商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 05月 16日 ( 1 )

小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
5月の番組ラインナップ
f0070004_1238874.jpg
好評配信中!  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP 6月号」

f0070004_1350381.jpg
好評配信中! 会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「第8回チラシ・DM大賞 結果発表&解説」

f0070004_13534780.jpg
好評配信中!
パートアルバイトの応募率・離職率を劇的改善!
赤沼先生の求人入門 第6講


f0070004_1583027.jpg
5月10日(水)配信開始
カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業・株式会社東武
第2章 カスタマーエクスペリエンス編

f0070004_151141.jpg
5月20日(土)配信開始
商売繁盛虎の巻 7月号
f0070004_17132035.jpg
5月25日(木)配信開始
売場クリニック 7月号果物編

視聴は流通業専門インターネット教育TV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員(定額制)も募集しております)


個人での会員登録はコチラから
(個人会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」
をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください

「第85回商業界ゼミナール」DVD・CD好評販売中!
f0070004_1112249.png
第85回商業界ゼミナール(2017/2/21~23)の講演内容を収録したDVD・CD。

地域初!世界に通用する企業から今話題の著名講師まで全16講演!
最新にして不変の「商人精神」を学ぶ教材としてご活用ください。

DVD 各8,000円(税抜)  CD 各5,000円(税抜)
(Webからの注文で送料・代引手数料無料)


ご購入はこちらから


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期・名古屋会場 第2期・仙台会場 第1期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

今日は朝6時起床。
ちょっと、寝過ごしてしまいました。(笑)
Blogを書いて・・・
軽くジョギングして・・・
身支度して・・・
今日は長野県伊那市へ・・・

さて、「第17回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
あと10日となりました
今回はすごく楽しみにしています。
というのも・・・
今、アメリカの小売業はものすごく揺れ動いているからです。
あの“世界の投資家”ウォーレン・バフェットが・・・
「ウォルマート」の株を全て売却したとのこと。
理由は・・・
「これからはインターネットの時代」
「ネット企業がこれからの百貨店になる」

ということらしい。

また、あの“ホールフーズマーケット”の身売り話は
かなり現実味を帯びている。
昨年もアマゾンが買収する為に動いた。
今年に入り、クローガーが動いているとのこと・・・
また、その他複数の企業の名も・・・

さらに、「ウォルマートVSアルディ」の特集が、
あのロイターに掲載されたり・・・
もう、アメリカの小売業は大変なことになっている。
そいいう“激動”の時に、アメリカの小売業を視察するという事は
とても有意義だと思っています。

特に今回は・・・
「365 by ホールフーズマーケット」や・・・
「Amazon Go」や・・・
クローガーのトライアル店舗「MAIN&VINE」など・・・
全米でも話題の店舗を視察する
それだけでも全く違う。
すごく楽しみにしています。
その模様はこのBlogで随時紹介しますので、お楽しみに・・・

そして今日は「常に学び、進化しなければ・・・」について・・・

先程書きましたように・・・
アメリカのスーパーマーケットは大変な危機を迎えているといわれている。
「Why the retail crisis could be coming to American Groceries」
簡単に訳すと・・・
「アメリカの食品スーパー業界で起こりつつある危機」ということ。
こういう記事がすごく多くなった。

例えば、日本人が大好きな「ホールフーズマーケット」。(笑)
ホールフーズマーケットは「自然食品(オーガニック)」というマーケットを創造し。
ある意味、食品業界に革命を起こした
しかし今では“自身の創り出した成功”に苦しめられている
この「自然食品市場」にどんどん他の企業が参入してきている。
ホールフーズマーケットの全店舗の42%が「トレーダージョー」と競合し、
34%が「クローガー」と競合している。
よって、「オーガニック」商品をホールフーズ対策として、安く販売する。
そのことにより、すごく苦戦を強いられている。

さらに、あの「世界一の企業」
ウォルマートさえ、危機感がある。
今年の秋に視察する予定の・・・
ドイツの「Lidl(リドル)」
今年、アメリカに本格進出する。
その前に、イギリスでウォルマート系列の「アズダ」と闘って・・・
圧勝しているといわれる。
ドイツの「Aldi(アルディ)」と「Lidl(リドル)」が“世界のガリバー”を
今後、苦しめていくといわれている。
ホールフーズマーケットと同じです。
「EDLP」という戦略で、フード分野を席巻したウォルマートが・・・
その「EDLP」、いわゆる「安さ」でこれから苦しむことになる
“皮肉”なものです。

しかしこれは、アメリカだけのことではない。
日本でも同じ。
自社の“強み”や“尖り”が、やがて自社を苦しめることになる
ことも十分予想される。

例えば・・・
「ファイブウェイマーケティング」でいう・・・
「安さ(価格)」で尖りを出している企業は「安さ(価格)」で苦しむことになると・・・
その他「サービス」・「アクセス」・「商品」・「経験価値」などの道で
今は“尖り”を出している企業はその“尖り”に苦しめられることになると・・・

では、どうしたらよいか・・・
そのヒントはせんじつのこのBlogで紹介した・・・
「ニトリ」の似鳥昭雄会長の言葉にあると思う。

こう言われていた。
「売れているものを売れないようにしろ!!」
つまり、「売れるヒット商品」が出たからと言って安心していると、
3年も経つと他社にマネされて売れなくなる。
だから、どんなヒット商品でも、必ず翌年は
「価格はそのままで品質を良くする」
などのプラスアルファをつけた商品に改革する。

さらに、商品のラインナップもSKUべーずで1年で6割も変える
そうして、ヒット商品でもどんどん変えていく
そうすることにより・・・
いつ来店されても“いつも新しい発見がある店になる。
“新しい売場”がある店になる。
これを続けていくことであると・・・

「言うは易し、行うは難し」だが・・・
これしかないと思っている。
今のままで行くと、皆さんの企業の“尖り”部分が・・・
今後、自社を苦しめることになるかもしれない。
その為には、どんどん“尖り”を進化し続けなければならない。
3年間、進化を止めたら必ず他社が追い付いてくる。
この似鳥会長の言葉はすごく我々に“教訓”として言われているような気がしている。

先日、トヨタが「空飛ぶ車」開発に投資するというニュースがあった。
2020年、東京五輪の聖火台に空飛ぶ車で点火するという事まであるという。
そんな「マンガ」の世界の話が実現化している今、
アメリカ同様、日本の小売業も“大変革”が起きる。
その一つのきっかけになるのでは・・・
と思われるのが・・
「アマゾンフレッシュ」の動向。
4月21日にスタートした「アマゾンフレッシュ」。
4月21日スタートなのに、もうサービス範囲を拡大してきている。
「ミレニアル世代」は必ず、この「アマゾンフレッシュ」のような・・・
「e-コマーズ」を受け入れる。
そうなったときに、実店舗の存在価値が問われる。

今、アメリカでは「大量閉店」が続いている。
「e-コマーズ」に対する敗北です
反面、コストコは相変わらず伸ばしてきている。
これは何を意味しているのか・・・
「実店舗」でなければならない“尖り”をさらに進化させているからである

「売れているものは売れないようにしろ!」
今、我々が一番考えて行かねばならないことでないか。
その危機感を危機感バリバリのアメリカで体感してくる。
まずは自分の目と自分の肌で感じないとわからないので・・・

そして「今日の一言」
変化の時代には、学ぶ者が地上を制し、
学ぶことをやめた者は、
自分の力を発揮できる世界がもはや存在しないことに気づく
(エリック・ホッファー)








by akindonet | 2017-05-16 18:00 | Comments(0)