「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 02月 16日 ( 1 )


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php



やる感ボランティア募集のお知らせ

やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php



第18回売場大賞「節分」
写真募集中!!締切迫る!
f0070004_19581666.jpg

詳しくは公式ホームページより
http://www.akindonet.com/grandprize/


第17回売場大賞「Xmas~年末・正月商戦」
公開中!!
売場大賞の番組は商人ねっとの会員様無料です!
次に向けてのヒントが満載!ぜひご視聴下さい。
結果発表動画へ
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=339&subCd=1




小売業NO,1教育映像サイト「商人ねっと」最新動画配信のご案内

「行列ができる究極のイベント「朝市」」
f0070004_11481780.jpg

取材店舗:株式会社文化堂・豊洲店

毎週日曜日、開店前から300名以上の長蛇の列!
「人が集まる」仕組みを大解剖する番組が登場!
究極の集客イベント「朝市」の作り方を伝授!


「やる気と感動の祭典」に参加された企業や「商人ねっと」会員様は
絶対に!絶対に!!絶対に!!!ご視聴ください!


視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」へ
http://www.akindonet.com/movie/contents.php?contentsCd=338&subCd=1

(全社員様が定額で学べる定額法人会員制度)




今日は朝5時起床。
Blogをちょっと書いて…
身支度して…
新横浜駅へ。
今日は「スーパーマーケット実践会in名古屋」です。

現在、4月からスタートする…
「第2期スーパーマーケット実践会in名古屋」に参加される企業様を募集しています。
名古屋は以前もそうですが…
募集してもなかなか集まらない地域。
「よそ者を受け入れない」
地域だとは聞いていますが…
厳しいですね。


逆に考えると、そういう地域だからこそ
参加すればおおきな差別化になると思うのですが…
「第2期スーパーマーケット実践会in名古屋」
お申込み心よりお待ちしております。

詳細はこちら
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


昨日、「スーパーマーケットトレードショー」を見てきました。
「ビッグサイト」よりまたまた大きくなり…
歩き疲れました。
参加される方々のことを考えられたら…
もう少し「コンパクト」にするとか…
春と秋の年二回開催するとか…
お考えになられてもいいのでは…
と感じました。

これは商人伝道師だけが感じることかもしれないけど…
「あー、回り切った!!」
という充実感(?)で、一つ一つの商品の印象がなくなっている(泣)
あまりにも広くて…
「登山で頂上に登った!!」という達成感で、
その途中の“景色”を忘れてしまう感じ…

ただ、「スーパーマーケット」という業態が、こんな「大きなイベント」を開催している!!ということ自体は、すごいことだと思うし、
「新日本スーパーマーケット協会」の貢献度は高い。
ただ、“大盛況”すぎて、疲れる。(笑)
まあ、2日とか…3日とか…かけて、
ゆっくり回るとそんなことないんでしょうけどね…
要するに、商人伝道師が欲張りなだけか…(笑)





そして、「新春特別セミナー」を振り返って Part2 を今日はお届けします。


第三講演は…
「オイシックス」の髙島 宏平社長のセミナー。
f0070004_17582850.jpg

f0070004_17583539.jpg

f0070004_17583981.jpg


なんか、スーパーマーケットの実店舗の話をされているのでは…
と錯覚するぐらい、類似していた。

オイシックスさんのホームページは、常に「買い物時間」を意識されているとのこと。
「いつも購入されている商品は前もって買い物かごに入れておく」
そして、その後の「買い物時間をいかに長くするか」を工夫しているとのこと。

オイシックスのトップページを見てください。
https://www.oisix.com/
どんな表示がされていますでしょうか。
なんと、「初めての方」「何回か買い物をした方」「リピーターの方」それぞれ向けに、サイトの構成を変えているそうです。
そして、購入経験のある方へのページには、
例えば、「メニューが思いつく提案」や…
「おすすめキット」の提案
など、ちょっと手を伸ばしたくなる…
ちょっと挑戦してみたくなる…
“仕掛け”が随所にある。

