「ほっ」と。キャンペーン

商人伝道師一日一言

akindonet.exblog.jp

商人伝道師“水元 仁志”オフィシャルBLOG

ブログトップ

心のオアシス


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者の御紹介
「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は、朝5時30分起床。
サクラとジョギングして…
身支度して…
小商人伝道師を「ラグビースクール」へ…

今日は、ゆっくりします。
午後からは、ゴルフの練習.....

なかなか、上手くなりません。(泣)
長い目で、みてくださいね。



そして、今日は日曜日。
「心のオアシス」の日ですね。


今日は…
孫正義さんの話。

「横の通用口から入りなさい」

先日、所用があり参議院を訪れた時のことだ。
入り口中央には赤じゅうたんが敷いてあり、私はなんら躊躇することなくそこから中へ入ろうとした。

その瞬間、守衛から怒鳴られ制止された。
「こら、そこを歩くな。横の通用口から入りなさい。そこは議員さんが通る場所だ」

私は怒鳴り返した。
「ちょっと待て。
そんなことどこに書いてある。書いてもいないのになぜ、いきなり怒鳴られるんだ。
そもそもどうして議員が赤じゅうたんの真ん中の入り口で、国民は通用口なんだ。
俺は帰りも堂々と真ん中から出る。そして次に来るときも堂々と真ん中から入る。
どうしても通したくなければ警察を呼んで逮捕してみろ」

結局私は、真ん中から入り、真ん中から出たが、この出来事ほど今の議会制民主主義の歪みを表した象徴的な出来事はないだろう。
まさに主権在民の精神を忘れた代議制度だと言えるのではないだろうか。
議員、代議士というのはその名の通り、主権を持っている我々国民の代理として国会で議論をする人たちだ。
憲法で主権在民が謳われているように、一番えらいのは国民であり議員は国民の下僕であるはずだ。
それなのになぜ議員が真ん中の赤じゅうたんの入り口で国民が脇の通用口なのだ。

もちろん守衛が悪いわけではない。
彼らは職務として決められたとおりにやっているだけだ。
しかし、彼らも長年この仕事をしてきて疑問に思ったことは無かったのだろうか。
私と同じ主張をした人はいなかったのだろうか。
なぜ主権を持っている国民が通用口で国民の代理人である議員が赤じゅうたんなのかと。

もしかして我々国民もいつの間にか
「一番えらいのは議員で、国民はその下」
などと卑屈な考えを持ってしまっているのではないだろうか。

ちなみに私はいろいろな国の国家元首を訪問した経験があるが、一度たりとも通用口など通されたことはない。
いつも堂々と正面から入っている。
何故自分の国の国会に正面から入れないのだ。

代議制民主主義は、物理的な制約や、情報の偏在、テクノロジーの稚拙さなどで直接民主主義が不可能であった時代での民主主義の実現のため作られたシステムだ。
民主主義のシステムの根底にある精神は、主権在民であり、議員は国民の代理であるという考え方のはずだ。

ところが日本においては、戦後の議会制度60年の歴史の中で、いつしか議員が権力を持っているかのごとく扱われ、主権在民の精神は薄らいでしまった。それは国民の政治への関心の低さにもひとつの原因はあると思う。



いかがだったでしょうか。
今日の「心のオアシス」。

考えさせらる出来事ですよね。
これは仕事に対してもいえることだと思います。

例えば、一つの仕事でも様々な業務がありますが、
それを行う理由というものがあるはずです。

それを知らずに行うのか、
きちんと意識しておこなうのか…

きちんと意味を理解して、興味をもって取り組むと、
見える世界が少し変わるかもしれませんよね。


さあ、早いもので今週から3月なんですね。
「第21回やる気と感動の祭典」の準備が本格化する月。

今年は例年より1週間早い。
これが「吉」とでるか…「凶」とでるか…
それはわかりません。
ゆいいつ言えることは…
「ムチャクチャ」中身がよいということです。

今の時代に絶対に学ばなければいけないことを
しっかりとお届けします。
すごい中身ですよ…
「売上げ・利益の最大化に挑戦!!」
したい企業はぜひ参加してみてください。



そして、「今日の一言」…
「難題に遭遇しない人は自分の可能性に挑戦していないのかもしれない」
(孫正義)

# by akindonet | 2017-02-26 18:00 | Comments(0)

ネット時代だからこそ…


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者の御紹介
「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/




今日は朝6時起床。
ちょっと疲れがピークを迎える。
朝起きれない…(泣)
まあ、頑張ってBlogを書いて…
身支度して…
名古屋でのコンサルティング。


さて…本日…
やっと「第17回 気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の案内状を送ります。
正直申し上げます。
「凄い店ばかりを視察します」
これ以上ないという店ばかりです。

