商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 08月 02日 ( 1 )

「限界国家」について…


f0070004_18283461.png
第18回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー
若干名ですが参加申し込みを受け付けております!


社内稟議の関係で申し込みできなかった…
金額の関係で迷って申し込みできなかった…
後、何名参加できるのか知りたい…


そんな企業様・担当者様はぜひ御相談ください!
参加枠の関係で御電話が確実です!!


TEL:03-3543-4865
担当:須田





f0070004_17351014.png

やる気と感動の祭典 22
エントリー締切 9/1(金)
発表者決定 9/6(水) 20:00 本Blogにて

セミナー 10/17(火)~18(水)
会場:リーガロイヤルホテル大阪

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで


第22回売場大賞「父の日」
締切:2017年8月10日(木)
f0070004_14323497.jpg

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください




f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)



今日は朝4時30分起床。

Blogを書いて…
サクラと散歩して…
身支度して…
オフィスへ…
今日は、一日真面目に仕事します。(笑)


みなさん、気になるんでしょうね…
昨日のゴルフ。
結果は…。散々でした。
最後の18ホールはゲリラ豪雨で中止。
とにかくドライバーが真っすぐ飛ばない。
まだまだです。練習します。(笑)

さて、9月からスタートする…
「鮮魚のイノベーション」セミナー。
参加をご検討いただいてますでしょうか。

「アニサキス報道」問題。
「漁獲量の激減」
「消費者の“魚離れ”」


など、鮮魚部門をとりまく環境は厳しさを増すばかり…
そこで、商人伝道師は立ち上がりました。

「鮮魚部門にイノベーションを起こせないか…」
「新しい鮮魚売場や商品化を実現できないか…」


それを実現するセミナーを「東京」と「大阪」で開催します。
一回限りでなく「6回シリーズ」
とことん、学んでもらいたいからです。

f0070004_11285352.jpg

f0070004_1129269.jpg

f0070004_11291085.jpg

f0070004_11291632.jpg



他のセミナーは「東京」の参加企業より「大阪」の参加企業がダントツに多いのです。
しかし、今回は「大阪」の参加企業が少ない
なぜ…。
関西や中国の企業の危機感が薄いのか…
それとも、売上は順調なのか…
わかりませんが…
逆にいうと、西日本のみなさん。
こんなに業績わるいのに、参加企業が少ないなら…
ムチャクチャチャンスということですよね
参加してみてはどうでしょうか…。
みなさんの“勇気ある行動”を期待しています。



そして、今日は「限界国家」について…。
「Yahoo!ニュース」を見ていたらこんな記事が載っていた。
「限界国家ニッポン。この国は巨大な“限界集落”だった」
というもの。
まずはこの「未来年表」を見てください。
f0070004_11464359.jpg

(週刊朝日 2017年8月4日号より)


2021年。とうとう“団塊ジュニア世代”が50歳に…
2022年。団塊世代が75歳に!超高齢化が加速。
2035年。日本の人口の4割が60歳以上になる。
2053年。日本の人口が一億人を切る。



見ているだけでゾーッとする「未来年表」。
しかし、この“現実”から目をそらす訳にはいかない。
「あと20年以内に、日本の人口の4割が60歳以上となる」
そんな中、我々は今のままの「マーチャンダイジング」でいいのだろうか…
また、2000年以降、成人または社会人になった世代。
いわゆる「ミレニアル世代」が消費の中心として君臨してくれる。
彼ら、彼女らは“インターネット世代”
どんどん“インターネット”を駆使して“時間”を買いにくる


さらに、今の日本の“消費力”を支えているといってよい…
「団塊ジュニア世代」
このジュニア世代が2021年には50歳台に突入する。
よく言われる…
「2020年危機」
はこういうことからも「2020年危機」といわれるのである。


