商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス

初の試みとなるID-POSセミナー!!
「ID-POS活用セミナー お客様のこと、本当に理解してますか?」

開催日程:2015年7月29日(水)
【ID-POSを使えばこんなことができます!!】
✓ニキビ対策の化粧品を購入しているお客様を特定
  →ニキビ肌用ビタミン剤のレシートクーポンを発行し、来店頻度アップ
✓定番チョコレートをよくリピートするのは60代以上であることを発見
  →「糖分控えめ」などのフェースを広げることでシニア世代の売上、リピートアップ
✓オーガニック野菜を購入しているお客様が、調味料を購入していないことを発見
  →オーガニックの調味料をコラボレーション販売や野菜売場のPOPにてアピール
今までのPOSデータでは見えなかったお客様の購買行動から、
品揃え、売場、販促の課題が見えてくる。
お客様をとことん知る方法を学びます!

詳細はこちらから

商人ねっと特別番組
「丸正総本店 競合店出店まで100日間の闘い!」
7月8日(水)より大反響配信中!!
次回 第2回は8月8日より配信予定!



「第17回やる気と感動の祭典」店長部門発表を行った丸正総本店

9月の大手競合店出店対策の取り組みの模様をお伝えする特別番組!
「価格」で対抗せずに売上・利益を伸ばしていくその秘策とは?!

視聴は流通業専門インターネットTV「商人ねっと」
(全番組見放題の法人会員も募集しております)


会員登録はコチラから(会員登録は無料!今なら1000円分ポイントプレゼント!)



第14回気づきと驚きのアメリカ視察セミナーは
現在「キャンセル待ち」での受付となっております。


急な予定の変更等で楽しみにされていた視察セミナーをやむなくキャンセルされるお客様がいらっしゃいます。

今回のセミナー参加枠に空きが出た場合、
「キャンセル待ち」ご登録の方にご案内をいたします。
是非、「キャンセル待ち」制度をご活用ください。


詳細とお申込みはコチラから!!

8月8日が〆切日であるにも関わらず早期に〆切らせて頂くことを
心からお詫び申し上げます。
「第15回アメリカ視察セミナー」は2016年5~6月開催予定です。
次回もたくさんの気づきと驚きをご用意致しますので
是非ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。



今日は朝6時起床。
軽くジョギングして…
身支度して…
東京・豊洲へ…
日曜日ですが、コンサルティングの仕事。
夕方6時までみっちり…

さて、もう「夏休み」ですね…
今週末は「土用の丑の日」。
本当に早いものです。

実は小生もやっと今週末、「引っ越し」します。
3月には完成していたのですが…
「やる気と感動の祭典」や…
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」や…
色々とあって、やっと引っ越すことになりました。

今まで、狭いところに住んでいたので…
ちょっと広めの家だと、今までよりも全て2倍位の時間がかかる(笑)
まあ、いいでしょう。
ということで、今週も慌ただしく動きます。

そして今日は日曜日。
「心のオアシス」の日。

今日は「最年長力士、旭天鵬ガンバレ!」です。


大相撲名古屋場所がたけなわです。

今場所もモンゴル勢の活躍が際立っています。

日本人力士よ、もっと頑張らんかい!との声援も多いようです。

私はどっちかと言えば、どっちでもいいような。
つまり、モンゴルの人たちの頑張りも応援したい気が強いんです。

私は、旭天鵬という力士が大好きです。
40歳の最年長力士ですが、おっちゃん力士だから好きだというわけではなく、
この人の笑顔がすごい人懐っこくて、
いかにも人の好さ、育ちの良さを感じさせるからです。

今でこそ、立派な力士ですが、旭天鵬、来日後半年で、
相撲部屋(大島部屋)から逃亡したことがあるのです。

来日は、1992年、17歳の時でした。

物珍しさでいっぱいの旭天鵬少年でしたが、
厳しい稽古と言葉の壁など、つらさに耐えかねて、
ある日、少年旭天鵬は、モンゴルの仲間とともに、
モンゴル大使館に駆け込みました。

