商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2008年 05月 04日 ( 1 )

“心の食物”

小生は5月3日~5日と出張なし。
こんなこと何年ぶりだろうか?

記憶にないくらいです。

ですから、昨日3日は「読書日」にする。
購入したものの読んでいない本を読む。

その中で、小生のBlog仲間である、
結城義晴先生の「お客様のためにいちばん大切なこと」を読む。

みなさん、1時間くらいで読める本ですので、ぜひ読んでみて下さい。
特に若い方々にお奨めします。

小生も、小生の会社運営においてヒントになったことが1箇所あったので、
すぐに来週から実践してみよう。
感謝…。

しかし、本っていいですね。
自分が忘れていたことを思い出させてくれる。

自分が気づかないことを気づかせてくれる。
だから、スランプに陥ったときは、がむしゃらに本を読む。

今は決してスランプではないんですが、なんか無性に不安に駆られる。
たぶん、これは「事業拡大」についての不安だと思う。

以前に比べたら、3倍以上の人員になった。」
今後も人員補充していく。
事業拡大は企業理念を具体化するため…。
今期の必達目標を達成するため…。

この不安を解消するには、「心の食物」が一番効く。
そうです。
「心の食物=読書」です。

自分の立場に置き換えて、本を読む。

もちろん、あまりにも難しく、途中で挫折する本もたくさんある。
「今の自分にはまだ早い。」ということと割り切ります。

自分お立場に置き換えて、スムーズに脳に入ってくる本のみ読みます。
今年に入っても、もうかれこれ50冊くらい読んでいる。
特にこの3日間は「読書」「これからの事業計画の具体的展開」
「脳の整理」に時間を費やそうと思っています。

たったの3日間ですが、
「心の掃除」と「脳の掃除」ができれば良いな~っと考えてます。

こんな時も必要ですよね。
特に、4月はいろんなことがあったので…。

5月は、小生念願の単行本が出版される予定。
(まさか、6月にずれ込むことはないと思うけど…)

まだ、発売が決まっていないのに、500冊以上も予約が
小生の会社に入っている。

そして、5年ぶりぐらいに「食品商業(5月15日発売)」に記事が載る。
青果コンサルタントでなく、「戦略コンサルタント」として記事を載せる。
それも約10ページの特集記事としてだ。

それに、リスパック「春の勉強会」。
東京大阪の2大会場での開催が決まっている。

「商人ねっと」も、第二期投資が待っている。
かなりの投資になるかもしれないが、映像の方の
システムを大幅に組み替える。

時代の変化に合わせるように…。
もう、いろんなことがある。だから、「不安」が押し寄せてくるんだと思う。

「やるっきゃない。」

この不安を取り除くには、計画しかない。
実行しかない。
「計画して動く。」
小生には立派な頼りになるスタッフがいるのだから…。

仕事ばかりしている日々は、あまり不安を感じない。
しかし、自分を見つめ直す時間があると、
無性にに自分の内面に「弱き心」が持ち上がる。

だから、それを打ち倒すために、「心の食物」をどんどん与える。

決して、「胃や肝臓に食物やお酒」を与えない…(笑)。
こんなことしたら、自分に負けたことになるから。

みなさん、嫌なこと、不安なことがあったら、「心の食物」を
与えることをお奨めします。


かなりの特効薬になりますよ。

なんか、今日は小生の「悩み」の告白になりましたね。
ごめんなさい。

そういえば、結城先生の本に…
「朝に希望、昼に努力、夕べに感謝。」
「おねがい、ごめん、ありがとう。」
という言葉が示してあった。

良い言葉だったので、おすそ分け…。
また、スタッフにGW明けから、「おねがい、ごめん、ありがとう。」の毎日を
スピードを持って言い続けていこう。
それが、不安を消すことであり、成功への道なのだから…。

そして、「今日の一言」…
「当たり前が一番大切なのに、失ってみないとわからない。
お客様、、空気、水、健康…。」

(結城先生に送られた、故オリジン会長安澤英雄さんの手紙の一文より。)


なんか、ジ~ンときた。
by akindonet | 2008-05-04 17:23 | Comments(2)