商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 08月 13日 ( 1 )

心のオアシス


f0070004_17351014.png

やる気と感動の祭典 22
エントリー締切 9/1(金)
発表者決定 9/6(水) 20:00 本Blogにて

セミナー 10/17(火)~18(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで




f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)


今日は、朝5時起床。
Blogを書いて…
流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の「商売繁盛虎の巻」の原稿を書いて…
ジムで汗を流して…
シドニーをちょっと巡り。
「ALDI」
「Metro」
などの外資系スーパーマーケットを見て回る。


商人伝道師の時間は「家族」が寝ている間のみ…
よって、朝早く起きて、仕事する。
日本にいる時と全く同じ。
静かなので仕事できる。


さて、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日
先週は「致知」に紹介された…
「いちやまマート」の勝俣千恵子さんの紹介でした。
商人伝道師は「致知」を読み始めて…
早や20年になります。
その記事にクライアントの社員さんが掲載される。
嬉しい限りです。


そして、今日は…
「通訳をした渡辺和子さんにマザー・テレサが囁いたひと言」


著書『置かれた場所で咲きなさい』で知られている渡辺和子さん。

キリスト教カトリック修道女であり、
ノートルダム清心学園の理事長の渡辺さんが、
三十数年前、来日したマザー・テレサに同行した時のお話しです。

マザー・テレサが三度目に日本にいらしたときのことでした。

その日、朝早く新幹線で東京から広島へおいでになり、
そこでの講演を済ませて、再び新幹線に乗って
岡山にお着きになったのは、夕方も5時を過ぎていました。

夕食後、教会に集まった人々と「祈りの集会」を開き、
さらに二か所で短い講話、全部のスケジュールが終わったときには、
時計は夜の8時半を指していました。

朝6時に東京を出た長い一日であり、
異国を旅する71歳のマザーにとっては、
相当にハードな一日のはずでした。

通訳として傍らに付き添う私の目にも、
マザーのお疲れが読みとれました。

ところが、マザーは岡山駅に到着後、
ひっきりなしに向けられるカメラに向かって、
初めから終わりまで、にこやかに応じていらっしゃるのです。

1979年度のノーベル平和賞の受賞者であり、
現代の聖人と言われているそのお姿を、一枚でもいい、
自分のカメラに収めたいと人々が願ったのも無理のない話でした。

「マザーは超人的にお強い」
と、私は思ったものです。

しかし、後ほどマザーが、写真をうるさがらずに、
ひとつひとつに笑顔で応じていらっしゃる秘訣がわかりました。

傍らを歩く私にマザーが
ソッと耳打ちしてくださったのです。

「私はね、カメラのシャッターがひとつひとつ切られるたびに、
 その瞬間に世界のどこかで寂しく死んでゆく人の魂が、
 神さまのみもとに行くようにと、神さまとお約束がしてあるのですよ」

マザーの一見きびしいお顔に、一瞬チラッと
いたずらっ子のような表情が走ったのを、
私は見逃しませんでした。

神さまとの”取引”……マザーが、写真をうるさがらずに、
ひとつひとつに笑顔で応じていらっしゃる秘訣はこれだったのです。

つらいこと、いやなことも笑顔で受ける代わりに、
神さまに何かしていただく、それは何ともほほえましい”取引”でした。

身には、インドの貧しい人が着る木綿の粗末なサリーをまとい、
宝石はおろか私物を一切持たないマザーは、
自分のために何一つ求めることなく、
他人のために魂の安息を願っていらっしゃるのです。

世界中の貧しい人ひとりひとりを大切に思う、
マザーの心の豊かさに触れた思いでした。

心の豊かな人、それは自分のことでいっぱいなのではなく、
他人の幸せを思いやることのできる人ではないでしょうか。


いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。


f0070004_15132493.png

さあ、「第22回やる気と感動の祭典」の締め切り日まで19日
結果を残して、エントリーしてみて下さい。
その努力はムダにしませんので…
お待ちしております。



そして、「今日の一言」…。
「もし、木を切り倒すのに6時間与えられたら、
私は最初の4時間を斧を研ぐのに費やすだろう。」
(リンカーン)

by akindonet | 2017-08-13 18:00 | Comments(0)