商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 04月 03日 ( 1 )




やる気と感動の祭典 21 参加申し込み受付中!!

開催まであと8日
申し込み締め切りまであと2日
f0070004_16494060.jpg
ポスターのダウンロードはこちら!!

売上げ・利益の最大化へ挑戦したい企業様、
本セミナーで全国の同志と共に学びませんか?

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


全発表部門のご紹介映像


「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
羽田空港へ…

今日は広島。


今週も…
「広島→岩手→青森→島根→大阪」
と日本全国を飛び回ります。(笑)



さて、「第21回やる気と感動の祭典」。

申込締切日まで、残すところ、あと2日となりました。
もうこの場に及んで「参加して下さい!!」とは申しません。(笑)



正しいことを学びたければ参加して下さい。

学ぶことはしなくてよい…
今までの“成功体験”のままでよい…
という企業さんは、それはそれでいいと思います。


別に、商人伝道師が考えている戦略が正しいわけではないですから…
昨日も、横浜の「大繁盛店」に買い物に行きました。

「今の時代、こんなにお客様が入っているのも、珍しいな~!!」と。
とにかく、グロサリー類が安い。


しかし、この戦略は、どの企業でも通用するかというと…

なかなか難しい。
だから、「ブルーオーシャン」を商人伝道師は提案し続けようと思う。

その「ブルーオーシャン戦略」が「第21回やる気と感動の祭典」にあると信じて…
参加される企業様は、ワクワクドキドキで参加して下さい。

「第21回やる気と感動の祭典」開催まで、あと8日。

参加申し込みはコチラから
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php






そして、今日は「やめることが支持される…」について…


先日、商人伝道師がオフィスで仕事をしていると…

SEのグッチ君が商人伝道師におそるおそる話かけてきました。


グッチ「社長、ちょっとよろしいですか…(オロオロ)」

商人伝道師「どうしたの…」

グッチ「いや、仕事のことではないんですけど…」

グッチ「先日、ツイッターを見てたら、こんなチラシをみんながツイートしているんですよ」


といって、商人伝道師に見せたのがこれです。

f0070004_1114075.jpg


これは兵庫の「ヤマダストアー」さんが出したチラシ。
この「チラシ」の記事に全国の人たちが反応したんです。

でも、これって…

すごく勇気のいることなんです。



だって、「いかなご」は播州人にとっては“春の風物詩”的食べ物なんです。
この「いかなご」を炊いて「くぎ煮」にして、子供やお孫さんに贈るというのが“ならわし”みたいなものになっている。

ですから、「高くても売れる!!」商品
いわゆる「売れて儲かる」商品なんです。



「3月の鮮魚の売上げは、“いかなご漁”で決まる!!」
といわれるぐらいなんです。

しかし、このまま「漁り続けたら…」
このまま「売り続けたら…」


間違いなく、瀬戸内海から魚はいなくなる
それを“危惧”して、ヤマダストアーは販売することを止めた。

どのようにお客様が反応されるか怖かったらしい…



「なに、ええかっこうしてんだよ!!」とか…
「なんで売らないんだよ!いかなごを買いにきたのに!!」とか…

お叱りの声が多数寄せられると思っていたらしいです。



しかし、予想に反し…
このように、「ツイッター」で…














という声が圧倒的だった。



お客様も、うすうす感じておられたんですね。

そこに“勇気をもった行動”をとった企業が現れた。
すると、みんなにこのことを広めたい!!ということで…

ツイッターにアップ。
すると、全国の方々から“賞賛の声”が上がった。



今回のこの行動。
小売側にとっては、「賛否両論」あると思います。
それでいいと思う。


ただ、商人伝道師は思う。

「未来を担う子どもたちの為に…」
「将来において、日本人が“旬のおいしい魚”を食べ続けられるように…」


ここに、“目先の利益”でなく…

“将来を見据えた上での勇気ある行動”が今後必要だと思う。



「いかなご」漁師は、今年の漁で「2000万円~3000万円」の儲けが出るらしい。
だって、もすごい相場高ですから…

だから、漁をやめるなんてしないだろう。
でも、こんなに乱獲したら、間違いなく瀬戸内海には魚がいなくなる。


f0070004_1151566.jpg


これはホールフーズマーケットの鮮魚売場に掲げてあるパネル。
「保護しないと絶滅する魚“レッド”
「今は大丈夫だが、将来的に保護しないといけない魚」“イエロー”
「今は食べても…。漁っても…大丈夫な魚」ブルー”

というように色分けされている。



いわゆる「サスティナブル」。(持続可能な社会)の実現をめざしている。
こういうことを日本のスーパーマーケットも行っていなければいけない時代になった
のではないでしょうか…


ちなみに、この「チラシ記事」にどれだけの“リツイート”があったと思いますか…
その数「4608」リツイート

すごいリツイートの数。


こういうことがに日本人の“心の琴線”にふれる時代なのです。
みなさんは、この「チラシ」の文章と取り組み…

どう思われますか…


すごく考えさせられる記事ですよね。

「売れれば何でも売るべきなのか…」

それとも…

「サスティナブル(持続可能)を考えて、勇気を持って売ることをやめるべきなのか…」


これからは“企業の姿勢”が問われる時代になってきたかもしれません。


そして、今日の一言…
「技を極めるのは、紙を毎日重ねるようなもの。しかも、紙が本物でなければならない。
 瞬間のひらめきや1日や2日でできるものではない」
(室伏広治)

by akindonet | 2017-04-03 18:00 | Comments(0)