商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「アメリカのスーパーマーケットに再編の動き…」について


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」
をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください



今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
サクラを散歩させ…
身支度して…
小商人伝道師を小学校へ送り…
そのまま羽田空港へ…
今日から徳島。


徳島は今週「イオン」がオープンする。
人口の少ない地方はショッピングセンターが出店すると…
週末を中心に影響する。

いかに…

商品力…
人間力…
販売力…


を高めていくか…

これしかない。
なんとか、みんなの心に火を付けていきたい!!
絶対に売上げ利益を落とさない!!という気持ちが
店の基準を上げるのだから…


さて、今週末から「ゴールデンウィーク」ですね。

f0070004_1737891.jpg


ゴールデンウィーク・こどもの日・母の日売場大賞
の募集しています。

先日の「第21回やる気と感動の祭典」で青森の「紅屋商事」さんが
発表しましたよね。

売上げが最大化する時は、売場を最高にしなければいけない。
 よって、社内販売コンクールを開催して、最高の売場づくりに挑戦させる」と…


その通りだと思うんです。

“売上げが最大化する時(GW・こどもの日・母の日)”に…
“最高の売場づくり”に挑戦…

そして、「売場大賞」に挑戦する。


期待しています。

f0070004_12384696.jpg

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください




そして、今日は「アメリカのスーパーマーケットに再編の動き…」について…

先日、稔子・ウィルソン先生からメールが届きました。
こんな内容です。



「水元先生。
 アリゾナ州フェニックス本社を持つ「SPROUT MARKET」


f0070004_17445067.jpg

f0070004_17445850.jpg

f0070004_1745654.jpg


15州に約240店舗展開している企業。
創業は2002年。

この企業が「アルバートソン」の傘下に入るという情報が…
また、あの「WHOLE FOODS MARKET」がKROGERとM&Aをするという情報が…
アメリカのスーパーマーケットの絵図がまたまた変化してきそうです」



とんでもないことが、今、アメリカで起きようとしています。
実は、この動きは昨年秋からあったみたいです。

先日、明らかになったところによると…
なんと、あの「アマゾン」が「ホールフーズマーケット」を買収しようという
動きをとっていたんですって…。


アマゾンが「フードビジネス」で、ウォルマートやクローガーと闘う上において…
どうしても、「ホールフーズマーケット」の商品力が必須であると感じて…
しかし、これは最終段階で実現を断念。



そこで、次はまことしやかに言われているのが…

「クローガー」とのM&A
アメリカの業界誌では「M&A」でなく、「Marige(結婚)」という表現をしています。

シカゴの「マリアーノス」にしても…
今回の「ホールフーズマーケット」にしても…

クローガーはどんどん“強い企業”をM&A(結婚)してきている。



アメリカはすごいところだと思う。
ちなみに、「なぜアルバートソンがスプラウトマーケットをM&A??」と
思われる方も多いと思います。

今、「アルバートソン」はアメリカの投資会社「サーベラス・キャピタル・マネジメント」
傘下にあるんです。
全米NO,2企業「セーフウェイ」も2014年にこの「サーベラス(アルバートソン)」の傘下になりました。

「サーベラス」というと、日本でも有名になりましたよね。
そうです。

「西武鉄道」
筆頭株主になり、球団売却・秩父線廃止などを要求したことで一時期有名になった。

「ハゲタカファンド」



このように、アメリカは「モノ言う株主」が多い。
今回の「ホールフーズマーケット」の件も、株主の要求らしい。

「資産価値のあるうちに買収せよ!!」
という感じでしょうか。



なぜ、こんなことを書いたかというと…
日本も「強いものと強いもの」が“Mariage”する動きが出て来るよ~ということ。

例えば…
昨年の「ヤオコー×エィヴィ」のM&Aみたいな…。

こういうM&Aが日本も増えてくるでしょうね。
なんてったって、コンビニエンス企業がGMS企業をM&Aする時代ですから…


では、どうしたらよいか…
それは…

「Mariageをされるような企業になりなさい!!」ということです。

その為には…

「もっとも売れて儲かる商品の異常値に挑戦しなさい!」
「もっと人のマルチ化を行いなさい!」
「もっと魅力のある店を目指しなさい!」

ということです。



「アマゾンのフードマーケットへの進出」
など、今までは考えられないようなことが起きてきます。

そんな何かで、生き残っていくには…

やはり「尖り」が必要です。
それも、猛烈な「尖り」

「物真似」の時代は終わった。
商人伝道師はよく近頃言うけど…

「引き算の戦略」

「これをやろう!あれをやろう!」という“足し算の戦略”から…
「これはやめよう!これはやらない!」という“引き算の戦略”が大事であると…

「やめる代わりに、これを徹底的に深掘りしよう!」
これが“猛烈な尖り”につながる。


「引き算の戦略」

ちょっと聞き慣れない言葉かもしれないが…
商人伝道師はそう考えている。

特に、今回のアメリカの再編の動きを見ると…
ますます「引き算の戦略」が必要になってきたな~と。

そう感じる今日この頃です。



そんな中、5月にアメリカに行く。

何か大きな変化が出ているかもしれない。
それを肌で感じてきたい。



そして、「今日の一言」…
僕はリスキーな走り以外できない。
相手を抜かなければならないときは絶対に抜く
(アイルトン・セナ)

by akindonet | 2017-04-24 18:00 | Comments(0)