商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 10月 01日 ( 1 )

心のオアシス



第22回やる気と感動の祭典
セミナー参加申込締切まで あと10日


セミナー参加募集中!!

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

デリカ部門のご紹介映像です



全発表者ご紹介映像はコチラから視聴できます

セミナー開催日:10月17日(火)~18日(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪


セミナーご参加のお申込締切は10月11日(水)

皆様のご参加を心よりお待ちしております


3人の最強講師陣による
「X'mas・年末年始商戦」全部門対策セミナー
広島・福岡で緊急開催します!
f0070004_0305843.jpg

全部門:水元仁志(11/2 福岡会場)
惣菜部門:成田廣文(10/31 広島会場・11/1 福岡会場)
鮮魚部門:堀内幹夫(10/23 広島会場・11/6 福岡会場)


「X'mas~年末年始商戦」で過去最高の売上・粗利を
狙いたい企業様は、ぜひご参加ください


セミナーの詳細&お申込みはこちらから



小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

これが女子力を最大活用した店舗だ!
生活協同組合おおさかパルコープ



取材店舗:生活協同組合おおさかパルコープ枚方公園店

冒頭5分を無料公開中です!

女性パートタイマー主体のお店づくりによって
8年連続売上アップを達成している店舗にカメラが潜入!

スーパーマーケットで働く全ての男性必見の
「女性マネージメント」を学べる特別番組です!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全社員様で学べる定額法人会員制度!)


個人での会員登録はコチラから
(会員登録は無料!)




今日は朝6時起床。
Blogを書いて…

「第22回やる気と感動の祭典」の発表者パワーポイントのチェック。

その後、今日一日、オフィスで仕事。
もう、開催まで、あと16日しかないので…
目の下にくまを作って頑張っています(笑)



さて、「島根・広島物産展」の他に出展するブース企業が決まりました。
先日、ご紹介したのは、ごく一部。
掲載されていない企業様から問い合わせの嵐。

下記の企業様が「島根・広島物産展」の他のブースを出展されます。

株式会社ハマトミ食品
株式会社カブリーニ
データコム株式会社
株式会社和光
株式会社マルヤナギ小倉屋
有限会社下仁田納豆
株式会社タミヤ
株式会社米麦館タマヤ
有限会社アルファー
株式会社アクアリンク
グリンリーフ株式会社
株式会社大トウ
株式会社トーシン
有限会社菱田ベーカリー

