商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

新しい流れが日本に…


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

第20回売場大賞「GW・こどもの日・母の日」迫る!
締切:2017年6月10日(金)
f0070004_1737891.jpg
<応募方法>
①「PPT」ではなく、「写真」データでお送りください
②応募枚数の上限はありません
③「エントリー」された企業様にはもれなく
「全エントリーデータ」
をプレゼントいたします

受賞者には「第22回やる気と感動の祭典」の
参加費無料チケットをプレゼント!

詳しくは売場大賞公式webページを御覧ください





今日は朝4時30分起床。
会社へ資料を持っていき…
そのまま新横浜へ…
今日はスーパーマーケット実践会in名古屋
たった5社の参加
逆に言うと、この5社は“ラッキー”ということか…
この5社をムチャクチャ業績を良くしてみせます。
商人伝道師の事業的には…
ほとんど「赤字」
でも、
「スーパーマーケットの地位を上げるためには…」
「名古屋の食文化を守っていくためには…」
「一社でも多く生き残ってもらうためには…」

事業的に赤字でもやるしかない。
歯を食いしばって頑張ります。(泣)



さて、7月より、「衣料品・ハード系」担当者を対象にした…
「衣料品売場活性化セミナー」を開催します。
商人伝道師は全くタッチしないのですが…
日野佳恵子先生の「ハー・ストーリィ」様商人ねっとがコラボして開催するセミナーです。

スーパーマーケットの「衣料」は売れないのではなく…
「売り方が古いだけ!」なのだと思う。
「ユニクロ」さんや「しまむら」さんと比べて、
そんなに悪い商品を売っているのか…
高く売っているのか…
といったら、そうでもない。
むしろ、「ディスプレイ」や「陳列」の基本をしっかりと学んでいなかったことで…
「古臭い…ダサイ…」売場になってしまったのではないかと…
そこで、「イオンモール長久手」や「イオンスタイル碑文谷」の店づくりに大きな影響を与えた「ハー・ストーリィ」さんにお願いして…
「衣料品売場活性化セミナー」を開催することにしました。

このセミナー、絶対におすすめです。
以前は“利益の柱”であったスーパーマーケットの衣料品部門。
“利益の柱”として復活してほしい!!
その願いを込めて、セミナーを開催します。
ぜひ、ご検討ください。
詳細は間もなく決定いたします。
ご案内まで今しばらくお待ちください。




そして、今日は「新しい流れが日本に…」について

商人伝道師はこのBlogや「やる気と感動の祭典」でよく言いますよね。
「パラダイムシフトの時がやってきた!!」って…
もう、すごいスピードで世の中が変化してきている。
今回は、2つのニュースを聞いて、思ったことを書きます。


まず、1つ目が…
「アマゾン、生鮮食品販売4月21日スタート!!」のニュース。
http://www.sankeibiz.jp/business/news/170418/bsd1704180500010-n1.htm

とうとう、アメリカで行っている「アマゾンフレッシュ」を日本でスタートする。
生鮮食品を注文したら、即日で届けるサービス。
システムトラブルや宅配業者との調整などで当初の予定よりかなり遅れましたが…
4月21よりサービススタートとのこと。

どうなるのでしょうか…
「アマゾンが生鮮なんかムリだよー」と思っているあなた…
大きな間違いです。
アメリカではどんどん拡大しています。
アメリカでは、“ドローン”で配送しようという実験まで行っています。

「毎月の会費を支払った会員向けサービス」です。
日本の「ネットスーパー」とは違います。
どちらかというと、「コストコ」のビジネスモデルに近い。

なおかつ、アマゾンは「無店舗」
イニシャルコストが最小化できる。
日本でも脅威な存在になることは間違いない。

これからの「ミレニアル世代」は必ずこの「アマゾンフレッシュ」を支持してくることでしょう。
だって、「時間を買える」わけですから…


では、スーパーマーケットはどう対応していくか…
その一つが…
「カーブサイド・ピックアップ(Curbside Pickup)」
だと商人伝道師は思っている。
よって、この今年の秋のアメリカセミナーは、
この「カーブサイド・ピックアップ」をどのように行っているかを学びに行きたいと思っている。

とうとう、「異次元の戦い」の幕が降ろされた。
そう感じる商人伝道師です。



そして、もう一つのニュース。
みなさん、ご存知ですよね。
「大手コンビニ5社全店舗に無人レジ」
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO15427060Y7A410C1MM8000/

大手コンビニ5社(セブンイレブン、ファミマ、ローソン、ミニストップ、ニューデイズ)が、「ICタグを一斉導入」する。
そのことにより、コンビニで買い物をする消費者は商品をかごに入れたまま専用機械を組み込んだ台に置くだけで会計できる。

また、「ICタグ」を一元化することにより、メーカーや卸などと情報を共有化できる。
それにより、劇的な生産性向上を図ることが出来る。
もうヨーロッパではこういう動きがスタートしている。
商人伝道師が一昨年テレ朝で、「オドロキ見たいテレビ びっくりぃむ」という番組に出演したときもお話したのですが…
「ICチップが安くなれば、自動会計は一気に進む」と…

コンビニ業界の深刻な人手不足。
「負のあるところには、イノベーションが起こる」
といわれるように…
「無人レジ化」は一気に進むことでしょう。
そして、なにより「ICタグ化」が一斉に進んでくる。
流通の仕組み自体が変わってくるかもしれない。
スーパーマーケットも…ドラッグストアも…

「ICタグ化」で、メーカーも…卸も…小売り…
在庫をまったくもたなくてもよくなるかもしれない。
発注さえしなくてよいかもしれない。
そうなると、品出しはロボットで…
となる可能性は高い。


では、「サービスで差別化」できなくなるのか…
商人伝道師はそうは思わない。
より一層、お客様は「棲み分け」してくると思う。
コモディティー商品は「アマゾンフレッシュ」で。
ちょっとしたモノは、コンビニでささっと買い物。
その代わり、週末や休日はcっほっとグルメな料理をしたいので、
買い物や買い出しに…
その時に基準となるのが、
「コンシェルジュ」・「レシピ」・「提案」・「こだわり」
があること。

こういう時代だからこそ、「サービスが差別化」になってくると思う。
ただし、今までの“コモディティー中心”の品ぞろえではダメだと思うこと。
マーチャンダイジングを変えていかないと…

その為には、「学び」しかないよね。
「何を学ぶか」ではなく、「誰から学ぶか」だよね。
それが商人伝道師ということではない。
まあ選択の一つではある。
でも、名古屋地区は5社しか商人伝道師を選択しなかった。(笑)
どうなるんでしょうね…。



みなさんはこの「2つのニュース」。
どう感じられましたか…
「うちには関係ないなー」でしょうか…
「本当にイノベーションを本気で展開しないとなー」でしょうか…
商人伝道師はバリバリに危機感を感じてしまいました。





そして、「今日の一言」
「守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。
守りたければ攻めなければいけない。」
(羽生善治)






by akindonet | 2017-04-19 18:00 | Comments(0)