「日本の5年後…」
「ミレニアル世代への対応」

がこのセミナーにあると自負しております。
「この価格でこのクオリティー」
我ながらありえないな…
と思っていますので、ぜひ参加ご検討ください。
ただし、もうお問い合わせが10社ほどありますので…
お早目の決断をお勧めします。
「定員」になり次第締め切らせていただきますので…

f0070004_18174442.png
f0070004_18174602.png
f0070004_18174863.png
f0070004_18175158.png

詳細はこちら
お申込用紙はこちら



そして、今日は「ネット時代だからこそ…」について

「ミレニアル世代」
この「ミレニアル世代」とは…
1980年代から2000年代初頭に生まれた若者世代
「デジタルネイティブ」とも言う。
この人たちは、我々“新人類”と言われた人間たちでも想像できない…
「ビジネス」や「マーケット」を作り出す。

例えば…
「SNOW」
f0070004_18074380.jpeg

f0070004_18074151.jpeg

f0070004_18073858.jpeg

f0070004_18073676.jpeg

みなさんはもうご存知ですよね…
顔認識カメラで面白い写真を撮って友達に送るというもの。
「新人類」の商人伝道師にとっては…
「何が面白いんだろう…」
と思うのだが…
全世界に一億人以上の利用者がいるという。
「Facebook」や「Instagram」を脅かす存在になりつつある。

「他人から認めてもらいたい…」
「みんなと共有したい…」
「みんなと楽しみたい…」

という心理なんでしょうか…
分からないけど…

しかし、やってみると…
意外と「ハマる」
「エッ?やっているの…!?」と思っているでしょ。
「はい!なんにでも挑戦!!」ですから…(笑)



次に、今大人気の「サイト」があります。
それが…
「minne(ミンネ)」
https://minne.com/

要するに、「ハンドメイドマーケット」。
自分で作った商品や作品を自由に展示し…
そして、購入できるというサイトです。
この「サイト」がすごい人気。
「100円shop」で材料を買ってきて…
自分なりにアレンジする。
こんな作品に…
f0070004_17453225.jpg

f0070004_17453629.jpg

f0070004_17455073.jpg

f0070004_17455471.jpeg

すごいでしょ。
こういうものを作ってどんどん出店する。
今までは「ガレージセール」みたいなところでしか売れなかったものが…
ネットを使って、全世界の人たちに売れる。
これが「ネット」のすごさなんですよね。

もう一つ、「Creema」というサイトもあります。
https://www.creema.jp/
このサイトは「minne」より本格的。
よって、仲介手数料も高い。
もうここまでくると…
プロですね。



これで何が言いたいかというと…
こういう「新しいマーケット」がなぜ作られるのか
ということを考えると、自分たちの商売のヒントになるのではないかと…

例えば…
「楽しさを共有化したい!!」
というみんなの潜在的ニーズが…
「インスタグラム」や「SNOW」という“ビッグビジネス”を生んだ。
実店舗でもこういうことはできないか…と考える。

「楽しさを共有化」すること。
今回の売場大賞の節分でも、「豆まき」をした企業が多く見受けられた。
f0070004_18041589.jpg
ユアーズ・バリューさん
f0070004_18035985.jpg
ニチエーさん

すごい人が集まってますよね。
なぜこんなに集まるのか…
「楽しさを共有化」したいからではないでしょうか…
安く売ってもこんなに集まらない(笑)

また、「minne」などのサイトが大ヒットしているということは…
実店舗でも販売すればいいのではないか…
「実店舗型minne」
こういう商品が売り場に並んだら、華やかになると思いませんか…
f0070004_17475394.jpg

f0070004_17475230.jpg

f0070004_17475075.jpg

ドラッグストアーと競合する「日用雑貨」を販売するよりいいかも…
また、テナントが退店したスペースにこの「ハンドメイドショップ」を開店するというのもいいかもしれませんよね。

「メーカー」が創った商品だけを売るのではなく…
「コンシューマー」がつくった商品を売る時代になったのでは…
そう感じる今日この頃です。
まさしく、「ハイパーローカル」ですね。
「手の届く価格」であれば売れると思うのですが…



このように、「新しいマーケット」や「新しいビジネス」を常にチェックしておくと…
いろんなヒントが生まれる。
だから、常に「アンテナ」を張っておかなければならない。


しかし、よく知ってるでしょ、商人伝道師って…(笑)
アンテナをぐるぐる張り巡らせていますから…(笑)
ということで、今回はちょっと変わったBlogでした。



そして、「今日の一言」
「人の己を知らざるを患えず、
人を知らざるを患うるなり。」
(孔子)



# by akindonet | 2017-02-25 18:00 | Comments(0)

「投資の効果」について


やる気と感動の祭典 21
セミナー参加募集中!!
詳しくはやる気と感動の祭典公式ページまで
https://www.akindonet.com/yarukan/sanka.php


発表者の御紹介
「第21回やる気と感動の祭典」発表者の紹介は
4部構成に分かれています。
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その1」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その2」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その3」へ
「第21回やる気と感動の祭典 発表者発表 その4」へ



やる感ボランティア募集のお知らせ
やる気と感動の祭典の運営は
ボランティアの皆様に支えられています!