※上記以外に現在、10社の受け付け処理中です。明日あらためて発表させていただきます。

楽しみにしておいて下さい。
その他に、「島根・広島物産展」で両方あわせて…

30社ぐらい出展されます。

すごいと思いませんか…



「考え方」も学べる…
「売り方」も学べる…


なんといっても今回は…

「商品」まで学べる。

こんな「一石三鳥」
いや、「一石五鳥」ぐらいのセミナーはありません。


ぜひ、参加してみて下さい。




そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。


今日は「山本昌広さん、どん底から立ち上がったきっかけは」



昨年50歳で引退した元プロ野球投手の山本昌広さん。

現役最年長選手として、多くの人に感動を与えてきました。

32年間もの間、プロの最前線で活躍してきた、
その精神力と肉体の強靭さには目を瞠るばかりでした。

山本昌さんの言を借りると、
もともとの自分は、そんな大それたことのできる人間ではなかった、
と述べています。

以下、山本昌さんの談話です。

もともと私は、プロに入るべき選手ではありませんでした。

中学では補欠、高校では県ペスト8止まり、
ドラフトの順位も下位の5位指名。

鳴かず飛ばずで、最初の4年間は1勝もできていません。
毎年クビの候補で、寮の電話が鳴るたびに、
球団からの解雇通告ではないかと、部屋で怯えていました。

そんな山本昌さんに転機が訪れたのは、5年目のシーズンでした。

アメリカのフロリダへの野球留学です。
ドジャース傘下のマイナーリーグ・チームに
所属することになりました。

戦力外の一歩手前を意味する球団からの指示だったそうです。

アメリカに渡ったばかりの山本さんは、
全くやる気が出ませんでした。

地球の裏側でいくら頑張っても、一軍になれるわけでもなく、
大リーガーになれるわけでもない。

日本に帰ればクビかもしれない。

何をしても意味がない。

そんな心境の山本さんが徐々に変わり始める
きっかけになることがありました。

シーズン開幕前に開催されたパーティーでのことでした。

日本でいう決起集会のような感じで、
チーム関係者や街の人たちが集まって、
その場で、選手全員が順番にスピーチをするのです。

そこで山本さんは、驚く場面に出くわしたのです。

ニ軍のメンバーひとりひとりのスピーチに、
山本さんは驚きました。

みんな
「優勝しよう」「俺たちがやるんだ」「見ててください」
と熱く語るのです。

日本の感覚では、
「優勝は一軍がすればよくて、二軍は練習の場だろう」
と思っていた山本さんは、なんだか恥ずかしくなったといいます。

仲間の思いを聞くうちに、
「日本の野球選手は、こんなもんかと思われたくない」
というプライドも芽生えてきました。

こんなモチベーションが働けば、
技術面でもいい流れが訪れてくるものです。
…それも突然に。

以下、山本さんの談話です。

シーズンが始まってしばらくたった頃です。

練習中に内野手がキャッチボールをしているのを、
たまたま見ていました。

すると、あるメキシコ人選手が”遊びで”変化球を投げていて、
これがなかなか良いボールなのです。

「ちょっと教えてくれ」と頼んで、
ボールの握り方と投げ方を聞きました。

その通りにやってみたら、これが曲がるんです。

翌日、一、二球練習しただけでマウンドに上がり、
早速試合で投げてみました。

すると、相手の四番打者が空振りの三振。

「これは練習しなければ」と思いましたね。

そこから自分なりに練習して習得したのが、
私の代名詞にもなった「スクリュー」という変化球でした。

それまでずっと努力はしていましたが、
良くなるきっかけが掴めずにいました。

しかし、新しい球をマスターした途端、
それまでが嘘のように流れが変わりました。

先発に昇格し、日本で一勝もできなかったのに、
一転して13勝もできたのです。

その後、優勝争いをしていたドラゴンズの一軍から呼び戻され、
日本でも初勝利を挙げました。

実はこの時、アメリカでの所属チームも
優勝を争っていたので、「帰らない」と言い張りました。

球団職員に説得されて渋々帰国したのですが、
チームメイトに別れの挨拶をした時には号泣しましたね。

最初はあれほどイヤだったアメリカなのに(笑)。

「スクリュー」という一つのボールが、
私の野球人生を大きく変えてくれました。

やる気のない、どん底からスタートしたアメリカでの留学生活に、
その後の私に繋がるとんでもないチャンスが転がっていたのです。

そういえば、私に変化球を教えてくれたメキシコ人選手は、
あの日の二カ月後に解雇されました。

練習にいないので、「どうした?」
とチームメイトに聞いたら、「クビだよ」と。

もしあのタイミングで聞いてなかったらと思うと、
……ゾッとします。

「よくぞ聞いた!」
と、当時の自分に言ってやりたいですね。

見逃していたら、今の私はなかったですから。




いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」…

さあ、今週もスタートしました。
早いもので今週から10月。

「秋本番」。
顔晴っていきましょう。

「第22回やる気と感動の祭典」まで、あと16日
ご参加の申し込み受付締切まで、あと10日

過去最高の内容となる今回の「第22回やる気と感動の祭典」。
各部門のご紹介映像をご覧ください。
参加費の何十倍・何百倍の価値がある内容であることがおわかりいただけるはずです。

○店長部門のご紹介映像


○グロッサリー&お取り組み部門のご紹介映像


○グロッサリー部門のご紹介映像


○ノンフード部門のご紹介映像


○女子力甲子園のご紹介映像


○鮮魚部門のご紹介映像


○デリカ部門のご紹介映像


○精肉&メガパック推進部門のご紹介映像


○青果部門のご紹介映像


○全発表者のご紹介映像


セミナー開催日:10月17日(火)~18日(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪


セミナーご参加のお申込締切は10月11日(水)

皆様のご参加を心よりお待ちしております

ご参加に関する詳細は「やる気と感動の祭典公式ページ」まで

そして、「今日の一言」…

生きている間に、他人を苦しめ泣かせた人は死んだ時には喜ばれ笑われます。
生きている時に人を喜ばせ、笑わせた人は、死んだ時に惜しまれ、泣いてもらえます。
いつまでも惜しまれ続けます

(美輪明宏)

by akindonet | 2017-10-01 18:00 | Comments(0)