そしてモンゴルにいったんは帰国します。

大きな期待を背負って、送り出してくれた故郷や家族に対し、
小さくなって帰ってきた旭天鵬。

「やってみるか」と言って日本へ送り出したお父さんは、
ほんとは失望していたのでしょうが、一切そんな様子は見せず、
静かに旭天鵬を見守っていたそうです。

やがて、大島親方がモンゴルまで、旭天鵬を説得にきます。

ちなみに大島親方とは、現役時代の大関旭國です。

旭國は、新弟子検査に4回も落ちるほど小兵で、
それでも入門をあきらめず、やがて大関まで駆け上がった苦労人です。

すごいワザ師で、相撲博士などと呼ばれていたように思います。

その大島親方が、逃げた少年を直接訪ねてこう説得したのです。

「絶対に強くなる。素質がある。何とか帰って来てほしい」

旭天鵬少年は胸が熱くなりました。

お父さんも寡黙な人、大島親方も寡黙な人です。

寡黙な人同士の真心が通じ合ったのでしょう。

お父さんは深く頭を下げ、
「ご迷惑をおかけしました。よろしくお願いします」
と再び、息子を親方に託しました。

そんな若い日もあった旭天鵬ですが、
日本に戻り、相撲道にまい進することで、
心身ともに磨かれてきました。

やがて「相撲が好き、日本が好き」
という気持が芽生えてきました。

そして、30歳の時、日本国籍の取得を決断しました。

相撲がとれるのも、あと2~3年ではないか、
その後、親方として大好きな相撲に関わるためには、
帰化するしかなかったのです。

その頃、モンゴルにもその話は伝わっており、
国内ではやや批判的に受け止められていました。

それまで、旭天鵬は親への仕送りや、
自動車、家の購入など世間の羨む親孝行をしていたのです。

それをやっかむネット上などの声として、
「旭天鵬の親は子供を日本に売って、
 お金を儲けてる」など書かれることもありました。

そうした中での「帰化」の話です。

今度は、「旭天鵬は国を売るのか、捨てるのか」
という言われ方もされました。

そうした中で、旭天鵬はそれでも帰化したいとの相談を、
両親にしました。

両親の反応は・・・

世間からの白い目、それに息子がモンゴル国籍から離れるという話です。

どれだけ、両親の胸は痛んだことでしょう。

それでも、さすがに子を愛し、信じる気持はお国が変わっても同じです。

寡黙な父が言いました。

「お前の人生だ。思った通りに進め」

30歳でもう後が無いだろう、…つまり引退を見越しての帰化でしたが、
それからも、旭天鵬は土俵に上がり続け、帰化から7年経った2012年。

そう、ちょうど今から3年前の同じ名古屋場所のことでした。

何と37歳8ヵ月。

史上最高年齢での優勝!

旭天鵬にとっては初優勝でもありました。

優勝決定戦で勝利したその瞬間、
館内には大きな歓声が溢れました。

花道では、付け人や後輩が、涙をこらえて、
顔をくしゃくしゃにしながら、旭天鵬を迎えました。

ああ、この人は、後輩を始め皆からこんな風に、
愛されているんだなぁというのが、よく伝わってきました。

旭天鵬は今こう言っています。

「あの優勝は、本当に嬉しかった。
 優勝パレードのオープンカーには、
 横綱・白鵬が騎手として同乗してくれるというサプライズ。
 それから3年経って、今はもう40歳。
 目標は、幕内に居続けることです」

また、
「自分たちが”外国人力士”だと思ったことはない。
 気持はいつも日本人力士と同じです。
 それだけはわかってもらいたいです」

最後に、日本のファンに対しては、
こんな思いを伝えています。

「これだけモンゴル人の力士が増えても、
 拍手して応援してくれる日本人はフェアで
 素晴らしい国民だと思います」

冒頭、私はモンゴルの人たちも応援したいと述べましたが、
その気持、何となく伝わったでしょうか。




いかがだったでしょうか…
今日の「心のオアシス」。
今週も暑いですが、元気よく頑張っていきましょう。

そして「今日の一言」

人生という字をどう読むか?
人として生まれる、人として生きる、人を生かす、人を生む…、
それが人生なんです。
野村 克也

by akindonet | 2015-07-19 18:00 | Comments(0)