「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2006年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

昨日は大阪で”セミナー講師の顔”(仕事)。
日本一の青果専門店(青果カテゴリーキラー企業)
九州屋様の社員教育。

今回は「現場で活用する計数管理」について・・・。

かなり参加者は「頭をシャッフル!!」されたんじゃないかな?!

その後、大急ぎで新大阪駅へ・・・。
ダッシュで新幹線に飛び乗り東京へトンボ帰り!!

ある方が待っておられる・・・。


それは
元ダイエー会長「吉野平八郎氏」
”是非一度、お食事をさせていただければ”という
熱烈「ラブコール」に答えていただいたのである。

もちろん、日本セルフ・サービス協会のM氏(モミさんとしておきましょう)
も一緒である。
(一番お世話になっている方ですから・・・。)

せっかくなので、
「スパコディ純ちゃん」と「商人(あきんど)ねっと最高責任者I君」も同席させる。

ダイエー時代の話、さんの話、
またご自身の話など盛り沢山のお話しを聞かせていただいた。

その中で、感銘を受けたことをお裾分け!!
①、よく質問される。
   日本セルフ・サービス協会のモミ氏によると、
   吉野さんは「キヨスク」のおばちゃんにも、よく質問されると・・・。
   吉野氏曰く、
   「そんなに質問するかな~?」と。
   そして、「質問して返ってきた言葉は頭に入りやすいんだよね。」
   とも言う。
   松下幸之助さんも、よく質問されたと聞くし、
   アインシュタインは常に
   ”まずは質問から・・・。クエスチョンシンキング”と言ってたもんな~・・・。

   「質問の大切さ」を学ぶ。


②、メモをよく取る。
   IYの伊藤名誉会長もダイエーの中内会長も
   とにかく「メモ魔」なんだそうだ。
   とにかく、メモを取る。
   これは流通業界のトップにたった方の共通項なんだとか・・・。
   
   ウ~ン、納得!!


③、あせるな。
   IYの伊藤名誉会長はいつも奥様に「あなた、あせらないで。」
   と言われるそうである。
   「焦らず・慌てず・諦めず」をコツコツと実践された証が、
   あの「セブン&アイ ホールディングス」になっんたとか・・・。
   
   小生、反省する。
   (いつも焦って、実はスパコディ純ちゃんに「焦るな!」とよく叱られている・・・。)


④、志を持て、哲学を待て。
   方針は時代によって変わる。
   しかし、志や哲学は不変のものである。
   人間は苦しい時、一番頼りになるのは、「志と哲学」である。
   だから、志や哲学を必ず持ちなさい。
   そうすれば成功すると・・・。


⑤、親は子供を教育できない
   だから世襲は大変なんだと・・・。
   余程、子供が優秀か、親以外の教育者を付けなければ、
   世襲した時から”破滅の道”へ進んでいくんだよと。


⑥、トップは現場を知っておけ
   トップしか決断できない。
   だから、現場を常に知っておきなさい。
   中間管理職の連中のことは知らなくていいんだよ。
   ”社長は現場を知っている”と思わせろ!
   そうすれば、中間管理職からの提言も
   「現場はそんな悩みより、こんな問題があるような気がするよ。」
   で、すぐに立ち去る。
   トップはとにかく現場を知れ!!


である。

素晴らしい「酒宴」の席であった。
ナント!3時間以上もご一緒していただいたのだ。

I君もスパコディ純ちゃんも、勉強になったと思う。

ちなみに、スパコディ純ちゃんは、
ナント!!事もあろうことか、
吉野さんに向かって、「あるお願い」をした。

これは今、発表できないが、
それが実現すると”サプライズ”しますよ~。
実現して欲しいな~。
(でも、さすが誰にも物怖じしない”スパコディ純ちゃん”です)


「夏の終わりのハーモニー」
をついつい口ずさむ小生であった・・・。


全くの余談なのだが・・・。
ところで”スパコディ純ちゃん”は何であんなに誰に対しても物怖じしないんだろう?
(本人曰く、「普通だよ!」と言うのだが・・・)

弟たちよ、どう思う?
by akindonet | 2006-08-31 21:10 | Comments(2)
昨日、夜、素晴らしい出会いがあった。

スーパーマーケットのマネキンからスタートして、
今では「ミリオネーゼ」になった 「松田綾子」さんとお会いしたんです。

まだ、30歳ちょっと(すみません、年齢を暴露して)のすごく美人な女性でした。

実は、彼女に「商人(あきんど)ねっと」に出演してもらいたくて、
小生はずっと ラブコールを送っていたのである。

何をするの?
と皆さん思っていませんか?


では、お答えしましょう。


実は「カリスマ販売員」講座をやりたいのです。

今、スーパーマーケットだけでなく、
専門店も飲食店も
販売員の質がものすごく落ちたと思いませんか?

なんか、スーパーマーケットに勤めるってことは、
「地の果てに落ちた」という”みじめ感”が漂っている販売員の方々が多い。

本当に、小売店の販売員は“みじめ”な職場・職業なのかな?

スーパーマーケットだったら、お客様に
“健康を売っているんですよ。
家族の幸せを売っているんですよ。”

こんな素晴らしい職業って他にはないって思いませんか?