では、スーパーマーケットは“絶望的状況”なのか…
というとそうでもない。
なぜなら…
人間は「食べないと生きていけない」からである
日本の人口の4割が60歳以上になろうが…
団塊世代が75歳以上になろうが…
どんなに老いても食べないといきていけない。

問題は「食べる商品」「購入する手段」「購入する場所」「購入する精進形態」
などが変化するだけだと思うんです。
今の「農業従事者」の平均年齢は「約66歳」。
もう、“超高齢化”である。
しかし、これを国がほっとくわけにはいかないと思う。
「自給率」が下がったら大変なことになるから…

そこで、大胆な「農業改革」を行うと思うんです。
今までのような“補助食ジャブジャブ”政策ではなくてね…
農業の「法人化」などを推進していく。

今回の秋の「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」にも参加される…
「株式会社グリーンリーフ」代表取締役 澤浦彰治さんのような…
経営者をどんどん輩出していくような仕組みをつくってくると思うんです。

彼は、どんどんアメリカやヨーロッパのアグリビジネスやスーパーマーケットを見に行く。
こんな農業経営従事者をみたことがない。
今では若手農業従事者の“神様”といわれている。
こういう人間をどんどん作り出してくるはず。



車は「ガソリン」から「電気」に変わり…
トヨタや日産・ホンダなどの世界市場における“優位性”はなくなる。
「日本=自動車産業」の図式は変わる
だって、あの「東芝」が“東証二部”に降格となる時代。
次になにがくるか…
「観光」産業
これもあるでしょう。
しかし、「雇用」の受け皿にならない。
やっぱり…
「農業」いわゆる「アグリビジネス」
だとおもう。

すると、一気に地方が活性化するのではないか…
「TPP」がどうなるかわからないが…
10年後ぐらいは「日本」と「東南アジア」の収入格差や物価格差がほとんどなくなるはず。
東南アジアにいくとよくわかる。
オーストラリアやニュージーランド、シンガポールは日本よりはるかに物価が高いし、年収も多い。

すると、どうなるか…
「EU」ならぬ「AU」という“通貨の統一”をしてくると思う。
「アジア・オセアニア経済圏」
同じ紙幣で、関税なく、輸入通関手続きもなく…
行き来ができてくる。
すると、「四季」のある日本(温暖化でわからないけど…)に有利。
どんどん農産物は輸出できる。

たぶん、日本の「大金持ち」は“アグリビジネス”の成功者になるだろう…。
そう感じている。
「このままでいったら、地方は“限界集落”だらけになる。」
と、この「未来年表」でも書いてある。
しかし、本当にそうなんだろうか…

2020年を境に…
日本は“大転換期”を迎える。
自動車産業の衰退。
TPP.EPAなどの高域経済圏の確立。
AI(人工知能)などの発展による“人あまり現象”。
医療費の国民負担増。(国民負担2割から3~5割~)

など…
そんな中、“生き残っていく”には…
ちょっとした変化をとらえて…
「準備」しておくことが大切。

特に若い経営者は“外に行け!”とよく言う。
アメリカや…アジア…などをどんどん見にいきなさい。
特に、スーパーマーケットの先進国アメリカは今、大きく変わろうとしている。
だから、こういう時に“変化を学べる”セミナーでアメリカに行くべきです。
そう感じる。


今回の内容は商人伝道師が考えていること。
“私見”です。
気にしないで下さい。参考にしないで下さい。(笑)
こんなこと思っている人などいないので…
また、「変人」だから、こんなことを考えるんであって…
普通は「未来年表」通りに考える。
でもね…

日本人はたぶん“賢い人種”だから…
変えてくると思うんだけどな…
みなさんはどう思いますか…

しかし、日本国の政治家があれだと無理か…



そして、「今日の一言」…
「昨日の考えは、今日は一新されていなければならないし
今日のやり方は、明日にはもう一変していなければならない」
(松下幸之助)

by akindonet | 2017-08-02 18:00 | Comments(0)