ポイントは…
「後ろめたくない手抜き」
の提案らしい。
ですから…
「調理時間20分」料理にこだわる。
なぜなら…
「20分という時間が“私、やった!”感になる」らしいから…
後ろめたくない手抜きで、20分ぐらいは料理に時間をかける。


すると、“自己称賛”できる。
だから、オイシックスさんでは“20分料理”にこだわるらしい。



また、ネットという性格上、“あやしい!!”“不安!”というものがつきまとう。
そこで、徹底的に「基準」にはこだわる。
例えば…。

「美味しい」という基準。

この「おいしさ」は人それぞれの価値観な為…。
しっかりとした基準がない。
そこで、オイシックスさんでは「基準」を作っている。


さらに、「安全・安心」に対しても、凄く厳しい「チェック」機能を持っていたり…。
「外部の方々」にチェックしてもらったりしているとのこと。

「不安に思う気持ち」

を如何に取り払うかがポイントだと言われていた。
その通りだろうな~と。
凄く参加者は勉強になったと思うし…。
凄く“脅威”に感じたと思う。
それぐらいに中身のあるセミナーでした。


第4講は…。

株式会社ハー・ストーリィ
代表取締役
日野佳恵子さん


f0070004_1759282.jpg

f0070004_1759688.jpg

f0070004_1759987.jpg


久しぶりに「日野トーク」を聴いた。
なんか現場を経験されたせいか“凄み”が出てきたような気がする。
そこで商人伝道師なりに気づいたことを…。


今、店のポイントは3つあると日野さんは言う。
一つ目が「安全な場所である」
とにかくホッとできる場所。
子ども連れて行っても安全な。
これが大切であると…。

二つ目が「心を許せる場所(安心して居られる)」

例えば陳列台を「丸い陳列台」にするとか…。
POPも「手書きのPOP」が多いとか…。
そういうことが大事だと…。

そして、3つめが「居心地が良い場所」
何時間居ても良い!!と思える場所になるように
店作りすべきだと…。


このコンセプトで…
「イオンタウン長久手」
「イオンスタイル碑文谷」

をお手伝いしたとのこと。

そして、今どきの主婦は…
「変化と楽しさ」
を店に求めている。
それも、「ちょっとだけの変化」…
「ちょっとだけの」楽しさ…を。

さらに、「口コミネタ」がいっぱいある店を探しているとのこと。
「そうだよねー」と感じた時間でした。


商品においては…
「品質」・「価格」はもちろんのこと。
「ひと手間」・「人の手間」で簡単にできる。
「購入後の利用価値がある」
ということをすごく求めているという。

「うーん、納得!!」


最後に、主婦は「小さくてもいいから、幸せがほしい!!」んですと…。
「小さな幸せ」の提案。
これができる店は繁盛すしますよと…。


すごく説得力がありますよね。
その他にも

「今は“できちゃった婚”ではなく、“さずかり婚”」
「今は“バツイチ”でなく、“マルニ”」

など、すごく面白い情報も教えてもらった。

1時間30分がアッというまに過ぎた。
すごく楽しいセミナーでした。
このように…
すごい“豪華講師”が…
すごく“緊張感”をもって…
話していただいたので…

すごく有意義な時間をすごすことができました。
そして、最後に「商人伝道師」の講演。
「1時間」がいつのまにか「1時間30分」になる。
いつものことだが…
この内容は後日…(笑)


昨日の「スーパーマーケットトレードショー」で
「未来型スーパーマーケット」の提案や…
講演があった…。
みなさん、すごいなーと思った。
「5年後!10年後!をどうやって予測されるのだろう―」と。
だって、お客様の価値観はどんどん変わってくるのだから…
それよりも…
「今起きている未来」
を追求した方がよいのではないかな―。
と凡人は感じた次第でした。



そして、「今日の一言」…
「ほとんどすべての人間は、もうこれ以上アイデアを考えるのは
不可能だというところまで行きつき、そこでやる気をなくしてしまう。
勝負はそこからだというのに。」
(トーマス・エジソン)

by akindonet | 2017-02-16 18:00 | Comments(0)