商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 02月 27日 ( 1 )


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者の御紹介
「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は、朝4時起床。
Blogを書いて…
「商売繁盛虎の巻」の原稿書いて…・
サクラとジョギングして…
羽田空港へ…
今日は四国へ…


さて、今週より正式に「第17回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の
募集をスタートします。
f0070004_1538874.jpg

f0070004_15381393.jpg

f0070004_15381880.jpg

f0070004_15382494.jpg



「シアトル~ポートランド」
アメリカで視察するなら、今はこの「二都市」」しかありません。
特に、「シアトル」は絶対におさせておきたい。
なぜなら…
全米が注目する「トライアル店舗」が多いからです。

「365 by Whole Foods Market」
「Main & Vine」
「PCC]
「AmazonGo」


などがあるからです。
もちろん、アメリカの“ド定番”である「TRADER JOE'S」や
「Whole Foods Market 」、「Walmart」も視察します。
ぜひ、参加してみて下さい。
「アメリカ視察セミナー」をお考えの企業様には
絶対おすすめのセミナーだと自負しております。

「価格もすえおき」
ました。
ビックリするような価格です。

「4ッ星以上」のホテル。
「計4回のセミナー」
「店内撮影・インタビュー多数」

これで、この価格ですから…

お早目のお申込み、心よりお待ちしております。

ちなみに…
「第21回やる気と感動の祭典」の発表者の中で…
なんと4名も…
秋の「第16回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」に参加されている。

「アメリカを見たからといって、成功するわけではない。」
「しかし、アメリカを見ないで、成功したものは一人もいない。」


それを証明してくれると思う。
この4名の発表は期待しておいて下さい。
いや、一番期待しているのは、商人伝道師かもしれない…(笑)




そして、今日は「第21回やる気と感動の祭典のエントリーから気づかされてこと」について…。


「やる気と感動の祭典」のエントリーは…
実は、商人伝道師的にも“振り返り”の勉強になるんです。
そこで、今日は商人伝道師が「ハッ!!」と気づかされたものを紹介します。


まずは「戦略キャンバス」づくり。
f0070004_14453076.jpg

f0070004_14454171.jpg



これは、株式会社ウシオ(グッディ)の食品バイヤー田川さんのエントリー。


「構成比」からまずは分析する。
「売れて儲かる商品」は何なのか…
それを「構成比」から分析する。

さらに、「ダウントレンド」だが、構成比の高いカテゴリーは何か…
その「下げ止まり」対策はどうするのか…

そして、「アップトレンド」カテゴリーの“売上げ最大化”をするには、
どうすればよいか…
「見える化」する。

さらに、それが「見える化」できたら…
「戦略キャンパス」で…

「付け加える」もの。
「増やす」もの。
「減らす」もの。
「なくす」もの。


をしっかりと決める。

これが、描けると売場をしっかりとつくれるようになる。
こういう「基本」が大事だなーと感じさせる素晴らしいエントリーでした。

ちなみにこの「田川」さん。
今回発表する「伊藤軒」の上野 彰修君の“育ての親”
田川さんがいなければ、上野君は100%発表できる場にはいない。
田川さんに“ボコボコ”にされながら、それに対応して…
大きく成長し、今回の発表がある。
“育ての親”に成長した姿をぜひ見せてほしいと願う。



次に、「正しく学ぶ」ことの大切さを再認識したエントリーがあった。

それが…

「株式会社しまむら」さんの「冷凍食品の異常値」のエントリー
f0070004_14484723.jpg

f0070004_1449181.jpg

f0070004_14492782.jpg

f0070004_14493615.jpg

まずは、上記の内容をじっくりと読んで下さい。
「正しく学ぶ」ことを続けると、こういうことが書けるんですよ。
「正しく学び続けている」ことの成果です。

そこで、「異常値」に取り組んだのが…
f0070004_1451665.jpg


それがこれです。
f0070004_14512221.jpg

f0070004_14513041.jpg

f0070004_14515066.jpg

f0070004_1452018.jpg


「正しく学んでいる」からこういう商品に挑戦できる。
すると、こんな数字になる。
f0070004_14522230.jpg


たぶん、正しく学んでいなかったら
今でも「NBメーカーの全体割引」を続けていることでしょう。
ぜひ、「株式会社しまむら」さんには、
これからも「お取組み企業」と一緒に学び続けてほしいと願う。

「学びをやめたら、終わり!!」

特に、平塚は“超激戦区”
自分たちだけでなく、「お取組み企業様」を巻き込んで
一緒に学び続けてほしいと思っています。
こんな取り組みを今後も続ければ大丈夫です。
商人伝道師が“生き残らせてみせます!”



最後に、「衣料品」にエントリーから気づかされたこと。
f0070004_1454149.jpg


これは、「株式会社ニシザワ」の衣料品の方々のエントリー。
スーパーマーケットやGMSの衣料品の不振は続いています。
「カテゴリーキラー(ユニクロさん、しまむらさん など)の出店で
“底なし沼”状態。
f0070004_14553762.jpg

f0070004_1455489.jpg


そこで取り組んだのが「在庫削減」。
f0070004_145454100.jpg

f0070004_1455526.jpg


「仕入れ」の調整。
f0070004_14564135.jpg


しかし、「在庫削減」によるデメリットもある。
f0070004_14573285.jpg


そこで考えたのが「展示会」発注の削減
f0070004_14575036.jpg

f0070004_145884.jpg


そして、徹底的に分析した。
すると「在庫と売上げ」のバランスの悪いカテゴリーがあらわれた。
f0070004_14583717.jpg


そこで、こんなことをした。
f0070004_14585083.jpg


こういうことにより、「売上げ」を落とさずに…
「在庫」を削減することに成功した。

実は、何を気づかされたのというと…
「そうだ―衣料品は利益の柱なんだ…」と。
「しかし、この部分の“正しい学び”を提供していない!」
そこで、「GMSの衣料品改革」で実績を上げている…

「ハー・ストーリィ」の日野佳恵子さんと話して…
「GMS、スーパーマーケットの衣料品売上げ対策セミナー」
を開催します。


日野さんが“アドバイス”して、一番効果があったのが…
なんと、「衣料品」部門だったんですって…
それなら、ぜひ「セミナーを企画させて下さい」ということで…
セミナー開催が決定。


3月1日に打ち合わせすることに…
この「ニシザワ衣料品チーム」のエントリーがなければ…
こういうこと考えなかっただろうなーと。
この「セミナー」に参加されて、売上げ・利益を向上したら…
「やる感史上初の衣料品発表」
も“夢”ではない。


またまた…
「夢の拡がる」ことになる。
ぜひ、「衣料品売上対策セミナー」を実現したい!!
みんなが幸せになるために…。

今日は、エントリーから気づかされてこと…でした。


そして、「今日の一言」…。
「墓場で一番の金持ちになることは私には重要ではない。
夜眠るとき、我々は素晴らしいことをしたと言えること、それが重要だ。」
(スティーブ・ジョブズ)

by akindonet | 2017-02-27 18:00 | Comments(0)