参加者を取りまとめるリーダーシップ!
メンバー同志で助け合い・感謝する心!
自らの課題に気づき・課題解決できる力!


楽ではない仕事だからこそ、ボランティアを
やり遂げた後には「大きな気づきと学び」があります。

もっと自分を高めたい!という方
次期経営者・経営幹部・期待する社員様

是非ご参加下さい。

応募はこちらから
http://www.akindonet.com/yarukan/volunteer.php




f0070004_17430160.jpg

東京会場 第4期
名古屋会場 第2期
仙台会場 第1期 New!

3会場、4月より開講です!
現在、お申込み募集中!

また、どんなセミナーか知りたい方に…
1名のみ無料で参加できる「オブザーバー制度」もご用意させていただいております。
お気軽にお問合せください!

詳しくは、「スーパーマーケット実践会」公式ページより
http://www.akindonet.com/seminar/jissen/



今日は朝5時起床。
Blogを書いて…
軽くジョギングして…
身支度して、金沢へ…
名古屋へ移動。



さて、やっと「第17回目気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」の
パンフレットが完成しました。
こんな感じです。

f0070004_1538874.jpg

f0070004_15381393.jpg

f0070004_15381880.jpg

f0070004_15382494.jpg


今、絶対に見ておかなければいけない都市。
それは…

「シアトル」
「ポートランド
「シカゴ」
「ワシントンD.C.近郊」


この4都市しかないと思っています。



「シカゴ」はマリアーノスやホールフーズマーケット。
シカゴのインデペンダントのスーパーマーケットがしのぎを削っているからです。
非常にレベルの高い競争をしています。


「ワシントンD.C.」近郊は、あの「ウェグマンズ」と「パブリックス」が、
とうとう“ガチンコ”勝負した地域だからです。
秋に見に行こうかな~と思っています。


しかし、上記の2都市以上に視察しなければいけない都市。
それが、「ポートランド」と「シアトル」

全米で最もホッとな2都市をまわる…

「第17回気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」

“超破格値”の料金。

正直言います!!




商人伝道師の“男っぷり”を見せた料金!!
といっても過言ではありません。

“男っぷり”に応えて下さい。

お申込み、お待ちしております。




また、ただ今…

「スーパーマーケット実践会」の参加企業も募集しています。

「東京会場 第4期
 名古屋会場 第2期
 仙台会場 第1期」


をただ今、募集していみます。
こんな内容です。

f0070004_1630193.jpg

f0070004_16302672.jpg

f0070004_16303029.jpg

f0070004_1630337.jpg

f0070004_16303743.jpg

f0070004_16304185.jpg

f0070004_16304411.jpg

f0070004_16304880.jpg



「自社に合っているかどうかわからないから…
 1回だけまずは参加したい!!」


でも大丈夫です。
ちょっと参加してみませんか…。

詳しくは以下をクリックしてみて下さい。
https://www.akindonet.com/seminar/jissen/




そして、今日は「投資の効果」について…


「勉強に行かせたいんだけど、人がいなくて…」
とよく聞く。

「人手不足」が実はこういうところにも現れている。

「勉強させたいけど、現場を回せる人間がいない!!」

本当に深刻ですよね。
また…

「勉強させても、人がいないので実践できない!!」

といわれても経営者やバイヤーからの声も聞く。
ごもっともです。



しかし、「学ばせたいけど人がいない…」
で済むんでしょうか。

これからますます環境は厳しくなる。
そんな中、生き残る企業は「教育投資」した企業しかいないと思う。

「勉強に行かせたいけど、人がいない…」
だと、ただ単なる“延命措置”で経営しているとしか思えない。



また…

「勉強させても、人がいないのでじっできない!!」

は、人の問題が解決すれば“知識”は持っているので…
すぐに実践できる。

これはまだまだ大丈夫だと思うが…



今回、「店長発表」に指名した2企業。
ご多分にも漏れず…

「超人手不足」

にも関わらず、どんどん「教育投資」している。


広島の(有)はなわ」さんは…
大阪の「スーパーマーケット実践会」はもちろんのこと。
福岡の「惣菜の差別化&効率化セミナー」にも…
「気づきと驚きのアメリカ視察セミナー」にもどんどん参加しています。

