商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


やる気と感動の祭典22

セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで

https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者のご紹介
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第22回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第22回やる気と感動の祭典 基調講演のご紹介」へ


やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




今日は、朝5時30分起床。
雨の中、サクラを散歩させ…
久しぶりにジムで汗を流す。
その後、「ゴルフ練習場」へ…。
本来なら、今日は鹿児島でゴルフだったはず…
残念。

その後は、ちょっと仕事します。
家族サービスの合間…合間で…。
夜は久しぶりに家族で外食しようと思う。

さて、「第22回やる気と感動の祭典」
発表者の「第一次提出」がどんどん送られてきます。
予想通り、内容が良い。
「ウフフフッ…」と笑いが出てくるぐらい良い…。
「この発表を参加者が聞いて、実践したら…」…
どんな「異常値」がでるのか…
考えるだけで楽しくなる。

みなさん、今回ものすごく良いですよ。
ムチャクチャ…。
楽しみにしておいて下さい。
すごいことになるかも…。
みなさん、ぜひ参加してくださいね。



そして、今日は「日曜日」。
「心のオアシス」の日

今日は…ある一人の男の話。

アメリカのあるひとりの男の人生です。

ケンタッキー州の貧農家族に生まれる
小学校を中退した。

22歳で田舎の雑貨屋を営んだが失敗。
破産した。
借金を返すのに15年かかった。

23才で地方議員選挙に出るが落選

24才でビジネスに再び失敗

25才地方議員選挙に初当選

26才の時に最愛の恋人が死去

27才、自ら神経衰弱の病にかかる

29才議会で敗北

31才、大統領選委員選挙に落選

34才、下院選挙に落選

37才、下院選挙に当選

39才、下院選挙に落選

46才、上院選挙に落選

47才、副大統領選挙に落選

49才、上院選挙に落選


その間に妻をめとったが、それも不幸な結婚だったらしい。


ここまでの経歴を見てこの人がどんな人に見えますか?
どうみても失敗のオンパレードの人生。

その後51才で、「丸太小屋からホワイト・ハウスへ」の
キャッチコピーで大統領に当選。

52才の時、南北戦争勃発
54才で、「人民の人民による人民のための政治」という
歴史に残る演説…が、聴衆は無関心。
新聞には毎日たたかれ国の半分からは嫌われた。


この人こそ他ならぬ米国第16代大統領、エイブラハム・リンカーン。
彼が勝利らしい勝利をおさめたのは、51才と55才のときの大統領選だけで、あとは全部失敗だ。

だが、失敗とは挑戦をあきらめることを言う。
そうした意味で、リンカーンは決して失敗者ではない。
諦めない限り人は失敗者とは言えない。
諦めたときにこそ人は失敗者となる。




いかがだったでしょうか。
今日の心のオアシス。

どんな心で人生を送っていたのでしょうか。
きっと、成功も、失敗も人のせいにせず、自分で真摯に受け止め、
その時、その時を一生懸命に生きたのだと思います。
一度しかない人生ですから。


さあ、今週は「金曜日」からもうアメリカです。
今回のアメリカ視察セミナー。
「アマゾンのホールフーズマーケット買収」後、初めての視察。
ワクワクします。
どんな変化があるのか…。
このBlogでも紹介します。
楽しみにしておいて下さい。


そして、「今日の一言」…。
「勝たなければならないのではなく真実でなければならない。
成功しなければならないのではなく、自らの良心の光によって生きなければならない。」
(エイブラハム・リンカーン)

by akindonet | 2017-09-17 18:00 | Comments(0)