商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 04月 16日 ( 1 )

心のオアシス


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください




今日は朝5時30分起床。
サクラを散歩させて…
久しぶりにジムで軽く汗を流して…
東京、豊洲へ…
今日は東京でコンサルティングの仕事。
夜まで続く。

さて、今日は日曜日。
そうです!
心のオアシスの日。

今日は…

「感動する心」
書家・相田みつを


仏の心を別の言葉で“柔らかい心”といいます。

さしずめ現代の人々の心は、
損得、勝った負けたでいっぱいの、“硬い心”でしょう。

心が柔らかくなければ、感動もありません。
感動するというのは、昨日気づかなかったものに、
今日、新たな発見をして感動するのです。

昨日も見た同じ萩の花なのに、
今日、新たな発見をして感動する。

そのためには、心に余計なものが入っていない
“柔らかい心”でないと駄目なのです。

私は毎日、何かに感動し、感激して
生きていきたいと思います。

それが人間が生きることだと思うからです。
そして同時に、人に感動を与える書、
人の心に響くものを書いていきたいと思っています。


うまさに徹すれば、それはそれで人を感動させることもできるでしょう。
しかし、それは所詮、私にはできないこと。
また、ただうまければいいというものでもないと思います。


たとえば結婚式の祝辞で、偉い人の代読を聞いたことがあるでしょう。
巻き紙に書かれた立派な内容のことを、とても上手に読みます。
しかし、感動はまったくありません。

ところが、新郎新婦の友人などのたどたどしく、
決してうまいとはいえない話に、大きな感動を受けることがありあます。


それは何が違うか、一言でいえば
真心がこもっているかどうかだと思います。

友達のために何かいってあげたいという感動が、
それを聞く人の心にも伝わるのです。


書も同じです。


自分自身に感動がないのに、
人に感動を与えることなどできないでしょう。

いい書とは、練習ではなく、
毎日の生き方の総決算としてできるのだと思います。

自分の目がいつも光って、心が生き生きしていないと、
いいものはできない。

感動のない者はなにをやっても駄目だと思います。


『致知』特集「感動ある人生」より


いかがだったでしょうか…
今日の心のオアシス。

なんでも、本気で取り組んだことでしか感動は生まれない。
そして、その感動が人を動かすのでしょう。

「第21回やる気と感動の祭典」も終わり、
さあ、ゴールデンウィークですね…。


ゴールデンウィークといったら…
「第20回売場大賞」

f0070004_1732043.jpg


今回は「GW~子どもの日~母の日」までが対象。
「実践した証」をぜひエントリーして下さい。
みなさんの「PDCAを回す」を期待しています。


そして、「今日の一言」…。
「感動いっぱい、感激いっぱいのいのちを生きたい」
(相田みつを)

by akindonet | 2017-04-16 18:00 | Comments(0)