商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

“高質スーパーマーケット”とは

今日は名古屋でセミナー。
約120名の参加者。


ところで、みなさん読まれましたか?
「Value Creator」5月号。

読まれていない方は
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281680475/
でも購入できますので、ぜひ読んで下さい。

なんと、この中で小生と緒方知行先生の対談が載っています。
「特別インタビュー」ということで、なんと10ページもページを割いて
いただいている。

今回は“高質スーパーマーケット”とは何か?がものすごく詳しく書いてある。
今回のこの記事を読んで思ったことは、「インタビュー形式」「対談形式」って
インタビューされる方の本音を引き出したり、
言いたいことをインタビュアーが引き出してくれるという点から言うと、すごく良い。
改めて感じる。


その点からも、今すすめている、「CDオーディオセミナー」は
絶対に“お役立ち”できると確信した。


この「Value Creator」で小生が一番言いたかったことは…。
「高質スーパーマーケット」は、地方スーパーマーケットの
最強フォーマットであるということ。

だって、「高質スーパーマーケット」とは…
 ①商品の質を高めること
 ②鮮度の質を高めること
 ③販売の質を高めること
 ④人間の質を高めること
 ⑤管理の質を高めること


なんです。

決して、「店をきらびやかにする」や「こだわり商品を品揃え」すること
ではないということなんです。

 ①品揃えアイテムは多くないか、「価格訴求」商品から「こだわり商品」まで全て
  “意味”のある品揃えにする。競合店を囲いこむ品揃えを目指す。

 ②全盛期の関西スーパーマーケットのような、“アウトスタンディング”レベルの
  鮮度基準を目指す。
 
 ③お客様に「感動を」与える店作り。
  それをあらゆる販売方法で実現することを目指す。

 ④「人間力」「現場力」で「システム構築」「ローコストオペレーション」の大手量販店と
  “共存共栄”できる「店舗力」のある店の実現を目指す。
   
 ⑤従業員の豊な生活を実現するため、“誇れる”企業をめざすため、
  管理力を強化し、利益の出る店作りを目指す。



これが「高質スーパーマーケット」の“ミッション”です。
ご理解いただけましたでしょうか。

だから、地方スーパーマーケットの最強フォーマットと自負しています。
ぜひ、「Value Creator」5月号を読んでみてください。

小生なりの、喜びが実はこの本でありました。

今回、「いま固有名詞の時代」という特集で、とりあげていただいたのが、
小生とヤオコーの川野幸夫会長だったこと。

こんな素晴らしい方と一緒に特集記事にしていただいたことに感謝。

「お役立ち」したいという一念で、「身を粉にして」働いている姿に、
少しは神様がごほうびを与えてくれたのかな~?と思う。

「ありがとうございます。」

できれば、インターネットTV「商人ねっと」のPRを入れていただけたら、
「すごくうれしかったんだけどな~」

田口香世編集長…。

だって、「Value Creator」と同じ「コンセプト」なんですもん。
なんてね。


今日は「高質スーパーマーケット」についてでした。


そして、「今日の一言」…
「不況は商人を鍛える。」
(商業界創設者 故倉本長治先生のお言葉)

by akindonet | 2008-05-29 20:57 | Comments(0)