商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「固執・乗り遅れの怖さ」について

第21回売場大賞「父の日」
締切:2017年7月10日(土)
f0070004_11455338.jpg
本日は父の日!エントリー用の写真を忘れずに撮影しましょう!!
詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください


f0070004_17430160.jpg

大阪会場第5期
現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


f0070004_13375733.png

「鮮魚は売れない」そんな風に思っていませんか?
塩焼き・煮魚・ムニエルはもう古い
レシピサイトなど現在のニーズに合った、
新しいトレンド・切り口・商品化の考え方を学べます

計6回のシリーズ、ぜひご参加ください
詳細はこちらから


f0070004_13374722.jpg

衣料品売場にお困りの方へ…
「販売方法」「陳列」「ラッピング」「コトPOP」「提案方法」において、
「感性」に頼りがちな衣料品部門で、いかに「根拠」を持つかを学べるセミナー。

計6回のシリーズ、7月から開講です!
詳細はこちらから(pdf)


今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
身支度して…
新大阪駅へ…

今日は和歌山県田辺市へ…
「Aコープ和歌山」さんでの講演。
年に2回開催しています。

朝10時30分~夕方16時30分まで…
その後、夜の便で帰京。

6月5日から休みなし…(笑)
さすがにバテバテ…(笑)
でも、がんばります。




さて、「衣料品売場活性化セミナー」
衣料品やノンフーズを取り扱っておられる企業様。
参加を御検討いただいてますでしょうか…

パフレット&お申込用紙はコチラ
http://www.akindonet.com/seminar/docs/2017_fashion_retail_adviser.pdf

「費用対効果」という点では…
抜群の効果があると思っています。
ものすごい効果があると思っています。

ものすごい“自信”のあるセミナー。

「目からウロコ…」の内容です。
ぜひ、参加を御検討下さい。
本当に「すごい!内容!!」ですから…

商人伝道師が一年がかりで実現したセミナー。

ノンフードや衣料品の活性化をお考えの企業様。
ぜひ、お申込み下さい。






そして、今日は「固執・乗り遅れの怖さ」について…


みなさん、ご存知だとは思いますが…

アメリカの「YAHOO!」が表舞台から姿を消すことに…
まだ、日本は「YAHOO!」の名は存続するそうですが…

アメリカは、「名前」そのものが消えています。

創業から20年。



インターネットの世界って、本当に怖い。
本当にすごいスピードで進んでいる。
「ヤフー」の創業者は、「ジェリー・ヤン」

f0070004_13101922.jpg


1995年、従業員がまだ5名ほどの時、この会社に“目をつけた”男がいた。

その名は「孫正義」

「インターネットの入り口をつくる」
この発想に出資した。

5名ほどの社員しかない企業を見て…
「200億円」の企業価値があると…

その額「2億円」
みんながその時は“過剰投資”と笑った。

しかし、わずか数年で「売上げ額10兆円」を超えた。

その急発展の中、1998年。
「グーグル」が誕生した。

その当時は、「月とスッポン」ぐらいの差。

「下請けで使えばよい」と発言したぐらいの差。
それが、アッという間に立場が逆転した。


それが、「調べる」という機能への固執
「検索」以外のサービスを育てられなかった。

その点、「グーグル」は「調べる(検索)」というサービス以外のサービスに特化した。



これって、自分たちにも当てはまるのではないしょうか…

「スーパーマーケットとはこんなものだ…」
「仕入れとはこんなものだ…」
「弁当とはこんなものだ…。肉とはこんなものだ…」

と、それより「進化」することなど、ありえないと思っています。


「アマゾンフレッシ?!」
「そんなものは大したことない…」
「あれはアメリカだから通用するの…」
「みてみろ!ぜんぜん機能してないじゃないかよ…」
「日本人はやっぱり自分の目でみないとダメ!!」


こんな声をよく聞く。

しかし、それは「今」の話
「これから」ではない。


時代の流れに沿って進化していかないと気づいた時は…
今回の「ヤフー」と同じになる。

話を戻そう。



ヤフーの2つ目の「誤算」
それは約10年前にやってきた。

アップルが発表した「iphone」での“モバイル時代”への乗り遅れ。
パソコンからモバイル化に一気に需要が移行した。

それを読み間違えた。

そして、とうとう「検索の巨人」がアメリカから姿を消す。


時を同じくして、アマゾンのホールフーズマーケット買収」の出来事が…

「我々は時代の流れを読み間違えていないだろうか…」

それを自分に言い聞かせる商人伝道師がここにいる。
アメリカのスーパーマーケットが今、必死に行っている…

「ピックアップサービス」

しかし、日本では全く関心がない。
先日も、このBlogで書いたが…

f0070004_15333448.jpg


こんなことをアメリカでは考えている。

そんななか、「安売り!」・「安売り!」ばかりが話題になっている日本。
大丈夫なんだろうか…

「時代の流れを読み間違っているのではないか…」

「アメリカのヤフー消滅」の記事を見て、すごく感じることでした。



昨日も申し上げたのですが…

「飛行域は向かい風しか飛べない。
 追い風の時は飛べないんだよ。
 魚は“アニサキス”問題で苦しんでいる。
 でも、こういう時しか飛躍できないんだよ。
 刺身一辺倒から脱却する良いチャンスじゃん!
 新しいことに挑戦しようよ!!」と…<
/b>

また…

「○○○という商品。
 100円で売って40%も儲かるんでしょ。
 グロサリーで…。それもスーパートレンド商品。
 なぜなの…。
 そう、輸入食品だからだよ。
 これからはフットワークの軽い輸入代行会社と
 どんどん付き合わないと…」

「もしくは、自分の輸入外車を作らないと…」

「日本の大手メーカーさんが作った商品をいつまでも売っていたって…
 儲からないよ…」とも…



また…

これからは“物流コスト“が大きな問題となる。
 特に生鮮はね…。
 今の経路からこの“物流コスト”の見直しをしないといけないよ」

とも…


今更の「仕入れ方法」。
今までの「販促方法」。

それ自体がもう古くなっている。
いや、自分たちが気づいていないところで、大きく変わろうとしているかもしれない…

「固執」
「乗り遅れ」


なんかアメリカの「ヤフー」の消滅の記事は、我々に忠告されているような気がする。
そう感じた「ヤフー消滅」の記事でした。



そして、「今日の一言」…
「新しいことを学びたければ、器を空にしろ!」
(ジャッキーチェン)

by akindonet | 2017-06-19 18:00 | Comments(0)