商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「体験を売る!」について


やる気と感動の祭典申込締切まであと21日
やる気と感動の祭典22

セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ

ノンフード部門のご紹介映像



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




今日は、朝4時起床。
Blogを書いて…
仕事して…
新横浜駅へ…
今日は名古屋。
「スーパーマーケット実践会in名古屋」

まずは、「大阪のこだわりスイーツ」の大試食会
大阪と名古屋の「実践会」のメンバーはどの企業より早く紹介します。
だって、「第22回やる気と感動の祭典」に出展したら、アッ!!というまに…
「予約がさっとうします!!」から…
こんな感じです。

f0070004_1381240.jpg

f0070004_1382922.jpg

f0070004_1383858.jpg

f0070004_1384781.jpg

f0070004_139160.jpg


「スーパーマーケット実践会in名古屋」の特長。
それは、「経営者自ら」参加しているということ
ですから「スピード感」が違う
次から次へと…
ものごとが決まる。
本当なら今回は「青果・鮮魚・精肉」部門なんですが…。
あえて、「スイーツの大試食会」を行いました。

「第22回やる気と感動の祭典」でも出展しますので、楽しみにしておいて下さい




さて、「第18回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」
明後日からスタートです。

34名の方々
「リッチモンド~ワシントンDC~シカゴ~シアトル」と8日間視察してきます。

「リッチモンド」では…
あのヨーロッパの“ハードディスカウンター”「Lidl」を日本の流通関係の視察では初めて視察します。
すごく楽しみです。

さらに…
とうとう「アメリカのスーパーマーケットの〝龍虎”」が初対決します。
「東のウェグマンズ(龍)」
「南のパブリックス(虎)」

絶対にないと思われていた両社の激突。
しっかりと見てきます。
これも日本人では初の視察。


さらに、ウェグマンズ「リーチイン(インストア―ダイニング)」での“ウェルカムパーティー”開催
スーパーマーケットで「大宴会」。
そんなことできるのか…。
「グローサラント」
これから日本にも必ずこの流れがくる。
それを体験してもらいます。

ワシントンD.C.では「都市型ホールフーズマーケット」や…。
「ウェグマンズ」の最新店などを視察します。
そして、なんといっても「アメリカの首都の活気」を感じてもらいたいと思っています。


さらに、「シカゴ」では…
「イータリー」での「グローサラント」を学んでいただきたいのと…
「マリアーノス」「イーターテイメント」を学んでもらいたいのと…

もう一つが…
「インディペンデント」の企業の〝すごさ”を見てもらおうと思っています。
“シカゴ”にはたくさんの視察セミナーが行きますが我々しか行かない店があります。
この店がとてもすごい!!
参加者は楽しみにしておいてください。

そして、商人伝道師がこだわったのが「ホテル」。
「Hilton Richmond Downtown」
「Palmer House Hilton」
など…
f0070004_1332044.jpg

f0070004_13321248.jpg


「超高級ホテル」
“超一流”を体験してもらいたい為に…
他の視察セミナーでは絶対にありえません。


そして、「シアトル」。
ここは、とにかく「アマゾン」
この「アマゾン」を体感してもらいます。
もちろん、「365byホールフーズ」もね…(笑)

見どころ満載の「第18回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」。
直前まで「稔子・ウィルソン先生」とのメールのやりとりが続く。
「水元先生は特別!!」
これを堂々と公言していただいています。

今までのアメリカの視察セミナーを根本から変えてしまった人。
今まではアポイントもとならい…
今まではインタビューなどありえない…
それがこの業界の“常識”でした。
それを根本から“破壊”してしまいました。
今回も“創造的破壊”していきます。



そして、今回は「体験を売る!」について…

みなさん、ご承知の通り、アメリカの「トイザらス」が「チャプター11(日本でいう民事再生法)」を申請しました。
労務総額は約5600億円
なぜこうなったのか…
マスコミは「アマゾンなどのネット販売に対する敗北」としていますが…

何年もアメリカを視察すると…
「よく今まで生き延びたなー」というのが感想。
もう、20年前に「トイザらス」は敗北していたんだと…。
その原因は、ウォルマートの「満足保障」制度
「満足しなかっら全額お金を返します」
というもの。

例えばXmas…
子どもたちは「Xmasプレゼント」を大喜び。
1週間ぐらいは夢中で遊ぶ。
しかし、1週間もすると飽きる。(笑)
そこで、しっかりと“梱包用”の箱をきれいにとっておいて…
子どもが飽きたら、梱包してウォルマートにもっていく。
すると、「お金を返してくれる!!」。(笑)

