商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「ファイブウェイマーケティング」

f0070004_1358067.jpg
近年大きな盛り上がりをみせる「ハロウィン」!
みなさまのイベント写真大募集します!!

詳細は売場大賞公式サイトまで



日本コトPOPマイスター協会からのご案内

コトPOPマイスター【3時間受験コース】
コトPOPインストラクター認定講座
12月開講決定!



コトPOPマイスター【3時間受験コース】
12月18日(月)東京会場


認定講師による直接講義で、3時間で資格の取得ができます。
短時間で資格取得したい方のための講座です。
講師:山口 茂

受講&お申込みに関する詳細はコチラから


コトPOPインストラクター認定講座
12月19日(火)東京会場


既に「コトPOPマイスター」を取得された方を対象とした上位資格となります。
協会認定講師として、社内でのコトPOP作成者の指導やコトPOPコンサルタントとして講座を開くことも可能となります。
コトPOPインストラクターとして求められるハイレベルな知識と講座運営ノウハウを1日で学習できます。
講師:山口 茂

受講&お申込みに関する詳細はコチラから


コトPOPマイスター認定講座の詳細はコチラ(公式webサイト)



日本経営コンサルタント株式会社・商人ねっと株式会社 主催
「新春特別セミナー2018」開催決定!

日時:2018年1月23日(火)
場所:新横浜国際ホテル



詳細が決まり次第、本Blogにてご報告いたします!




今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
横浜駅へ…

今日は福島。



まずは、11月11日に行われた…
中国の「独身の日」の通販セール。

なんと、アリババの取引額が…
予想を上回り…

「2兆9000億円」

あとすこしで3兆円に届こうかという取引額。
みなさん、2兆9000億円を1日で取引されることが
中国の“消費力”なんですね。



それに比べて、日本は…

株価は「バブル以来」の最高値になっているが…

実態は…
実経済は…

あまり良くない。
いや、むしろ“消費低迷”しているのではないかと思っている。


中国のような“爆発的”な消費力
これが日本にはない。

どんどん元気がなくなっている日本人。
どうなるんでしょうか。

そう感じた中国の「独身の日」の結果でした。






そして、今日は「4つのE」について…


今、アメリカのスーパーマーケットでは…
アマゾンに対応するキーワードとして…

「4つのE」とは…

f0070004_18514424.jpg


この“頭文字”をとって…
「4つのE」といっている。


まずは、「Exciting」。

もう、これは日本語になってしまいましたよね。(笑)
とにかく、「エキサイティングな売場を作っていこう!!」と…


いわゆる「ファイブウェイマーケティング」でいう…

「経験価値の最大化」

アマゾンはモノを安く売る。(価格の最大化)
アマゾンはすぐにアクセスできる。(アクセスの最大化)
アマゾンはすぐに持ってきてくれる。(サービスの最大化)
アマゾンはありとあらゆる商品が選べる。(商品の最大化)



しかし、「Entertainment」ではない。
この「エキサイティング」を強化していこうと…

これがまず一つの「E」



次に、「エンターテイメント」

アメリカのスーパーマーケット流でいう「イーターテイメント」。
「体験」を重視しはじめている。

これを具現化したのが…

「グローサラント」
「その場で食べられる」という体験を強化しようということ。

「モノ」売りではアマゾンに「トータルスコア」でかなわないから…

これが二つ目の「E」




3つ目が「Experience」

「食事シーン」の提案

いわゆる…

「レシピ提案」や…
「食卓シーン」全体の提案。
「食材から食事」へ…


ということを積極的に行っている。

これが三つ目の「E」





最後に…

「e-commers」

アマゾンに負けないように「e-commers」を強化していこうというもの。
その中でアメリカのスーパーマーケットが注目したのが…

「インスタカート」



しかし、この「インスタカート」の大株主なのが「ホールフーズマーケット」。

アマゾンがこの「インスタカート」をM&Aするのでは…
と言われている。

今までのアマゾンの戦略からいって…

「100%M&A」する。

では次は何か…

「敵の敵は味方」。

ウォルマートとグーグルが手を組んだ。
ここで、遅れをとるということは、アメリカでは「命とり」
になるからである。

これが最後の「E」



この「4つのE」

日本でも同じですよね。

「経験価値」の最大化。

リアル店舗の最大の強み。
これを強化していかねばならない。

その一つが、「グローサラント」ということ。

「グローサラント」が全てではないですよ。
お間違いなく。


おわかりでしょうか…




日本のスーパーマーケットが「低迷」している理由。

「どの方向に向かっていけばいいのか…」
の不安が停滞を産んでいるのかもしれない。

残念ながら、商人伝道師には業界を“導く力”がないので…

ここは「各協力企業」さんが…
「一つの道標」を示してもらいたな~と期待している。

アメリカのスーパーマーケットのように…

そう感じる、「4つのE」でした。




そして、今日の一言…

「僕はリスキーな走り以外できない。
 相手を抜かなければならないときは絶対に抜く」

(アイルトン・セナ)

by akindonet | 2017-11-13 18:49 | Comments(0)