「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

<   2006年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

元ダイエー及びマルエツ社長を歴任された、吉野平八郎先生

「サクセスストーリー」・「経営寺子屋塾」に出演していただけることになった。
嬉しい限りである。
「おれはTVとか嫌いなんだよ~。カメラ回るなら嫌だな~」と言われていたのであるが、
小生達の「商人(あきんど)ねっと」への思いをお伝えしたら、
快くお引き受けいただいた。
感謝・感謝・感謝である。

“どこの馬の骨とも分からない”「商人(あきんど)ねっと」
出演していただけることを本当に感謝します。

吉野平八郎先生はみなさんがご存知の通り、
マルエツを関東№1のスーパーマーケットに育てられた大功労者である。
そして、その功労を買われて、
なんと一番厳しい時のダイエーの社長を引受けられた。
たぶん、ものすごい苦労があったのだと思う。

吉野先生の話の中で
「私たちの時代は見本になるものが何にもなかった。
だから、先輩達の店を見てすぐに真似をした。
だから、その時代の経営者などはものすごいバイタリティーがあった。」


と言われていた。
「今のままでは流通業は取り残される。
20年後、30年後、日本の流通業はどうなるのか?
心配である。
なぜかって、若手経営者に覇気がない。
夢(ビジョン)がない。
バイタリティーがないんだよ。
恵まれすぎてんだな~」



小生、聞いていてドキッ
とした。
若手経営者のみなさん、どうですか?

よく小生はいろんな方に言われる。
「功労者の方々を番組にしても受けないよ。
それより、現役の経営者や話題の企業を紹介したほうが良いよ。」と。
その通りかも知れない。
しかし、小生は日本の流通業を築いて来られた方々の精神・思い

これからの若者に伝えてあげたいのです。
だってどの業界誌もいないんだもん。

小生は功労者に敬意を表し、
今までの栄光と実績を映像にしたい。
それが小生に出来る、お世話になっている流通業への恩返しだと・・・。

その思い間違っていなかった・・・。
吉野平八郎先生とお会いして・・・。
功労者の方々の情熱を伝え続けます。

吉野先生には「サクセスストーリーと「経営寺子屋塾」に出演していただく予定です。
がんばります。

また今回、このようなご縁をいただいた、
(社)日本セルフ・サービス協会のM様にすごく感謝です。
若手有望株のM様は、
これからのセルフ・サービス協会を背負って立つ人物かもしれません。
これからも無理難題を言いますけれど、よろしくお願いします。
では、8月配信の吉野平八郎先生の番組を期待して下さい。
by akindonet | 2006-06-30 16:28 | Comments(0)
“スーパーコーディネーター”の純ちゃんです。
また登場してゴメンナサイm(_ _)m
今日は「商人(あきんど)ねっと」の撮影でハウス食品㈱東京本社へ行って参りました。

“匠の知識”の中にある「スパイスアカデミー」という番組です。
この番組はハウス食品㈱東京支社の全面協力の下、実現したコンテンツです。
まずは、ハウス食品㈱東京本社様、ご協力心より感謝します。

そして大事な中身。

実は私の家、使い方も知らないスパイスがい~っぱいあるんです。
新しもの好き、珍しもの好き、そして買い物魔といった、
お店の方にとっては“上顧客”の私(- -;)
シナモントーストが食べたい!!
と思ってシナモンパウダーを買ったはいいが、
それ以外の用途がマッタク思い浮かばず、
買ったはいいけど出番なし。
(アップルパイっていう手もあるけど、それでも余るし・・・)

スパイスの他にもハーブもあり、
コリアンダーなんか名前が面白くて買っちゃった。
(こりゃなんだ?みたいなダジャレっぽいネーミングで買いました。ゴメンナサイ)
これも出番なく、封さえ開けていない。
オレガノバジルもあるし、何といってもローズマリーなんかは
“あっ、☆キレイな名前☆”と一目ボレ。(名前にね)
そして、これも使わず飾り物に変身!!
ローリエナツメグだってどれもこれもみ~んな半分以上余って、
持て余している状態なんです。
そうキッチンの“飾り物”になっちゃってる。

