商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2017年 01月 24日 ( 1 )

f0070004_1622139.jpg

開催日:2月14日(火)
会場:ホテルグリーンタワー幕張 4F ロイヤルクレッセント

セミナー詳細はこちら
https://www.akindonet.com/seminar/shinshun/


受付締切 2月10日(金)
お申込み用紙はこちら
https://www.akindonet.com/seminar/shinshun/doc17/omoushikomi.pdf




やる気と感動の祭典 21 発表者エントリー募集中!
f0070004_16225170.png

エントリー締切まで あと12日

エントリーすることにより自分の“足跡”を棚卸しできる。
エントリーすることにより“自信”につながる。
そして、エントリーにより、結果が変わってきます。


エントリー締切 2/5(日)

詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/entry.php




今日は朝5時起床。
さすがに昨日は飲みすぎた(泣)。
ジャパンミートの境会長、境社長と色んな話をさせていただき、
最高の夜でした(笑)。

今日は宮城県丸森町へ・・・
「東日本大震災」で甚大なる被害を受けた。
その後、急速なる発展を遂げている。
日本人のパワー!技術!は本当に凄いと思う。
その地に出店した企業のクリニック。

「東北勉強会」

です。

さて、「第21回やる気と感動の祭典」

f0070004_1135482.jpg



エントリーの準備は着々と進んでいますでしょうか・・・

「エントリーすることに意味がある!!」

「業績・仕事の棚卸し」

の為にも、是非エントリーしてみてください。
お待ちしております。

そして今日は「スタイルを変えない・・・」について・・・

昨夜、「ジャパンミート」の境会長、境社長とお話しして・・・
芝浦の本社の下にある「ハナマサ」さんのお店を見させてもらって・・・
感じたこと。

それは・・・
「スタイルを変えない・・・」
ということ。
もっと簡単に言うと・・・
「ブレない!!」
ということ。

「肉のハナマサ」
みなさん、ご承知の通り・・・
東京23区を中心に出店されている。
それも・・・
「24時間営業」
大変だろうな…と普通は思う。
しかし、当事者の考えは違う。

「24時間だから、商品をしまう事もない」
「朝に集中作業をしなくて良い」
「24時間営業だから、すごくオペレーションが楽である」


そういわれればそうかもしれない。
別に朝に開店に間に合わせることはない。
「日付管理」だけすれば良い。
そういう意味からすると、すごく楽かもしれない。
特に東京などは「24時間で街が動いている」
それに合わせたスタイルとしては「24時間営業」は良いのかもしれない。

そういうことで、この「スタイルを変えるつもりはない」と・・・
しかし、同じスタイルをやり続けながら・・・
ここ近年、売上が良いとの事。
なぜか・・・

「基準値が上がったこと」
「異常値販売を推進したから」
とのこと。

「スタイル」を変えないで進化したことが功を奏しているらしい。

確かにお店を見ると、以前と比べたら格段に基準が上がっている。
「エッ?!これがあの肉のハナマサ?!」
というくらい、基準値が上がっている。

「形を変えずに基準を上げる」

商売の原点だと思うけど…
改めて感じた。

これは「ジャパンミート」でも同じらしい。
「出店してダメならスパッとやめる」
「自分たちのスタイルを変えるつもりはない」
「自分たちのスタイルでダメなら、出店地選びがダメだった!と諦める」


自信の表れだと思うけど・・・
これぐらいの割り切りは必要かもしれない。

「こんなに家賃を払っているんだ!何とか販売の工夫をしろ!!」
「何でこんなに売れないんだ!もっと努力しろ!!」
「赤字をいつもで出してんだ!コストを見直せ!!」


こんな言葉が全国で飛び交っている中・・・
「スタイルを変えずに、ダメなものはダメ!!」
とスパッと決断することってこれからは大事かもしれない。

当たり前のことだけど…
この業界の方々は・・・

「○○○が良いぞー!」というとすぐに同じことをする。
「挙句の果てにはトップが変わると方針さえ変わる」


というように、「形(スタイル)」を持たずに・・・
「風見鶏」のように・・・
あっちにフラフラ・・・
こっちにフラフラ・・・
する企業がほとんどである。

自分たちの「信念」をもって・・・
「その形(スタイル)を徹底的に深堀すること」
がとても大事だと思う。

しかし、そのためには一所懸命に勉強して・・・
自分たちのスタイル(形)に合ったものにアレンジして、
モノにしていくことが大事。

今日紹介した・・・
「ジャパンミート」さんは・・・
「やる気と感動の祭典」で・・・
「基準値アップ」と・・・
「異常値販売」・・・
を学ばれて、それを“徹底”されている。
自分たちの「スタイル(形)」にしてしまった。
これも「学び」から生まれたこと・・・

よく言われますよね…
「変えてはいけないこと」
「変えなければいけないこと」

このバランスが大事であると・・・

店のスタイル(形)は変えない。
しかし、時代に合わせて、取り組みはどんどん変えていく。
こういう「信念」「柔軟性」が必要だと思う。

今日なぜこんなことを書くかというとね…
近頃「形(型)を持たない企業が多くなってきたことに
すごく疑問を感じているからです。

今まで、高質系で来られた企業が新店はディスカウント系で展開されている。
逆に、ディスカウント系でこられた企業が
お金をかけて高質系で出店されるとか・・・

もっと自分たちの形(型)があってもいいんじゃない?!

と思うことをよく見かけるようになった。
こんなにあっちフラフラ・・・
こっちフラフラ・・・
したらダメだと思うけどな…
と思っている自分が“古い”のかもしれないが・・・
と思っていた時に・・・
昨夜、ジャパンミートの会長、社長の話を聞いて・・・
その疑問が解けた。

自分たちが「これだ!!」と決めたら…
とことん突き進む。
その中で、「変えなければいけないこと」はどんどん変える。
その為には「学び」しかない。

因みにジャパンミートさんは「やる気と感動の祭典」に毎回50名以上参加されている。
自分たちの形(型)は変えないが…
人間力や・・・販売力は上げる・・・
そのヒントやポイントを学びに来られる。
これが急成長の秘訣か・・・
皆さんは形(型)を持っておられますか・・・

そして、「今日の一言」・・・
成功の鍵が何かは知らないが、失敗の鍵は、
全ての人を喜ばせようとすることだ。
(ビル・ゲイツ)





by akindonet | 2017-01-24 18:00 | Comments(0)