商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

生鮮とグロッサリーのひずみ

小売業NO,1教育TV「商人ねっと」
5月の番組ラインナップ
f0070004_1238874.jpg
好評配信中!  会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「動画で見る!今月の秀逸コトPOP 6月号」

f0070004_1350381.jpg
好評配信中! 会員無料番組
月刊「商業界」連動番組!
「第8回チラシ・DM大賞 結果発表&解説」

f0070004_13534780.jpg
好評配信中!
パートアルバイトの応募率・離職率を劇的改善!
赤沼先生の求人入門 第6講


f0070004_1583027.jpg
5月10日(水)配信開始
カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業・株式会社東武
第2章 カスタマーエクスペリエンス編

f0070004_151141.jpg
5月20日(土)配信開始
商売繁盛虎の巻 7月号
視聴は流通業専門インターネット教育TV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員(定額制)も募集しております)


個人での会員登録はコチラから
(個人会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」
をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください

「第85回商業界ゼミナール」DVD・CD好評販売中!
f0070004_1112249.png
第85回商業界ゼミナール(2017/2/21~23)の講演内容を収録したDVD・CD。

地域初!世界に通用する企業から今話題の著名講師まで全16講演!
最新にして不変の「商人精神」を学ぶ教材としてご活用ください。

DVD 各8,000円(税抜)  CD 各5,000円(税抜)
(Webからの注文で送料・代引手数料無料)


ご購入はこちらから


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期・名古屋会場 第2期・仙台会場 第1期 New!
3会場、4月より開講です!現在、お申込み募集中!
また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/


今日は朝5時起床。
サクラと散歩し…
Blogを書いて…
身支度して…
久しぶりに小商人伝道師を小学校へ…
その後、疲れがたまっていたので…
ジムで汗を流す。
疲れたから汗を流す??
と思いますよね…
疲れた時ほど、汗を流す。
疲れた時ほど、汗を流すと…
身体が疲れるので、夜グッスリ寝れる。
深い睡眠ができるので…
そのようにしてます。


その後は、「第17回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」のレジュメとパワーポイントづくり
毎回、毎回…
作るんですよ…(笑)
不器用な人間ですよね。
使いまわせばいいのにね。
それが出来ないんです。(泣)
参加いただいた「感謝の意」をこめて…
夕方まで、じっくり仕事します。
そして、今日は早く休みます。


さて、明日は「母の日」ですね。
今年は、「こどもの日」と「母の日」が9日間も空きました。
仕切り直しできるぐらいの日時。
かなり売れるん尾ではないでしょうか。
ここで大きく貯金しておきたいですよね。
みなさんのご健闘、期待しております。
その後は…
「第20回 売場大賞」へのエントリーです。
みなさんの“実力”はどれぐらいのレベル…?!
挑戦していきましょう。
どなたでもエントリーできます。
期待しています。

詳細は売場大賞公式サイトより




そして、今日は「生鮮とグロッサリーのひずみ」について。

昨日の「スーパーマーケット実践会in大阪」でもお話したのですが、
「生鮮」と「グロッサリー」の提案に大きなひずみが出ているような気がするのです。


生鮮部門では…
どんどん「新しいメニュー」「洋風メニュー」を提案してきている。
例えば…
「アヒージョ」
f0070004_16550917.jpg

「アクアパッツァ」
f0070004_16552194.jpg

「パエリア」
f0070004_16575886.jpg

「ガパオライス」
f0070004_16552741.jpg

などなど…

今回の「母の日」も、「パエリア」は当たり前になった。
「アクアパッツァ」は当たり前になった。

なのに、「グロッサリー」のエンド展開はどうだろうか…
例えば…
夏に向けてのエンド展開は
お決まりの…
「ソーメン&めんつゆ」
「麦茶」
「カレー」

など…
10年。いや20年前とほとんど変わっていない。

「パエリア」などを提案したエンドなど見たことない。
「アヒージョ」など、グロサリー担当者はどんな料理かすら知らないかもしれない。
これでは“レッドオーシャン”になるはずである。


昨日の「スーパーマーケット実践会in大阪」でも話したのですが…
「ソーメンばかりでなく、カッペリーニ(細いパスタ)などの提案したら…」
「カレーだけではなく、パエリアやアヒージョ提案したら…」
「味噌ばかりうるのでなく、フォーなどのスープを提案したら…」

と…
もっと生鮮のメニュー提案を参考にしなさい!!
と檄が飛ぶ。


近頃、わかってきたこと。
グロサリーの粗利益が低い理由。
「提案が全くない!」ことだと…
10年間…
20年間…
商品は変わっても、メニューの本流は全く変わっていない。
ここに大きな問題があるのではと…

それに比べて、生鮮部門はどんどん進化している。
新しいメニュー提案にどんどん挑戦してきている。
その要因は…
「タレ」にある。
モランボンさんや日本食研さんなどがどんどん新しい「タレ」を開発する。
それに合わせて試食を行っているので…
どんどんメニュー提案が進む。


このように、「生鮮」と「グロサリー」のひずみが広がりつつある。
ここを是正しない限り、グロサリーの粗利益は上がらないなーと。
これに気づいた企業が圧倒的なお客様の支持を受けるかもしれないなー。

「ソーメン」がこれからのミレニアル世代に支持されるのだろうか…
「麦茶」がこれからのミレニアル世代に支持されるのだろうか…
そう考えると、“変えなきゃいけないなー”と思いませんか…
商人伝道師はそう感じています。


生鮮は、「ワイン時代」に向けて、商品開発が進んでいます。
「ミレニアル世代」に向けての料理提案が加速化することでしょう。
ますます「生鮮」と「グロサリー」のひずみが広がるのでは…
そう感じる今日この頃です。
みなさんはどう感じますか…





そして、「今日の一言」
「発想を変えれば不可能は可能になる」
(加賀見 俊夫)




Commented at 2017-05-14 02:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by akindonet | 2017-05-13 18:00 | Comments(1)