でも、今の販売員は、髪の毛ボサボサ、化粧はそこそこの方が多い。
だから、小生、もっと小売店で働いている方へ「夢と希望と勇気」を出してもらいたい。

「私たちは、地域の皆様の幸せと健康を売っているのよ~!」

と言っていただく販売員の方々を育てて行きたいのです。

だから、マネキンさんからスタートして、
今では歯科医のコンサルタントまで登り詰めた、
松田綾子先生に出演してもらいたかったんです。

彼女と「小売店の販売員」について、ナント!5時間も話してしまった。

その中でビビッと来たことをおすそわけ。

①朝礼を変えましょうよ。
販売員の命は「声」でしょ。
腹式発声などをやってもらいましょうよ。

②名札に個性を出しましょうよ。
「あやちゃん」とかのニックネームでいいんじゃないですか。
売場でお客様に「あやちゃん」って呼ばれたら嬉しいじゃないですか

③「販売コンシェルジュ」とか「肩書き」・「ブランド」を作りましょうよ。
そうすれば、みんな一生懸命がんばるんじゃありません?

④全国の「カリスマ販売員」を公募しましょうよ。
そして、1年に1回、その方々を一同に集めて表彰してあげましょうよ。
“カリスマ販売員甲子園”ってよくありません?

⑤化粧の仕方を教えてあげたい。
販売する方は“化粧直し”出来ないんです。
だから化粧直ししなくていいメイクを教えてあげましょうよ。

などです。

すごく素敵なアドバイスありがとうございました。
小売店で働く方々が“誇り”を持って“輝いて”働いてくれる環境を作ってあげたい。

「士農工商」の序列を覆したい。

販売員の方々に「メイクの仕方やお洒落な服装」を提案したらどんなに幸せだろうな。

男では考えられないことを松田綾子先生には提案してもらいたい。

そして、業界を変えたいのです。

“小売業界(スーパーマーケット)で働きたいんです!”
“やった~、スーパーマーケットに採用された!
これで美しくなる! 輝くことが出来る!”


と言ってもらえる日を夢見て「商人(あきんど)ねっと」驀進します。
by akindonet | 2006-08-30 15:57 | Comments(0)
さあ、今日からリスパック様主催の「全国縦断セミナー」をスタートします。
今日は大阪です。

今回の参加者の方々は総勢約350名とか・・・。
大阪国際会議場での開催

参加者に“感動と自信”を与えて行きたい。

今回の全国縦断セミナーでは約1600名の方が小生のセミナーを聴きにきて下さる。
その方々と「素晴らしい出会い」をして行きたい。

でも実は小生、このセミナー、全く採算が合わないのである。
セミナー講師料もナイショだが、すごく安い(^ ^;) ⇒ (T T)

しかし、小生はこのセミナーは「社会貢献(奉仕)」と考えている。

なぜなら、
スーパーマーケットの方々に広く「新しい考え方」を伝えることが出来るから・・・。
いわゆる「商人伝道師」である。
だから楽しみでもある。


全国の方々が小生のセミナーを聞いて、
一つでも店で生かしてくれたら本当に最高である。

そして、その中から、一人でも「商人(あきんど)ねっと」の会員に
なっていただけたら、なお良い。

そんなことを思いながらこのセミナーに臨もうと思う。

今回は、Eぐち君が小生のプロモーションビデオを作ってくれ、
荒川さんがPower Pointを作ってくれた。

かなり良い!!
2人ともありがとう。
君達の努力は無駄にしないからね・・・。

たぶん今回参加された方々は、“かなりのショック”を受けると思う。

今まで自分達が考えていたことが、間違っていたことをはっきりと小生が言うからである。
あ~、楽しみである。

そこで「繁盛店を作るコツ」を少々、紹介いたしましょう。

①「基準」を上げ続けること。
自分たちの基準を、いかに上げ続ける努力が出来るかである。
例えば、スーパーマーケットなら、
“鮮度・品揃え・品質”などの基準を高めることである。
これ、当たり前だけど誰も気づいていないんだな~

②「モデリング」を徹底すること。
繁盛店は、他の店と何かが“違う”んだよ!
その違いを見つけて、自店に素直に、そのまま導入する!
最初はうまくいかないが、継続していくとうまくいくようになる。
一から自分たちで構築しようと思うな!

③トップの偏差値を高めること
社長、店長など、会社や店のトップの偏差値を上げること。
近頃、トップの偏差値が低くなっているよね。
トップの偏差値より高い会社・店なんか作れないんだよ
分かっていない。
コンサルタントが店を作ってくれる、くらいに思っているトップもいる。
“アホか!!”と小生は思う。

④競合相手は“進化するお客様”であることを自覚せよ!
お客様は進化してきている。
インターネットの普及などにより、
お客様は販売者よりも知識を高める機会と時間がある
それなのに、販売員は進化していない。

なぜか?


