商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」
をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください



今日は朝5時起床。
サクラを散歩させ…
Blogを書いて…
久しぶりにジョギング。
その後、小商人伝道師を「ラグビースクール」へ…
練習風景を見ながら、いろんなこうそうを練る。
昼からはフリー。
「ゴルフの練習」でもします。
本当に久しぶりの休み。
有意義に過ごします。


さて、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日

今日は

「酒を売らない飲み屋のおやじさん」。

久しぶりの出張で、気分的に解放された磯田さんは、
仕事が終わってから友人と二人で飲み歩きました。
何軒か飲み 歩いているうちに、「ろばた」という飲み屋にぶつかったので、何気なくそこへ飛びこみました。

仙台の街は、おそくなると東京などのように賑やかではありませんが、それでもこの店には大きないろりを囲んで、十人の客が話しながら飲んでいました。

二人は彼らの横に腰かけました。そして早速、酒を注文しました。

「一級、二本」

いろりの向い側に座っている六十がらみの店の主人らしい人が、じろりと磯田さんと連れの友人を交互に眺め、「飲んでいますか」と、飲料のコマーシャルのように問いかけるのでした。

「ええ、少しね」と彼らは答えました。

店の主人は、「何軒めですか?」とまた間いかけてきました。

「さあ、四軒めかな」、気にもしないで指折りかぞえながら彼らはそう答えました。
するとおやじさんは「お客さん悪いですが、この店は飲んでいる人には酒を売らないことになっているんです。あした、またいらしてくださいよ。今晩の分まで、うんとサービスしますから。どうもすみませんね。仙台という ところは道幅も狭くてね、お客さんがけがでもされたら申しわけないですからね」と言いました。

二人はおやじさんの優しいまなざしと、その温かいことばにハッとしました。
売りさえすればいい、飲ませればこちらは儲かるというこの世の中だ、今どきこんな奇特な人もいたのか、彼らは一 徹なおやじさんの心根に深く感動しました。
「オイ、おやじさんの言うとおり今日は帰ろうじゃないか。また、あしたこよう」と言うなり、さっさと帰っていきました。

翌日、もう一度あの店に行こうと思っていたのに、仕事の都合でとうとう行けませんでした。磯田さんは後髪をひか れる思いで東京に帰ることになりました。

そのことがあってから、磯田さんの頭からあのときの 「ろばた」のおやじさんの顔が離れませんでした。半年ほどして、また仙台に出張することになりました。
仕事のことも気になりましたが、磯田さんの頭には、あらためて「ろばた」のおやじさんの顔が浮びあがってきました。
列車が仙台駅に着くと、すぐ外へ出てそのあしでタタシーを拾いました。おばろげにしか憶えていなかったのですが、タクシーに乗りこんで、「ろばたまで、お願します」と言いました。運転手は「ろばた」をよく知っていました。

ところが運悪く、十時すぎだったので、すでに看板 (店じまい)になってしまっていたのです。彼は力なく溜息をつ きながら、予定の宿舎に行く先を変えることにしました。
あれから、すでに十七年もたっています。磯田さんは、今まで飲んだ店でいろいろな人と出会い、さまざまな事件に ぶつかりました。
料理のとてもおいしかった店、綺麗な女性のいた店、記憶に残るやさしい店はたくさんあります。しかし、一度も飲まないで、こんなに鮮明に頭にこびりついている店は。「ろばた」だけです。 「ろばた」は心の憩の場とでも言えましょうか。磯田さんは日友を懐古するように、ときどきあのやさしいまなざしの 店主を思い出しています。



いかがだったでしょうか…
今日の心のオアシス。

「お客様のことを考えた行動」
忙しくなると忘れがちになりますよね。

時間があるときにするというのは誰でもできます。
忙しさの中にいる時でも、お客様を考えた行動が自然にできるようになるといいですよね。



さあ、「ゴールデンウィーク」突入です。
今回も「売場大賞」あります。
f0070004_12384696.jpg



「情報を発信した者が情報を独り占めできる!!」
これが、これからの時代。
みなさんのエントリー期待しています。

そして、「今日の一言」…。
「特別なことをするために特別なことをするのではない、
特別なことをするために普段どおりの当たり前のことをする。」
(イチロー)

by akindonet | 2017-04-23 18:00 | Comments(0)