こんな事を書くと、私の料理の腕が疑われると思うけど・・・。
仕方ない。
だってホントのことなんだも~ん。
世の中には私みたいな人、い~っぱいいると思いますよ。
買ったはいいが使い方が分からないから減らないし、
ずーっと残ってて困るから次回も買おうとは思わない。


でも“スーパーコーディネーター”の純ちゃんはカワイイもんだよね。
使い方知らないのに買っちゃうもの。
フツーの人は「知らないから買わない」んですね。
私なんか、お店の人に聞いても、目をパチクリさせられて、
商品の裏に書いてあるのをそのまま読んでくれる人しか見たことない。

だから、“買っても困る商品”になっちゃうから、皆買わないのよ!
裏を読んでくれる店員さんはまだイイ方。
大半は「私、担当じゃないから分かりません」と言って逃げるのよ!
逃げないで教えて~!
教えてくれたらもっと皆買うのよ!
売れるのよ!


「スパイスアカデミー」を見てちょうだい!
全~~~部教えてくれますよ!
ハウス食品㈱の「スパイスマスター」である松岡さんがメチャメチャ丁寧に、
分かり易く教えてくれます。
この番組、早く見た方がいいですよ!!
いや、絶対見た方がいい!!

使い方が分からないから、買わないし、買っても困っちゃうんです。
スパイスやハーブは使い方を教えてあげれば、お客様は喜んで買えるのです。

私は声を“大”にして叫びます。

「情報を教えてあげて下さ~い!!」

「『スパイスアカデミー』を観て教えてあげて下さ~い!!」

スパイスやハーブは体にもいいし、
何てったって美容にもいい!
ガーデニングがブームになった時、ハーブがすごくもてはやされましたよね。
手軽に育てられて体や美容にもいいから、主婦さんだけではなく
若い人たちも小さいベランダでハーブを育てたのだと思います。

そう!

スパイスやハーブは手軽に使えることをもっとアピールして下さい。
「スパイスアカデミー」を観て、
「お手軽に使えますよ」とか
「美容や体にもいいですよ」とか
伝えてあげて下さい。
女の人は「お手軽」と「美容」に弱いから売れますよ。
「スパイスアカデミー」は7月中旬配信ですよ~!
では失礼します。

“スーパーコーディネーター”の純ちゃんより
by akindonet | 2006-06-29 18:33 | Comments(1)

「学問は人間を変える」

小生が尊敬する人物の一人に、故安岡正篤先生がいる。
歴代の日本の宰相が師事された方である。

先日、「安岡正篤一日一言」という本を買って、読んでいると、

「学問は人間を変える」

という項があった。
すごく印象に残ったので、みなさんへお裾分けします。

学問は人間を変える。
人間を変えるような学問でなければ学問ではない。
その人間とは他人のことではなくて自分のことである。
他人を変えようと思ったならば、先ず自分を変えることである。


すごく身にしみた。
小生は、

「うちの社員にもっと変わってほしい。成長してほしい。」

といつも願っているし、実際に社員に言うこともある。
しかし、よくよく考えてみると、

「他人を変えること」に前に、

「自分が変わらなければいけない」ことに気付いた。

「自分が進化し続けること」ができれば、

周りの社員も変わってくれるのではないかと思う。
社員が変化・進化・感化しないのは、
小生が変化・進化していないからである。
基準をもっと上げなければいけないと感じる。

「自分の夢・目的を実現する為に、今日、何をしたか?」

を毎日、自分に問いかけているが、自分の基準が落ちていることに気付いた。

「商人(あきんど)ねっと」で、流通業の方々に
変化・進化・感化いてもらう為には、
提供者が日々「変化・進化」していかねばならない。

「学問は人間を変える」

よし、再度、気合いを入れなおして、学問を学んでいきます。

昨日は、朝7時から、中町先生の「接客」番組収録に付き合う。
みなさん、30分番組をつくるのに、約4時間も費やすんですよ。

後は、弊社のスタッフ、Sさん、T君の腕の見せ所!!
小生に「ダメだし!!」されないようにがんばってね。
期待していますよ。
みなさんも期待して下さい。
「商人(あきんど)ねっと」を・・・。

さすがに“バテ気味”の小生でした。
by akindonet | 2006-06-27 10:03 | Comments(0)
“スーパーコーディネーター”の純ちゃんです。
6月22日(木)。
遂に中町洋子「心の接客」セミナーが名古屋に上陸致しました。

総参加者数 107名!!
しかも、史上初、欠席者“0”名!!
名古屋の方々の気合いを感じました!