・・・。それは「商人(あきんど)に対するプライド」が薄れていること。
「自分の仕事がいかに社会貢献しているか?」を考えていないこと。
「給与の為に働いている」人が多いこと・・・である。
「人生は一度しかない」のに・・・。

なぜ「商人(あきんど)」に誇りを持たないのか
だから進化するお客様とのギャップが広がってくるんだよ。

“生産性”?“ロス率”?などばかり勉強すんな!
だれから給与もらってるの?
お客様でしょう・・・。

だから、インターネットとか活用して、勉強しろ!
「商人(あきんど)ねっと」もその一つである。

ちょっとテンション高くなって書いてしまいました。
悪しからず・・・。

最後に“働く男たちへ”・・・
「自分の人生が幸福だったかどうかは男にとってたいした問題ではない。だが、充実した人生でいたかどうかは大きな問題だ。」
(「男の品格」より)


「今、充実した人生を送っているか?」常に小生、自分に問う・・・
by akindonet | 2006-08-29 13:39 | Comments(0)
日曜日というのに今日も”コンサルタントの顔”。
今日は、 “元気印”文化堂様
老舗の企業様であるが、今の花岡秀政社長が就任後、
急速に「改善・改革・進化」し、
いまでは、東京地区では“元気印”企業の一つに挙げられている。

その文化堂様の基幹店舗「文化堂豊洲店」の至近距離に、
来る10月1日と3日に相次いで競合店が出店する。
いわゆる「豊洲戦争」である。

全国のスーパーマーケット関係者が
今年最も注目している戦いが10月からスタートする。

迎え撃つ文化堂の「軍師」である小生はどう戦略を打ち立てるのか?
これ以上は企業秘密なので言えないが、
「勝てる」戦略を打ち立てているので、乞うご期待!

皆さん、10月上旬、是非、東京「豊洲戦争」ウォッチングして下さい。
すごい「学び」がありますよ。


そこで何故、
老舗の「文化堂」様が復活したのか?知りたくありませんか?


そうですか。
知りたいですか・・・。

ではちょっとだけお教え致しましょう。

①トップの偏差値が高かったこと
花岡社長は全国のスーパーマーケットを視察し続け、
“良いところは真似る”という姿勢を持ち続けている。
とにかくトップ自身の偏差値を上げようとしておられる。
だから、“社長は生鮮の事なんか知らね~よ”
と高をくくっていたバイヤー達が、トップの成長に脱帽し、
今では100%尊敬し、信頼されている。
やはり会社は“トップ次第”。
トップの偏差値の高さとハードワークがポイントであると実感する。

②社員への投資を大幅に増大させたこと。
花岡社長に代わってから、とにかく社員への教育投資を大幅に増やしてきている。
ものすごく投資し、勉強させている。
だから、企業全体の基準が上がっている
ちなみに、小生がお伺いし始めた当初は、
経営幹部の方々でさえも
小生の言っていることが「外国語か宇宙語」に聞こえたらしい。
(今ではやっと日本語に聞こえるらしいが・・・。)

③組織の活性化を図り、若手の登用を行っている。
後藤会長が社長時代から、とにかく新卒を定期的に採用されている。
これは中小スーパーマーケット企業では稀であり、素晴らしいことだと思う。
それが今の文化堂の財産になっている。
その財産を花岡社長は公開したのである。
旗艦店舗の運営・仕入れ全般をチーフバイヤーにさせず、若手バイヤーにさせたこと。
そして、古株のバイヤーを外し、若手へ総入れ替えするなど、かなりの大ナタをふるった。
だから、若手は「実績を上げれば、店長・バイヤーそして役員にまでなれる。」
と本気になる。
「活性化と登用」
絶妙である。

④「躾(しつけ)」がしっかりと教育され、会社文化が高い。
創業者の後藤会長(なんと女性の方である)のすごさだと思うが、
とにかく社員の身だしなみ、礼儀作法が素晴らしい。
絶対に他企業は見習うべきである。
小生は「徳育」が今の時代、大切だと思う一人である。
「知育」も必要、「食育」も必要。
しかし、もっと人間としての「徳育」をしていくべきではないかと・・・。
その点、文化堂様は素晴らしいと思う。

これが「商品力」・「販売力」まで波及するとうれしいんだけどな・・・。
今後を期待する。

「変化」を恐れなかったから、文化堂は“変わった”のである。

そこで文化堂様の全社員。
特に「豊洲戦争」に出陣する
豊洲店・月島店・勝どき店のスタッフへ贈る。


「創造する人間は絶えず危機の中に身を置いていなければならない。」
(坂村 真民先生)
「この世に難関などない。難関だと思っている自分があるだけだ。」
(ワコール会長 塚本幸一)

必ずこの戦争に勝つぞ!!
小生の戦略を100%実現しろ!!
「勝利の美酒」を味わう為に・・・。

by akindonet | 2006-08-28 12:10 | Comments(0)
今日は、一ヶ月一回の東京地区中小企業の「東京五社会」の日。
今回のクリニック先は、「丸正北新宿店」。
総勢200人近くの人が店舗クリニックするから、いろんな改善点・指摘点がでるんじゃないかな?
ちなみに小生は、今までの中で一番学びが多かった。
クリニックしてもらう企業の方は、片道1時間以上かけてお店をクリニックしてもらうのに、

1。シラけた売場があったこと。

2。全く改善しなかった売場があったこと。

3。クリニックしていただいてありがとうございます。という感謝の気持ちの方がいなかったこと。

こういうのは、小生許せないんだな~。
確かに、この日の為にだけ頑張らなくていいよ。という気持ちはあるかもしれないが、じゃ~、いつやるんだよ~!!

