商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2




続いては…
「精肉部門」の発表者を紹介します。
発表者は…

株式会社ノムラストアー
精肉部 チーフ兼バイヤー
藤井 章弘 様



なんと「第13回やる気と感動の祭典」以来の発表。
「クレイジー坊主」の愛称で親しまれている人間。
なぜ、今回、彼に「白羽の矢」を立てたかというと…

住宅地の中というあまりよくない立地で…
「約250坪」という売場面積で…
売り上げ高構成比約24%
売り上げ高平均1日約100万円(精肉のみ)


という圧倒的“尖り”部門となっている精肉部門の進化を…
今回発表してもらおうと思ったから。

f0070004_1649532.jpg

f0070004_1650180.jpg



開店前に約50名はお客様が並ぶ。
こんな「販促」ばかりなんです。

ちなみに「野菜のおどろき市」は…。

f0070004_1654758.jpg


こんな感じ。
これも藤井さんがプロデュース。

Xmasはこんなことも展開。

f0070004_16554670.jpg

f0070004_16564932.jpg

f0070004_1656575.jpg

f0070004_16571233.jpg

f0070004_1657685.jpg


もちろん「年末商戦」は。

f0070004_16591187.jpg


「骨付きハム解体ショー」

f0070004_16593796.jpg


「お品書き」は当たり前。


「節分」も…。
f0070004_173534.jpg

f0070004_1731591.jpg

f0070004_1732337.jpg

f0070004_1733178.jpg



これが「藤井ワールド」。
どうです…。

こういうこともそうですが…
その他にも…

「商品の調達方法」は…
「差別化した商品づくり」は…
「他を圧倒する売場づくり」は…
「売上構成比24%の販売方法」は…

などを再度みんなに学んで貰おうと選出した。

これからの「ミレニアル世代」は間違いなく…

「ミート世代」

肉の強い企業は圧倒的なアドバンテージを握ることは間違いない。
では、どうしたら「圧倒的なアドバンテージ」を取れる精肉部門に成長できるか…
それを「圧倒的なアドバンテージ」を握っている人間から学んでもらいたいと思い
“大抜擢”の選出。

かなりの「大穴的選出」と言って良い。

しかし、参加者に物凄い大きな「ヒント」と…
参加者に物凄い大きな「気づき」と…
参加者に物凄い大きな「売り上げ・利益」を…

与える発表にします。
乞うご期待。

「第20回 やる気と感動の祭典」の、いちやまマートの田村将則さんとは違った意味で…
「レジェンド」たる男。

f0070004_1513562.jpg



「やる気と感動の祭典」が産んだ“レジェンド”
「やる気と感動の祭典」が無かったら、全くの無名で終ったであろう…
“クレイジー坊主”が再度、やる感の舞台に…

約4年ぶりの登場・・・・・。

期待しておいて下さい。





続いては…
「デリカ部門」の発表者紹介です。
発表者は…

株式会社よしや
生鮮部 鮮魚部門長 兼 デリカ部門長
高杉 政人 様

中板橋本店 デリカ部チーフ
日下部 和 様


これまた「大穴」的選出。
初めて「やる気と感動の祭典」で発表する企業。

しかし、商人伝道師は以前から「株式会社よしや」さんの実力を高く評価していた。
「いつか発表してほしい!!」と。

「スーパーマーケット実践会in東京」
などで勉強し始めて、どんどん進化してきた。
そこで…
「もうそろそろ発表させてもいいなー」ということで、自信をもって選出した。

まずこの企業の素晴らしいところ。
それは「オリジナル商品」。


自社工場で製造している商品が数多くある。
「惣菜商品」のみならず、「真空パック」や「レトルトパック」としての商品化が多い…
お客様にとってはすごく便利という商品が多い。
どういう商品があり…
どのように製造しているのか…
お客様の反応は…。

などを発表してもらう。

「女性の社会進出」

はどんどん活発化する。
そこで注目されるのは「デリカ(惣菜)」といわれる。
それはそうなのだが、しかし、商人伝道師の考えは少し違う。
「日持ちのする惣菜」「冷凍食品」
だと思っている。

地道に「オリジナル商品を作っておられる企業に今回は発表してもらう。

さらに、「人手不足」の続く中…
「効率」「生産性」を工夫している。
しかし、根本は「手造り」
この「手造り」という“差別化”をしながらの
「効率化」「生産性アップ」の取り組み」は必聴の価値あり。

そして、「利益やロス」の意識化。
これまた「目からウロコ…」の発表になるはず。
この発表を聴くだけでも、参加した価値があると確信している。

初めての発表。
「やる気と感動の祭典」的にはあまり知られていない企業。
しかし、全国のデリカ(惣菜)の担当者に一石を投じることのできる発表であると自信をもって選出した。
こう、ご期待!!





続いては
「グロッサリー部門」
まずは、「お取り組み」発表。
発表者を紹介します。

株式会社伊藤軒
製造チーム 生産管理・PB開発担当
上野 彰修 様


これまた「ビックリ」する発表者。
しかし、商人伝道師は自信をもって選出した。
なぜか・・・
それは近年「やる気と感動の祭典」も・・・
「お取り組み企業」が数多く参加されるようになりました。

しかし、「本気になってお取り組み」されている企業は少ない。
そんな中、本気になって「お取り組み」している企業がある。
それが・・・
「伊藤軒」さん。

今回、エントリーしてきたのが・・・
「ミルクせんべい」

f0070004_1761967.png

f0070004_1763752.png

f0070004_1764334.png


「三方良し」ならぬ・・・
「四方良し」のお取り組みを実現した。
「四方良し」といはこういうこと。

f0070004_1765319.png



この企業は“若きリーダー”中井よしお社長のもと・・・
毎回「やる気と感動の祭典」に参加するのはもちろんのこと・・・
「やる感ボランティア」にも定期的に参加してもらっている。
社内に「ボランティアマニュアル」があるくらい(笑)。

そこで学んだ・・・

「お取り寄せ」×「ハイパーローカル」×「独自化」×「地産地消」=「尖り」

を目指した。
どのように、この4つのキーワードを繋げ・・・
どのように「尖り」にし・・・
どのように「創り上げた」のか・・・
それを発表する。


スーパーマーケットの経営者のみなさん。
「お取り組み」企業様を一緒にぜひとも参加させてみてください。
貴社にとって、ものすごい“財産”となる発表かもしれないからです。

「こういうことができるんだー」
「これぐらいなら、ウチでもできます」
「やりましょう!!」


となったら、しめたものでしょ。
そういう発表にしてみせます。
「お取り組み企業」の発表。
3回連続で実現しました。(アルファー様⇒国分フードクリエイト様⇒伊藤軒様)
選出した当事者ですが、嬉しい限りです。
期待しておいて下さい。


その3へ続く…

by akindonet | 2017-02-12 19:29 | Comments(0)