相も変わらずパワフルさで中町先生は飛ばしまくり、
セミナーも熱が入り過ぎて2回目の休憩を忘れてしまうという“ハプニング”もあり、
参加者の方々の気迫を肌で感じた中町先生は何と!
時間もオーバーしてしまうというオマケ付き。

名古屋セミナーに参加して下さいました皆様には心より感謝申し上げます。
会場の空調が今イチだったり、
トイレ(女性の方)が少し遠かったりでご不便をおかけ致しまして、
大変ご迷惑をお掛け致しました。
次回への課題とさせていただきます。

今回のセミナーは東芝テック㈱中部支社様の共催で行われました。
オブザーバーとしてご参加いただきました東芝テック㈱関西支社の方は、
中町セミナー開始早々、感動して涙するという場面もあり、
それと同時に参加者の方々の中にも目を拭う方々がチラホラ見受けられました。

※ちなみに関西支社の方は
「3回も泣いてしまいました。」
と照れ笑いをしておりました。
3度泣ける!!これも史上初です!!


な~んて、たくさんのハプニングとサプライズでセミナーは進行。

そして、今回「心の接客」セミナー名古屋上陸の最大のサプライズ
セミナー終わりにありました。

今回このセミナーにご参加いただきました、
㈱イシハラフードの石原宏幸専務!!
やってしまいましたね~!
サプライズを!!
な~んと、この商人伝道師のブログを毎回すみずみまで見ているらしく、

「中町洋子先生は赤いバラの花が大好き」

というコメントを見て、デッカクで大きな真っ赤なバラの花束をド~ンとプレゼント。
これは“逆サプライズ”

中町先生はセミナー終了後、メチャメチャ感激して、
「あの方はどこのどなた?」と。

㈱イシハラフードの石原宏幸専務!!
私もちょっと感激しました。
さすが伸びている企業さんは違うな~と。
どんな情報も見逃さず自分達のものに取り入れる!
私も見習います。
ちなみに中町先生は“花の独身”
プロフィールやスリーサイズも私は知っていますよ!
(なんて嘘です。“花の独身”は本当です♪)

なんやかんやで、どんどん中町セミナーをパワーUPして行きますよ!!

良いところはさらにもっと良く、
悪いところは即、修正と改善をして行きますので、次回楽しみにして下さいね。


長々と読んで下さり、ありがとうございました。

            “スーパーコーディネーター”の純ちゃんより
                皆様へ愛を込めて☆
by akindonet | 2006-06-23 21:45 | Comments(0)
接客・コミュニケーションのカリスマ、「中町洋子」がついに商人ねっとに登場する。
6月26日都内某スーパーを借りて撮影する。もちろん芸人3名つき。

実演が売りの中町先生ならではの構成。

社員同士のコミュニケーション

お客様とのコミュニケーション

など、目からウロコの番組になること間違いなし。
近年、「ポスピタリティ」という言葉が流行語になっている。
ザ・リッツカールトンの出身者やTDL(東京ディズニーランド)の出身者の方々は大モテである。

しかし、そのホテルやテーマパークの「ホスピタリティ」がどう現場で活かすことができるかは誰も教えてくれない。
「ホスピタリティ」の重要性はわかった。でも、どうしてよいかわからない。

これが実状!!

だから、商人ねっとは立ち上がるのです。

中町洋子、小売業に携わって40年以上(?)、アルバイトから会長までのぼりつめた
「接客・コミュニケーション」のカリスマがあますことなく、その極意を伝授します。

中町先生本人がすごくはりきっていてスタッフみんな大慌てですが、視聴者の為に良い番組をつくりますよ。期待して下さい。

ちなみに本日6月22日は名古屋にて弊社の別会社主催の「接客セミナー」開催。

名古屋初開催にもかかわらず、噂が噂を呼び、なんと締切前に100名突破!
セミナーのクオリティが下がるので100名で受付終了(最終的には107名になってしまいましたが。。)しました。

