商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 04月 20日 ( 1 )


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください




今日は朝5時起床。
身支度して…
今日は姫路。


さて、昨日はすごく悲しい知らせが届きました。
高校の恩師が急に亡くなりました。
76歳。
今の時代だとちょっと早すぎます。
宮崎県立小林高校駅伝部監督として…
4度の全国制覇
2位 3回
3位 3回。

日本一の4回も凄いんですけど…
2位3回、3位3回という数字がもっとすごいと商人伝道師は思っています。
外国の留学生を採用などしないで...。
県立高校で...。
中学生のレベルの高くない「宮崎県」で...。
残された功績。
ほんとうに、すごい!と思います。

商人伝道師の在学前後が全盛期でした。
あの「谷口浩美」選手も小林高校OBです。

「高校の体育教師」になりたかった商人伝道師は、“教育実習”で母校(小林高校)に行きました。
その時、毎日飲みにつれていかれたことを昨日のように覚えています。

自宅を“部員(生徒)の寮”にされて…
奥様や子供さんは車の中で寝泊まりするという…
今では考えられないような“情熱”で、生徒たちと接してこられました。
亡くなった商人伝道師の母親が、監督の奥様と意気投合したせいか、
よく商人伝道師が卒業後も差し入れしてたことを思い出す。

もう一回、お会いしたかったなー
と思いながら…
残念でなりません。

日本一 4回
2位 3回
3位 3回。
こんな監督は、後にも…先にも…
もう出てこないと思います。
地元宮崎の新聞(宮崎日日新聞)では、
計3ページにわたり、その功績を讃えていました。
そのぐらい“偉大な指導者”でした。
その指導者の下で、青春期を過ごせたことが…
今の商人伝道師にどれほど影響を及ぼしているか…
今となると、すごく“感謝”しています。
心よりご冥福をお祈りいたします。





そして、今日は「オーガニック」について…

イオンさんの説明会の資料をちょっと見せてもらった。
その中で、「オーガニック農産物の売上構成比を2020年には5%まで高めたい!!」
という方針があった。
今現在では、0.8%らしい。

「5%」
凄い高いハードルだが…
手ごたえを感じているとのこと。
あの「ビオセボン」も想定以上の売上らしい(笑)


「オーガニック」
これからの新しいマーケット創造になるかもしれない。
先日終わった「第21回 やる気と感動の祭典」で…
「America Seminar Team by Bunkado」の2人が発表してましたよね。
この「マーク」ををつけると、凄く売れると…
f0070004_17412536.png

アメリカ視察した時に、「ウェグマンズ」で使用していた「オーガニック」マークをモデリングしたもの。
つける前は、「日に数万円」だった商品が、マークを付けるだけで…
「100万円近く」まで売れるという発表がありましたよね。
なぜ、こんなに違うのか…
それは、「潜在的ニーズ」がすごくあるということだと思うのです。

よく商人伝道師は…
「言葉が文化を創る!!」
といいます。
「オーガニック」という言葉が皆の“心の琴線”に触れるようになると…
爆発する!!
異常値につながる。

たぶん、「有機」ではブレイクしないと思う。
やはり「オーガニック」なんですよね。
これから「オーガニック」は“新しいマーケット”“新しい顧客”創造には欠かせないカテゴリーだと思う。


これから女性の社会進出が進む。
そうなると、「健康に良い」商品を好んで購入するようになる。
少々高くても…
“病気になることが最も高くつく!”ことを知っているから…
だから、「オーガニック」商品などは売れる
実際に確実に売れてきている。


今、アメリカのミレニアル世代の特徴的な言葉として…
「FOODIE」
という言葉があります。
和訳すると…
「食に凝る人・食通・美食家」というんだそうです。
ミレニアル世代は、食に関心がないのではなく、関心が高いのです。
「レシピサイト」の影響で…
「SNS」の影響で…

どんどん食に関心が高まる。
我々の世代よりも…


特に、「安全・安心」「健康」にはものすごく関心が高まってくると思う。
「オーガニック」というくくりではなく、「特栽」を含めた…
「ナチュラル商品」は2020年には青果では売上構成比10%以上になると思うし…
精肉部門では、売上構成比50%以上になるのでは…
と思っている。

また、「サスティナブル」が注目を集める。
先日紹介した、「ヤマダストアー」のチラシ。
f0070004_17440221.jpg

こういう「サスティナブル」活動がお客様の“心の琴線”に触れるのです。

このように…
“売れる商品”がこれから全く変わってくる。
店の「コンセプト」「方向性」に沿った取り組みが必要になってくる。



「今、流行だから…」
ということで「健康スーパーを目指します!!」という企業が多いが…
本当にいいのだろうかと思うことがある。
「流行 = 健康スーパー」
本当にこんな考え方でいいんだろうか…

「健康スーパーを目指すなら、オーガニックや特栽の売上構成比10%ぐらい目指すべき」だし…
「健康スーパーを目指すなら、“NON GMO”や“抗生物質不使用”なナチュラルな肉を品ぞろえ構成比50%以上にすべき」だと思っている。

なぜ、イオンさんが今、「オーガニック」なのか…
多額のお金を払い、マーケット分析されて…
出した結論だと思う。
イオンさんがオーガニックの売上構成比5%ならば…
我々は、15%以上を目指さないとなー

そう思ってします。
しかし、それぐらいのマーケットが、日本にはあるのかもしれない。
そう感じる、イオンさんの「オーガニック」への取り組みでした。




そして、「今日の一言」
「背伸びして視野を広げているうち、背が伸びてしまうこともあり得る。
それが人生の面白さである」
(城山三郎)



by akindonet | 2017-04-20 18:00 | Comments(0)