「無料レンタル」みたいなものです。
こんなことされたら「トイザらス」はたまったものではない。
アマゾンの前に、ウォルマートがおもちゃ業界を破壊してしまったんですね。
アメリカという国はおそろしい国だと思う。
そこに「ネット販売」という“得体のしれないバケモノ”がやってきた。
もう、これで「THE END」となった。

これは、他人ごとではない。
今回、「第22回目」にして、初の「ノンフード部門」の発表がある。

ご紹介映像を御覧ください。



まずは、見て下さい。
「書籍」の“マーケット”推移。
f0070004_1348447.jpg

f0070004_13485188.jpg


これは、「アマゾン」がいるから衰退しているのでなく…
アマゾンは全く関係なく、マーケット自体が縮小しているのです。
セグメント別に見ても、ひどいマーケット縮小です。

それに加えて、「電子書籍」「アマゾン」の進出でしょ。
街の本屋はたまったものではありません。
しかし、ここで立ち上がったのが…
「TSUTAYA」さん。
“蔦屋家電”なる“新しい業態”をキュレーションしてきた。
「書籍+家電製品のコラボレーション」
f0070004_13505920.jpg

f0070004_1351917.jpg


いわゆる「体験型本屋」への進化です。
アマゾンは「モノ」は買えるが「体験」「経験価値」は買えない。
そこにフォーカスして、“新しい業態”をキュレーションした。
TSUTAYAの増田社長はすごいと思う。


そして、これを参考に、今回発表する「ニシザワ」さんも…
「ノンフード」部門で「体験」「体感」、「経験価値」「体験」を最大化していったのです。


「ランキング」の見える化。
f0070004_1353159.jpg

f0070004_13531228.jpg


「食品とのコラボ」販売
f0070004_13532442.jpg

f0070004_13533373.jpg

f0070004_13534356.jpg


さらに、「ZUPAN'Sのモデリング」
f0070004_13535469.jpg

f0070004_1354325.jpg

f0070004_13541334.jpg


そして、「日本一の体感型花火売場」
f0070004_13542765.jpg

f0070004_13543890.jpg

f0070004_13544565.jpg


そうすれば「スーパー衰退」部門でも活性化するんです。
そう思うと…
「食品(フード)」は恵まれています。
マーケットが大きく縮小することはないから…
「人間は食べないと生きていけないから…」
しかし、この「フードビジネス」部門に異業種から今後…
どんどん参入してきます。
特に“不勉強”なスーパーマーケットとは…

「セブンイレブン」の“ミニスーパー的レイアウト変更”
「アマゾン」の“ネット販売”強化
「ドラッグストアー」の“生鮮併売型”ビジネスモデル
外食の“グローサラント”への業態変更(これは今回“つるや”さんが発表します)



日本のスーパーマーケットも「トイザらス化」してしまうかもしれません。
ですから…
今回…

「グローサラント」
「アウトレット調達」
「市場外調査」
「ノンフード発表」
「メーカーとのお取組み」


などを沢山発表に入れています。
商人伝道師の「危機感」の現れだと思って下さい。
第21回が過去最多の発表企業と人数。
10社17名
しかし、第22回は…
15社26名


「参加費」は同じ。
なのに、こんなに“ボリューム”があります。
「コスパ」的にいったら、ものすごくレベルが上がっているんです。
「参加しない!!」という選択肢はないですよね
「参加費用の何十倍・何百倍」もの利益をもたらします

今回、「アメリカ視察」される方々は…
身をもって体験・体感することになります。
「大改革しないと、生き残れない!!」ってね…
その「大改革」の具体的戦略や戦術を学べるのが…
「第22回やる気と感動の祭典」なのです。


土俵際で足が徳俵にかかってからの逆襲は…
いちかばちかの“うっちゃり”しかない。
これはほとんど成功しない。
土俵の真ん中で技をしかけないと…
それが「今」なのです。
「今」、変革していかないと手遅れになる!!


最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるのでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である。




今、「正しいことを学ばないで、いつ学ぶのか」…
みなさんの“直感”に期待します。



そして、「今日の一言」…
「誰が正しいか、ではなく、何が正しいかが重要だ」
(チャールズ・ダーウィン)

by akindonet | 2017-09-20 18:00 | Comments(0)