初めての土地で100名以上の集客をするのは「中町洋子+スーパーコーディネーター純ちゃん」の名コンビしかいない。
だって本当にすごいセミナーですもん。

参加された方が涙をこぼして帰るセミナーなんて見たことありますか?
「”魂”を全ての参加者に入れるんです。もう感動ものです。」
といっても参加しないとわからないですけどね。。。。

7月は東京でも開催。第2弾「クレーム客が一瞬のうちにお店のファンになる方法」です。
もう参加しないけりゃ損です。

では明日は名古屋での「中町セミナー」レポートをスーパーコーディネーター純ちゃんより報告させます。お楽しみに。
by akindonet | 2006-06-22 11:36 | Comments(0)
6月17~18にかけて、高知の、サンシャインチェーンに密着取材に出かける。

<収録時間、2日間で約12時間。
これを一本にまとめるなんて到底できず、
大赤字覚悟で3本に編集することを決定。

「サンシャインチェーンの強さの秘密」
をここまで公開していいのかというところまで公開します。

営業部長の竹島専務の取材インタビュー5時間。
それに「カルディア」の店舗説明までしていただくサービス。
本当にお世話になりました。

また、ヴィアンの川崎社長・建沼常務・新井常務・清遠部長へのインタビュー。
それに、店長や各担当者へのインタビューなど、
すごい内容になっています。

それも、映像で、ですよ。

今、“日本で最も注目を集めている店”を大公開!
「商人(あきんど)ねっと」創刊号の大盤振る舞いです。

なかなか高知まで行かれない方が多いと思うので、
ご自宅で、お店で見られるようにしました。

本当に我ながら、この「商人(あきんど)ねっと」は流通業の方々へ貢献できると思う。

交通費・時間を使わなくても地方の小売業をご紹介出切るのだもの。
この「商人(あきんど)ねっと」を見て商業のヒントをどんどん見つけて欲しい。
期待しています。

それでは7月1日をお楽しみに・・・。

最後に2日に亘り、お世話になりました、
by akindonet | 2006-06-21 12:51 | Comments(0)
7月以降の本格スタートを前に、ちょっとだけ番組予告を入れておきます。

1.「日本一」の呼び声高い“サンシャインチェーン”の3部作が配信されます。
 
地方スーパーマーケットでも、群を抜くマーチャンダイジングを誇る、
四国・高知の“サンシャインチェーン”がその全貌を明かす。

「なぜ急激に成長したのか?」
「なぜこのような店が出来るのか?」


みなさんが聞きたいことをスーパーコーディネーター純ちゃんが、
全て聞いて来ます。

2.“惣菜の神様”「成田廣文」先生が登場!!
 地方のスーパーマーケットの「惣菜の神様」
成田廣文先生
がいろんな番組を創る。
例えば、

「スチームコンベクションを100倍活用する方法」
「劇的に売場が変わる!!売場変更実例」
「利益が何倍も上がる。間違った計数管理を見直せ!」


3.「接客のカリスマ」中町洋子が登場!!
 とにかくすごい!!
 セミナー参加者が100%感動する,“接客のカリスマ” 中町洋子先生が登場!!
 しかも“現場ロケ”である。
 すぐに活用できるシリーズを3部作で。

4.「パート・アルバイト活用」の第一人者、富樫先生登場!!
 パート・アルバイトの採用~社員教育までを、
“コント付き”で番組化。

「そうなんだよ!そんなことあるよ!!」

とみなさんが言ってくれる番組です。

5.その他

①「ワインの伝道師」山田恭路先生登場!!
②「スパイス講座」ハウス食品全面協賛
③「トップインタビュー」これは「サプライズ」で秘密。


などなど、これから随時、番組を増やして行きます。

ですから、今すぐ「会員登録」と「お気に入り」に入れておいて下さい。

静かにスタートした、「商人(あきんど)ねっと」でした。
                       高知より
                    商人伝道師
by akindonet | 2006-06-17 16:09 | Comments(1)
6月15日小生は、一生忘れることのない日になりました。


夢の実現です。


「商人(あきんど)ねっと」オンエアです。
コンテンツも少なく、内容も構成もまだまだですが、
“熱意”だけは伝わってほしいと願うばかりです。

思えば、“「商人(あきんど)ねっと」を本格的にやるぞ!!”と決断したものの、
何からやっていいのか分からず、とりあえず、
SEから募集し始めたのが昨年11月!!