次回は追試。結果期待している。
その半面、クリニックする側は必死でやっていた。
ほんとに、良くなりたいという企業は姿勢でわかる。
だから、楽しい。
たぶん、近い将来、この中からすごい企業がでる予感がする。
どこかな~?

バカげたことでも一生懸命やるとおもしろい。楽しいだけどな~。

次回の追試が楽しみだ!
その後の親睦会は久しぶりに小生、「大独演会」 になった。「危機意識」もってくれという気持ちから・・・・。 という気持ちをこめて!


話しは変わるが、小生の会社内では研修にいってないスバコデの純ちゃんとI君の上司二人でで、社内のモデルチェンジしている。
新入社員が研修や夏休みから帰ってきたとき、みんなを「サプライズ」させたいたい為に。

優しい二人に、乾杯!

ありがとう。感謝している。


今日も良い日であった。

ちなみに、小生は親睦会後、会社に入って今日の反省をしている。
東京5社会の方で、何人そういうことをしている人材は何人いるかな~?

みんな基準を高めていってほしいと思う、商人伝導師であった。
by akindonet | 2006-08-26 22:29 | Comments(0)
f0070004_23393369.jpg昨日に引き続き勝手に2日目も登場!!
忘れられないように言うのですが、私の名前は・・・。
「スパコディ純ちゃん」です。

”またかよ?”って言わないでね。


今日は「意地悪ババア純ちゃん」について
で、昨日も長かったけど、今日も長いよ!

エーッッ?!って思わないで!!

そんな方たちの為に、
今日は「美人写真」も付けたから(¥^^¥)

ゲッ!!っていう方のチョッピリいるかもしれないから
~張り倒したい気持ちを抑えて(大人でしょう~!)~

要は、「意地悪ババア純ちゃんは、スタッフのこと、よ~~く観察しちゃってるってこと!」
んでもって、
「出来ないと知ってて指示を出してやらせてる・・。意地悪ババアだから!」
ってことを、”毒を吐きながら”またダラダラ書くので~
”いいや”って思う方は、ここでフェードアウトいいよ(^ ^)


では、


今、うちには若~い新しいスタッフばかりがいます。
それを束ねているのがSEのI君。

あのこ難しい、”なんちゃってインテリ”ばりのブログを書いたI君です。
(あたしゃ~ガンダムがさっぱり理解できなくて、困ったよ~(^ ^;))

このI君、ここ数日で急激に”大人”を見せてます。
私はそれを見てニンマリしてます(^ ^)

だってあたしゃ~意地悪ババア純ちゃんだも~ん(^9^)

つい1週間前、映像ミーティングをしていた時のこと。
その日は商人伝道師が高知のサンシャインへ出張するので、
私はいつものように、空港で伝道師と打ち合わせをしてから会社に入った。

雰囲気からして、30分は経っているだろうミーティングっぷり。

どうも様子がマズイ・・・。

ワインの映像をどう進めるか?
というテーマでゴチャゴチャしている。
(BMOの山田恭路先生、先生との打ち合わせの前のはこんな出来事があったんですよ~)

それを黙って聞いているI君・・・。

様子を伺う私・・・。

私が会社に入ってから30分が経った。

同じ会話ばかりして、いっこうに進みゃーしない・・・。

・・・ムダな時間を過ごしおって!!・・・
と思うが。
映像チームの頭(トップ)はI君だ。

どうするのか?あと15分待とう・・・。
と決める私・・・。


15分後・・・。


時間切れ・・・。


「もう終了して!!
やるなら時間を置いて頭冷やしてからやって!!
ムダな時間過ごすな!!」と一喝・・・。
ついでに
「I君は状況を判断しなさい!!」
と言った・・・。


今までのI君は、とても優しい性格だから
決して強くは言うことはなかった。

これが1週間前のI君の姿・・・。


今のI君は・・・?
というと、強い!
(正確に言うと、”なった”だね。)

”リーダー”になった。

カッコいいとさえ思うこともある。


だって今まで見たこともない姿だも~ん(^ ^;)

だから、あれ以来映像ミーティングに加わっているのだが
あたしゃ~ほとんど発言することはない。
(自分じゃ~そう思ってる(^ ^;))

「期日に遅れるなら、俺を納得させる理由が言えたら目を瞑る」
このI君の発言にスタッフはにわかに顔が変わる。

この「商人(あきんど)ねっと」を立ち上げるという時、
I君は、うちの内定を蹴った男だ。

でも、絶対に必要だから
と言って商人伝道師に連れてきてもらった昨年の11月下旬。

後ろ向きな発言ばかりしていたI君は今はいない。

カッコいいI君はいるが・・・。

いつもの如く、無理難題を言う商人伝道師と
わがままで意地悪ババアの私に囲まれながらも
一人でシステムを作ったんだもん。

会社の掃除を一番よくしているのも知っている。

社長の机を片付けてくれているのも知っている。

ゴミ集めしているのも知っている。

まるで”お母さん”だ。

これまでの御礼に一言。
「もっと自分に自信を持って!」


でもうちのスタッフは意味不明なことばかり、いろん~なことを言う。

「給料早く上げたいですね~。中村さん給料上げて下さいよ~」
とか
(これを言ったEぐち君は、お給料が上がったら私に”ふかひれ”を奢ってくれるらしい(^^)
でも、勘違いしているらしい・・・。あたしゃ~経営者じゃないよ!)
「お給料袋が立つようになりたい」
とか・・・。
(でもこれを言ったRちゃんは”エ~ッッ”と言う。
あたしゃ~一言「削れるコストは沢山ある。削っていけば絶対に自分に返って来るよ」って。)