ものすごく人手不足なのに…



今回、第21回にして“初の社長発表”になる…

発表者、「野村明弘」社長は…

f0070004_15333628.jpg


“全盛期”の「イトーヨーカドー」で勉強してきた。
そして、この「(有)はなわ」さんは、あの広島の「イズミ」さんと業務提携されている。
よって、この「教育投資の大切さ」を誰よりも実感している。

だから、「人のマルチ化」を考えた。
「教育投資」を怠らなかったから…

新規出店計画(マーケットリサーチ)「年商8億円」の店が開店後4~5年で
「年商15億円」まで伸びてきている。

これも「教育投資」の賜物なんです。



もう1社の「店長発表」に指命された…
奈良の「ヤマトー」さんも同じ。

「惣菜の差別化&効率化セミナー」には“人手不足”だから
「レジチェッカー」さんを参加させて…

レジチェッカーさんに“生鮮の惣菜化”をさせている。


また、「カットフルーツセミナー」も…
“人手不足”が深刻だから…

「レジチェッカー」や「総務(POP担当)の方々」を参加させて…
「カットフルーツ」を作らせている。日中は…

これも「人のマルチ化」


なぜ、こんなことができるのか…
「教育投資」しなかったことが企業の衰退につながることを
身をもって知っているからである。



学ばなければ、「競合店」が出店してくると…
「安さ」のオンパレードで対抗する。

でも、みんな“勝ち目”がないことを知っている。
しかし、「学んでない」ので、これしか知らないから…

「安売り」するしかない。

そうこうしているうちに…

「会社は大赤字!!」
になった。



そこから、「学び」をスタートさせて…
「V字回復」を果たす。

だから、どの企業よりも…誰よりも…
「教育投資」の大切さを知っているから…

どんどん「教育投資」する。



みなさん、お分かりですか…

今はね…


「最も強い者が生き残るのではない。
 最も賢い者が生き残るのでもない。
 唯一生き残るのは変化できる者のみである。」



これは、「進化論」を唱えたダーウィンの言葉。
まさしく、今の時代の言葉にピッタリだと思う。

「変化できる者」。

それは、「学び続けている者」
と同義語です。



『「やる感」は行きたいんですけど…人がいなくて…』
といわれる経営者がいる。

それでいいんですか…

それでこれからも生き残れますか…



北海道の「東武」の千葉社長はいつも言われる…

「北海道で“やる感”やられるなら、うちは2日間店を休んでいきます。
 2日間の売上げ・利益・・・??
 そんなのすぐに何倍にもなって返ってきます。
 そんな目先のものよりも、みんなの“モチベーション”が上がって
 元気にいろんなことに挑戦することが大事なんですよ。」



また、関東のある会社。
なんと2日間、店を休んで全社員参加された。

「福利厚生です!」
とその社長は言われていた。



店を休んでまで…

と言っているわけではない。
でも…

「学び続けること」
「正しいことを学ぶこと」
はすごく大事。


「人がいませんから…」

全てがこれで進化をとめている感じがする。

「人がいない!!」
「学ぶことをしない!!」

これでは、この業界の地位は上がらない。



「どんどん新しいことを学んで…」
「どんどん新しいことに挑戦する!!」

これこそ、業界全体のちいを上げることになる。


そして、その企業の“変革”を上げることになる。
なんか“嘆き節”のようになってしまいましたが…

近頃感じること。

「言い訳が多くなったこと」。

この「言い訳」が多くなると…
進化は止まる。



先日、「発表者説明会」で…
弊社のグッチ君に…

「今回、初めて発表する伊藤軒さんとヤマトーさんと、はにわさんは…
 30分別枠で時間を作ってくれ!!」

と言ったんです。

すると…

「無理です!絶対に時間内に収まりません!
 全てのスケジュールが狂います。
 みなさん、日帰りですから本当に無理です!!


との回答。

「そうか…」と電話を勝手に切った商人伝道師…


その後…

当日までに、みんなで話し合って“戦略キャンパス化(付け加える・増やす・
減らす・なくす)”
して…

そして、実現してくれた。
実現したグッチ君の姿を見て、頼もしく思った瞬間。


「これだよね~」



「投資の効果」が少しずつ現れてきた。

こんなものですよ。みなさん…

あきらめず、少しずつ…
を期待して、「投資し続ける…」

そうすれば、いつか「大輪の花」が咲き誇ります。
そう信じて…


厳しい時代になると言われる。
ならば、「投資」して、それに備えてはいかがでしょうか…

それしか方法はないし…
それしか効果はないし…
それしか生き残りの方法はない…


のだから…




そして、「今日の一言」…

前進をしない人は、後退をしているのだ。

(ゲーテ)

# by akindonet | 2017-02-24 18:00 | Comments(0)