商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 02月 26日 ( 1 )

心のオアシス


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者の御紹介
「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は、朝5時30分起床。
サクラとジョギングして…
身支度して…
小商人伝道師を「ラグビースクール」へ…

今日は、ゆっくりします。
午後からは、ゴルフの練習.....

なかなか、上手くなりません。(泣)
長い目で、みてくださいね。



そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですね。


今日は…
孫正義さんの話。

「横の通用口から入りなさい」

先日、所用があり参議院を訪れた時のことだ。
入り口中央には赤じゅうたんが敷いてあり、私はなんら躊躇することなくそこから中へ入ろうとした。

その瞬間、守衛から怒鳴られ制止された。
「こら、そこを歩くな。横の通用口から入りなさい。そこは議員さんが通る場所だ」

私は怒鳴り返した。
「ちょっと待て。
そんなことどこに書いてある。書いてもいないのになぜ、いきなり怒鳴られるんだ。
そもそもどうして議員が赤じゅうたんの真ん中の入り口で、国民は通用口なんだ。
俺は帰りも堂々と真ん中から出る。そして次に来るときも堂々と真ん中から入る。
どうしても通したくなければ警察を呼んで逮捕してみろ」

結局私は、真ん中から入り、真ん中から出たが、この出来事ほど今の議会制民主主義の歪みを表した象徴的な出来事はないだろう。
まさに主権在民の精神を忘れた代議制度だと言えるのではないだろうか。
議員、代議士というのはその名の通り、主権を持っている我々国民の代理として国会で議論をする人たちだ。
憲法で主権在民が謳われているように、一番えらいのは国民であり議員は国民の下僕であるはずだ。
それなのになぜ議員が真ん中の赤じゅうたんの入り口で国民が脇の通用口なのだ。

もちろん守衛が悪いわけではない。
彼らは職務として決められたとおりにやっているだけだ。
しかし、彼らも長年この仕事をしてきて疑問に思ったことは無かったのだろうか。
私と同じ主張をした人はいなかったのだろうか。
なぜ主権を持っている国民が通用口で国民の代理人である議員が赤じゅうたんなのかと。

もしかして我々国民もいつの間にか
「一番えらいのは議員で、国民はその下」
などと卑屈な考えを持ってしまっているのではないだろうか。

ちなみに私はいろいろな国の国家元首を訪問した経験があるが、一度たりとも通用口など通されたことはない。
いつも堂々と正面から入っている。
何故自分の国の国会に正面から入れないのだ。

代議制民主主義は、物理的な制約や、情報の偏在、テクノロジーの稚拙さなどで直接民主主義が不可能であった時代での民主主義の実現のため作られたシステムだ。
民主主義のシステムの根底にある精神は、主権在民であり、議員は国民の代理であるという考え方のはずだ。

ところが日本においては、戦後の議会制度60年の歴史の中で、いつしか議員が権力を持っているかのごとく扱われ、主権在民の精神は薄らいでしまった。それは国民の政治への関心の低さにもひとつの原因はあると思う。



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

考えさせらる出来事ですよね。
これは仕事に対してもいえることだと思います。

例えば、一つの仕事でも様々な業務がありますが、
それを行う理由というものがあるはずです。

それを知らずに行うのか、
きちんと意識しておこなうのか…

きちんと意味を理解して、興味をもって取り組むと、
見える世界が少し変わるかもしれませんよね。


さあ、早いもので今週から3月なんですね。
「第21回やる気と感動の祭典」の準備が本格化する月。

今年は例年より1週間早い。
これが「吉」とでるか…「凶」とでるか…
それはわかりません。
ゆいいつ言えることは…
「ムチャクチャ」中身がよいということです。

今の時代に絶対に学ばなければいけないことを
しっかりとお届けします。
すごい中身ですよ…
「売上げ・利益の最大化に挑戦!!」
したい企業はぜひ参加してみてください。



そして、「今日の一言」…
「難題に遭遇しない人は自分の可能性に挑戦していないのかもしれない」
(孫正義)

by akindonet | 2017-02-26 18:00 | Comments(0)