商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「消費力の落ち込みに注意」について・・・

f0070004_1358067.jpg
近年大きな盛り上がりをみせる「ハロウィン」!
みなさまのイベント写真大募集します!!

詳細は売場大賞公式サイトまで



日本コトPOPマイスター協会からのご案内

コトPOPマイスター【3時間受験コース】
コトPOPインストラクター認定講座
12月開講決定!



コトPOPマイスター【3時間受験コース】
12月18日(月)東京会場


認定講師による直接講義で、3時間で資格の取得ができます。
短時間で資格取得したい方のための講座です。
講師:山口 茂

受講&お申込みに関する詳細はコチラから


コトPOPインストラクター認定講座
12月19日(火)東京会場


既に「コトPOPマイスター」を取得された方を対象とした上位資格となります。
協会認定講師として、社内でのコトPOP作成者の指導やコトPOPコンサルタントとして講座を開くことも可能となります。
コトPOPインストラクターとして求められるハイレベルな知識と講座運営ノウハウを1日で学習できます。
講師:山口 茂

受講&お申込みに関する詳細はコチラから


コトPOPマイスター認定講座の詳細はコチラ(公式webサイト)



日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2018」開催決定!

日時:2018年1月23日(火)
場所:新横浜国際ホテル



詳細が決まり次第、本Blogにてご報告いたします!


今日は朝5時30分起床。
Blogを書いて・・・
身支度して・・・
今日は相馬へ。
荷物が多かったので・・・
昨夜は一度横浜へ帰り・・・
再度、仙台経由で福島県相馬市へ・・・

しかし、11月も厳しい月となっています。
鮮魚は何とか回復し始めているけど・・・
野菜はまだ回復傾向にない
結果的に言うと全くダメ!
こんな悪い数字見たことない。
粗利益が良いから安心しているところはあるが・・・
それにしても、売上げは悪すぎる。
急遽、「野菜対策」の収録をして・・・
商人ねっとで流そうか・・・
と思っています。
今週末ぐらいに収録して、来週の水曜日くらいまでにはオンエアーします。
会員様限定で・・・
いわゆる「秘策」を提供します。
苦しんでおられる企業様。
出来るだけ早く収録して、オンエアーしますので・・・
期待しておいてください。

そして今日は、「消費力の落ち込みに注意」について・・・

セブンイレブンが63か月ぶりに・・・
「前年比」を割った。
「99.5%」
まあ、昨年比100%みたいなものですけど・・・
それでも、ほとんど前年比を切らないセブンイレブンが前年割れすると
「えっ!!」と思う。
ローソンは約4%減
ファミリーマートは1.2%減
もちろん、セブンイレブンが前年を割っているのだから・・・
他の二社は絶対に前年比をクリアーできない。(笑)

10月はね・・・
天候のせいにはしたくないけど・・・
あまりにも悪すぎた。

しかし、天候にあまり左右されないのが・・・
コンビニエンスストアーと思っていたので・・・
意外。

「客数の大幅減」
これは天候の要因が大きいと思う。

セブンイレブン ― 95.5%
ローソン ― 約95%
ファミリーマート ― 95.2%


しかし、全国を歩いていると・・・
明らかに「消費力」が落ちていることを肌で感じる。
まずは、チラシ商品や集客商品が売れなくなっている。
今に始まったことではないが・・・
ここ数ヶ月でなお一層売れなくなっているような気がする。
「安いから買おう!!」という意識が薄れているような気がする。
それは、ドラッグストアーをはじめとしたEDLP企業が増え始めてきているからかもしれない。

その反面。
肉などは、和牛などの単価の高い肉や・・・輸入肉でも「メガパック」中心に、
高単価の商品がすごく売れている。
今年の12月は精肉は「2ケタ」どころか・・・
「前年比120%を超える」企業が続出するのではないか・・・
と思われるくらい売れる。

そいうことを考えると・・・
お客様はますます賢くなってきているのかもしれない。
「消費力が落ちている」のではなく・・・
「賢く買い物」をし始めている感じがする。
「水の様に全く品質に疑問のない商品はネットで・・・」
「グロッサリーはドラッグストアーがいつも安いので買う」
「肉は安い時にまとめ買いして、冷凍庫保管しよう」

など、その傾向が強くなってきているような気がする。

そこでどうするか・・・
販売する側も「賢く」ならないとダメだと思う。
そこで、商人伝道師が今年の夏ぐらいから目を付けたのが・・・
「アウトレット」
アウトレットというと、この業界の人たちは・・・
「バッタ商品」とかのイメージしかない。

この「アウトレット」は・・・
要するに「日本の伝統的商慣習」を壊す方法。
いわゆる「1/3ルール」を壊すという事。
詳しいことは残念ながら言わないけど・・・
この「1/3ルール」を適用しなければ・・・
ものすごい「アウトレット」商品が入ってくる。
「第22回やる気と感動の祭典」でこういうチラシが紹介された。

f0070004_15182685.jpg


例えば、左側にある商品。
「数量限定」
数量限定だから、「原価割れ!!」???
原価は「135円」

お客様は「半額」で変えて・・・
店側は「半額」で売っても、「50%の粗利益率」が取れる。
「Win-Win」商品
こういうことを積極的に行うべきだと・・・

このように、新しいステージに入ってきている感あり。
粗利益率がどんどん上がってきている。
まあ、そうしないと・・・
「人件費」が物凄く上がっているので・・・
営業利益高が確保できなくなりつつある。
日本のスーパーマーケットでも・・・
「粗利益率30%」
へ向かわないと、やっていけないと思う。
それが、「惣菜化」と単純なものではない。
だって、人がいない(人手不足)
一つ一つの部門で「粗利益率」を上げていかねばならない。
一つ一つのチラシで「損」を失くしていかねばならない。

「チラシに出しても・・・安く売っても・・・粗利率20%以上」
そうでないと、粗利益は上がらない。

そして、もう一つが・・・
「自分たちが売価をつけられる」
様な商品を増やしていかねばならない。
先程紹介した商品は・・・
他企業(競合企業)で売っていないので・・・
自分たちで売価を決められる。

やはり、「売価決定権」を持っている企業は強い
だから、メーカー様などの営業利益率が高い。
「トーナメントゴルフ」を開催できたり・・・
「プロ野球やプロサッカー」の親会社になれる。
小売業は「売価決定権」がないから・・・
そんなことできない。
「プロアマ」に参加して、喜んでいるのが関の山。(笑)

コンビニエンスストアーでも・・・
客数が減ってきている。
これは天候だけでなく・・・
「買うモノがなくなっている」のかもしれない。
でも・・・
スーパーマーケットはもっと買うモノがなくなっているのかも・・・
反省する今日この頃です。

そして、「今日の一言」・・・
人生の「…たら」「…れば」を考えるより、
どんな状況下でも「何を、どうすれば、自分にとって最高の道となるのか」 を
見つけ出す方に時間をかけるほうが、有意義ですよね
(荒川静香)







by akindonet | 2017-11-14 18:00 | Comments(0)