違うところを向いているスタッフ
勢いだけでいるスタッフ
それを虎視眈々と見ているスタッフ
何でもかんでも聞いてきて
自分で”まず考えてみる”ことをしないスタッフ
すぐに「もう精一杯です」というスタッフ
ハンドクリームを冷凍庫に入れて実験しているスタッフ。

しょっちゅう後ろから張り倒そうかと思うけど、
残念ながら、まだ張り倒してはいない・・・(^ ^;)。


必ず面接時に私が言う言葉。
「ここの会社は、自分の給料は自分で創って上げていく会社だ」と。
「年功序列じゃないよ。学歴も年齢も何も関係ない」と。
「経験はあればいいが全く重視はしないよ。」と。
「出来ないと知っていてもやらせるよ。だから処理能力が必要だよ」と。
「やる前に”出来ません”と絶対に言わないで。」と。
「まず出来なくてもいいからやること。
それで出来なければ初めて”ここまでやったけれど、この先が出来ない”と言って」と。

良いことも悪いことも、私が伝えられることは全部伝える。

だって、意地悪ババア純ちゃんだから。

そして最後に絶対に聞くこと。
「うちの会社はこんな会社ですよ?」と。


そして、
今うちの会社にいるスタッフは、
みんなそれを知っていて入ってきている。


「能力」と同じレベルの仕事しかしなかったら、
いつ成長するの?


与えられたモノばかりやる人は作業員だよ!
うちは建設会社じゃないよ!
だから、うちには作業員はいらないよ!
居ないんだよ!!

自分で調べたり学習したことは絶対に忘れないよ。
まず、学ぶ(吸収)するクセを身に付けて!

やってもいないのに
出来ませんって言うな!!

やってできなかったら、
「ここまでやったけどこの先から無理だ」って言って。

聞くことは大事だけど、いつも聞いて済まそうと思っちゃダメ。

優先順位、いつも大事にしてよ。

一つの方法だけでやるうとしないでよ!
だから行き詰るの!
方法は一つじゃないよ!

アプローチを変えれば絶対に出来る!

自分で自分の力(能力)にフタをしないで!

自ら望んでこの会社の門を叩いたんでしょ?
スタートラインは”私よりも前”でスタートしているんだよ。

”スパコディ純ちゃん”ってうのは
そもそも存在してないんだよ!

”スパコディになれ”って言う意味なんだよ!
(と自分にも言い聞かせる・・・)

だから私を踏んづけてでも前へ行って!
それくらいの意地を見せて。
(でも「成功の法則」も言えないようじゃね~(^^))

泣いても、わめいても私は動じないよ。
見かねて一言、
「泣くな!」って言うだけ。

だって、あたしゃ~意地悪ババアだも~ん。
今日のこのブログ、
生かすも殺すも自分次第。

でも言っておきますけど、
うちの会社の自慢は”スタッフ”だよ!
”人財”だからね。

本物の”人財”になるようにするから!!

だって意地悪ババア純ちゃんは
”スパコディ純ちゃん”でもあるからね(¥^^¥)


「部下に無能者はいない。
部下を使いこなせない、無能はリーダーがいるだけだ」

(社員の心得30箇条ー第8条ーより)
・・・今、一番私に必要な言葉です(m m)・・・
by akindonet | 2006-08-25 23:40 | Comments(4)

臆病者が奮い立つ!

今日から、3日間。☆たけ君とE口君をとある研修に行かせる。
すごく編集作業が遅れているんだが、社員教育を優先する!

「人材から人財へ」。社員さんにどんどん投資し、成長してもらう為に…。

小生が約9年前に受講した研修で今の会社がなんとか潰れずに10年もやってこれたのも、この研修での学びのためである。

感謝している…。

だから、社員さんにも全員受講してもらっている。
それにしても、研修している2人が気になる。
子供のことを心配する親のように…。

「大丈夫かな?気付いてくれてるかな?くじけてないかな?」と…。
アホなトッブである。もっと大人として認めてあげればいいのに…。信頼してあげればいいのに…。

その通りですね。反省している半面、可愛くてしかたないんですよ。この2人。

未知への挑戦が毎日続く、クリエイトリンク株式会社。会員集めに24時間頭を悩ます、商人伝導師。紆余曲折の毎日が続く。
そんな状況の中、今日、ふと気付いた。

☆たけ君、E口君のご両親へ挨拶していないことを…。
お手紙書こう。
そう決めて、機内ど書くこと決める。


「成功とは、成功するまで続けることである。」(松下幸之助)


ふと開いた手帳に書いてある一文が目に飛び込んだ。
またまた、一つの言葉に救われる。
“臆病者”の小生が、成功を願い、流通業の発展を願い、恩返ししたいという一念のもと、再度、自分を奮い立たせる一日であった。

二人の“人財”社員さんの為にも…。

能登から帰る帰途にて…。
by akindonet | 2006-08-25 19:36 | Comments(1)

能登から金沢へ・・・。

f0070004_223816.jpg
今日は商人伝道師は
ナント!!石川県能登へ来ています。
このブログを読んでいただいている方には
小生の「ハードワーク」、
感じていただいていると思います。

志のある企業様のところへはドンドン行きますよ~!