その後、映像スタッフ・ウェブデザイナーなどのスタッフを充実させ、
そして、出演者交渉!!
“断られ!断られ!”続けた毎日!!
正直、その時は辛かった・・・。
何度もくじけようとした。
しかし、周りの方々の暖かい励ましが支えとなった。

特にSEのI君、スーパーコーディネーター純ちゃんの頑張っている姿を見ると、
“何をためらっているんだ!全国の流通業のみなさんが期待しているんだぞ!!”
と自分に何度も何度も言い聞かせてここまで来れた。

まだ、本格スタートにも達していないし、
全てのコンテンツが埋まったわけでもない。
しかし、スタートした事には変わりない。
ちょっとだけ、“自分を褒めてあげたい!”
“よくがんばった。ありがとう”
と・・・。

実は今日朝一番で高知へ向かう予定であったが、天候不順で欠航!!
そこで、羽田空港で「商人(あきんど)ねっと」のオンエアを見ています。
“よし、頑張るぞ!!”
意欲がめきめき湧いてきた。


みなさん、まだまだコンテンツも少ないですが、
みなさんに「感動」と「夢」と「勇気・自信」をお届する為に、
小生の一生を捧げますので、
今後とも「商人(あきんど)ねっと」をよろしくお願い致します。

この「商人(あきんど)ねっと」は「共創の精神」で作品を創って行きたいと考えております。
「ビジネスパートナー」を募集しております。
(一緒に番組を創りませんか?)
「喜び」や「感動」は一人でも多くの方々と味わいたい。
みなさんで作って行ける番組にしたいです。
お気軽にご連絡下さい。

まさか、「商人伝道師」のブログが「商人(あきんど)ねっと」のバナーに
張ってあるとは思わなかった。
これからは変なことは書けないですね~(笑)。
今まで以上に、このブログで「感動」・「感激」・「感謝」のメッセージを送り続けます。

“夢は必ず実現する!!”

「夢」

たかが「夢」。されど「夢」。夢があるから生きて行ける。
夢があるから頑張れる。
夢にチャレンジしたから、夢が叶えられた。
私たちは不可能を可能にするグループになりたい・・・。
「お楽しみ様です。」
これが我がグループの合言葉。

これからも頑張ります。
これからもよろしくお願い申し上げます。

                       多謝
by akindonet | 2006-06-15 11:23 | Comments(5)
「世の中の
  人はなんとも云わば云え
    わがなすことは
     われのみぞ知る。」
           坂本 竜馬 


小生が最も好きな言葉である。
今回「商人(あきんど)ねっと」をスタートするにあたり、
いろんな方のアドバイス・助言を受けた。

「小売業で働く人は疲れていて、家なんかでまた勉強するやつなどいないよ~」

「銀行でも会社の経費で無料で見られるe-ラーニングがあるけど、
私は一度も見たことないですよ。」

「小売業の店舗にインターネットは完備されていないよ。まだ早いよ~。」

「なんで、おまえがするんだ!大丈夫かな?おたくのような小さい会社で。」

「まぁ~、お手並み拝見ですな~。」



など、いろいろと助言・アドバイスを頂き、ありがたかった。

その都度、小生も考え直し、検討もした。

しかし、どう考えても、この「商人(あきんど)ねっと」は成功すると確信している。

なぜか・・・。

小生は「商人(あきんど)ねっと」という商品を売ろうとしているのではない。
視聴者に「夢」「希望」「勇気」を与えたいのだ。
これを売って行くんだと・・・。

だから、一つ一つの作品に対する“思い入れ”は並大抵ではない。
自分の魂を入れている。
だから、コンテンツの数は少ない。
「量」を追っていないのである。
一つ一つの作品の「質」を高めて行きたいのである。

坂本竜馬は土佐藩を脱藩し、「日本」を変えようと動いた。
本当に小さい一人の力で・・・。
藩ではなく、個人で・・・。

小生は、一年中、日本全国のスーパーマーケットを回っている。
地方のスーパーマーケット程、少ない情報を精一杯活用しようとしている。
小生、“涙”が出る時がある。

こういう方々に、中央(東京、大阪、名古屋)と同じ位の、
大手と同じ位の情報を与えて行きたい。
元気や勇気そして自信を与えて行きたい。

小生はやり続けます。


“小さな流通革命”のスタートです。

「わがなすことは、われのみぞ知る。」

私の敬愛する“坂本竜馬”みたいになりたいな~
小生、月一回、高知に行く時は、
朝に「坂本竜馬」の生誕の地で手を合わす。

“夢をかなえさせて下さい。”

