商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 10月 05日 ( 1 )

引き算の戦略



第22回やる気と感動の祭典
セミナー参加申込締切まで あと6日


セミナー参加募集中!!

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

鮮魚部門のご紹介映像です



全発表者ご紹介映像はコチラから視聴できます

セミナー開催日:10月17日(火)~18日(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪


セミナーご参加のお申込締切は10月11日(水)

皆様のご参加を心よりお待ちしております


3人の最強講師陣による
「X'mas・年末年始商戦」全部門対策セミナー
広島・福岡で緊急開催します!
f0070004_0305843.jpg

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(10/23 広島会場・11/6 福岡会場)


「X'mas~年末年始商戦」で過去最高の売上・粗利を
狙いたい企業様は、ぜひご参加ください


セミナーの詳細&お申込みはこちらから



小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

これが女子力を最大活用した店舗だ!
生活協同組合おおさかパルコープ



取材店舗:生活協同組合おおさかパルコープ枚方公園店

冒頭5分を無料公開中です!

女性パートタイマー主体のお店づくりによって
8年連続売上アップを達成している店舗にカメラが潜入!

スーパーマーケットで働く全ての男性必見の
「女性マネージメント」を学べる特別番組です!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)





今日は朝4時30分起床。
Blogを書いて…
身支度して…
羽田空港へ…
今日は、山陰。
移動中は、「第22回 やる気と感動の祭典」の
2日目の「まとめ」の原稿づくり。


さて、「第22回 やる気と感動の祭典」。
申込締切日まで、あと6日となりました。

「学びは継続してこそ実となる」
といいます。
「投資」している時は…
「砂漠に水を撒くようなもの」
と思われるときもあると思います。
しかし、昨日も書きましたが…
「有事」の時に…
「投資」し続けた企業と
そうでない企業では…
「対策」が全く違います

学んでいない企業は「対抗」のみ
学んできた企業は、ここに「対策」が入ってきます。
学び続けているから…
「対策の引き出しはいっぱい持っている」からです。
これは強い。
有事の時は…
だから、「学び続けなければいけない」し…
「投資」し続けなければいけない。


そして、時代とともに「トレンド」は変わってきます。
昨年の春ぐらいは、「ちょっとがうれしい」の少量パックがトレンド。
しかし、今では「メガパック」がトレンド。
それぐらい違うのです。
「メガパックなんて、量を増やせばいいんでしょ?」
と思われていると思う。
「ジャンボパック」と「メガパック」は違うんです。
その違いを学ばないと…
「モデリング」ではなく、「真似(マネ)リング」になる。
ポイントは「考え方」。
「正しく学ぶ」ことです。



日本中…。いや、世界中を…問題意識を持って、
スーパーマーケットの現場を見て回っている
商人伝道師だから分かることがあります。
「商売のヒントは“現場”にあり!!」です。
ですから、私、水元仁志を信じて…
参加してみてください。
f0070004_12241666.jpg

f0070004_12242470.jpg

f0070004_12243279.jpg







ご参加のお申込みやセミナーの詳細に関してはコチラ



そして、今日は「引き算の戦略」について…

これからは、いままでのような「加える」ことをメインにした「足し算の戦略」ではなく…
「減らす」「なくす」ことをまず行ってから「付け加える」「増やす」ことをする「引き算の戦略」に変わってくるのではないかと思っている。

例えば、「店舗展開」
これは、「スクラップ&ビルド」
人手不足の中、「赤字店舗」はスクラップして、新店や“利益を稼いでくれている店”に人員を集中化する。
こういう「経営判断」が必要となってくる。

急成長している企業のトップの出店戦略を見ていると…
「売れない!儲からない!」と思ったら、半年で閉める。
「なぜこんなことをするのか?」と聞いたら
「売れない店に、販促やマンパワーをかける時間はない。
ダメならスパッとやめて、次の出店地を探す」

とのこと。
この戦略を徹底的に行っているのが、アメリカの「パブリックス」
f0070004_15594820.jpg

f0070004_1730573.jpg

この企業は毎年50店舗以上新規Openする。
しかし、毎年20店舗ぐらい閉店する。
幹線道路などが新しくできると、立地が変わる。
立地が悪くなれば、ムリが生じる。
ならば、閉店して、良い立地に出店する。


こういう考え方だから…
店の器にはお金をかけない。
しかし、オープンケースや平台はお金をかける。
他の店に持っていけるように…
日本と全く逆。

「人手不足」の中、利益が出ないからといって、人を全くかけなくていいか…というと、そうはいかない。
ある程度のマンパワーはいる。
そこにマンパワーを費やすなら、もっと“売れて儲かる”店舗にマンパワーを集中させた方が効率が良いと思う。



これは「店舗運営」でも同じ。
「戦略キャンパス」に沿って…
f0070004_16094231.png

「なくす」こと、「減らす」ことをまず徹底し…
「付け加える」
こと、「増やす」ことをする。

よく近頃商人伝道師が言ってますよね。
こういうこと…
今度の「第22回 やる気と感動の祭典」で、「マルヤナギ」さんが発表していただけるが…

その中で、「和日配」の過去10年間の各カテゴリーの推移を発表してくれる。
これを見ると、わかるんです。
「定番」をとことん見直さないとダメだなー、と。
戦略キャンパスを活用して、どのカテゴリーを拡大し…
どのカテゴリーを縮小するのか…

これを行っていかないと、和日配の将来はないなーと思われる結果だからです。


また、今度の「第22回 やる気と感動の祭典」のミート部門の発表では…

「労働時間短縮しながら、売上・利益を伸ばした」発表がある。
その具体的方法を発表してくれるが…
ポイントは、「なくす」「減らす」だったんです。
「やらないことを決める」
「縮小することを決める」

この「引き算の戦略」によって、労働時間を短縮しながら、売上・利益を最大化しています。
まさしく、これこそ「引き算の戦略」
当日、聞いてみてください。



このように、「なくす」こと、「減らす」ことを考えることこそ…
「差別化戦略」につながるのではないかと…
でも、まだまだ「付け加える」ことばかり考える。
そのため、すべてが中途半端になり、「特長のない店」になる。

よく、商人伝道師は言う…
「こだわりとは、これはしない!!というやらないことを決めること」
「こだわり」とは、「普通これはやるよね、ということをやらない」

ことであり、
その代わり、「ここは!」というところは徹底的に行う。
「尖り」のレベルまで。
これを「こだわり」というんだと思う。


「尖りの時代」
ということは、言葉を変えると…
「引き算の戦略」の時代
と言ってよいのではないか。
人口も減り…
世帯数も減り…
マーケット自体も縮小して…
そんな中、これからは「引き算の戦略」で“尖り”“差別化”していく。
これこそ「減の時代」の戦略だと思うのですが…
そう感じる今日この頃です。





そして、「今日の一言」…
「もしスープをかき混ぜるものがなければ、木の枝だって使う。」
ゼ・ロベルト







by akindonet | 2017-10-05 18:00 | Comments(0)