商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

「学ばせることの大切さ」について


f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/

今日は朝5時起床。
軽くジョギングする。
ひと汗かくと、気合が入る。
その後、Blogを書いて・・・
身支度して会場入り。

「朝7時」
「商人ねっとアソシエイト&ボランティア」の合同朝礼。

f0070004_18225593.jpg
f0070004_18230975.jpg

商人伝道師からの「激(ゲキ)」が飛ぶ。
その後、ボランティアのみんなの「声出し」

f0070004_18232466.jpg
f0070004_18233208.jpg

腹から声が出てないと…
二日間でノドをつぶす。
だから、腹から声を出す練習。

その間、第一日目の発表者とパワーポイント操作者は…
会場で、パワーポイントと音のなどのチェック。

みんな、緊張感たっぷりです。

その間、エントランスでは「展示会&物産展」が早くもスタートする。
こんな感じです。

f0070004_17221428.jpg
f0070004_17230732.jpg
f0070004_17225896.jpg
f0070004_17224897.jpg
f0070004_17245146.jpg
f0070004_17253434.jpg

ピークは「ランチタイム」の時間。
すごい“熱気”の時間帯となることでしょう。

そして、朝9時より…
「発表者&パワーポイント操作者」の朝礼。

発表者には「やる感こうれい」の「赤い花輪」が商人伝道師よりつけられる。

その後、「一回限り」の入場リハーサル。
「緊張感」がマックスとなる時。

朝10時。
「第21回やる気と感動の祭典」開場。
今回の参加者は
208社 981名
目標の1,000名に届かず。
残念です。
商人伝道師の「伝える力」のなさを痛感した。
みんな、ごめんなさい。
目標を達成できないで…

「朝11時」から「19時30分」までセミナー。

「21時30分」まで懇親会。
約12時間のセミナー
確かに疲れますが、心地よい疲れ。
みんなニコニコして「第一日目」を終了する。

こんなセミナー。
まず、日本にないのでは…と思う。

たぶん、その後、朝3時ごろには前の席を確保するために
「整理券」をとる行列ができることでしょう。
もう、セミナーというよりコンサート。(笑)
普通、セミナーは後ろから座りますよね。
この「やる気と感動の祭典」は前から埋まる。
というより、競って前の席を取りに行く。
これが「やる気と感動の祭典」というセミナー。
この二日間、“全身全霊”を傾けて頑張ります。

そして、今日は「学ばせることの大切さ」について…

今回も経営者や経営幹部、
社員やバイヤーさん以外に、数多くの一般社員さんや…
女性社員さん。
そして、「お取り組み」企業さんが参加されている。

約8年前、この「やる気と感動の祭典」というセミナーをスタートするにあたり、
こんなことを“決意”したんです。
それは…
「学ぶ機会を与えられない方々に学ぶチャンスを与えられるセミナーにしたい!!」と…
この業界というより…
日本社会は…
「地位の高い人ばかり機会」がある。
そのため…
「セミナーに参加した」ことが目的となり…
その後、実践することが目的となっていないことを危惧していたんです。

「実践できるセミナーにしたい」
「結果がわかるセミナーにしたい」
そのためには…
「学ぶ機会を与えられない方々をできるだけ多く参加できるセミナーにできないか…」と。

そして、「くやしい!」、「やってみたい!」「オレ(私)もできるはず!」と。
エモーション(感情)に訴えられるセミナーにしたいと…
日本のセミナーというと…
とにかく講師の先生が“分厚いテキスト”をもとに、学問的に教える
“大型セミナー”がほとんど。
これでは「知識」は蓄積できるが…
「知恵」とはならないのではと…

そこで、“セミナー先進国”のアメリカのセミナーを受講しました。
「やる気と感動の祭典」がスタートする前に…
「こんなセミナーができたら絶対に結果が変わる」と…
そこで、今のようなセミナーの形になったのです。

ありがたいことに…
今まで「学ぶ機会を与えられない方々に、学チャンスを与えられるセミナー」になりつつあります。
まだまだですが…
「みんなが同じ場所で同じことを同じように学ぶ」
これってものすごく大事だと思っています。

特に、「経営者」と「パートナー社員」さんが同じことを学ぶって…
「え?!」と思われるかもしれませんが…
現場で結果を出すのはパートナーさんです。
そのパートさんにとって、けいえいいしゃが一緒に学んでいることって
とても大切なことなんです。
「参加させていただいた社長に恩返ししたい!!」と思う。
そして…
「パートナー」さんの行っていることが経営者も理解しているので…
「どんどん行っていることを褒めることができる」
この「褒める・認める」が大事だと思う、
これこそ、「女子力」の向上につながり…
人間力の向上につながると考えているからです。
ですから…
商人伝道師は「会場」にこだわります。
「超一流ホテル」で開催することに…
正直、こんな超一流ホテルに宿泊することなど、そんなにできません。
「この会社で働いていてよかった」
と思えるセミナーにしたい!!
それが商人伝道師の願いであり、想いです。

今回のセミナーでも出てくる言葉ですが、
「社員さんは“学び”の機会を与えないこと」
それは…
「ネグレスト」すなわち…
「成長を止める虐待に等しい」
ということを、できるだけ多くの会社の方々に
伝えていければなーと思っています。

「資本力」もない。
大手ほど優秀な「人財」もない。
でも、「やる気」だけは負けない。
「やる気」を起こさせるには“学びの機会”を与えるに尽きると思うんです。
そうすれば「やる気100倍」
何にでも挑戦してくれる。
「致命的にならない限り、失敗はしてもいい。やってみないとわからない。
行動してみる前に考えても無駄。行動して修正すればよい。

これは「ファーストリテイリング」の柳井社長の言葉。
その通りだと思う。

「過去の成功体験」が通用しなくなった今…
一番大事なこと。
「ちょっと先」のことを学んで、実践することではないでしょうか。
「百年先が見えるものは世間から狂人扱いされる。現状に踏みとどまる者は
落伍者となる。十年先が見えてことを行うものが成功者となる」(小林 一三さんの言葉)
この言葉を肝に命じて「第21回やる気と感度の祭典」の参加者に伝えたい。
2日間、みんなで「楽しみ」ます。

そして、「今日の一言」
「三流は人の話を聞かない。
二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。
超一流は人の話を聞いて工夫する。」
(羽生善治 棋士)


by akindonet | 2017-04-11 19:00 | Comments(0)