今日から2日間
「スーパーどんたく(山成商事)」様のコンサルティング。

能登半島では、圧倒的なシェアを持つ
トップ企業である。

今日はその中の
「フラッグシップ店舗」の
「アスティー&ナッピー」店へ・・・。

と、その前に
まずは社長の紹介を・・・。

ここの山口成俊社長は、まだまだお若いのであるが、
かなりの勉強家である。

自らセミナーにも積極的に参加し、
全国どこへでも繁盛店を見に行く行動力は敬服する。


そのカリスマ山口成俊社長率いる
「どんたく」軍団

市場シェアーが高いところに
自店競合という
嬉しいやら、悲しいやらの悩みを抱えながら
日夜頑張っている。

多分、山口社長が一番危惧されているのが、
他企業との”無競争状態”からくる
社員の慢心だと思う。


ぬるま湯につかっていると
なかなか危機意識を持て!といっても
”ピン”とこない。


改善・改革しろとと言っても
スピードが遅い。

なぜか?


このままでも
なんとかやってこれたから・・・。

”戦争”は予期せずして
アッという間に訪れる。


その時に慌てても、もう遅いのである。

そのような環境下で
山口社長が打った手段。

それは
自店競合覚悟の上の
「フラッグシップ店舗」の大増床であった。
(売場面積800坪以上)



社員のみなさん、分かっていますか?

「危機意識」はアイディアを生み、
成長性を促し、そして収益向上につながることを・・・。


能登には
「あの”どんたく”があるから出店しても勝ち目はない!!」
と言われるくらい
アウトスタンディングなレベルまで持って行かねば、
今後必ず訪れる
”戦争(競争ではない)の時代”に手遅れになることを・・・。


なぜ
トヨタ自動車は1兆1,000億円の
純利益を上げることができたのjか?

それは
トヨタはトップから現場まで”常にこのままではダメだ!”
という危機感に満ち溢れていたからである。



”危機感”
如何にいつも自分を窮地に追い込むか?
これが会社を成長させていくもの
だと小生は思う。

今日はちょっと
辛口コメントであった。

”頑張れ!!どんたく軍団”

君達は能登から金沢へ!!という”夢”をもっているはず。

前田利家のように・・・。


最後に・・・。
「今がピークと思ったら終わりだ。」
(トヨタ自動車名誉会長 豊田 英二)

by akindonet | 2006-08-24 22:02 | Comments(2)
皆さま、ジャジャーン!!
1日遅れで
「スーパーコーディネーター純ちゃん」登場!!

ここで、まず皆さんに言います!
このブログは長いです!
勝手に今日と明日の2部仕立てにしちゃいますが・・・。
でも、ホントに長いからね(^ ^;)

お手洗いを済ませて
お水やコーヒーなどの飲み物を
ちゃ~んと準備してから読んで下さいね。


まず、第1部は私のことを。
実はスパコディ純ちゃんは「元看護師」です。

これを言うとみ~んなして
「エッッ~?!」ってかなりの反応を示します。
これが実に面白い!

「なんでこんなことやってるの?」という人1割
「もったいないね~」という人3割
「ウソでしょ~?!」と言い、目を丸くしている人4割
極めつけは
絶句してしまう人1,5割。

中には、
「何も知らないのかよ?この世界。」という顔をする人も0,5割と若干いたり・・・。


みーんな、面白いくらい反応してくれる。

そんな方たちを見て
あたしゃ~1人嬉しくなっちゃってます(^ ^)

そう・・・。
私はそうやっていつも
「意地悪ババア」並みに”観察”しちゃっているんです。
(だから自分も観察されていることも知っている・・・)

そしてみなさんが必ず次に言う言葉。
「何で会社に入ったの?」と・・・。
本当にしつこい位に聞く。
「またかよ?」と思うくらい絶対に聞く。

最近では新しく入ったスタッフにも聞かれる・・・。
あまりにも聞かれるから
”いいじゃない?なんで?”と思うこともシバシバあるが
人は知りたいらしい・・・。

どうやら私は不思議な人物らしいので(^^)

そこで
みなさんに宣言!!
今日のブログをもって
私からの説明を止めますから!
だからしっかり、じっくり読んでちょうだいな(^ ^¥)
(聞かれても「ブログ見て!」って言うから。もう、説明しないからね!!)


長いのがイヤという方のために・・・。
要は、「悪代官の陰謀(策略)でここにいる」って事をダラダラ書いているだけなので
ここで、フェードアウトしてもいいよ!


では・・・。

スパコディ純ちゃんは
10数年、「看護師」をやってきました。
(ちょっと!そこで絶対に年齢の計算はしないこと!!ダメだからね!!)