と・・・。

「夢は必ず実現する。」
頑張ります。

本日は、千葉でセミナーです。
「商人(あきんど)ねっと」の宣伝して来ます。

                   商人伝道師
by akindonet | 2006-06-13 10:25 | Comments(0)
さて、今週6月15日、
「商人(あきんど)ねっと」のゼロ刊号がスタートする。

インターネット映像配信サービスを構想し始めて8年。
準備がスタートしてたったの6ヶ月?!
準備を始めるまでは長かったが、準備してからはアッという間でした。

小生の「夢」に賛同し、御協力頂いた方々、本当にありがとうございます。
「感謝」の言葉でいっぱいです。

また、最初の準備期間でスタートしたスタッフは小生を入れてたったの3人。

“スーパー”エンジニアのI君、本当にがんばってくれてありがとう。

そして、“スーパー”コーディネーターの純ちゃん
何にも分からない中、
総務・セミナー責任者・出演交渉など、仕事を7つぐらい掛け持ってくれてました。
本当にすごい“女性”です。
心から感謝しています。
ありがとう。

I君、純ちゃんは昨年12月からほとんど休みなく、
夜は最終電車という生活を送っています。

今は何にもしてあげられないけれど、
視聴者の方々に、
「夢」「希望」「勇気」を与え、与え、与え続けたら、
“ごほうび”をあげるね。

そして、新しく入ってきた、Rちゃん
総務経験ゼロ。
その中で、25歳のバイタリティーで、ただ今奮闘中。
1ヶ月で“進化”した姿にみんなは「感動」しています。
1ヶ月で「やる気」があれば大きくなるということをスタッフ全員が感じ取れてます。
みんなに勇気と自信を与えてくれて、ありがとう。

さらに、映像担当3名入社
約80名の応募の中からI君が1次面接、約10名を小生が2次面接。
そして最後はスタッフ全員の意見を聞いて、3名を決めた。

女性2名、男性1名である。
技術的にはまだまだ未熟かもしれない。
でも「夢」「希望」を持ち、「やる気」を持てば技術は必ず上達すると確信しているよ。
期待してるね。

みんなへ・・・
小生は4つの出会いがその人の人生を変えると思う。

①「人」との出会い

②「本」との出会い

③「仕事」との出会い

④「オーディオ」との出会い


である。

自分の基準よりも高い「人」と出会うことにより、
自分の基準を高めることができる。

自分が悩んで苦しんでいる時に一冊の「本」と出会うことにより
“勇気”と“自信”をくれる。

自分が一生を捧げる「仕事」は、
本当に自分が心からしたい仕事をすることだと思う。
その仕事と出会うことにより、
人生が変わる。

そして、iPodやインターネット映像配信技術の進歩により、
本と同じくらい人生を変えるものが出てきた。
それが、映像でありオーディオである。

我々は「商人(あきんど)ねっと」を通して、
流通業に携わる方々や視聴者の方々に

「この番組と出会えて人生が変わった。」

「この番組を見て、勇気が出た。」

「この番組を見て、自信がついた。」

「この番組を見て、悩みが消えた。」

「この番組を見て、ヒントが発見できた。」


と言っていただける番組を作り続けます。

我々の“ミッション”です。

“流通業界の縁の下の力持ち企業となる”

小生、スタッフ全員がこのような気持ちを持ち続け、
同じベクトルで進んでいったら、
必ず、このような企業になると確信しています。

その為には、まず小生が見本を見せなくは・・・。

人間的にも器をもっともっと大きくしなければ・・・。

映像は作り手の感情が出るんです。

だから、器を大きくしていかねばと考えてます。



まだ、お打ち合せをしていない方々も沢山おられます。

まだ、出演交渉をしていない方も沢山おられます。

今回は「商人(あきんど)ねっと」に対する熱き思いとスタッフへのメッセージでした。

                                夜から和歌山へ行ってきます。
by akindonet | 2006-06-11 16:30 | Comments(0)