商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第21回やる気と感動の祭典 発表者発表」その3




続いては・・・
グロッサリー・アメリカ視察セミナー部門
発表者は・・・

America Study Seminar Team by Bunkado

アメリカ視察セミナーチーム チームリーダー
取締役執行役員 店舗運営統括部長
鈴木 俊昭 様

第2店舗運営部 次長 兼 西馬込店 店長
永堀 伸佳 様


「スーパーサプライズ」の部門を設けました。
アメリカのスーパーマーケットを視察して、
どのようにして、会社に“イノベーション”を起こしたのか発表をしてもらいます。

年2回、商人伝道師は「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」を開催しています。
昨年秋の「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」に参加した企業の中に店長を中心に
4名派遣された企業があります。
その企業が「株式会社文化堂」さん。

その派遣した4名が中心となって社内に“イノベーション”を起こしました。
そのイノベーションの数々を「グロサリー」を中心に発表してもらおうというものです。
こんな感じで「イノベーション」をおこし、大きな結果を変えてきました。
そのほんの一部を紹介しましょう。
f0070004_16124036.jpg

f0070004_16124510.jpg

f0070004_18205570.jpg

f0070004_18211476.jpg

f0070004_18213069.jpg

f0070004_16125031.jpg


このように、アメリカのスーパーマーケットにおいて「独自化」「差別化」していることを
“日本流”“BUNKADO流”にアレンジしてイノベーションを起こし会社全体として
大きく売り上げ・利益を伸ばしたのです。

数多くあるのですが、今回は「グロサリー」(日配・食品・菓子・酒)」部門を中心に発表してもらおうと考えていますが…。

生鮮部門もこんな感じで
アメリカ視察以降、“イノベーション”を起こしています。

f0070004_18245778.jpg

f0070004_1825875.jpg

f0070004_18251914.jpg

f0070004_18252866.jpg



こういう感じです。
ほんの一部の取り組みなんですよ。
これでも…

「アメリカの視察チーム」の“イノベーション”で
「売上高も」
「粗利益率」も…
「営業利益」も…
“過去最高値”になっているのです。
それを発表してもらいます。

「健康トレンドはアメリカから来る!!」
これは商人伝道師がいつも言っていること。

「日本の5年先がアメリカにある!!」
これもいつも言っていること。
それを実証してくれたのが、この「アメリカ視察チーム」

「正しく学び、正しく実践!!」
すれば必ず結果がかわることを参加者にアピールできると共に…

「アメリカで学んだ“切り口”で商品を選定すると
こんな商品がこんなに売れるんだよ!」

も発表してくれると思います。
グロサリーバイヤーや担当者はもちろんのこと、
人事の方や教育担当の方もぜひ参加して聴いてみて下さい。
物凄い勉強になる発表にします。







続いては・・・
販売促進部門

発表者は・・・
株式会社キクチ
営業企画 販売促進室 室長
齋藤 利行 様

「第13回やる気と感動の祭典」に続いて、2回目の「販促部門」発表となります。
よく商人伝道師はこういう質問を受けます。
特に、ここ1年~半年の間…

「当たっているチラシは無いですかね…」
「集客できるイベントは無いですかね…」

ということ。

それなら、商人伝道師が“評価”している販促担当に発表させよう!!
と思い2回目の「販促部門」の発表を入れました。
今回の「株式会社キクチ」さんは本部が「福島県相馬市」
東日本大震災で甚大なる被害を受けました。
「もう会社の存続は無理ではないか…」と思ってました。

それが、その後「不死鳥」のように蘇り…
「1年に2店舗」ぐらいのペースで新店を出されている。
東日本大震災後は9店舗
今では14店舗(まだ1店舗は放射線の影響で閉鎖中なのに)

快進撃の背景には…

「お客様に楽しんでもらう」
「お客様を驚かせる」
「お客様に感動を与える」


ことを常に心がけていることが挙げられます。


今年も、1店舗移転改装。1店舗新店。
それも、今回は「株式会社キクチ」の将来を占う出店があります。
否応なしにでも気合を入れなければいけません。
地獄をみた会社の“底力”をこの発表でしてくれることでしょう。
全国の「販促」担当者のみなさん!!
ぜひ、参加してみて下さい。
「宝の山」のような発表がありますよ。
乞うご期待!!


その4へ続く…

by akindonet | 2017-02-12 19:28 | Comments(0)