞交歓会」の出席者は過去最高の350名。
来年の1月の「賀詞交歓会」は目標500名で準備していきたい。


問題は「基調講演」の講師選定。
いつもこれで小生は悩む。


過去には、当時クイーンズ伊勢丹社長だった田村弘一氏。
セブン&アイホールディングスのコンサルをやっておられるおおやかずこ氏。
そして、「良品工房」白田典子氏など、意外と“メジャー”な講師に講演してもらっている。


今回は・・・。
実はまだ決まっていない。
誰が良いと思いますか?
皆さん、遠慮なく候補者を言って下さい。
ジャンジャン交渉していきますから・・・。


もちろん今回も「サプライズ」の仕掛けを用意します。
ちなみに前回の「賀詞交歓会」はこんな感じでしたよね。

・司会は銀座でバリバリのDJをやっているボブさん。
・講演者入場の時は「入場曲」が流れる。
・最優秀部門賞の時はいわゆる「プライド」・「K-1」の入場スタイル。



などなど・・・。
もうサプライズの連続。


今回はそれに輪をかけてやりますよ。
皆さん楽しみにしておいて下さい。
何故、こんなセミナーや賀詞交歓会にするかと言うと・・・。

それは小生は「有言実行」・「率先垂範」したいんです。

よく、クライアントさんに
「サプライズ企画を考えろ!!」
「同業者がアホなことやってんな~といわれるくらい仕掛けろ!!」
「改善・改革・進化だ!」

といっている張本人がサプライズでもないつまらないセミナーや
賀詞交歓会をやったら信用なくしますよね。


「あの賀詞交歓会はすごかったよね。」
「次も絶対に来ます。」

と言ってもらえる企画をしていかねばクライアントさんに頭が上がらない。
えらそうなことも言えません。


ですから、一日の為に4ヶ月も準備するんです。
それも「大赤字」の賀詞交歓会の為に・・・。
アホですよね・・・。
ハハハハ・・・・。


仕方ありません。
皆さん、楽しみにしてもらってますから。
頑張ります。


そして「最優秀部門大賞」の選定が9月からスタートします。
今回はどの企業、その担当者が選ばれるのでしょうか?


今回は上記のほかに「小型店舗賞」・「最優秀店長賞」を加えました。
みんな同じスタートラインです。
「改善・改革・進化」した者のみが与えられる賞です。
全国から参加される500名の前で表彰されたくありませんか?


あなたにもチャンスがあります。

「日本一、楽しく、元気になるセミナー」を目指しています。

そして今日の一言・・・。
「生きるのに忙しくない奴は、死ぬのに忙しい奴だ。」
「まだ青いうちは成長する。成熟するとあとは腐るだけ!!」

                 (アメリカの№1セミナー講師・アンソニー・ロビンズの言葉)



商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-23 18:58 | Comments(0)

笑顔を取り戻す

いきなりですが、皆さんこんなこと考えたことありませんか?
「もし一生社会復帰できないと言われたら・・・?」


実は日曜日、24時間テレビのDMでものすごく印象に残ったCMがあったんです。
そこで小生インターネットで検索したらあったんです。
日産自動車のCMです。
本当に1~2分のCMなんですが「感動」したんですね。
そしてまたまた「感動」。


そのHPにはCMの他に出演された当事者の手記が載っていたんですね。
これがまたよかったのでおすそ分け。
下記のアドレスをクリックして下さい。
すごく「感動」するCMと手記が載っていますので。


日産自動車のCM
http://www2.nissan.co.jp/EVENT/24HTV07/top.html?ID=01

佐藤さんの手記
http://www2.nissan.co.jp/EVENT/24HTV07/subinfo.html

もしも自分が何かのきっかけで一生社会復帰できないと言われたら、
どういう状況になるのだろう?と厄年を過ぎた頃からふと考えることがあります。


そういうことを考えるようになったせいでしょうか?
今回の日産のTVCMに「感動」したんだと思うんですね。


そして佐藤さんの手記を読んでもらえば分かると思いますが、
「事故後に自分の境遇ばかり考えていたら絶望していた。
妻のことを懸命に考えたら救われた」

と書いてあります。


こんな気持ちに自分はなれるんだろうか?
自分の境遇ばかりを嘆いて家族のことなんて考えないのではないか?って・・・。


佐藤さんの「どんなことをしても必ずよくなって妻の笑顔を取り戻す。」
すごい決心だと感動しました。
この手記を小生が読んで思ったことは自分の為だと思うと、
“置かれた境遇に甘え”妥協してしまうのではないか?
でも家族の笑顔を取り戻す為、妻の笑顔を取り戻す為に
“どんなことをしても頑張るぞ!!”と決心すると、
どんなにつらいことも妥協したり、甘えたりしないものなのかもしれないと・・・。