で、看護師だけでは
”この先、絶対に潰しが利かなくなる!生き残れない”
と思い、救命士(救急救命士)を取り
ケアマネ(ケアマネージャー)をとり
いわゆる典型的な”看護オタク”になりかけました。

あと何年かすれば患者さんとも接しない”個室へ隔離”。
そんな先の事が見えてきたら、急につまらなくなってきている矢先、
そこで、いい具合に
”水元 均”という一人の人物に出会うんですよ~。


変な「縁」っていうやつで・・・。


「看護師ってそんなの暇なの?」
と言い
(暇と言わないで!!休みがきっちりあると言って!!)

「そんなに暇ならちょっと高知へ遊びに行ってきてよ!」
と社長が言う。

まだその頃は、
そこに”悪代官並みの「陰謀」”が隠されていたとも知らずに
その話に乗る私・・・。(純粋だったな~)

「レポート」を書くという条件付きで
一人高知へ旅にでた。

レポートは、
あの「サンシャインチェーン」の
”カルディア”と”ヴィアン”
それと競合店を数店見て感想を書けと・・・。

目一杯書きまくりましたよ~。
だって、その時は商人伝道師が
サンシャインのコンサルをしているなんて知らないで書いたんだも~ん(*^ ^*)
”グサッッ!!”とくるようなことばかりツラツラと・・・。

「女の人は、
限られた少ないお金しか持っていないんです。
でも、リッチないい雰囲気の中で
おしゃれで楽しく、プチマダムのような気分で買い物がしたいんだ!」
「もっと買い物がしたくなるような気分にさせてくれる店にして欲しい。」
「こんなお店じゃ買いたくない!」
とまで・・・。


「サンシャインの人が見たら絶対に気絶するよ!!」
と言ったんですけどね~・・・。

それが、竹島専務の手に渡ってしまい・・・冷や汗タラリ・・(^ ^;)

でも、サンシャインさんは
「改善・改革・進化」して大変身!!
”ここまでやるの?”
って違う冷や汗が出るほどのお店になってしまったんです。


今では「カルディア」も「ヴィアン」も行くと
どっさり買い物してます(¥^ ^¥)

そこで、告白!(白状です!)
サンシャイン本部の建沼常務さん、
あのレポートは私です。
(私じゃないって、ウソをついててごめんなさい(m m))

そして今、
「リッチでいい雰囲気の中で~」というフレーズは
竹島専務の講演語録となり
お会いさせていただく度に
よく手を繋いでいる私たち・・・。
(握手のロングバージョンです(*^ ^*))


あれよこれよという間に
「心のお洗濯」のため病院を退職。

暇つぶしになればと、看護学校で講師に。

昨年の9月上旬、
商人伝道師の会社に遊びに行っていたら
「会社を引越したいから、交渉やって」と。

ここから悪代官の「陰謀」があらわになり、
物件の下見に家賃交渉、
果ては引越しに関わる全ての手続きまでやるハメに・・・。

それが終わると今度は
「税理士さんに手続き頼んだら、今年中の立ち上げは無理だっていうんだよ。
何とかして。」と新会社の設立を言う・・・。

まるで私を
”魔法使い”か”ドラえもん”だと勘違いしているかのように
当たり前のように言う商人伝道師(悪代官と命名)。

今はアプローチを変えれば、”やって出来ないことはない”
と思えるようになった
が、
当時は
「絶対に私を魔法使いかドラえもんだと間違えてる!!なんでも言えばいいと思って!!」と思っていた)

でも、クリエイトリンクは設立できちゃった(^ ^;)

後に税理士さんに「すごいね~。間に合いましたね?」
と言われたが、
「紙を書いて法務局へ行ったら出来ました」
と答えてしまい苦笑され・・・。

今度は昨年の11月下旬に
「セミナーやるから、その責任者やってよ」と。

ヘッッ?エッッ?
何だって?!
セミナーは行って勉強するもので、責任者なんて一体何?

出た!悪代官!!

完璧に策略にはまってしまい・・・
やるはめに・・・。

(ちなみに私はまだ社員でなく、白衣の精神!そう、無報酬だった!)

350名を超えるお客様の申し込みに
悪戦苦闘をしながら
準備はスーパーエンジニアのI君と私を入れて
たったの3人しかいない。

それでも、会場の選定からあれこれとやり、
1月に入り、
あと10日で「賀詞交歓会」という時

また悪代官が私に
「司会者はDJみたいな人がいいな~」とボヤく・・・。


もうッ!!と半分キレかけながらも探す私・・・。

そして開始1週間前、見つけてしまう!!
偶然飲みに行った銀座のクラブ(踊るほうです)でDJを!

悪代官は酔っ払ってロレツも半分しか回っておらず、
SEのI君も半分寝ている。
どうやらみんなして忘れていたらしい・・・。

そんなみんなを尻目に即交渉!拝み倒し、値切る!!

