商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

2008年 04月 30日 ( 1 )

歴史に学ぶ

今日は、山梨へ日帰り出張…。

今週も名古屋・山梨・青森と出張が続く。


ところで今日は、「歴史に学ぶ」について…。

小生の気に入っている言葉に、
「勝者は歴史に学び、敗者は経験を学ぶ。」というのがある。

今の小売業(特にスーパーマーケット)はこの言葉を
真摯に受け止めて欲しいと思っている。

この業界は、「経験」を重んじる。
「元○○○」という肩書きものを言う業界。
ですから、元大手チェーンにおられた方々が、
コンサルタントとして重宝される。
決して、これが悪いということではない。

ただ、一番こわいことは、その方々の「経験」を学ぼうとすること。
コンサルティングを受講される側の問題。

「経験」はあくまでも「過去の結果」・「その企業の文化」であって、
それを学ぼうとすること自体間違っていると、小生は思う。

しかし、残念ながら、この「過去の経験」を学ぼうとする企業が
多いのも事実である。

だから、「過去の経験」で商売ができるというウワサが広まるもんですから、
「ねこもしゃくしもコンサルタント」になられる。
特に大手チェーンを退職された方に多い。

これでは、どんどん地方スーパーマーケットは悪い方向に向かうような気がする。

「過去の経験」で飯が食えるから勉強しない。
ですから、「ノウハウ」という言葉で“情報の小出し”をされて、
引き伸ばしをされている方もおられると聞く。
悲しい限りである。

小生のように、「過去の経験」のない人間は、
“勉強”するしかないので、勉強する。
でも、まだ全然不足している。

「自分の“今”そして“過去”のノウハウは全て出せ。」

そうすれば、「自分に危機感を持たせることができる。
だからまた勉強する気になる。」


そうすることが、「自分の進化につながる」
と小生のメンターに言われた。
それを、今の「教訓」にしている。

だから、惜しげもなく“過去”と“今”のノウハウは全て公開する。

そして今、小生が考えて行動していること。
それは、「歴史に学び、その歴史を実行する」ことである。
「歴史は繰り返される。」とよく言われる。
本当にそうなのかもしれないと近ごろの小売業環境を見ると思う。

だから、「なぜ日本のスーパーマーケットは急成長したのか?」
「スーパーマーケットの先駆者は何で違いを見せんのか?」
を書籍などで勉強した。

実際に会って勉強したいのですが、叶わないため…。

そこで、わかったことがあった。
それは、まず「鮮度管理」
関西スーパーマーケットの「蘇生作業」などの「鮮度管理」は
その当時としては、画期的だった。

だから「スーパーマーケットの現代化」を実現できた。
その教訓を今、小生は行っている。

いわゆる「超鮮度管理」

今の時代の“画期的”レベルを実現しようとクライアントに導入している。
結果が出てきた。
歴史を学んだおかげ…。

それに「商品力」。

スーパーマーケットが急成長しているときの「商品力」のアップは、
全て「考え方」から入っているんですよ。

むかしの書籍を読むと、「考え方」からなんです。
当時の関西スーパーマーケットの北野社長の「商品力」についての
話もほとんどが「考え方」
渥美先生の“商品力”「考え方」なんです。

しかし、いまの「商品力」アップには、この「考え方」が欠如している。
このことに気づく。

「あの店で売れている」、「昔、在籍した企業ではこんなのが売れていた。」
というレベルの「商品力」強化が今…

だから、徹底的に「考え方」から“商品力のリメーク”を今、小生は行っている。
そのかいあって、少しづつではあるが、「メガヒット」が生まれつつある。

これも歴史から学んだおかげ…。

その他にも、「作業オペレーション」
今の“ローコストオペレーション”ではない。

その「作業オペレーション」の歴史を研究しながら、時代にあった
「“ゴール式”作業オペレーション」構築中。

コレも歴史に学んだおかげ…。

しかし、これはまだ結果がでてない。

そして、「ハイライトアイテム」に代表される、「売れてて儲かる商品」
開発と販売力強化。

これはものすごい効果があらわれている。
これも歴史を学んだおかげ…。

すべて、「歴史」から学ぶ。
今風に応用しただけ…。


小生の考え方と対極にあるとよく言われる「関西スーパーマーケット」さん。
しかし、小生は当時の「スーパーマーケット」の現代化を支えた、
「関西スーパーマーケットスタディー」を学んでいる。

当時の“革命・革新”は間違いなくこのグループ(AJSグループ)が
築いたのだから…。

それを、結城流で言うと、「スーパーマーケットの現代化」に合わせて考え、
構築していこうと思っている。


まずは、「実践」
そして、「検証」
さらに「改善」

「スーパーマーケットの現代化」を形(かたち)にしたい。
だから、みなさん、“経験を学んではいけない!!”
“歴史を学び、今風にアレンジする。”ことをおすすめする。

絶対に今までの「経験」を学んではいけない。

絶対に…。



そして、「今日の一言」…
「人が何事も一生懸命やらないのは、
努力しなくても成功できるといううぬぼれからだ。
ほとんどの人は、ある朝、目が覚めると金持ちになっているだろうと思っている。」

(トーマス・エジソンの言葉)

by akindonet | 2008-04-30 20:47 | Comments(0)