辛いのは自分だけではないんだ。
周りの人はもっとつらいんだ。
「ひょっとしたら自分より周りの人の方がつらいかもしれない」
と思える心境になることが大切だと強く感じました。


先日の「今日の一言」の中に、
「他人のことに関心を持たない人は、苦難の人生を歩まねばならず、
他人に対しても大きな迷惑をかける。
人間のあらゆる失敗はそういう人たちの間から生まれる。」

と書きました。


これと全く一緒なのかもしれません。
「家族の笑顔」・「社員の笑顔」・「お手伝いしている企業様の笑顔」の花が、
一杯咲きますように、小生頑張るぞ!!


もしも、一生社会復帰できない身体と宣告されても、
家族の笑顔・妻の笑顔を取り戻す為に、奇跡を信じ復帰の為にがんばるぞ!!
だからもうそんなことは考えないようにしようと決めたのです。

そして今日の一言・・・。

「当たり前のことを幸せに感じる。
歩けること。手を動かせること。
四季の自然の美しさ。
妻の輝くような笑顔を再び見られること。
ありがとう。」

                       (日産のスペシャルCMの中より・・・)






商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-22 18:45 | Comments(0)

ノープレイ・ノーエラー

今日は北陸へ・・・。
羽田空港、超混みです。
まだ「お盆休み?」なのか、ものすごい 人・人・ の波。
なんか一生懸命働いている小生が惨めになる。
トホホホホ・・・。


ところで 「お盆商戦」 、如何だったですか?
少しずつですが情報が入ってきました。


結果から言うと、
「成功2割、まあまあ6割、全然ダメ2割」という感じです。
この結果は小生のクライアントさんの成績ではなく、
小売業全般の数字と思っていただければと思います。


実は昨日、お伺いした「いちやまマート」さんは「成功2割」 組。
それも「大成功」の域に入る。
なぜ成功したのか?

それは、

①トレンドを押さえたこと。
「猛暑対策」の売場での見える化。
「お盆くらいは・・・」というグルメ商品の見える化。
「量目表示」などによる高単価商品の挑戦など、
現在のスーパーマーケットの“トレンド”をしっかりと売場で演出したこと。

②店長のリーダーシップが高まってきた。
店長が全スタッフと綿密なミーティングを重ねて、準備万端で迎えたこと。
やはり、 “事前準備と戦略”が成功の鍵ですよね。

③バイヤーが“ニューチャレンジ”に貪欲
「道の駅」の“お土産セレクション”への挑戦。
3,000円台の刺身盛り合わせへの挑戦。
5,000円以上の焼肉セットや1枚5,000円以上の厚切りステーキへの挑戦など、
「ハイリスク・ハイリターン」 商品に華麗にバイヤー自ら
チャレンジする貪欲さが成功へとつながる。


というように、他企業とはまず「考え方」が違いますよね。
まあ、言えば「失敗を恐れない」 ということ。


あのホンダの業務評価で「ノープレイ・ノーエラー」の社員は全く評価されないと聞きます。
しかし、今のスーパーマーケットのバイヤーはこの体質が染み渡っている。


その中で、「いちやまマート」のバイヤーや店長、チーフは今、
「ハイリスク・ハイリターン」商品へのチャレンジを怖がらない。
だから成果をもたらす。


だって、みなさん「天ぷらセット2980円」作れますか?
1日で5P全て完売ですって。
これなんですよ。
いわゆる「アウトスタンディング」なレベルまで少しずつですが来ているんです。
これからが楽しみです。


この消費低迷の時代に売上げを伸ばしている企業は、
「なんてバカげたことやってんだろう?!」と同業者から言われるくらいがちょうど良い。
「ノープレイ・ノーエラー」体質ですか?
それとも「ニューへのチャレンジ集団」体質ですか?
この違いは大きい。


そして今日の一言・・・。
「海軍に入るくらいなら海賊になったほうがよい。」
                  (アップル会長 スティーブ・ジョブズ)


海軍に入る「安定」より、「海賊」になってリスクに挑む「冒険力」が
今の時代は大切であると・・・。
天才スティーブ・ジョブズの言葉は重い・・・。




商人(あきんどねっと)はコチラ↓↓↓↓↓

by akindonet | 2007-08-21 18:11 | Comments(0)