そんな中、毎日夜12時、1時まで必死でやり、
迎えた当日。

当たり前のことだが、
いくつかの課題はあったが
でも「成功かな?」と書いてもいいくらいの結果。

ふと考えたら
結構楽しいかも?
と、まんまと”悪代官の「陰謀」”に乗せられ
今に至り・・・。

今では、いろんなことをさせてもらってます。

メインは「番長」です。
(悪代官は留守が多いので、留守番をしているところの”長”で番長。勘違いしないでね~。)

商人伝道師のセミナー衣装探しから、いろんな交渉、
スタッフの教育もするし、トイレの掃除もする。
会社で鍋も作るけど、
朝6時30分~社長と新幹線の駅で打ち合わせもしている(それ昨日ね)。

商人伝道師が”コンサルの顔”の時は
朝もはよから、せっせと駅や空港まで行き
打ち合わせをし、指示受けをして会社に入る。

悪代官とよく争いもする(^ ^;)

これがスパコディ純ちゃんです。
では、また明日・・!

続く・・・。
明日は「意地悪ババア」純ちゃんについてだよ(¥^^¥)
(言うまでもないが、私の”かわいい写真”も明日まで引っ張ります!)
by akindonet | 2006-08-24 21:13 | Comments(8)
昨日、朝4時30分起床(> <;)
朝一番の「のぞみ1号」で兵庫県の姫路へ向かう。
そう、コンサルタントの”顔”である。

コンサルティング企業は、「ヤマダストアー」

山田一枝会長と山本雅裕社長の二人三脚で
グイグイと引っ張っている
”元気印”の高質スーパーである。

もう3年前くらいであろうか?

「日経食品マーケット」の
「無料店舗診断」という取材レポートコーナーで、
小生がお伺いをしたのが縁であった。

正直、小生は
”なんか企業の実力(?)以上の商品は置いてあるけど、
本当にこだわり商品は売れているのかな?”

”全国にも名高い「安売り激戦区」で大丈夫なの?”
というのが最初の感想であった。

その後、急速に進化してきている。


丁度、小生がコンサルティングをスタートする時期と
山本雅裕社長が
社長就任の時期と同時期で、
山本社長が
”やる気満々”
の時期だったから良かったのかな~?

ちなみに、今でもこの情熱は変わっていない。

この企業の良いところは、
”優良店の良いところは徹底的に真似る”
という姿勢である。

これは
簡単なようで実は簡単ではない。

だって、
皆、すぐに「出来ない言い訳」言いますもの・・・。
周りの人間が・・・。

それをすぐに実行するところが
山本社長の良いところ!
(たまに無鉄砲(?)なところもあるが・・・)


だから、年々進化してきている。

小生が見ても
「企業力」が確実についてきている

あとは・・・。
①、社員の”マネージメント力”をアップさせること。
   (POSデータ分析・数量管理など)
②、しっかりとした将来のビジョン(夢)を打ち出し、
   常に「夢」と「希望」と「勇気」をもたせること。
③、「高質スーパーマーケット」の完成に向けて
   妥協を許さない徹底さを持つこと。
   (販売力の強化)
④、社員(アルバイトさん・パート社員さんまで教育を徹底して行うこと。
   (商人ねっとを活用してください)

だと思う。


小生の大好きな言葉。
<ダーウィンの進化論>
最も強い者が
生き残るのではなく
最も賢い者が
生き延びるわけでもない。
唯一生き残るのは
変化できる者である

を肝に銘じて
日々”改善。改革・進化”を続けてほしい。

社員は山田会長と山本社長のお人柄なのか
本当に素直な社員ばかりである。

素直な社員が”闘争心”をもてば
「鬼に金棒」なんだけどな~。


小生はヤマダストアーが目指している
戦略・方向性は間違っていないと思う。

あとは「差別化」のレベルから
「アウトスタンディング(卓越化)」なレベルまで
いかにもっていくか
であろう。

山本社長のリーダーシップに大いに期待する。
「播州のキラ☆星」企業を目指して・・・。


そこで
小生が思っている「リーダーシップ」とは・・・。
①、尊敬される人格者であること。
   (その為には、ハードワークを惜しまないことと、偏差値を高くする努力をしていること)
②、自分より能力の高い人間を使いこなせること。
   (人間は万能ではないから、その道のスペシャリストを使いこなせる能力が必要)
③、”狂”がつくくらいの
   強い信念と夢を持ち続けていること。
   (「絶対にできる」という信念をもっていること)
④、”理念”と”哲学”があること。
   (その為には、日々勉強を怠らないこと)
⑤、いかなることがあっても、物事を肯定的に考えること。
   (可能思考が大切である)
⑥、部下に対し、常に「感謝」の気持ちをもっていること。
   (みんな頑張っているから、今の自分がある)

である。

これは小生も部下から尊敬・信頼される
「リーダー」になりたいと思う気持ちから、
小生がいつもこのように心掛けていることなのである。

ヤマダストアーと共に成長していきたい・・・。
小生の強い思いである。


最後に・・・。
「”必ず実現してみせる!!”」という意欲をもったとき、初めて夢は人生の原動力と成り得る」
(元 アサヒビール会長 樋口 広太郎 )


この言葉を山本社長の御子息へ・・・。



P.S 山本社長へ!!
    「商人(あきんど)ねっと」の法人会員に登録してね(*^^*)
    後日案内送りますね~(¥^ ^¥)
     By スーパーコーディネーター純ちゃんより
   
by akindonet | 2006-08-23 21:16 | Comments(0)