商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2016年 10月 10日 ( 1 )


第20回やる気と感動の祭典 発表者決定!


「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表」は
4部構成に分かれています。
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第20回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ

発表者のご紹介映像
青果部門


発表テーマ
競争力のある「ハイパーローカル戦略」とは、
ズバリこれだ!!


株式会社文化堂
商品統括部 生鮮部 生鮮1課 課長 大沼 正幸 氏
セミナー参加申込みに関する詳細は「やる気と感動の祭典20」 公式ページへ





新着動画情報
チャレンジャー あくなき挑戦者たち
取材企業:株式会社いちい

f0070004_18124379.jpg

「販売力」「人間力」の可能性は無限大!
「人間力」による店舗のイノベーション方法とは?!


今回登場するのは「第19回やる気と感動の祭典」の店長部門で発表した
株式会社いちい 蓬莱店店長 平子成人
ニューマネジメントによる様々な仕掛けで圧倒的地域1番店を作る店長術にカメラが密着!
男がたどりついた最強の店舗!その真実とは?


チャレンジャー あくなき挑戦者たち
視聴ページへ




今日は朝6時起床。
若いときはカゼなど一日で治っていたのですが…
長引いています。
身体のふしぶしがいたい。

オフィスに入って、アソシエイトと打ち合わせあるし…
「第20回やる気と感動の祭典」の原稿レジュメは書かなくてはいけないし…
休んでおられません。
でも、今日は早めに帰宅して静養します。


さて、「第20回やる気と感動の祭典」。
申し込み締切日まで、あと9日となりました。
まだまだ時間がありますが…
是非、参加してみて下さい。お申込みお待ちしています。



というのもね…
昨日、とあるスーパーマーケットに買い物に行ったのです。
「安さを尖り」にしている企業。

しかし、商品を見てみると、安さがない。
明らかに利益をとろうとしている。

しかし、「売価を上げて」利益をとりにいくと…
大変なことになるよな~と。

「まだお客様が“安いイメージ“をもって買い物されているので…」
今はいいけど…。
もしも、気づかれたら…

こわいな~と思った。


利益は「売れて儲かる商品」の異常値に挑戦して出すもの
売価を上げて、利益をとりにいくと、必ず、そのしっぺ返しがくる。

「安さ」を出しながら、「利益」をとる。
これこそ、「商売」だと思うのだが…



そういう意味からいっても…
この「やる気と感動の祭典」の存在意義って大きいと思う。

「正しいことを学び、正しく実践する」






そして、今日は「商品力と販売力」について…


「第20回やる気と感動の祭典」も、“商品展示会“を開催します。
全部で40社以上が出展されると思います。


この出展する企業さんや商品は、確実に“差別化・独自化”につながる。


前回の「東京の隠れた逸品」でも数多くの大ヒット商品が生まれた。

f0070004_14141981.jpg

f0070004_14142474.jpg


これは、東京・神楽坂の「五十番」さん。
「1個300~500円」もする。

しかし、販売してみると、これがバカ売れ!!
なぜ…

もう、お客様は手元に“検索”できるすぐれものを持っているのです。
ササッと取り出して、「検索」する。

すると、すごい商品であることがわかる。
その瞬間、「300円~500円」という売価が購買の判断基準でなくなる。
「購入する価値があるか…。ないか…」になる。

ですから、爆発的に売れる。

「1日400個以上」
販売した企業もあらわれた。



f0070004_14181780.jpg


この企業は、「三陸の魚介類」を取り扱っている企業。
自ら居酒屋を東京で展開されているので…

「惣菜(海産物)」も豊富にもっておられる。


週に1回、「三陸の魚介類」を“お魚セット”で調達している企業があわられた。
「魚惣菜」の品揃えに活用している企業もあわられた。

これこそ、「独自化商品」。



こういう商品が今回もかなり出展される。
でも、日配品やグロサリーのバイヤーを参加させない企業も多いのが事実。

もったいないと思う。



「宝の山」が山ほどあるんですよ。
今回は「徳島の名産品」も数多く出展します。

「徳島…???」とみなさんバカにしてませんか?!

徳島は「和三盆」の本場
菓子などはレベルが非常に高い。

その他、調味料などもスダチなどがあるので、“差別化”になる商品も多い。



f0070004_14202441.jpg


この「フォロドレッシング」は徳島のメーカーが製造されてますもんね。
ぜひ、しっかりと商談してみて下さい。

「宝の山」がたくさん見つかりますよ。



この「やる気と感動の祭典」。

「販売力」も…
「商品力」も…

全ての基準を上げてほしいと願って…

「第17回」から“展示会”をスタートしました。
そして、「第19回」から“ランチタイム”も設けることに…

50分間ですが…
商談の時間も設けました。


いたれりつくせりですよね(笑)
この「やる気と感動の祭典」。


今回は「異常値販売」にフォーカスしています。
消費マインドが明らかに低下しているからです。

「販売力」を上げていかないと、売上げも…。利益も…
とれなくなる。


それと、「売れて儲かる」商品の異常値販売にフォーカスしないと、
間違いなく、これから「価格競争」が厳しくなる。

価格競争には、ある程度“参画”しないといけない。
しかし、参画すれば間違いなく利益は落ちる。

人件費をはじめ、経費は上昇しているのに…
よって、この「売れて儲かる商品」の異常値販売が大事になると思っている。



ですから、形は違えど、各発表に異常値販売を組み入れている。
参加者にどうしても“実践”してもらいたいから…


どんな時代になっても、生き残らせます。
ついてきてもらえれば…

ですから、今回も「販売力」と「商品力」の両面でサポートさせていただきます。

「販売力」とはどういうことか…
「商品力」とはどういうことか…

それを理解していかないと…

「安さ=商品力」となる。

しかし、「安さ」には限界がある。
だから、「安さ以外の商品力」にフォーカスしなければならない。
それを学ぶセミナーにします。

ですから、是非参加してみて下さい。


そして、「今日の一言」…。
「真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。」
(マルセル・プルースト)

by akindonet | 2016-10-10 18:00 | Comments(0)